良い話だと思った? バカめ! クロさんは登場時からこんなんだよ!!

00439
00500
 イリヤの“英霊”多段変身! アーチャー特有の奇襲からの、聖剣を讃える流れがFateしてた!!
 異世界の孤独、それはミユが味わっていた気持ちだと諭すクロ
 クロさんホント頼もしい

 と思わせてからの本格的なキスっていうか、キスっていうか、キスっていうか!?

その腰の動きには問題がある!
 クレジット、作画監督がめっちゃ多くて「どこにスタッフつぎ込んだ貴様!」ってツッコミたい!
 いや、突っ込まれたのはイリヤさんだけど!

 まったく麻婆拉麺は最高だぜ!
クロ『イリヤ…? ちょ、イリヤ!? イリヤー!』

00001
 イリヤさん、冒頭から(体力が)クライマックスだぜ…!

たとえ神様が相手でも
 ようやく、見知った顔に合流したイリヤは気絶、拠点となっている「小学校」に運び込まれるが
 一休みした事で、さっきの戦意は当初の“恐怖”へと摩り替わる
 神様の力になんて勝てない、と

 だがクロは、その恐怖も「独りぼっち」の心細さも、ミユが味わってきたものだと諭す。

 かつて、人々の願いが“聖剣”として実体化したように
 強い願いは必ず届く

 今度は、ミユが弱音を吐けるように、彼女の力になってやるんだと二人のイリヤは改めて誓う。

 次回、第5話「リトルレディ、襲来」
イリヤ&クロ『とりあえず服を着てーーーーー!?』『着てくれないのよ…、何なのその人?』

00004
00008
00009
00013
00017
00022
00027
00031
00033
00041
00048
00049
00053
00056
00061
00062
 体中をズタズタにされ、あまつさえ“雷神の鉄槌”を喰らったのに!?

田中の謎
 気絶し、学校に運び込まれたイリヤが見たのは、半裸状態のナイスバディ田中であった。
 本作では、珍しいナイスバディ!

 田中、たいそーふく?しか着ないのですっ!

 名前すら曖昧なのに!
 イリヤさん、寝起きでもツッコミ冴えてる!!

 しかし田中は、単なる変態ではなく、宝具の直撃を散々食らっても、既に治っている変態であった

 驚異的な治癒と、体操服へのこだわりの意味とは…?
田中『あの時は、“ズンガズンガする”のがイヤでした! でも、イリヤさんがズンガズンガするほうが、イヤだったのですっ!』

00065
 ただ田中は、純粋にイリヤを思って庇ってくれた、それも「痛い」という感情をちゃんと知った上でだ
 彼女の優しさに、ぎゅっとするイリヤさん尊い。
 田中は呆然であったが…

ギル『まったく…、僕をパシらせるなんて、感激の初体験だねえ~? はい、体操服』

00071
00072
00074
00076
00083
00087
00090
00096
 唯一、大人であるバゼットさん机にハマッちゃって!

クロエさんのハチミツ授業
 そんなワケで、ひとまず揃った「ミユ奪還」チーム+α、ここが“ミユとカードの出身世界”だと確認し
 敵の狙いが、彼女を“聖杯”にする事だと推察する
 一応 

 彼女を聖杯として機能させるには、面倒な手順がいるらしいよ? そう猶予はないかもね

 この世界の出身であるギル
 英霊である彼は、世界の事情にも詳しいらしい

 が、あくまで彼は彼の目的の為、例えば“自身の力の大半”であるカードの奪還…、などが目的

 灰色であり味方ではない。 
イリヤ『じゃ、ベアトリスのカードは…?』

00101
 そして敵の戦力は、「ギルの力の大半」を持つアンジェリカと、雷神の力を持つベアトリス
 雷神トール、北欧神話における最強の戦闘神
 英霊を超えた存在

 たとえば、キャスターは「神のいた時代の魔術師だから、メチャクチャ強い」とか言われていました

 が、今度の敵は“神”そのもの!
“執行者”バゼット『対抗策ならあります! セイバー、ランサー、ライダー、これを持ち帰るのが任務でしたが…、当分の間、任せます。どうやらカードを使いこなせるのは、この中では一人……』

00106
00108
00117
00118
00123
00124
00127
00128
00132
00141
00143
00145
 醤油ラーメン、麻婆控えめ五人前だ……、税込み、五万五千円だ。

現状を打破するラーメン
 が、同じく「カードを使える」イリヤなら可能性がある、小さな肩にパーティーの命運が託される!
 そして、腹を減らす田中!
 金ピカ!

 ハッ! ブタの背中付近の脂と、大豆を発酵させたような匂いがするでーーーーすっ!

 無駄に物知りで物知らず!
 田中、謎です!

 そしてスムーズにボッタくる出張愉悦部と、サラッと払う愉悦部の共演!

 否応なしに麻婆!
クロ『イリヤー、早く食べないとのびるわよー?』

00148
 しかし田中、めっちゃ旨そうに食うよね……。
 ラーメン食べたい…。

※麻婆抜きで。
イリヤ『私達が、通っていた学校……、作りは一緒だけど…、見たこと無い……、張り紙…』

00151
00154
00160
00161
00165
00170
00174
00182
00186
00192
 クロは“聖杯戦争用”に育成された初期人格が、カードで実体を得てしまった存在。

僕もあたしもいない街
 一方、「異世界に飛ばされた」実感に潰されていたイリヤは、空腹どころではなくさ迷ってしまう
 敵の強さは、身に沁みて理解できた
 だから

 だけど、こんな世界に飛ばされて、敵に襲われて…、少しは弱音くらい吐かせてよっ!

 弱音イリヤさん!
 覚悟はした、けどやっぱり怖くなった

 第一、ホントにまた帰れるという保証もない事が、改めて少女を苛む。

 が
クロ『ホント…、世話が焼けるったら』

00196
 いきなり命を狙うのは「アーチャー」の基本!

クロ『転身しなさいイリヤ…、斬り潰してあげるわ!』

00198
00202
00203
00211
00219
00222
00226
00232
00237
00239
00240
00246
00250
00253
00255
00257
00263
 あなたは今、剣を向けられてるのよ、敵に訪ねてどうするの。

「エインズワース」のカード
 急に襲ってきた“アーチャー”クロに、イリヤが「ランサー」となって必死にしのいでいた頃。
 バゼットは、ギルに質問を重ねては答えを貰い
 はぐらかされる

 配慮だと思って欲しいなあ? 言うべき時が来たら、言いますよ?

 カードとは英霊の力
 本来、英霊とは人間より遥かに格上の存在だ

 しかしエインズワース家は、英霊の意思を潰し、力だけを「使用者と置換して」使う術を発見した

 ギルの場合は、意思が強すぎたらしい。
『使い心地はどう? “ゲイ・ボルグ”の使い手、ケルト神話の大英雄、クー・フーリンのカードは?』

00268
 ちなみにケルト神話において、ゲイ・ボルグで刺された者は、必ず致命傷を負っているという。
 通常は光の剣を用い、“同格の敵”との決闘においてのみ使用
 その有無が勝敗を分けたとされる

 たとえばライバルや実子、彼と同じく、“冥界の女神に師事した”同門との戦いなど。

 打ち合ったクロの剣など、あっという間にボロボロである。
クロ『……甘えるのも、いい加減にしなさいッ!』

00276
00280
00281
00286
00290
00295
00297
00299
00301
00310
00319
00320
00323
00327
00330
 ライダーイリヤなにこれ可愛い!

敵はあんまりにも大きくて
 投げれば確実に相手を殺す、ミユが確かな実績を上げてきた“槍”を、むしろ恐れるイリヤ。
 だがクロも、本来の姿“アーチャー”に転じ
 手加減不能に!

 あたしだってミユを助けたいよ…、助けるって誓った! だけど…!!

 今度はライダー!
 クロは要は、イリヤの弱気を責めていた

 だがイリヤにしてみれば、一人ぼっちで、敵が強くて、不安だったんだと言葉を重ねる

 しかし
クロ『ミユは、口にしなかったわ』

00334
 だがそこにクロは怒ったのだ、だって「孤独」も「強すぎる敵」も、ミユが味わった体験だ
 彼女も、異世界からたった独りで飛ばされてきて
 英霊モドキと戦った

 当時のミユは、戦って「利益」を提供しないと、自分に居場所は無いと思い決めていたからだ

 けど、彼女は弱音一つ吐かなかった。
クロ『“あの子の友達だ”って言うなら、私達は、弱音なんか吐いちゃダメなのよ!』

00339
00344
00346
00356
00360
00362
00364
00371
00375
00381
00387
00391
00396
00399
00401
 ミユを助け出して、あの子がちゃんと自分の口で、私達に弱音をこぼしてくれるまでは…!

最強の幻想<ラスト・ファンタズム>
 ようやくクロの怒りに気付かされたイリヤは、彼女の“複製した聖剣”と対峙し、己も聖剣を抜く!
 セイバー、“アーサー王”の聖剣!
 鎧袖一触!

 神の鎚だかなんだか知らないけど、人の願いは、神様にだって届くんだから!

 相手が神様だから諦める?
 それは違う。

 事実、イリヤの持つ「聖剣」も、多くの人の願いが、“星に蓄えられ”結晶化して生まれたのだから

 人の願いは必ず力になる、とクロは励ます。
イリヤ『クロ!? どうしよう、あたし、さっきので…!?』

00407
 しかし今度はクロが倒れ、今の一撃で、彼女を傷つけてしまったのかと錯乱するイリヤ
 大粒の涙が美しいが…

イリヤ『やだ…、やだよ……、ようやく分かったのに…、私は…、クロが……』

00409
00419
00422
00429
00433
00439
00447
00450
00454
00464
00469
00477
00482
00485
00495
00500
 何か言いかけてたわよね…? 何々? スネるなんてお子様ね~~~~?

乙女の純潔壊滅事件Ⅲ
 が、単なる魔力切れ、「補充」の為だと、メッチャメチャに吸い出されてしまうイリヤさん!
 映像もヤバいが、音もヤバイ!
 ホント!

 独りじゃ…、何も出来ないもん……、誰かが居てくれたから戦えてたって思いだせた…

 そして弱気イリヤ…!
 この仕草、なにこれ誘ってるの!?ってヤツだ!

 自分の弱さを思い出したから、これからは離れないで、一緒に居てと告白するイリヤ。

 もしクロが男なら、押し倒されてるよイリヤさん!
クロ『独りじゃ戦えない、それは誰だって、きっとミユだって同じはず。だからイリヤ、さっきの台詞、ミユにも言ってあげなきゃね?』

00503
00505
00506
00508
00512
00517
00520
 独りじゃ戦えない「弱虫」なイリヤ、けど、クロもバゼットもギルガメッシュだって彼女と戦った
 弱虫なアンタが、築き上げたものなんだぞ
 と、胸内で呟くクロ

 クロさんの圧倒的な姉感が、色んな意味で炸裂した回だった!

 エロい方向も含めてな!

予告“エリカ”『エリカを、トイレに連れていかないでねっ……!』

00396
00530
00532
 提供で公式MADってなにそれこわい。

毎度ながら激しすぎである
 あまつさえ、押し倒して大好きホールドまでかける高等テク、音的にも完全にアウトでしたね。
 こいつはBPOが黙っちゃいませんな
 クロさん男前!

 ランサー、ライダー、セイバーと畳み掛けるイリヤかわいい!

 両目でなく片目眼帯、セイバーなのに「リリィ」。
 軽い弱体化が微笑ましい。

 クロも、急に命を狙ってきたり、思わせぶりなのは原作アーチャー譲りなんだなって思った!

 次回、第5話「リトルレディ、襲来」
原作コミックス感想

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 3巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 4巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 5巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 6巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 7巻

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 全2巻+α
 いもかみさま -妹神様- 1巻(同原作者)
 アニメ一期感想&エンドカード一覧
2014年 アニメシリーズ第2期 感想

 2wei!第1話「イリヤ grow up!?」
 2wei!第2話「イリヤ×イリヤ」
 2wei!第3話「日常ブレイカー」

 2wei!第4話「嵐の転校生」
 2wei!第5話「それは、つまり」
 2wei!第6話「嘘と強がりの向こう側」
 2wei!第7話「激突! クッキンシスターズ!」

 2wei!第8話「彼女の名は」
 2wei!第9話「独りの戦い」
 2wei!最終話「その手が守ったものは(完)」
2015年 アニメシリーズ3期 感想

 第1話「鏡にしてるみたいでイヤなんだけど」
 第2話「トリコロール・バースデー」
 第3話「命短し腐れよ乙女」
 第4話「てーまぱーく・ぱにっく!」
 第5話「浴衣と花火」
 第6話「Blue glass moon」
 第7話「執行者」
 第8話「監視者」
 第9話「金色の少年」
 第10話「世界の片隅で君の名を(完)」
2016年 アニメシリーズ4期 感想

 第1話「銀色に沈む街」
 第2話「邂逅と再会」
 第3話「君の本当の敵」
 第4話「弱虫の妹へ」
 第5話「リトルレディ、襲来」