公式サイト U.C.0170 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST ダスト 11巻 感想
 長谷川裕一 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら。前巻はこちら
連邦・賛美の国・DUST計画、三つ巴の大戦争
史上最大の撤退戦始動!!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00087
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00086
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00062
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00077

 拡張性に富むF90原型、光の翼を装備?!

 コロニー地球降下作戦が遂に発動

 ファントムも往年越え、先端技術の花盛りだ!
 Vガンダム以来、20年ぶりの大戦争
 急転続きで面白かった!!

 だが大将戦、バロック改・改に届かずか!!

ファントムV2改!!
 もう終わりだ、諦めようと謳う賛美の国の演説
 お前の人生だ、生きろと激励したアッシュ
 笑おうと訴えたレオの演説

 敵も味方も、"生きる気がない"って実に厄介

 笑う為に頑張ろう、ってのは痛快だ!

クロスボーンガンダム ダスト 11巻 感想


・あらすじ
  …フォント参謀、決死の「戦争」!!
・第41話「100日目がはじまった」
  …20年ぶりの"大戦"
  …連邦と賛美の国、両軍「切り札」
・第42話「地獄ではない戦場などありはしない」
  …アッシュ陣営のターン!!
  …決戦MA"溶けた真珠"、サーカス再び!!

・第43話「塵-DUST-が動き出す」
  …計画始動!! コロニーの「推力」とは
  …百日目戦争終戦
・第44話「われら、赴くは…」
  …アンカーV3、vsバロック改・改!!
  …地球で皆で降りる訳

メカニック解説
・アンカーV3
  …対バロック戦機
・ファントムV2改
  …史上最高のファントム
・メルト・バロック
  …賛美の国の「対戦争」兵器
・ヘカトン・ゲイル
  …連邦製・対艦MA

・U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・5/5ページ目へ

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

あらすじ
首切り王の国、賛美の国は終焉へ…?

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00081

 レオが有名人となった事も、今回で重要

あらすじ
 U.C.0170。予告した百日目の戦争が開戦した

 緒戦で連邦2/3が脱落も、フォント参謀が奮戦
 だが、光の翼を巡ってアッシュが敵対
 仲間割れ同然に

 しかし「首切り王」は撤退

 賛美の国は母艦と戦力を失い
 連邦キュクロープスは、1バンチ討伐へ動く

 最中ネオ1バンチは、方舟(アーク)と改名

 住民に説明し「DUST計画」へ移る

※トップに戻る



第41話
約束の百日目、アッシュ陣営は静観を決め込む

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00002
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00003
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00004

 カラーページはイメージ図。この「炎」!!

第41話「100日目がはじまった」
 まず前巻で集ったメンツの再描写から

 特に解体屋、なんと代替にF89が回って来た!
 でも「愛機よりは貧弱」と愚痴
 愛を感じますね

 89は師匠が駆っていた「青」復元機

 密航者ニコルも「X-13」改を配備

 持てる全ての結集ですね

 農業王やサイコ等、まだまだ居ますが…?

指揮官は当然アッシュ
だがアッシュは、レオにこそ重責を課す

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00005
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00007

 レオこそ希望を指し示す"印"

今、心と体で
 今アッシュが皆を率いています

 けど彼という身体が、理想へ向け何をしたい
 レオは外付けの「心」なのだと。
 役割を再確認

 アッシュ以上に、レオこそが要

 アッシュは「力」ですし
 彼は確かに、平和を求めています

 でもその為に、動き出す意思がなかった。

 本作は改めて「二人で一人」なのね

戦慄する連邦軍キュクロープス隊
盗賊掃討じゃない、れっきとした「戦争」だ!!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00009
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00010
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00013

 20年ぶりの「戦争」にごきげんよう!!

野望でなく希望を抱いて
 対するアーさんは八百長を覚悟

 兄の賛美の国と共に「人減らし」をする決意!
 互いに、軍の指揮官を務めながら
 ネオ1バンチを沈める

 今の世界で賄えるまで人を減らす

 当初、小者っぽかったアーノルド
 でも私心じゃないのよね

 ただ世界の為に、彼が出来る全力を果たすだけ

 だから憎めないのもズルい…!!

