千歌にとってμ'sは「普通の子」、会長には「至高の存在」、このギャップってどうなる?
悩んで惹かれて仲間になって! 梨子ちゃん独唱編!!

00539
00111
 μ'sに惹かれて歌い出したユメノトビラ、歌わずにいられなかった、梨子の歌が奇麗だった!
 真似て、どこか手探りな歌い方が凄く素敵でしたね!
 落ちそうでヒヤヒヤした!

 そんで会長、「ウチにスクールアイドルは必要ない」とか言いつつ、μ'sの重度のファンじゃねェか!

会長赤っ恥!
 華麗に不登校になってた中二病さんといい、二人の今後も心配だよ!
 会長、“二年前”に何が…?

 アメで釣られるルビィちゃんも可愛かったね!
満場の舞台、凍りつく梨子

00001
 夢か或いは逃げ出した過去か、スランプに陥っていた梨子だった。

笑顔にするのが
 作曲家の桜内梨子に参加して貰おうと、彼女にひらすら頼み込み、断られ続ける千歌。
 また、部員を大々的に集めるべく“認可申請”もかけあい
 会長を激怒させてしまう

 梨子がスランプに陥って浦の星に転校してきたと知った千歌は、一旦棚上げし脱却に協力!

 海の音とピアノへの熱意
 掴みかけた梨子に、千歌は「戻れるまでの間」、あなたが笑顔に戻れるまでで良いと参加を頼む

 皆を笑顔に、その一歩だという千歌に惹かれ、梨子は一時参加する事に…?

 次回、♯3「ファーストステップ」
千歌『だからねっ! スクールアイドルっていうのは…!』

梨子『ごめんなさいっ!』

00007
00017
00020
00023
00032
00033
00034
00035
00037
00039
00042
00045
00052
00053
00062
 おめでとう! ごめんなさいは「ごめんなさい」に進化した!!

おだまらっしゃい千歌ちゃん!
 梨子の悩みも知らず、「作曲して欲しい!」と付きまとう千歌ちゃん! 衣装も計画中だが
 曜も、どっかピントのズレた子だと判明。
 怪しい…!

 おだまらっしゃーーーーーーーーーーーーーいっ!!

 そして怒られる!
 μ'sを、「ユーズ」と呼んだというか連呼した千歌に、会長怒りのおだまらっしゃい!

 あ、このヒト間違いなくμ'sのファンだ!

 ホント隙が多いぞ会長!!
曜『やめる?』

00071
 曜かわいい!

千歌『やめないっ!』

00073
00076
00078
00079
00085
00088
00091
00093
 しかし千歌、ここで「近くないですか?」って度胸あるな!

疑惑は2秒で確信に
 また、直後の回想で「会長はμ'sの大ファン」だと判明し確定し、むしろ信者の域だと判明!
 千歌さん地雷を踏み抜いてた!
 で

 言うに事欠いて、名前を間違えるですってッ!

 まあ怒るよね!
 っていうか、会長が「スクールアイドル部」を認めないのは、嫌いだからではない!

 むしろ好きであり愛であり、宇宙の心だったんですね!

 じゃ、何故「部」設立に反対するのか…?
千歌『あー! 花丸ちゃーん! おーいっ!!』

00094
 ルビィを探せ! Lv2!!

会長『その浅さだと、たまたま、真似をしてみようと思ったのですね?』

00098
00101
00103
00107
00108
00111
00116
00119
00124
00127
00129
00134
00136
00138
00141
00144
00145
00153
00163
00167
00170
00172
00173
00175
00178
00179
00181
00183
00185
00200
00201
00203
00205
00208
 背景通りの「本気」だった!

ブラック☆ヒストリー
 更に回想! その後も会長の“μ'sクイズ”は続き、うっかり全校放送で実況する大サービス!
 あーん、会長の社会的地位が死んだ!
 で

 堕天使ヨハネと契約して、あなたも私のリトル・デーモンにならない…?

 あと中二病さんも死んだ。
 高校デビューを図り、玉砕し、引き篭もる高等コンボを達成。

 実は一人称が「丸」だった花丸ちゃん達が、毎日、ノートを届けているのだそうな。

 高校デビュー(中二病)。
千歌『桜内さーーーーーーんっ!』

00216
 その帰り、また同じ浜辺で居合わせた桜内梨子さんだったのだが

千歌『また、海入ろうとしてる…?』

00219
 容赦ないパンツチェック事件。
 おまわりさんこっちです! 

千歌『そういえば、海の音、聞くことが出来た?』

00221
00235
00236
00239
00240
00243
00246
00256
00258
00260
 振り払おうとした手を、握りなおす梨子。象徴的ですね。

なにかが変わるのかな
 梨子の悩みは、ピアノへの長年の努力の結果、“壁”に突き当たってしまった事にあった。
 ここから、「どう改善すれば?」が分からない
 そこで“海の音”!

 水中では、人間の耳には音が届きにくいからね? ただ、景色はこことは大違いっ!

 スランプ脱出に協力!
 千歌は、休学中のダイバー・果南に話を繋ぐ事に。

 だが音が聞こえにくい海中では、景色から音を想像し、“目で聴く”姿勢が大切だと諭され…?

 確かに、スランプ脱却に役立ちそう…?
梨子『簡単じゃないわ、景色は真っ暗だし…』

曜『まっくら?

00274
 しかし、「目で見て音をイメージする」にも、海中は真っ暗で景色なんか見えなかった
 が、それを聞いて曜が始動!
 地元パワー!

千歌『わかった! もう一回いい?』

00279
00280
00282
00285
00288
00289
00291
00294
00295
00298
00301
00304
 地元の子だから、透明度の高いところを知ってたのね!

「弾きたくなる」瞬間
 意外に陽光を遮断する海、その暗さはまるで、弾けなくなった気持ちの心象風景のよう
 で、あるなら、“光が差す”海中は希望の象徴!
 奇麗…

 聴こえたっ? 私も聴こえた気がする!

 海の音が聞こえる瞬間
 その瞬間、思わず「弾きたくなって」手を伸ばす梨子。

 音楽にせよ何にせよ、自分の“心が動いた瞬間”が、一番創作意欲が爆発する瞬間だよね!

 すごいキャッキャウフフしてた!
しかし、この子も何を考えているんでしょうね?

00306
 ダイヤ会長と同じ三年生、どうも旧知らしいんですが、μ'sについては知らないらしい。
 あ、なんか会長にめっちゃ語られてる姿が浮かぶ
 すごく浮かぶ

 μ'sμ'sとうるさい会長を、聞き流す果南が目に浮かぶようですが…?

 トリオ・ザ・三年、何があったのか?
梨子『スクールアイドルにはならない! …じゃあ“詩”をちょうだい?』

00313
00316
00318
00321
00330
00331
00336
00341
00343
00344
00345
00348
00353
00357
00358
00367
00370
00373
 勢い余って、抱きつく千歌ちゃん、されるがままの子も可愛い!

詩ってナニ?
 かくて「曲作りだけ手伝います」と、チョッピリだけ進歩しつつ、千歌の対応に慣れてきた梨子。
 が、「作曲」「作詞」は別物だ、と素人千歌は知らず!
 なので

 は・じ・め・る・わ・よ…?

 詩作りから!
 要は、「貴方は何を歌いたいの?」って事、それにメロディを付けますって事

 OP通り、犬が苦手な梨子の緊張感、姉妹喧嘩に巻き込まれる翻弄っぷりかわいい!

 不幸が染み付いてる!
喧嘩に巻き込まれ、出て行こうとする梨子

00360
 速攻でフスマ閉められて笑いました。これはキレていい!

千歌『いーやーだっ! μ'sのスノハレみたいなの作るのっ!』

00376
00378
00380
00388
00396
00401
00403
00406

 あー、2期の8話は「ソノハレ」作曲で大騒動でしたねえ…。

「ラブ」の方向
 かくて、“ラブソング”に憧れる千歌は、恋愛経験もないのにラブソングを作りたいとダダを捏ねる
 なら、そんな「スクールアイドルへの愛」を形に
 ラブソングに!

 うん、書ける! それなら幾らでも書けるよっ!!

 方向性さえ決まれば簡単!
 μ's自身、恋愛経験なしで「Snow halation」を書き上げた、なんて知るはずもなく!

 あのドタバタが伝説化してると思うと、ちょっと面白いですね!

 そんな千歌に…?
幼い日『<ピアノ弾いてると、空飛んでるみたいなの! 自分が、きらきらになるのっ!>』

00407
 好きだから打ち込む、幼い日、「好きだから」弾いてた日々を思い出し瞳を潤ませる梨子
 あの情熱、幸福をもう一度取り戻したい
 梨子の物語

このヘアースタイルが矢澤先輩みてェーだとォ?

00409
 完全に矢澤先輩、スタッフさん狙いすぎ!!

梨子『? もう出来たのっ?』

千歌『参考だよ、あたし、その曲みたいなの作りたいんだ♪』

00413
00424
00426
00430
00432
00433
00437
00444
00445
00448
00453
 やっぱり、発表会で弾けなくなっちゃってたのね…。

「惹かれるヒト」に惹かれて
 実は作詞ではなく、自分は“こんな曲を作りたい”と、μ'sの曲を書き出していた千歌。
 そのまま、会議自体はお開きになったらしい
 が

 ユメノトビラ、ずっと探し続けた.、君と僕との、つながりを探してた……♪

 輝きたい!
 そんな千歌の情熱の源、「ユメノトビラ」に興味を持つ梨子。

 いかにも「初めて」、手探りで、けど奇麗な声!

 良い声で、良い感情だった!
梨子『……高海さん?(ひきつり気味)』

千歌『梨子ちゃんっ!』

00462
 おわかりいただけるだろうか

千歌『梨子ちゃん、歌ってたよねっ!』

梨子『いや…、それは……』

00464
00467
00477
00480
00490
00493
00498
00521
00522
00527
00535
00536
00539
 ロミオかジュリエットか!

届かない/届けて
 梨子が、拒むのは「ピアノを辞めたくない」から、なら“笑顔になれるまで”で良いと千歌は言う
 あなたが、弾く楽しさを取り戻せるまでで良い
 だって

 皆を、笑顔にするのがスクールアイドルだもん! それって、とっても素敵な事だよ…っ!

 だからまず梨子から!
 今度こそ、梨子は千歌に応える事に。

 実はお隣さんだった! 無理やりにでも、届かせるのがスゴい千歌らしかった!!

 梨子、期限付きの部員に…?
余談ですが

00163
 千歌にとって「普通の子が頑張って、輝いた」というμ's、対し会長は、μ'sを神聖視してる感じ
 二人の相違が、どう関わってくるのか気になりました
 会長、また怒りますよね…? 

 千歌の視点が「正解」で、会長が「ちょっと違う」感じなのも含めて!

 てか会長、晒し者状態が不憫だった!
次回、遂に「お金持ち三年生」と千歌が出会う…?

00546
00547
00548
00549
00550
00552
00556
00559
00562
00564
00565
00566
 本エンディング? 旧作EDを連想させる作りがまた良いね!

期限付きの転校生
 情熱で突き進む千歌と悩みに沈む梨子、梨子さん完全にヒロインな回だった! お隣さんか!!
 また、あくまで“梨子が笑顔を取り戻すまで”の期限付き
 一波乱ありそう

 何よりあれほどのステージで謳え、スランプの為に転校まで許されるほど!

 逃げるように転校した
 というより、「再起に期待して」一時的に転校させて貰った、って感じに見えちゃいましたが…?

 会長のガチμ'sファンっぷり、中二さんが引き篭もってたりも楽しかった!

 次回、♯3「ファーストステップ」
ラブライブ!サンシャイン!! 感想 2016年7月~9月

 ラブライブ!サンシャイン!! 第1話「輝きたい!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第4話「ふたりのキモチ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第5話「ヨハネ堕天」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第6話「PVを作ろう」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第7話「TOKYO」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第8話「くやしくないの?」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」
 ラブライブ!サンシャイン!! ♯第10話「シャイ煮はじめました」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第11話「友情ヨーソロー」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第12話「はばたきのとき」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第13話 最終話「サンシャイン!!」

 ラブライブ!サンシャイン!! Aqours、バンダイからプラモ化発表。2017年2月よりリリース。

ラブライブ! 2期 2014年春アニメ

 2期 ♯1「もう一度ラブライブ!」
 2期 ♯2「優勝をめざして!」
 2期 ♯3「ユメノトビラ」
 2期 ♯4「宇宙No.1アイドル」
 2期 ♯5「新しいわたし」
 2期 ♯6「ハッピーハロウィーン」
 2期 ♯7「なんとかしなきゃ!」.
 2期 ♯8「私の望み」
 2期 ♯9「心のメロディ」
 2期 ♯10「μ's」
 2期 ♯11「私たちが決めたこと」
 2期 ♯12「ラストライブ」
 2期 最終話「叶え! みんなの夢――」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング