妥協なく食いしん坊を貫く小鳥さん、ホント好き。
ドーナツは難しい、つむぎだって我慢してた! お、おとさんにだって、友情はあるんだー!

00440
00305
 悪い意味の「普通」、自嘲気味な先生に、「普通だって良いんです」って勢い込む小鳥さん可愛い!
 愛を感じて、気遣いが嬉しくて、失敗してヨダレも垂らしてた!
 ホンット美味しそうだった!

 次からは…、おとさんとお休みの日に食べる、嬉しいやつって思うっ!

これ泣ける奴だ!
 そしてしみじみつむぎがまた涙腺を刺激するっていうね! おとさんホント愛されてる!!
 つむぎの密かな我慢

 小鳥と一緒に、本音を引き出した八木さん、良い男だった!
しのぶ『スパイ組織って日本にもあるのかなーっ、…ってどうしたぁ?』

00003
 映画の帰り、考え込む小鳥さんだったが…?

父が気付けぬ娘の我慢
 しのぶと遊びに行った帰り、飯田小鳥は、犬塚つむぎが不審な男に連れまわされていると誤解
 公平の友達で、たまにシッターをしてくれる八木祐介
 彼との会話で「我慢」が発覚する

 つむぎはドーナツが好物だが、お腹一杯で、ご飯が入らなくなるので我慢してたのだ

 よろしいならばドーナツだ!
 小鳥の提案で、休日の朝からドーナツ作りに励む親子!!

 失敗もしたけれど、つむぎの中で、ドーナツは「おとさんと、お休みの日の特別」に変わるのだった。

 次回、第6話。
小鳥『……やっぱり、キャラメルナッツ味にすれば良かったかな…!』

00004
00007
00008
00011
00013
00021
00023
00027
00031
00034
00036
00037
00039
00043
 バレバレだ! バレバレさんがおるぞ!!

誘惑帰りの目撃譚
 休日、しのぶと遊びに行った小鳥が、「アレも美味しそうだった」と食べ物の事ばかり考えていると
 目の前に、見慣れたボリュームの髪の毛が…
 が

 誰?

 連れているのは見知らぬ男!
 人攫いと誤解し、こっそり後を付回す小鳥さん

 対し“人攫いさん”ってば、気付いてるかと思いきや、案外そうでもなかったという話!

 そんだけ、つむぎに目を配ってたのね
小鳥『(そ、そんないっぺんに……』

00053
 食べ過ぎるつむぎを心配する小鳥、「アンタがいうか!」とツッコミたい場面であるが
 そういや、“休み時間ごとに食べて”ましたね
 考えてたのか

 小鳥さんなりに「いっぺんに食べるのは良くない」と、休み時間ごとに分けて食べていたって事か…

 いや、食べすぎィ!
つむぎ『ん~、ドーナツはねえ……、おやつには難しいんだよぉ…』

00064
00066
00068
00070
00073
00076
00078
00079
00080
00082
00091
00102
00108
00116
00121
 シッターさん等の都合が付かない時、世話してくれてるらしい。

ダメなの!
 つむぎ、「彼」にだけは話せる事もあり、“お腹いっぱいになるから我慢してる”なんて話していると
 先生含めて、五人が鉢合わせする事に。
 彼は八木祐介 

 先生って…、友達いるんだ……。

 じみにひどい。
 先生の、高校からの友達。

 長い付き合いなのが、なんとなく公平先生らしいですね。

 夜のお仕事、…居酒屋さん?
八木『どんどん、母親に似てくるんだろうなぁ…、そのうち、カレシ連れて来るぞ?』

00125
 割と遠慮のない事、“亡き妻”の事まで言ってのけるのも、友情を感じますね。
 でもそれ、お父さんマジで死ぬから!
 いずれカレシが…

小鳥『……先生、ドーナツ、つくってみませんかっ!』

00129
00130
00139
00144
00146
00152
00159
00163
00171
00172
00174
00176
00179
00184
00186
 つむぎ、ドーナツは我慢してるんだってよ

何で言うの…
 また、「つむぎの我慢」を、小鳥&八木さんがコンビで気付かせてくれる場面も。
 例によって、勢い込む小鳥さん可愛い!
 で

 揚げ物やった事あんのか? 油の温度、気をつけろよ…? じゃあな。

 最後まで気遣いの八木
 良い男だわ…

 つむぎが、父にも「我慢して」言えなかった事も、つい言ってしまうのも納得ですね。

 で、フラグでしたね。
お肉屋さん『揚げたてだよーーーーーーぅっ!』

00190
00193
 帰り道、さっそく「揚げ物」のコロッケに心を奪われる二人! まずはその目を釘付けにする!!
 揚げたてコロッケ、小鳥さんなら2、3個は食べそう!
 サックサクですよね!

 コロッケ、買ってくか?

 愛しかない!
アイキャッチ、冷やし中華、やってみました

00194
 小鳥さんのだけキラめき感ハンパないな!

きんぴらごぼうと

00200
 ふたりですもう。

犬塚親子『おはようございますっ』『おっはようございまーすっ!』

00205
00206
00211
00226
 制服、リボンoffときて、遂に私服になった小鳥さんである。

タイム・イズ・タネ
 小料理屋「恵」の朝は早い、大抵の料理漫画なら、先に作っておく“生地”から手作りスタート!
 生地は、何度か“寝かせる”必要があるから
 時間がかかる!

 ドーナッチュむずかしいの?

 チュって聞こえる!
 実際、さほど難しくはなく、絵本的に言えば「忍び込んできたどろぼうでも」作れるレベル。

 ただ手間がかかるのが“生地”作り!

 捏ね疲れるが…
つむぎ『……でばんっ! ちからをためといたーっ!!』

00232
 それで変な動きしてたのね!

つむぎ『……ねちょる』『打ち粉、しようか?』

00238
00241
00243
00248
00253
00256
00267
 こうやって、千切れないで薄く膜みたいになったらオッケー!

つむぎ先生ご出座!
 日頃、粘土をこねてる子供特有の「捏ねる」力! つむぎとおとさんの共同作業で生地捏ね完了
 湯煎し、一時間ほど“発酵”させる間
 掃除を始める公平

 確かに、悪い男と甘いお菓子は魅力的って言いますけど……

 おや、ことりさんのようすが…?
 掃除中、公平は八木の「はめの外し方」を褒める

 ヒマだとつい掃除を始めるくらい、公平さんは素朴で、ともすれば「退屈」とも取れる。

 でも、そこがいい!
小鳥『普通って、良いじゃないですか! 普通に素朴で、甘すぎないお菓子だって良いんですっ!』

00271
00273
00275
 ゲーセンとか自分にない発想の八木を褒める、そんな彼に、勢い込む小鳥さん良いよね……。
 まだまだ高校一年生

 卒業する頃、するっと籍を入れちゃいそう!

 奥さんの傷跡は深いでしょうけれども…。
つむぎ『ふくらんだーーーーーーっ!』

00276
00277
00290
00294
00295
00299
00301
00305
00309
00312
00315
 次はどこを掃除しましょうか……、天井?

十等分しましょう!
 続いて、どんどんドーナツの形にどーんと成型するワケですが、つむぎは「穴を小さく」成型
 また、ここから更に一時間発酵…!
 で

 先生、時間の使い方、私、考えましたっ!

 またも勢い込む小鳥
 一緒に、プリクラをとってきたら、と。

 使い方が分からず、案内音声にいちいち返事するおとさん、素朴にも程がある!

 亡くなった奥さん、さぞ心配したんだろうなぁ…。
小鳥『おかえりなさーいっ!』

00326
 この時、一緒に撮りに行ったりしない辺りも、小鳥さんらしい気がしますね。
 良くも悪くも 

公平『よぉーし…! いきますっ!!』

00332
00335
00338
00339
00340
00349
00357
00359
00368
00372
00379
 しっかり、退避してるつむぎ賢い!

つむぎとコゲコゲドーナッツ
 勢いこんで、ゲーセンの様子を小鳥に伝えるつむぎが可愛い! へっへーんときたか!!
 とまれ、いよいよ「揚げ」に挑戦!
 が

 ごめんなさいっ! 油の温度は170度から180度って、書いてありました…。

 初の大失敗
 焦げ、というより“中に火が通ってない”のが問題。

 午前中いっぱい使って手間をかけてきたのに、ホント残念な結果に。

 が、つむぎさんいわく。
つむぎ『どーなつはやっぱり、むずかしいやつだねっ』

00386
 つむぎさんは本当に正しいのう。

小鳥『まだです! まだ六個残っていますっ!!』

00389
00398
00416
00423
00425
00426
00435
00438
00439
 今は油にも対応した、「調理用温度計」があるから便利よね…。

緊張の「裏側」
 幸い、二度目の挑戦で成功し、待望の「いただきます」に!
 小鳥さん曰く

 熱いうちに、ハニーシュガーグレーズドしましょう! 湯煎したチョコもつけて……!

 何の呪文!?
 小鳥さん、ホント詳しい!

 グレーズとは、要するに「コーティング」、はちみつや粉砂糖でとろとろ、ザクザクコーティング!

 やだ食べたい!?
『『『いっただっきまーすっ!』』』

00440
 すっごいヨダレ出てるよ!?

『……さくふわでしたーーーーーー…!』『んー♪』『プレーンも美味しいですねえ♪』

00450
00454
00455
00459
00462
00471
00474
00491
00495
00499
00501
00503
00512
00519
00522
00523
00524
 あひっ! つむぎの奴、穴ないし! きーっ、食べてやるっ!!

夢中なの!
 つむぎ、穴が埋まった「実験どーなつ」に笑いながら、ホント美味しそうに“やっつけて”いく!
 ドーナツって、お腹一杯になるのが困りもの
 だけど 

 次からは…、おとさんとお休みの日に食べる、嬉しいやつって思うっ!

 泣かすな!
 ほら、またおとさん泣いちゃって!!

 親子して、「もーっ、食べてやるっ!」とか言っちゃう犬塚親子かわいい!

 ホント癒されるわ!
目つきは悪いが良い男、八木さん登場回!

00139
00172
00271
 今回、時間がかかったせいか、「さあ食べよう!」感も一際だった!

悪い男と平凡男
 昼間は暇だ、と何してるのか匂わせるだけ、意外に「料理」に食いついた公平に驚いたり
 正体不明、でも友情溢れる八木さん登場!
 良い人だと伝わった!

 また冒頭、「アレも良い、コレも捨てがたい」と悩んでた小鳥さん。

 普通だって良いんです!
 色んな味があって、それぞれ良さがあるんです!!

 みたいな告白めいた言葉に繋げる、そんな意図があったのかなー、とも思ったりしました。

 良い子ですよね、ホント。
甘々と稲妻

 第1話「制服とどなべごはん」
 第2話「豚汁とみせあかり」
 第3話「つむぎとおまたせのハンバーグ」
 第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」
 第5話「お休みの日のとくべつドーナッツ」
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング