前回ラブライブ!サンシャイン!! ♯10「シャイ煮はじめました」感想
どこに居ても、同じ明日を信じて! 迷える耀、いい耀!! 友情炸裂の挑戦ライブだった!

00446
00418
 危うい耀を気遣った“先輩”! 今、ダイヤ達と本当に幸せそうなマリィの温かい教訓
 克服だけじゃなく、間接的に9人で挑んだライブまで!
 ライブも美しかった…

 幸せに気付く耀も、トラウマに立ち向かった梨子も、千歌も! 二年トリオ素敵だったわ!!

「どこにいても同じ明日を」
 ライブの歌が、今回のストーリーと深く関わってるのも面白かったです。
 そういや、マリィだけ“千歌と耀だけ”の頃を知らないのね

 耀の悩みは意外に引っ張らず、次なる問題は…?
千歌『梨子ちゃーん! 次は…、次のステージは! 絶対みんなで歌おうねっ!』

00013
 もちろん! 良い、笑顔です…!

友情ヨーソロー
 梨子は、Aqours全員に見送られてコンクールへ、残ったメンバーは予備予選に向かう事に
 次の予選は、彼女と一緒に出るべく、Aqoursはダンスを再編し
 予備予選必勝を誓って練習を重ねた

 千歌が「梨子の為に」という事に、疎外感を感じた耀は迷うが、マリィと梨子に背中を押される

 耀は千歌に想われる幸せを知り
 梨子の代役ではなく、“耀のダンス”として見直しを図る

 当日、予備予選にコンクールに、離れていても、同じ気持ちで立ち向かった九人は…?

 次回、♯12「はばたきのとき」
黒澤ダイヤ『特☆訓ですわっ!』

00000
00004
00006
00007
00010
00012
00013
00014
00017
00020
00021
00022
00024
00025
00027
00032
00033
00036
00037
00038
00040
00041
00043
00044
 特訓大好き! そんな会長が大好きです(真顔)。

なんで…、こーっなるのっ!?
 まさかのコント55号!? 千歌ちゃんの歳を疑う新たな特訓は、プール掃除から始まった!
 Aqoursは、梨子の東京行きを笑顔で送る

 これで予備予選で負ける訳には、いかなくなったねっ!

 彼女抜きで勝つ!
 その為に、プール掃除を課すダイヤ会長!

 足腰を鍛える特訓かと思いきや、単に手配が遅れていた為、こうなってしまったらしい。

 あとセイントスノウ、北海道だったのね。雪だからか
善子『生徒会長と理事長が、あんなので大丈夫ー…?』
果南『あたしもそう思う…』

00045
 好きな事に素直になった結果、見事、校内運営が疎かになり始めたダイヤ&マリィ。
 足元がお留守ですよ?

 善子さんにまで心配されては世も末である。

 堕天使だけに。
千歌『まあでも、みんなで約束したもんね? “生徒会長の仕事は手伝う”って』
耀『そうだよ! デッキブラシといえば甲板磨きっ!』

00047
00048
00050
00053
00055
00056
00057
00059
00062
00066
00067
00068
00072
00074
00076
00079
00080
00084
00086
 これだから耀ちゃんは可愛いんだよ!

白羽の矢
 女子高生とジャージ! なんだか青春感あって素敵ですが、曜ちゃん何してんの!?
 この子、ホント制服大好きだな!

 へっ…、私っ!?

 ここで新たな問題
 梨子が抜け、ダンスの構成がおかしくなったのだ

 今週、梨子の不在を気にかける千歌、そんな千歌を気にかける耀が、こっちの意味でも話の軸に

 この土壇場で、別ダンスを覚えろと!?
千歌『あ、あれ…?』

00089
 梨子の役は、千歌と対となるダンス、千歌の長年の相棒である事に期待してのチョイスらしい
 が、いつも万事ソツなくヨーソローな耀が
 ミスを豪華10連発!

 この時、マリィさんは「二人は付き合いが浅いのか?」と、誤解したらしい

 なおプールはちゃんと水を貯めました。
『ごめんっ!?』『ううんっ! 私が早く出すぎて……』

00093
00095
00096
00101
00102
00105
00107
00110
00111
00113
00116
 改めて、ラブライブのダンス作画ってすごいと思う。奇麗で素敵だ!

噛み合わない親友たち
 それからも、素晴らしい動きで練習を重ねる二人でしたが、まったく上手くいかずに自主練に。
 一年トリオの放課後も可愛い!

 二人…、まだ練習してるんだねっ!

 すごいね!
 そんな思いを抱くルビィ。

 やけに厳しい目線を向けるマリィ、メンバー中、一番「二人の仲の良さ」を知らなかったからか

 割とシビアな面もある人でもあるし…
耀『もう一度、“梨子ちゃんと練習してた通り”やってみてっ!』

00119
00124
 しかし、耀の助言に従ってやり直してみると、不思議としっくり収まった。
 耀と合わせるのは失敗したのに…?

 いいから、いくよっ!

 耀かわいい!
梨子『<…ああ千歌ちゃん? 今、平気? そう? 東京のスタジオついたから、連絡しておこうと思って>』

00127
00129
00133
00135
00136
00138
00139
00143
00147
 も…、もすもす?

未来ずらー!?
 そこで、折り良くか悪しくかかかってきた梨子からの電話、花丸の一挙一投足がかわいい!
 もすもす!?

 フフフ…、このヨハネは堕天に忙しいので…、別のリトルデーモンに代わりますっ!

 電話に怯えルヴィ!
 丸のフォロー、「東京からだしっ!」って!?

 いちいちリアクションが面白い一年トリオに対し、曜は、ここでも自分から蚊帳の外に……。

 が
千歌『梨子ちゃんに話しておくこと、ない?』

00150
 こういう時、千歌ちゃんの笑顔は、本当に邪気がなくて素敵です。
 それだけに、異変に気付けない…?

 耀が言いよどむうちに、スマホの電池が切れてしまい……。

 戦犯はスマホ。
千歌『よかったぁ…、喜んでるみたいで』

00152
00154
00156
00159
00164
 そして曇っていく耀に気付けない…!

言い出せない
 千歌は、梨子が「自分の大好き」に向き合うことが、心から嬉しいという風にスマホを見つめ
 差し出せなかった耀に気づけない

 じゃあ耀ちゃん! 私達ももう少し、頑張ろうかっ!

 別に、耀を軽んじてる訳じゃあない
 けれど…?

 一つのアイスを二人で、仲良しの象徴が…。
果南『こんなに仕事ためてー…、独りで抱え込んでたんでしょ?』

00166
 こんなに一人で溜めてた(性的な意味ではない)。

ダイヤ『違いますわっ! これはただ……』
マリィ『仕方ナイなー、これからは、ワタシと果南が手伝ってあげまショウっ♪』

00170
00172
00173
00174
00175
 また力になれる、マリィさんが本当に嬉しそうで何より。

始まりの二人
 改めて、あの三人が手を取り合っている姿が素敵ですが、「遅れて参加した」マリィさんが気付く
 部は、千歌と耀から始まった

 てっきり、スタートは千歌っちと梨子だとばかり思ってマシタっ?

 推理が完成した瞬間
 果南も、前々から二人と親交がありますしね。一話時点で。

 そうか、マリィさんだけ知らなんだ
マリィ『オーゥ! これは果南にも劣らなィ!』

00179
00180
 マリィさん行動早すぎ問題

耀『…とおりゃぁぁぁぁぁぁぁーーーーっ!』

00183
00184
00186
00189
00192
00195
00200
00204
00205
 千歌っちを梨子にとられて…、ちょっぴり、嫉妬ファイア~~が燃え上がってたんじゃないの?

ぶっちゃけてから始めましょう
 まさかの背負い投げ! なんて大荒れでしたが、思えばマリィさんほど適任は居ないんですね
 彼女も、“仲間はずれ”だったから

 千歌っちにも梨子にも…、話せないでしょう? …ほらっ

 先輩の風格
 たまに、急に標準語になるからズルい。

 聡い耀のこと、もう言い訳しても無駄と気付いたのか、素直に口にしてくれることに。

 嫉妬の心は! 父心…!!
耀『私ね、昔から千歌ちゃんと一緒に何かやりたいなー…って、ずっと思ってたんだけど…』

00210
 やはり始まりは第一話の台詞から、耀が、スクールアイドル部に入部した動機から。

耀『そのうち、中学生になって……』

00215
00217
00221
00222
00224
00226
00231
00242
00243
00246
00249
00252
00255
00256
00262
00266
 中学で水泳部を始めてからは、ますます距離が開いてしまって

本音から始めましょう
 自分は千歌と何かしたかった、けど梨子や、部員が集まって距離感を感じてしまって……。
 耀の“自己完結”に、マリィチョップが炸裂する!
 
 本音を言わずに、二年間も無駄にしてしまった私が言うんだから…、間違いありません!

 自分の失敗を、曝け出せる優しさ。
 マリィさんてば尊い…。

 けれど翌日、決意に平手を喰らわせるように、タイミングの悪いプレゼントを見せ付けられる

 ある意味、さすがです梨子さん!
耀『はぁ……、結局、何も話せなかった……』

00267
 シュシュは、全員に向けたものだったが、「梨子ちゃんから貰った」という先制打に
 耀は立ち尽くしてしまったらしい

 千歌と梨子の絆を見せ付けられたみたいで、ショックだったんでしょうか

 後からAqours全員の絆だと分かったけど、怯んだというか。
耀『本音っていっても、私、何を話せば良いんだろう?』

00268
00269
00270
00271
00273
00275
00278
00280
00281
00285
00286
00288
 耀の眼鏡が、いかにも家用、飾り気ゼロすぎてむしろ好き。

悶え苦しむのだ!
 直球で、「自分か梨子か!」なんて恋愛沙汰みたいだし、或いは「嫌いでしょ?」ってのも違う!
 想像上の千歌ちゃん困惑!

 私! 渡辺耀は、千歌ちゃんの事が! 全速前進、ヨーソローーーーーっ!

 どうしてこうなった!
 壁ドン! からのイケメンとか似合いすぎィ!!

 ほあああ~~!って、夜中に何やってんですかこの子は!!

 千歌に対しては、スマートさが欠片もなくなるのな!
耀『あ………、もしもし?』

00290
 千歌の携帯の写真と同じシーンで、また違う表情なのがかわいい。

梨子『私の事は気にしないで、二人でやりやすい形にしてね? 無理に合わせちゃだめよ? ……千歌ちゃんも絶対そう思ってる』

00296
00300
00302
00308
00310
00313
 千歌ちゃん、梨子ちゃんと居ると嬉しそうだし…、梨子ちゃんの為に、頑張るって言ってるし…

らしさ
 耀が、「梨子のダンスのままで良い」と言ったのは、敢えて自分を“代役”と位置づける為だった
 あの時、耀らしさを捨てて梨子の真似をしたから
 だから成功したらしい

 千歌ちゃんの傍には、梨子ちゃんが一番合ってると思う……。

 しかし梨子は言う
 実は、「耀の知らない千歌の言葉」があった

 器用なのに不器用な子だわ…
千歌『練習しようとおもってっ!』

00323
 最後の仕上げは千歌本人!

千歌『考えたんだけど…、やっぱり耀ちゃん、自分のステップでダンスした方が良いっ!』

00329
00333
00339
00348
00351
00356
00361
00363
 私…、バカだ……、バカ耀だ…!

ラブダイブ!
 失敗の原因は、梨子のステップで耀のダンスをしたから、だから耀は「梨子の真似」をした
 千歌は、ステップ自体を改めようという。

 耀ちゃん…、なんかずっと気にしてたっぽかったから…、居てもたっても居られなくなって……

 ずっと考えてくれてた
 スクールアイドルも、「耀と出来るから」だと

 ずっと、千歌も耀の事を考えて、汗だくになってまで走ってきてくれるくらい考えてくれていて…

 耀ちゃん、押し倒さざるを得ない!
耀『いいよう…!』

00365
 にしてもやっぱり、「いい耀」とかけてるんですかね(真顔)。

千歌『さあ行こう! ラブライブに向けて、私達の第一歩に向けて! 今、全力で輝こう!』

00366
00369
00371
00375
00378
00385
00386
00387
00389
00390
00392
00397
00403
00408
00409
00410
00411
00413
00418
00420
00426
00430
00432
00436
00437
00438
00439
00442
00446
00451
00455
00460
00461
00466
00469
00471
00477
00485
00486
 想いよ一つになれ この時を 待っていた!

Aqours! SunShine!!
 そもそも、千歌がスクールアイドルを始めた事自体、「皆と一緒に」という想いがあったから
 仲間、聴いてくれる人たちに想いをと

 すれ違った後で 同時に振り向いて ほらね ホントは 一緒だったよ気持ちはね♪

 ライブまでやるとは!
 並行し、梨子ちゃんの挑戦まで!?

 ピアノをイメージした動き、耀とのエピソードが、まるまる含まれた歌詞がすっごい素敵だ!

 手書きパート可愛すぎ!
何かを選ぶことで 何かを 諦めない!

00493
 この両取りを選ぶ歌詞、すっごく本作らしいと思う!
 
想いよ 一つになれ! どこにいても 同じ明日を 信じてる

00500
00503
00506
00512
00514
00522
00523
00526
00527
00529
00531
00539
00541
00545
00546
00547
00549
00551
00553
00556
00557
 会場は違っても、同じシュシュを掲げるAqours!

どこにいても
 特に、時に一生懸命なりながら、笑顔になって演奏していく梨子がすごく素敵でした!
 ていうか、全員すごい可愛かった!

 何の気負いもなく、すっと頭を下げた梨子に、万雷の拍手が……!

 評価される事を恐れて
 悪い評価が怖くて、演奏自体が怖くなっていた

 そんな梨子の長い悩みが、すっかり氷解していく清々しいラスト、でも帰ってこれるのか…?

 残れといわれても、蹴って戻ってきそうですけれども。
余談。知らなかったから気づけたコト

00561
 一話の時点で、一年トリオは「ビラくばり中の二人」と遭遇、ダイヤ会長も同様ですし
 果南に至っては幼い頃からの付き合い

 Aqoursの中で、千歌と一番の仲良しは耀だって先入観があったんでしょうね

 マリィさんだけは知らない
 だから単純に、「何であんな噛み合わない二人が?」って思ったんでしょうか

 でも、ホントは仲良しだと知って「さては!」みたいな。
次回、はばたきの時。またも6話、「風船PV」での映像が……?

00560
00561
00129
00135
 スマホと花丸、この取り合わせも可愛かった!

思われてるって幸せだ
 顔をあわせ難いのか、てさぐりで千歌に触れる耀とか、すごい青春感にあふれる回だった!
 そろそろ、「ホント、特訓大好きなんですね」みたいに扱われたり
 三人、手を取れた会長も可愛い!

 てっきり終盤へのトラブルになると思いきや、一話で完結、どんな壁が待つのでしょうね?

 次回でまたPV回の映像が…?
 はばたきのとき、って、単に予選に挑む意気込みなのか?

 なんでダンスが噛み合わなかったんだろう? って辺りが分かってくる流れもなんか良かった!

 次回、♯12「はばたきのとき」
ラブライブ!サンシャイン!! 感想 2016年7月~9月

 ラブライブ!サンシャイン!! 第1話「輝きたい!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第4話「ふたりのキモチ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第5話「ヨハネ堕天」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第6話「PVを作ろう」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第7話「TOKYO」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第8話「くやしくないの?」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」
 ラブライブ!サンシャイン!! ♯第10話「シャイ煮はじめました」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第11話「友情ヨーソロー」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第12話「はばたきのとき」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第13話 最終話「サンシャイン!!」

 ラブライブ!サンシャイン!! Aqours、バンダイからプラモ化発表。2017年2月よりリリース。

ラブライブ! 2期 2014年春アニメ

 2期 ♯1「もう一度ラブライブ!」
 2期 ♯2「優勝をめざして!」
 2期 ♯3「ユメノトビラ」
 2期 ♯4「宇宙No.1アイドル」
 2期 ♯5「新しいわたし」
 2期 ♯6「ハッピーハロウィーン」
 2期 ♯7「なんとかしなきゃ!」.
 2期 ♯8「私の望み」
 2期 ♯9「心のメロディ」
 2期 ♯10「μ's」
 2期 ♯11「私たちが決めたこと」
 2期 ♯12「ラストライブ」
 2期 最終話「叶え! みんなの夢――」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング