見た目的には「薬膳」に軍配!
薬膳vsスパイス! 脂身と香り! ハンバーガー対決!!

00422
00254
 癖のある濃厚さ、羊と牛肉のパティ、熱々ケバブまで乗っかった“ケバブバーガー”、卑怯だアレ!
 極端にこってりした味を、スパイスを駆使して中和!
 あの噛み音!

 あれほど濃厚な味に“刺激”を加えりゃ、そりゃ一瞬で完食でしょうよ!

次回、食戟のタクミ!
 そして遂に正体を現わしたストーカー男、美作昴が、レギュラーキャラであるタクミと激突!
 ホント煽る煽る!

 ブツブツと“微に入り細を穿つ”ストーカーっぷり、キモ過ぎだった!
『田所の品では…』『ああ…、総帥は、はだけてなかった……』

00001
 田所敗戦、前回ラストで“答え”は出ていたのです……。

背中を追う者達
 選抜本戦、一回戦第二試合は黒木場リョウの圧勝に終わり、続く試合で「紅」は全て振り落ちる
 薬膳の達人、秘書・新戸緋沙子は“スッポンバーガー”で絶賛され
 仙左衛門を半裸陶酔させる

 が、「嗅覚」をピクルス製作に転用した葉山アキラは、それすら一蹴してしまった!

 えりなの背中を追う
 二人は似た者同士だったが、「追い越す」意気を持つアキラは、秘書子を歯牙にもかけない。

 そして最終試合、タクミは“美作昴”の挑発に、食戟で応え……!?

 次回、第4話「追跡者」
“中華”の北条『お疲れさま、田所恵!』

00006
00009
00011
00013
00014
00018
00022
00026
00027
00028
00032
00038
00045
00050
 意外に、大舞台に弱いのはイサミの方ってね!

「玉」の世代
 勝者黒木場、試食後の総帥が「はだけていなかった」事からも、両者の実力差は歴然であった。
 が、会場は温かい拍手で“元・落第生”を送る
 残るは6名

 潤の為に、イサミの為に、えりな様の為に……、負けられない!

 一回戦二日目へ!
 また、田所も「フンドシ」をはだけさせ、密かに実力を認めさせていた事も判明する。

 いまさらだが、やっぱこの学園、おかしい。

 だが、誰もが熱い…!
田所『創真君、遅いね……?』

00056
 迎えた二日目、「弁当対決」の為に徹夜していた創真は、せっかくの予選二日目に遅れる事に
 ちなみに、田所は“早めに寝て、朝、落ち着いて試作する”方策だった為か
 ちゃんと起きれたようだ

※アニメ版では、その辺はカットされている。
???『よう、また会ったな。幸平創真……』

00060
00078
00087
00096
00098
00099
00100
00104
00107
00108
 用心するのは当然だろうが…、GPSSにも加入してるから、盗難にあってもすぐ分かるんだぜ…!

微に入り細を穿つ
 そんな創真は、丸井&伊武崎の“極星男子勢”を破った八人目、美作昴と同道していた。
 こう見えて、非常に繊細な男なのである
 一方

 テーマはハンバーガー、焼き上げたパティを、バンズで挟み込んだものとする!

 テーマ発表&選手入場!
 会場では、「えりな側近」秘書子と、カレーの達人アキラが激突!

 互いに、遠月でも“エリート”に位置する二人

 見違える気迫の秘書子…!
『ジャンルは違うけど、なんか似た二人だな』『葉っぱ対決っつーか…』

00109
 予選で創真と互角以上だったアキラ、その“スパイス使い”の魅力は言うまでも無いとして
 秘書子も、別ブロックを二位通過した“薬膳使い”
 得点は92点(創真93点)

肉魅『アレは…、ケバブだ! 葉山のヤツ、“ドネルケバブ”できやがった!

00112
00114
00122
00128
00132
00134
00141
00143
00144
00148
00150
 重ねた肉は香辛料たっぷり、一枚肉とは比較にならない味の沁み具合!

ケバブvsスッポン
 調理開始! まず耳目を集めたのは「ドネルケバブ(回し・焼く)」、トルコで人気の焼き肉料理!
 肉を、重ねに“重ねた”塊を、回しながらじんわり焼く…!
 絶大な香り!

 鮮血に塗れても尚、凛としたその表情…、緋沙子お姉さま……、素敵!

 秘書子はスッポン!
 高難度だが、迷いない手さばきで次々と解体!!

 その名の通り、“噛み付いたら離さない”生命力を、一刀で断ち切って“血”まで利用する!

 もう学生レベルじゃねえよ!
審査員『甲羅まで煮込み、コクがたっぷり溶け込んだ出汁をとる気だ…』

00152
 ご存知、すっぽんの甲羅のふちのほうは、「エンペラ」「エンガワ」などと呼ばれており
 コラーゲンが非常に豊富。

創真『いやー、変なヤツに絡まれちゃってさあ』

00162
00173
 一方、創真はようやく田所ッチと合流、美作を「変なヤツ」とバッサリ切り捨てていたが
 当の美作は、そんな軽い評価を遥かに越えた男
 ストーカーであった

 持っている下着で一番多いのは、チェック柄……ッ!

 微に入り、細を穿つストーカーの力!
美作『何だァ? 迷ったのかよ…。それなら俺の控え室のモニターで見りゃあいい……』

00187
00188
00190
00196
00198
00205
00206
00213
00214
00217
00221
00227
00229
 人間の本能を刺激する品を、披露いたしましょう! スッポンバーガーです!!

「スッポン」の脅威!
 創真たちが、その“変なヤツ”のご親切に与っていた頃、秘書子こと「新戸緋沙子」が先行!
 スッポンの身肉を、豚肉とミックスしたパティ
 贅沢の極みィ!

 はむ…っ! 蒸しパンならではの仄かな甘さと、押し返されるような弾力ゥ!!

 中華得意の「蒸し」の技法!
 独特の甘さ、弾力、塩気と噛み応えたっぷりのパティ、両者をぐいっと噛み千切る快感!

 蒸しパンってのは、その弾力だけでも既に旨い!

 蕩けるようなスッポンの旨み…!
『タレもパティもスッポン尽くし!』

00230
00234
00242
00243
 最高級スープのスッポンの出汁、これをソースに、豚の網脂で包まれたパティを噛み締める!
 スッポンの旨み、脂のコク、“甲羅の粉末”が全体に用いられて
 どこもかしこもスッポンの旨み!

 同時に、新鮮なサンチュがたっぷり挟まれ、針しょうががピリッと引き締める!

 噛めばフカフカ!
 噛み破れば、バリッとした刺激、とろり舌に絡みつくスッポンの旨み!

 この審査員ノリノリである!
仙左衛門『この品の真髄は、口にした者にしか分かるまい…』

00249
00254
00255
00261
00273
00275
00280
 リアクションがおかしい!

「触覚」の一撃
 何より、スッポンの甲羅出汁は豊富なコラーゲン、ゼラチン質の“くにゅっ”とした触感を含んでいる。
 弾力あるパンを、ぐっと噛めば“上あご”に当たるのだ
 上あごに!

 その旨さ、モンスター級!

 上アゴはヤケドしやすい
 それだけ敏感で、“刺激されやすい”箇所なのだ

 旨みをたっぷり含み、とろりとしたパティ、出汁が「触感」を激しくノックする!

 そりゃ旨いはずだよアンタ!
薙切仙左衛門『思わず陶酔してしまったか…!』

00282
 あの総帥が、気付けば脱いでるほどの旨さ!
 が

美作昴『だが…、この勝負は葉山アキラだ』

00297
00298
00300
00308
00311
00313
00322
00332
 口の中だけじゃないだろう、味の世界は…!

ケバブ・バーガー
 美作の予言、後攻・葉山の出したハンバーガーは、なんと「パティの上」にケバブが乗っていた
 つまり、肉の上に肉が乗っかっていたのである
 肉×肉!

 何のつもりだ葉山アキラ、あれではただクドイ味になる事、必至…!

 観客も陶酔する“香り”!
 だが、実際に食べれば「クド過ぎる」と秘書子は読む。

 特に今回、審査員の半分は老人…! いやまあ、既に香りにヤられてやってるけど!!

 どんだけ良い香りなんだよ!?
大泉殿達『思わず夢中に!? もう食べきってしもうた!?』

00335
 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「わしは 奴の前でハンバーガーを食っていたと思ったら いつのまにか食べ終わってた」
 な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
 わしも 何をされたのか わからなかった…

 頭がどうにかなりそうだった…
 催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
 もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

葉山アキラ『講義をしてやろう、ハンバーガーに欠かせない要素は四つある。バンズにパティ、ソース…、そしてピクルス。……ピクルスこそが影の主役…!』

00336
00340
00344
00345
00357
00364
00372
00374
00395
00405
00414
 この「噛む」音! これが最高に旨そうだった!!

勝敗は決した
 しばしば、ハンバーガーの「邪魔者」とも称されるピクルス、だが、ジュッと口中を刺激する酸味
 それこそが、“濃厚な味”であるほど効くのだ!
 脂を消し飛ばす酸味!

 それも呆れるほどスパイスを組み合わせる事で、複雑な味に仕上げる!

 噛めば爆発する程のコク!
 だが、噛み進めば酸味とピリッとした風味、それが後味を消す

 酸味の刺激が、また「脂」を欲しいと思わせ、次の一口を美味しくさせる無限コンボ!

 カツ丼と、漬物の関係にも似ている!
『何もかも狭いんだ…、お前は。志も…、料理の世界も……』

00422
 今回、葉山アキラは「スパイス」に留まらず、インドのピクルス「アチャール」を築き上げた
 嗅覚を駆使した勝利である。

 対し新戸緋沙子は、己の得意分野から出ることなく味を組み立てた。

 えりなの一歩後ろに立つ。
 ナンバー2を目指す、その志共々、お前は狭いと罵倒される秘書子の完敗、葉山強すぎィ!!

 このカット、秘書子が美しい…!
『認めたくない…、だが確かに、奴の料理の香りを嗅いだ瞬間、内なる食欲を丸裸にされた…!』

00424
00431
00433
00434
00437
00443
00455
00459
00466
 だからってホントに脱がなくても!

ぺしゃんこにする!
 以前、えりなは「創真に負けた」だけで肉魅を派閥から追放したが、秘書子は自ら去ってゆく。
 敗北者となった自分は、もう仕える価値がないと
 動揺のえりな!

 食戟を、いずれキミに申し込む…! その時こそ、キミをぺしゃんこにする!!

 残るはタクミvs美作
 試合を前に、初対面時を思い起こすタクミと創真!

 互いに「既に現場で働くシェフ」同士、互角の実力と、負けられない思いを抱く二人の約束!

 タクミ、予選も旨そうでしたよねー。
創真『分かったよタクミ。だから、ぜってー負けんなよ! どっちがぺしゃんこにするか、決着を…、つけようぜ!』

00469
 そしてこのタクミ、原作以上に乙女であった。

“十傑”叡山『奴は逸材だぜ? 美作昴にとって、遠月という庭は、格好の遊び場なんだ』

00476
00480
00481
00493
00496
00501
00507
00511
00513
00518
 ちなみに最後に喋ってたアナウンサー二人は、共にcv日高里菜さんです! 独り芝居!!

食戟のタクミ
 だが、ずっとタクミをストーキングしていたという美作昴は、彼の怒りを的確に突くと
 タクミとの“食戟”を引き出す
 挑発!

 能無しの弟を持った気持ちはどんなだよ…?

 愛用のメッザルーナ
 そして、愛する弟イサミへの侮辱!

 あまりに見え透いた挑発、だがここで退いたら、もう「タクミ」じゃなくなるプライドの一戦!

 いやもう、美作キモいキモい!!
エンディングの「抜け殻」は毎回更新!

00505
00520
 前回敗れた田所に更新、なら次回は…?

タクミvs追跡者!
 何気に最後に「独り芝居」してのけた声優、日高里菜さん、前期「ネトゲ嫁」のアコ役だったのね。
 後、GATE二期の菅原殿の嫁シェリー
 艦これの睦月!

 そんで個人的に「選抜」でも、屈指に旨そうだと思うケバブバーガー回!

 ケバブの香りって暴力的ですもの!
 そんな濃厚な味に、更に羊と牛肉のバーガー、ビシッとリセットするピクルスってどんなのよ!

 秘書子のバーガーも、蒸しパン+とろとろって絶対旨いよねアレ……。

 次回、第4話「追跡者」
アニメ「食戟のソーマ」感想 2015年7月 連続2クール

 1品目「果てなき荒野」
 2品目「神の舌」
 3品目「その料理人は笑わない」

 4品目「極星のマリア」
 5品目「氷の女王と春の嵐」
 6品目「肉の侵略者」

 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」
 8品目「発想と創造の協奏曲」
 9品目「山を彩る衣」
 10品目「至上のルセット」

 11品目「東から来た魔術師」
 12品目「ひと皿の記憶」
 13品目「夜明け前の卵たち」

 14品目「メタモルフォーゼ」
 15品目「「修羅」と呼ばれた男」
 16品目「万里を駆ける料理人」
 17品目「官能の唐揚げ」
 18品目「青春の唐揚げ」
 19品目「選ばれし者」
 20品目「龍は臥し、天へ昇る」
 21品目「未知なる既知」
 22品目「日常を越えるもの」
 23品目「華開く個の競演」
 24品目「戦士たちの宴(完)」

食戟のソーマ 弐ノ皿 2期 感想 2016年7月~9月

 食戟のソーマ 弐ノ皿 第1話「その箱に詰めるもの」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話「交錯する光と影」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話「『玉』の世代」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第4話「追跡者」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話「一口目の秘密」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話「朝はまた来る」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話「喰らいあう獣」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第8話「旬を巡る戦い」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第9話「秋を告げる刀」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第11話「スタジエール」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話「魔術師再び」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 最終回「威風堂々」

漫画 食戟のソーマ 感想

 食戟のソーマ 2巻
 食戟のソーマ 3巻
 食戟のソーマ 4巻
 食戟のソーマ 5巻
 食戟のソーマ 6巻
 食戟のソーマ 7巻
 食戟のソーマ 8巻※'''この半ばまで、アニメ一期相当'''

 食戟のソーマ 9巻
 食戟のソーマ 10巻
 食戟のソーマ 11巻
 食戟のソーマ 12巻
 食戟のソーマ 13巻
 食戟のソーマ 14巻 ※この間の八割まで 二期でアニメ化

 食戟のソーマ 15巻
 食戟のソーマ 16巻“囚われの女王”
 食戟のソーマ 17巻“見せしめ
 食戟のソーマ 18巻“反撃開始!!”
 食戟のソーマ 第19巻“頂を目指す者”
 食戟のソーマ 第20巻“凍っていた想い”

食戟のソーマL’etoile -エトワール- 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀


 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 1巻
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 2巻 “伝統のレストラン”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 3巻“フランスの菜園から”

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング