蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 レビュー
 Ark Performance 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
ヤマト二人のメンタルモデルの訳
群像の「壁」コトノ、その行方が明らかに

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00085
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00084
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00075

 霧は二年前まで「ただ命令を実行する機械」

 二年前に琴乃をコピー、ようやく思考力を獲得
 それが、最初のメンタルモデルと判明も
 琴乃自身がますます謎!!

 人類には「霧」が混ざってるのか?

霧とは何なのか
 現アドミラティ・コード、魔女・グレーテルも
 琴乃同様、無自覚な「霧」として生まれ
 魔女扱いされてたのか?

 群像にとって越えられない壁だった琴乃

 その異常な能力も納得ですわね

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想


※公式サブタイなし。便宜名です。

・あらすじ
  …17巻に曰く「メンタルモデルの故郷」
  …第四施設事件、その真相へ
  …霧の上位システム

・第111話「ハシラジマの忘れもの」
  …父・翔像の狙いは「仲直り」
・第112話「渡りに艦」
  …復活のキリシマ、奔る!!

・第113話「ひとじち」
  …ヤマトも「嵐」を予言
・第114話「白銀の森」
  …ガウス、欧州大戦の原因
・第115話「首相集結」
  …レキシントン教授が連れてゆく「先」

・第116話「第四施設事件、その真相」
  …天羽琴乃「だった」という事
・公式ツイッターより
  …新スピンオフがスタート
・スピンオフ作品感想
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目

・6/6ページ目へ

※過去記事一覧ページ

霧は本来は命令を遂行するだけ
指揮官を求め、二年前に琴乃に接触していた

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00068

 実はACの上に「創造主」がいた

アドミラリティ・コード
 AC「再起動後、人類を海洋から駆逐せよ」指令

・1945年、アドミラリティ・コード起動
  グレーテル、出雲薫、ヨハネス・ガウスが目撃
  グレーテルは「AC」を名乗る

・指揮官であるACが失踪
 霧へは「約100年、命令がなければ別の指揮官を求めよ」と指示

・2038年、群像と琴乃誕生
 2039年、霧が出現し、海洋駆逐作戦を実施
  同年、大海戦にヤマト不参加
  同年、海洋封鎖へ

・2054年、第四施設事件
  真相は「ヤマトが琴乃を迎えに行った」
  初のメンタルモデル誕生

 以降の霧はMDを搭載、自我を持ち始める

・同2054年、群像がイオナと共に出航

 現在は西暦2056年

※イオナは「戦術ネットワークそのもの」だが、当人はそれを理解していない

あらすじ
もうすぐ、ルールのない本物の嵐がやってくる

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00065

 霧の性能をフルに活かす、宇宙規模の戦争?

あらすじ
 西暦2056年、日本海洋技術研学祭は続く

 最中、日本三首相は「霧の総旗艦」ヤマトと
 更に上位、霧を統括する「コマンダー」
 天羽琴乃と会見

 第四施設事件の真相が明かされる

 事件は琴乃を迎える際の事故
 ヤマトは謝罪し、犠牲者を蘇生させ返還

 では「天羽琴乃」は人間なのか?

 他方、アドミラリティ・コードは「出雲家」を訪ねる

第111話
イギリス軍を支援、霧の戦艦が「実弾」発射!

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00003
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00004
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00005
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00006
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00008




 椅子の少女はアーチャー卿、デメトリア

第111話「ハシラジマの忘れもの」
 父・翔像の「緋色の艦隊」はイギリスと同盟

 現在欧州は戦争状態で、その平定を狙ってます
 侵攻用に、“霧用の実弾”を英国が製造
 上陸部隊を支援へ!

 大口径の艦砲射撃!感動の一言だ!

 いや、これを書いている私とて戦争は嫌いも
 兵器というものは美しい!

 特に戦艦って奴はいいね、私も見たいわこれ!

 デメさんの正体発表は今回も見送り

翔像の狙いは「仲直り」
彼の協力にて、英国は欧州上陸作戦を実行へ!

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00012
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00013
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00014
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00015
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00016
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00017

 翔像の狙いは、欧州の「仲直り」?

父の代理戦争
 或いは霧と人類の仲直りなのか?

 そも霧は、かなり古くから存在したようですし
 とまれ、霧が「上陸支援」を行う関係上
 実弾が必要になった

 ビームだとやりすぎちゃう!

 本来、霧は「地球」ではオーバースペック
 明らかに宇宙戦争の類で…?

 ちなみに翔像が向かった「ヴィクトリー号」とは、かのネルソン提督の旗艦そのもの。

 実在する帆船、現存最古の戦列艦

 本作でも未だ存在してるのね

人類の軌道エレベータであり
現在は霧が占拠、拠点としたハシラジマでは

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00020
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00018
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00019



 生存者は田名網さんを含め、270名がいる

生存者たち
 前巻グンゾウは「解き放つ」と発言

 それは彼らの潜水艦を使い、群像を逃がす計画
 霧は、多少の情報検閲こそしているも
 通信も生存も許容

 田名網さん達は不思議だった

 どころか、本当は「頼めば」物資もくれる
 霧は敵ではない

 と、グンゾウを通じて初めて分かったのね

 田名網さんも困惑してたのか

霧に怯えていた田名網さん達
だが霧は、グンゾウを通じ「部品」をくれた

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00021
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00022
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00023
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00024

 霧はむしろ、積極的に「味方」をしてくれてる

霧と人類
 彼らは「世界」の縮図なのね

 前後しますが、霧は決して人類の敵ではない
 だが人類は、彼らによって虐殺され
 海を封鎖されてしまった

 以来、人類が「怯えている」だけか

 田名網さんも、銃を装備して自衛してるも
 霧はむしろ彼らを支援したい

 霧とは、ちゃんとコミュニケーションできる

 知って変わる、時代の転換を描くのね

第112話
残されていた艦は、当時の最新鋭潜水艦だった

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00025
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00026

 艦はいつでも帰れるよう、17年に渡り整備

第112話「渡りに艦」
 だが海に出れば、霧に攻撃されてしまう

 その為、17年に渡り整備だけが続けられていた
 田名網さん達、生存者の執念
 悲願を感じます

 当時、無人化を大幅に進めた最新型

 骨董品となっているはずも
 群像たち学生は、この艦を扱う想定で訓練

 艦を未だに刷新できていない、日本の苦しい状況を感じる艦なのね

 これをようやく刷新する予定なのが「白鯨」

脱出できる可能性はほぼ皆無
だからこそ、17年に渡って死蔵されてきた

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00027

 脆いと言うも、腹案ある様子。トラストミー

希望の船
 今巻の群像サイドはこれで終了

 もちろん群像は、この艦で帰る事を決断します
 際し、最低でも後13名の仲間を募り
 旧型艦での航海に

 また「持ち主」は何と言うか?

 本作なら、たぶん気風の良い人物と思われ
 基本的に前向きでしょう

 また群像なら、精神論でなく「生き残る為の具体的な作戦」も提示か?

 対するは、タカオ姉妹のチョウカイ…?

復活のキリシマ!
久々の人型、タカオ姉妹の罠を強行突破!

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00028
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00029
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00030
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00031

 ムサシとヤマト、それにイオナの椅子なのか?

第四施設の奥へ
 なんということでしょう!

 キリシマ、今回はクマ姿のが使い勝手が良好も
 頑として、人間としての姿を譲らず
 次々と罠にかかる事に

 ヤマトの狙いは「ゲーム」をさせる事

 両者を競わせ、戦術データを高める為か
 ハルナ達を自由にさせています

 キリシマせっかく戻ったのに踏んだり蹴ったり

 だがそれでこそキリシマよ!

第113話
アタゴは無数の子機を展開、だが逆手に…

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00032
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00033
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00034
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00035
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00036

 この場合、適切な言葉は何だろう?

第113話「ひとじち」
 久々に「言葉」を探すハルナ

 でも以前と比べ、だいぶ人間くさくなりました
 多分、これは「以前とは違う」と
 変化を描く為か

 こうした変化こそ、ヤマト達が求めた物

 曰く、これからルールなき「嵐」が訪れる
 その為のレベル上げだと

 第16巻で、アドミラリティ・コードが予言したのと同じことか

 霧という「指輪」を得たのが原因?

人質には人質!
タカオにも、とっておきの人質が!?

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00037
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00038
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00039
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00040

 ヨタロウ! ヨタロウじゃあないか!

カウンター人質
 前巻ラストは手に持ってたぬいぐるみ

 あれ本来、蒔絵のお気に入りだから大切なの!
 作中、だいぶ雑に扱ってきましたが
 これまではコーティング

 今はただのぬいぐるみ!

 ヨタロウ、絶体絶命!

 正直、重巡と大戦艦で「格」が
 演算能力に大きな差が

 それでも善戦してる重巡タカオは、何でもしなきゃいけない状況

 卑怯者呼ばわりはちょっと気の毒ね!

第114話
遂に「生還者」出現。際し、コトノから提案

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00041
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00042
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00043
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00044
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00045

 一方タカオ達は綱引きしていた。なんでさ!

第114話「白銀の森」
 ほら彼女らの戦いは高次元だから!(迫真)

 とまれ明かされたのは、霧の艦隊の重要な情報
 霧のネットにも、当面は公開されない
 霧にも秘匿されたもの

 コトノが、タカオ達に見せる意味とは?

 その反応から、霧全体へ公開するか否か
 試そうというのか

 このように、基本「コトノ」が主体なんですね

 何せ彼女こそ司令官ですから

実は「欧州大戦」は、ガウスの末裔が起こした
彼は情報を何より大切にする

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00046
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00047
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00048
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00049
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00050

 欧州平定を目指す翔像パパ、ガウス間接対決?

アンジェラス・リード・ガウス
 1945年、ACを目撃した一人の末裔か

 AC(グレーテル)に選ばれ、莫大な富を得た
 彼自身が、欧州大戦を起こす事を望み
 ACが実現させたという 

 米国、ひいては自身を富ませる為?

 1945年、彼の先祖ヨハネス・ガウスと
 日本の出雲薫が目撃

 最後の一人はグレーテル。現ACと同じ名前、同一人物であるらしい

 とまれACは、その「出雲家」に向かったのね

曰く「贖罪の地に 命の大樹を」
第四施設に繁る樹は、いかにして生えるか

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00051
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00052
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00053
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00054

 曰く白銀の森、ナノマテリアルの樹

帰還者たち
 この現象は、犠牲者を蘇生させる処置

 時が満ちると、犠牲者から「樹」が生えて包み
 樹は、彼らを蘇生させたのち
 自らは崩れ去る

 では犠牲者以外の「樹」は?

 樹は、普通は「犠牲者」と一対のハズも
 玉座や施設全体に繁殖

 あれらは?損傷がひどく、蘇生不可な者から生えた集合体?

 人間の構成情報、記憶を蓄積したもの?

第115話
コミカルな「タカオ部」には、意外な素顔が

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00055
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00056
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00057



 彼女らは、タカオが「霧」だと見抜いていた

第115話「首相集結」
 施設事件の遺族が、家族の最期を知るべく接近

 スパイでなく、個人的な願いの集団だったのか
 まだまだ、“人”の心は解らない
 己の未熟を再確認

 タカオの異才に気付いてた者達

 エリート集団で、他人の能力に敏感
 なら「琴乃」はどうだったのか

 何せ、群像をも超える超天才だった琴乃

 周囲へどんな想いを抱いてたのか

学園祭を満喫するレキシントン教授!
彼女は、ゾルタン達をどこへ連れて行きたいか

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00058
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00059
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00060
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00061

 三首相集結に、異常事態と気付くゾルたん

首相集結
 政府を分けたのは「国」を維持する

 もしも一つ、二つ潰れても“日本”を延命する
 学祭如きでおいそれと集まらない。
 また「所属」もポイント

 ゾルタンは翔像、レキシントンは米国

 仮に米国が欧州大戦を助長なら
 レキシントンは看破、踏まえて動いてるか?

 彼女は一艦船のハズですが、ヤマト達並みに高い視点を持ってる感じですね

 米国で過ごしたのがその一因なのか?

三首相は第四施設へ
かつて楓首相が見た時は、17巻同様に殺風景

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00062
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00063
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00064
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00065



 いわく「この森は生きている」

首脳会談
 命運たち、蘇生させた生徒を返す為の舞台?

 と共に、霧には敵対の意識などないと伝える等
 中央首相は、他に黙ってた前例がある為
 敢えて全首相を招いたのか 

 人類と霧、首脳会談の始まり…!!

 また、米国はガウスが手綱を引いてるらしく
 欧州は戦争中

 諸々から日本が「交渉役」たりえる世情なのか

 さてこの森、ただの蘇生の産物なのか?

第116話
群像のトラウマ、第四施設事件の真相とは

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00066
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00067

 この情報はアップ不可、イオナには伝わらない

第116話「第四施設事件」
 この事件は本来、琴乃を迎えに行っただけ

 意図せぬ被害者を保護し、2年かけて蘇生させた
 群像は、この事件の生還者であり
 幼馴染の琴乃を失った

 群像さえ勝てなかった「琴乃」

 となると生還者は群像の同期
 その点からも、タカオ達と接点が生じるかも

 また琴乃は「コマンダー」として、霧の誕生経緯とかの情報も持ってるんでしょうか?

 キリシマ達、艦船は何も知らないようだし

霧は、彼らの基準で10周期に渡り
上位「アドミラリティ・コード」を失っていた

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00068

 マークでは、地球に四つの錨を下ろし停泊

霧の社会構造
 最上位は創造主、ACは霧の直接の指揮官

 2054年に10周期、既定の不在期間が経過した為
 霧は、AC以外の「コマンダー」を求め
 琴乃を迎え入れた

 1世紀前は1945年、ACが目撃された年

 ガウス先祖ら3人が目撃も
 以降、現ACは行方をくらましたのか?

 そこでAC以外を求め、琴乃に辿り着いた

 展開上、琴乃にACの権限はないハズ。

本編2年前、2054年での霧は「指令実行」のみ
思考能力を持たなかった

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00069
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00070
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00071
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00072

「一世紀経ったら、別の指揮官を得ろ」を実行

事件の真相
 そこで琴乃を迎えに行き、施設をブチ壊した

 穏便に会おうと、“形態”を変えようとした結果
 失敗し、高エネルギーを放出
 施設を粉砕した

 ただ「指令の実行」だけだったから

 また、どうも「琴乃」は死亡した訳でなく
 当時のままらしい

 でも琴乃は“群像の幼馴染”、つまり人として生まれ育ったはずです

 ここで、幼馴染設定が生きるのね

 戸籍改ざんとかではない

曰く、彼女は「琴乃だった」
迎えに来たコアと出会い、霧の者だと自覚した

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00073
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00074

 つまり「無自覚な霧」が、人に混ざっている?

ヤマト誕生
 琴乃はヤマトと接触し覚醒

 ヤマトも、琴乃をコピーして「人間性」を獲得
 これがメンタルモデルの始まりなのね
 だから琴乃に酷似

 コピーし、初めて「思考」を得た

 以降、ヤマトがその「手法」を霧に伝え
 増やしていったのか

 ヤマトはコピー、他は自ら生み出し育てている

 イオナの出生はまだまだ不明か

被害を認識し、ヤマトは慌てて蘇生処置を開始
日本政府も勘付いていた

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00075
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00076
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00077
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00078
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00079
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00080

 霧は現在、AC指示を守ってるだけ

琴乃の決断
 日本政府は困惑し「他国」を恐れた

 もし、霧の仲間と思われたら物資も止められる
 また、霧と話し合うなんてのも論外
 隠蔽しかなかった

 札幌首相、眞が察した「隠し事」か

 逆に、霧側もその葛藤が理解できた為
 秘密裏に進めてきた

 その「霧」こそ琴乃、蘇生まで隠してきた訳か

 人類の敵ではない、その「物証」生還まで

 その日まで待ってたのか…? 

収録

蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00001
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00010
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00011
蒼き鋼のアルペジオ 19巻 感想 00081







































































 小竹田先生スピンオフが嬉しい!

 スピンオフはせいぜい2巻前後
 これを皮切りに、また連載持って欲しいな!

収録
 YKコミックス「蒼き鋼のアルペジオ 19巻」。
 Ark Performance(コンビ名)、ヤングキングOURS連載作品。少年画報社。
 2020年6月(前巻2019年9月)

蒼き鋼のアルペジオ 19巻
※公式サブタイなし。便宜名です。

・あらすじ
  …17巻に曰く「メンタルモデルの故郷」
  …第四施設事件の真相
・第111話「ハシラジマの忘れもの」
  …父・翔像の狙いは「仲直り」
・第112話「渡りに艦」
  …復活のキリシマ、奔る!!

・第113話「ひとじち」
  …ヤマトも「嵐」を予言
・第114話「白銀の森」
  …ガウス、欧州大戦の原因
・第115話「首相集結」
  …レキシントン教授が連れてゆく「先」

・第116話「第四施設事件、その真相」
  …天羽琴乃「だった」という事
・琴乃の正体は「霧の上位システム」
  …本作の発端は100年前
  …だが霧は、もっと以前から地球に…?
・スピンオフ作品感想
 これまでの感想

※トップに戻る


 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 7巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 8巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 9巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 10巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 11巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 12巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 13巻“GREETING CARD”
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 14巻“ディジェの帰還”
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 15巻“彗星vs幻獣” ガルバルディ出陣!
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 16巻“キマイラ 真なる目的”シャアvsヤザン
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 17巻“サングレ・アスル争奪戦”決着
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 18巻“ヤザン専用ガンダム”
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 19巻“ジョニーの帰還構想”
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 20巻“キマイラ最大の任務”レッドが求める在り方
 ジョニー・ライデンの帰還 設定集

蒼き鋼のアルペジオ スピンオフシリーズ

 ソルティ・ロード 1巻(TALI)※タカオ主役の外伝。
 ソルティ・ロード 2巻
 ソルティ・ロード 3巻(完)
 霧クマs THE COMIC 全一巻
 クロスライン 蒼き鋼のアルペジオ トリビュートコミック 1巻 “視察ですか?”
 クロスライン 蒼き鋼のアルペジオ トリビュートコミック 2巻“最終回”さらば函館!
 蒼き鋼のアルペジオ シーグラス 1巻“函館のタカオ”
 蒼き鋼のアルペジオ シーグラス 2巻“最終回”タカオが乙女に変わるまで
 蒼き鋼のアルペジオ「公式うすい本」
 アニメ版、1話感想、2013年10月放送開始。原作者自ら再編集。










 蒼き鋼のアルペジオ 7巻
 蒼き鋼のアルペジオ 8巻
 蒼き鋼のアルペジオ 9巻
 蒼き鋼のアルペジオ 10巻
 蒼き鋼のアルペジオ 11巻
 蒼き鋼のアルペジオ 12巻
 蒼き鋼のアルペジオ 13巻“初章 完結”
 蒼き鋼のアルペジオ 14巻 タカオ復活!“歩み寄り”の始まり
 蒼き鋼のアルペジオ 15巻“霧の未来への課題”401クルー意外な過去!
 蒼き鋼のアルペジオ 16巻“二人の群像”アドミラリティ・コード出現!!
 蒼き鋼のアルペジオ 17巻“メンタルモデルの故郷”
 蒼き鋼のアルペジオ 18巻“学園祭と復活祭”
 蒼き鋼のアルペジオ 19巻“第四施設事件”の真実

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る