楽しい美味しい餃子パーティー! 彼女らが“ゲスト”な理由、気遣いの二人!!

00494
00510
 怒涛の乱入しのぶ&八木さん回! 度々、何か言いたげだった小鳥さんの気持ちに気付くしのぶ
 ガサツだけど、ああやって気付ける子って素敵です
 八木さん出来る男!

 またこういう役回りなのか…、って「奥さん」の話なんですかね?

親友っていうか保護者?
 総じてしのぶ、八木さんが似たもの同士なのも、見ててちょっと笑えます。保護者か!
 良いゲストキャラ回だった!

 翻弄されてた小鳥さんも可愛かった!
小鳥母『最近は、学校の先生が様子を見に来て下さってて、助かってるのよ~♪』

00003
 朝の番組「から」コーナーを持ってるのね。忙しそう

おともだちとギョーザパーティー
 小鹿しのぶは、長年の友達の小鳥が「料理」を克服しようとしてると知り、協力を買って出る。
 また、犬塚公平は“娘がパーティーしたがっていた”事を知り
 今日もまた奮起!

 しかし、八木としのぶの“料理できる組”が参加すると、公平たちは手持ち無沙汰に…

 小鳥が「ゆっくり」調理する姿に
 しのぶは、三人が、少しずつ前進する「苦労」も楽しんでいるのだと察する

 八木としのぶは当分“見守る側”に回ると決めて、ともあれ、五人で餃子を楽しむのであった。

 次回、第七話。
しのぶ母『ほらっ、小鳥ちゃんに持っていってやって、様子見てきてやんなっ!』

00004
00005
00007
00009
00016
00020
00022
00030
00034
00037
00039
00040
00043
00044
00046
00054
00059
 世話好きなのは母譲りなのね、しのぶさん。

っていうか誰?
 店の「仕入先」の八百屋の娘、幼馴染の小鹿しのぶは、「料理会」の真っ最中に鉢合わせ!
 青ざめる小鳥、なんとお互い呆然である
 が

 とにかくっ! お前が料理頑張りたいなら、付き合ってやるよっ!!

 話は聞かせて貰った!
 と、即座に「参戦」表明するパワフルさ!!

 やや内に篭りがちな小鳥と、力こそパワーな幼馴染、なんともピッタリな組み合わせなのね。

 まるでパーティーみたいじゃん!
小鳥『う…、うん』

00061
 が、いかにも「どうしよう、イヤだって言い出せない……」という雰囲気の小鳥さん。
 さては貴様、こうやって流されてきたな!

 人格形成の一助か!
つむぎ『うっふっふっふー♪ …………、パーティー…っ!』

00064
00065
00071
00074
00076
00084
 ああ、ここで立ち寄った「八木さん」って目つき悪いマンか!

パーティー券問題
 ですけどね、わくわくしがちな子供に、不用意な「パーティー」って言葉は危険なんですよ!
 お父さんの負担とか!

 つむぎ! 幼稚園の友達は呼べませんっ!!

 おとさん酷い顔!
 しのぶの、「パーティー」って言葉!!

 つむぎは友達みんなを呼び、大いに盛り上がる会である、と脳内解釈

 招待状を作ってしまって…
とても珍しいつむぎさんの絶望顔

00085
 てっきり、あの小料理屋に友達も呼んで、一緒に作るのだと誤解してたつむぎさん。
 そりゃパンクするよ!

 各家庭に話を通して、子供がやらかさないよう見守って……

 足りない(色々)。
おとさん『ご飯食べるところは、飯田さんのお店だろう? …こ、小鳥さん家!』

00093
00102
00108
00112
00114
00116
00117
00135
 公平が回想から覚める場面で、「仏壇」が映り込む演出、とても……。

怒りのち後悔、折衷案
 何より公平がまず心配したのは、「小鳥さんが嫌がるだろう」、という思慮の足りなさだった。
 しかし、つむぎが食い下がるのもワケがあった
 久々なのだ

 おともだち、よんじゃダメなのか…

 妻の生きていた頃は
 家に呼び、手料理でもてなしていた

 つむぎに寂しい思いをさせていた、と改めて気付き、「家に」今度呼びなさいと伝えるおとさん。

 休日返上、大変そうだわ…。
つむぎ『という事は…、パーティーが……、2回…!』

00141
 むしろ喜んでるけど、おとさん、「お菓子」用意するだけでてんてこまいだからね!?
 奥さんはやっぱり天使だった!

おとさん『ももと…、ぎょうざかな?』

00142
00149
00153
00155
00156
00158
 ソファーから体当たりしまくるつむぎ可愛い! 懐かしい動きだコレ!!

食べちゃうもんね!
 その際、おとさんの誤解が原因で「料理会」は、ぎょうざパーティーに決定!!
 ぎょうざと聞いて!

 口の中、じゅわってなった……。

 食いしん坊になったな…
 まあね!

 いつも美味しい餃子、これを「何でも美味しい会」で作ったらどんな味でしょう!

 そりゃ「じゅわ」ってなるわね!
小鳥『ぎょうざぁーーーーーーーーーーーーッ!?』

00164
 一方、小鳥さん、何ですかこの迫力!?

小鳥『餃子…、燃えます! 考えただけで、口の中、じゅわっとしますっ!』

00167
 ええい貴様もか!

公平『小鹿さんにも、伝えてください』

00170
00172
00176
00181
00183
00186
00189
00190
 餃子かー、燃えるよなーーーーーっ!

燃える人あれば霞む人あり
 題目は餃子、こっちも燃え上がるしのぶさん! 餃子とは、かくも人を燃えさせる料理なのか?
 が、ホットケーキに誘われ小鳥は辞退

 遠慮すんなよーっ! 一人くらい増えても、変わらないってーっ!!

 断った…!?
 あの小鳥さんが料理を断っただと!?

 急速にクールダウンする小鳥、「こうなる」から、しのぶさんに知らせなかったんでしょうか。

 空も小鳥も曇ってる…!
おとさんと土鍋ご飯?

00191
 やらかした! 自宅でも挑戦してみたんでしょうか?
 小鳥さんは偉大。

回想? 現在?

00192
 八木さん、居酒屋さんか何かやってるみたいですし、前から知り合いなんでしょうか?
 全然、物怖じしてませんでしたし。

 なお対面時、「誰」と言ってたので初対面だった模様。

 圧倒的ダチトモ感!
しのぶ『おっじゃっましまーーーーーーっす!』

00195
00198
00201
00204
00205
00208
00212
00214
00216
00220
00223
00227
00229
00238
00241
00244
00250
00252
 女子率高い料理屋に、ズン!と踏み込む影一つ!!

私…、やな奴かな……
 当日も、元気なしのぶと対照的に曇りがちな小鳥さんですが、つむぎと仲良くなった彼女に
 ついつい釣られ、笑顔になるのが素敵です
 で

 こんにちわ

 圧倒的ローテンション!
 実は、「怒られる」前に呼ばれてた八木さん!!

 回れ右するもしのぶに引っ張られ、「秘密兵器」と共に来店、頼りになる男が来た!

 この鉄面皮、良い人ですよね
しのぶ『二つ折りを繰り返す感じで…、百回くらい?』

00254
 やがて始まる「生地」作り、ドーナッツもそうですが、この工程がとにかく面倒
 市販の皮もヤムナシ!

 でも出来合いより、やっぱり練りたて寝かしたての方が旨いのか?

小鳥『しのぶ…、レシピには無いけど大丈夫!?』

00260
00263
00268
00272
00275
00276
00278
00282
00286
00288
00293
00297
00303
00305
00306
00313
00314
00321
00328
00330
00336
00338
00349
00351
00356
00357
00360
00365
00368
00374
00378
00381
00383
00388
00394
00395
00400
00401
00406
00409
00412
00414
00416
 まったく付いてこれない公平に、丁寧に説明する八木さん、出来た人すぎる…。

雨と晴れ間と“出来る組”
 しかし、いざ「あん作り」「皮作り」が始まってしまうと、“料理できる組”二人がテキパキと……
 が、やがてしのぶさんも気付く
 大事なもの

 もしかして、大事にしてたんじゃねーのか? 先生とあの子と、ゆっくり丁寧にやるの……。

 あたしに任せな!
 そうやって、二人の成長を阻んでしまった。

 単に「料理を作る会」じゃなく、“出来ない二人”が娘も交えて、少しずつ成長する場なのだと

 小鳥が、それが心底嬉しいのだと。
しのぶ『だってお前、良い感じで笑うしっ!』

00418
 そこに気付くしのぶさんこそ、「良い感じ」だよ!

小鳥『うん……、大事…、大切にしたい…』

00422
00424
00426
00427
00432
00435
00436
00442
00443
00452
00461
00466
00469
 でも今日、しのぶがいて、すっごく楽しかったからっ! これは本当っ!!

そういう会じゃない
 もちろん「しのぶが居てくれるからこそ」楽しい、その事も、強く強く主張する小鳥さん可愛い!
 で、しのぶは八木さんにも“分かってない”と。

 またこういう役回りなのか…、

 悟りの境地か!
 ま、公平と付き合い長いとね…。

 不器用な公平相手に、「手伝う」と、結局彼の成長を阻害してしまう事でしょうか

 今は亡き、奥さん辺りに言われてそう。
しのぶ『これもよろしくぅーっ♪』

00473
00484
00488
 しかし、「レシピ外」ならば、と水餃子を独自に作ってしまうしのぶさん
 八木さんも手羽先餃子を提供!

 俺、お店屋さんだから…、これ、ウチの店のメニュー

 居酒屋さんっぽい
 鳥の手羽先から骨を抜き、その空洞にぎょうざあんを詰める焼き餃子!

 肉肉肉!
『ぎょうざパーティーだぁーーーーっ! いっただっきまーすっ!!』

00492
00494
00496
00499
00502
00508
00510
00513
00518
00520
00522
00525
00529
00531
00533
00540
00542
00546
 私も忙しいからさ、お前らがもっと上達したらな?

最っ高!
 かくて予定した規模を越えて、五人、豪華な餃子パーティーと相成った!
 ビール無しとは殺生な!

 おとさんも小鳥ちゃんも食べて、つむぎのぎょーざっ!!

 つむぎのリボン餃子!
 しのぶは、当分は見守る事に決める

 噛み締めた皮から溢れる肉汁、ぱりっとした音、口を揃えて「美味しい」って声!!

 ホント美味しそうだった!
“料理できる組”がゲストな理由

00272
00286
00293
 おっかなびっくり喜色満面、いつもと違う三人も可愛い!

保護者二人
 せっかちで世話焼きな面が、悪い方に出てしまっている…、と気付くしのぶさんが素敵。
 結構、ひどい扱いされても全く動じない八木さんも
 ホント手馴れてらっしゃる

 二人とも友達で「保護者」というか、どっか抜けてる公平&小鳥を見守ってる感じが似てますね

 年齢も性格も全然違うけど
 変なところの共通項で、似た者同士に見える二人

 彼女達が敢えて「ゲスト」になる理由、優しさと肉汁が溢れて、慌てる小鳥さんが可愛かった!

 珍しいけど「らしい」感じで、ホント可愛い!
甘々と稲妻

 第1話「制服とどなべごはん」
 第2話「豚汁とみせあかり」
 第3話「つむぎとおまたせのハンバーグ」
 第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」
 第5話「お休みの日のとくべつドーナッツ」
 第6話「おともだちとギョーザパーティー
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング