美雲さんが美しすぎて、システムもカオスの絶頂!
幻想に歌う美雲さん、ボーダーラインを飛び越える! 一体何がどうなったのか…?

00638
00428
 カシムさんの唐突な方言と温かい優しさ、連続ライブからのカタストロフと熱さも混乱も盛り沢山!
 ハヤテだけでなく、フレイアも異常を起こしたと思ったら
 美雲さんが全部ブッ壊した!?

 混乱を引き起こしたED「破滅の純情」、ぶっちゃゴリゴリカッコ良かった!

システム壊れた!?
 ラスト、遺跡が火を吹くわ惑星規模に広がるわ、ハインツ様まで全裸昏倒するわ完全に破局。
 腹黒ロイド様、彼の次の手は?

 次回、予告カットに美雲とハヤテが居ない意味は…?
アラド『システム到達後、ワルキューレは“戦術ライブ”を開始…』

00000
 真面目な「戦術ライブ」にじわじわくる。

カオスの絶頂
 ウィンダミアは決戦に向けた「増幅」を試すべく、ケイオス同様、惑星ヴォルドールを訪れた。
 調査中、フレイアとハヤテは悩みを抱えた空中騎士
 カシムと分かり合う

 やがてシステムを拒絶するかのように美雲が歌うが、ロイドは失望したと嘆息。

 増幅されたハインツの歌は、空中騎士団をも蝕み
 キースとハヤテの一騎打ちに

 が、ハヤテと共鳴したフレイアの歌、我を失った美雲の歌はシステムを暴走させる結果となり…?

 次回、第19話「Eternal Songs」
カナメ『前にここに来たときは、メッサー君と一緒でした……』

00004
00006
00008
00010
00012
00014
00016
 ここの任務がきっかけで、彼の破滅が始まったんですよね…。

惑星ヴォルドールにて
 システムは、従来の「遺跡」同様に惑星中枢まで伸びており、気候変動をもたらしたらしい。
 さて、その意図は?

 陛下は、全権を私に一任されている……。

 空中騎士団も襲来
 彼らも、ハインツ様の歌で「システム」を調査するらしい

 調査自体は16話で立案されたものですが、ロイド司令の独断という事で不穏な雰囲気。

 この腹黒眼鏡、何を企む……?
警戒中の「洗脳」ヴォルドール兵

00017
 まったく同じタイミングで振り向いてて、作画がラク…、もとい面白いですね!
 風の歌オソルベシ!

ミラージュ『? いえ、いつもなら、美雲さん、すぐにいなくなっていたので……』

00025
00026
00028
00031
00032
00037
00039
00046
 秘密だらけの状況に、カナメも、そして騎士カシムも不満を抱く。

ぎこちない彼ら
 両陣営共に、美雲の異変や、「故郷の仇の息子」と判明したハヤテとフレイアの関係
 空中騎士団も、落ち着かない状況が続く
 が

 羽衣クラゲも三本の隠し針と言いますから…、ま、そういう事です

 アラド隊長の荒療治
 ハヤテ達に、仲直りさせようとするアラド

 アラド隊長自身、メッサーの持病やハヤテの件など、秘密が多い人物なのだと改めて分かる。

 気遣いの人なのよね。
ハヤテ『ダメか…、他のルートを探してくる』

00049
 しかしハヤテマン、ここでフレイアを置き去りにするミス!
 クリティカルなミス!

 フレイアは、焼きリンゴの香りに誘われてしまい……。

 まあ食いしん坊!
カシム『お前は…!? 何もせん、今の俺は、騎士でないのでな』

00053
00056
00059
00064
00067
00074
00079
00084
00086
 レーブングラス村…? ほな、グスタフ爺さんを知っとるんか!?

リンゴが繋ぐ故郷の話
 迷う空中騎士、カシム・エーベルハルトには、同郷の少女を傷付けるような真似は出来ず
 どころか、ついつい故郷の話に!

 あいつの育てたリンゴは、ぶっちゃゴリ旨でなぁ…、品評会では何度も負かされたもんよ

 素になった!?
 この人、ホントはめっちゃ訛ってたのね!?

 唐突な訛り、食えと差し出す焼き林檎、この人の「根っこ」は軍人じゃないのね

 甘い人だが嫌いにゃなれんね!
ハヤテ『フレイア! ……あいつ、どこに…?』

00091
 まさか敵地ど真ん中で、故郷話に花を咲かせてるとは思うめえ。

カシム『“うおおーーーーーー! ワシと結婚してくれんと、ルンをぶっこ抜いて死んじゃるけんねー!”……って、泣いて叫んだらしいわ』

00093
00096
00101
00107
00120
00121
00127
 エーリカさん家が駆け落ち結婚だった、と全力解説するカシム好き。

共に歩めぬ道だから
 そのまま、ウィンダミア特有の身体能力の前にハヤテも捕縛、しかしカシムは滔々と諭します
 帰って来い、と。

 ウィンダミア人は、ウィンダミアの風から離れては生きてはいけん。

 流れる時間が違うから
 人生30年

 その「覚悟」を持って、ハヤテと同じ歳の頃には、既に息子が生まれていたというカシム。

 息子が大きくなるまで、自分は生きていられるだろうか…?
フレイア『どうすれば戦争が終わるのかわからんし、何が正しいのかも分からん、でも、命の限り歌いたい、私の居場所はワルキューレなんよ……』

00130
00131
 30歳で死ぬ、そんな人生を、当たり前に受け入れてくれる場所は、けっきょく故郷しかない。
 カシムの言葉は優しい。
 でも歌いたい

 辛かろうと、限られた命を、やりたい事をやりきって生き抜きたいフレイア。

 ハインツやキース同様、命がけなんですね。
カシム『……だが、地球の民と歩くには、俺達の時間は短すぎる…!』

00133
00137
00139
00145
00147
00152
00154
00157
00159
00171
00184
00188
 だったら、何倍も何倍も、ぶっちゃゴリゴリな時間を過ごせばいいじゃねぇか…、皆で!

そこは“俺と”でしょ!
 でも、「人生短いなら、普通の何倍も楽しい時間を過ごせばいい」と、そう言ってくれる少年がいる
 彼女の幸福に、笑って口をつぐむカシムさん
 良い父さんだわ

 しかし同じ頃、遺跡に謎の危機感を感じた美雲が歌いだし、状況が一変。

 歌わなきゃ(使命感)。
 最近、美雲さんがいつも辛そうで辛い。

 システムは呼応し、慌しい事態に突入! もー、ホント美雲さんってば勝手な人なんだからぁ!

 そして、カシムさんも……。
カシム『戦いを終わらせ、白き翼に戻る為、いや、白き花咲く林檎畑に戻る日まで、俺は…翼の騎士だからな! …空で会えば容赦はせんぞ! カシム・エーベルハルトだ!!』

00197
00210
00211
00219
 騎士として、今は見逃すというカシム、「白き花咲く、林檎畑に戻るまで」と言い直すのが男らしい
 が、不意に“インメルマン”という名を耳にして
 立ち尽くす事に

 しかし、声音は怒りや恨みというより、本当に「呆然」という感じ。

 ハヤテの父と、直接会った事があるのか?
フレイア『ハヤテ…、あんがと。あたし歌う、皆と…、ハヤテの為に!

00230
00233
00235
00238
00241
00243
00246
00251
00257
00259
00263
00271
00273
00278
00281
00287
00288
00292
00300
00301
00309
00314
00317
00321
 だったら俺は飛ぶ! ワルキューレと、お前を護る為に!!

僕らの戦場
 デルタ小隊とワルキューレはそれぞれ合流、ハヤテ達の姿に、ミラミラが顔を曇らせる場面も。
 ミラさん最近、曇りすぎて辛い。
 一方

 見つけたぞ…、小娘が! 翼の騎士を侮辱した罪ィーーーーーーーー!

 って、前回のを根に持ってた!?
 ボーグさんアンタ!

 頬を染めながら、レイナ一点狙いで特攻してくるボーグ! 毎回“ここまで”は来るんだよ!!

 ちょっと好きになってきた!
ボーグ『ぐぉわ!? …くっそーーーーーーーー!』

00322
 またも阻止、もはやお約束と化したボーグさん阻止事件、一応、「ここまで」近付く辺り
 度胸とやる気とガッツは、騎士団随一なんでしょうね
 バトロイド形態カッコイイ!

 ハヤテ格好良い!
壊して もっと! もっと! 僕を感じて! そこに! そこに 君はいますか? 戦場に咲く命よ

00331
00335
00339
00340
00344
00347
00350
00354
00362
00364
 今回は、ファイターにガウォーク、バトロイドと大判振る舞い!

閉ざされた空へ
 対し、ハヤテの現象は「共鳴」と判明、ワルキューレと同じ“レセプター”因子が共鳴してるらしいが
 隊長は、“待ってました”という雰囲気
 強さ倍増し!

 この風!

 キースも同様
 この現象、メッサー最後の戦いを髣髴させますね。

 歌う「僕らの戦場」も、メッサーに引退を決意させた9話で流れた曲なのが熱い!

 あの時は、何とか生還できたのになぁ…。
腹黒イド司令『この程度か……』

00367
 一方、ワルキューレの「歌」が、要求レベルに達していないとロイド様がっくり。
 勝手に期待して、勝手にガッカリされた!
 で

ロイド司令『陛下にご出座を!』

00368
00371
00382
00386
00393
00397
00401
00403
00413
00414
00423
 歌の影響でカシムの体表が硬化、「寿命」が早まってしまう

シグル・ヴァレンスの歌
 失望したロイドは、当初の予定通り「増幅装置」のテストライブを発動し、ワルキューレを圧倒!?
 流石敏腕プロデューサー!
 が

 ハインツ…! ……陛下の邪魔はさせん!!

 殿下の負担も倍増しに
 歌を通じ、健気に耐える弟の為、キース兄さんも決意の飛翔!

 拡大した歌は、空中騎士団をも蝕んでゆく。

 最高齢へルマン卿、無事か…?
ハヤテ『やめろーーーーーーー!』

00426
 対するハヤテも、メッサー並みにゴリゴリ来てるよ!?
 両陣営、動けるのは一機のみ!

フレイア『ハヤテ! 燃え上がる瓦礫の上に立っている♪ いつからか? 何故だろうか 忘れたけど♪』

00427
00428
00437
00441
00442
00451
00453
00461
00465
00471
00473
00479
00485
00490
00492
00500
00504
00506
00509
00514
00518
00519
00520
00523
00525
00529
 今度はEDが始まった! 「飛 ぶ よ 」とかグッとくる!!

破滅の純情
 白騎士に対し一騎打ちを挑むハヤテ、彼に応え、再び始まる美雲とフレイアの支援ライブ!
 今度こそ、ハインツの歌に堂々と拮抗し
 影響が拡大

 よろしい、住民達の脳波同調を記録せよ……。

 ロイド様もニッコリ
 この状況、「強さ」こそ彼の望みらしい。

 歌に飲まれ、ハヤテどころか歌ってるフレイアまで「共鳴」、ギリギリなボーダーライン!

 システムも暴走を始め…?
「手術台」で目覚めた美雲

00536
00541
 再び目覚める美雲の記憶、プロトカルチャーにより、システムの歌い手に改造されたのか?
 それとも、「手術台」は現代の記憶なのか?
 よくわからん!

 よく分からんが、美雲さんまでギリギリなボーダーラインに!?

『好きよ』

00547
 フレイアによるサビ、ゾクッとくる

レイナ『フレイア、異常波形!』

00555
00560
00562
00565
00575
00578
00582
00583
00584
00589
00594
00596
00601
00604
00607
00612
00618
00623
00628
00629
00630
00634
00635
00638
00639
00646
 ルダンジャール・ロム・マヤン……。

破滅の純情
 幸い、フレイアはカナメ達が強引に制止し、歌を絶たれたハヤテも正気に戻って無事墜落。
 その姿、まるでヴァール化のような…?
 が

 許してあげるわ…、カオスの絶頂……。

 美雲の異変が本格化
 プロトカルチャー語、“真の王”と呟き、最大級の歌声を響かせる。

 歌はハインツを全裸圧倒し、システムまでもが暴走、火を吹いて絶頂大破してしまう。

 美雲さん美しい……。
特殊ED、「これまでのみくもさん」総集編!

00658
00661
 次回、美雲さんは、「これまでの美雲さん」でいてくれるのか…?

エマージェンシー!
 火を吹くシステム、昏倒するハインツ、ウィンダミアの要がまとめてどえりゃー事になった混乱回!
 優しいカシム、頬を染めるボーグ、弟の為に「耐える」キースとか
 騎士団も光ってた!

 ライブ的にも、メッサーの戦いを連想させる「僕らの戦場」とか、EDとかカッコ良かった!

 ED曲、破滅の純情が一気に好きになる回!
 そして美雲さんの行方は…?

 腹黒イド司令、倒れたハインツの「代わり」として、美雲とフレイアを要求してくるのでしょうか…?

 次回、第19話「Eternal Songs」
マクロスΔ 感想 2016年4月~9月

 マクロスΔ 先行放送版「戦場のプロローグ」
 マクロスΔ 第1話「戦場のプロローグ」
 マクロスΔ 第2話「覚悟のオーディション」
 マクロスΔ 第3話「旋風 ドッグファイト」
 マクロスΔ 第4話「衝撃 デビューステージ」
 マクロスΔ 第5話「月光 ダンシング」
 マクロスΔ 第6話「決断 オーバーロード」
 マクロスΔ 第7話「潜入 エネミーライン」
 マクロスΔ 第8話「脱出 レゾナンス」
 マクロスΔ 第9話「限界 アンコントロール」
 マクロスΔ 第10話「閃光のAXIA」
 マクロスΔ 第11話「追憶 ジェリーフィッシュ」
 マクロスΔ 第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」
 マクロスΔ 第13話「激情 ダイビング」

 マクロスΔ 第14話「漂流 エンブレイシング」
 マクロスΔ 第15話「訣別 レゾリューション」
 マクロスΔ 第16話「ためらい バースデイ」
 マクロスΔ 第17話「拡散 オンステージ」
 マクロスΔ 第18話「感覚 エマージェンス」
 マクロスΔ 第19話「Eternal Songs」
 マクロスΔ 第20話「衝動 エクスペリメント」
 マクロスΔ 第21話「切望 シークレット」
 マクロスΔ 第22話「極限 ブレイブ」
 マクロスΔ 第23話「残痕 レクイエム」
 マクロスΔ 第24話「絶命 ジャッジメント」
 マクロスΔ 第25話「星の歌い手」
 マクロスΔ 第26話 最終話「永遠のワルキューレ」

 マクロスΔ コミックアンソロジー(一迅社)
 MECHA COLLE-07 SDFC108 マクロス・エリシオン 要塞型

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング