公式サイト SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻【最終回】感想
 武井宏之 ジェット草村 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
どうすればいいか、袋小路を駆けた道潤の物語
碓氷ホロケウも一歩前へ!!

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00095
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00094
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00063
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00087

 ブレーキなしで突っ走った来た潤と紅紅

 でも似てるから、互いを止めて道を変えられた
 互いに、バカな事してたと解って
 互いに答えを得られたか

 辛い日々、価値を感じられた方がいいもんな!!

「こんな事」
 潤は四凶使いに!? 白竜と別れが切ないものの
 ホロホロの想い人、あの「ダム子」が
 人から精霊となったように

 霊の格を上げるべく修行へ…?

 複雑だった本作、清々しい最終戦だった!!

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想


・あらすじ
  …四凶の道家、四聖獣の東家。
・第13話「氷の記憶」
  …ダム子とホロケウ
  …四聖獣・白虎「大虎」永紅の嘘
・第14話「血戦1」
  …二度目の死、行きつく果て
  …紅紅が嫌いな訳

・第15話「血戦2」
  …「こんなこと」の終わり
・第16話「ジャスミン【最終回】」
  …道家の切り札・四凶
  …道蓮が、F.O.Mに願うこと
・余談「ダム子」
  …集英社・完全版26巻で描きおろし
  …本名は「黒部谷子」
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・5/5ページ目へ

※過去記事一覧ページ

SHAMAN KING 簡易 時系列

 1985年5月、麻倉葉誕生
 2000年1月、シャーマンファイト終戦
 2000年8月、息子・麻倉 花 誕生

・2007年?月、旧作最終回。5人が再集結
  …葉22歳・花6歳、蓮21歳・道 黽0歳。

・FLOWERS…、花が中学2年生13歳、黽7歳
 THE SUPER STAR…、同続編

 レッドクリムゾン…、その一年前
※旧作最終回は桜の季節

あらすじ
ダム子は、旧作打ち切り後に登場したキャラ

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00092



 画像は集英社刊行、完全版26巻より

あらすじ
 碓氷ホロケウは、四聖獣・東永紅の嘘を暴く

 道潤と東紅紅も、互いに巫力が切れるまで戦い
 白竜も自壊、二度目の死を迎えてなお
 憑依合体で決戦

 互いに死ぬまで戦い、巫力を大幅成長へ

 二人は、憎しみでなく救う為の戦いを目指し
 そのまま喧嘩別れ

 道家も、四凶を潤が継承し「戦争」は休戦

 白竜の魂も去り、また戦いが始まる

※トップに戻る



第13話
蓮が紅紅の母を? 嘘だと看破するホロホロ

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00008
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00011
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00013
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00014
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00015

 何故なら蓮は、そんな真似はしないからだ

第13話「氷の記憶」
 ただ信じるんじゃなく、思考トレースも大事!

 蓮がキョンシーで、東家配下を脅した「事実」
 道家=悪、となっている東家では
 その事実だけで十分

 が、東家も局長のようなヤクザがいる

 ヤクザを、犠牲を出さず威嚇する手段か

 なるほど、キョンシーなら完全制御できる
 だから「下手は起こさない」

 単なる暴力でなく、犠牲を出さない為の殭屍か

 東家の悪辣さも、前例がありますものね

だが永紅も「罪」は百も承知
彼もまた、とっくに地獄に落ちる決意だと

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00016
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00017

 四聖獣・白虎、ホント永紅が心配なのね…

嘘つき永紅
 永紅には、この時点のホロホロは甘ちゃんか

 彼は自分が、嘘つきが悪いとよく解っている男
 だから、多分ホロホロが眩しくもあり
 憎たらしくもある

 解ってて、家族の為に罪を犯す覚悟!!

 永紅は、ニコニコ笑ってるのも含め
 1話辺りの潤と同じなのね

 やっぱりムサ山永紅くんは良い奴だった…

 ムッサムサだよムッサムサ…!!

だが要約すれば、その「罪」はホロホロと同じ
ホロホロが犯した罪だった

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00019
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00021

 動揺、脱出を許してしまう赤字経営者ホロホロ

碓氷ホロケウの罪
 そも今回、彼はただ氷で閉じ込めただけ

 意図的にダメージを与えず、対話する為でした
 多分、甘さを捨ててる永紅にすれば
 それも気に食わない!!

 再びエグる「ダム子殺し」の罪

 旧作、ハオに「好いた女の名を言うぞ」と
 いじられたホロホロ

 完全版が描かれるまで、まさかそんな重い罪だとは…

 永紅、そこまで調べ尽くしてるのかしら

四聖獣・白虎の能力
ホロホロ、好きな女・ダム子と愕然の再会

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00022

)碓氷ホロケウ
 いいや いるわけねぇ

 何をした永紅…
 こいつは… オレがっ… 殺…っ…


※略


 いるわけねぇんだ 本物の… ダム子がー…


SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00023
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00024
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00028
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00029

 ちゃんとあったけえ!いいニオイ!

ダム子再び
 ああもうクソ可愛いなダム子はよォ!!

 彼女は旧作、連載打ち切り後に登場の新キャラ
 名の通り、土建屋の娘さんであり
 実は「コロロ」の正体

 ホロケウは彼女の為、フキ畑を作りたい

 精霊化は、"一度だけ元に戻れる"約束で
 二度と会えないハズでした

 ホロホロはホロケウ、アイヌな己に拘り、無自覚に「差別」し事故死の原因に

 彼女を殺した男=ホロケウの名を捨てました

生前、彼女が付けてくれたホロホロを名乗り
彼は「本名」を捨てていた

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00032
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00033
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00034
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00036

 完璧に作画トレースするジェット草村氏

向き合う罪
 共通の思い出、表情で責めるダム子

 体温も匂いもある、確かな実在感を持った彼女
 また、二人だけ思い出を次々語り
 本物としか思えない!!

 第2巻で言った、ホロホロが逃げた過去

 潤は、自分が過去犯した罪と向き合ってる
 ホロホロはその辛さを知ってる

 きっとそれも、潤を支えてた理由のハズです

 回り回って自分の番なんだぜ!

だが思い至った
ホロケウ、このダム子とこそ向き合い続けてた

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00037
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00039
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00040
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00041
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00042

 きっと前巻、蓮が言った事と同じ

すまねえ
 要は、ホロケウの罪悪感から再生された記憶

 せっかく思い出しても、辛い姿で思い出すこと
 彼女は、ホロケウを恨んでないのに
 自分を責めてしまう事

 思い出すなら、笑顔を思い出せなきゃいけない

 ダム子もメイデンちゃんも
 残された人に、笑顔でいて欲しい子だから

 たとえ辛くても、楽しい記憶として思い出せるよう「頑張らなきゃ」なのね

 哀しい顔しか思い出せなくてゴメンな、って

彼は局長を蓮を信じ、ダム子のことも信じた
信じ抜いて「勝利」した!

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00043

 もちろん今のは、四聖獣・白虎の能力

「感覚操作・大虎(オールトランス」
 朱雀が時空を操るように、感覚を操る

 幻覚を見せるのでなく、感覚自体を操作する力
 人間は、感覚で周りを感じ取りますが
 全て制御し「体感」!!

 その突破に、永紅はホロケウを再評価

 単に色眼鏡を被せるのでなく
 目玉から鼻から触感から、全部のっとる力か

 また永紅が、それで済ませようとした辺りにも人柄を感じる気がします

 この能力、めちゃくちゃ応用幅が広い… 

永紅をクロだと確信したホロケウ!!
だが永紅は、自身の身体感覚をブーストし離脱

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00044

 永紅は悪を自認し、地獄に落ちる覚悟がある

嘘つき永紅
 彼は「自分は悪人」と嘘をついてる男なのね

 また母を眠らせる「恩恵」

 一つは争いが苦手な紅紅に、覚悟と成長を促し
 また、巫力が低い母を眠らせれば
 母は苦悩せず良い

 正直、潤にかけて欲しいくらい

 二巻、潤を睡眠薬で休ませたように
 母を危険から遠ざけられる

 母は我が子の死闘にも己の弱さにも、苦しまなくて済むという事か

 寝てる間に済ませたい、いい男よ…

永紅撤退、また潤も「連を信じて」ブレいない
皆、愛情に救われたという話

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00045
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00046
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00047
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00048

『あんちゃんもヒヨコちゃんも 愛っちゅうものに救われとるってことだね(局長』

碓氷ホロケウ
 コロロの正体は、精霊化したダム子

 彼女が笑ってる、愛を信じられるから救われた
 局長、解らんといいつつ直球ですね
 解ってる人ですわ

 ホロケウもまた一歩前へ

 ホロケウの名を嫌っていたのは
 その男が、ダム子を死なせたと苦しんだから

 カラッと本名を名乗り、13年ぶりくらいにまた一歩前に進んだ

 一巻と対になる、良い名乗りでしたわ

第14話
白竜は巫力を受け入れる限界を超過、崩壊へ

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00049
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00050
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00051
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00052

 二度目の死で、今度こそ魂

第14話「血戦1」
 自壊は砕けるのでなく、巫力で塵

 潤が恐れていた、でも共にあると約束した為か
 潤も白竜も晴れやかな二度目の死
 キョンシー白竜消滅…

 これで触れ合えるのも最後

 白竜は死体だから冷たい筈だし
 白竜は死体だから、温度を感じる力がない

 なのに二人お互いに、温かいと感じていた

 触れ合える関係ならではの別れでした

これで道 潤は戦闘能力を失った
失ったかと思いきや銃を抜き、放り捨てた!

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00053
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00054
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00055
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00056
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00057

 銃でなく拳で、殺したい訳じゃないからか!!

こんなこと
 潤が言いたかったのには一言に尽きる!!

 ただ家族を守りたい、でも話を聞くはずもない
 だから、今までは銃を抜いていたも
 今回は捨てた!

 きっと信頼するからこその拳!

 結局、紅紅が止まれないのも解ってる
 自分も止まれないから

 でも「こんなバカな事」って解ってるから辛いと叫べた

 弟にも白竜にも言えなかったのに! 

だが「こんなこと」と言うから!
紅紅は、だからこそ潤の事が嫌いだった

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00058

)紅紅
 …"こんなこと"なんて……

 言うなぁっ!

 だから ずっとお前が嫌いだったんだ!!
 そうやって悩んで苦しんで…

 私にできる唯一のことまで 否定してるようなもんじゃないかっ!!


 ずっと家族のお荷物で
 なのにみんな優しくって…

 申し訳なくて惨めでっ…

 やっと家族のためにできることが…


SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00059
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00060

 紅紅も、バカげた事だと解っていたんですね

こんなこと
 それでも家族の為、戦いたかったから。

 ジャンヌを巻き込んだり、酷い事だと解ってた
 でも「価値ある事」だと思わなけりゃ
 生き甲斐がなかったから

 思うに決して特別な事じゃない

 これは多分、誰でも起こりうる話

 バカな事だと思っていても
 やらなければと、自分を追い込んでしまう事

 それはすごく「よくある事」と思う。共感し、止めてくれるってすげえ嬉しいって感じる!

 潤、自分そっくりな紅紅を見て変われたのか

自分と同じように悩む姿を見た
同じように苦しんで、素直に言葉にしてくれた

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00061
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00062
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00063
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00064

 それでも、行きつくべきは戦う事だった!!

道の先
 最後は思い切り発散する事

 最終決戦は原点回帰、ヒトダマモード憑依合体
 この戦いは無意味、だけど鬱屈はある
 母の事、ジャンヌの事!!

 なら思い切り殴りあうのが一番!

 相手を殺すのでなく
 かといって、ただ許すのでもなく

 黽ももしかしたら、黒メイデンとこうすべきなのかもしれません

 壮絶なキャットファイトが始まった!

第15話
駆け付けたホロホロに、ザンチン達はただ一言

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00065
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00066
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00067
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00068

『……スゲェな(ザンチン』

第15話「血戦2」
 殺すのでなくただただ、思い切りブン殴る死闘

 結果的に死ぬ、殺す事になるのは間違いない
 ただただ、気が済むまで殴りあう
 もう気力の勝負なのね

 霊達も同じ、激痛と心の痛み

 痛みを共有し、身内の苦しみを「体感」し
 それでも憑依し続ける!!

 白竜も刑天もタフで真っ直ぐだ!

 刑天、逸話通り「主の為に折れない」男!
 
潤は白竜と一体感を味わい
紅紅も、刑天に見捨てられる怯えから解放へ

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00069
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00070
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00071

 解りあったかと思ったら、殺しあった?!

ただ気の済むまで
 シャーマンの強さは思いの強さ
 
 文字通り、逃げずに真っ向からぶつかり続けた
 困難に考え抜き、死闘に戦い抜いた
 二人は大幅に巫力底上げ!!

 互いに「持ち霊」に相応しい巫力へ

 私は紅紅を、本編SS 4巻で初めて見たも
 戦車男を余裕で運用

 アレはこの事件を経て、大きく成長した姿だったんですね

 刑天、五人の戦士ホロケウ様も仰天の巫力!?

受け止める
潤は、紅紅を受け止めた今はっきりと解った

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00072

)潤
 紅紅…
 あなたの力の源は

 私達への怒りと憎しみなんだって思ってたわ

 でも


 あなたにとって一番は大切な人たちへの愛だったのね


「受け止める」

 それはとても難しいことだけど


 私… あなたのことも受け止めたいって

 そう思えて本当に良かった


SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00073
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00074
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00075

 あの両親が!潤の意思を汲み、紅紅も蘇生

真っ暗闇の現世へ
 現世こそ闇、確かにそうなのかも

 旧作といい死後は案外奇麗で、現世こそ辛い

 でも相手を排除するのでなく、競い合う関係へ
 潤と紅紅は、これからも戦うけど
 大切な人を救う為に

「こんな事」と苦しまなくて済む戦いへ

 今編は、どっちに転んでも苦しむような
 どん詰まり感ばかりでした

 状況はさほど変わらないけど心持ちが変わった

 前向きならば、それは素敵な結末だ!

第16話
旧作にも登場した四凶、力を抑え込まれていた

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00076
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00077
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00078

 窮奇(きゅうき)、混沌、饕餮(とうてつ)、檮杌(とうこつ)

第16話「ジャスミン【最終回】」
 四凶。強そうには見えぬも、凶悪な雰囲気

 本心を暴き、誇りを奪い、貪り、破壊するなど
 敵対者を辱め、叩き潰すといった
 敵に害を為す怪物か

 伝説は悪事・無意味のオンパレード

 だが道家同様、"聖人に追い払われた"逸話

 道家守護者にピッタリなのね
 また今章の通り、敵や悪にも本音がある

 純が、四凶も「受け止めて」解りあっていくんでしょうか

 仮面を被ってるのもその示唆…?

東家もこれを見越していた
四凶解放を知り、道家に休戦協定を打診

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00079
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00080
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00081

 四凶が出てくるまでをリミットだと考えていた

戦争休止
 何故なら四凶は謎が多すぎる

 東家は、道家に圧をかけて出撃させるよう促し
 その間、潤に紅紅をぶつける事で
 成長を促していた

 紅紅成長こそ「目的」だった?

 また思うに、前作でも四凶は温存された為
 引っ張り出したかったのね

 温存され後顧の憂いを残すのでなく、道家を完全に潰す為

 あの変なのが、高次元場級なのか…?

永紅は、紅紅に騙していたことを打ち明けた
素直な彼女は裏切られていたが

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00082
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00083

 だが兄は、代わりに自分を殺して良い

跡を継がせる為?
 全ては紅紅、刑天の力を引き出させる

 思うに、それは「新しい力」が必要だった為か
 仮に昔、四凶と四聖が戦ったなら
 今回も拮抗する

 だが刑天は「誰も持ち霊に出来なかった」

 強力である上、未知な戦力

 唯一刑天に認められた
 紅紅、戦略的価値はかなり大きい

 また口ぶりから、ヤービスの世界でなく「新世界」こそが望み

 ヤービスをも出し抜く力が必要って事?

数か月後、復帰した潤は目の回るような忙しさ
蓮は「表」で辣腕を振るい続ける

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00084
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00085

 何せ東家が邪魔しない、仕事し放題!!

X-差し入れ
 蓮の働きは「ジャンヌが望む世界」の

 また道家両親は、数か月以上欠かさぬ墓に行き
 墓を守る元X-LAWSと親密に。
 悪と天使が!?

 思いは一つ、ジャンヌの為だから

 昔の、ガチガチなX-LWASから信じれないも
 ライハイトだけは慣れ合わぬのね

 彼はメイデン信者として「正義」にこだわるか、或いは嫁にしたから許せないのか

 どっちにしろツンデレですよね(確信)。
 
同じく数か月が過ぎ、黽もキリッとした表情へ
願いはもちろん"魂を救う"事

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00086
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00087
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00088

 ホロホロ、アフリカでオパチョと会ったらしい

オパチョ
 今は21歳くらいのハズ。

 あのハオさま大好きっ子、どうなっているのか
 とまれ、蓮は「社会」を自分で変え
 F.O.Mに救済を願うと約束

 メイデン「復活」とは言わない…?

 また「願い」ではなく
 自らで、社会変革を願うのはヤービスと同じ

 ヤービスの世界支配は500年前でなく70年前だし、彼も自力で変えたんでしょうか?

 とまれ皆「ジャンヌの為に」なのね 

ザンチン達も休暇を取り、潤は独りになった
白竜もまた姿を消したという

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00089
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00090

 だが四凶が付いている!!

そりゃ大変だ!!
 潤は白竜不在に慣れようとしているも…

 曰く潤は、白竜にさよならと言おうとしていた
 離別を決意し、でも離れがたく想い
 後ろ髪を引かれた状態

 でも「笑わない」ならきっと大丈夫

 今章、無理して笑う事をしなくなった
 心が軽くなったって事だから

 また「人間霊」白竜、ダム子同様に修行中か?

 とまれ笑わず、少し意地悪に待つ

 それが成長の証なのが少し不思議ですね
 
余談、ホロホロの相棒コロポックルのコロロは
好いた女が精霊化した姿だった

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00091
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00092
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00093

 集英社の完全版26巻、また0の1巻にも登場

第288話「フォーリン ダム子」
 本名は黒部民子で、その名の通り土建屋の

 1995年、親が村をダムにする工事で転校した
 ホロホロも、アイヌゆえに疎外され
 孤立した者同士仲良くなった

 だが「自分はアイヌ、被差別側だ」と

 住む世界が違うと距離をとるも
 事故死の一因となり、自分は最悪だと絶望

 殺した自分=本名を捨て「彼女が好きだった、でけえフキ畑をつくる」べく今も赤字で奮闘中

 ぬいぐるみのエピソードは「0」の1巻

収録

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00042
SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻 最終回 感想 00045



 相変わらず絵柄再現度がすげえ!

 新作外伝を連載開始との事

収録
 講談社マガジンエッジコミックス
 SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻【最終回】。
 月刊少年マガジンエッジ連載
 2020年3月(前巻2019年11月)

SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻
 あらすじ
 第13話「氷の記憶」
 第14話「血戦1」
 第15話「血戦2」
 第16話「ジャスミン【最終回】」
 これまでの感想

※トップに戻る

ハイパーダッシュ!四駆郎 感想

 ダンボール戦機外伝 全1巻(HIRO)
 ユンボル-JUMBOR- 6巻
 ユンボル-JUMBOR- 7巻
 ユンボル-JUMBOR- 8巻
 機巧童子ULTIMO 6巻
 機巧童子ULTIMO 12巻(完)
 ハイパーダッシュ!四駆郎 1巻
 ハイパーダッシュ!四駆郎 2巻“ザウルス大全”収録 タンクロー激戦!

猫ヶ原。武井宏之 コミックス感想

 猫ヶ原 1巻
 猫ヶ原 2巻“タチハダカルモノ”
 猫ヶ原 3巻“神殺し”ノラ千代 誕生篇
 猫ヶ原 4巻“流浪キティ”ノラ千代 再出発
 猫ヶ原 5巻【最終回】ここはいつかの猫ヶ原








 SHAMAN KING レッドクリムゾン 1巻"メイデン、死の真相"
 SHAMAN KING レッドクリムゾン 2巻"四聖童子ULTIMO"
 SHAMAN KING レッドクリムゾン 3巻"メイデンと黽、蓮の約束"
 SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻【最終回】"F.O.Mに願う"








 シャーマンキング -ZERO- 2巻
 シャーマンキングFLOWERS 5巻
 シャーマンキングFLOWERS 6巻(完結/掲載誌休刊)
 SHAMAN KING TSS 1巻“三代目イタコのアンナ”
 SHAMAN KING TSS 2巻“花、ワケありの帰還”
 SHAMAN KING TSS 3巻“始まりのルシフェル”
 SHAMAN KING TSS 4巻“デスゼロ最終回”

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る