第6話 PVを作ろう
Aqoursのライブ、空を彩る提灯、夕陽に振り返る千歌ちゃん…、何もかもが美しかった!

00742
00744
 本作でも廃校危機! “μ'sみたい!”と盛り上がる千歌ちゃん、さすがのファン心理ですね!!
 アピールに走って、自分自身が地域の魅力を知っていくAqours
 すっごい“ようそろー”な回だった!

 私、心の中でずっと叫んでた、助けてって…、ここには何も無いって……。でも違ったんだ!

この場所から始めよう
 今回も炸裂した梨子ちゃんと犬騒動に、いちいち可愛いずら丸、動き出す三年生!
 会長の舞踏も美しかった!

 彼女達が見た、“声援の途絶えたライブ”って…?
『この学校はなくさない…、私にとって、どこよりも大事な場所なの…!』

00006
 沼津との統廃合が半ば決まっており…、だから「学生理事長」なんて出来たのね。

終わりで知った“終わらせたくない”
 学園の統廃合が半ば決まった、理事長のもたらした情報は、星火燎原の如く広がってしまい
 千歌を、“廃校阻止”でスクールアイドルをやるんだと
 燃え上がらせてしまう

 しかし地域アピールをしようにも、内心、何も無い故郷が嫌いだったと千歌は気付く。

 けど「何も無い」なんてなかった
 地域の優しさ、「海開き」をチャンスに町全体の助けを借り、PVに成功

 マリィ理事長も、統廃合阻止の為に「また」スクールアイドルをやろうと果南、ダイヤを誘う。

 次回、♯7「TOKYO」
マリィ『本当…、ダイヤは好きなのね……、果南が』

00007
00009
00010
00012
00014
00016
00020
00034
00035
00038
00043
00045
00054
00056
00059
00062
00065
00067
00073
 会長は、果南の意思を尊重する為、スクールアイドルを絶っているのか…?

廃校ですってお嬢さん!
 マリィ理事長は、「思い出を守る為に」スクールアイドルになって、“廃校”阻止しようと提案。
 しかし、ダイヤ会長は“果南の為”拒絶
 別の策を探る

 だって! 廃校だよーーーーーっ! 音ノ木坂と一緒だよーーーーーっ!!

 ですよね!
 一方、千歌ちゃんはノリノリである!!

 憧れのμ'sと同じ事件、まるで、“物語の主人公”になったような思いにダッシュ&シャウト!!

 まったくこの子は可愛いなぁ!!
丸&善子『無理に、フツーにならなくても良いと思うずら~~、よっ!』『ぎらりっ!』

00023
00027
00028
 冒頭、「普通の女子高生になろう」と奮戦するも、黒い羽を刺したらエンジンがかかる善子!
 二人も可愛かった! ずら~よっ!!

 その羽根、スイッチになっちゃったの!?

 ちきしょうかわいい!
ルビィ&丸『花丸ちゃんはどう思う?』『統廃合~♪』『こっちも!?』

00074
00077
00081
00083
00086
00091
00094
 もし廃校なら、「未来ずらー!」な沼津の高校に通えると、テンションの高い丸ちゃん!
 実は、未来ずらーって子供の頃からなのね…。
 過去に生きてるなぁ…。

 センサー式の夜間ライトにも一喜一憂してたとか、花丸ちゃんホント可愛い!

 実家の寺ってどんなだ!
ヨハネ善子『そりゃ統合した方がいいわー! 私のように、流行に敏感な子が集まってるだろうしっ!』

00096
00102
 畳み掛けるように、「沼津なら、中学時代の友達とまた会えるね」と地雷を踏まれるヨハネ!
 って、もしかして星の浦に入学した理由って…
 染み付きすぎィ!

 統廃合、ぜったい反対ーーーーーーーっ!

 てか、誰か後ろの人にツッコんで!
千歌『とにかく…、Aqoursは学校の危機を救う為、行動します!』

00107
00111
00115
00120
00124
00125
00126
00127
00129
 しかし、モブの子がいちいちクッソ可愛いなチキショウ!

未来の事はノープランだ!
 ともかく、「母校を救おう!」とμ'sの真似事を期す千歌だったが、同じやり方で無理なのは明白
 μ'sがやったのは、“ラブライブ”で有名になった事
 以上!

 そもそも、受験人数が減っているんですものね…。

 こっちもノープランの会長
 或いは?

 ただ、東京秋葉原の音ノ木坂と違い、「周りに子供自体が少ない」のが大問題っぽい。

 めっちゃ難問。
ルビィ『実は、今日もちょっと遅くなるかもって……』

00133
 そんな会長の家、門限的なものがあるらしく、遅くなりがちなルビィを助けていると判明
 この姉さん、ホント良い人だわ…。

 口ではあれこれ言いつつ、出来るだけ力になろうとするダイヤ会長。

 しかし。
黒澤姉妹『おねえちゃ…、』『早く行きなさい! …遅くなりますわよ』

00138
00141
00148
00152
 姉も誘おうとするルビィ、語気で、強く否定する会長。
 ダイヤは、簡単にはこちらに来ない
 それを知る事に

 また、いつも独りで生徒会室にいますが、他の子は兼部なので顔を出せないんだとか

 後々「仕事は私達が」とか、送り出されたりするのでしょうか?
千歌『外の人は、“この町”の事を知らないでしょ? だからまずは、良いところを伝えなくちゃって!』

00154
00158
00162
00164
00166
00168
00170
00177
00180
00182
00184
00185
00186
00189
00192
00198
00200
00202
00203
00205
00210
00212
00216
00218
00226
00229
00233
00240
 良いトコどころか、評判下げそうな始末!

PVを作ろう!
 ともかく、地域アピールからはじめようと結論したものの、「この町の良いところ」が見つからない!
 挙句、“土!”とか謎アピール!
 アカン!

 根本的に、考え直したほうが良いかも……。

 単に、可愛いだけだコレ!
 ただの正義だ!

 カメラから逃げ回ったり、ちょっとジト目でカチンコを鳴らす丸ちゃん、かわいい!

 汗だく姿がセクシーなだけだコレ!
ヨハネ&ルビィ『どうして喫茶店なの?』『もしかして、この前騒いで、家族の人に怒られたり……』

00244
00246
00247
 今週は毛色を変え、喫茶店「松月」さんで一休み…、新たな聖地を増やしていくAqours。
 注文に、それぞれ性格が出てますね
 特に丸ちゃんな!

 終始はむはむしてる丸ちゃん、かわいい!

 食べ歩きPVを撮ろう!(提案)
千歌『梨子ちゃんが、“しいたけがいるなら来ない”って……』

00249
00259
00261
00264
00273
00280
00288
00294
00301
00303
00308
00316
00320
00325
00331
00335
00340
00344
00347
 よーそろーならぬ、よーしこー!とか言っちゃう曜ちゃん可愛い!

噛まれたら“死”!
 と、怯える梨子を放置しつつ始まったミーティングは、結局そのまま解散となってしまう。
 ジト目の丸ちゃん、本日二度目かわいい!
 で

 でも…、今気付いた。……あたし、この学校好きなんだっ。

 二年生・千歌の気付き
 単に、「μ'sのまねっこ」で始まった廃校阻止。

 でも、一生懸命になっていく自分に、「自分はここが好きなんだ」と気付かされる千歌。

 梨子ちゃん、ホント良い相棒だわ。
マリィ理事長『……私は、果南のストーカーだから』

00352
00357
00363
00366
00368
 一方、廃校の話を聞いた果南は、海中から直接マリィの部屋へと現れ、問いただす。
 回答は復学届け、一緒にスクールアイドルに戻って
 廃校を阻止しようと…

 いちいち、マリィの「本気」を問う果南、過去と関係があるのでしょうか?

 ストーカーってすごい的確な自虐な気がする
マリィ『本気で…? それでこのティタラクですか?』

00373
00374
00378
00386
00394
00398
00404
00410
00416
00418
00419
00428
00430
 とまれ、頑張ルビィ!とかいう新語が生まれた!!

体たらくでした
 結局、出来上がったPVは「この学校の魅力」を理解していない、散漫な代物だと酷評。
 二年ぶりに帰ったばかりの会長にも分かっている
 母校の魅力。

 どこが魅力か理解出来なければ、“ココは良いところだ”、とPVを作る資格は無い

 悩む千歌
 めげない仲間。

 思わず笑み崩れるくらい、自分の幸せを理解する千歌。

 しかし…?
千歌『……あ、私、忘れ物した………、とってくるねっ!』

00437
00438
00447
 独り、忘れ物を取りに戻り、ステージで踊る会長を目撃してしまう千歌
 会長ってば美しい…

 というか、本当にドヤもとい、楽しげに踊っているのが印象的です

 そりゃ千歌ちゃんも誘いますとも。
千歌『ダイヤさんがスクールアイドル嫌いなのは分かってます、でも、私達も学校続いて欲しいって……、なくなって欲しくないって思ってるんです…、一緒にやりませんか! スクールアイドルっ!』

00448
00449
00453
00455
00456
00460
00462
00464
00466
00473
00476
00477
00482
 誘ってやがるぜ!

気持ちだけ
 今回は、かなり剛速球で誘いましたが、同じくストレートで断りを返すダイヤ会長。
 立ちはだかったルビィが尊い。

 今は言わないで! ……ごめんなさい。

 彼女らしくない強さ
 千歌は、単に“嫌いだから”と誤解

 理解できてない千歌を、説得できない何かがある、と気付いたルビィが阻止するのが尊い

 これは千歌ちゃんも誘えない…。
マリィ『ダイヤ、逃げていても何も変わりはしないよ? 進むしかない』

00486
00487
00488
00492
00493
00494
00500
00502
 果南が休学した理由、彼女が見たものは…? 理事長むっちむち……!!

逃げていない
 会長達の過去、アイドルとして大歓声へ進んだ三人、しかし「果南が」何かに足を止めて…
 大歓声も、ここでスパッと途切れます
 何があったのか?

 逃げてるわけじゃありません! あの時だって……!!

 同じ事件の当時者
 しかし、「感じたこと」は二人で大きく違った、ってことなのでしょうか?

 てか当時、会長だけ服が違うのね。
高海 志満『良いから、皆明日早いんだから、遅くなっちゃダメよ?』

00508
00511
00513
00517
00523
00526
00530
 一方、現役スクールアイドル達は、見事、トラップカード「犬布団」にかかっていた!
 梨子ちゃん、ホント迂闊で残念!
 可愛い!

 とまれ町には、「海開き」が早朝からあるらしい。

 早朝から…?
梨子『毎年、海開きってこんな感じなの? ……この町、こんなに人がいたんだ……』

00533
00534
00535
00540
00542
00543
00546
00550
00552
00564
00569
00571
00574
00579
00585
00586
00596
00598
00602
00605
00610
00614
00621
00625
00632
00633
00640
00641
00645
00647
00655
00663
00664
00668
00674
00679
00684
00686
00696
00703
00710
00720
00723
00724
00725
00734
 私達は、学校を残す為に、ここに生徒を集める為に、協力して欲しい事がありますっ!

皆の気持ちを形にする為に
 実は、「海開き」の日は、朝の四時に町中の人間が集まり、海岸を大掃除する風習があったのだ
 海で遊ぶ人の為、みんなで海を整えておく
 おもてなし 

 それは階段? それとも扉? 夢の形は 色々あるんだろう そして繋がれ みんな繋がれ♪

 夜空を照らす「提灯」作り
 熱気球の要領で、空に舞い上がる提灯作り!!

 町の人たちの協力を得たPVライブ、努力と歌詞と、幻想的なバックが凄い良かった!

 歌詞がまた、すごく良かった!!
消えない 消えない 消えないのは 今まで自分を 育てた景色♪ 消さない 消さない 消さないように
ここから始まろう、次は飛び出そう それは階段なのか それとも扉か
確かめたい夢に出会えて 良かったね って呟いたよ

00735
00738
00742
00744
00747
00750
 私…、心の中でずっと叫んでた…、助けてって…。ここには何もない、って…、でも違ったんだ!

この場所から始めよう
 今回の件は、千歌が「普通で何の取り柄もない」と自認してたように、故郷にも自信がなかった
 千歌自身、故郷が嫌いだった事を露わにした
 が

 追いかけて見せるよ、ずっとずっと…、この場所から始めよう、出来るんだ!

 故郷の良さの再確認
 Aqoursは、「地域」のアイドルとして一歩成長する事に

 打ちあがっていった提灯、踊るAqours、夕陽に振り返る千歌ちゃん何もかもが美しい……!

 いい再出発だった!
「本気か?」と問う果南

00492

 彼女がスクールアイドルとして失敗して、「そんな自分を誘うなんて、本気?」みたいな意味?
 失敗した結果、会長は、果南に付き合う格好でスクールアイドルを絶ち
 マリィは逆に荒療治みたいな?

 何があったのでしょうね

次回、TOKYO! “おめかしする”千歌たち、東京旅行?

00753
00754

 エンディング担当は、待望の三年生トリオ!

景色を消さない為に
 改めて、スクールアイドルというか、ローカル・アイドルとして再出発するAqours!!
 のっけから三年の過去、ずら⇒ぎらりの丸善コンビから
 ライブまでぎっしりな回だった!

 本編もですが、千歌ちゃんを周囲が把握したり、人間関係が深まってるのも微笑ましい!

 約束された廃校の危機
 また、サンシャイン発表当初の「助けて! ラブライブ!」も回収!!

 深まる三年の謎、そして次回、“田舎者の東京デビュー”に盛り上がっちまうのか?

 次回、♯7「TOKYO」
ラブライブ!サンシャイン!! 感想 2016年7月~9月

 ラブライブ!サンシャイン!! 第1話「輝きたい!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第4話「ふたりのキモチ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第5話「ヨハネ堕天」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第6話「PVを作ろう」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第7話「TOKYO」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第8話「くやしくないの?」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」
 ラブライブ!サンシャイン!! ♯第10話「シャイ煮はじめました」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第11話「友情ヨーソロー」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第12話「はばたきのとき」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第13話 最終話「サンシャイン!!」

 ラブライブ!サンシャイン!! Aqours、バンダイからプラモ化発表。2017年2月よりリリース。

ラブライブ! 2期 2014年春アニメ

 2期 ♯1「もう一度ラブライブ!」
 2期 ♯2「優勝をめざして!」
 2期 ♯3「ユメノトビラ」
 2期 ♯4「宇宙No.1アイドル」
 2期 ♯5「新しいわたし」
 2期 ♯6「ハッピーハロウィーン」
 2期 ♯7「なんとかしなきゃ!」.
 2期 ♯8「私の望み」
 2期 ♯9「心のメロディ」
 2期 ♯10「μ's」
 2期 ♯11「私たちが決めたこと」
 2期 ♯12「ラストライブ」
 2期 最終話「叶え! みんなの夢――」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング