これまでの感想はこちら
ならば回遊魚らしく…、頂いていく! パチ様、最終回大活躍だった!!

Aaa_002
Aaa_502s-
IMG_0653
 かんなぎの長期休載時に始まったスピンオフも、気付けば、本編並みの巻数を重ねて最終巻!
 サザエさん時空を、回遊魚だから云々のループモノにして
 強引に着地するとは!

 かんぱちらしい強引極まる最終巻、色々好き放題やって楽しかった!

気付かねーよ!
 本編のスーパーのオバちゃんと、ヤンキーが実は親子で、しかも作中で示唆されてたとか
 変な補完したのも妙に楽しかったです

 これでこそ公式外伝よね!
一方で、知りたくなかった事実も

IMG_0655
 荘厳な「汐見の神」、実は女子小学生ボディを楽しんでました説。

せめて回遊魚らしく
 色々あって、街の時間が「ループ」していると判明、「かんぱち」の神様であるパチは
 実は、“環”を司る神でもあったのだ
 なんと強引な!

 事故でばらばらになり、集合・合体したパチが、強大な神の力を得てしまったのが原因。

 パチは回遊魚らしく旅立つ事にし
 街の「賑やかし」を得て、ウーパールーパーつぐみの船で宇宙の大海へ漕ぎ出す。

 かくて、パチのいない日常が始まったというか戻ってきたというか(完)。
あと何気に、この回で初めて知りました

IMG_0658
 今期アニメ「クロムクロ」で、割りと頻繁に出てくる単語「ノーラッド」って、組織名だったのね
 そういや最終巻、そっくりさんは出てきたけど「ざんげのお父さん」は出番なし
 流石かもしれません

 北アメリカ航空宇宙防衛司令部、通称ノーラッド(NORAD)。

 人工衛星から、核ミサイル、戦略爆撃機の動向まで監視しているんだそうな。
喫茶「めいでぃあ」、迷走する

IMG_0657
 かんぱちではすっかり準レギュラーと化し、仁も頻繁に女装してバイトしてたメイド喫茶
 最終巻は、営業の方向を巡って大混乱に陥る
 最終話っぽい流れに

 女子「男装カフェ」となり、女装した仁の男装が受けた、とか怒涛のカオス。

 男装つぐみちゃん可愛かったですね!
あと、元祖男装女子・祥峰様かわいかったですね!

IMG_0660
 原作での「過去へ飛んだ」回に際し、うっかり、過去のナギ様たちを連れて来るファンサービス
 ナギ様、がっこうへいこう!
 とノリノリである

 一方、文献でしか知らなかった大東の登場に、わくわくする祥峰可愛かったですね!

 当代の当人、そりゃテンション上がるわ!
収録

IMG_0654
 最終回(直前)まで登場とか、じゅん子(仁)はホントに大活躍だったのう。

 レックスコミックス「かんぱち 10巻(完結)」。結城心一/原作:武梨えり。
 月刊コミックレックス連載、一迅社発行。
 2016年8月(前巻2015年7月)

収録
 うっかり大東達を連れてきてしまった第114幕から、第?話(127話で最終話)まで収録。
 巻末「そのごのさんご」、あとがき漫画収録
 カバー下あり

 作者の結城氏は、武梨先生の兄。ちなみに武梨先生は女性である。

※トップに戻る

※武梨えり先生 過去記事一覧へ

かんなぎ 感想




 かんぱち 9巻
 かんぱち 10巻“最終回”回遊魚として始めよう
 かんなぎ 9巻
 かんなぎ 10巻
 かんなぎ 11巻“卒業”
 かんなぎ 12巻“最終回”ありがとうございました!!

ニジとクロ 感想

 ニジとクロ 1巻“白黒がわからなくなってく!”
 ニジとクロ 2巻“よその子、ウチの子、チョコが好き”
 ニジとクロ 3巻【最終回】“クロと最初の貰いもの”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング