イリヤ、“キャスター”可愛い! が、敵は神話も神話、北欧神話の戦闘神だからね!!

00739
00710
 ギル君かっけえ! 宝物の数で敵わずとも、“友”の名を持つ天の鎖ならどうという事はない!!
 が、ギルもイリヤも、田中も揃って敗退する結末に
 予告クロも厳しい!

 今は敵わなくても、届かなくても…、いつか必ず助け出す…、ミユは、あなた達の道具じゃない!

イリヤさんかっけえ!
 負けを認めて、夕陽に吼えるイリヤさんも素晴らしく主人公してた! こういうの好きだわ!
 クロも、“アーチャー”を彷彿させる渋さ。

 北欧神話最強の一撃に耐えた田中も、すごく田中ですね…。
ギル『12本っと……、総数に比べればチリみたいな数だけど。ご返却、どうも?』

00024
 飛んできた宝具を、宝具で受け止めるファンサービス。

敗北から始めよう
 魔術師、「エインズワース」の館は空間が捻じ曲がっていたが、イリヤは「聖杯」としての機能か
 はたまた持ち前の幸運か、ルビーと劇的な再会を果たし
 英霊への「変身」も成功させる

 しかし、神そのものの力を行使するベア子、クラスカードを複数有するアン子に一同は苦戦

 ひとまず脱出を優先するイリヤとギルは
 その背中を、「当主ダリウス・エインズワース」を名乗る声に見送られる。

 次回、第4話「弱虫の妹へ」
少年王ギルガメッシュ『“王の財宝<ゲート・オブ・バビロン>”、宝具の原型を星の数ほども有し、それを矢のように放つ…。その宝具は、“宝物庫”そのもの』

00017
00019
00039
00044
00051
00055
00058
00059
00065
00069
 雷撃を受けてなお叫び続ける「兄」、ホント兄の鑑だよ…!

人類最古の英雄王
 前期、イリヤが退けた「黒い巨人」のカードで変身しているアンジェリカ、対するギルはその理性だ。
 少年の目的は、奪われた自身を奪い返す事!
 英雄王! 

 言ったでしょ、ボクの目的は、彼女が使ってる“僕のカード”なんだ

 正体は人類最古の英雄王
 世界を制し、全てを手にした彼の宝物庫には、あらゆる原典が収められているのである!

 彼が欠けている為、アン子の鎧も“不完全”なのである!

 べ、別に痴女じゃないだからねっ!
イリヤ『よしっ! あの扉から入るよっ!!』

00076
 が、扉を開けると奈落の底へ!
 
ベアトリス『おーおー、見事な落ちっぷりだなァ? 正面入り口が、素直に城内につながってるワケないじゃァ~~ん♪』

00078
00083
00090
00095
00101
00109
00122
00129
00132
 ウチのひねくれっぷり、ナメんなっての!

「エインズワース」のゴミ捨て場
 そこに、変な自慢だか自虐だかしながら現れたのは、前回も襲ってきたベアトリス。
 ここは城のゴミ捨て場!
 酷!?

 ようやく“本物の聖杯”を手に入れたんだ…、邪魔する奴は、ぶっちguiltyに決まってンじゃん!

 敵は“エインズワース”家
 当主は、世界中から霊装や魔具を集め、「宝具」「聖杯」に置換しようと試みた

 が、そんな都合良く出来るはずもなく、失敗作の山に!

 まあ勿体無い!
アンジェリカ『…敵うとでも思っているのか? 財の殆どを、こちらが有しているのだ。これが当たり前の結果だろう』

00147
 田中がボコられていた頃、鳴り物入りで現れたギルガメッシュもまた、ご覧の有り様であった。
 同キャラ対戦で完敗!

 それも当然、一人の英霊の力を、二人で使ってる状態だからね!

 むしろギル様のパワー、すげえ!
ギル『笑うよそりゃあ、こんな面白い事の只中にいるんだ…、そんな時、“人”は笑うし怒るし泣くのさ。それこそが“人間”だろう? …なんていっても、キミには理解出来ない事だったかな?』

00149
00156
00164
00175
00178
00196
00199
00203
00208
00218
 スゲーよアンタ!? どんだけイジっても腕一本千切れねェ! これ、無限に遊べんじゃね?

英雄王の人間賛歌
 が、ギルが敗北を認めるはずもなく、なおも“人間じゃない”彼女に言葉責めを敢行…!
 同じ頃、異常に頑丈な“田中”は気に入られてしまい
 悲惨な目に…

 イリヤさん……、身体中が…、ズンガズンガするです……。ヤだ…、ヤだよ……、イリヤさん…!

 全身ハリネズミの田中
 彼女の苦痛に、イリヤの叫びに愉悦絶好調のベア子!

 手足一つちぎれない、田中の異常さ!

 田中、異常です!
イリヤ『もう…、やめてぇーーーーーー!』

00228
 たまりかねたイリヤ、「手近にあった棒」を手に突撃するが……。

ベアトリス『そんな“棒切れ”で、何が出来んだよォ!』

00230
00233
00238
00245
00248
00250
00259
 すげえ! すごく魔法少女らしく変身した!!

カレイドの魔法少女
 が、本作版イリヤ特有の「幸運」なのか、或いはクロと分け合った「聖杯」としての機能なのか
 イリヤの望みに、現実が応えるラッキー展開!
 転身!

 倒したい人が…、倒さなきゃいけない人がいる!

 久々の魔法少女!
 掴んだ棒が、たまたま、「封印布」で縫いとめられたルビーであった!

 一方、ギルガメッシュ側も異変が。
『僕だってさぁ…、笑うし怒るんだよ……、いい加減、“僕の友”を勝手に使うなよ……、雑種!』

00271
00278
00283
 神性を持つ者を拘束する鎖、「天の鎖」がアン子の指揮下を離れ、勝手に動き出してしまい
 ギルに奪われてしまったのである。

 この鎖、天の鎖エルキドゥは、神話における“彼の親友”の名を持つ宝具!

 傲慢なギルが「友」と呼ぶ、特殊な宝具なのだった
イリヤ『(クロがやってみせたあの時の感覚、私はあの感覚を覚えている、出来る気がする、きっと出来る…)、きっと私は“カード”を使える!』

00289
00321
00324
00327
00330
00333
00335
00338
00345
00350
00355
00356
00358
00361
00370
00374
00377
00384
00385
00387
 変身時、元ネタである「魔女メディア」のモチーフが!

今からここを吹き飛ばす!
 同時に、イリヤも「カードによる英霊化」に初挑戦し、一期で苦戦させられた“魔術師”の英霊に!
 キャスター・イリヤ、可愛い!
 が

 消し飛べ…、元素の塵まで! “ミョルニル”!!

 むしろ本気にさせちゃった!?
 英霊、「神様から直接魔術を習った魔術師」とかいう、反則存在の力を借りたイリヤ

 が、相手の力は“神様そのもの”であった事が判明する!

 反則中の反則ゥ!
ルビー『不味いです! アレは…、一つの“神話体系の頂点”です! このままでは!?』

00398
00400
00410
 ルビーもビビる「ミョルニル」とは、北欧神話における最強の戦闘神“雷神トール”の武器!
 ええまあ、“主神”じゃないけど最強の神!
 まさに怒鎚、神鳴る力!

 ご大層な魔術だけどさあ…、そんなの、たかが“魔術止まり”だろォ!

 この言いよう、全魔術師は泣いていい!
ギル『“置換しただけの偽物”とはいえ、僕相手だから手加減してしまうのかな…? まったく融通の利かない奴だよ』

00416
00418
00424
00434
00453
00463
00490
00496
 知ってるかいアンジェリカ? この国には宝の持ち腐れという言葉があるそうだ。

田中、壁になります
 イリヤが「田中」が壁になって窮地に突入していた頃、ギルはといえば、完全に圧倒しきっていた。
 たかだか一本、しかしギルが最も信頼する宝具
 友の力!

 まったく! 悲しいくらい、キミの為にあるような言葉だねえ!!

 圧倒的じゃないか!
 ギル様が、自ら「王の財宝」を発動前に潰す、貴重な光景がそこにあった!!

 いつもと逆パターンって奴だ!
アンジェリカ『舐めるなと言ったはずだ…、エインズワースをだ!』

00500
00508
 対し、「同キャラ対戦で勝てないなら、別の英霊出せばいいじゃん」という身も蓋も無い戦術!
 きたない、エインズワースきたない!
 阻止も難しい!

 なんたって、城の中の空間が、デタラメに繋がってる彼らの本拠地だからして!

 いやねえ、地形効果って!
ギル&アンジェリカ『何だ!?』『この雷撃は……』

00511
00525
00533
00538
00556
00559
00569
00574
00575
00577
00579
 田中、全裸になったけど生きてます! 田中です!!

遥かに遠い再会
 が、アホのベア子が「ミョルニル」をブチかました余波で、あっちこっち壊れて水入りに!!
 なお、田中はやはり“五体満足”
 謎田中!

 地震じゃない…、爆発……? 誰かが戦っている…? イリ…、ヤ……!?

 即時撤退を選ぶ子ギル
 ホント、この頃のギル様ってば聡い子でいらっしゃる!

 大騒ぎを、城中央の塔からミユ・エインズワースは目撃し…、イリヤが来た事を知る事に

 今期のミユ、すごくヒロインしてる…!
ギル&ベアトリス『不味いな、ここから一キロ…』『その為の地形だからなァ!』

00608
00626
 なお、ベアトリス達が空気を読んだ理由は、半径一キロを誇るクレーター故。
 遮蔽物/Zero、隠れる事も不可能!

 しかも今度は「空が見えてる」となれば、雷の宝具ミョルニルが真価を発揮する地形…!

 完全に詰んだ!
ベアトリス『消し飛べ! ミョルニ……』

00641
 と思ったら、どっかで見た矢が飛んできた!

『狙撃、あのカードだ!』『こそこそしやがって、どこの誰だかクズカードが!』

00654
00659
00669
00682
00683
00687
00694
00697
00699
00701
00704
00706
00708
00710
 この声をよく聞いておきなよイリヤさん。…君の本当の敵だ

ダリウス・エインズワース
 まるで、Fate本編さながらの支援をする「アーチャー」に、またかとキレまくるドールの二人!
 が、エインズワースの当主を名乗る声が響き
 戦いは終結に

 今は敵わなくても、届かなくても…、いつか必ず助け出す…、ミユは、あなた達の道具じゃない!

 交戦は不本意
 あの二人、「我が家の使用人」が悪い事をしたと見逃してくれる

 敗北から始まった対エインズワース、必ず助け出すと、夕陽に叫ぶイリヤさんカッコイイ!

 すごく主人公だった!
『いきなり乗り込むなんてバッカじゃないの』『ですが、その意外性こそが強みかもしれません』

00716
 最後は、アーチャーカードを核にしている少女クロと、英霊を殴り殺す女・バゼットが再び登場
 敗北スタートだが、頼もしい仲間が増えた!
 戦闘面が大充実!

 が
予告『甘えるのもいい加減にしなさい!』『まだ、終わってない!』

00739
 予告、クロ(cv斉藤千和さん)が、すごい真剣に叫んでてカッコ良かった!

謎の田中と神の力
 いやー、キャスターになったイリヤが可愛かったし、ラストの叫びが少年漫画してて格好良かった!
 ギル君も、普段の彼からは想像しにくい機転で
 弱体化を補って頼れる!

 そしてひたすら叫んでたミユの兄、ボロボロで、なおも退かずに叫び続けるのが男前ですよ!

 田中も更に謎の存在に。
 ミユの「遠さ」も、すごく儚くて、最高にヒロインしてた…!

 クロの本格的な活躍も楽しみですね! 今回のサポート、すごく格好良かったし!

 次回、第4話「弱虫の妹へ」
原作コミックス感想

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 3巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 4巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 5巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 6巻
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!! 7巻

 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 全2巻+α
 いもかみさま -妹神様- 1巻(同原作者)
 アニメ一期感想&エンドカード一覧
2014年 アニメシリーズ第2期 感想

 2wei!第1話「イリヤ grow up!?」
 2wei!第2話「イリヤ×イリヤ」
 2wei!第3話「日常ブレイカー」

 2wei!第4話「嵐の転校生」
 2wei!第5話「それは、つまり」
 2wei!第6話「嘘と強がりの向こう側」
 2wei!第7話「激突! クッキンシスターズ!」

 2wei!第8話「彼女の名は」
 2wei!第9話「独りの戦い」
 2wei!最終話「その手が守ったものは(完)」
2015年 アニメシリーズ3期 感想

 第1話「鏡にしてるみたいでイヤなんだけど」
 第2話「トリコロール・バースデー」
 第3話「命短し腐れよ乙女」
 第4話「てーまぱーく・ぱにっく!」
 第5話「浴衣と花火」
 第6話「Blue glass moon」
 第7話「執行者」
 第8話「監視者」
 第9話「金色の少年」
 第10話「世界の片隅で君の名を(完)」
2016年 アニメシリーズ4期 感想

 第1話「銀色に沈む街」
 第2話「邂逅と再会」
 第3話「君の本当の敵」
 第4話「弱虫の妹へ」
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング