互いに想って傷つけて、見守る事しか出来なくて。“Aqours”、本格始動!

00564
00208
 ケンカと本音、真相と和解、過去にライブにまさかの会長黒幕オチと、Aqoursぎっしりの第9話!
 早朝果南に、駄々っ子マリィ、話を引っ張った千歌と
 オチ会長の可愛さ!

 まさか「誰が書いたっけ?」ってAqoursのチーム名、伏線だったなんて会長可愛すぎ!

姉妹だねェ…
 完全に、果南とマリィを嫁に出した風情の会長を、ルビィが招待する場面だとか
 盛り上がりも作画も素晴らしかった!

 ようやく知った互いの真意、本音の衝突って本当に素敵だ!
“一年生”果南『私…、スクールアイドル、辞めようと思う』

00014
 マリィ自身が断った「留学」、これを理由に、“一年生”は解散に…。

未熟DREAMER
 沼津花火大会、地区最大の祭りに出演要請を受けたAqours、前向きに戻った千歌は快諾するが
 そも、「前向き」さは、果南の専売特許だった
 なのに“やめた”理由とは?

 実は当時、怪我したマリィを庇って「歌えなかった」フリをし、留学させる口実にも仕向けたのだ

 鞠莉の将来に最善を尽くした果南
 しかし、鞠莉も「果南が心配で」、歌わせる為にスクールアイドル復活を期した。

 ダイヤの助力で二人は和解、“Aqours”は9人で再始動し、見事沼津花火大会を彩るのだった

 次回、♯10「シャイ煮はじめました」
ルビィ『どうしよう…、東京に行ってから(善子ちゃんが)すっかり元に戻っちゃって……』
ずら丸『ほっとくずら』

00000
00001
00005
00007
00012
00013
00014
00015
00017
00019
00024
00033
00035
00036
00038
 何気にひどいずら!?

トライ&エラーズ
 のっけから、善子の太ももと共に提案されたのは「花火大会」、言わずと知れた、地方最大の祭り!
 でも、参加するには時間が足りないが…?

 うん…、私は出たいかな?

 全力で参加する
 ダメだったら、また繰り返す。

 とにかく失敗を恐れない事、若さとは躊躇わない事! 良い意味で前向きに戻った千歌ちゃん!

 のっけから輝いてる!
“回想”果南『ん…? 練習、“頑張って”ねっ』

00039
00040
00042
 しかしなおも胸に残るのは、果南に逃げられてしまったことだった。
 また、スクールアイドルをやろうって誘いたい
 が、取り付くしまも無い

 ん?

 振り返った果南が可愛い! けど辛そう!!
“幼い日の”果南『<こわくないって千歌! ここでやめたら、後悔するよっ! ぜったい出来るからっ!!』

00047
00048
00049
00051
00053
00054
00057
00071
00072
00073
00075
00077
00078
00079
00080
00082
00083
00088
00092
00093
00094
00095
 ダイヤ会長、いつの時代も尊い。

真相・堕天ツイスト
 しかし、千歌が知る幼い日の果南は真逆の性格、むしろ果敢に立ち向かうチャレンジャーだった。
 千歌の性格の、“原型”なのかも。

 逃げてる訳じゃありませんわ! だから、果南さんの事を逃げたなんて言わないで…!

 そして真相の欠片
 ルビィが聞いた、“逃げたわけじゃない”

 状況と矛盾するダイヤの発言、真意はマリィだけが知らず、だからこそ猪突猛進してるようで…?

 堕天ツイスト可愛すぎィ!
Aqoursトーテムポール『眠いずら……』

00097
00100
 そこで解決だ! 賢い可愛いAqoursは、揃って尾行する事で真相を探ろうと決意!
 千歌達より、遥かに鍛えこんでいる果南
 彼女の日常を追う。

 なお全員興味があるので、全員で追う事に。

 これ絶対バレるヤツや!
『毎日、こんな朝早く起きてるんですね?』『……いったい、どこまで走るつもり…?』『もう、かなり走ってるよね?(運動部)』『丸…、もうダメずら……(限界)』

00102
00103
00104
00105
00106
00109
00112
00113
00118
00121
00122
00130
00131
 おい、ただの天使じゃねェか! 天界脱走してんぞオイ!!

内浦の森の天女
 かくて、静岡県沼津市内浦の観光案内の如く、気持ち良さそうに果南先輩は走って行く。
 気付きもせず、ただただ“好きな事”に打ち込む姿
 奇麗だ…

 復学届け、提出したのね? やっと逃げるのを諦めた?

 が、自称ストーカー!
 刺激、挑発的な姿勢をとるマリィ。

 元々友達同士、でも「誘われた」彼女が、一番のめり込んでいるいるのも思えば皮肉ですね

 しかし美しかった…!
マリィ『私の知っている果南は、どんな失敗をしても、笑顔で“次”に走り出していた。成功するまで、諦めなかった』

00138
00140
00156
 また、千歌が知ってる「果南の性格」なんて、マリィは百も承知なわけですよね。
 挑発は、それだけ前向きだと知ってるから
 が

 果南は決定的にマリィを拒絶。

 黒幕的で攻撃的で、でも「反撃」で緩む辺り、マリィは本来もっと緩い人らしい。
果南『どうして戻ってきたの? …もう、あなたの顔、見たくないの…』

00157
 しかし果南も泣きそうな表情で、それがマリィには、Aqoursには伝わらないのが辛い。

梨子『逃げるのを諦めた、か…。…ううん、何でもない』

00159
00168
00170
00171
00172
00179
 そして実際に「逃げてきた」梨子、他人事じゃないのよね…

頭上の死闘
 翌日、マリィさんが早速コスを! このヒトってば二年間ずっと大切にしてきたのか!!
 が、果南は即座に窓から捨ててしまう

 衆人環視でドヤ顔アイドルコス、マリィさんの胆力ぱない!

 さすが!!
耀『くんくん…、制服っ!』

00185
00190
 一方耀、制服の香りにまさかのラブダイブ! アンタどんだけ制服フェチなの!?
 死んじゃうの!?

 千歌&梨子、さすが夫婦ナイスな連携だ!
『離しなさい! 離せって言ってるのっ!!』
『離さないっ!』

00195
00199
00206
00208
00214
00215
00222
00226
00227
00229
00231
00234
 いい加減にしなさいっ! 一回失敗したくらいで、いつまでもネガティブにーっ!!

バトル・オブ・三年教室
 しかし、死闘は死闘でもマリィ理事長がかわいい! 子供のだだっこにレベルアップしちゃってる!
 まさに“二年前”と真逆!

 千歌っち達だって、再スタートを切ろうとしてるのに、なんでっ!

 千歌とは違うの!
 とは、売り言葉&買い言葉。

 これまでのミステリアス巻き舌キャラをかなぐり捨て、駄々っ子になったマリィかわいい!

 三年トリオ可愛すぎ!
千歌『いい加減にぃぃ……、しろおーーーーーーーーっ!』

00235
 思わず鳥も飛び立つレベル。

千歌(おかん)『もう! なんか分からない話を、ずーっとずーーっと…、隠してないで、ちゃんと話しなさいっ!』

00238
00243
00244
00248
00250
00253
00256
00257
00261
00263
00266
00270
00272
00275
 千歌ちゃん、それただの視聴者の代弁だから!

ホンット腹立つよねコイツ!
 かくて、勢い任せに千歌に引っ張られてからというもの、マリィ理事長の可愛いこと!
 完全に千歌ちゃんと意気投合してるし!
 可愛い!

 未練なんてない! とにかく私は、もうイヤになったの…!!

 クール顔が崩れる果南
 そんな二人に、嬉しさが隠せない様子のダイヤ会長

 しかし、最後の最後の一線は譲れず、声を荒げてた果南は部室を後にしてしまう。

 この子ら、素はこんななのね…。
梨子『…ダイヤさん、何か知ってますよねェ…?』

00283
 同じくクールを決め込んだ会長も、梨子の意外に厳しいツッコミに「素」を晒すことに。

『善子ちゃん!』『ヨハネだってばっ!!』

00285
00289
00294
00295
00300
00301
00304
00305
00307
00308
00312
00317
00318
00321
00328
00330
00332
00336
00338
00340
00342
00344
00345
00347
00350
00352
00354
00357
00360
00363
00366
00367
00369
00373
00375
00376
00378
00379
00382
00384
00386
00387
00390
00391
00392
00394
 まさかのヨハネツイスト再び!?

わざとだった!?
 実は当時、マリィは白ニーソックスにテーピングした満身創痍で、彼女の為に「歌わなかった」と
 その真相、全く思いも寄らなかった!?
 何より

 自分達のせいで、鞠莉さんから、未来の色んな可能性が奪われてしまうのじゃないかって。

 留学とか転校とか
 それは、「果南の身勝手」だったかもしれない

 けど果南も、ずっと鞠莉の立場や気持ちを見てきた、その上での最善だったんだとダイヤは諭す

 誰よりも、鞠莉の事を考えた末の決断だったと。
ダイヤ『ちゃんと伝えていましたわよ…、あなたが気付かなかっただけ』

00396
00399
00400
 果南も、直接は言わなかったが、「離れ離れになっても忘れない」とかいつも言っていた
 その、真意にようやく気付けた
 涙しか出ない!

 会長は、そんな二人をずっと見守ってきたんですね…。

 でも、果南も鈍かった
鞠莉『ちゃんと話して! 果南が私の事を考えているように、私も果南の事、考えているんだから…! 将来なんか、今はどーでもいいの…、留学? 全く興味なかった、当たり前じゃない!
だって果南が歌えなかったんだよ…、放っておけるはずない! 』

00404
00408
00412
00416
00420
00421
00423
00429
00431
00432
00435
00436
00437
00438
00439
00442
00444
00450
00454
00458
00459
00468
00469
00471
 私が…、果南を思う気持ちを、甘く見ないで!

ちゃんと言ってよ
 何より、鞠莉が「留学を拒んだ」一番の理由は、果南が“歌えなかった(演技)”が心配だった
 でも、当時の鞠莉もおくびにも言わなかった
 だから

 ハグ…、しよ?

 互いに互いが大切で
 心配かけまいと、互いに建前を使って誤解しあった。

 お互い様だとひっぱたき、出会った時の「ハグ」をもう一度、二人は幸せなハグをして和解

 作画もめちゃくちゃ奇麗だった…!
千歌『……ダイヤさんって、本当に二人が好きなんですね?』

00472
00478
00479
00481
00483
00484
 そして演出を終えたダイヤは、二人をAqoursに託すつもりで、「繊細だから」と注意をする。
 嫁に出す親の風格!
 が

 じゃあ、ダイヤさんも居てくれないと?

 またも千歌!
 不意打ち、動揺する会長かわいい!

 三人揃い、すっかり“素”を晒す三年トリオ、特に、元々隙の多い会長に至っては…!

 手渡すのはもちろん!
ルビィ『親愛なるお姉ちゃん、ようこそ…、Aqoursへっ!』

00486
00488
00489
00490
00491
00492
00495
00498
00499
00500
00501
00511
00512
00519
00520
00523
00526
00527
00531
00532
00533
00542
00544
00546
00547
00552
00554
00555
00558
00560
00562
00564
00567
00568
00569
00571
00572
00573
00581
00589
00590
00591
00594
00596
00599
00602
00605
00606
00610
00612
00616
00618
00621
00625
 いつもそばにいても伝えきれない想いで 心 迷子になる…♪

皆となら 無理したくなる
 かくて、今回すれ違った日々を歌詞にしたような“未熟DREAMER”で、沼津花火大会に参加
 水上ステージ、Aqoursフルメンバーに!
 会長いい!

 いつか部室の白板に残っていた歌詞が、今、ようやく完成したのでしょうか

 三人の部室からマリィへ 
 ほんの短い沈黙から、空を彩る大輪の華に!

 場面転換も本当に奇麗で、少しスローテンポな曲とダンス、Saint Snowにも決して負けてない!

 頑張ろうよ、の千歌かわいい!
やっと一つになれそうな 僕たちだから♪

00627
 ここで三年トリオ!

本音ぶつけあう事から はじめよう♪ その時 見える光がある… はずさ

00630
00634
00636
00639
00640
00644
00645
00646
00647
00648
00652
00661
00663
00654
 今週、ルビィみたいに焦ったり、逃げたりする会長が可愛さ爆発過ぎてヤバイ。

んん?
 さて余韻に浸るように笑った果南、ここで種明かし…、実は“Aqours”とは三人のユニット名!
 偶然、必然、犯人はヤス!

 千歌たちも、私とマリィも、まんまと乗せられたんだよっ。誰かさんに♪

 三話で命名した制服少女隊
 もとい、Aqoursは、「誰が書いたのか」不明でした。

 てっきり、ノリで書いて忘れただけだと思ったんですが、まさかの会長!

 冷や汗からの楽しそうな顔、慌て顔! 最高だった!!
次回! フルメンバー揃ったAqourshは、“海の家”経営に…?

00121
00300
00394
 三年トリオも、その潤滑剤となった千歌ちゃんも最高だった!

次回なんでやねん!
 いやー、「本音」ってホント素敵ですねって回だった! 本当はスクールアイドルやりたい果南
 早朝の密かなダンスも、どんどん“黒幕顔”が剥がれるマリィも
 翻弄されまくる会長も可愛い!

 三人揃って、千歌に怒鳴られ、目をぱちくりさせるシーンとか大笑いだった!

 結局どういう事なの!
 いや千歌ちゃん、すんごいストレートだった!!

 本音に本気に黒幕に、「歌えなかった果南が心配だった」って動機も、納得したし素敵だった!

 次回、♯10「シャイ煮はじめました」
ラブライブ!サンシャイン!! 感想 2016年7月~9月

 ラブライブ!サンシャイン!! 第1話「輝きたい!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第4話「ふたりのキモチ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第5話「ヨハネ堕天」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第6話「PVを作ろう」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第7話「TOKYO」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第8話「くやしくないの?」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」
 ラブライブ!サンシャイン!! ♯第10話「シャイ煮はじめました」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第11話「友情ヨーソロー」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第12話「はばたきのとき」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第13話 最終話「サンシャイン!!」

 ラブライブ!サンシャイン!! Aqours、バンダイからプラモ化発表。2017年2月よりリリース。

ラブライブ! 2期 2014年春アニメ

 2期 ♯1「もう一度ラブライブ!」
 2期 ♯2「優勝をめざして!」
 2期 ♯3「ユメノトビラ」
 2期 ♯4「宇宙No.1アイドル」
 2期 ♯5「新しいわたし」
 2期 ♯6「ハッピーハロウィーン」
 2期 ♯7「なんとかしなきゃ!」.
 2期 ♯8「私の望み」
 2期 ♯9「心のメロディ」
 2期 ♯10「μ's」
 2期 ♯11「私たちが決めたこと」
 2期 ♯12「ラストライブ」
 2期 最終話「叶え! みんなの夢――」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング