“優しすぎた父”の真相とは? ハヤテの異変、フレイアの幸福、ミラージュ少尉切ない…!

00607
00527

 納得のプレゼント! 幸せいっぱいで、でも「人生折り返し」、雪に消えそうなフレイアが物悲しい…
 最後、見守る構図が切ないと思ったミラージュが
 泣いちゃうのもねえ…

 私、皆に出会えてぶっちゃ幸せです! これからも悔いのないよう、ずっとずっと歌い続けますっ!

父と体調、ハヤテの異変
 また、「祝ってくれてありがとう」って言葉に、いちいち“覚悟”みたいなのが感じられるんですよね
 人生折り返し、“ウィンダミア人の当たり前”

 ハヤテも、ヴァール化とも違う「何か」の兆候が増してて不安…?
アラド隊長『オヤジさんは、俺達と同じ、パイロットだった』

00002
 パイロット? なんで転勤続きだったんでしょ?

ありがとう
 故郷が全銀河の敵となり、打ちのめされたフレイアは、傍目に分かるほど空元気だった。
 ちょうど、彼女の誕生日だと気付いたケイオスの面々は
 サプライズパーティーを企画する

 一方、ウィンダミアは「ハインツへの負担」と引き換えに、更なる歌の増幅を企図し…?

 パーティーは無事成功
 特に、降雪機で故郷の風景を再現したハヤテに、フレイアは心から幸福に浸る

 またハヤテは、父が“優しすぎた”とアラドに聞かされ…?

 次回、第17話「拡散 オンステージ」
フレイア『看板娘…、悪くない響きやね。いひひっ♪』

00004
00016
00018
00030
00031
00032
00047
00049
00051
00052
00054
 それにしてもこの軍事組織、ノリノリである。

カラ元気な彼女の為に
 今度は、故郷が全銀河の敵にグレードアップしてしまったフレイアは、行方不明の妹さんに代わり
 チャックの店で、チャイナにバイトを始めていた
 が

 明後日はフレフレの誕生日、サプライズ・パーティーっていうのは、どうかなっ。

 なんて賑やかな秘密会議!
 フレイアが、空元気を振り絞ってる事への慰労をかねて!!

 おずおずと手を上げる、ミラさんも可愛い!
カナメ『おそらく、出力を上げたことが風の歌い手の負担となっている…、そうなのよね、美雲?』

00066
 一方、美雲の提案した作戦は、メッサー死亡回での「遺跡を通じた共鳴」を、意図的に起こす事
 あの時のように、風の歌い手に直接アクセスできれば
 相手に対抗できるかもしれない

 ただ、遺跡は全て変容してしまっているが、敵の目が銀河に向いている今がチャンス

 足元がお留守ですよってね!
『フレイアのサプライズパーティー、行く?』『…考えておくわ』

00070
00072
00078
00084
00089
00115
00116
00120
 後ろの二人、変なアテレコしててこっちが悶えるッスよ!

休日の二人+3人
 一方、フレイアのプレゼントを買いに出かけたハヤハヤとミラミラ、傍目には完全にデート!
 教科書通りのミラージュと、小学生のようなハヤテ
 対し

 なんて充実した休日…!

 いや間違ってる!
 明らかに、充実の方向が間違ってるぞ!?

 後ろで見守る銀河級アイドルニ名と、店を休んで出てきたらしいチャック!

 皆さん、楽しそうで何より。
箱入り真面目お嬢・ミラージュ『そういう気持ちが、恋の始まり、って言うじゃないですか』

00140
00153
 また、ハヤテに「フレイアが好きなのか」、とミラージュが剛速球を投げる場面もあった
 ハヤテは否定するが、特別な相手である事は確か
 いつも騒動のタネというか

 安心しても良い返答、だが同時に、彼がミラージュの気持ちに気付いてない事もハッキリする。

 恋って、残酷…っ!
ハインツ新王『余の道は、全銀河の民を風の歌で束ねる事…、それがこの戦争を終結させる最善策と考える。そうだな? その為には、我が身を削る事も厭わぬ……』

00156
00157
00160
00166
00167
00176
00178
00181
 いつか、キースが旨そうに林檎ジュースを飲む日が来るのでしょうか?

残酷であろうとも
 一方、ウィンダミアは「歌の増幅」を新たな段階へ移行、決戦を前にテストする事にしていた。
 この戦い、ハインツ新王の負担はとてつもなく大きい
 が

 子供の頃のアイツは、林檎が好きでなぁ…。

 意外なキースの素顔
 今の彼は、“大好物を食べる事”も我慢し、故郷と家族の為に「己」を捨てている。

 誰もが必死、それがウィンダミア勢の現状なんですね。
フレイア『戦争…、まだまだ続くんやね……』

00186
 一方、フレイアは「故郷」の方向へと歌を歌い、不安を紛らわせているようだった
 ここまではいつもの事。

 しかし
ハヤテ『…いや、ハラ減ったからかな、なんかクラクラしちまった?』

00190
00197
00205
00206
00219
 謎めく美雲の超銀河ポエム、その意味は…?

フレイアとクラクラと美雲
 問題はハヤテ、以前から「フレイアの歌による変容」らしき兆候があり、その激しさを増していた
 周囲が鋭敏に、“人間”だけがハッキリと感じられる
 それは…? 

 旋律は風に乗り、どこまでも飛んで行く…、歌は星を駆け巡り…、そして、昇華する

 そうとは知らぬフレイア
 彼女は、美雲が「ウィンダミアで歌ったことがある」と聞かされる。

 アレ、でも何時?
ミラージュ『良いんですか? お金ないのに、奢ってもらっちゃって』

00229
 そして驚愕の事実、ハヤテマン、アンタ「金が無い」って何に使っとるんね!?
 彼も、充分「無趣味」の域だと思うんですが
 ナンデ!?

 アレ、何かありましたっけ!?
ハヤテ『ようやく見つかったって思ったことが…、なんだよ、結局“同じ道かよ”ってさ…』

00238
00242
00244
00249
 ドームにあたる流星に、ハヤテマンは何かを思いついたようで…?

回りまわって僕ら
 また、「やりたい事」を探して探して、一時は心が折れるくらいに探して見つけたパイロットの道が
 父と同じだったんだ、と軽く凹むハヤテ。
 が

 あなたはあなたの道を選んだだけですっ!

 まあ頼もしい!
 でも、ミラージュも同じなのかも

 彼女自身、飛ぶのが好き、でも周囲には「さすが名門パイロット一家」と言われ続ける

 意外に共通項なのかも。
『あの事実が公表される日は、案外、近いのかもな』

00258
 一方、大人達は「次元兵器を統合軍が使った事」に、更なる“公表”を感じていた。
 どうもハヤテの父、なにかド汚い事をやったらしい。
 アラド隊長、心労増えるな…。

 このパイロットさんも、“表に出せない事情”を知ってる分、危険な任務に回されてたのかも?

マキナ&レイナ&ミラミラ『寝てる寝てる♪』『隙だらけ…』『………』

00264
00265
00273
00276
00281
00282
00288
00296
00301
00305
00315
00320
00334
00342
 美雲さん、めちゃくちゃ唐突に歌い出すとか卑怯やないかね!?

ハッピバースディ!
 当日、「裸喰娘々」の夜営業に備えて昼寝していたフレイアは、真っ暗な店に驚き
 そっと中に入って3度驚く!
 実は

 いやー、ここ2、3年、誕生日のたびに「結婚せい!」言われて逃げ回っとったから~

 忘れてたのかよ!
 が、ハヤテが居ない事に不安な顔も。

 しかし「私生活が謎」の美雲が顔を出し、周囲共々びっくりさせられる事に!

 びっくりフレイア超かわいい!
ハッピバースデイ、ハッピバースデイ、ハッピバースデイ、トューユー…♪

00345
 フレイア、ホント愛されてるなぁ、って思えます。なんて華麗な重包囲攻撃!
 生きていたら、メッサーも鉄面皮で歌っていたんでしょうか…。
 きっと。
 
フレイア『あんがと…、あんがと……、皆、あんがとございますっ!』

00357
00361
00365
00375
00380
00385
00391
00394
00396
00400
00416
00418
00426
00431
00437
00444
00447
 両親も戦災で失ったんでしょうか、けど苦しい時でも、歌ったら幸せになれたんだって。

ぶっちゃ幸せです!
 不幸な幼少期、でも「歌」と出会って、歌が自分も皆も幸せに出来る事を知った、「歌」って凄い
 改めて、ワルキューレを志した事を語るフレイア
 そして今

 私、皆に出会えてぶっちゃ幸せです! これからも悔いのないよう、ずっとずっと歌い続けますっ!

 人生の折り返し
 悔い、言葉の端々に「当たり前」として覚悟がある

 ウィンダミア人が強い理由がわかるし、そこにいるだけで笑顔にするハヤテ、ホントずるいな!

 ゴリゴリ可愛いなオイ!
『見てみて!』『皆、こっちこっちーーーー!』

00458
 そしてハヤテの用意した“プレゼント”とは、なんと人工降雪機を借りてくること!
 恋しい故郷、ウィンダミアを再現するハヤテ!
 ハヤテマンかっけえ!

 常夏の星に、雪を降らしやがったよ!

フレイア『雪…? 雪っ!』

00465
00471
00479
00483
00498
00501
00515
00519
00524
00527
00531
00532
00537
00551
00556
00563
00566
00567
00572
00578
00582
00583
00585
00591
00592
00599
 幸せそうな二人、それを見守るミラージュ…。この構図、切ないな…。

ハッピーバースデイ!
 故郷の、或いは初体験の雪にテンションが上がる! フレイア、ルンがピッカピカだよピッカピカ!!
 が、今度は“触っても怒らない”フレイア
 愛しかない!

 あんがとハヤテ! うん、めっちゃゴリゴリっ!!(気に入った)

 そのまま特殊ED
 でも、メッサーの一件から、アラド隊長とカナメさんもギクシャクしてるのも悲しい。

 メッサー、ずっと二人に気を遣ってたっぽいのに…。

 この二人もどうなるのか。
キミは全てわかってたの ありがとう 傍にいて 見守ってくれた日々に

00607
 ハヤテが手を伸ばすも、なんか、そのままフレイアが雪に消えそうな感じで。
 人生30年、精一杯に生き抜いて死ぬ
 元気で儚い

 幸福一杯だけど、やっぱり、どこか切なさが付きまといますね。

 いい笑顔だわフレイア。
美雲『どんなものか知りたかったから、私、誕生日って祝って貰った事がないの』

00611
00613
00625
00629
00635
00639
00640
00643
00644
00646
00648
00652
 涙だけじゃなく、ぎゅっと唇を引き結ぶのが切ない。

優しすぎる人だった
 また、「実はプロトカルチャーでは?」と視聴者に疑われる美雲、記憶を失っているんでしょうか?
 アラド隊長も、“ハヤテの父”へと踏み込んでいきます
 穏やかじゃない…

 あれ? 私、なんで……?

 ミラージュの涙
 彼女も、優しすぎるというか真面目すぎるというか、割って入る真似が出来ない。

 当人にさえ察して貰えず、独り涙するミラさんの行方は…?

 二等辺三角関係ですねえ…。
次回、ハヤテマン絶望編? 「父」をウィンダミアに罵倒されるのか?

00394
00400
 戦災で沈んでた街の人が、笑ってくれるのが嬉しかったのね。

妖精じゃ! 妖精がおるぞ!!
 人の生は30年! 「誕生会の言葉」に、ウィンダミア人特有の覚悟が感じられるのが
 なんか、ちょっとスゴいなって思いました。
 そりゃ強いハズよ

 中でも白騎士キース様、「林檎ジュースが好物」って語られましたが、飲んでる描写は無いはず

 大好物も弟への愛情も絶って
 短い人生なのに、我慢に我慢を重ねて、そりゃ強いはずだよなって。

 ミラージュも切なくて、やっぱフレイアがゴリゴリ可愛くって、そんでちょっと不安にもなる回だった!

 次回、第17話「拡散 オンステージ」
マクロスΔ 感想 2016年4月~9月

 マクロスΔ 先行放送版「戦場のプロローグ」
 マクロスΔ 第1話「戦場のプロローグ」
 マクロスΔ 第2話「覚悟のオーディション」
 マクロスΔ 第3話「旋風 ドッグファイト」
 マクロスΔ 第4話「衝撃 デビューステージ」
 マクロスΔ 第5話「月光 ダンシング」
 マクロスΔ 第6話「決断 オーバーロード」
 マクロスΔ 第7話「潜入 エネミーライン」
 マクロスΔ 第8話「脱出 レゾナンス」
 マクロスΔ 第9話「限界 アンコントロール」
 マクロスΔ 第10話「閃光のAXIA」
 マクロスΔ 第11話「追憶 ジェリーフィッシュ」
 マクロスΔ 第12話「キング・オブ・ザ・ウィンド」
 マクロスΔ 第13話「激情 ダイビング」

 マクロスΔ 第14話「漂流 エンブレイシング」
 マクロスΔ 第15話「訣別 レゾリューション」
 マクロスΔ 第16話「ためらい バースデイ」
 マクロスΔ 第17話「拡散 オンステージ」
 マクロスΔ 第18話「感覚 エマージェンス」
 マクロスΔ 第19話「Eternal Songs」
 マクロスΔ 第20話「衝動 エクスペリメント」
 マクロスΔ 第21話「切望 シークレット」
 マクロスΔ 第22話「極限 ブレイブ」
 マクロスΔ 第23話「残痕 レクイエム」
 マクロスΔ 第24話「絶命 ジャッジメント」
 マクロスΔ 第25話「星の歌い手」
 マクロスΔ 第26話 最終話「永遠のワルキューレ」

 マクロスΔ コミックアンソロジー(一迅社)
 MECHA COLLE-07 SDFC108 マクロス・エリシオン 要塞型

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング