ミラージュさんの激励、本当、泣ける笑えてカッコイイよ!

00180
00320
 互いを気遣いあう二人、爆発したミラージュさん素敵! それでも“恋心”を押し隠しちゃうヘタレで
 恋敵の為でも、命だって張りそうなくらいに男前で
 どこまでも生真面目だった!

 大好きだからです!って言い切った後、何か言いたげに唇を噛むのが可愛かった!!

何の薬?
 一方、珍しく存在感を見せた双子に、キース様は何の薬を欲しがったのか?
 クモクモといい、引っ張る引っ張る!

 後ナースのマキナ、髪を下ろしたカナメさん好きです(死神)。
ハヤテ『お前の歌を聞いても平気だって事、バシッと証明してやるから!』

00014
 かつてなく、ルンが曇ってる……。クモクモしてる……。

衝動 エクスペリメント
 フレイアの歌が、ハヤテを「ヴァール化一歩手前」にしている、あの現象を確かめようとするが
 自分の歌が、ハヤテを危険にすると知ったフレイアは
 歌えなくなってしまう

 それはハヤテも同様で、互いに「飛べ」「歌え」と言い合いになる二人。

 見かねたミラージュは、二人とも好きにやれと叫び
 協力は惜しまないと約束した

 大好きな仲間だから、「仲間だから」と付けてしまった自分に、ミラージュは嘆息する。

 次回、第21話「切望 シークレット」
アラド『以前とは状況が違う! 分かってるはずだ…、“これ”がお前の飛び方か?』

00000
00005
00017
00018
00021
00024
00026
 だったら実験でそれを証明しろ、艦長の厳しさが印象的。

「理性ある」ヴァール
 ハヤテの超強化は、「感覚拡張」、脳の処理能力が急上昇するヴァール化寸前の現象だった 
 感覚は鋭敏に、時間感覚さえ変調をきたし
 スペックは急上昇

 私達の歌は…、それを抑制するはずなのに。

 非常に有用な現象
 実は、ここに“自我”が無いのがヴァール化。

 非常に危険な、ギリギリボーダーライン状態、これが「歌と関係ない」と証明せねばならない!

 ミッションスタートだ!
フレイア『あ…っ!』

00029
 しかしフレイア、そこまで聞いて歌えるはずもなく……。

ハヤテ『オイ! あんなんじゃ証明できねーだろ!? なんでフレイアに歌わせねーんだよ!』

00034
00042
00046
00056
00057
00059
 もう二度と…、あんな想いはしたくありませんからね……。

メッサーのトラウマ
 美雲も相変らず入院中、フレイアも歌えず、ワルキューレは核となるメンバーを失った事に
 しかし、焦ればメッサーの二の舞に…。
 トラウマ…!

 クソ! 俺のせいで、アイツが歌えないなんて…、ありえねえだろ!

 荒れるハヤテマン!
 彼女が、歌に命かけてる事を知ってるから…。

 護衛として守るどころか、気遣われ、アイツの一番大事な歌を封じさせた。

 そらハヤテマンも荒れるわ!
ミラージュ『全く…、何やってるんだか』

00063
 とは彼の向けた言葉か、或いは、何の励ましも出来なかったミラージュ自身への言葉か。
 この子、クソ真面目だから「後者」かも。
 はたまた?

 或いは「フレイアの為」に、大好きな空を我慢しようとするのが、ちょっと羨ましかったんでしょうか

 疎外感、そう疎外感だわ!
カナメさん『ただいまー、ってアレ? 皆まだなの…?』

00064
00066
 一方、蚊帳の外にされたレイナ&マキナ、この二人は黙ってるタイプじゃない!
 こっそり、美雲の医療船にハッキング…

 開かないドアは無い!

 ポツンとしたカナメさん!

『ヤツの歌は、風の歌を打ち破ったような……』

00068
00069
00073
00074
00080
00083
 その頃、ウィンダミアも「美雲の歌」でハインツが倒れた事に、否応なしに衝撃が
 愛と忠義と課金の人、ボーグさんは否定しますが
 脅威なのは明らかです

 また、「歌」で硬化した身体を、リンゴのカシムさんは隠そうとしてますが…。

 寿命が縮んだの、彼だけなのか…?
ベルガー・ストーン『乾燥クラゲです。リンゴの古酒に、よく合うそうですよ』

00090
00093
00094
00101
 ベルガーのcv藤原さん、病気休業中ですが、全部録音したんでしょうか?

毒クラゲと毒眼鏡
 また、ロイドは当初「洗脳装置を実用化」するのが狙い、財団も“その儲け”が狙いだと判明
 しかし腹黒眼鏡は路線を変更

 秘密主義なロイドに、ムッとした様子のベルガーがちょっと好きです。

 まあ勝手な人!
 そして、ロイドの狙いとは何なのか…?
ハインツ様『竜鳥か……』

00102
 一方、「鳥」に歌を向けたハインツ様に、騎士が二人血相を変える場面も!
 何事!?

 てか、そっちの若いの誰?!
ヘルマン『そうでしたな…、ハインツ様は、動物に愛されておなりでした』

00106
00113
00114
00121
00124
00128
 息子のノーマン役は、cv立花慎之介さん。マジンボーンのルークさんか。

まさかの息子!
 実は、若い騎士が「ヘルマンの息子」で、その獰猛な“竜鳥”の飼い主だったらしい。
 タカみたいな鳥

 例年は、この竜鳥に「狩り」をさせる競技があり、ハインツ様も大好き。

 でも戦争で中止に 
 戦争が、民を不幸にしているのだ、と。

 平和の為だったのになぁ…
ロイド『ハインツ様の歌に勝るものなど、全銀河をくまなく探してもおりません……』

00143
 対し、プラスの情報ばかり流し続けるロイド、完全に「君側の奸」である。
 これは良くない傾向…。

キース『なぜ、陛下の担当医が代わった……?』

00146
00151
00158
00164
00165
00176
00177
00179
00180
 少年時代のロイドとキース、寮の先輩の「洗礼」に反撃! その結果!!

ユッシラ/ユッシラ
 ますます疑念を深めたキースは、ユッシラ兄弟に頼み、「薬」を都合して貰ったらしい。
 この兄弟って、こんなキャラだったのね! 

 ロイド…、お前は今、どこを飛んでいる……!

 かつて、誰より近いはずだった親友
 考えが読めない

 果たして、主治医が言いかけたこと、そして「薬」とは何の事なのか……。

 ひっぱるなあ、先王様の秘密!
フレイア『ハヤテ…?』

00182
00188
 日をまたいで、やっぱり歌えないフレイア、ハヤテマンが決断……!

カナメ『呆れた…、また独房行きよ?』

00192
00195
00197
00206
00210
 独房、前にも入ってたのかよ!

放っておけない!
 やはり、病院船への潜入を企んでいたマキナ&レイナ、カナメも一枚噛んで
 結局、三人で挑戦する事に!

 何考えてるか分からないし…、心を開いてくれてないかもって思ってた…、ううん、今も思ってる…

 謎ガール美雲
 彼女は、自分達に心を開いてない。

 それでも放っておかない、独房に入る事になろうがやってやる! マキナ・レイナ流石!!

 やっぱ、“謎だ”とは思ってたのね。
ハヤテ『……歌えないのか?』

00212
 一方、深呼吸して、ガラにもなく緊張したハヤテ

フレイア『……あたし、歌うの辞める。そしたら、ハヤテは飛べるから』

00217
00223
00224
00226
00229
 あたしが辞める!

俺が/あたしが
 今や、ハヤテが飛べばフレイアは歌えず、フレイアが歌えばハヤテは飛べない有り様。
 と、なればこうなる!

 いいや、俺が辞める!

 どうぞどうぞ!
 もとい、バカップルだコレ!

 いや二人とも真剣ですが、要は「相手の為に、自分の一番大切なものを我慢する」って、アレだ!

 すごくラブコメの波動を感じる!!
医師『患者はカナメ・バッカニア……、ってシステムの影響が彼女にも!?』

00233
00239
00243
00244
00245
 ナースコスいいよね…。

深く静かに
 その頃、カナメさんが仮病してマキナがナースに扮し、医療データをレイナが書き換える事で
 美雲の病棟に近付く、潜入ミッションが開始!
 頓挫!

 時間ごとに、IDのセキュリティが変更されている!?

 捕まった…!
 医療班が一枚上手だったの件。

 実際、美雲の件を引いても、代替の利かない「ワルキューレ」の医療担当ですしね

 しかしまあ、胸を強調するナース服ですねコレ…。
ミラージュ『いい加減にしてください! ……フレイア! だったら歌いなさい! あなたから歌を取ったら何が残るの! ルンとリンゴだけでしょう? 弱虫、根性なし、このいじけたリンゴ娘!!
ハヤテもハヤテです! 飛ばなくなったら何が残るの? ……このゲロ飛べ男!』

00249
00255
00256
00262
00263
00269
00273
00280
00282
00284
00293
00294
00295
00296
 なにそれ? 笑わせないでよ!とかいう、らしくない台詞!!

壊れてキレてド正論!
 延々と、譲り合いイチャつく二人にキレたミラージュは、乱入してグサグサと正論ラッシュ!!
 も、出るわ出るわ罵声の嵐!
 可愛いぞ!

 どうして、“一緒に乗り越えよう”って言えないんですか!

 まったくだよ!
 どちらか、「譲られた方」も傷付く

 けっきょくこの問題、「どちらか」じゃダメで、「どっちも」一緒にしなきゃならんのでしょうね。

 後ろからバッサリだ!
『……分かりました、ならハヤテの事も、フレイアの事も、私が護って見せます!』

00307
 更に無茶言い出した! こないだ「飛ぶ事しか出来ない」とか、悩んでたミラミラが!!
 どうやって?

 つまんねーこと聞くなよ!
ミラージュ『二人は大切な仲間ですし…、大切だと同時に……、大好きだからです!』

00308
00314
00316
00318
00320
00324
00325
00326
 一人になってから、めっちゃ落ち込むミラージュさんであった…

仲間だから
 結局、ミラージュの「解決策」も全く具体的ではなかったが、“何も出来ない”って躊躇いを越えて
 今、確かに二人を元気付けた!
 しかし…

 大切な仲間…、大好きだから、か……。

 誤魔化した言葉
 一人、ヘタレさを自嘲するミラージュ。

 その態度、フレイアはなんとなく気付いたような感じも、あるような無いような……。

 でもミラージュさんも、確かに殻を破れた!
レイナ『カナメ、強行突破!』

00328
00334
00346
00354
00357
00361
00365
00368
00369
00379
00381
00392
00387
 壁に手をつくレイナ、必要な姿勢だけど、どこかエロさがあった!

特攻のAXIA
 同じくワルキューレ達も強行突破し、終いには、美雲が居るらしいエリアで思いきり歌う!
 歌ってくれ、カナメさん!

 その歌に、意識を失ったまま答える美雲の姿をそこに見た…!

 復活は叶ったのか?
 そもそも、美雲とは何者なのか?

 囮に髪留めを放り投げ、髪を振り乱すカナメさん、新鮮な雰囲気ですごい美人だった!

 きっと、メッサーも草葉の陰で大興奮だったね!
次回、「美雲」への解説が行われる…?

00056
 メッサーについて、まだ何かあるのでしょうか

トライアングラー
 これまでのミラージュなら、「具体的な方策がないから」、と踏み込めなかったと思うんです
 ミラミラ、確かに一歩前に進んだ!
 良い罵倒だった!

 飛ぶ事も歌う事も、めっちゃ大切だって分かるから、ラブコメの波動も感じた!

 譲れない最後の一線も
 コイツの為なら、ま、仕方ないかって放り出せるって奴!

 そしてますます「君側の奸」って感じ、ロイド司令の真の目的、ここまで来るとむしろ善行とか?

 次回、第21話「切望 シークレット」
マクロスΔ 感想 2016年4月~9月

 マクロスΔ 先行放送版「戦場のプロローグ」
 マクロスΔ 第1話「戦場のプロローグ」
 マクロスΔ 第2話「覚悟のオーディション」
 マクロスΔ 第3話「旋風 ドッグファイト」
 マクロスΔ 第4話「衝撃 デビューステージ」
 マクロスΔ 第5話「月光 ダンシング」
 マクロスΔ 第6話「決断 オーバーロード」
 マクロスΔ 第7話「潜入 エネミーライン」
 マクロスΔ 第8話「脱出 レゾナンス」
 マクロスΔ 第9話「限界 アンコントロール」
 マクロスΔ 第10話「閃光のAXIA」
 マクロスΔ 第11話「追憶 ジェリーフィッシュ」
 マクロスΔ 第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」
 マクロスΔ 第13話「激情 ダイビング」

 マクロスΔ 第14話「漂流 エンブレイシング」
 マクロスΔ 第15話「訣別 レゾリューション」
 マクロスΔ 第16話「ためらい バースデイ」
 マクロスΔ 第17話「拡散 オンステージ」
 マクロスΔ 第18話「感覚 エマージェンス」
 マクロスΔ 第19話「Eternal Songs」
 マクロスΔ 第20話「衝動 エクスペリメント」
 マクロスΔ 第21話「切望 シークレット」
 マクロスΔ 第22話「極限 ブレイブ」
 マクロスΔ 第23話「残痕 レクイエム」
 マクロスΔ 第24話「絶命 ジャッジメント」
 マクロスΔ 第25話「星の歌い手」
 マクロスΔ 第26話 最終話「永遠のワルキューレ」

 マクロスΔ コミックアンソロジー(一迅社)
 MECHA COLLE-07 SDFC108 マクロス・エリシオン 要塞型

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング