明らかになった「l記憶の欠落」! 鬼と雪姫、その真相とは…?

00466
00269

 否! こし餡こそ正義!! 研究バカのハウゼン博士、自販機に土下座する侍、誤解するソフィー!
 重めな冒頭から、ドタバタコメディに流れていって楽しかった!
 ソフィーがちょい不憫!

 やはりそうですね、自分で選ばなければ!

その結論には問題がある!
 見事にすれ違った、剣さんとソフィーに分かってても爆笑しましたが、その後もダイナミック!
 まさかの“生身”大気圏突入…、ニンジャすげえ!

 そして“本物の雪姫”は、鬼と、同盟に近い関係だったと判明し……?
戦闘後、医療スタッフの集中治療を受ける剣之介

00000
 また、雪姫への強い気持ちが蘇ってしまった剣之介ですが…。

戦いを降りる者、地球へ降りる者
 剣之介はあの重態を、あっという間に自力再生させてしまい、ハウゼン博士を嘆かせる。
 一方、戦いが残した“世間”への影響は大きく
 疎開が激増

 ソフィーも、ガウスに乗ってることが両親にバレ、帰国を命じられてしまう。

 しかし剣之介とのかみ合わない会話で
 ソフィーは、決断とは己の意思でするものだと思いなおし、意気揚々と両親の説得向かう。

 一方、汚名返上を懸けたムエッタとミラーサは、探知を抜ける為、生身での大気圏突入を敢行する。

 次回、第16話「再会は水に流れて」
ソフィー『…お父様?』

00002
00010
00013
00019
00022
00024
00027
00034
00036
00038
00040
00047
00052
00061
00067
 ハハッ、笑えんちー!と言った瞬間、視聴者の方が笑っちゃったよ!!

緊迫の黒部
 文化祭の後、住民の疎開は急加速、守秘義務の“縛り”が強いはずの職員すら同様であった
 また、由希奈と“ムエッタ”の酷似も波紋を残す
 彼らにすれば…

 宇宙人とそっくりって、もしかして白羽さんって……。

 逆なのよね!
 何故か、地球人「に」宇宙人が似てる!

 その事実を知らない生徒たちは由希奈を疑い始め、そしてソフィーの視聴者サービス!

 あの道場、マンションの設備だったの?
赤城『逃げたい奴は逃げればいい…、俺は残るぜ』

00074
 一方、赤城くんは漫画のテンプレみたいな台詞を言ってはツッコまれていた。
 ホントこの子、青春ストライカーである。

カルロス『あの…、ダラ侍のせいや…! あいつが現れてからやろうが、富山がこんなんなったのは! ぜんぶ青馬のダラブツが悪いだや!』

配信の茅原『どっちかといえば、富山護ってる方じゃん?』

00076
00088
00092
00099
00107
00109
 常に「由希奈の味方」でブレないナッちゃん、ホント好き。

冷静なる茅原
 以前、茅原&赤城が行方不明になった時もそうですが、カッちゃん割りと逆ギレ癖がありますよね
 いやまあ、こう考えてもおかしくないっていうか
 当たり前というか

 あの「宇宙人と似てる」件といい、視聴者とは、持ってる情報が違うと痛感する場面

 それで責められる由希奈や剣ちゃん、ホント不憫。
“雪姫”『<生き残ったのは、この者だけだ……、あとは皆、死んだ』>

00118
00119
00121
 この時の記憶は、明らかに「ムエッタ」にはありません。

託されたムクロ
 一方、「剣之介の記憶」には重大な欠落があったと判明、実は“救命されていた”のだ。
 姫を鬼に奪われ、斬りかかって重傷を負った
 その「後」があったのだ

 攫われたはずの姫は、「鬼」と対等に話をし、剣之介を乗せるという提案に乗った

 彼女は、クロムクロを“譲られた”のですね。 
ハウゼン博士『なんという事だ…、まったく、なんという事だ!』

00125
00127
00133
00137
00139
 あ、ハウゼン博士って足が不自由で、電動補助か何か使ってるのね(現代でも実用化しつつあり)

こ、心得た
 いずれにせよ剣之介の肉体は、その時に、しっかりナノマシン処置されたと考えるべきか
 由希奈は、乗ったときに“チクッとした”って言ってましたが
 その比じゃない、と

 キミを最初に解剖するのはこの私です、他の者にメスを入れさせる事は、絶対に許しませんよ…

 ナニ約束してんです!?
 博士ってば、経過観察より早く治っちゃって、いたくご立腹であった。

 やっぱね、マッドサイエンティストって最高だね!
赤城『なぁ…、いったいなんのコスプレ?』

00153
00158
00163
00177
00182
00188
 一方、カルロスをボコる気かと思われた美夏だったが、単に「文化祭の借り」の要求だった
 大晦日前、12月30日の同人イベントに参加する為
 コスプレ動画を作りたい

 その為に、カル・茅・赤の、3バカトリオの助けを貸せ(決定事項)だと。

 度胸があるというか、無防備というか、信頼というか…?
トム『ガウスを一人乗りにするゥ!?』

グラハム司令『そうだ、その為の準備は完了している』

00190
00191
00195
00201
00207
00222
00224
00225
 今週、ハウゼン博士の研究バカが進行しすぎてお腹が痛い!

ソフィー、“帰国”令
 一方、前回で「剣之介に無理を強いた」グラハム司令は、ガウス隊の“一人乗り”改修を急進行
 大人達の力で、彼らの負担軽減を図る
 なお

青馬くんならもうここには…、本当に残念です……、あんなに早く回復してしまうとはッ!

 コントはさておき!
 ソフィーは、イギリスのご両親から帰国を命じられた事も判明する。

 アレ?
セバスチャン『えっ…!?』

00202
 この反応、「連絡がいってなかった」って事は、彼って、別に雇われてたワケじゃないの!?
 まさか執事業、ホントに純粋の趣味なの!?

 きょうがくのじじつ!
剣之介『だから、何度言ったら分かるのだ! カネなら後で払う、今は手元不如意なのだ!』

00235
 そして黄昏のソフィーは、自販機相手に、必死に頼み込む侍と遭遇。
 剣ちゃんアンタ!

 現代になれてきたと思ったら、この有り様だよ!
ソフィー『…機械相手に、何をしているのです? みっともないから、やめてください』

00234
00236
00237
00245
00250
00254
00255
00266
00269
00270
00273
00277
00279
00281
00292
00297
 もりもり食べる剣之介に、つい微笑むソフィーがかわいい!

その決断には問題がある!
 結局、ソフィーが奢る事になったのだったが、奢りつつ、ついつい身の上相談をしてしまうソフィ。
 すっかり心を許したことが、ちょっと微笑ましいですね。
 なお

 やはりそうですね、自分で選ばなければ!

 やめてただの誤解だから!
 剣之介の、「(どの味を食べるか)己の決断を信じるのみ!」、という独白を誤解するソフィー!

 結果オーライにも程があるよ侍!!
剣之介『ここは粒あんに決めたッ! ……ソフィー殿?』

00302
00303
 なおソフィー、速攻で両親の説得に向かった為、誤解だと知らずに済んだ模様。
 良かった、美談で終わってくれた!
 本当に良かった!

※ソフィー、実は「ガウスで戦ってる」事すら伝えてなったそうな。あらまあ。
イムサ『“根源的恐怖”…、さて、小娘共は、一体何を見せられているのか』

00309
00317
00319
00328
00329
00337
00343
00353
00360
00361
00368
00373
 おしおき風景が完全に拷問!

姉妹、はじめました。
 その頃当の「ムエッタ」はミラーサと共に、失態を償うべくオシオキの真っ最中だったが
 強烈な拷問を経て、なお闘志は衰えなかった
 侍の意地!

 ムエッタ、いえムエッタ姉さま…、クルルを取り戻すまで、互いに力を合わせましょう!

 ミラーサの株は読めませんね。
 本心からなのか、単に、出し抜いてやろうというセコい策なのか?

 演技なんでしょうか?
00378
※単につぶあんアイスを食べたいだけです

 黄昏る剣之介。

剣之介『それはもしや、とろろコンブアイスではないか!? つぶ餡か? それとも漉し餡か!』

00391
00396
00400
00406
00414
00434
00439
00442
 粒餡こそ正義! よう選んでのけた、でかしたぞ! さすが由希奈だ! その基準はおかしい!

愛は時を越えて
 やがて何の偶然か、心の需要と供給が一致した剣之介は、大いに盛り上がるのだったが
 出会った時、由希奈を“姫”と誤解した事も吐露
 そして

 またあの人が来たら…、剣之介は、どうするつもり?

 試される侍の器。
 そして、“雪姫”とムエッタの関係とは?

 雪姫と契約した機体が動く、それは彼女が生き延び、子を為し平和に死んだ証なのか…?

 鬼と彼女の関係は…?
ミラーサ『ムエッタ御姉様、せめて突入艦を使いませぬか…?』

00447
00461
00465
00466

 当のムエッタは、前回「突入艦」を使って、足取りを探知されてしまった事を反省
 今度は、その身一つで大気圏突入を敢行する!
 ニンジャか!

 さすがエフィドルグ、科学技術では一枚二枚も上なんですね!

 ムエッタ、ミラーサに裏切られ刺される可能性も…?
>鬼『…事を急がねば!』

00472
00475
 一方、「記憶を書き込まれた人間達」らしいエフィドルグに対し、全てを知る「鬼」も行動中
 450年前の生き残りらしい、ボロボロのカクタスが相棒
 彼と雪姫の関係は?

 彼がクロムクロを託した理由とは?
由希奈『一人乗りに改造されちゃうんだって、茂住さんすごくがっかりしてたなー』

00480
 単純に単座にしただけでなく、サポートに代わるAI導入や、実験機材撤去などがポイント。
 元々は、単なる研究用マシンだったんですから
 余計な部分があったのね

 パーツを外部に依頼、あと一機建造する予定なんだそうな。

 ソフィー組は当面二人乗りですかね?
次回、再会が「水に流れる」とは?

00484
 鬼は、雪姫を「助けた」のだろうか?

鬼と姫の関係は?
 やはりクロムクロは「奪った」のではなく、姫が鬼から譲り受け、契約した機体だと判明。
 あの時、鬼は“彼女を攫った”ように見えますが
 逆だったのか?

 鬼はむしろ、エフィドルグに襲われた雪姫を助けたのでしょうか?

 鬼は雪姫を頼るつもりで接触し
 しかし間に合わず、部下はエフィドルグの襲撃で全滅、息があった剣之介を助けて乗せた…?

 わからん!

 次回、第16話「再会は水に流れて」
クロムクロ 感想 2016年4月~9月

 第1話「鬼の降る空」
 第2話「黒き骸は目覚めた」
 第3話「城址に時は還らず」
 第4話「異国の味に己が境遇を知る」
 第5話「学び舎に来た男」
 第6話「神通の川原に舞う」
 第7話「東雲に消ゆ」
 第8話「黒鷲の城」
 第9話「岩屋に鬼が嗤う」
 第10話「不遜な虜」
 第11話「闇に臥したる真」
 第12話「黒部の夏に地獄を見る」
 第13話「祭囃子に呼ばれて」
 第14話「祭りに踊る羅刹」
 第15話「追分の果て」
 第16話「再会は水に流れて」
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング