決戦への片道切符! ハヤテ、ミラージュ、フレイア、三者成長のドッグファイト!!

00451
00600
 本当に今週の空中戦スゴかった、以前の戦闘機型中心から、バトロイド(人型)も織り交ぜてた!
 でも終盤、白化していくカシムが本当に見てられなかったですよ
 その最期は畑を護る為って…。

 いよいよウィンダミア本星、決着間近なのに、まさかここまで凹まされるとは…!

「命がけ」で
 メッサーに祈って涙するカナメさん、テンションが上がる「僕らの戦場」、からの三人の連携戦!
 とにかく熱かった!

 ミラージュさんも殻を破った、でも今、やるせないわ…!
『エクスデール村のご子息にお届けします、鍬と添え木と肥料も合わせて!』

00004
 父ちゃん、城でずっと苗木を育ててたんだ…。

極限 ブレイブ
 いざとなればミラージュが撃つという約束で、美雲に続き、ハヤテとフレイアも戦線に復帰。
 マクロス・エリシオンを囮に、惑星アルヴヘイムのシステムを経由し
 ウィンダミアに特攻する作戦が実施に

 囮にかかった空中騎士団は、カシムが“ルン”を燃やす、捨て身の戦法で戦力を補う!

 死闘の末、カシムはルンを燃やしつくし
 ウィンダミアで落命

 ハヤテ達も、彼の死にショックを受けながら、なんとかウィンダミアに到達する。

 次回、第23話「残痕 レクイエム」
ミラージュ『隊や市民に危険が及ぶようなら、撃墜してでも、私があなたを止めます!』

00009
00010
00012
00017
00018
00021
00023
00024
00026
00030
00034
00035
00036
 毎度ながら、ミラージュさんの役回りが辛い、辛すぎる!

命がけの僕ら
 前回、システムに星の歌い手を提示され、“何か”が入り込んだロイドは「神殿」を閉鎖してしまう
 ウィンダミアは“歌”を封じられた

 私は歌うだけ。…でも、この想いも作られたものかもしれない……。

 サービスサービス!
 なるほど、“戦闘用ドレスの下”こうなってたのね!

 一方、絵面と相反するように、美雲とフレイアが復帰したワルキューレも穏やかじゃない雰囲気

 フレイア、アンタは笑っててくださいよ…。
ハインツ陛下『して、何用か? お前がただ、詫びにきたわけではあるまい』

00039
 ウィンダミア王宮、そっけないけど、ぶっちゃルンピカってるハインツ様が不憫…。
 陛下、兄様が来てくれて嬉しいんですね…。

ハインツ陛下『…ロイドの起こす風に乗っていれば、問題は無い』

00052
00056
 そして露呈する陛下の危うさ、もちろん、ロイドが誰より信頼に足る人物「だった」のは確か。
 幼い頃から、ずっとずっとハインツを支えてきた
 それは確かな事です

 父王が健在だった頃、性急な王とキースから、いつも庇ってくれてました。

 しかし今、彼に全てを委ねるのは…。
キース『……それは陛下の、真なる風ですか?』

00059
00061
00063
00067
00069
 今回のカシムの例から見て、陛下の体調は本当にギリギリ。

真なる風
 口下手な「側室の子」キースは、正妻の子が、ハインツが生まれた日に父が教えてくれた事を
 愛する弟に諭します。

 真なる風は己の中に吹くもの、己で見つけ、己で乗るもの…!

 ロイドに従うハインツ。
 そんな彼を、珍しく戒めるキース兄さん。

 正妻の子であるハインツの生まれた日、それは、キースが正式に「継承権」を失った日という事。

 父と子として最後の日、先王グラミア様かっけえ…。
ハヤテ『アンタは歌って俺は飛ぶ、お互い、それしか出来ねえもんな?』

00071
00075
00076
 そしてハヤテと美雲、近付き難かった「ミス謎の人」ですが、すっかり距離が近付きました
 ハヤテならではかもしれませんが。

 単純で、羨ましいわ…。

 とは美雲の台詞
 言い換えれば、内心すごく悩んでるって事ですよね。

 結構、内面は表情豊かなのかも。
美雲『案外怖いのよ、アレ? …しっかり守りなさい、私、ワルキューレで一番幼いんだから』

00077
00080
00082
00083
00085
00088
00089
00090
00092
00093
00096
00101
00102
00106
00108
 案外怖い、当たり前の台詞も、美雲が言うと不思議に聞こえます。

意地を張れ!
 内心、「格上」である自分ではなく、フレイアの歌だけに反応してる事を不思議がってたり
 美雲さん、けっこう不器用なだけなのかも。

 今はただ、歌うだけよ!

 期待される振る舞い
 無敵の歌姫、「美雲」に戻ったみくもさんさい。

 彼女を中核に、「共鳴」でハインツ王にダメージが残っている今、決戦をかける事が決まった!

 エリュシオン、クソかっけーーーーーーーーーー!
『……全機散開! ヴォルドール軍の実力、見せ付けてやれッ!!』

00114
00120
 遂に動き始めた事態、やけに太い機体だと思ったら、可変型デストロイドモンスターだったのか!
 うわ、この機体めっちゃカッコイイ!

 ギミック面白い!
アルベルト・ララサーバル『また、お前に乗って戦う事になるとはな!』

00124
00130
00133
00140
00143
00145
00150
00152
00153
00155
00156
00157
00159
00163
00167
00171
00174
00175
00181
00183
00188
00189
00190
00192
 対艦砲撃を担うデストロイドモンスター、ララ大尉だったのね!

オール・ベット
 続いてマクロス・エリシオンも惑星ランドールに展開、“敵の切り札”、マクロス級に対応すべく
 ロイド司令は、主力をランドールへ
 が

 風が…、凪いでいる?

 全てが「見せ札」
 切り札は、ワルキューレが中核の別働隊であった

 星をも砕かんばかりのエリシオン! 最強の戦力を、敢えて「主戦場」に投じない勇気!

 変形しつつ一斉射、マクロス級は燃える!
アラド隊長『導いてくれるのかもしれません…、アイツが』

00201

 本命アルヴヘイム、制風圏のネットワーク上、ここは「ウィンダミア」と繋がっている
 敵が歌を発信する「通路」を通るのか?

 奇しくもメッサーと出会った、“ケイオス”にとって忘れられない大地

 片道切符ってヤツだ!
カナメ『いくわよ皆! もうこれ以上、戦いを長引かせない為にも!』

00202
00205
00210
00220
00228
00232
00235
00240
00244
00246
00250
00252
00255
00258
00266
00268
00274
00277
00280
00282
00285
00289
00290
00293
00296
00299
00321
00328
00330
00351
00354
00356
00360
 美雲式の激励に、言葉は要らない、ただ歌うだけ! 思いっきり!!

最高の歌になれ
 当初、ハヤテの暴走、引いてはミラージュへの被害を思い、全力で歌えなかったフレイアだったが
 他ならぬ二人、更に美雲の激励!

 本気で歌えフレイア! お前が歌わないと、気持ち良く飛べねーんだよ!!

 歌は「僕らの戦場」へ
 灰になるまで走れ、破滅に奇跡を呼び起こす歌!

 しかし、急遽送られてきたカシムも、母国を息子を護る為に全力を出し切っている状態で…!

 父ちゃん、アンタは無茶しちゃイカンのに!
カシム『風が乱れた!?』

00367
 この強敵に対抗する為、ハヤテの「共鳴」も再びレッドゾーンへ!

カシム『暴走!? …しかし言ったはずだ、容赦はせんと!』

00380
 割って入ったのはミラージュ、しかし、見境をなくしたハヤテは…!

ミラージュ『ハヤテ…、ハヤテ、ハヤテ、ハヤテ…!』

00385
00388
00390
00392
00397
00400
00403
00404
00406
00409
00416
00418
00427
00437
00441
00449
00450
00451
00452
00455
00458
00459
00460
00466
00470
 まさかの回避、からの、世界を狙えるタックル!

フォーメーション
 咄嗟に接触させたミラージュ、機体を伝導した生の叫び、命がけで歌い続けたフレイアに
 ハヤテの“共鳴”は落ち着きを見せる
 
 ありがとう、ミラージュ、フレイア、お前たちの命がけの思い、俺はもう絶対…、暴走したりしない!

 治ったァ!?
 からの、目にも留まらぬ空中戦!

 各形態織り交ぜ、ハヤテとミラージュが交差、息ピッタリの連携戦が炸裂!!

 カシムさんも嬉しそうだ!
チャック『秘技! クラゲの嫁入りッ!!』

00476
00480
 遂に開いた「本星」へのゲート、チャック捨て身の全力砲火が時間を稼ぎ
 ワルキューレ達はウィンダミアへ飛んだ!

 ついでにテオ・ユッシラも足止めし、敵の戦力も一機減らしたのだった。
『余所者が我らの空を穢すなど!』『この空は、飛ばさせぬ!』

00484
00488
00492
00498
00502
00511
00513
00514
00515
00518
00522
00531
00532
00538
00545
00546
00555
00556
00559
00563
00567
00568
00574
 危ねえ! ワルキューレじゃなければ即死だった!!

我らが空で
 ワルキューレの母艦が落とされるトラブルもあったが、問題はカシム、命が燃えに燃えていた!
 闘志に比例するように、白化は急激に拡大…!

 !? 何してんだよカシム! 早く! 立て直せカシム!!

 遂に限界を迎えたカシム
 もうこうなると、敵味方言ってる場合じゃない!

 ハヤテが必死に叫ぶ中、カシム機は、森をクッションに不時着するかに思われましたが……。

 お父さん、顔がほぼ真っ白じゃないか…!
ハヤテ『ホッ…、あの森に不時着すれば、助かる!』

00577
 何を思ったか、カシムは急制動して“地上に”落下……!
 父さん、アンタ何を!?

ハヤテ『何やってんだよ、森に踏み込めば、不時着できたハズだ!』

00580
00582
00595
00600
00603
00604
00610
00611
 カシムさん…、ルンが……、尽きる…!?

守りたかった場所で
 カシムは、最後の最期で「リンゴ畑」を護ったのか、機体を地面に突っ込ませ力尽きてしまう。
 胸にあったのは、息子の事だけ…!

 リンゴ畑は…、無事か……? アレク…。

 愛息子の事を想いながら
 ルンを燃やし尽くし、騎士カシムは事切れる

 最期、たとえ幻でも、“何よりも見たかった景色”と共に逝けたのは幸いだったのでしょうか

 アンタは、帰る場所があったじゃないか…!
次回、フレイアとミラージュ。残痕 レクイエム

00614
00615
 この重い後味に、いつもの曲は似合わない。専用EDでの追悼に。

無茶した男
 今回、不吉な描写を重ねていたカシム、薄々解ってたけどアンタはそれやっちゃイカンでしょう…
 ハインツ殿下も、“同じ身体異常”が進行中なんですよね
 どうなってしまうのか

 克服からのハヤテとミラージュの連携も、映像的な見所過ぎて素晴らしかった!

 辛い役を強いられるミラージュ
 でも、ハヤテの一番近い場所を飛ぶ「相棒」でもあるのよね!

 チャックとマクロス・エリシオンを置き去りに、いよいよ、ウィンダミアの小さな決戦が始まる…?

 次回、第23話「残痕 レクイエム」
マクロスΔ 感想 2016年4月~9月

 マクロスΔ 先行放送版「戦場のプロローグ」
 マクロスΔ 第1話「戦場のプロローグ」
 マクロスΔ 第2話「覚悟のオーディション」
 マクロスΔ 第3話「旋風 ドッグファイト」
 マクロスΔ 第4話「衝撃 デビューステージ」
 マクロスΔ 第5話「月光 ダンシング」
 マクロスΔ 第6話「決断 オーバーロード」
 マクロスΔ 第7話「潜入 エネミーライン」
 マクロスΔ 第8話「脱出 レゾナンス」
 マクロスΔ 第9話「限界 アンコントロール」
 マクロスΔ 第10話「閃光のAXIA」
 マクロスΔ 第11話「追憶 ジェリーフィッシュ」
 マクロスΔ 第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」
 マクロスΔ 第13話「激情 ダイビング」

 マクロスΔ 第14話「漂流 エンブレイシング」
 マクロスΔ 第15話「訣別 レゾリューション」
 マクロスΔ 第16話「ためらい バースデイ」
 マクロスΔ 第17話「拡散 オンステージ」
 マクロスΔ 第18話「感覚 エマージェンス」
 マクロスΔ 第19話「Eternal Songs」
 マクロスΔ 第20話「衝動 エクスペリメント」
 マクロスΔ 第21話「切望 シークレット」
 マクロスΔ 第22話「極限 ブレイブ」
 マクロスΔ 第23話「残痕 レクイエム」
 マクロスΔ 第24話「絶命 ジャッジメント」
 マクロスΔ 第25話「星の歌い手」
 マクロスΔ 第26話 最終話「永遠のワルキューレ」

 マクロスΔ コミックアンソロジー(一迅社)
 MECHA COLLE-07 SDFC108 マクロス・エリシオン 要塞型

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング