最後は揃ってお好み焼きパーティー! この存在感、小鳥ちゃん母さん すげえ人だわ!!

00535
00337
 実は、叱るのは苦手なんだって告白に、目を丸くしたつむぎさん。「そうなのよ!」って最終回!
 大人もホントは悩んでる、でも、つむぎはまだ分からなくて仕方ないし
 小鳥さん、理解し過ぎてて不憫で…!

 息を切り駆けつけた母さん、今日も頑張ったオトサン、子供も大人も精一杯で素敵だった!

ふわふわお好み焼き!
 母さんの、恥ずかしくなるような台詞を真っ向から受け止めたつむぎも、子供の強みで可愛かった!
 あれはオトサン撃沈だわ!

 中盤、めっちゃ不機嫌だった小鳥さんも可愛すぎた! 我侭可愛かった!!

犬塚公平『もう…、一年か』

00015
 秋の日、三人が出会った春の日から半年、そして奥さんの一周忌…。

あいじょーたっぷりお好み焼き
 秋、妻の命日、心身疲れた犬塚公平は娘のつむぎと、彼女には初めての「お込み焼き屋」に行く
 しかし、ふとした誤解でつむぎを泣かせてしまい
 挽回料理会に「お好み焼き」を選ぶ

 当日は飯田小鳥の母、飯田恵も来るはずだったが、またもドタキャンで小鳥が不機嫌に!

 親は子供を愛している
 理解して欲しい、けど「理解し過ぎてる」小鳥も辛そうだ、と公平は知った。

 だから彼は、正直に丸ごとぜんぶをつむぎに打ち明け和解、遅れて小鳥の母も現れる。

 八木にしのぶに小鳥の母、皆揃った楽しいお好み焼きパーティーは、もちろん大成功に終わった(終)
雀野ちよ『聞いた? 犬塚先生の事…、去年、奥さん亡くなってるんだってー』

00000
00002
00005
00007
00009
00013
00014
00015
00016
00017
00019
 知り合いが墓参りに行く場面を見かける…、もうこれだけで重い……ッ!

どっと疲れる日
 第一話、小鳥の入学から間もない「花見の日」の時点で、公平の妻の死から半年が経過していた
 そして今日、奥さんの命日を迎えたらしい

 先生とつむぎちゃん…、もうごはん、食べたかな……。

 心配する小鳥かわいい!
 その頃、ホントに腹を空かせてたりして…。

 もういっそ結婚しろ! と毎回思って最終回、でも「あの奥さん」を亡くして半年じゃあなぁ…。

 そらオトサンも力尽きますわ

公平『つむぎさーん? 今日はおとさん疲れちゃって…、外で食べても良いですか?』
つむぎ『いいよっ♪』

00021
 ホント、この親子ってば、やりとりが可愛すぎる!
 いいよっ!

 もう最終回なのかよっ!!

つむぎ『外で食べるの久々ねー? ずっとオトサンが作ってたよね? 小鳥ちゃん家でもっ!』

00024
00025
00028
 半年前は、コンビニで済ませてなお、おとさんクタクタだったんですよねー。

フレーバーテキスト
 でも半年前まで、ご飯はコンビニ弁当で済ませてた…、って思うとオトサン頑張り過ぎである
 毎日毎日連日連夜、お仕事もお料理も!!
 愛だね!

 ここ、めっちゃいいニオイするーーーーーーーーーっ!

 お好み焼き屋!
 ウチ、家のちょっと先にあるからめっちゃ分かる!!

 小麦粉や肉やソースやら、殺人的に旨そうな匂いが、店の外まで漂ってるんですよね!

 あの匂いは確かに「めっちゃ」ですわ!

つむぎ『お好み焼きって?』

00032

 ここでつむぎ選手、前回に続き、「初めての料理」って事に食いついた!
 美味しい粉、肉に魚介の取り合わせ!
 お好みを焼く!

 それを自分でまぜまぜして…、あっつい鉄板の上で、ジュージュー焼くんだっ!

 そしてソース…!
 ああ、たまりませんよねえ……!

『つむぎ、そーいうの、できるとおもうっ!』

00031
 ポイントはそこなの!?

つむぎ『わぁ~、ここでジュージューするの!? 楽しみだーっ!』

00038
00041
00043
00045
00048
00049
00053
00063
00064
 騙したな! 僕の気持ちを裏切ったんだ!!

つむぎ、怒りの青海苔投入!
 更に、席にはデッカイ鉄板まで据え付けてあり、最高潮にテンションが有頂天だったのに…!
 まさかの「焼きたて」提供…!

 おとさんに騙されたっ!

 まったくだよ!
 いや、オトサンは悪くないよ!?

 でも、つむぎさん「自分だって料理できる」「やりたい」って気持ちが、爆発しつつあるんでしょうね

 そろそろ、彼女も本格参加…?

公平『あ゛ー!? もう泣かない、おとうさんのと交換するからっ!?』

00067
00074
00076
00079
00081
 心身ともに成長していくつむぎ、しかしオトサン、追いつけない…!

満身創痍
 視聴者からみれば、つむぎが「料理したかった」事を、理解出来てないのが一番の問題ですが
 今回は、一日がかりで墓参りして来たらしく
 おとさんも気力ゼロ

 結果、つむぎさんが暴発! 周りのお客さんがすげえニコニコしてて良いお店だった!!

 よっちゃんエエ店やん!

つむぎさん、後ろ手で「いってきます」

00095
 翌日、つむぎさんはすっかりふて腐れてしまって…!
 これはキクなぁ…。

小鳥『あの、ですね! 母が来週は都合がつくらしいので、参加させて欲しい、と……』

00098
00102
00106
00107
00115
00116
 もはや見慣れた窓越しの二人、この関係も大好きです。

捲土重来ごはん会!
 翌日、ケンカを聞いた小鳥は、咄嗟に「喪服」が頭をよぎり、“関係なかった”とホッとする場面も
 ここは名誉回復ですね!

 やりましょうっ! 初めてのお好み焼きの思い出がそれじゃ、悲しいですもんっ!!

 ですよね!
 ホント、この勢いが可愛い!!

 また最終回らしく、小鳥の母「恵」も参加する事になっており…、実に熱い展開じゃないか!

 第3話じゃ、すげえインパクトでしたものね!

公平『ノってきてくれるかな…』

00118
00122
00125
00129
00136
 理由があれば叱る、そんな父に、つむぎさん不満げ…ッ!

ママと母とおかーさんと
 でも、そもそもロクに挨拶もしなかったつむぎに、公平は少し心配だったがそこは杞憂に。 
 小鳥の母、に食いついた!

 小鳥ちゃんママっ!? …楽しみだねぇ~♪

 機嫌直った…
 けど、「母」に反応してるのよね

 ふて腐れて「他所のママは…」と繰り返したり、ウチには居ない、と責めてたような……。

 つむぎさん、結局どう思っているんでしょうね。

そして このアイキャッチである

00138
00139
 八木さん、なんとなく言いたい事は伝わるが、今度は一体何があった!
 3幼女かわいい!

 つむぎさんの存在感、マジぱねえ!

つむぎ『おっじゃまっしまーーーーすっ!』

00140
 もうすっかり慣れてきたなつむぎよ!

しのぶ『ツムツム~~~♪』

00141
 アダ名がついただと!?

公平『こんにちはーっ 今日もよろしくお願い…、ど、どうしたんですか!?』

00145
00147
00149
00151
00152
 さすがつむぎさん、素晴らしい大好きホールドや!

ふて腐れ系大食い少女
 今やマブダチと化したしのぶとつむぎにメチャ笑いましたが、もっと笑ったのが小鳥さん!
 あ、やっぱりお母さんが…

 やっぱり仕事の都合で…、出かけてしまって……!

 一話の悲劇再び…ッ!
 そういや、二話でもそうだったな!?

 でも何だか可愛く感じるのは、我慢しがちな彼女が、すっごい不機嫌そうな事そのもので。

 素直ってのは、見てて気持ち良いわ!

八木『そうなの…!?』

00153
 畳み掛けるような八木ちゃんのガッカリっぷり! がっかりすぎ!?
 正装してる!?

八木『今日は居る、って聞いたから来たんだけど……、じゃあな』

00154
00156
00160
00161
00167
00170
00176
00180
 八木ちゃんが愛されすぎて、もう笑うしかない!

「じゃあな」などさせるか!
 けっきょく、帰してもらえなかった八木ちゃんは、そのまま「料理できる組」の一員として参加に
 女子高生に押されすぎ!

 ウチらは、テキトーにアレンジしたの作るからー♪

 ウチらって…、ウチらか
 初登場時、悪人面すぎて誤解された八木ちゃん

 下手すると、一番、子供に好かれやすいタイプっぽい感じでなんだか微笑ましいです

 モテそうですよね

公平『つむぎ! 前に“ダマにならない呪文”やってくれたろ? アレ、また頼むよ~』

00184
 まずは「生地作り」ですが、今回は、薄力粉ベースに出汁を加えて作っており
 当たり前ですが、ギョーザとはまた違いますね

 四話以来、ダマ歌再び!

つむぎ『えっと…、こう? こう! ダマっ! ダマっ!! ダマにならないっ♪』

00190
00195
00204
00207
00209
00212
00214
00215
00217
00219
00222
00226
00230
00235
00237
00239
00241
00242
00244
00246
00248
00255
 公平の包丁の向上に、当人でなく、小鳥が気付くのも微笑ましい!

耳が痛いです
 つむぎは、あからさまに公平を避け、実際に「母に蔑ろにされた」小鳥は彼女に同調する
 でも別に、蔑ろにしてるワケじゃない

 まあ…、親の心子知らずってところですかね…。でも知らないくらいがちょうどいいかも。

 公平も母も忙しい
 そして、第一話の通り「それ」を小鳥は理解してる

 理解して貰いたいけど、でも小鳥みたいに、理解し我慢させ「辛い」なんてイヤだと公平は言う

 知らないくらいが、ちょうどいい

小鳥『そ、それ褒めて……?』
公平『褒めてますっ!』

00257
00261
 既に、ドーナツ事件なんかで兆候が出てますが、「おとさんに負担をかけたくない」と
 つむぎが我慢し、飲みこんでしまうほうが悲しい
 素直になって欲しい

 一話で、「母は忙しいから」と一人でおにぎりを食べた小鳥みたいに、辛い思いをさせたくない

 小鳥さんは超えらい!

公平『……つむぎ、ごめんなさいは? ………つむぎ、怒られるの嫌いか?』

00266
00269
00272
00276
00277
00279
00283
00285
00289
00294
00295
00302
00303
00304
00306
00310
 ん…、お父さんも怒るの嫌いなんだよ……。

ごめんなさい
 つむぎが、何より怒っていたのは、嘘をつかれたり怒られたり「おざなりな扱い」である事
 しかし怒る側も、ホントは凄く嫌なのだ

 いけない事したら…、頑張って叱りますっ!

 怒ったらイヤな顔される
 嫌われる、誰だってホントはしたくない

 イヤな事だけど、自分の為にやってくれてるんだ、と気付かされたつむぎは上機嫌に。

 八木ちゃんも良い男だ…。

公平『つむぎ、よろしくっ!』
つむぎ『まかせてっ!』

00313
 気を取り直し、つむぎ先生は「まぜまぜ係」を担当!

『おとさんも歌って! 小鳥ちゃんも一緒にっ!! まぜっ! まぜっ!! 一緒になって、まーぜっ♪』

00325
00326
00331
00332
00333
00337
00341
00345
00348
00351
00353
00354
00356
00357
00361
00365
00366
00368
00370
00372
00377
00378
00379
00380
00383
00385
00390
00397
 相手に申し訳ないと、二人で無限ループに頭を下げる、おとさんvsお母さん!

母はいつでも嵐のように
 もはや「結婚しろ!」としか言えない大合唱を経て、混ぜ、焼き上げて、ソースとマヨネーズに…!
 そして、噂の母が登場!

 ま、まに…、あったっ! み、皆さんいらっしゃいませーっ!!

 劇中では幾度か登場
 しかし、公平とは半年を経て“初対面”に!!

 この“半年”って期間や、互いにどんどん下がっていく頭に、どうしようもなく天然キャラが出てる!

 なんて可愛いおかーさん!

八木ちゃん『飯田 恵…、本物だっ』

00398
 同じ商店街同士、てっきり、八木ちゃんは「お母さん」と顔見知りだと思ったんですが
 単に、“テレビに出てる有名研究家”という事で
 憧れてただけらしい

 ミーハー!

恵『つむぎちゃんね? 初めまして…、小鳥と仲良くしてくれて、ありがとうね?』

00402
00405
00407
00412
00416
00419
00421
00423
00426
00437
00440
00442
00443
00450
00454
00455
00456
00460
00464
00466
00468
00472
00474
00476
00478
00481
00483
00485
00489
 今朝はごめんなさい…、遅刻だけど、いいかな?

「選ぶ」は楽しい!
 やっぱり小鳥の母も、目が回るくらい忙しい中、娘の為に頑張って時間を作ってくれたと判明
 第三話同様、“学生服”のまま!

 おいしーいっ! なんでなんで?! お店で食べたのよりおいしーよっ!?

 恵みさん可愛い!
 そんで、お好み焼きってば美味しい!!

 何よりたくさん種類があって、選べるって時点で、もう食べる前から美味し過ぎる!!

 ほんとにパーティーだ!

恵『知りたい? つむぎちゃんのお父さんのお好み焼きが美味しいのはねえ…、つむぎちゃんへの愛情を、たーくさん込めて作ったからですよ~♪』

00493
00494
00498
 これを真顔で言ってのけ、場を凍らせるスペックの高さ! 小鳥ママすげえ!!
 つむぎと接し、気持ちまで若返ったんでしょうか
 さすがお母さん!

 旦那さん、一体何者だったんだ…!?

余談ですが

IMG_0992
 原作では、同様に大人たちが凍りつき、言った当人もテレてしまう事案が発生
 何この可愛い人!?

 そりゃ、テレビも引っ張りだこですわ!

つむぎ『なるほどぉ…、愛情って、愛!? そっかー…、美味しいのって、そうなんだ……』

00505
00509
00512
00514
00516
00517
00518
00519
00520
00524
00526
00527
00529
00530
00535
 それ、つむぎ、いっぱい食べてんだねーーーーーーっ♪

愛・たべてますか?
 でも、ホントですよね?と小鳥に畳みかけられた公平に、止めを刺したのはやっぱりつむぎ!
 美味しいのは、愛されてるって事

 なら「美味しい」をいっぱい食べる自分は、いっぱい「愛されてる」って事なんだ、

 なんて純真な瞳…
 おとさん、最終話でも泣かざるを得ませんわ!

 初のフルメンバー、6人で食卓を囲み、アニメ版はこれにて最終回!

 二期は!? 二期発表はないの!?

つむぎ『まずいのは あい ないの?』

IMG_0994
 なお原作では、その後、こんな感じのオチに続いたりします。
 しのぶちゃん、マジ頼りになる…!

 現役主婦の恵先生でも、「頼りになる」と思うレベル、子供慣れしてるしのぶちゃんは強い! 

 また「三人で混ぜる」幸せシーンは、アニメオリジナルだったようです

アニメ版は最終回ですが、来週は「読売テレビ」のみ特別編放映です

■Brian the Sun×「甘々と稲妻」特番の放映が決定!@読売テレビ
 「甘々と稲妻」エンディングテーマを手掛ける大阪出身・在住の4人組ロックバンドBrian the Sunの特番放送が決定しました!
 読売テレビのみの放送となりますが、最終話の翌週となる9/26(月)深夜放送予定です。
 出演は、Brian the Sunのメンバーと犬塚つむぎ役を演じた遠藤璃菜ちゃん。
 璃菜ちゃんがホストとなり、アニメにも登場する武蔵境の街を歩いて買い物をし、原作の料理レシピを用いてBrian the Sunメンバーが料理対決をするという内容です。
 番組の最後にはBrian the Sunがエンディングテーマ「Maybe」の生演奏をするなど、みどころ満載の番組です!

■甘々と稲妻―特別編―
 放送局>読売テレビ
 放送予定日時>9月26日(月)深夜25:59~
「恵と亡き妻の似たレシピ」「小鳥のトラウマ」など伏線を残しつつ、アニメ版、これにて完結です!

IMG_0995
IMG_0996
IMG_0997
00539
00540
00440
 収録された原作四巻巻末には、前回の「文化祭」ネタおまけマンガも。

甘々と稲妻
 今回、原作の既刊七巻のうち四巻までを題材に、“実質3巻程度を選り抜いて”アニメ化に。
 つまり、いつでも二期がやれるストックが!
 やろうぜ!

 原作講談社は、七つの大罪やげんしけんなど、割と積極的に「二期」を作るイメージですが…?

 つむぎの笑顔が最後まで可愛い!
 公平も恵母さんも、「親の心 子知らず」ではあるんですよね

 でも敢えて知らせて我慢をさせるより、親が被る位がちょうどいい、ってのがおとさんらしい!

 小鳥さんの食いしん坊っぷりも、ホント毎回見所でした!

アニメ 甘々と稲妻 感想 全12話 2016年7月~9月

 甘々と稲妻 第1話「制服とどなべごはん」
 甘々と稲妻 第2話「豚汁とみせあかり」
 甘々と稲妻 第3話「つむぎとおまたせのハンバーグ」
 甘々と稲妻 第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」
 甘々と稲妻 第5話「お休みの日のとくべつドーナッツ」
 甘々と稲妻 第6話「おともだちとギョーザパーティー
 甘々と稲妻 第7話「五平餅とだいぼうけん」
 甘々と稲妻 第8話「明日もおいしいイカと里芋の煮物」
 甘々と稲妻 第9話「うちのおうちカレー」
 甘々と稲妻 第10話「夏休みとねことアジ」
 甘々と稲妻 第11話「おゆうぎ会とさつまいもクレープ」
 甘々と稲妻 第12話 最終回「あいじょーたっぷりお好み焼き」





 甘々と稲妻 1巻“制服とどなべごはん”
 甘々と稲妻 2巻“お祭りと五平餅”
 甘々と稲妻 3巻“おさらい発表会”
 甘々と稲妻 4巻“ふわふわキャベせんとしょうが焼き”
 甘々と稲妻 5巻“おたんじょうびとおすしケーキ”
 甘々と稲妻 6巻“おにぎりと修学旅行”
 甘々と稲妻 7巻“ばっかり弁当シュウマイ入り”
 甘々と稲妻 8巻“サンドイッチとともだちできるかな?”
 甘々と稲妻 9巻“つむぎごはん”一夏の再会
 甘々と稲妻 10巻“受験奮闘!”子供心と親の傷
 甘々と稲妻 11巻“小鳥の卒業”伝えた想いとラストごはん会
 甘々と稲妻 12巻【最終回】つむぎ成長の軌跡!

ゆらゆらQ[クイーン] 感想




 ゆらゆらQ 1巻“狐っ子は夢を追う”







 おとなりに銀河 1巻 “棘に刺さって恋をして”
 おとなりに銀河 2巻 “特別なクリスマス”

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング