前回 甘々と稲妻 第9話「うちのおうちカレー」感想、“美味しかったと美味しいよ”。
骨せんべい! ねこはつむぎに進化する。“食べる”って、大きくなるってすごくない!?

00390
00424
 前回のショックで“あまえんぼう”になってたつむぎ、元気に、おなか一杯食べるのが可愛かった!
 やっぱりあの子は、元気な姿の方が嬉しい!
 食べ過ぎィ!

 包丁技術のランクアップ、「アジをイチから捌く」大挑戦回! おとさんめっちゃ頑張った!

すごくない!?
 つむぎ、イカの時もですけど「捌く」のを見ても、前向きに受け取ってくれるのが素敵ですね
 すんごい顔になってたけど!

 生き物が美味しく、赤ちゃんがお姉ちゃんに、“変わる”ってスゴい事だわ!
公平『おー…っ! 結構込んでるなぁ…、つむぎー、海、奇麗だぞーっ!』

00001
 いつもなら、二つ返事で毛玉が飛び出してくるところですが…。

夏休みとねことアジ
 ママがこなかった、「おうちカレー」のショックは大きく、犬塚公平はつむぎを海へと連れて行った。
 その際、“アジ”を分けてもらったのだったが
 捌けるヒトがいない

 先生…、ここは頑張るところでは……!?

 公平は「三枚おろし」に挑戦し
 しのぶ、八木も加わって、「なめろう」「サンガ焼き」「アラ汁」「骨せんべい」のパーティーに!

 魚をイチから食べられる形にした、つむぎは「すごい」と大興奮!

 五人は「すごい」幸せを噛み締める。
つむぎ『だっこ…、つむぎ……、いま、ねこだから…、じぶんでできない…』

00002
00003
00005
00007
00012
00013
00014
 まさかの「ねこ」。つむぎの発想は面白いな…。

ねこさんぽ
 夏休み! 「ママが来なかった」ショックで沈んでいたつむぎを励まそうと、犬塚公平は海へ来た!!
 でも、ホントこの人ってば“海”が似合わんな!
 インドアだ! 

 そっか…、猫なら仕方ないか!

 甘えん坊の象徴
 つむぎには、それが“ねこ”なのね

 結局散歩するだけで…、ママの料理へ「美味しかった」と「美味しいよ」、二人の隔たりは大きい…

 おとさんも、決して“乗り越えた”ワケじゃなかろうですが…。
しのぶ『……ヒエッ…、35度…!? こ~と~~り~、クーラーつけようぜ~』

00015
 美しい海で沈む親子あれば、都会の蒸し風呂に沈む少女達もあり…!
 し、死んでる…!?

 夏休みだからね!
ことり『宿題一時間やったら…、ご褒美でつけようって言ったでしょう…! ……私だって、ご褒美アイス我慢してるのーーーーーーっ!』

00017
00020
00021
00024
00025
00027
00030
00034
00035
00036
00037
00041
 無理無理ーーー! 汗でノートが湿気るよーーーっ!!

専門外な事はある
 一方、せっかくの海回なのに勉強会中だった二人、とことん、真面目で薄着でかわいい!
 が、先生からメールがッ!

 し…、しのぶ…! 魚って、おろせる…!!

 なお、「出来る組」も無理だった模様
 無理スけど!

 公平からのメールに、急にぴょんってなる小鳥ちゃん可愛い!

 恋の波動を感じる!
公平『こんにちはーっ、おすそわけに来ましたーっ!!』

00044
 ともあれ、犬塚公平先生、なんと現地で「あじ」を3匹も手に入れてきたと判明。
 が、頼みの綱のしのぶが捌けない…!

 八百屋だから専門外…!
犬塚公平『今日は、海に行ったんですが…“暑かったので”、すぐに帰る事にしたんです。
帰る途中で、偶然、近所のご家族が釣りをされているところを見かけて…、つむぎが魚に興味津々なのを見て…、少し譲ってくれる事になりまして…』

00046
00048
00052
00053
00055
00057
00059
00061
00065
00070
00074
00080
00084
 目が奇麗ー! 美味しそーーっ!! 小鳥ちゃんの食欲は素敵だなぁ!

ねこだからいいの
 釣りたてのあじ、テンションが上がる小鳥だったが、いつになく沈み込んだつむぎに驚かされる
 この様子、心配しないワケがない
 が

 あまえじゃにゃいよ、ねこだよ…、ねこだからいいの……。

 当惑する小鳥
 ねこか! 「会話」するしのぶ!!

 弟が多いせいですが、なんて頼れる子なんでしょう! cv戸松遥さんもすげぇ好演!!

 でも、“迷惑かけた”と思ってしまうのが公平で。
小鳥『詳しい事はわからないけど、ここに来て、つむぎちゃんが元気になってくれたら、私も嬉しいですっ!』

00088
 対する小鳥ちゃんは、本当に姿勢が素敵だと思うね!
 ホント、良いおねーさんだ!

 が
八木ちゃん『魚ァ? 今日は、珍しくランチの客がいるからダメー! 今度、教えてやるよ』

00092
00096
 魚を「おろせる人」その1が忙しく、頼った飯田家も母は不在、しのぶも捌けなかったのである
 八木ちゃんのバー、大人気で何より!

 ちゃんと「今度」って加える辺り、このヒトも、ホント付き合いがいいな!

 だが問題は今!
しのぶ『そんなん、センセーがおろせばいーじゃんっ!』

00097
00106
00108
00110
00114
00118
00123
00125
00128
00131
00135
00136
 先生…、ここは頑張るところでは……!

お父さん、頑張るから!
 そこは「現代」、タブレットPCと“料理動画”の組み合わせで、三枚おろしに挑戦する事に!
 おお、コイツは一気に難問だ!
 で

 大人は味見でつまみ食い、なめろうにしてご飯で食べて…、そのまま焼いて、さんが焼き…!

 ヨダレが溢れそう!
 cv早見沙織さん、すごいヨダレ感がある!!

 つむぎはまだ生魚がダメだったが、そこは折衷案という事で、「なめろう」と「さんが焼き」に挑戦!

 味噌味ミンチと、それを焼いた“和風ハンバーグ!”
小鳥『では、水で洗ったこのあじを、三枚におろします…、まずは、両面の“ぜいご”ってヤツを取りますっ!』

00140
 小鳥が「店」の使用許可も受けており、「クッキングペーパーを敷いた」まな板で、調理開始!
 実は、白いまな板に、ペーパーを敷いてるんですよね
 臭いが移らないように!

 ぜいごとは、画像の「硬い」部分で、アジに特徴的な山状のウロコ

 残すと、“皮を剥ぐ”邪魔になるのです。
小鳥&しのぶ『次にウロコを取りましょう!』『包丁を立ててなー?』

00145
 続いて包丁を立てて、背中側で、ゴリゴリとうろこを削いでいきます。
 取ったら、流水で洗い落として…
 
小鳥『次は、頭を落とします!』

00147
00149
00154
00158
00163
00164
00165
00169
00172
00177
00181
00182
00183
00185
00189
00190
00193
 胸ビレの下にナナメに包丁を入れて、片側ずつ、ぐっと力をいれて…!

YouはShock!
 頭を落とす! 更に「お腹を頭のほうから尻ビレまで」切って…、でろりと内臓を掻きだすっ!
 残すと、食中毒で“あたる”から注意!
 が

 へいき! いま、ねこだからっ!!

 つむぎ興味津々!
 大人もドンビキ、衝撃映像…!!

 更に包丁の先で、中骨の「血合い」を掻き出し、流水で流しつつ爪でこそいで「血」を除く

 この工程、“血の除去”が、臭みをとってくれる…!
『ここまでは順調かも!』『ここからよー、問題は!』

00194
 あのイキイキした魚が、遂に「身肉と骨」だけに…、つむぎさん興味津々!
 残酷かもしれない、けど「それ」におとさん達が必死に取り組んで
 美味しくしよう、って頑張ってた

 おとさんの「頑張り」の方を、つむぎは必死に、まっすぐに見てたのかなって思いました。

 そんな感じ。
てなところで、今週のアイキャッチである

00195
00196
 ねこ二匹! そして前回、「おうちカレー」回で添えられた原作イラストより。
 椅子の高さが…!

 こんな頃から食べてたのね…。
l小鳥『さあ! ここからですよ~、“三枚おろし”!』
しのぶ『コレ! こーいう状態を目指します!』
公平『…行きますっ!』

00197
00198
00199
00201
00207
00211
00213
00216
00217
00219
00223
 さすがに「奇麗」とは行かないあたり、らしくて素敵だ!

Lightning
 包丁をお腹から入れて「中骨」にあて、魚に対し、ナナメに入れる感じで包丁をあてていき……
 次いで、今度は背中からも入れていく

 せっかくなんで…、ちゃんと、出来るようになって帰りたいんで……!

 片側が取れた!
 これを、逆側でも繰り返します

 すると両面の身肉、骨を中心とした真ん中、“三枚におろす”事に成功となった!

 おとさんすげえ!
しのぶ『20分くらいかかってんなー』
小鳥『見てみて! お父さん、すごいねえ~』

00224
 途中、しのぶが「代わろうか?」というくらい、それこそ20分もアジと格闘したお父さん!
 頑張る姿って良いもんだ!

 こういうところ、つむぎにも良い刺激ですよね。

 ただ、やっぱり「骨(真中)」に、めっちゃ身肉を残してしまった模様。
小鳥『次のアジをおろす前に…、ひとくち、味見をしませんか~?』

00225
00227
00230
00232
00236
00240
00242
00246
00247
00248
00250
00257
00261
00263
 小鳥さんのヨダレが出そうな声、いいよね…。

巻き込まれ型試食回
 ここで、身を切り分ければ「お刺し身」になる訳で、当初、それを楽しみにしていた小鳥が提案
 大人達は、いそいそと試食する事に!
 で

 つ、つむぎも食べる! 食べるーーーーっ!!

 ですよね
 さあ、旨さを知るがいい!

 肉詰めピーマンの時、美味しいって見せる事が、つむぎの興味を引くかもと小鳥は言いました

 実証しちゃった!
つむぎ『アレが! こうなって…、ここにきて! ってね……、すごくない!?』

00266
00268
00269
00273
00275
00280
00281
00283
00284
00285
 こわいし、おもしろいし、すごいんだよっ!!

「変わる」って凄い事だ
 しかしつむぎが感じた事は、「美味しい」以上に、“すごい”って驚き! 海を泳いでいたお魚が
 おとさんの努力で、今、美味しくなった!

 ほんとに、すごい事だね!

 公平もまた思う
 生まれた時、つむぎはとても小さかった

 そんなつむぎが、色んなものを食べて、どんどんお姉さんになっていく。

 こわいし、おもしろいし、すごい!
公平『つむぎ! 今日もご飯、美味しく作るからなっ!』

00289
00290
00294
 そんな我が娘の成長の為に、今日も、おとさんは努力するってワケよね!
 いいお父さんだ!

 そりゃ既製品でも良いかもしれない、けど「自分が」関わってるって感じるのもきっと幸せだ!

 私はそう思う!
つむぎ『うん! つむぎ、今日はたっくさん食べるからねーーっ!』
しのぶ『今日も、だろー?』

00301
00302
00304
 しのぶの絶妙な合いの手、「うん!」って、自分も奮起してる
 小鳥さん良いよね…

しのぶ『おー、早くも慣れてきてんじゃね?』
つむぎ『つむぎ、おどってるからがんばってっ! レディゴッ! レディゴッ! さかなんなーっ!!』

00308
00311
00315
00317
00319
00322
00325
00331
00336
00337
00342
00343
00344
00347
00350
00352
 なぜ踊った! 言え!!

レディゴッ!
 いよいよ火が付いた一同は、「身を潰さないよう」細かく切って味噌他と混ぜる、なめろう造りに!
 料理できる組、しのぶちゃんも参戦!
 燃える!

 すごい…! いいにおいしてきた……っ!!

 魚の「あら」
 残った、頭と中骨を味噌汁に!

 やはりしのぶちゃんはデキる女だ…! 熱気に当てられ、うずうずしてたしのぶちゃん可愛い!

 小鳥が味噌を出すシーン、なんか可愛かった!
八木『いーれーてー』

00354
 八木ちゃんのノリの良さは異常。

しのぶ『ざーんねん♪ 遅れてきたやつの分はないねーっ』
八木『なんだとー? もう一匹あるじゃねーかー』

00355
00357
00358
00359
00360
00361
00363
00366
00370
00371
00373
00377
00380
00384
00385
00388
00390
 今週、ちゃんとビールを持参した八木ちゃんは酒飲みの鑑。

なめろうとサンガ焼き
 更に、あらの味噌汁とご飯、今週は大ご馳走! 味噌が生臭みを消す「なめろう」の旨さ…!
 なんたって“漁師料理”!

 きょうすごいねっ! うみもさかなも、すごいおもしろかったっ!!

 皿を「舐めたい」ほど旨い!
 なめろうを焼いた、「サンガ焼き」もすげぇ旨い!!

 ホントは「海も」面白かった、つむぎの素直な「面白かった」が、嬉しいラストだった!

 おとさん、ホント幸せね!
小鳥『“なめろう”ねぇ…、海苔で包んだら美味しいよ~♪』

00394
00395
 身を潰さないよう細かく切り、みじん切りしょうが、小口切り万能ネギ、味噌を切り混ぜたなめろう
 脂たっぷりのアジが、ピリッとシャリッとコクたっぷり!
 これをご飯で巻く暴挙…!

 いや、そんなの美味しいに決まってるじゃないですかー!

 人生って素晴らしい!
つむぎ『なにこれ!? なにこれーーーーっ!?』

00399
00402
00403
00406
00410
00412
00415
00421
00424
 八木さん、「奥さん」とどんな関係だったんでしょ。

骨せんべい
 更に、身肉がたっぷり残ってしまった中骨を、低温で10分程度しっかり揚げた骨せんべい!
 バリッって、すごい音してた!

 そういえば学生の頃、お前に「好きな甘いものは何か」を聞かれたこと、あったけど…。

 って、八木ちゃんが吹いた!
 あっ…(察し)。

 以前「またか」って言ってましたが、さては八木ちゃん、“奥さん”との橋渡し役だったんですね。

 彼女に代わって、聞いたんでしょうかねー(この辺はアニメオリジナル)。
小鳥『あ! 骨せんべいがなくなってる!?』

00425
 なお大人が話込んでる隙に、美味しい骨せんべいは、つむぎが全部いただきました!
 子供あるある!

つむぎ『ごちそうさまでしたーーーーーっ!!』

IMG_0824
IMG_0825
IMG_0826
 なお原作では、「店を使っていいけど、自分の分も残してね♪」という約束でした!

すごくない!?
 どの食材も、元は生きていて、それを工夫を凝らして「食べられる」ようにしている
 子供が、小さな赤ん坊から育った事もそうだけど
 どっちも当たり前の事

 だけど、とっても、すごいことなんですよね!

 素直な感性が素敵だ!
 火が付いたように、皆で料理しまくってたのがまた素敵だった!!

 皆で作って、皆で囲んで、食べ過ぎちゃうオチまで付いて気持ちよく前進する回だった!

 こわいし、おもしろいし、すごいんだよっ!
甘々と稲妻

 甘々と稲妻 第1話「制服とどなべごはん」
 甘々と稲妻 第2話「豚汁とみせあかり」
 甘々と稲妻 第3話「つむぎとおまたせのハンバーグ」
 甘々と稲妻 第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」
 甘々と稲妻 第5話「お休みの日のとくべつドーナッツ」
 甘々と稲妻 第6話「おともだちとギョーザパーティー
 甘々と稲妻 第7話「五平餅とだいぼうけん」
 甘々と稲妻 第8話「明日もおいしいイカと里芋の煮物」
 甘々と稲妻 第9話「うちのおうちカレー」
 甘々と稲妻 第10話「夏休みとねことアジ」

甘々と稲妻 感想

 甘々と稲妻 2巻“お祭りと五平餅”
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング