公式サイト 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第10話 感想
 原作未読 はめふら レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
ゲームと違う破滅フラグ、あっちゃんネタバレ
早くも黒幕に迫る「前編」!!

はめふら 第10話 感想 00159
はめふら 第10話 感想 00553
はめふら 第10話 感想 00800

 待って演出さん「花の慶次」ネタなの!?

 前回アン含め、皆を救ってしまうのがカタリナ
 これに「いい気になってる」と苛ついた
 偽善だと捉えたのか

 無自覚に救い、無自覚に苛つかせたのね

足りない情報
 また無自覚に、黒幕の泣き所(直球)を突いた
 黒幕も、無自覚に救われたがってる
 無自覚のフルコースや!!

 皆ァ!! 無自覚にカタリナ様ディスりすぎィ!!

 ダメな信頼が清涼剤だった!! 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…10話 感想


・第10話「破滅の時が訪れてしまった…前編」

・冒頭「断罪イベント」
 Aパート「ゲーム通りの破滅エンド?」
 けなされてる気もする…
 最大のピンチ、そして
 マリア失踪

・Bパート「断罪令嬢、その後」
 第六の魔力
 マリア失踪の推測
 後天的な魔力、カタリナの悪夢

・あっちゃんのネタバレ
 無自覚な質問
 無自覚な地雷
 マリア失踪の真実
 黒幕の怒り、表情の真実
 感想追記 21時

・公式ツイッターより
  …6/8(月)Abemaで一挙配信!!
  …ボイス企画 その6は「私を叱って」
 制作スタッフ 
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・6ページ目へ
  …Bパート
・12ページ目へ
  …公式ツイッターより、ボイス企画はQ6へ
・14/14ページ目へ

※過去感想記事の一覧へ

原作公式と配信。外部サイト

原作公式サイト
  …小説家になろう
配信サイト(月額440円/PC可)
  …Dアニメストア 土曜日24時配信 ロゴあり
  …同Amazon版 プライム必須 ロゴなし

今週の専用録音予告
カタリナファイブ「学園編」振り返りも配信!!

はめふら 第10話 感想 00004



 僅か2分で、的確に振り返る総集編ですぞ!

そして「手」
 のっけから不穏な映像でスタート

 いつもならコミカルの濁流のような予告ですし
 今週も、ハッピーちゃんがハッピー
 貴重なハッピーさ!

 だが今週はガチなんだぜ!

 果たして、どこまでが妄想で
 どこまでが「現実」か

 そんな印象を抱いてしまう予告でした

 そんな中、ジオルド吹かせるイケメン風たるや

 でも少し…、この風… 泣いています…

ボイス企画は「私を叱って!!」
叱りがいあるカタリナ様に、皆の声は…

はめふら 第10話 感想 00005
はめふら 第10話 感想 00006

 お父さん!もといアラン様ってば叱り方が…

叱ってください!!
 やだジオルド様、ここぞと部屋に連れ込もうと

 キースも一念発起、あふれる色気が完全に18禁
 アランも、無欲なようでグッときてます
 グッといってる!!

 攻める男性陣、攻められる女性陣!!

 マリアが可愛い(かわいい)
 メアリ、実に儚い抵抗じゃあねーの!

 ソフィアはほんきで おこった! しかし かわいかった!

 ニコル、破壊力が凄まじいね…

全体あらすじ
黒幕は消去法、もちろん他には居ない訳で

はめふら 第10話 感想 00660

 動機は解ったも奇妙。いい声だったわ…!!

あらすじ
 断罪イベントは、ゲームと違う形で執行

 他ならぬ、マリアたちのとりなしで破滅回避も
 実は、国内でも知る者が少ない魔力
 闇の魔力が暗躍していた

 気付いたマリアは消息を絶つ

 三日後、ジオルドに「闇の魔力」を聞き
 カタリナはゲームを思い出す

 実はシリウス会長が、闇を持つ隠し攻略キャラ

 彼の手で、カタリナは深い眠りに…?

 次回、乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第11話「破滅の時が訪れてしまった…後編」



あなたの悪事の数々を、公のものとするわ!

はめふら 第10話 感想 00012

 前回、15歳からクラエス家に仕えるアンを通じ
 カタリナが、深く周りに愛され
 振り回す様が描かれた

 だが冬の訪れで「断罪」発生

 そんな!! 心当たりがありすぎる…!?

カタリナ『私の…、悪事!?

はめふら 第10話 感想 00014

)カタリナ
 ……って何だぁ~……?


 ヘビのおもちゃを投げてること?

 学園内に畑を作っていることがバレた!?

 他には…、えっと…


はめふら 第10話 感想 00017
はめふら 第10話 感想 00020
はめふら 第10話 感想 00022
はめふら 第10話 感想 00024

 いやいや気付いてないの!?

そうじゃなくて!!
 展開は完全に「断罪イベント」

 前回冒頭、カタリナが警戒した通りの断罪です
 が、彼女の脳内で合致しません
 冒頭から絶好調!!
 
 その罪で怒るのは母さんくらいよ!!

 つまり、目の前の令嬢は…

 お母さんだった…?

令嬢『あなたは、公爵家の令嬢であり!』

はめふら 第10話 感想 00032

)令嬢
 ジオルド王子の婚約者であるという
 その権力を振りかざし

 身分の低い者たちを虐げてきた!


はめふら 第10話 感想 00036

)糾弾令嬢
 そして、ジオルド様達と懇意にしている光の魔力保持者マリア・キャンベルに嫉妬し

 犯罪まがいの嫌がらせを繰り返しているッ!


はめふら 第10話 感想 00038

)カタリナ(脳内)
 あれ…? これってどこかで見た事が…?!

 あ、思い出した!

 これはゲームの中で何度か目にした、カタリナ・クラエスの断罪イベント!?


はめふら 第10話 感想 00042

)元祖悪役令嬢カタリナ(脳内)
 こんなフウに、多くの生徒達の前で
 罪を公にされたカタリナは

 破滅へと誘われる…ッ!?


 まさか、突然始まるなんて…?!


はめふら 第10話 感想 00048
はめふら 第10話 感想 00053

『(あ、いやカタリナを断罪するのは攻略対象だったはず…?)』

強制された「原作」
 ああだから気付かなかったのか!!

 展開上、令嬢がマリアの事を責めるのは明らか
 ただ、本来「これ」を言うのは別人
 だから解らなかった

 ゲームにも「令嬢」は居る

 だが、彼女らは「この役割」じゃない
 だから不似合いなのね

 だから悪役面なんですね!

 生前の部屋、けっこう乙女じゃないの!

『(ジオルドルートならジオルドが、キースルートならキースが…)』

はめふら 第10話 感想 00058

)カタリナ
『(マリアを守るように立ちはだかるはずなんだけど…?)』

 あれぇ~?


)即席令嬢
 と ぼ け て も 無駄よ!


はめふら 第10話 感想 00061
はめふら 第10話 感想 00063

 豪華二大イケメンの競演

だけど 変だぞ おかしいぞ
 カタ様「あれれ~?」ってコナンみたいな

 令嬢はとぼけてると誤解、ずいずい責めますが
 まあ、なんて常識的な対応でしょうか
 君は常識人だね!

 カタリナへの不慣れさが顕著

 また、イメージ映像が混ざりこんでますが
 これはこれで新鮮

 普段あんなに喧嘩してるキースとジオルドが…

 あと心なしかおっぱいが小さい

即席糾弾令嬢『こちらにはちゃんとした証拠も揃っているわ!!』

はめふら 第10話 感想 00073

)眼鏡令嬢
 カタリナ・クラエスが行った、マリア・キャンベルに対する数々の嫌がらせと

 その証拠が記されています!


)デコッパチ令嬢
 私はこの眼で!

 何度も嫌がらせの現場を目撃しました!


はめふら 第10話 感想 00076

)モブ令嬢
「「「ざわざわざわざわざわざわわ…」」」


)腹黒王子
 これは一体何事ですか!


はめふら 第10話 感想 00078

)カタリナ
『(これこそ!)』

『( ゲームのカタリナ断罪イベント、そのものの光景?!)』


はめふら 第10話 感想 00083
はめふら 第10話 感想 00086
はめふら 第10話 感想 00088
はめふら 第10話 感想 00089
はめふら 第10話 感想 00094
はめふら 第10話 感想 00097

(遂に来てしまった!私の破滅フラグ―?!)

世界の強制力的な
 相変わらずジオルド達への信頼に

 依然「皆はマリアに恋してる」と信じている為
 カタリナ視点では当然の流れか
 やんぬるかな!!

 マリアが可愛すぎるから仕方ない

 誰より、カタリナがマリアに惚れてる分
 説得力があるのは解る

 彼女の中では

 何より「ゲームと同じ展開」ですから…

乙女のルートはひとつじゃない♪
ハッとする!Lucky な「今」にごきげんよう

はめふら 第10話 感想 00098
はめふら 第10話 感想 00099
悪役令嬢 第10話 感想

 いつだって前向きなOPもそろそろ終わり間近!!

 皆の周りを飛び回り、幼少期と成長後
 あっちこっちする構成が楽しい
 見せ方が上手い!

 のっけから作業着なのも度肝!

 ソフィアの場面、前回の「パジャマ」なのね

真面目『ゲームのシナリオでは!

はめふら 第10話 感想 00106

)久々の真面目
 この後、マリアがカタリナを糾弾します!


)マリア(原作ゲーム版)

この話は事実です!


はめふら 第10話 感想 00113

)弱気
 このいけば、カタリナは身一つで国外追放です…


)議長
 或いは攻略対象に殺されるか…


)強気
 ポケットに蛇のおもちゃ入れてきた?


はめふら 第10話 感想 00114
はめふら 第10話 感想 00117
はめふら 第10話 感想 00120

国外追放になったら、愛用の鍬は持っていけるかな~?(ハッピー』

カタリナファイブ
 ちゃんと気楽ですねハッピーさん!!

 久々カタリナファイブ、ブランクは感じさせず
 カタリナにとって、不安の象徴ですが
 出ると安心しますね

 強気ちゃんは攻めの姿勢!!

 蛇、反撃をスタンバるあたり
 攻めの姿勢ですわ

 ばっちゃも攻撃は最大の防御って言ってた!!

 いい表情です糾弾令嬢!

『さあマリアキャンベル! 今こそカタリナ・キャンベルの罪を告発するのよ!』

はめふら 第10話 感想 00124

)マリア
 この話は…

 まったくのデタラメです!?


)糾弾令嬢
 へっ?


はめふら 第10話 感想 00127

)マリア
 私の大切な方を侮辱しないでください!


)おっぱい令嬢
 な、何を言っているの?

 私達はあなたのために…?


はめふら 第10話 感想 00135

)メガネ令嬢
 そ、そうよ!ちゃんと証拠もあるし…


)デコ令嬢
 私達は、あなたの味方なのよ~!?

 ねえ?!ジオルド様!?


はめふら 第10話 感想 00143

)ジオルド様
 こんな状況証拠だけを持ってきて「ちゃんとした証拠」とは…

 笑ってしまいますね!


はめふら 第10話 感想 00144

 ウルトラ真顔ですジオルド様!

笑顔を忘れて
 あ、この人たちは知らないだけなんだ…

 と良く解る演出。トリオ令嬢はガチな困惑へ
 ジオルド、笑顔の権化が厳しい顔
 異常事態ですわ

 状況証拠自体は立派らしい

 たとえば、マリアに菓子を作らせてる事
 それは「事実」。

 その事実も、公爵家の立場を組み合わせ「強要してる」と説明すれば別物になりますし

「事実」はいくらでも応用が利く…
 
キース『そもそも!

はめふら 第10話 感想 00146

)キース
 ここに書かれたような緻密な嫌がらせなんて

 単純な姉さんにできるはずがないよ…


はめふら 第10話 感想 00151
はめふら 第10話 感想 00155

君達?本当に姉さんがこんな嫌がらせをしている所を見たの?(キース』

圧をかけるイケメン
 逆に笑顔でドン引きさせるキース

 怖い顔も笑顔でも、使い方次第で立派な凶器ね
 でも義弟、その言い方酷くない?
 酷すぎない!?

 単細胞だとディスられる義姉

 さすが、幼少期からツッコミの権化
 わかりみが深い

 深すぎる!

 まあいやらしい顔!

メアリ『本当ですわ!

はめふら 第10話 感想 00157

)メアリ
 カタリナ様がこのようなことをなさるはずがありません!

 カタリナ様はとても単純な方です!


はめふら 第10話 感想 00159

)アラン
 まったく、その通りだ!

 この馬鹿は、そもそもこんな手の込んだ嫌がらせはできない!馬鹿だから

 やるとしたら真向勝負しかできんのだ!


)メアリ 
 うんうん!


はめふら 第10話 感想 00165

)ソフィア
 そうですわ!

 カタリナ様にそんな器用さはありません!


)ニコル
 …その通りだ


はめふら 第10話 感想 00168

(なんだろう…、皆おそらく庇ってくれてるんだけど…、けなされてる気もする…!)』

信頼大爆発
 友情が麗しすぎて大ダメージ

 前回が顕著で、皆カタリナの発想を解ってる
 解ってるから、ハサミで一致し総員自爆
 今も意見が完全一致
 
 こうかは ばつぐんだ!!

 何せ苛めてません 
 状況証拠から、“実は苛め”だと偽証

 その為「傍目に仲良しだが、実は緻密な嫌がらせ」と偽証したのか…?

 理屈はわかるが気の毒な!?

学生令嬢『そうよ!カタリナ様がそんなことするはずがないわ!』

はめふら 第10話 感想 00171

)令嬢1号
 何かの間違いじゃないの?


)令嬢2号
 そうよねえ!


はめふら 第10話 感想 00175

)マリア
 確かに私は、ここに書かれているような
 嫌がらせを受けたことがあります

 でも、それをしたのはカタリナ様ではありません!


 カタリナ様は、何度も私を庇ってくださいました!


はめふら 第10話 感想 00176

)マリア
 この嫌がらせを、本当にしてきた人たちを
 私はちゃんと覚えています!

 なんでしたら、今ここでどなただったか申し上げてもいいのですが!


はめふら 第10話 感想 00178
はめふら 第10話 感想 00184
はめふら 第10話 感想 00186
はめふら 第10話 感想 00187
はめふら 第10話 感想 00188
はめふら 第10話 感想 00193
はめふら 第10話 感想 00195





 この「影」は、マリアだけ視認できるとの事

オタッシャデー!!
 久々、第5話ファイヤー令嬢の姿が

 断罪した令嬢は、夏休み回以降に登場した面々
 彼女ら、どうもいじめの実態を知らず
 証拠に乗っかった
 
 カタリナ憎しを利用され自滅

 ただ憎しみが主体とはいえ
 苛めだと信じ、排除しようとしたのは事実

 嫌いな奴を排除する為、伝聞を信じる。これ自体はままある事ですね…。

 ここから出た後、正気になったとの事

メアリ『カタリナ様!大丈夫ですか?』

はめふら 第10話 感想 00198

)カタリナ
 う、うんあの…、皆ありがとう!


)ジオルド
 いいえ。むしろ、すぐに助けにこられなくてすみませんでした


はめふら 第10話 感想 00206

)キース
 遅くなってごめんね。姉さん


)カタリナ
 はぁ…、やっと気が抜け…


※腹から重低音


はめふら 第10話 感想 00212
はめふら 第10話 感想 00215
はめふら 第10話 感想 00217

 ごく自然に肩に手を置くチャラ男遺伝子

円卓の食事
 その後、リモート会議中もがっつくカタリナ

 前後しますが、実はさっきの食堂だったらしい
 つまり昼飯を食い損ねてたのね
 とまれ

こんな事をするとは…(ジオルド』

 ダンジョン回、彼女らは憎んでいました
 でもカタリナは公爵家
 
 最上位貴族かつ王子婚約者!

 つくづく身分にも、身内にも恵まれてますわ

 こんなにモリモリ食ってるのに!

キース『確かにあの方たちは、姉さんを目の敵にしていましたけど…』

はめふら 第10話 感想 00219

)キース
 ここまでの事をする行動力があるとは思わなかったです


)アラン
 こんなのでも一応、公爵家の令嬢だ…

 侮辱したとなれば、彼女たちの立場も危うくなる


はめふら 第10話 感想 00223

)メアリ
 ええ、それにこの証拠とかいう一覧も…

 とてもあの方達が用意したとは…?


はめふら 第10話 感想 00224

)ソフィア
 偽造とはいえ、とてもしっかりした証拠書類ですわ


)ニコル
 俺たちが全員、生徒会の用で呼び出されていた事もおかしい…


はめふら 第10話 感想 00227
はめふら 第10話 感想 00229
はめふら 第10話 感想 00231

まるで…、私達がいない時を狙っていたかのようですわ…(メアリ』

書類憐みの令
 なるほど「書類」もキーワード

 そも消去法で、生徒会長が最も怪しいものの
 書類、生徒会招集とくれば
 怪しさ相乗効果!!

 問題は会長の「動機」のなさ

 的確すぎるフラグ立て
 視聴者には、どんどん怪しく見えます!

 ただ「動機」がないと疑うには足りません

 whydunit、何故やったのか

カタリナ『(いやー、良かった良かった!)』

はめふら 第10話 感想 00237

)カタリナ(脳内)
 乗り切ったぞ断罪イベント!

 回避したぞ! 破滅フラグ!


 ゲームのストーリーは二年生の卒業まであるから、まだまだ安心はできないけど…

 それでも!


はめふら 第10話 感想 00240
はめふら 第10話 感想 00241
はめふら 第10話 感想 00244

(最大のピンチを皆のお蔭で見事にのりきれた!本当に良かったわ~!)

食っとる場合か!!
 皆、このトンチキをドヤしていい!!

 カタリナの場合、なまじ「ゲーム」と知ってる
 その為、乗り越えれば問題なし!!
 クリアした!!

 安心ってお腹が空くよね!!

 ただ、“主犯”は後で明らかになるも
 ゲーム展開の強制は謎

 おかげで不自然な展開でした。何故? 彼も「動かされてる」のか?

 揺り戻し、世界の強制力的なもの…?

カタリナ『あ~、今日のお昼も美味しかった☆』

はめふら 第10話 感想 00246

)アラン
 あんな事があった後なのに

 よくあれだけ食べたなお前…


)メアリ
 そんなところも素敵ですわ♪


はめふら 第10話 感想 00248

)マリア
 ! …あの!!

 すみません、皆さん先に戻っていてください

 私、少しだけ行っておきたい所があるので


はめふら 第10話 感想 00250

)カタリナ
 どこに行くの? あ、一緒に行こうか?

 あんな騒ぎの後だし~


)マリア
 いいえ、たいした用事ではないので
 

はめふら 第10話 感想 00254

)マリア
 皆さん、お先にどうぞ


)カタリナ
 じゃあ、先に行ってるわね?


はめふら 第10話 感想 00255

)カタリナ
 この時、マリアと一緒に行かなかった事を
 私は、後に…

 深く後悔する事になる…


はめふら 第10話 感想 00260
はめふら 第10話 感想 00266
はめふら 第10話 感想 00273
はめふら 第10話 感想 00274
はめふら 第10話 感想 00275
はめふら 第10話 感想 00277

『(別れを最後に、マリアは姿を消してしまったのだ…(カタリナ』

ここは私に任せて
 またも「闇」を視認、後を追ったマリア

 迂闊な行動ですが、前後すればやや仕方ない話
 実は、“闇”はマリアしか見えなかった
 説明が難しかったか

 そも「闇」は秘匿された魔法

 マリアは、相手が何なのか知らぬまま
 後を追ってしまったらしい

 追った相手は会長でしたが、なら普段は発生してないらしい

 会長に闇が強まる条件とは…?

カタリナ『(…何であの時、一緒に行かなかったの!)』

はめふら 第10話 感想 00282

)シリウス会長
 …これを飲んで身体を温めて

 ひどい顔色だよ


)カタリナ
 会長…、ありがとうございます


はめふら 第10話 感想 00284

)カタリナ
『(いつもと同じ、優しい味…)』


)会長
 マリアさんは、きっと大丈夫だよ!


はめふら 第10話 感想 00286

)カタリナ
『(会長…、会長だってマリアと親しくしていたのだもの。こんなことになって、辛くないはずはないのに…)』

『(そうだ…、私だけが辛いんじゃない)』


はめふら 第10話 感想 00293
はめふら 第10話 感想 00295
はめふら 第10話 感想 00296
はめふら 第10話 感想 00297
はめふら 第10話 感想 00298
はめふら 第10話 感想 00301

『(後悔して落ち込んでばかりいられない!』

会長とコンボイの謎
 こういうところ「いつだって前向き」なんです

 視聴者視点、もう会長が怪しくて仕方ない上に
 今、マリアの安全を保障する等
 怪しさ倍増し!!

 でもカタリナってば前向きな事!!

 また、ダンジョン回で助けてくれた等
 敵対者にしては謎

 当初、名前「シリウス」の通り二重人格かと思いましたが…?

 今週はとにかく会長が謎!

よし!絶対にマリアを見つけ出す!』

はめふら 第10話 感想 00307
はめふら 第10話 感想 00309
はめふら 第10話 感想 00311
はめふら 第10話 感想 00313
はめふら 第10話 感想 00315

しかし、マリアの行方は一向に掴めず。手がかりすら見つけられなかった…(カタリナ』

行方不明三日目
 社交界で名高いメアリ達は聞き込み

 残るメンバー達も、直接探し回ったが消息不明
 メタ的には、人手を動員すべきも
 解りやすく演出か

 もちろん会長も参加

 しかし犯人が会長として
 Howdunit、どうやって隠したのか?

 ラストシーンからして、監禁向きの魔法らしい

 なんて薄い本に向いた人…!

※トップに戻る
 
カタリナ『はあ…、今日で三日目か』

はめふら 第10話 感想 00318

)アン
 カタリナ様

 ジオルド様がお見えです


)カタリナ
 こんな時間に…?


はめふら 第10話 感想 00321

)カタリナ
 マリアに何かあったんですか?!


)ジオルド
 いえ…、マリアさんの行方はまだつかめていません


はめふら 第10話 感想 00325

)ジオルド
 でもどうしても伝えておきたい情報があって

 こんな時間にすみません


 …まず、あの令嬢達が証拠として出した資料をご覧ください


はめふら 第10話 感想 00327

※略


)ジオルド
 奇妙な事に、令嬢たちはあの書類を
 どこで誰から手に入れたのか

 全く覚えていなかったんです…


はめふら 第10話 感想 00332

初めは彼女達が嘘をついていると思い、色々確認したのですが…(ジオルド』

名腹黒探偵ジオルド
 色々確認(意味深)。

 偽造書類、読者視点では「会長の痕跡」ですが
 辿った結果、入手経路が不明
 不可思議な結果に

 令嬢達が「事実」と信じた証拠書類

 自ら作ったからではなく
 どころか、経路を思い出す事さえできない

 会長、つくづく薄い本に向いた人…!!

 記憶、意識を操作されていたと

ジオルド『どうも、本当に覚えていないようなのです…』

はめふら 第10話 感想 00338

 謎の偽証は、他令嬢がマリアを苛めた事件

 また曰く、緻密な策でカタリナが関与したとし
 状況証拠としては優れてたらしい
 流石は学年一位

 それにしても、根も葉もなさすぎる偽証でした

 魔法で意識操作してたのか

カタリナ『皆で、記憶喪失にでもなってしまったとか?』

はめふら 第10話 感想 00341

)ジオルド
 彼女達はあの日、なぜ、あんなことをしようと思ったのかすら…

 覚えていないのです


)カタリナ
 …?!


はめふら 第10話 感想 00347

)ジオルド
 彼女達はキミを疎ましく思っていた
 それは事実でした

 でもだからと言って、あんな風に公な場で害をなすことなど

 考えもしなかったそうです


はめふら 第10話 感想 00350

)リーダー的令嬢
 何故か急に

「忌々しいカタリナ・クラエスを酷い目に遭わせてやろう」

 という気持ちでいっぱいになってしまったのです


はめふら 第10話 感想 00352

)リーダー令嬢
 でもあの後、食堂から出たら…

 そんな気持ちは全くなくなってしまって…


)眼鏡令嬢
 むしろ、なんであんなことをしてしまったのか、と皆で頭を抱えて……


はめふら 第10話 感想 00354

)デコスケ令嬢
 本当に
 本当に!

 申し訳ありませんでしたー!


はめふら 第10話 感想 00357

)元悪役令嬢カタリナ
 …奇妙な話ね、まるで何者かに操られていたみたい


)腹黒王子ジオルド
 本当に、操られていたのかもしれない…


はめふら 第10話 感想 00366

)ジオルド王子
 あの時、彼女たちの様子はどうも妙でしたから


)カタリナ
 でも…、人を操るなんてどうやって…?


はめふら 第10話 感想 00370

闇の魔力を持っていれば可能です(ジオルド』

徐々に奇妙な証言
 確かに腹黒王子なら、闇の魔法くらいは

 あまりに杜撰だったのは、魔法で操られた為
 彼女たち自身、“そうしたい”と思い
 闇魔法が背を推した

 欲望を助長され、実行に移した

 実に農業くさい本作ですが
 ダンジョン回の通り、魔法もある訳で

 欲望回のように、望みを刺激され操られた訳か

 つい操られてやった、今は反省している

ジオルド『闇の魔力は、第六の魔力です』

はめふら 第10話 感想 00372

)ジオルド
 非常に危険なものとして禁じられ
 隠されてきたのです

 その存在は国でも一部の者しか知りません


)カタリナ
 そんな危険な魔力があるんですか?!


はめふら 第10話 感想 00374
はめふら 第10話 感想 00375
はめふら 第10話 感想 00377

闇の魔力は人の心を操る。しかも操られた方は、それを憶えていないのです(ジオルド』

第六の魔力
 闇自体、禁忌としてほぼ誰も知らない

 故に完全犯罪可能で、周知する訳にもいかない
 前後しますが、闇だけは生まれでなく
 後天的に入手する力

 周知すれば誰もが欲しがる

 隠蔽も納得だし、ますます有効に
 負のループなのね

 操って記憶に残さない。なにそのエロゲ

 …が、制約があるとの事 

カタリナ『なんて恐ろしい魔法…?!』

はめふら 第10話 感想 00385

)ジオルド
 ええ、妬みや憎しみの心を増長させ…

 行動を起こさせるのです


)カタリナ 
 妬みや、憎しみ…?


はめふら 第10話 感想 00390
はめふら 第10話 感想 00394

ですから、そういった感情を持たないあなたを操る事は出来ない(ジオルド』

負の感情
 さらっと凄い事を!!

 とまれカタリナや、彼女の身内を操れば早いも
 闇は妬み、憎しみを助長する魔法
 カタリナに効かない

 眼鏡令嬢達をけしかけるのが関の山

 たとえば、カタリナがマリアを妬むなら
 簡単な話なのね

 妬みを助長すれば、マリアに嫌がらせして社会的評価を下げ、傷害沙汰に陥り破滅する

 が、それが出来なかった訳か…?

ジオルド『あなたを狙っているかもしれないのです』

はめふら 第10話 感想 00397

)ジオルド 
 …犯人の目星も付いていませんし

 とにかく、充分に気を付けてください。くれぐれも無暗に一人で行動したりしないように


はめふら 第10話 感想 00401

)カタリナ
『(…あれ? 狙われてるのは私?)』


 じゃあ何故マリアは居なくなったのですか!?

 マリアは無関係なはずよ!?


はめふら 第10話 感想 00404

)ジオルド
 ええ、でも彼女は光の魔力を持っています


 闇の魔力は、普通は知覚できませんが…

 光の魔力保持者だけは知覚できる、とも言われているのです


はめふら 第10話 感想 00408
はめふら 第10話 感想 00416
はめふら 第10話 感想 00424
はめふら 第10話 感想 00426
はめふら 第10話 感想 00430

闇の魔力を持つ者に接触してしまった、そして連れ去られた! …これが僕の推測です

推測王子
 見てきたように正しい推測

 完璧王子の面目躍如!前回の捲土重来ですね!
 杜撰さは、闇の魔力の限界だった
 故にフォローした

 孤立、偽証作りは補強の痕跡か

 また「会長」は卒業目前
 その為、事を焦ったとすれば辻褄が合います

 動機が不確かなのも、闇の魔力の性質と似ます

 会長自身、負の感情が暴走してる…?

カタリナ『そんなものを持って、生まれてしまう人がいるなんて…』

はめふら 第10話 感想 00436

)ジオルド
 いえ、闇の魔力は、生まれながらに持っているものではなく

 後天的に手にいれるものなのです


はめふら 第10話 感想 00440

)カタリナ
 後天的に…?

 一体、どうやって?


)ジオルド
 ある儀式が必要なのです


はめふら 第10話 感想 00444

)ジオルド
 儀式に於いて、人間の命を捧げることで
 手に入れることができます


 つまり、誰かの命と引き換えにその力を得ているのです


はめふら 第10話 感想 00446

 生まれながら持つ者は居ない

後天的な魔力 
 故にこそ隠蔽容易で、かつ難しい

 誰も知らなければ、誰も得る事は出来ないけど
 万一に、誰かが得てしまった時
 見つけるのが難しい

 マリアは、数少ない天然の探知機

 前後しますが、闇はゲーム時代から存在
 マリアが関わるのも納得

 むしろカタリナこそ、イレギュラーもイレギュラーなのね

 ゲーム時代とは性格が違い過ぎる!

カタリナ『…ここは? ……うわぁ!?

はめふら 第10話 感想 00452

)カタリナ
 皆!? どうしたの!?

 起きて!? ねえ起きてよ!

 なんで、どうして…


はめふら 第10話 感想 00457
はめふら 第10話 感想 00459
はめふら 第10話 感想 00460
はめふら 第10話 感想 00463
はめふら 第10話 感想 00467
はめふら 第10話 感想 00472
はめふら 第10話 感想 00482
はめふら 第10話 感想 00483
はめふら 第10話 感想 00485

こんな結末を迎えるなら、私、一人が破滅した方がどんなによかったか…!(カタリナ』

カタリナの悪夢
 相手は既に誰かを殺して

 それも、カタリナを狙うべく周りへと手を下す
 連想が悪夢になったものか
 だが良い兆候も

 これなら自分が破滅した方がマシ

 破滅しないよう、周りに働きかけたり
 冒頭で周りを信じなかったり

 悪い見方をすれば、非情に利己的な物語

「でも違う」と描いてるのね

 本当、優しい子なのだわ 

カタリナ『闇の魔力の話を聞いたからかな…』

はめふら 第10話 感想 00492

)カタリナ
 あんな未来はある訳がない…

 ゲームの世界で命の危険があるのは悪役令嬢

 カタリナ・クラエスだけだったハズ


はめふら 第10話 感想 00496

)カタリナ
 どんなルートを通っても

 あんな未来は絶対にあり得ない…!


 そして私は、その危険を乗り越える為に、準備を重ねてきた…

 大丈夫…、大丈夫よ…!


はめふら 第10話 感想 00502
はめふら 第10話 感想 00505
はめふら 第10話 感想 00513
はめふら 第10話 感想 00514
はめふら 第10話 感想 00517
はめふら 第10話 感想 00521

 しかし寝不足で(コミカルに)倒れてしまう

乙女のルートは一つじゃない
 転生だけど、タイムトラベル物にも近い

 悪役令嬢作品は、あらかじめ破滅が決まってる
 対し、どうやって対応するかが鍵で
 本作は畑を耕した
 
 決まり切った未来を変えたい

 ただ、だからこそ悪い未来も起こる
 想定外の展開もある

 ゲーム通りであって欲しい、ゲームを覆したい

 両方願ってしまうのが難しいところ

カタリナ『フウ~、よく寝た♪』

はめふら 第10話 感想 00523
はめふら 第10話 感想 00525

「知らない天井だ…」

 寝起きが、めちゃくちゃズル休みっぽいですが
 昨晩、あれから眠れなかった為
 倒れて保健室で一休み

 てっきり、外は大名行列状態かと思いました

 あらやだ!! ジオルド様ったら迂闊…!!

カタリナ『先生、もう大丈夫です♪

はめふら 第10話 感想 00530

)カタリナ
 先生!もう大丈夫です♪

 ありがとうございました!


)先生
 それは良かった、教室に戻りますか?


はめふら 第10話 感想 00536

)カタリナ
 ジオルドから「くれぐれも一人で行動するな」って言われたけど…

 誰もいないし!


 ちょっとの距離なら問題ないわよね♪


はめふら 第10話 感想 00538
はめふら 第10話 感想 00542
はめふら 第10話 感想 00548
はめふら 第10話 感想 00552

……ここでマリアと仲良くなったよねえ…(カタリナ』

安全蛸 
 誰もいないからヨシ!

 いや良くない!!ジオルドとキースに怒られそう 
 隙をつき、メアリが攫って逃げそう!!
 油断が致命傷!!

 この令嬢、ホント一人歩き大好き!!

 第2話で、トイレに行ってメアリに会い
 第3話もトイレに略

 やっぱりニコルが添い寝しとくべきだったのだ

 無言で添い寝しとくべきだったのだ…
  
カタリナ『マリア…』

はめふら 第10話 感想 00553

)カタリナ
 今、一体どこにいるのかしら…
 怖い思いをしてないかな…

 お腹空いてないかな…


)????
 …あれ、カタリナさん?


はめふら 第10話 感想 00557
はめふら 第10話 感想 00559
はめふら 第10話 感想 00565
はめふら 第10話 感想 00575
はめふら 第10話 感想 00577

『(……あれ? 会長は…、どうしてここにいるんだろう? 今は授業中なのに…?(カタリナ』

黒船到来
 勘のいいガキは嫌いだよ

 正直、このまま次回へ引っ張るケースも多い為
 展開の早さがちょっと意外です
 実にいい!!

 視聴者にはモロバレな黒幕到来

 バレバレ仮面並みに解り易い
 ただOP上、彼はゲーム的に表現

 当初は管理者、ゲームシステム側なのかと…

 が、正体は第6話ラストでほぼ明言

カタリナ『(真っ赤な髪と、灰色の瞳がきらきらして奇麗…)』

はめふら 第10話 感想 00586

)あっちゃん
 すっごく大変なルートがあってね!

  隠しキャラを攻略するんだけどね!

 それは、闇の魔力を持っている
 危険人物なんだよね~


)前世様
 エーッ!?


はめふら 第10話 感想 00587

)あっちゃん
 攻略が失敗すると!

 主人公とその友人、みんな彼に殺されちゃうっていう酷いバッドエンドなんだヨ!


)前世様
 そんな?!


はめふら 第10話 感想 00599

)あっちゃん様
 ちなみに、その隠しキャラはねッ!

 真っ赤な髪に灰色の瞳の~♪


はめふら 第10話 感想 00611

)前世様
 あっちゃん!それ以上はヤメて!?

 ネタバレ禁止~!?


はめふら 第10話 感想 00614



(なんでこんな大事な事、今まで忘れてたの?! 私は本当に馬鹿だ…!(カタリナ』

聞いてけセーラー服
 夏休みに思い出しかけたネタバレ

 カタリナは前世で、ニコル除く三人を攻略済み
 ただ、ニコルだけ特別難しいと思えず
 隠しルートを示唆

 カタリナ曰く「脇役」の会長

 それでいて、メイン四人に劣らぬ能力
 隠しキャラだった為か

 サンキューあっちゃん!ありがとうネタバレ!

 皆!ネタバレは聞いておこうな!

 転生した時に役立つぞ!

カタリナ『(生徒会長シリウス・ディーク……)』

はめふら 第10話 感想 00616

)カタリナ(心中)
 彼こそ、ゲームの隠しキャラだったんだ!

 この人が、私の大切な人たちの命を奪うなんて

 とても信じられない……


はめふら 第10話 感想 00619

)カタリナ(心中)
 でも前世の記憶が確かなら、彼は闇の魔力を持っている…

 人の命を捧げ得る、恐ろしい力を…


)シリウス・ディーク会長
 カタリナさん、どうしたの?
 

はめふら 第10話 感想 00620
はめふら 第10話 感想 00621

『(本当に…、本当にこの人なの…?(カタリナ』

ただ当たり前に
 ただ、ここで踏みとどまるのがカタリナ

 友人に害が出て、犯人が明らかに騙しに現れた
 が、そこで信じようとする
 踏みとどまる

 友達を信じる、当たり前の事

 普通の事を、異常にやりきってしまうから
 皆に好かれるんでしょうか

 無論「隠し攻略対象」なら、根は良い奴だと打算だって出来る

 でもカタリナ様、打算は微塵もない!!

カタリナ『会長は、闇の魔力を持っているんですか? それでマリアに何かしたんですか?』

はめふら 第10話 感想 00630

)会長
 闇の魔力……


)うっかり様
『(しまった! ついポロッと?!)』


はめふら 第10話 感想 00635
はめふら 第10話 感想 00638
はめふら 第10話 感想 00641

……って、何だい?(会長』

無自覚に
 直球で聞いたァ!!

 出たァ!!思った事と、口が直結の大胆なムーブ!!
 口は心ほどに物を言うじゃねーの!!
 剛速球!!

 剛速球だが場外ホームラン!!

 おーっと!! 口と心が分離してる会長
 見事な悪役ムーブ!!

 何なの心と体、遠心分離機にかけられてるの!?

 カタリナの善意を地獄に送り返したー!!

カタリナ『(……そうだよね? 知らないよネ…?)』

はめふら 第10話 感想 00643

)カタリナ(心中)
 私も、ジオルドから聞くまで話を知らなかったし!

 ゲームの設定と現実は違うのかナ?


 友人達もゲームの中のキャラクターと違うところが沢山ある…


はめふら 第10話 感想 00645

『(会長だって、違う可能性も高い!(カタリナ』

シュレーディンガーの会長
 ゲームと現実を一緒にしてはいけない

 WHOが警告するように、ゲーム障害は社会問題
 ゲームと現実、区別は付けなくちゃ!!
 ゲーム世界だけど!!

 カタリナは、皆を変えた自覚がない

 カタリナ視点で、皆は何故かゲームと違う
 会長もきっと違うと

 信じるに足る理由があるのね

 ちょっとキース君、姉に言うてやれ!

カタリナ『こんなに優しい会長が、犯人なんて…、ありえないわよね♪』

はめふら 第10話 感想 00646

)優しいシリウス会長
 …はあ………


)カタリナ
 かいちょー?


はめふら 第10話 感想 00652

)シリウス
 優しい、か…

 君はいつも僕のことをそう言うね


)カタリナ
 え? だって本当に…?


はめふら 第10話 感想 00660

)シリウス・ディーク
 そんなの演技だよ

 優しく穏やかなふりをしていれば、過ごしやすいからねえ


はめふら 第10話 感想 00665

馬鹿な君たちは、まんまと騙されていたみたいだけど(シリウス』

無自覚な
 おいおい会長、いい人じゃないか!!

 本来会長、ここでカタリナを騙すつもりでした
 でも、“優しい”と言われて怒った
 地雷だった
 
 そんなの絶対いい人じゃないか!!

 そも、既に一人殺しているし
 周りを欺いてる

 彼はそうせざるを得ず、己を「優しくない」と責めてる証拠なのか…?

 やーい! お前の会長、人格者ー!!

会長『マリア・キャンベルをさらったのも僕さ』

はめふら 第10話 感想 00669

 フフフ、バカなカタリナ! と言わんばかり

 マリア苗字とあいまち、コンバトラーVのよう
 担当cvは、女性向けアニメ常連
 人気声優の増田俊樹氏

 ああ、遊戯王ZEXALのシャークさんか!!

 すごく嫌味な声をしている…!!

『あの子は、知らなくても良い事を知ってしまった…』

はめふら 第10話 感想 00674

)回想マリア
 会長、それは何ですか!


)回想会長
 ? マリアさん?どうしたの?


はめふら 第10話 感想 00678

)マリア
 会長の周りには、カタリナ様を糾弾していた方たちと同じ…

 黒い霧のようなものが漂っています!


)会長
『(気付かれた!?)』


はめふら 第10話 感想 00680

)シリウス
 ……あっはは、さすが光の魔力保持者だね?

 そうだよ? 今回の件は僕が仕組んだんだ

 あの忌々しい女を消す為にね


 でもそんなのは、君は知らなくて良い事だから

 全て…、忘れるんだ


はめふら 第10話 感想 00682
はめふら 第10話 感想 00685
はめふら 第10話 感想 00688
はめふら 第10話 感想 00701
はめふら 第10話 感想 00707
はめふら 第10話 感想 00708
はめふら 第10話 感想 00709
はめふら 第10話 感想 00715

放してください!』『闇の魔法が効かない!?』

光の御子
 さすが光魔法、直球で弾いた!

 エフェクト上、光の魔法でブロックした様子も
 はたまた、妬みや憎しみに乏しいマリア
 闇耐性があったか

 マリア、会長キラーを遺憾なく発揮!!

 主人公であるマリア
 本来、能力を活かしてシリウスを癒すのか

 それが今、敵対してるのは皮肉

 光と闇、会長辛いね…

マリア『カタリナ様に危害を加えたら、私が許しません!』

はめふら 第10話 感想 00717

)マリア
 会長!

 何故カタリナ様を…!!


はめふら 第10話 感想 00728
はめふら 第10話 感想 00729
はめふら 第10話 感想 00730

 最後に勝ったのは物理(薬物)

蛇より有効
 魔力があっても、使い方次第

 ちゃんと、対策に薬を持ち歩いてた会長は流石
 カタリナが見習うべき用心深さ
 万全か!!

 闇使い、露見すれば社会的に終わる…?

 彼の人生、薄氷の上なんでしょうか
 破滅フラグの綱渡り

 余談ですが、スピンオフ「破滅寸前編」は会長と接点がありません

 対し「薬学」の人が出るのはこの繋がり?
 
シリウス『カタリナ・クラエス…!

はめふら 第10話 感想 00736

)シリウス・ディーク
 僕は君が大嫌いだ!

 さびしい奴らに声をかけて、救ってやっているつもりの偽善者が!


 お前を見ていると苛々して仕方ない!


はめふら 第10話 感想 00738
はめふら 第10話 感想 00740
はめふら 第10話 感想 00745
はめふら 第10話 感想 00751

いい加減にどこかに消えてくれ!(シリウス』

無自覚な
 会長の動機は怒り!!
 
 カタリナが皆を救った、それが偽善だと感じた
 彼にも「優しい」と声をかけた
 偽善だと感じた!!

 本作、皆を救ってきた「反動」か

 破滅を、カタリナが回避し続けた結果
 新たに生じたフラグ

「いい気になるな!」は、マリアへの罵倒と同質

 勝手な怒りは、ゲームのカタリナに似ます

 ただ彼は明らかに救われたくて…?

カタリナ『(何を言ってるのか、よく解らない!?)』

はめふら 第10話 感想 00756

)カタリナ(心中)
 ええと…

 この人は私のことをとても嫌っていて

 マリアを連れ去った張本人で

 これから私の大切な人達の命を奪ってしまうかもしれない人…


 なのに…!


はめふら 第10話 感想 00763

)カタリナ
 大丈夫ですか…?


『(冷たい…!? 苦しそうで…、辛そうで…、今にも泣きだしそう…?)』


はめふら 第10話 感想 00765

)シリウス
 …いい加減にしろ!

 僕にかまうな!

 もう…、もう僕の前から消えてくれ!

 そのまま眠り続けろ。その命が尽きるまで…


はめふら 第10話 感想 00766
はめふら 第10話 感想 00768
はめふら 第10話 感想 00770
はめふら 第10話 感想 00773
はめふら 第10話 感想 00779
はめふら 第10話 感想 00786
はめふら 第10話 感想 00789
はめふら 第10話 感想 00797

 しかしその表情は、完全にヒロインだった…

眠れ姫
 闇の魔法は通じないハズ

 でも何事も例外、眠り続ける魔法を受けた様子
 次回、眠り続けるカタリナ
 周りは王子!!

 眠り姫と王子、何も起こるハズがなく

 眠り姫と七人の小人
 説得要員、カタリナが眠る中でどう対応か

 ただカタリナなら、自力で復活する可能性も?

 よく食べて、よく寝れば或いは…?

※トップに戻る



感想追記
百出のフラグを乗り越え「隠れ攻略キャラ」へ

はめふら 第10話 感想
はめふら 第10話 感想

 OPは「数々のフラグの先」の意味

隠れ攻略対象
 今回怒らせたのは、皆を救った

 つまり、数々のフラグを経た事が彼を怒らせた
 OP、直前にあっちゃんが出るのも
 今回を彷彿の流れか

 悪態、ラスボス演出に余念がない!!

 が、その真意はラストでカタリナが語った通り
 彼自身が苦しんでいる事

 救われたい想いにあった

 ヒントは百出、次回が答え合わせだ!

いつも笑っていたけど
演技に過ぎず、悪態をついてたと告白

はめふら 第10話 感想 00641

 その逆もまた然り、笑顔の裏で悪態をつき
 悪態の裏で、救われたい
 涙を流してた

 その真意、ここかと思えばまたまたあちら!

 まったく浮気な会長様だぜ!

 次回、解決の後編へ…?

遂にタイトルコールがなくなったカタリナ農場
何故なら!収穫してしまったからだ~












 CM通り、公式で料理法についてツイート

一迅社☆
 もう何の漫画誌なの一迅社!?

 実際は上の通りで、調理は最低限だから面白い
 いや、大根を切る手間などは要るも
 道具は百均でOK!!

 親切か!!

 さては、視聴者がほぼ料理しないと想定
 初心者に挑戦を促す為…?

 ボブは訝しんだ

 イチジンシャの読者は、ズボラなニンゲンが多いんだ!

あと完全に、まったくの余談なんですが

はめふら 10話 感想

 シリアスな場面も、真っ先に思ったのがコレ

 万一、カタリナ様がツッコミ入れてたら
 会長、どんな顔をしたでしょうか
 まったくもう!

※カタリナ様、シリアス中です

※同じ一迅社「スターマイン」4巻より

※トップに戻る

ボイス企画 10の質問その6、叱ってください!!!
カタリナと学ぼうは「魔法学園案内」
















 先週分、Q5のまとめは無い様子


















































































2020年6月6日 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第10話「破滅の時が訪れてしまった…前編」

はめふら 第10話 感想 00054
はめふら 第10話 感想 00238
はめふら 第10話 感想 00800

 演出は漫画「花の慶次 -雲のかなたに-」より

スタッフ
 脚本:笹野恵
 絵コンテ:澤井幸次
 演出:一夢庵ひょっとこ斎
 作画監督:吉川佳織、小幡公春
 総作画監督:大島美和
 アニメ制作:SILVER LINK.
 原作:小説家になろう/山口悟
 制作協力:studioぱれっと

あらすじ
突然カタリナの身に降って湧いた「断罪イベント」。ざわめく食堂に混乱する脳内。ついに「破滅フラグ」が!と慌てるカタリナ。そこへジオルドたち生徒会メンバーが入ってくる。証拠書類をジオルドたちに見せ、カタリナを責める令嬢たち。その時、当事者であるマリアが口を開くのだった。
クライマックスへ、作画パワーを溜める推理回
ぱれっと社が制作協力!

はめふら 第10話 感想
はめふら 第10話 感想 00797



 完全にヒロイン、ここ演出も作画も良い…!!

黒幕も救え!!
 なるほどだからダンジョン回か!!

 同回はオリジナル、異常にピンチな展開でした
 が、明らかに「会長が救ってくれた」
 命の危機を救った

 悪い奴じゃない、と前振りしたのね

 闇は命が代償、ゲームでは皆を殺している
 物騒な情報にドキドキです

 でも「彼も救われたい」と描くのが本作らしい

 次回で破滅回避、次でコミカルに最終回…? 

 次回、乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第11話「破滅の時が訪れてしまった…?編」

トップに戻る



















 絶体絶命!破滅寸前編 1巻 “転生は15歳”

 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第3話「麗しの美形兄妹と出会ってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第4話「魔法学園に入学してしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第5話「主人公の実家にお邪魔してしまった…」
※ここからボイス企画10の質問スタート

 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第6話「夏休みだから楽しく遊んでしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第7話「危険なダンジョンに入ってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第8話「欲望にまみれてしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第9話「パジャマパーティで盛り上がってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第10話「破滅の時が訪れてしまった…前編」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第11話「破滅の時が訪れてしまった…後編」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第12話「最終イベントが来てしまった…【最終回】」

※過去感想記事の一覧へ

トップに戻る