しかし賛美の国は陣形を崩した
見るやフォント参謀、すぐさまプランE発動!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00015
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00016
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00017
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00018
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00019

お前はいかれちゃいるが… 狂ってるわけじゃないっ!(フォント』

回避プログラムE
 陣形を崩したのは、コロニー・レーザーの前兆

 百日はこの準備だったのだと

 首切り王は以前、Cレーザーの残骸をを拠点化
 当時、そこからデータを得たのか?
 改良型を作っていた

 通常コロニーに偽装できる「改良型」

 対し、フォントの返しもシビれるもので
 密かに対策してたんですね

 アーさんもアッシュも話を聞かない中、フォントは彼なりに全力を尽してた

 さすが!プログラムはフォントのお家芸!

連邦は2/3へ激減
数的劣勢、対する賛美の国の「戦略」は

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00020
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00021
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00022

みんな知ってる どうせこの世はおしまいだ♪ 生き延びたければ首を切れっ!(民』

ヒムの国
 賛美の国の狙いは、連邦の戦力を削る

 警察組織を破壊し、無法を行える環境を整える
 何故なら、もう世界再建は無理
 無駄ならやらない

 残ったものを、独占する側になる為に

 首切り王は暴君ですけど
 彼がいれば勝てるし、略奪を肯定してくれる

 彼についた方が得だ、という状況が「敵」

 根本解決は希望を持つ事ですが…?

愕然とするアーノルド
だが冷静になれ! チャンスが見えている

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00023

 敵が「来る」という事は、第二射はない

立ち止まる暇はない
 いや首切り王だと正直危ういも!

 少なくとも「今」敵はレーザーを撃てない証拠
 敵が、どんどん迫るのは怖い!
 だが次射がない証拠!

 兄が「もう居ない」事も証明された

 前巻、アーノルドが石頭だったのは
 兄を尊敬してた為

 でも今、完全に「兄は死んだ」と理解できた

 それだけでも価値はあったのね…

怒れるフォント、最高の性能を実現した改良機
ファントムV2改で出撃!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00024

)首切り王
 さあ恐れるな! 奮い立て!

 賛美の民よ!

 目の前の褒美が見えるか?

 9000万人の住む丸々太ったコロニーがっ


クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00025

)首切り王
 あの中の人間を!
 全て虐殺し!

 奴らが吸う空気を!
 水を 食料を

 全て奪えば!

 われらがどれほど豊かに暮らせるか!考えてみよ!


 平和など幻にすぎない!
 一日でも長く生きのびたければっ!

 ひとりでも多く他人を殺せっ


 略奪こそを賛美せよっ!


クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00026

 ガンブラスターやリグ・シャッコーまで敵に!

エオス・ニュクス号
 奇しくも一年戦争を思わせる図式

 コロニーレーザーで激減した連邦ね!

 またフォント、アッシュが奪った光の翼の不在
 彼らが参戦してこないのに焦ります
 戦力が足りない!

 押され気味な連邦「光の翼」艦を投入

 名物「演説」も飛ぶも
 本シリーズは一貫し「生存戦争」なのね

 特に「資源」ゆえ、第1作の木星帝国とそっくり

 アレより更に苦しい時代とはなあ…

 木星の方がマシだぜ…

連邦が唯一保有、光の翼艦エオス・ニュクス号
首切り王もこれが狙い!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00027
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00028
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00029

 またウルトラ高笑いするメカが…?!

砲撃MA ヘカトン・ゲイル
 フォントにとってエオス号は「見せ札」

 出せば唯一、速度が拮抗するケルベロスが出る
 そこで、ケル号を狙撃・破壊する!
 囮だった訳ね

 だが、賛美の国も「盾」が出撃!!

 思えば、ファントムを持つ賛美の国は
 Iフィールド系に長けるのか

 また高笑いが似合うゲテモノが出おった!

 原型は前作「カオスレル」との事

 デザインは古生物か 

第42話
決戦兵器「溶けた真珠」は、誘導兵器が主軸

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00030
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00031
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00032

 50m!! サイコガンダム2割増しの巨体である

第42話「地獄ではない戦場などありはしない」
 動き出したアッシュ陣営!!

 対しダガー・ファンネルとはガンダリウムの塊
 塊に、サイコミュと推進器を付け
 高速で叩きつける!!

 シンプルだが阻止は難しい

 直接ぶつける為、"止まる"事がなく
 撃ち落とすのが困難

 そのぶん推進剤を多用も、母機が推進剤と制御機構に特化

 ビーム兵器量産が難しい中での最善手か
  
単騎でキュクロープスを殲滅しうる驚異のMA
対し、フォントは「母艦」を優先も

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00033
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00034

 MAヘカトン・ゲイルをアッシュに潰される

フォントの戦略
 フォントの決断は「母艦潰し」

 首切り王が戦略上問題なのは、光の翼艦が理由
 光の翼で、いきなり現れる為
 防衛困難なのが問題

 母艦を撃沈すれば、戦略的勝利となる

 無敵の首切り王といえど
 移動手段を奪えば、いずれ疲弊させ倒せる

 こう考えると、今ガンガン作ってる「光の翼」は平和への障害にもなりうるのか

 でも翼なら、外宇宙から資源を引っ張れる?

アッシュが「今」動いた訳
彼は最初から、母艦ケルベロスを奪う肚だった

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00035
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00036

 かつて想像した、悪夢の同士討ちが現実

仲間割れ
 幸い一時的だったもなるほど…。

 アッシュとフォントとて、本気で争う事もある
 何故なら「コロニー逃がし」の為に
 光の翼が必要

 翼を潰すフォントとは相いれない

 もちろん、情報共有できてないが為の
 一時的な仲間割れ

 とはいえ報・連・相って大切ね!

 報告・連絡・創作ダンス!

憎しみ合う!これが人のあるべき姿だと大喜び
この首切り王ノリノリである

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00037
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00038

 だがアッシュの狙いは、あくまで光の翼奪取

スクランブル・奪取
 MS輸送による、強襲揚陸コンテナ!!

 シンプルですが実に有効で、上陸部隊が敵艦へ
 今巻、アッシュが静観していたのは
 翼の母艦を奪う為!!

 首切り王不在、占領のチャンス!!

 加えて、フォントが「撃沈」を図った為
 両面に動いたのね

 クールに事態を見定めていた

 さすがアッシュ社長、場慣れしてますわ
 
母艦を守るのは、主を変えた「サーカス」達
デスフィズとガラハド!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00039
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00040
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00041

 このポンコツで、サーカスを圧倒する?!

サーカス大惨事
 ジャック!おいジャック来てよ!

 乗り手の技量差か、性能を維持できてないのか
 たかが、レストアMSによって
 最新世代MSが圧倒?!

 ザンスカール期最強クラスMSが!?

 そも、巨漢ガラハドは「射出する腕」が
 デスフィズは機動性が自慢

 間合いを制された、パイロットの腕の差

 鹵獲しジャックが最終戦で乗り込む?

 脚を何とかしなきゃだけど

メルト・バロックを足止めせよ!
アンカーV3眼目、ファントム・フレイム起動

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00042
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00043

 F89に光の翼を生やしただと!?

燃え尽きぬ灰
 もちろん速度は低いが、技量は高い!!

 アッシュが敢えて光の翼をレオに譲った理由は
 愛機に、予備部品を移植する為
 使いやすさ重視!!

「ゴースト」期のファントム同等!!

 ただし、冷却システムは追いつかない為
 15分程度しか動作しない

 バロックの「速度」が原型機並みなら同速度

 背に「炎」をまとった灰か!! 

第43話
DUST計画始動!! コロニーを動かす推力とは

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00044
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00045
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00046
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00047

 意外!それは資源衛星!

第43話「塵-DUST-が動き出す」
 曰く「核爆発」

 アクシズ等の動力、核パルス推進の廉価版か!
 核パルスとは、核爆発を繰り返す事で
 推力を得る技術

 対し資源衛星を幾度も爆破・推力に

 爆破する為、衛星は使い捨てだし
 爆破の核も必要

 ですがこれなら、核パルスほどの設備は不要

 これなら他コロニーも降ろせる…?

母艦ケルベロスを制圧、アッシュの計画通りも
フォント、エオス号を起動!!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00048
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00049

 エオス・ニュクスは「翼」じゃなかった!

突撃!
 翼でなく単なるビーム・サーベル

 かつては副産物だった「突撃」戦術に特化か!
 フォントにとって、艦は囮であり
 沈める為の切り札!

 エオス・ニュクス号、突撃!!

 また「賛美の国」も内乱
 何せ首切り王、怖いから仕方ないね!

 王は恐怖と「欲」で、かろうじてまとめてた

 彼がいなくなれば瓦解する組織か

 本当にそうなのか…?

もう怖いのは嫌だ!
内乱、突撃、ケルベロス号を巡る綱渡り!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00050
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00051
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00052
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00053
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00054

 全員の踏ん張りで、ケルベロスは健在

全員野球
 いやあ手に汗握る攻防だった!

 特に解体屋マック、全弾発射が見せ場だったも
 盾の「表」を叩くと起爆って
 危なすぎやんけ!

 ダガー・ファンネル弱点も発覚

 ファンネルは、本体に「戻る」際
 どうしても減速する

 その瞬間、Iフィールド圏に戻る寸前に狙撃

 ギリギリのタイミングじゃあねーか!

制圧部隊のふんばりで、ケルベロスは健在
湧きかえる艦内だったが

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00055

)首切り王
 大戦争も…
 やってみると…

 案外 面白くないものだな…


 つまらん…美しくない…

 もっとたくさんの…
 銀と赤と黒の花を… 期待していたのにな…


 …もう 終わりにするか

 ク ク クク ク… そうするか……


クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00056
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00057

 だが王、"制圧部隊"のいた艦橋を切り裂く…

戦争の終わり
 元々首切り王には「娯楽」

 彼が知覚できる、憎悪といった感情こそ見たい
 戦場とは、感情の「花」を見られる場
 それが戦う意味でした

 趨勢は決し、つまらないと離脱を決定

 彼にとって、戦争は「勝つ」手段でなく
 花を見る「手段」

 でもそうした負の感情が、思ったほど見られなかったのか

 フォント達の頑張りには意味があった…!! 

際し、誰より「感情」を爆発させたアーノルド
メルト・バロックに止めを刺す

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00058

 MA部は大破し、王の「バロック」は脱出

メルト・バロックvsボルケーノ
 前後しますが皮肉

 実はアーノルド機こそメルトに最も有効だった
 無論、ダガー・ファンネルは厳しいも
 メルトを「壊せる」

 ブ厚い装甲、Iフィールドを持つメルト

 対し、実弾を大量に装備したボルケーノは
 天敵と呼べる機体だったのね

 意外だし納得だし皮肉

※ビームの信頼性が低い為、実弾特化の試作機

第44話
決戦! アンカーV3、vsバロック改・改!?

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00059
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00060
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00061
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00062




 9巻での「改」に、デスフィズの腕まで搭載!?

第44話「われら、赴くは…」
 勝負は一瞬。アッシュ敗北も首切り王は撤退

 同じ速度だけでは王に勝てない、再改良必須か
 対し、首切り王はルナツー以外を失い
 組織的には瓦解

 が、更なる悲劇をもたらすと約束へ

 言動と状況、地球脱出成功後が危険か?
 曰く「アッシュを裏返らせる」

 言動的に内乱を誘発させるっぽいも…?

 もう戦争でなく、アッシュ個人を狙うとも明言

 生きる気がない敵ってのは厄介ですわ

唯一の光の翼艦、ケルベロスは王の手で轟沈
エオス号も被害甚大…

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00063

)首切り王
 知っているだろう
 私の望みを!

 私は花が見たいんだよ…

 こんな戦争よりもっと大きな!

 もっと… もっと美しい ね!


クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00064

)首切り王
 だから 今はお別れだアッシュ!
 次は……

 おまえにだけ会いに来るよ!

 宇宙で一番大きな銀と 黒と 赤い花があの大地に咲く日に


 そこへ裏返ったおまえを添えて

 すべてを終わりにするために


クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00065
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00066

 心を折られ成長を遂げたアーノルド

連邦軍猛追!
 彼は一喝で、掃討に逸る連邦軍を沈静化

 フォントに出来ぬ、犠牲を抑える芸当をするも
 皮肉にも、その強まった義務感は
 バンチ潰しを再決意

 曰く「火種」は必ず消す!

 思うに、ネオ1バンチが脱出成功すれば
 後に続く者が出るからか

 そうなればもう「人類が宇宙に住む時代=宇宙世紀」は、終わりへと舵を切る事になります

 次は地球がパンクしかねない!

 単なる人減らしって次元じゃあないのね! 

ネオ・1バンチ改め「方舟(アーク」!
地球降下作戦実施へ、ようやく住民全体に告知

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00067
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00068
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00069
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00070

 当然ブーイングの嵐よ!

史上最大の撤退戦
 何せこの作戦、緘口令が必須でした

 両軍にバレたら潰される為、偽情報と思わせた
 ここで、ようやく住民に開示も
 文句が出るわ出るわ!

 アッシュが一喝も、やはり収まらない

 宇宙世紀170年目、宇宙が当たり前
 地球こそ未知な世界

 誰だって「わけが分からないものは怖い」んですね

 そいつは間違いねえこって!

アッシュは「やるしかない」と叫んだ
自分は自分でしか救えない、皆が協力せねばと

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00071
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00072
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00073

 しかし住民は「なら死んでもいい」

決意不能
 これが困る!

 助かる為に怖い思いするなら、死んだ方がマシ
 助かりたくない、と思ってしまったら
 救うなんて難しい

 恐怖を前に、誰もが強くなれる訳じゃない

 自分が助かる為、自分から協力して欲しい
 そう皆が覚悟しなきゃいけない

 でも覚悟は「急に促す」しかないし、急に促された側は困ってしまう

 緊急事態ってのは、そこが問題なのね

対し、呼びかけたのは「死にかけてきた」レオ
死、失うとはどういう事か

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00074
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00075
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00076



 親も財産も何もかも失ったレオ

経験者は叫ぶ
 今大人が諦めれば、子も死ぬんだぞ
 
 幾度も死にかけ、なおも生きたいと思ったレオ
 今、"死にたい"と言ってる人たちに
 死にかけた子が訴えた!

 生きのび、ざまあみろと笑ってやれ!

 今回、首切り王は「諦めた側」から演説し
 レオは諦めるなと演説

 アッシュを軸に、全く逆なのが痛快ですね!

「笑う為」に生き延びようぜってね!

人はいつか死ぬんです
でも逃げられるなら、逃げて逃げて逃げよう!

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00077

)レオ・オーファム
 逃げ切って!
 そいつの鼻をあかしてやりましょう!

 青い大地から宇宙を見下ろして

 それみたことか!


 みんなでお腹の底から笑いましょう!

 "これが命だ"と……!

 だからっ… …だからっ!


クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00078
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00079
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00080
クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00081

 キーワードは「宇宙を見下ろし笑う」為に

大八車の人!!
 要は「生きよう」って事!

 小さな娘さえ、怖くても生きようと踏ん張る今
 大の大人が「怖いから嫌」とは言えず
 事態は一気に前向きに

 レオが「有名」になったのが活きた!

 前巻、ブラン・リオンを駆ったりなど
 妙に有名になったレオ

 第1話以来も以前も、死にかけてきたレオ

 それが「皆」に繋がったんですね

■メカニック解説
 アンカーV3。まだ更なる改良が必要と確定

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00082

 光の翼を得て「対・大型機」武装を装備

F-89 アンカーV3
 現時点はフォント熱望の「ガンダム」は付かず

 15分限定で、ゴースト時のファントム同速度へ
 予備部品、外付けで得たのですから
 技術向上を感じます

 炎状にゆらぐ「ファントム・フレイム」

 新たに得た、モビーディック・バスターは
 対大型機を想定したもの

 次はバロックと「個人戦」特化と思われます

 速度と持続時間はブラン・リオンより下

 乗り慣れているのが最大の長所

ファントムV2改
ファントム従来の性能を復活に成功

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00083

 総合性能では「ファントム至上最高」

ファントムV2改
 機能復活に加え、翼は従来比12%も向上

 また、健在だったブラック・ロー運送によって
 本来、X-0用だった「クジャク」を再現
 攻撃力も増強

 Iフィールド盾、ミスティック・シールド

 ただし、ゴースト時のようなコーティング
 特殊コクピットもありません

 また何より、フォントの長所「ハロロ主導による操縦」の描写がないのはわざと?

 彼女不在? それがピリッとしない要因?

メルト・バロック
溶けた真珠、カオスレルを小型化した設計

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00088



 カオス200mに対し、50mと大幅に小型

メルト・バロック
 ネオ・ジオングのような「外殻」装備

 見た目通りに、バロックが中に合体する設計で
 また、カオスの中身はサイコミュも
 本機はファンネルの推進剤

 カオス同様、複数のNTを統合する

 機体本体は、Iフィールドと曲面装甲で
 生存性能重視に設計

 22個のダガー・ファンネルを、高速で飛ばす事に特化したモビルアーマー

 中身に劣らず、グロテスクな外観が度肝ね!

 ヘカトン共々古代生物がモデルか

ヘカトン・ゲイル
ティターンズ同様ギリシャ神話が元ネタ

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00085

 その正体は、対艦砲に特化したMA

ヘカトン・ゲイル
 しかし過熱が酷い為、搭乗できないと判明

 その為、外部からMSで制御するSFS的な代物に
 出力も、本来の性能を出し切れず
 技術的な拙さが目立つ

 全長100mで、8つのビームを収束

 複数を収束する巨大兵器
 そこで百の腕と五十の頭の持つ巨人から命名

 なお神話では、むしろティターン族と敵対する巨人なのはご愛敬か

 神々を勝利させ、巨人族を見張る門番となる

 ガンダム的にはヨルムンガンドっぽい

収録

クロスボーンガンダムDUST 11巻 感想 00001



 F89まさかの復活、生き残る事は出来るか?

 角川コミックス・エース『機動戦士クロスボーンガンダム DUST 11巻』長谷川裕一、ガンダムエース連載
 MOBILE SUIT CROSS BORN GUNDMAE DUST、KADOKAWA発行
 2020年6月(前巻2020年1月)。

クロスボーンガンダム ダスト 11巻
 あらすじ
 第41話「100日目がはじまった」
 第42話「地獄ではない戦場などありはしない」
 第43話「塵-DUST-が動き出す」
 第44話「われら、赴くは…」

メカニック解説
 アンカーV3
 ファントムV2改
 メルト・バロック
 ヘカトン・ゲイル

・U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想











 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“総統を討て”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“F91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想







 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想















 ゴースト 1巻“エンジェル・ハイロウに欠けたモノ”
 ゴースト 2巻“エンジェル・コール”
 ゴースト 3巻“ファントム起動”
 ゴースト 4巻(刊行当時)
 ゴースト 4巻“V2ガンダム1/2”
 ゴースト 5巻(刊行当時)
 ゴースト 5巻“ジャブロー陸海空”
 ゴースト 6巻(刊行当時)
 ゴースト 6巻“宇宙細菌の殺しかた”
 ゴースト 7巻(刊行当時)
 ゴースト 7巻“キゾ中将の正体”
 ゴースト 8巻(刊行当時)
 ゴースト 8巻“核vsフォントと蜃気楼鳥”
 ゴースト 9巻(刊行当時)
 ゴースト 9巻“トビアとキンケドゥ”
 ゴースト 10巻(刊行当時)
 ゴースト10巻“最強最後のサーカス”
 ゴースト 11巻(刊行当時)
 ゴースト 11巻“地球圏の全てを使って”
 ゴースト 12巻【最終回】(刊行当時)
 ゴースト 12巻【最終回】“ゴーストの名は”

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想














 DUST 1巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 1巻“灰とライオン”
 DUST 2巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 2巻“幽霊”と巨人
 クロスボーンDUST 3巻“農業王の憂鬱”
 クロスボーンDUST 4巻 特装版“カグヤの事情”
 クロスボーンDUST 5巻“アッシュは目指す”
 クロスボーンDUST 6巻“首切り王と料理人”
 クロスボーンDUST 7巻“F89”再投火の日
 クロスボーンDUST 8巻“世界の鍵”アンカーV2!
 クロスボーンDUST 9巻“宇宙世紀、終焉の始まり”
 クロスボーンDUST 10巻“ブラン・ファントム”
 クロスボーンDUST 11巻“史上最大の撤退戦”アンカーV3!!

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る