格段に増えた飯の量、リボンを解いてたり、小鳥の遠慮がどんどん無くなってるのも微笑ましい!
“今までで一番、見た目がたまんないですねっ!” 親子を繋ぐハンバーグ!

00433
00471
 沈むつむぎ、小鳥が「頑張って聞いてください」って言ったのは、経験があるからなんでしょうか
 小鳥自身、ホントは“頑張って聞いて欲しい”事が
 今まであったのかなって

 内心、「自分は悪い子だ」って傷付いてたつむぎに、おとさんが頼もしかった!

煮込みハンバーグです!
 そして待望の一品、煮込むは半熟を乗っけるわ、工夫たっぷりで大興奮の楽しさ!
 毎度、緊張の一瞬も漲ってた!

 オチで必死に差し出す微笑ましさといい、今週も楽しかった!
小鳥さん、私室公開

00003
 今週はお馴染み犬塚親子でなく、小鳥さんからスタートです。

繋ぐ煮込みハンバーグ
 粘土で、公平におっきな「ハンバーグ」を贈ろう、悪戦苦闘するつむぎは友達に粘土を貰う
 が、それを見咎めた男子に“どろぼう”と呼ばれ
 つむぎは消沈する

 自分は「悪い子」なのかなと悩むつむぎ、だが翌日、父が全力で「良い子だ」と言ってくれた!

 煮込みハンバーグを作る中で親子は和解し
 今日も、小鳥も揃って三人でご飯を作り、食べる犬塚親子であった。

 次回、第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」
小鳥『おはよー………、おおっ!?』

00006
00010
00015
00016
00022
00031
00034
00036
 朝っぱらから盛りすぎィ!

生放送です、小鳥さん
 小鳥さんの朝、そういや初登場時もこんな感じだったなー、という寝起きスタイル小鳥さん。
 お母さん、愛情たっぷり朝ごはん!
 が

 小鳥ー! 見てるー! お母さん、頑張りますねーっ!!

 が、頑張るな!
 小鳥さん、朝っぱらから感情がジェットコースターすぎる!?

 七時に起きて独りでご飯、けどお母さんは愛情たっぷり、苦労もしてるし制服着てるし!?

 朝も早よから生き恥だと!?
つむぎ『おおっ…、おとさんの、コゲコゲね?』

00040
 そして犬塚家、境目の上の失敗作は父が、下の成功品は娘にという父心。
 おとさん、忙しいのに頑張ってる!
 いやホント!

お父さん『お、お味噌汁はどうかな? ちゃんと豚汁の事を思い出しながら、味付けを…!』

00043
00046
00055
00068
00071
00080
 つむぎ、ホント良い子ですよね。

大事な事なので
 そして苦心の味噌汁、早くも経験を糧にするお父さん偉い! おいしく出来ててホント良かった!
 口にする一瞬、こっちもドキドキしたわ!
 BGMいい!

 あと片付け、ありがとうなつむぎ!

 天使か!
 今日も忙しい犬塚家!!

 ただでさえ一杯だったのに、料理まで始めたからてんてこまいですね…。

 つむぎは天使か!!
小鳥『朝…、テレビをつけたら、母がセーラー服でした』

00081
 なにそれこわい。

小鳥『……って、ないです! さすがに無いです、アレはっ!!』

00090
00093
00097
00108
00110
00121
00125
00127
00130
 毎度毎度、でけえよパンが!

謎の緊迫感
 って、「しかも結構似合ってるし!」って、この子、どんだけお母さん大好きなんだよ!
 そして味噌汁の件、“生煮え怖いですか”って…?
 何でしょ?

 ハンバーグつくってるの! これは、おとさんの分っ!!

 え…、何、この謎の緊迫感……。
 その頃、当の愛娘は、粘土を使ってハンバーグ作りの真っ最中であった。

 後ろでウロついてる男の子、あからさまに誘いたそうだし!

 あらら人気者なのねえ。
つむぎ『お皿とかスプーンとか、作る粘土なくなっちゃった…』

00132
 というのも、おとさんサイズのハンバーグを作ったら、粘土を使い切ってしまい
 他のものが作れなくなってしまった。
 これは困る

 が。
『わ…、大変っ!』『『うんっ!』』

00136
00150
00152
00162
00166
 うわ、ズルい! せんせー、こいつ、粘土とったんだぜー。

YouはShock!
 そこで、お友達が揃って「最近使わないから」と、粘土を譲ってくれる心温まる流れから急展開!
 さっきの少年、なんとつむぎを泥棒呼ばわり…!
 で

 うわ、お前返さねーんだ…、それってドロボーじゃん?

 粘土遊びすんなよ!
 こっちで、ボール遊びしよーぜって意味ですね、こやつ生かしてはおけぬ!

 結果、つむぎが多大なショックを受ける事に。

 これは凹む!
『犬塚先生、何か良いコトありました? …なんとなくですケド』

00170
 一方、お父さんは今日も愛されていたというか、前回作れなかったハンバーグに挑戦!
 レシピをネットでニヤニヤ検索中。。。。
 楽しそうで何より。

 が
犬塚公平『……ちょっと娘に、トラブルがあったみたいで…』

00183
00189
00191
00202
00204
00222
00229
00237
00239
 みきおー! アンタ、また女の子泣かしたってーーーーーっ!!

ストライカー・ペアレンツ
 あれから、ショックを受けたつむぎとミキオがもみ合いになり、すっかりつむぎが塞ぎこんでしまう。
 幸い、ミキオ母が逞しい人で事なきを得る。
 ホント幸い

 ねんどは…、もらったの。どろぼーじゃ、ないもん……。

 が、つむぎは凹む…!
 保母さんも、周りの子達も理解がある、というか日頃の行いの良さもあるんでしょうね。

 スモックで団子状態だったつむぎも、ギリギリ機嫌を直してくれるが…。

 ホント団子。
今週のアイキャッチ

00240
00241
 カルボナーラつむぎ! 小鳥さんは、格好からして自宅なんでしょうか?
 炊き上がりを待つ至福の瞬間?

 この子、ご飯好きよね…。 
小鳥『つむぎちゃん! 今日は、お待たせのハンバーグですよっ!』

00245
 しかし、待望のハンバーグ・デイという事で……!

小鳥『……かなり、落ち込んでるみたいですね』

00248
00252
00254
00257
00260
00265
00269
00275
00277
00285
00287
00291
00297
00299
 あの…、みじん切りって、どうすれば……?

フルアーマーおとさん!
 結局、一応の「仲直り」でも沈んでるつむぎ、ここは、美味しいご飯で解決しようと奮戦する二人!
 だが三人は初心者、小鳥がアイデアを提案する
 つまり

 それなんですが、煮込みましょう! それなら生焼け…、なんてありませんしっ!

 煮込みハンバーグ!
 ソースで煮て、焦がさずに熱を伝え、しかも味が滲みこむ応用調理!

 おとさん、“みじん切りってどうするんですか?”ってレベル…。

 見ててハラハラする!
公平『みじん切りにしたタマネギを、あめ色になるまで炒めて…?』

00306
 とまれ、ざっくりみじん切りしたタマネギを、透明な茶色、あめ色になるまで炒める!
 この香りが良いんですよね!

 炒めタマネギって、なんであんなに良い香りするんでしょ!

公平『思ってたより、入れる材料少ないんですね…?』

00311
00316
00323
 炒めタマネギとミンチ肉、ふやかしたパン粉…、キウイを入れるなんてアイデアも。
 キウイの酵素が、肉と反応して柔らかくする
 酢豚のパインの要領!

 ヘルシーに、豆腐の副産物「おから」を入れるのはともかく、キウイは初めて聞きました!

 基本は「ボリュームアップ」なんでしょうけど、色々あるのねえ
公平『つむぎ、お手伝いするか…? これから形整えるから…、粘土、好きだろ?』

00327
00329
00340
00343
00349
00353
00358
00359
 先生、もっと頑張って聞いて…、ちゃんと!

ホントの理由
 が、なおも沈み込むつむぎに小鳥は気付く、彼女がホントは、「聞いて欲しい」んだって。
 話したくないって態度は、話したい気持ちの裏返し
 そして

 どろぼーじゃないけど…、粘土いっぱい貰って…、粘土返さなかった…、つむぎ、悪い子かなぁ…

 つむぎを責めたのはつむぎ自身
 元凶の少年や、父や皆が「悪くない」って言っても、つむぎ自身が納得してなかった

 周りが何と言っても、自分自身が納得していない。
公平『…つむぎ! つむぎは、悪い子じゃないよ、大丈夫だよ!』

00371
 だから公平は、もう一度、ありったけの言葉でつむぎを肯定する
 嫌いじゃない、大好きだ!

 それに…、それにね、つむぎはお父さんに一杯元気をくれるんだ、大好きだよ!?

 笑顔を取り戻す瞬間、本当にホッとした!
小鳥『では! 練って練って練りまくったタネを、こうやって、整えながら…、空気を抜きますっ!』

00378
00382
00388
00392
00393
00398
00400
00406
00412
00418
00422
00425
 空気抜きを両手投げ! いやコレめっちゃヒヤヒヤしたわ!

仕上げはトッピング!
 父の愛情、ようやく、親子の共同作業を再開する犬塚親子、キャッチボールなんて素敵です!
 そんで、またまた気迫漲る小鳥さん!
 仕上げです!

 今までで一番、見た目がたまんないですねっ!!

 仕上げに、半熟目玉焼き!
 包丁はダメだけど、小鳥さんの機転には、頭が下がりっぱなしですね!

 美味しそう!
公平『あ、つむぎ、髪が……』

00429
 と、髪に触れてるのに、構わず食べるくらい夢中なつむぎ!
 でも毎回、緊張の一瞬!

 最初の一口…!
公平『つむぎがどんな子でも…、お父さんは大好きだよ……』

00433
00439
00444
00449
00452
00455
00458
00461
00463
 って、小鳥さんの盛り方がハンパないですよ!?

大好きだよ
 泣き出すつむぎと抱きとめる父、父に、内心“悪い子”と嫌われてないか心配だったんでしょうか
 悪い子かもしれない、嫌われているかもしれない
 全部フッ飛ばす父の愛!

 すごいですよ私達…、今日も大成功じゃないですかっ!

 小鳥さんも大満足!
 そして、あの「おとさんのハンバーグ」ってのは、誕生日プレゼントだったとも判明。

 あ、あの花丸ってそういう事か!
小鳥『え…っ!?』

00471
 そして予想外のリアクションをする小鳥である。

つむぎ『4、と2と5の日だもんっ!』

00473
00478
00480
00482
00485
00494
00496
 この父、愛娘に祝われてデレッデレである。

誕生日なんですか…?
 つむぎ、すごいシンプルな覚え方で「父の誕生日」を数えて、ハンバーグを作ってたのね。
 そりゃドロボーとか、言われたくないはずですよ
 かわいい!

 この…、とろとろ混ざった、一番美味しいところをあげますからっ!

 そして小鳥の決意!
 誕生日と聞き、プレゼントせねばという熱い意思だった!

 いらないですよー♪

 この温度差!
余談ですが。

00291
 包丁を異常に怖がる小鳥さん、ご両親の離婚と関係ある、ってのが王道ですが…?
 物凄くビビってましたね

幸せ親子と女子高生、この温度差は卑怯だよ!

00034
00036
 小鳥母、予想以上にファンキーで好きだ!

つむぎだるま!
 犬塚親子、つむぎが良い子だなーって思ったら、「悪い子なのかも」って悩んでたのが微笑ましい!
 つむぎ自身、“返すべきだ”って頭では分かってたから
 父の言葉が引っかかったのか

 公平も「ウチで買って返そう」って言った、返すべきで、返さない自分は悪い子なんだって。

 裏目に出る父の気遣い
 本音に気付いて、聞きだす小鳥さんの必死さも素敵だった!

 親子の交流も、小鳥さんのちょっとズレた、楽しそうな食べっぷりも見ててホント楽しいです!

 次回、第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」
甘々と稲妻

 第1話「制服とどなべごはん」
 第2話「豚汁とみせあかり」
 第3話「つむぎとおまたせのハンバーグ」
 第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング