曜の挑発は千歌への理解ゆえ! では会長、理事長は…?
初ライブで逆境! 地元の優しさ、輝いた3人! “新理事長”の思惑は…?

00644
00602
 素晴らしかったですね“Aqours”初ライブ! 嵐で電源が落ちてからが、色々とドドッと来た!!
 グループ名も決定、ダイヤ先輩かっこいいし梨子ちゃん不憫!
 マリィ会長、すごいラスボス感!

 でもただ見てるだけじゃ、始まらないって…、今しかない、瞬間だから! だから、輝きたい!

「うまく言えないけど」
 最後の問答は、会長達、“3年組”の問題にも重なってた気がするのも面白いです
 今の会長は「見てるだけ」ですし

 地元、特に姉とクラスメイトの協力も素敵だった!

曜『ここの切り上げがみんな弱いのと…、ここの動きもっ!』

00012
 練習では 、フォームは飛び込みの曜が、音感は梨子が修正。 ナイストリオ!!

嵐の中で輝いた!
 二年ぶりに学校に戻ってきた三年生、小原鞠莉は、実家の力で“学生兼・理事長”になると共に
 スクールアイドル部に理解を示し、初ライブに体育館を提供
 が、その条件は罠だった

 実は「体育館をいっぱいにする」には、全校生徒でも足りず、ダメなら承認しないというのだ!

 千歌たち、“Aqours”は沼津まで足を伸ばしてPRを続けるが
 当日は生憎の雨。

 しかし、「スクールアイドル」への認知度、地域の人達の好意で成功し、三人は第一歩を刻む

 次回、♯4「ふたりのキモチ」
『小原家のヘリだね…、新しい理事長の』『なんか…、近付いてない?』

00017
00026
00027
00033
00040
00047
00051
00054
00058
00059
00063
00067
00073
00078
 わしわしくる自称「マリィ」、なにこれかわいい!?

「新理事長」は三年生!?
 前々回、二年ぶりに帰ってきたという小原鞠莉が、ヘリで颯爽と乗り込んできた理由とは
 この学校の、“理事長になる”というモノ!
 しかも!

 そう♪ ダイヤに邪魔されちゃ可哀想なのデ、応援しにきたのデスっ!

 理由がデタラメ!?
 思いもよらぬ方向性で、最後のメンバー「マリィ」が電撃転校! 生徒であり“理事長”だ!!

 理由は、“ダイヤがスクールアイドル嫌い”だから!
マリィ『デビューライブには、アキバドームを用意してみたワっ!』

00086
 当人はダイヤ会長へのあてつけに、「スクールアイドル」を支援したい、と理事長になったという
 ファーストライブに、“劇場版”のアキバ・ドームが!
 やりすぎィ!

※メリケンジョークでした。
マリィ『イッツジョーク♪ 実際には……♪』

00091
 しかし、「実際には…」と、一気に暗雲が立ち込めてしまうのでした!
 千歌ちゃんも、意外にツッコミ属性!

 ジョークの為に、わざわざそんなもの用意しないで下さい。

 いい低音だった!
マリィ理事長『“体育館<ここ>”を満員に出来たら、部として承認してあげマスよ♪ …ダメなら、解散して貰う他ありませセン……♪ イヤなら、断ってもらっても結構デスけど?』

00094
00096
00104
00108
00111
00126
00129
00149
00151
00153
00159
00160
00163
 何してんねん梨子ちゃん!? 好きだ!

不可能への挑戦
 と思いきや、課せられた条件とは、“全校生徒でも埋まらない”体育館を満員にする事!
 味方のフリして、ハシゴを外した!?
 が

 こう言ってあげた方が、千歌ちゃん燃えるから……♪

 火に油を注ぐ曜!
 ホント、千歌ちゃんのスイッチを熟知してる!

 三人は“不可能”に挑戦、梨子も、トイレに行く為に不可能に挑戦!!

 かわいい!
曜『“それより、”人を集める方法でしょ?』

00167
00168
00174
 悪意ゼロですが、「それより」扱いされた上、落っこちる梨子ちゃん、ズルいな!
 クールだけど、隙が多すぎる!
 犬嫌い!

千歌『よぉーしっ、気合入れてくばろーーーっ!』

00178
00183
00184
00189
00194
00204
00205
00217
00221
00229
 壁ドンしてどーする!?

勝利は「足」で稼げ!
 そこで、より大きな学校が集中している沼津駅に移動、ビラを配って配って配りまくる!
 しかし曜ちゃん、ホントそつがないですね
 万能!

 あのヒト、どっかで見たような…?

 人見知りの梨子
 が、偶然、下界に舞い降りていた堕天使ヨハネにビラを渡す流れも。

 なにしてんねん不登校児!
花丸『ホントに、アイドル好きなんだねェ? まるはコレっ!』

00243
00246
00248
00254
 堕天使の相方、一年生コンビも沼津を訪れており、“会長の妹”ルビィのアイドル好きや
 花丸ちゃんが読書家な事が描かれる。
 読書家?

 ってか、そんなに読むなら図書館で借りようよ!?

 意外にお金持ちなの!?
花丸『らいぶ…?』

00259
00265
00269
00276
00285
 はいぶ?って聞こえた!

「アイドル好き」の指摘
 が、そんな二人と偶然出くわしてしまったことで、新たな「忘れもの」に気付かされる事に。
 この部には、問題がある!
 そう

 あ、あのーっ! グループ名は、なんていうんですかっ!

 名前がなかった…!
 マルちゃん、いまどき風呂敷って、可愛いすぎる!!

 見た目、一昔前のお婆ちゃんのような風情で、そこがすごく可愛いと思った!

 千歌ちゃんの気の回し方もグッド!
梨子『三人で、海で知り合ったから…、スリー・マーメイドとか…?』

00296
 梨子ちゃん、着実に残念ポジションを固めてて不憫かわいい!

曜『“制服少女隊”! どうかなっ!!』

00305
 にしても曜ちゃん、「制服好き」って事なのね。
 前回といい

 どうしてこうなった!
制服少女達『ないかな』『そうね』『えーーーっ!?』

00307
 そして、ツッコミが厳しい制服少女達二人。
 千歌ちゃん、意外に…。

 担当cv,伊波杏樹さんの低音ツッコミがとても良いと思います!

※感想には個人差があります。食べられません。
梨子『これに? 誰が書いたかも、分からないのに?』

00321
00327
00339
00343
00346
00349
00350
00356
00364
00365
00367
00372
00376
00380
 琴の練習してた会長、美人!

“Aqours<アクア>”
 やがて、数打ちゃ当たるで書き連ねた中にあった“Aqours”に惹かれ、三人は再始動!
 一旦、火が入ると燃え方が違った!
 燃えてる!

 えーと…、じゃあ、“浦の星女学院・非公認アイドル、Aqoursですっ!”

 微妙にアングラっぽい!
 いつしか、梨子もビラ配りする度胸が、曜に至ってはローカルアイドル並みの求心力に!

 この子、何やらせても食ってけるタイプだ!(確信)

 長女も心を動かされ…?
高海志満『ホント、夢中よね? ほら、あの子ああみえて、飽きっぽいところあるでしょう?』

00395
 夢中になりすぎ、高海家次女(長女でなければ母でもない)が、曜を送って行く事に。
 飽きっぽいとか言われる千歌

 でもそれは、曜にいわせれば「中途半端がキライだから」だという。

曜『やる時は、ちゃんとやらないと気がすまないっていうか』

00397
00403
 基本、「自分は普通だ」って考えてる千歌ちゃん、曜に対してそうであったみたいに
 なんていうか、つい、“その分野でスゴい人”を見てしまって
 のめりこめなかったんでしょうか

 何かをやっても、「自分は普通、あんな風にはなれない」、って早々に諦める。

 それが“”飽きっぽい”って見えたのでしょうか。

高海 志満『大丈夫よ、“みんな”、温かいから』

00412
00422
00428
00429
00430
00434
00436
00437
00438
00443
00458
00463
00464
00466
00473
00476
00478
00479
00480
00482
00483
00485
00487
00499
00504
00522
00531
00533
 しっかり揃ってる面々、果南に気付いてた理事長!

真っ暗闇の逆境
 しかし、母校だけでなく“周辺”自体の人口の少なさに、曜が内心で悲観していた事も描かれ
 事実、ステージが開けた瞬間に見えたのは
 僅か数人…

 さあ行こう! 今、全力で輝こう!!

 天気まで敵だった!
 幕が上がる、緊迫と落胆、いやそれでも初代ファーストよりグンと多いですが!!

 それでもめげないファーストライブ、映像美しい!

 こんな曲だったのね!

『え!?』

00534
00535
00536
00540
00542
00544
00545
 しかし、悪天候で遂に停電、トドメをさすように、真っ暗になってしまう会場
 曜の不安の感じ方に、彼女の“普通”が見える気がします

 試されるアイドルの器
千歌『気持ちが…、つながりそう、なんだー…♪』

00550
00558
00567
00574
00581
00586
00589
00592
00595
00602
00609
00617
00622
00626
00630
00635
00637
00644
00646
00647
00648
00649
00651
00653
00654
00655
00662
 なんとライブの開始時間を、チラシと間違えてたってね!

バカチカ
 逆境に、真っ暗闇でも続行しようとした千歌だったが、彼女自身、ここでくじけてしまう。
 立ち上がれたのは、自身でなく“周囲”の力!
 埋まってた!

 本当だ、あたし…、バカチカだ……!

 会長達の陰からの協力
 自家発電機の灯りが照らしたのは、クラスと家族の協力、「来てくれた」みんなの姿だった!

 皆を信じられず、勝手に諦めようとした自分はバカだ、と

 なんと、初回ライブで目標達成に!

『これは、今までのスクールアイドルの努力と、町の人たちの善意があっての成功ですわ!』

00667
00671
 しかし、スクールアイドルに詳しい会長にいわせれば、「前人」と「善意」あってこそだと。
 スクールアイドル、その知名度を前人が高めたから
 町の人が来てくれたから

 前人、「μ's初回ライブ」より遥かに良い滑り出しは、“Aqoursが優れてるから”では決してない!

 協力しつつも、苦言も呈す!

千歌『でも、でもただ見てるだけじゃ、始まらないって! うまく言えないけど…』

00676
00678
00679
00680
00682
00684
00686
00692
00694
 マスクを外してしまう善子、一年組は加入目前って感じ!

みんなで輝く物語
 対する千歌は、「今しかない」から動き出したい、輝きたい、と猪突猛進な彼女らしい返答で
 会場、皆の万雷の拍手を得る
 最高の初回!

 今しかない、瞬間だから! だから、輝きたい!

 そして「去る」果南。
 好きなのに、自らはやろうとしない会長、意味ありげなマリィ理事長、三人も強調する結末に。

 千歌らしい答え、そして三人に何があったのでしょうか

見た目はファンキーに、いきなり試練を課してきた理事長!

00059
00051
00054
 ダイヤ会長は、見た目通りお堅くて、だからこそ「隙が多い」「優しい」意外な面が際立つ人
 対し、物腰柔らかく逆境を課してきたマリィ理事長
 穏やかじゃない!

 休学中、ダイバー・果南先輩も、彼女(の実家?)への反発感を一話で見せていますし…?

 ダイヤ先輩が、こちらに苦境に手を貸してくれる「ライバル」なら
 マリィ先輩は“ラスボス”

 そんな印象です。

次回、「ふたりのキモチ」。一年生コンビ勧誘回?

00698
00699
00700
 前回の「二年生組オンリー」から一転、メンバー全員でのエンディングに!

「協力」あっての勝利
 ED、テロップでの“協力”の多さに改めて驚かされますし、そんな「地元」を良い場所だと描く流れ
 初回の成功は、前人と皆の協力、千歌たちの頑張りだけじゃない
 皆の物語と強調する回に

 前作の展開に被せて、「違う」と打ち出すスタイル、ライブ映像も素晴らしかったですね!

 後は、途中から来てくれた人にアンコールですね!
 ってな大成功!

 成功から始まっただけに、どんな苦境が訪れるかも気になる!

 次回、♯4「ふたりのキモチ」

ラブライブ!サンシャイン!! 感想 2016年7月~9月

 ラブライブ!サンシャイン!! 第1話「輝きたい!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第4話「ふたりのキモチ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第5話「ヨハネ堕天」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第6話「PVを作ろう」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第7話「TOKYO」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第8話「くやしくないの?」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」
 ラブライブ!サンシャイン!! ♯第10話「シャイ煮はじめました」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第11話「友情ヨーソロー」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第12話「はばたきのとき」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第13話 最終話「サンシャイン!!」

 ラブライブ!サンシャイン!! Aqours、バンダイからプラモ化発表。2017年2月よりリリース。

ラブライブ! 2期 2014年春アニメ

 2期 ♯1「もう一度ラブライブ!」
 2期 ♯2「優勝をめざして!」
 2期 ♯3「ユメノトビラ」
 2期 ♯4「宇宙No.1アイドル」
 2期 ♯5「新しいわたし」
 2期 ♯6「ハッピーハロウィーン」
 2期 ♯7「なんとかしなきゃ!」.
 2期 ♯8「私の望み」
 2期 ♯9「心のメロディ」
 2期 ♯10「μ's」
 2期 ♯11「私たちが決めたこと」
 2期 ♯12「ラストライブ」
 2期 最終話「叶え! みんなの夢――」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング