試し読み よふかしのうた 3巻 感想
 コトヤマ レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
コウとナズナの「知り合い」達!!
吸血鬼になりたいコウ、新たな指標を課される

よふかしのうた 3巻 感想 00102
よふかしのうた 3巻 感想 00101
よふかしのうた 3巻 感想 00025
よふかしのうた 3巻 感想 00046
よふかしのうた 3巻 感想 00076

 他人を「惚れさせたら」同族に出来る

 吸血鬼「子作り」ルールは、セックス感満載!!
 彼女らを通し、異性との恋愛を描く章か
 SEXじゃなく吸血だけど!!

「強者」の不器用苦しくも可愛い

恋愛強者種
 コウ君、前巻で「他人を助ける」事を知った
 今巻ではズッバズバ行くな!!
 妖刀か君は!!

 作品テーマ「恋愛」へ、思考を掘るのも面白い

 むっちむちな女子高生セリちん巻!!

よふかしのうた 3巻 感想


・あらすじ
  …七人の女吸血鬼たち
・第19話「俺が誰かの助けに」
  …コウ、知り合いに声をかけられる
・第20話「眷属作り-こづくり-」
  …吸血鬼には「ルール」がある
・第21話「恋愛学一生赤点みたいなやつ」
  …吸血鬼たちとナズナの「誤解」
  …七人の名前
・第22話「かんぱ~い」
  …ナズナに聞きたい事がある!!
  …吸血鬼達編・完

・第23話「どいつもこいつも」
  …七人目の吸血鬼・キク
・第24話「恋愛マスター吸血鬼」
  …恋って何だ?
・第25話「お盛んなこって」
  …コウの憧れ「夕 真昼」からコウへ

・第26話「ハーレムものってあるじゃないですか」
  …この世で最もモテるのは何だ?
・第27話「あなたはセリさんのなんなの?」
  …メンヘラという言葉がある
・第28話「恋は盲目という言葉がある」
  …彼らが定めていたルール
・第29話「ずるい」
  …解ってみれば
  …JK吸血鬼、桔梗セリ編・完
・あとがき
  …コトヤマ先生的な願い
だがしかし 感想
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・2ページ目へ
  …新キャラ「6人の吸血鬼たち」。
・6/6ページ目へ

・コトヤマ先生作品・過去記事

あらすじ
コウは、一年以内に吸血鬼にならねばならない

よふかしのうた 3巻 感想 00043

 だがしかしにも感じた「期間限定」感…!!

あらすじ
 吸血鬼は自衛の為、詳しい人間を殺していた

 コウは五人の吸血鬼に、死か眷属化を迫られる
 そもそも、一年以内に吸血鬼化できねば
 生涯吸血鬼になれないと判明

 コウの友達・夕 真昼も「キク」の標的

 また、吸血鬼は「恋愛」に長けるが
 桔梗セリは恋愛にうんざり

 結果秋山とトラブルを起こし、眷属にした

 コウは「吸血鬼」を知っていく

第19話
コウ、夜の町で「知り合い」に呼ばれる

よふかしのうた 3巻 感想 00004
よふかしのうた 3巻 感想 00005
よふかしのうた 3巻 感想 00008
よふかしのうた 3巻 感想 00009

 思い切りビビッたが、キヨスミさんでした

第19話「俺が誰かの助けに」
 サブタイは今巻、コウが動き始めた動機

 優等生を演じ、気疲れしたのが引きこもり原因
 然らば、彼に「やりたい事」が出来れば
 本作は解決へ向かうのか

 キヨスミは純粋な「助けたい」の結果

 彼は優等生だから
 言わば、世間体での人助けも多々あった

 彼は内心、その「嘘」が嫌だった

 ただこの傾向は、すごく危ういものでもある
  
夜の町の「最強格」
すなわち、女子高生と出会ってしまうコウ

よふかしのうた 3巻 感想 00010
よふかしのうた 3巻 感想 00011
よふかしのうた 3巻 感想 00012
よふかしのうた 3巻 感想 00013

 そんで、おっぱいガン見させて貰うコウ

誰でも魅了する「記号」
 曰く暇つぶしの為、ナンパで遊んでいる

 要は彼女、ナンパが趣味というタイプらしい
 もちろん「裏」こそあるものの
 根本は暇つぶし

 対し「危ない」と感じるコウ

 それはぶっちゃけ、吸血鬼が云々でなく
 将来に傷を残すって話か

 動画がネットに流れれば一生モノですし

 いやナニの動画とは言わんよ!! 

潔癖なコウは注意し、でもガン見してしまう
少年の心はアンバランス

よふかしのうた 3巻 感想 00014
よふかしのうた 3巻 感想 00015
よふかしのうた 3巻 感想 00016
よふかしのうた 3巻 感想 00017

 予告回収!! なるほどクソ売女(ビッチ)だ!!

吸血鬼的ィ!!
 ビッチは英語では、本来かなり痛烈な罵倒

 とまれ退屈から抜け出したい、その想いは同じ
 コウは、キヨスミの件と同じと思った
 彼女に共感した

 が、それは「撒き餌」だった

 オチから言えば違うも
 共感や、助けたい気持ちこそ危うい

 付け込み、利用する奴がいるぞ!!って面も。

 コウこそ危うかった!! 

第20話
セリ「達」には狙いがあった

よふかしのうた 3巻 感想 00018
よふかしのうた 3巻 感想 00019
よふかしのうた 3巻 感想 00020

 腕が飛ぶわ腕がくっつくわ、怪異さ全開!!

第20話「眷属作り-こづくり-」
 セリ「達」吸血鬼の狙いは、コウへの要請

 作中「楽しさ」の象徴だったナズナの身体能力
 が、今回はガチバトルに!!
 別の漫画や!!

 曰く吸血鬼になるか死ね

 具体的には明言しないも
 吸血鬼に詳しい人間は、種の脅威だから

 思うに恋愛の不和を避ける為?

 もし吸血鬼が周知されたら、誰もが恋愛を疑う

 社会的な変化を避ける為?

そこで提案だ!!
コウ君、この私達と付き合わせてやるぞ!!

よふかしのうた 3巻 感想 00021
よふかしのうた 3巻 感想 00022
よふかしのうた 3巻 感想 00023
よふかしのうた 3巻 感想 00024

 だがコウ君、このスーパー即答であった

まじでぇ…?
 シリアスの霊圧が…、消えた?

 この回、急激にバトル漫画化&命の危機でした
 が、このボケに繋ぐ為のシリアスか!!
 このボケー!!

 前半後半のギャップが面白い

 彼女ら、揃って女ばかりですが
 そういう集まりなのか?

 あとナズナは馬鹿力らしい

 カブラ、目が「濁ってる」のが印象的

第21話
ナズナ属する、七人の女吸血鬼コミュニティ

よふかしのうた 3巻 感想 00025
よふかしのうた 3巻 感想 00046
よふかしのうた 3巻 感想 00041

 以下、右から4人。そして他3名。

第21話「恋愛学一生赤点みたいなやつ」
 蘿蔔 ハツカ(すずしろ はつか)
 小繁縷 ミドリ(こはこべ みどり)
 平田 ニコ(ひらた にこ)
 本田 カブラ(ほんだ かぶら)

 桔梗 セリ(ききょう せり)

 キク
 七草 ナズナ(ななくさ なずな)

 以上、七人の悪魔超人女吸血鬼たち

 基本的に植物名
 特にニコは童貞受けが悪く、ミドリは良い

 またカブラは寝取り好きでセリは女子高生

 ハツカは僕っ娘。

本作の吸血鬼は、惚れさせる為に進化してきた
それぞれ得意分野を持つ

よふかしのうた 3巻 感想 00026
よふかしのうた 3巻 感想 00027
よふかしのうた 3巻 感想 00028
よふかしのうた 3巻 感想 00029
よふかしのうた 3巻 感想 00030

だから俺は ナズナちゃんのことを好きになりたいんです!(夜守コウ』

断言明言
 彼女らこそ、コウを救う為に接触して来た様子

 今迄ナズナは、誰も眷属にしようとしなかった
 コウも、同様に「遊んでるだけ」で
 彼は危険だと解釈

 眷属化させ、救う為に接触してきた?

 どうも他に、殺しまくる集団いるのかも
 とまれ「普通の吸血鬼」達

 女子高生のように「得意分野」があるのね

 僕っ子もいるしさ!!!

第22話
吸血鬼たち曰く、ナズナに聞きたい事がある!!

よふかしのうた 3巻 感想 00031
よふかしのうた 3巻 感想 00032
よふかしのうた 3巻 感想 00033
よふかしのうた 3巻 感想 00034
よふかしのうた 3巻 感想 00035

 恋バナしたがる吸血鬼共であった

第22話「かんぱ~い」
 今は「眷属にするならいい」と解散

 新たに一年縛りが出たも、まあ大丈夫だろう
 実際、コウは「好き」になってない
 吸血鬼化しませんから

 本当「好き」って何だ?

 テーマだけに、吸血鬼ら女子くさい!!
 恋愛が「手段」化した人達

 なら、彼女らが変わっていくのもテーマ…?

 しかしまあ堂々とエロスな面々だわ

 吸血鬼ってかサキュバスか!!

第23話
僕は吸血鬼になりたい。コウ14歳、再始動

よふかしのうた 3巻 感想 00036
よふかしのうた 3巻 感想 00037
よふかしのうた 3巻 感想 00038
よふかしのうた 3巻 感想 00039
よふかしのうた 3巻 感想 00040
よふかしのうた 3巻 感想 00041
よふかしのうた 3巻 感想 00042

 コウ、声をかけられるのを喜んでた幼少期

第23話「どいつもこいつも」
 コウ憧れの人、夕 真昼の登場回!!

 コウの仮面優等生も、彼を真似たのが原因で
 アキラも含め、三人が幼馴染であるも
 彼だけは外向的

 彼もまた吸血鬼キクに魅了

 アキラは、二人を客観的に心配し
 いずれ事態を繋ぐのか

 キクはマヒルと幾度も会ってる為「落とそうとしてる」のは確定で、良くない目的だと演出

 変人らしいも、ナズナ同類か「対極」か…?

第24話
恋しなければ!! 焦ったコウ、入れ知恵される

よふかしのうた 3巻 感想 00043
よふかしのうた 3巻 感想 00044
よふかしのうた 3巻 感想 00045
よふかしのうた 3巻 感想 00046
よふかしのうた 3巻 感想 00047

 そんで、めっちゃフラれるのだった

第24話「恋愛マスター吸血鬼」
 JK特化型セリ、コウを気に入るの巻

 何せピュア!! 対し彼女らは、恋愛特化で長命?
 セリ、普段は恋愛慣れした層が狙いなので
 14歳に大興奮

 おまわりさんこっちです!!

 が、彼女が勧めた「デート」は
 ナズナに完全不発

 そりゃそうじゃ。

 いつもいつでも うまくゆくなんて保証はどこにも ないけど

対し、彼なりに「初デート」と思っていたので
マジ凹みしてしまうコウ

よふかしのうた 3巻 感想 00048
よふかしのうた 3巻 感想 00049

 だが彼女は言う「いつもやってるじゃないか」

オーキド雄山
 では聞こう「デート」とは何だ?

 セリに「女がして欲しいデート」を教えられた
 だが、一般論から外れたナズナは
 別に望まない

 いつもやってるし、それが楽しい

 宇宙開闢級の正論エンド…
 ただ最後の顔、コウは否定的な気持ちか

 要は「そのままでいい」とナズナは言った

 でも、それじゃあいけないんですから

第25話
お祭りだ!! コウ、ナズナとはぐれてしまう

よふかしのうた 3巻 感想 00050
よふかしのうた 3巻 感想 00051
よふかしのうた 3巻 感想 00052

 僕っ子「蘿蔔ハツカ」だけは不在

第25話「お盛んなこって」
 彼女は「得意分野」も不明でミステリアス

 とまれはぐれ、それぞれに知り合いと出会い
 結果、キクの彼氏=コウの友達だと
 ナズナは気付けません

 彼氏=マヒルは「コウの親友」

 彼、ひたすらモテる青年ですが
 取り巻きを無視する程

 つい疑いたくなりますが、本当に好青年なのか…? 何か抱えてるのか…?

 読者的に、完璧すぎて疑いたくなる青年

マヒルはコウを強く信頼し
コウが恋してると聞き、自分もと勇気を貰う

よふかしのうた 3巻 感想 00053
よふかしのうた 3巻 感想 00054
よふかしのうた 3巻 感想 00055

 コウに至っては、マヒルにベタぼれである

非共有情報
 もし彼に血を吸われたら100%眷属化するLv

 冗談はさておき、ナズナはここでマヒルを目撃
 アキラ同様「知ってるけど共有しない」
 彼女らにはどうでもいい

 けれど大切な情報が増えていく…!!

 また「はぐれた」為
 再会後、ナズナはコウと手を繋ぎます

 二人は友達繋ぎで「マヒル達は恋人繋ぎ」

 あ、差を強調する演出だったのか…

第26話
この世で最もモテるのは、当然「女子高生」だ

よふかしのうた 3巻 感想 00056
よふかしのうた 3巻 感想 00057
よふかしのうた 3巻 感想 00058
よふかしのうた 3巻 感想 00059
よふかしのうた 3巻 感想 00060
よふかしのうた 3巻 感想 00061

 そして蹴るしか出番がないナズナさんだ!!

第26話「ハーレムものってあるじゃないですか」
 女子高生セリが、コウを気に入った

 吸血鬼はそれぞれ、己の得意分野に自信がある
 どうも、己の分野こそ最強と自負し
 誰にも負けないと自認

 が、セリは疲れてしまった

 何せ、惚れさせるのが吸血鬼も
 惚れた奴は面倒くさい

 彼女の恋愛は「手段」で、種の本能で暇つぶし

 そら面倒ですわなって話よ

今巻の1話目にて
退屈してる、と「コウに話を合わせた」が

よふかしのうた 3巻 感想 00062
よふかしのうた 3巻 感想 00063
よふかしのうた 3巻 感想 00064

 本当に?と念を押すコウ

圧が凄い
 実はアレ、本心がうっかり出ていた。

 恋愛に疲れ、普通に話が出来る相手を求めてた
 加えて、吸血鬼と知られたら不味い
 同性はアウト

 万一、眷属化できない同性は無理

 吸血鬼同士は恋バナになり
 仲間同士、見栄も張ってしまう訳で…

「暇つぶし」の選択肢が乏しいのね

 思った以上に詰んでる 

モテるだけが楽しい訳じゃない
モテる彼女だから言える、“共感しにくい”話

よふかしのうた 3巻 感想 00065
よふかしのうた 3巻 感想 00066
よふかしのうた 3巻 感想 00067
よふかしのうた 3巻 感想 00068

 だがコウ君、サブタイで共感!?

サブタイ回収
 コウは、ハーレムものの「周囲」が嫌い

 だって主人公は、ヒロイン達と過ごしたいだけ
 主人公にとって「気の合う友達」が
 ヒロイン達だった

 なのに「恋愛強者は死ね!!」と憎まれる

 恋愛、という要素が入るだけで
 人間関係がおかしくなる

「セリは恋愛が人間関係を壊すのが嫌」なのだ、とコウには解ったのか

 漫画ってつくづく文化だわ…

共感を理解し、ナズナが気に入った訳も解った
セリ、盛り上がる!!

よふかしのうた 3巻 感想 00069
よふかしのうた 3巻 感想 00070
よふかしのうた 3巻 感想 00071
よふかしのうた 3巻 感想 00072

 そして次のトラブルが始まるのです!!

流行の外側
 来たよ「セリの元彼」が!!

 またコウ君、空気が読めなさ過ぎて全米震撼
 多分ですが、マヒルはこれを尊敬
 彼もコウに憧れてる?

 自分はこれが好きを貫くコウ

 空気が読めないものの
 セリ、知らなかった曲に感心します

 流行を追うだけじゃ、手に入らないもの

「暇つぶし」に繋がるかしら

第27話
メンヘラ、恋愛で病んだ人が付きまとっていた

よふかしのうた 3巻 感想 00073
よふかしのうた 3巻 感想 00074
よふかしのうた 3巻 感想 00075
よふかしのうた 3巻 感想 00076

 しかしセリ、笑って話を流す

第27話「あなたはセリさんのなんなの?」
 だがコウが「流さなかった」為マジギレした

 セリは、コウが「遊んでくれる」と期待した
 だから、真面目に向き合おうとした時
 返って逆ギレしたのか

 ナズナとだって「遊び」だろ的な?

 セリは何事も「遊び」だから
 恋愛も、重い気持ちに向き合えないのか

 いや実際、後ろの人怖いけど!!

 メンヘラだよマジメンヘラ!! 

セリの答えは簡単だ
コウの件同様、殺せばすっきりだと

よふかしのうた 3巻 感想 00077
よふかしのうた 3巻 感想 00078
よふかしのうた 3巻 感想 00079

 正論で諭すコウ。だがメンヘラは格が違った

メンヘラ
 セリはこうなった男達を見てきた

 そりゃ恋愛は面倒だ、って思うようになるわ…
 原因、経緯や「あるべき」論はあれど
 現実に怖い。
 迷惑

 だから殺す、私は人間じゃないから

 セリの口癖、重ねてマジギレしたのは
 昔、何かあったのか

「人は他人の死を何とも思わない」

 コウは状況的に否定したも、この言葉は耳が痛いと私は思う。

ひとまずどうでもいい!!
とにかく、彼を逃がすのが最優先だった!!

よふかしのうた 3巻 感想 00080

 質問を質問で返したコウ

サブタイ回収
 次のテーマは「本当にメンヘラなのか?」

 メンヘラもセリも、見た目と発言が強烈ですが
 でも、本当に「それだけ」なのか?
 確かめる為に話し合う

 解決は落ち着いて話す事

 彼、完全にメンヘラムーブでしたが
 彼はまだ「話せる」

 だからまだ「真っ当」なのね

「見た目と本質は違う」というテーマか

第28話
ナズナが気に入った当時、フラれた直後だった

よふかしのうた 3巻 感想 00081
よふかしのうた 3巻 感想 00082
よふかしのうた 3巻 感想 00083
よふかしのうた 3巻 感想 00084

 そこで言った話が、実は興味を惹いていた

第28話「恋は盲目という言葉がある」
 フラれて「恋なんてコリゴリ」と発言

 当時、恋愛に飽きていたセリには新鮮な発言で
 現状から、抜け出せるヒントに思え
 彼と「友達」になった

 だが彼はセリに惹かれ、盲目になった

 正直、最初はゾンビみたいでしたが
 冷静に自己分析できる人

 元々セリも、こういう「自分にない部分」に惹かれたのね。でも恋愛感情で台無しに

 今回「病んでた」のは彼だけじゃなかった

また当然、コウはナズナに監視して貰っていた
助け、彼女は疑問を発する

よふかしのうた 3巻 感想 00085
よふかしのうた 3巻 感想 00086
よふかしのうた 3巻 感想 00087
よふかしのうた 3巻 感想 00088
よふかしのうた 3巻 感想 00089

 実はセリ、“殺さない”吸血鬼

二人の裏側
 また「私達は友達」と決めていた

 傍目に、セリは「人を何人も殺した吸血鬼」
 メンヘラさんとは彼氏彼女。
 だが違った

 人は見た目が全てじゃない

 むしろ、セリが殺す殺す言ってたのは
 それこそ「メンヘラ」

 恋愛で心がおかしくなった証か

 読者は「変になる前の二人」を知らない

 知らないからビックリだった!!

第29話
惚れさせたセリが悪い!! …悪いのか!?

よふかしのうた 3巻 感想 00090
よふかしのうた 3巻 感想 00091

 セリこそメンヘラ!! ドメンヘラ!!

第29話「ずるい」
 惚れさせるのは、種族的な「習慣」

 異性を惚れさせる、そう進化してきた種だから
 意識が、無自覚に惚れさせようとし
 自覚する度に疲労

 人間関係全てが「恋愛」になる

 彼女こそ「恋愛で心が病んだ」
 定義的にメンヘラだと

 彼との関係も駄目だと「頭で解ってる」

 頭で解ってて、実行できないから苦しい

結末はコウも「!?」な展開
セリの本音、コウの感想、サブタイ回収

よふかしのうた 3巻 感想 00092
よふかしのうた 3巻 感想 00093
よふかしのうた 3巻 感想 00094
よふかしのうた 3巻 感想 00095
よふかしのうた 3巻 感想 00096

 要は、事件は「人と吸血鬼」のテストケース

泣いて笑って喧嘩して
 セリは秋山との過ごすのが好きだった

 でも眷属にしたら「彼に迷惑」だと思っていた
 要は、彼女は彼を心配していたのです
 彼女こそ「人の都合を考える」
 良心的なひとだった

 和解し眷属化、ハッピーエンド

 人と、吸血鬼が関わればこうなる
 その一つの形だった

 そりゃコウ君は「ずるい」と思うよね

 彼は、コウが願うモノになったから

二人は、メンヘラと「殺す」が口癖の吸血鬼
だが終わってみれば

よふかしのうた 3巻 感想 00097

 当初、ぐちゃぐちゃだった関係は円満に

なんかいいな
 ならそれはまさに「なんかいいな」に尽きる

 セリが「惚れさせる」のは種族的な問題だから
 今後、男連れになり「改善」出来ても
 完全解決とはいかない

 でもまあ「なんかいい」エンド

 コウは「もう恋なんてしない」を選曲

 この曲は「もう恋なんてしないなんて 言わないよ絶対(歌:槇原敬之」と続きます

 恋して失恋して心を病み
 でも幸せだった、だから必ずまた恋をする

 恋した日々を肯定し、強がる男の歌

 恋して良かった、今回の歌なのね

あとがき
巻末はセリ、ニコの設定画が掲載

よふかしのうた 3巻 感想 00098
よふかしのうた 3巻 感想 00099

 先生曰く「気になる漫画」であって欲しい

あとがき
 大丈夫気になるから!!

 曰く、話の進め方が今までやった事ないやり方
 曰く、出したかった雰囲気があり
 伝わってるか不明

 何を出したかったのか

 その答えはきっと読者それぞれが受け取るものだから…!! だから…!! だから…!!

 前作では「年頃の青少年に異性は謎」

 今回は「解ろう」と向き合っていくもの…?

収録

よふかしのうた 3巻 感想 00001
よふかしのうた 3巻 感想 00100



 次巻、童貞殺し小繁縷ミドリ編

 少年サンデーコミックス「よふかしのうた 3巻」。
 コトヤマ。週刊少年サンデー連載、小学館発行
 2020年4月(前巻2020年2月)

よふかしのうた 3巻
 あらすじ
 第19話「俺が誰かの助けに」
 第20話「眷属作り-こづくり-」
 第21話「恋愛学一生赤点みたいなやつ」
 第22話「かんぱ~い」
 第23話「どいつもこいつも」
 第24話「恋愛マスター吸血鬼」
 第25話「お盛んなこって」
 第26話「ハーレムものってあるじゃないですか」
 第27話「あなたはセリさんのなんなの?」
 第28話「恋は盲目という言葉がある」
 第29話「ずるい」
 あとがき
 だがしかし 感想
 これまでの感想

※トップに戻る


 だがしかし 1巻
 だがしかし 2巻
 だがしかし 3巻
 だがしかし 4巻
 だがしかし 5巻
 だがしかし 6巻“花火大会”
 だがしかし 7巻“お姉さんと終わりを始めよう?”
 だがしかし 8巻“変わる為の変わらない日常”
 だがしかし 9巻“デートかな?”年越し家族とユーチューバー
 だがしかし 10巻“期日は決まった”ほたるさんの恋バナ
 だがしかし 11巻“異性とは謎である”【最終回】

よふかしのうた 感想

 よふかしのうた 1巻“人の血は夜が一番うまい”
 よふかしのうた 2巻“会社の飲み会がいけない”
 よふかしのうた 3巻“コウとナズナの仲間達”

※トップに戻る