バカめ、ゴールなどさせるか! ラブコメの波動が不吉に終わるキング回だった!!

00222
00039
 実は「キングが好きだった頃の記憶」を取り戻していた、と彼に明かしたディアンヌ! 眩しい!!
 彼女の優しさ、少し自虐的ですらある優しさが悲しくも眩しい!
 からの、酷いオチを見た!

 そんな昭和のラブコメに対し、“実は生きていた”聖騎士長二人、ドレファスの真意が遂に…!

聖戦の予兆
 まさに「聖戦の始まり」で、今期、〆るんだろうなって感じのラストでしたね!
 メリオダス同様、魔神の印が浮かぶドレファス

 がさつそうで、繊細なディアンヌかわいい!
『キング? 一緒にお祭り行こう? だから、ボクとキングの二人で♪』

00008
 前期での約束は実現したが、キング選手、今期も告白できず。

初恋を追いかけて
 決戦に際し、「壊してしまった」町の再建を手伝い、ディアンヌは町の人々に受け容れられてゆく
 キングは、“200年前に封じた記憶”と重なる言動の彼女に
 疑問を抱き問いかける

 果たして、ディアンヌは彼と暮らし、彼に恋した頃の記憶を取り戻していた。

 が、告白直後、今度はキングが軽い記憶障害に陥り
 告白を受けた事を忘れてしまう

 一方、ドレファスに陰ながら助けられ、“魔神”ヘンドリクセンは、魔神族の封印解除を始める

 次回、最終話「愛のかたち -The Shape of Love-」
ディアンヌ『エリザベスが帰った後は、ボクが看板娘だよ♪』

00000
00001
00004
00005
00008
00012
00015
00016
00017
00018
00019
00021
00022
00023
00024
 夜の看板娘(意味深)。

悶々王キング
 実は、第一話の祭りの裏で「約束」も果たされていたのだが、進展しない恋にキングは悶々とする
 このヒト、何歳でしたっけ…

 ディアンヌは団長の事が…! でもお祭りに誘ってくれたし……。

 これに、付き合わされるオスロー
 良い迷惑である

 ホークは、確かめたらどうだと助言するが、それが出来れば苦労はねえ! ハァ苦労はねェ!

 しかし、いつも呑んでんな…。
ディアンヌ『薬飲まなくっちゃ…、小さくなる薬っ! ボクが大きいと、皆をビックリさせちゃうから』

00026
00027
00029
 翌朝、ディアンヌが「薬」を飲む場面を目撃し、何か言いたげな顔になるハウザー。
 優しく、そして強い子なのよね

 周囲への気遣いであるし、その為に、ある種の自己否定をしてるワケですし…。

 下ろし髪の方が好きです。
メリオダス『酔いつぶれたお前につきっきりだったんだぜ? 一晩中、ずっとっ!』

00030
00032
00033
00034
00035
00036
00038
00039
00040
00041
00043
 しかし、「大罪」の手配書、いつまで貼っとんねん!

今週の作画力
 結局、キングも酔いつぶれていたワケですが、実はディアンヌが付きっきりだったと判明
 なんてこった!

 俺はいつだってエリザベスに感謝しているぞ…!

 エロ団長自重して!
 キング、願ってもない状況だったのに!!

 ていうかそこまでしてくれたのに、決して恩に着せないとかどんだけ良い子か!

 周囲が気付いてない「親切」、めっちゃ多そう。
ハウザー『一人になりたいのかも知れねーし……』

00044
00045
00046
 探しに行こうとするキングを止めるハウザー、前期、王都市外戦に突入した
 彼女は、“巨人”という事を聖騎士長に煽られ
 人々の憎悪の的に

 彼女は、人間の国にいる事自体が、もしかしたら辛いのかも…。

 ハウザーさん、意外にきめ細かいヒトだ…。
キング『ハウザー、キミが慰める必要はまったくない。後はオイラに任せると良いよ』

00047
 やだこの妖精王、クズだわ!?

キング『ディアンヌーーーーーーーーーーーーーーっ!』

00048
00049
00050
00052
00053
00054
00056
00058
00059
00060
00061
00062
00063
00065
00066
00067
 ズベベベベベーーーーーーーーーーーーー!?

リアクションが古い妖精王
 キングも異邦人、付き合いの古さから先に気付くべきでしょうに、気付いたハウザーを置き去りに
 ディアンヌを探しに出て、壮絶に自爆! 

 きっと嫌いだろうけど、謝りたかったの…、ううん、何か少しでもお手伝いをしたくて…

 実は復興の手伝いをし
 すっかり、街の人気者になっていたディアンヌ

 が、問われた彼女は正体を明かし、「怖がらせた罪滅ぼし」だと……。

 まあ気付きませんわな…。
『いやそうじゃないんだ!』

00069
00071
 ですがやっぱり、王都の方々は「自分たちこそ、謝りたかった」んだと。
 あの時は、恐慌状態だったんですし
 彼らも悪気はない

 弱さを自覚し、それでも家族とか守りたくて必死だったんでしょうし。

 町民達は、自分達こそ謝りたい、と。
ディアンヌ『……早く続けないと、日が暮れちゃうよ?』

00075
 親方! 工事現場に天使が!!

『よし! みんな、再開だァ!』『その前に、昼飯にしようぜ?』

00076
00079
00081
00082
00084
00085
00086
00088
00089
00090
00091
00092
00093
00095
00098
00100
00101
00102
00103
00105
00106
00107
00108
00110
00112
00113
00114
00115
00116
00117
 あぁ、いやあ~、昔の事と言っても200年前の事じゃなく~、15年前だよっ! ウン!

二日酔いには迎え酒派
 元々、「人間に裏切られて」全てが始まったキングには、ディアンヌの無垢さは眩しかった
 彼は比較的、猜疑心を見せる事も多い。
 が

 お店に帰るまで追いかけっこしない? 一度、こんな街の中でやってみたかったんだ!

 完全にデート
 また、「消し去った記憶」をつい口にする場面も

 キングは一時期ディアンヌと暮らしており、離別に際し、彼女を傷つけないよう記憶を消した

 なのに、ウッカリ口にするとか!
ディアンヌ『キングがボクを捕まえられたら、何でも一つ、言う事を聞いてあげる♪』

00118
 守りたい、この無垢さ

回想のキング『<そうだなぁ、僕を捕まえられる事ができたら、何でも一つ、いう事を聞いてあげる>』

00120
00121
00122
00123
00125
00126
00127
00128
00130
00131
00134
00135
00136
00137
00141
00142
00143
00145
00146
00147
00149
00150
00152
00153
00154
00155
00156
00157
00158
00159
00161
00165
00166
00167
00168
00169
 そんな事を頼んだら、自分が嫌われる…、とかいう発想のない妖精王!

王都おっかけっこ祭り
 しかし、封じたはずの「二人で過ごした記憶」と、同じ言葉を幾度も口にするディアンヌ
 さすがのキングも疑い始めた

 知ってる? 人間は寿命が短いから、結婚っていって、一緒になって命を繋いでいくんだって

 結婚の話もそう
 巨人、妖精にはそんな慣習は無いらしい
 
 憧れるディアンヌに、その話も、かつて自分がした事だと目をしぱたたかせるキング

 欲望と純愛も、切っても切り離せませんねえ…。
キング『“新世代”!?』

00173
 って、前期めっちゃ出てきて「コレどうすんの!?」ってビックリさせられたアレじゃないか!
 まだ潜伏してたの!?

キング『あの聖騎士の、身体の中にある“核”を叩くしかない!』

00174
00179
00180
00181
00183
00184
00186
00189
00192
00195
00196
00198
00200
00202
00203
00204
00207
00208
00209
00212
00214
00217
00218
 聖騎士の表情! もう何か気になって気になって!!

連携戦
 魔神の血で力を開花、自身の固有魔力を強化された聖騎士“新世代”、散々手こずらされたが
 もう、タネが分かっていれば怖くない!

 キングの邪魔はさせない!

 やや苦戦したものの
 実にあっさり! 以前とは見違えるようですね!!

 しかし戦いの最中にボケるとか、キングさんは本当にうっかり残念王だなもう!

 残念王キング!
『キミ、ひょっとして…、昔の記憶が戻ったんじゃ……』

00222
 これに際し、図らずも「捕まえてしまった」キングは、意を決してディアンヌに問うが
 答えはコレであった

 ヒャア! ラブコメだー!!

 キラキラしとる!
ディアンヌ『……へへ、“答え”はコレで良い?』

00226
00228
00229
00231
00232
00233
00235
00238
00239
00241
00242
00245
00246
00247
00248
00250
00252
00253
00254
00256
00257
00258
00261
 デカい!?

とても正しいラブコメ
 つまり、ディアンヌは「彼と過ごし恋をした頃の記憶」が、すっかり戻っていたのだった
 ゴールイン!?

 何だろう…、凄く良いコトがあった気がするんだけど……?

 ゴールなどさせるか!
 キング選手、ゴール直前で再起不能(リタイア)。

 今度はキングの方が「今日の事件」を忘れてしまい、結局、二人の関係は据え置きでしたとさ!

 やっぱり残念王じゃないか!
聖騎士長ヘンドリクセン『おのれメリオダス…、だが私は! 生きているぞ!!』

00262
00263
00264
 一方、「腕」が運んできたのは、魔神の封印を解く宝具であった。
 前期での、メリオダスの剣とかアレコレ

 目的達成が勝利なら、彼は、勝利したも同然ってワケね。

 生きていた聖騎士長、その2!
魔神ヘンドリクセン『ダメージが…、大きすぎた…!』

00267
00271
00274
00280
00281
 眠るには、まだ早いんじゃないか?

僕が壊した宝物
 が、フル・カウンターの深手に絶命寸前のヘンドリクセン、彼を立ち上がらせたのは亡き友の姿
 彼が裏切り、殺した親友の幻だった

 友よ…、もう一度立ち上がってくれ…!

 再会に涙するヘンドリクセン
 ダメージに、「人間」の部分が強くなっている証拠か。

 力を振り絞り、“魔神”ヘンドリクセンは、魔神族復活の儀式に再び手を染める。

 が
“ドレファス”『……我らの悲願の為に』

00285
 前期でヘンドリクセンに殺害され、謎の復活を遂げ、今また幻を装ってヘンドリクセンを奮起
 まるで、メリオダスのような紋章と表情で
 陰から友を操るドレファス

 その目的もまた、魔神族の復活であった、と。

 次回、儀式の果てに…
予告ゴウセル『残飯長が言っていた、団長が料理をする、それが残飯の証だ、と……』
マーリン『残念な印だ…』
ゴウセウ『残念な残飯?』

00288
00289
00290
 予告の二人もかわいい!

全4話スペシャル!
 チト早いですが、話数明言してるので次回で最終話、待望のゴウセル&ギーラ回となるか?
 今週は、キングたちの関係を改めて描く日常回
 裏で動く聖騎士の回に

 続く「聖戦」、ストックはそれなりにあるんですが、区切りの良いところがまだ…?

 原作が週刊連載ですから
 もうちょい待てば、アニメ化可能となるでしょうか?

 ただ来期から、来年3月まで鉄オル放映、ヒロアカ続編の制作も決定済み。相当先になりそう

 次回、最終話「愛のかたち -The Shape of Love-」
七つの大罪 鈴木央

 七つの大罪 14巻
 七つの大罪 15巻
 七つの大罪 16巻
 七つの大罪 17巻
 七つの大罪 18巻
 七つの大罪 19巻“太陽の主”。
 七つの大罪 20巻“伝承の者共”
 七つの大罪 21巻“その光は誰が為に”
 七つの大罪 22巻“暗黒のブリタニア”
七つの大罪 アニメ第一期 全24話 2014年9月~2015年3月

 第一話「七つの大罪」
 第二話「聖騎士の剣」
 第三話「眠れる森の罪」
 第四話「少女の夢」
 第五話「たとえあなたが死んでも」
 第六話「はじまりの詩」
 第七話「感動の再会」
 第八話「恐るべき追跡者」
 第九話「暗黒の脈動」
 第十話「バイゼル喧嘩祭り」
 第十一話「積年の想い」
 第十二話「戦慄のカノン

 第十三話「破壊の使徒」
 第十四話「本を読むひと」
 第十五話「アンホーリィ・ナイト」
 第十六話「駆り立てられる伝説たち」
 第十七話「最初の犠牲」
 第十八話「この命にかえても」
 第十九話「まちぼうけの妖精王」
 第二十話「勇気のまじない」
 第二十一話「今、そこにせまる脅威」
 第二十ニ話「君のためにできること」
 第二十三話「絶望降臨
 最終話「英雄たち」
七つの大罪 聖戦の予兆 2016年8月 4週連続


 七つの大罪 聖戦の予兆 第一話「黒き夢の始まり The Dark Dream Begins」
 七つの大罪 聖戦の予兆 第二話「二人の喧嘩祭り Our Fighting Festival」
 七つの大罪 聖戦の予兆 第三話「初恋を追いかけて In Pursuit of First Love」
 七つの大罪 聖戦の予兆 最終話「愛のかたち -The Shape of Love-」
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング