公式サイト 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第3話 感想
 原作未読 はめふら レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
悪役令嬢カタリナ、彼女の破滅はこれからだ!!
カタリナ先生の破滅にご期待ください!!

はめふら 第3話 感想 00505
はめふら 第3話 感想 00850

 無理!! 確実確定ハッピーエンド確約な成長回!!

 無口兄ニコル、何を言うかドッキドキでした!!
 成長後、王子の愛は地球より重いし
 翻弄される弟かわいい!!
 アラン頑張れ!!

 “俺は幸せ”、言えた喜びが素敵だった!!

弟が苦労人ー!!
 異世界転生オタクの悩み、語りたいのも解る!!
 想像図、ちゃっかり版元宣伝で笑えます
 何だよ天使と悪魔かよ…

 お約束なファンタジー的容姿は「不気味」か

 着眼点も、ヒーロー的登場も面白かった!!

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…3話 感想


 第3話「麗しの美形兄妹と出会ってしまった…」
 冒頭「カタリナ様は語りたい」

・Aパート「その後の王子兄弟」
 カタリナの弱点
 通りすがりの悪役令嬢
 ニコルの苦悩

・仲間を見つけた!!
 破滅フラグと「あっちゃん」
 ソフィアは気味悪い
 予言された素敵な人

・Bパート「うっかり令嬢と美形伯爵」
 ソフィアならきっと
 ニコルの感謝と重い空気

・ニコルが言われたかった言葉
 それは かたりなが 15才になる たんじょう日のことで あった
 悪役令嬢カタリナは願う
 感想追記

・公式ツイッターより
  …サイン入りポスターが抽選で!!
 制作スタッフ 
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目へ
  …ヒーローは遅れずやって来る
・7ページ目「Bパート」
  …アスカルト伯爵夫妻
・9ページ目「ニコルの本音」
  …彼が言われた、言いたかった事
・7ページ目
  …感想追記
・15/15ページ目へ

・これまでの感想

原作公式と配信。外部サイト

原作公式サイト
  …小説家になろう
配信サイト(月額440円/PC可)
  …Dアニメストア 土曜日24時配信 ロゴあり
  …同Amazon版 プライム必須 ロゴなし

今週の専用録音予告は、腹ぺこカタリナ様
ボイスドラマ「アラン編」公開!!








 メアリ分の感想は、前回記事の追記部で

鉄仮面の下
 カタリナファイブ、食い意地が張った予告編

 煮っころがしは醤油がないと厳しいのでは…
 アランの締めも「食べ物」繋がりも
 少しほろりときました

 笑顔を見るのが楽しみな人がいる

 それはとても素敵な事だと思うから。

 見たら母上が怒髪天を突き
 怒りが野を焼き、海が干上がりそうですが

 あと彼、メアリが「妹のようで可愛い」のね

 アッ、ここ前振りだったのか!?

全体あらすじ
今回、オープニングの彼女もちょろっと登場!!

はめふら 第3話 感想

 ここ可愛い!! 懐かしいぞ大技林(広技苑)

あらすじ
 ロマンス小説にハマるが、貴族には人気がなく
 カタリナは、王子達のお茶会に出向き
 仲間を探す事にした

 ソフィア・アスカルト伯爵令嬢と邂逅

 実は、攻略対象ニコルの妹だったが
 辛くも二人と意気投合

 やがて15歳になり「ゲーム」間近

 カタリナ、己が皆に惚れられたと知らず…?

 次回、乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第4話



『ふわぁぁぁ~~、何度読んでもステキだわ…』

はめふら 第3話 感想 00000

 前々回から数か月、九歳となったカタリナは
 第3の破滅フラグ、アラン王子と
 婚約者メアリに邂逅

 アランとケンカ友達、メアリと友情を結ぶ

 友情ダヨ!! 愛情ジャナイヨ!!

『“エメルラルド王女とソフィア”……!!』

はめふら 第3話 感想 00003

)カタリナ
 王女様と平民の女の子の、友情の物語…♪

 なんて美しいのかしらっ!


はめふら 第3話 感想 00005
はめふら 第3話 感想 00006
はめふら 第3話 感想 00009

…また例のロマンス小説ですか?(アン』

ナンテウツクシイノカシラ!!
 珍しく土をいじってないカタリナ

 アン、言葉に棘を感じるのは貴族らしからぬ為
 貴族社会では「下世話な本」と
 評価が低いらしい

 不可解な!! 女の友情を下世話とは!!

 土いじりも、百合の花も下世話とは
 貴族とは生きにくい…

 cv真礼さん「美しいのかしら!!」が可愛い!!

 言い方ァ!!

カタリナ『(前世では、漫画やアニメにどっぷりだったから…)』

はめふら 第3話 感想 00011

)カタリナ
 正直、物語に飢えて仕方なかったのよね~♪
 ああッ!! この素晴らしさを

 ぜひ誰かと語り合いたいッ!!


はめふら 第3話 感想 00014

 カタリナ様は語りたい

ヲタク魂
 解る!! 昨今、異世界転生は無双にも等しい
 元の娯楽、漫画やアニメがないのは
 オタクは処刑にも等しい

 だが得た!! そして語りたい!!

 受信と発信は等価値なんだ
 オタクにとってはね

※個人の感想です。

ツッコミを諦めたアン『ところで、招待状が届いております』

はめふら 第3話 感想 00015
)カタリナ
 ショウタイジョウ~?
 ジオルドとアランから…?

 へぇ~、二人が主催するお茶会があるのね。んじゃきっと沢山の人が…

 ハッ!!


はめふら 第3話 感想 00018
はめふら 第3話 感想 00021
はめふら 第3話 感想 00024
はめふら 第3話 感想 00025

絶好のチャンス!! そこで必ずロマンス小説仲間を見つけてみせるわッ!!(カタリナ』

文化的で最低限お茶が旨い
 相変わらず「いつだって♪ 前向きなんです♪」

 という訳で渡りに船、オタクに本
 語るべくお茶会再び回!!

 まあなんて文化的なのかしら!!

 またもお茶会ですが
 コネ作りに、また情報収集に大切

 貴族は!! お茶嫌いでは生きていけないのね

♪ちょっと想像ナナメ上、まっすぐススメ♪

はめふら 第3話 感想

 前回は弟王子アラン、それに婚約者メアリ回も
 ボイスドラマ、メアリは「妹のよう」で
 恋愛感情はカタリナ様らしい

 前回は「可愛い妹をたぶらかしたな!!」

 的なムーブだったのねー
 
『ええ?! 私がお茶会に…?!』

はめふら 第3話 感想 00027

)母
 もちろんニコルも一緒よ?


)ソフィア・アスカルト
 お兄様…


はめふら 第3話 感想 00030
はめふら 第3話 感想 00033
はめふら 第3話 感想 00035

少しずつでも、外の世界に慣れていかねばならないのだよ、解るね?(父』

公・侯・伯・子・男
 ところ変わって、最後の“破滅フラグ”ニコル

 銀髪の少女、ソフィアは妹さんだったのね
 彼女は「外」にひどく怯えるも
 父の勧めでお茶会へ

 どこもお父さんは大変です

 また、カタリナは貴族トップの公爵家
 メアリは次ぐ「侯爵」

 ソフィア達は「伯爵」位

 カタリナ様より144倍は儚く、美しい…!!

アラン『ずいぶん念入りだなっ!』

はめふら 第3話 感想 00036

)ジオルド
 たくさんのお客様が見えますから…、完璧なお茶会にしないと


)アラン
「完璧」か…、お前らしい


はめふら 第3話 感想 00043

)アラン
 そういえばそんなお前にも、苦手なものがあるんだな?


)ジオルド
 別に苦手という訳では…

 あまり好きではないだけですよっ


はめふら 第3話 感想 00044
はめふら 第3話 感想 00052

 このジオルドの顔たるや

完璧超人
 前回、あれほど気圧されていたアラン・ポー
 蛇をネタに、心の距離が近付き何より
 ジオルドは気の毒ですが

 が、設営指示とは大人顔負け

 確かに、こんな兄貴と比べられたら
 凹みもしますわね

 しかもジオルド、これが「素」

 自然体でこなせる完璧超人なんですから

『お前には苦手なものもないし、出来ない事もないと思っていた』

はめふら 第3話 感想 00058

)ジオルド
 出来ない事?

 たとえば、カタリナ・クラエスの行動を予測する事とかですかねえ


)アラン
 それは…、確かに。


はめふら 第3話 感想 00065

…あの顔を思い出すだけで♪ あははっ♪(アラン』

ドS部活動記録
 兄弟共通の話題となったカタリナ様

 また、前回ラストで気持ち良く笑ってますが
 カタリナの困り顔が楽しかったそうな
 わかる

 君も今日からドSの一員だ!!

 ただ、これも良かれあしかれ

ジオルド『…あの子は、僕の婚約者ですからね』

はめふら 第3話 感想 00068

)アラン
 え? ああそうだが?


)ジオルド
 自覚はないのですか…

 でも、絶対に渡すつもりはありませんよっ


はめふら 第3話 感想 00073

 恋愛強者特有のドヤ顔ダブルムーブ

五寸釘の覇王
 キースに続き、アランを敵性認識したジオルド
 王子「わかってないなぁ…」感がね!!
 ドヤ顔!!

 前回も、本音はやはり危機感か

 木登り勝負に危機感を覚え
 あくまで、やんわり釘を刺しに来た訳ですね

 これが貴族特有のパワームーブ

 深い、業が深いぞ!!

ニコル『……大丈夫だ』

はめふら 第3話 感想 00081
はめふら 第3話 感想 00085

お兄様は、いつもそう仰るけど……(ソフィア』

愛はニトログリセリン
 ほのかに滲みだす気遣いアクション

 寡黙に、深く妹さんを大切にしているのね
 深く、静かな愛情は海の如し
 愛が水属性

 こういうお兄さんは好きですわ

 きっと扱いの難しさも一級品

王子主催のお茶会
ホストとして、客人に応対するジオルド

はめふら 第3話 感想 00088

 先のシーンを元に、執事を抜いて客を追加
 作画そのまま流用なのが面白い

 またジオルドは「もてなしてる」

 大人顔負けのジオルド

 年相応のアラン、と描き分けてるのが好印象

あーんっ♪


はめふら 第3話 感想 00091
はめふら 第3話 感想 00094
はめふら 第3話 感想 00097
はめふら 第3話 感想 00099
はめふら 第3話 感想 00106

)メアリ
 さすがは王族主催のお茶会ね~

 華やかですわっ


)食い意地
 ホントホント♪

 それにしてもどれもこれも美味しい~♪


はめふら 第3話 感想 00108
はめふら 第3話 感想 00118

……姉さん……(キース』

食べ放題令嬢
 カタリナ様、前回に続き お腹が急降下離脱

 独りだけケーバイキングのノリで食べるから…
 キース、もう完全に理解者の反応
 姉の心を知る人よ…

 だから食べる為の会じゃないって!!

 桜を見る会でしょう!!

 一瞬ですが、モンブラン等も奇麗に作画

 食べたくなってくる作画…

カタリナ『(お腹がチャポチャポ~、でも大丈夫!)』

はめふら 第3話 感想 00122

 何が大丈夫って、限界前にトイレへと行けた
 前回と比べ、より早期発見できた
 成長したのか!!

「暴飲」「暴食」は成長させる!!

 いや、その前に食うなヨ!?

『(えっ…、犬?! 何でこんなところに!?)』

はめふら 第3話 感想 00129
はめふら 第3話 感想 00130
はめふら 第3話 感想 00133
はめふら 第3話 感想 00134
はめふら 第3話 感想 00136
はめふら 第3話 感想 00141



やっといった…、さてお手洗いに…(カタリナ』

カタリナ奔る!!
 良かった、木登りできねば即死だった!!

 鎖が壊れ、逃げ出した座敷犬と遭遇した令嬢
 作画節約し、移動を表現する!!
 背景演出が楽しい!!

 そういや、前世も犬に追われてました

 前々世で、生類憐みの令でも破って
 打ち首獄門だったのか…?

 byつなよし

 いい…、お尻でした。

わかってるのか!

はめふら 第3話 感想 00144

)貴族の令嬢
 こんなおめでたい場に、よく出てこられるものね?

 呪われた子のくせに!


)カタリナ
『(なんか人が集まってるんですけどー!?)』


はめふら 第3話 感想 00148

)カタリナ
『(どうしよう…、ここで出て行ったら木登りしてた事が噂になっちゃう!?)』

『(早くどっかいってよ!?)』
   

はめふら 第3話 感想 00150
はめふら 第3話 感想 00155
はめふら 第3話 感想 00156
はめふら 第3話 感想 00161
はめふら 第3話 感想 00167

…そこをどいてくださいますか!(カタリナ』

ギャー!?
 ソフィアが怯えたのは、この仕打ちを恐れて

 が、空から颯爽とヒーローが現れ一喝!!
 蜘蛛の子を散らすのでした
 なお 
 
へ!? 何も逃げなくてもー!?(カ』

 親方、空から失禁寸前の人が!!
 失禁が生んだ出会い

 奇跡は失禁で出来ているんですね

 完全に日曜朝8時だった…!!

カタリナ『!?

はめふら 第3話 感想 00172
はめふら 第3話 感想 00173
はめふら 第3話 感想 00174
はめふら 第3話 感想 00176
はめふら 第3話 感想 00177

『(なんて…、綺麗…!?)失礼―!!

通りすがりの悪役令嬢
 しかもカタリナ様、名乗らず去る伝説的疾走

 ソフィア視点に突然現れ、名乗らずに去った
 ましてソフィアは読書家ときた!!
 物語のヒーローだ!!

 木から落ちたら恋に落ちた

 単なる小水限界ですし
 皆が逃げたのも、悪役顔に怯えての事

 切羽詰まった表情の奇跡

 カタリナ様、また無垢な少女を撃墜してる…!!

兄ニコル『(……まったく、どこに行ったんだ?)』

はめふら 第3話 感想 00184

)貴族たち
 見て、ニコル様よ!


)貴族
 まあ可愛らしい! お美しいわ~


はめふら 第3話 感想 00186

)貴族
 ニコル様は、妹様の事でご苦労を…


)貴族
 ご兄妹の事で色々言われて、お可哀そうに…


はめふら 第3話 感想 00188
はめふら 第3話 感想 00189

 貴族の言葉に、拳を強く握るニコル

正反対
 兄は真逆で、貴族たちに大人気

 しかし大人が「可哀そう」と同情する声に反発
 大人は、彼に好意的ですし
 心配しています

 小さな優しさ、大きなお世話

 ひたすら黙っているニコル

 彼が何を思うのかが、今回のポイントなのね

カタリナ『さーあ♪ 今度はどれにしようかナ~♪』

はめふら 第3話 感想 00191

 ここは個人的にレアチーズケーキがお勧め
 酸味、土台のクッキー生地がンまい
 昨今は買い物も難ですが。
 食べたい。

 寒い時代とは思わんか

『あ、あのう…』『あ、あなたは先ほどの…?』

はめふら 第3話 感想 00192
はめふら 第3話 感想 00195
はめふら 第3話 感想 00197

)カタリナ
『(ふわー! やっぱり美しい~)』

『(まるで「エメラルド王女とソフィア」に出てきそうな…。…ソフィアはとても美しい少女で、お忍びで街に出かけた王女は、その美しさに目を奪われるのよ…)』


『(そしてソフィアに王女は言うの…)』


はめふら 第3話 感想 00198

)悪役令嬢カタリナ
 まるで絹のようにきれいな髪ね…

 少しだけ触れても構わないかしら…?


)ソフィア
 え?


はめふら 第3話 感想 00202
はめふら 第3話 感想 00204
はめふら 第3話 感想 00209
はめふら 第3話 感想 00211
はめふら 第3話 感想 00213
はめふら 第3話 感想 00219

『エメラルド王女?』『なんですとぉ!?

揺さぶり令嬢
「触りたい」と心の中で思ったならッ!! その時スデに行動は終わっているんだッ!!

 外を恐れる彼女もまた、本が大好きだったと!!
 普通ならお巡りさん案件ですよ
 危なかった!!

 令嬢はオタ友を手に入れた!!

 呪いと称され、外に出られない子と
 元インドア派だった子

 なんて自然な出会いでしょうか!!

「オタク」は「引かれ」あう!!

『(やったぁ!! 遂に見つけたロマンス小説仲間!!)』

はめふら 第3話 感想 00225

 ロマンスの神さま この人 でしょうか♪
 前回、ナスを植えれば出会い!!
 本を読めども出会う!!

 ロマンスの神さま 今日もありがとう♪

ソフィア『あのう…?』

はめふら 第3話 感想 00226

)ソフィア
 ソフィア・アスカルトです…


)カタリナ
『(なんと!! 本当にソフィアさんだなんて!!)』


はめふら 第3話 感想 00230
はめふら 第3話 感想 00232
はめふら 第3話 感想 00235
はめふら 第3話 感想 00238
はめふら 第3話 感想 00246
はめふら 第3話 感想 00251

お兄様…、私、あの方のお宅にご招待されましたわ……?(ソフィア』

あえなくお縄となった
 困ったのはキースで、怒ったのはメアリでした

 騒いだカタリナ、二人にお縄になったものの
 丁度、お茶会も終わりの時間
 再会を約束へ

 ホントすぐ招くね「公爵」令嬢!?

 嵐が去った…
 呆気、ぱたぱた振るソフィア様可愛い

 ドナドナされるカタリナ様

 頑張れメアリ、ライバルは多いぞ!!

アン『お嬢さま、お客様が…』

はめふら 第3話 感想 00261
はめふら 第3話 感想 00267
はめふら 第3話 感想 00268
はめふら 第3話 感想 00269
はめふら 第3話 感想 00274

)カタリナ
 ようこそソフィアさ…?

『(何だこの絶世の美少年わ!?


はめふら 第3話 感想 00275

)絶世の美少年
 初めまして

 妹を招待して頂きありがとうございます

 付き添いで参りました、兄のニコル・アスカルトです


はめふら 第3話 感想 00280
はめふら 第3話 感想 00281

『(キター!? 第4の破滅フラグだぁ!?(カタリナ』

四番目のシ者
 カウンターで名乗る美少年、すごい美少年!!

 何せ鈍感王カタリナでさえ「美」と称す少年
 彼、とんでもない逸材なのね
 OPも輝いてるし

 また王子の胃がピンチ…!!

 愛が重めなジオルド
 ボイスドラマ曰く「退屈しないから」

 でもライバルの数、質の多さも明らかに一因

 培われた危機感の産物だったのか…

第1話ニコル『君の考えは素敵だな…』

はめふら 第3話 感想 00285

)カタリナ
 ジオルドやアランの幼馴染で宰相の息子!!

 一つ年上の無口なキャラ!!

 こいつもゲームの攻略対象だー!?

※成長後cv:松岡禎丞氏


はめふら 第3話 感想 00292

)カタリナファイブ(真面目)
 前世で、ニコルルートはプレイしていません
 知っている事といえば

 オタク友達のあっちゃんから、聞きかじった情報だけです


はめふら 第3話 感想 00295

)あっちゃん
 ニコルってかなりシスコンだから~

 ライバルキャラも妹でね?

 まず、妹から攻略しなきゃいけなくてー


悪役令嬢 第3話 感想 00306

 攻略本片手にネタバレをかます親友の鑑

シスコン兄貴の挽歌 
 待って!? 攻略前なのにべらべら喋ってたの!?

 OPで神父さんみたいな仕草の「あっちゃん」
 持つのは、ファミコン全盛期から
 長らく人気だった本

 攻略集「大技林」のパロ!!

 懐かしいなオイ!?
 単作でなく、多作品の攻略ネタが満載

 一冊で、浅く広く攻略できた「大辞林」パロ本

 君は「前世」のフレンズなんだね!!

強気『ニコルルートのライバルはカタリナではない!』

悪役令嬢 第3話 感想 00307

)強気
 つまり!! ニコルに関わっても、私の破滅フラグは立ちそうにない!!


)議長
 ならば、ソフィアと仲良くしても
 問題なさそうです


悪役令嬢 第3話 感想 00309

)ハッピー
 せっかくできたロマンス小説仲間だしー


)超強気
 そう簡単に逃してなるものかァ!!


悪役令嬢 第3話 感想 00310

)カタリナファイブ
『『『『『おー!』』』』』


)カタリナオリジナル
 おー!


悪役令嬢 第3話 感想 00312
悪役令嬢 第3話 感想 00317
悪役令嬢 第3話 感想 00319
悪役令嬢 第3話 感想 00323
悪役令嬢 第3話 感想 00324
悪役令嬢 第3話 感想 00325

 という訳で、楽しい時を過ごす企業

兄の目線
 際しニコル、横目に観察し続けていました

 彼の行動原理は、妹の幸せこそが最優先なのね
 カタリナが、ソフィアをどう扱うか
 ずっと観察し続けた

「兄」を放置したのもポイント

 妹をダシに、ニコルを誘惑するような
 不義理な真似をしなかった

 美少年を放置し、ソフィアとだけ話し続けた

 有言実行って信用できますわ

メイド『お迎えの馬車が参りました』

はめふら 第3話 感想 00333

)カタリナ
 え!? もう!?

 楽しい時間ってあっと言う間ねえ~


 本当にきれいな髪ですねえ、少しだけ触ってもいいですか?


はめふら 第3話 感想 00337
はめふら 第3話 感想 00341
はめふら 第3話 感想 00342
はめふら 第3話 感想 00343
はめふら 第3話 感想 00346

 超反応するアスカルト兄妹

ヤッテシマッタ!?
 また髪の話してる…

 帰り際、立ち上がったソフィアの美しさ!!
 が、美しいからと言い過ぎた…?!
 心に曰く

『(やってしまった!?(カタリナ』

 やってしまう事に定評ある令嬢

 確かに、日常生活ではこの発言は「ない」

 髪を触ってクンカクンカしたい等

『(もしや変態だと思われた!?)』

はめふら 第3話 感想 00349

 命なんて安いものです、特にカタリナのは。
 今迄、無言を貫いた兄も反応し
 絶体絶命悪役令嬢…!?

 ではなく「いじめられていた原因」だと

 髪は地雷だった

えと、そのー!?』『……ないのですか?

はめふら 第3話 感想 00351

)ソフィア
 カタリナ様は…

 私のこの見た目が、気味悪くないのですか?


)カタリナ
 …どういう事でしょう……???


はめふら 第3話 感想 00353

)ソフィア
 この、老人のように白い髪に、血のように赤い瞳…

 気味が悪い、と呪われた子だと皆が言います…


)カタリナ
 呪われた子ぉ?


はめふら 第3話 感想 00357
はめふら 第3話 感想 00359

 カタリナの声は、徹頭徹尾「何が?」なトーン

人は見た目が10割引き
 現実ではアルビノ、メラニン欠乏の遺伝子疾患

 ゲームや兎なら珍しくない銀髪、赤い瞳もまた
 日本語でも「白子」とも呼ばれ
 偏見を受けました

 赤い目も、毛細血管が透過する為

 現代でも、特にアフリカの一部では
 特別な存在とされています

「食べれば御利益」と、漫画みたいな迷信が横行

 2018年も、日本でその講演が実施。

ニコル『中傷です』

はめふら 第3話 感想 00360

)ニコル
 父の功績や我が家を妬んだ者たちが、悪口を広めているのです


)カタリナ
 は?! そんな…


はめふら 第3話 感想 00362

 だから彼は、ずっと見ていたのね

ソフィアは己が気味悪い
 カタリナが妹を苛めないか、じっと観察してた

 ニコルの父は宰相。要は、政治的トップの一人
 王を助け、政治を取り仕切る役職で
 数人いるパターンも

 伯爵家ながら「宰相」故の中傷

 公爵や侯爵に劣る家格
 してみると王さま、能力主義者なのか?

 そのアンバランスさ、弱点扱いされてたのか

 やーい!! お前の娘 呪われっ子ー!!と

『それでも!! 私のこの髪が気味悪いのは変わりありません…』

はめふら 第3話 感想 00363

 大人が、政治的な駆け引きに使う一方で
 当人は素直に受け取ってしまい
 苦しんでいたと

 逆にニコルは同情票で、ますます人気に…

 彼は「それ」も不本意なのね

私は奇麗だと思うけど!

はめふら 第3話 感想 00365

)カタリナ
 私は、ソフィア様の絹のような白い髪も、ルビーみたいにキラキラした赤い瞳も!

 とっても綺麗だと思います!


 また遊びに来て頂けると嬉しいです!


はめふら 第3話 感想 00367

)カタリナ
 そして…良ければ!

 私のお友達になってくださいませんか?


)ソフィア
 ……はい…っ!
 

はめふら 第3話 感想 00382
はめふら 第3話 感想 00383
はめふら 第3話 感想 00384
はめふら 第3話 感想 00385
はめふら 第3話 感想 00387
はめふら 第3話 感想 00389

 ソフィアが長年求めた「友達」

わたしの、最高の友達
 偏見、政治的駆け引きの合わせ技だった

 だが現代少女カタリナ、そのテの偏見はなく!!
 彼女は、ゲームの中の美しい少女
 念願のオタク友達!!
 
 友達になって欲しい。以上!!

 対し、偏見に苦しんだソフィア
 夢の出会いですわ…

 実際ツイッターでも、ロシアのアルビノさんが紹介され「すげー!」って飛び交ってますものね

 ソフィア,cv水瀬いのりさんの演技もいい…

『なんだか、まるで夢みたい…。お兄様のあの言葉、本当でしたわ』

はめふら 第3話 感想 00393

)ニコル
『大丈夫だ…、きっといつか、ソフィアの事を解ってくれる素敵な友達が現れるよ』


)ソフィア
 そんな人…、本の中にしかいないと思ってたのに…


はめふら 第3話 感想 00395
はめふら 第3話 感想 00396
はめふら 第3話 感想 00398
はめふら 第3話 感想 00399

…良かったな(ニコル』

奇跡も、魔法も、あるんだよ
 兄冥利に尽きる、ニコルの微かな笑顔

 僅かに動いた口元は、心から嬉しかった証か
 自分の言葉が「気休め」から現実へ
 物語から現実へ

 妹の幸せこそ絶対なニコル

 時に「自分が守る」と固執
 嫉妬、暴走するシスコンも少なくない

 本末を転倒しない、何が大切か間違えない

 彼は良きシスコンだ…

※トップに戻る

『私とソフィアは、あれからも交流を続け…』

はめふら 第3話 感想 00407

)カタリナ
 はワ~、この本もステキだったわ~

「魔性の伯爵」シリーズ!


)メアリ
 それはどんなお話ですの?


はめふら 第3話 感想 00408

)カタリナ
 美しい伯爵と、街の平凡な少女の
 ロマンス小説よ~♪

 黒髪に黒い目を持つ伯爵は、女性はおろか男性まで魅了してしまうほどの魔性の魅力を持っているの…♪


)メアリ
 まあ!


はめふら 第3話 感想 00411

)ソフィア
 実は、その伯爵がお兄様にちょっと似ている気がして…

 贔屓目ですけど


)カタリナ
 うんうん解る!

 無口でミステリアスなところとか~


はめふら 第3話 感想 00415
はめふら 第3話 感想 00419
はめふら 第3話 感想 00428

 てな訳で、本を借りにソフィアの家へ行く事に

無口でミステリアス・パートナー
 後日、メアリもソフィアと打ち解けた
 
 ロマンス小説友達が、二人も増えたカタリナ!!
 元々「貴族社会では白眼視」なれど
 メアリもハマッた

 誰をも魅了する伯爵と「普通」

 誰でも、よりどりみどりな青年が
 ごく「平凡」を愛した

 そいつは素敵だ…

 大きな本、不釣り合いなカタリナも可愛い

キース『姉さん、落ち着いて』

はめふら 第3話 感想 00429

 ニコルもですが、キースも大概というか
 両親も「キースがいるなら安心」と
 任せっきりなのか

 いいのかい、弟さん姉を攫って国外逃亡しかねないぜ!!(迫真)

 国内では「王子」が絶対ですものねー

男性『初めまして、私はニコルとソフィアの父で…』


はめふら 第3話 感想 00433

)美形
 ダン・アスカルトと申します


)美女
 妻のラディア・アスカルトです


はめふら 第3話 感想 00437

)悪役令嬢
『(さすがご両親も美形…ッ!!)』


)気苦労の多い弟
 …(無言でせっつく)
 

はめふら 第3話 感想 00438
はめふら 第3話 感想 00442
はめふら 第3話 感想 00446

初めまして、カタリナ・クラエスと申します

美形…!!
 キース君もホント苦労してらっしゃる

 しかし即座に「美形…!!」と出るとは恐ろしい
 正直、アニメ基準で考えると
 割と普通に美形

 ここは制作側も迷ったところか

 誇張するとギャグになるし
 ギャグになると、続く展開が台無しです

 基本、みんな美形だから難しいよねー

 後セーラー服っぽくて可愛い

『弟の、キース・クラエスと申します』

はめふら 第3話 感想 00450

)ラディア・アスカルト
 貴女に出会ってから娘は本当に嬉しそうで…

 ありがとうございます


)ダン・アスカルト
 ソフィアにあなたのような素敵な友達ができて、本当によかった…


はめふら 第3話 感想 00455
はめふら 第3話 感想 00456

え?! あの!? こちらこそです!?(悪役令嬢』

伯爵宰相
 正直「公爵令嬢」ゆえ邪推したくなる

 でもどうも、ご両親は本心から仰っていた様子
 家格を越え、王側近となった男なら
 作品的にただ者じゃない

 おべっか使いでは「絶対」ない

 むしろ、子供にも対等に向き合い
 感謝するような好漢

 また多分、ここで「おべっかじゃないか?」と視聴者に疑わせること

 それも制作側の意図か
 
『カタリナ様! ようこそおいでくださいました!!』

はめふら 第3話 感想 00463
はめふら 第3話 感想 00464
はめふら 第3話 感想 00467
はめふら 第3話 感想 00468
はめふら 第3話 感想 00469
はめふら 第3話 感想 00470
はめふら 第3話 感想 00472
はめふら 第3話 感想 00475
はめふら 第3話 感想 00484

)カタリナ
 今日はとても素敵な時間をありがとうっ

 こんなにたくさん本も貸してくれて♪


)ソフィア
 こちらこそ♪

 あ、大変!! さっきお話したお勧めの本を部屋に置き忘れてしまいましたわ!?


はめふら 第3話 感想 00485

 この、どっさり持たされたキース君たるや

あたしって、ほんとバカ
 この場合「貴族の男」の義務感的な

 何より姉大好き、荷物持ちも彼の仕事なのね
 姉の、妹の幸福を見守る少年達
 ニコルも依然寡黙

 この男衆、全く交流しない…!!

 多分、ニコルも笑ってるハズですが
 表情が不動過ぎる

 なんなの、顔面筋がストライキなの

 やはり筋肉を鍛えなければ…

ソフィア『いえ!! ぜひ早く読んで頂きたいのです!!』

はめふら 第3話 感想 00488

)転生令嬢カタリナ 
『(あ…、この感じ懐かしい)』


)あっちゃん
 あー!! お勧めの漫画渡し忘れてたー!!
 ちょっと待ってて!!

 今、とってくる!!


はめふら 第3話 感想 00489

)カタリナ
 ソフィアならきっと、前世の世界でも一緒に漫画を読んだりアニメを見たり

 乙女ゲームもしてくれそうな気がする…
 ああ…!!


 本当に素敵な友達が出来て良かったぁ…♪


はめふら 第3話 感想 00492
はめふら 第3話 感想 00499
はめふら 第3話 感想 00504
はめふら 第3話 感想 00506

 版元一迅社の原点「ゼロサム」

コミックZERO-SUM
 2002年、スクエニお家騒動で創刊した雑誌

 母体がGファンタジー故、女性向けの色が強く
 本作も、こちらで連載されてるのか
 18年も経つのか…

 重なるソフィアとあっちゃん

 推しを読んで欲しい気持ち…!!
 こんなオタク、コスプレ界隈震撼…!!

 略してソフィあっちゃん

 ボイスドラマ「アラン」の締めも重なる

『改めて、妹の事でお礼を言わせてください。本当にありがとうございました』

はめふら 第3話 感想 00509

)カタリナ
 いえ! こちらこそ!!
 私の方が仲良くして頂いていますのに~

 ご両親にも同じように言って頂いてっ


)ニコル
 両親が?


はめふら 第3話 感想 00519

)カタリナ
 はい! とっても素敵なご両親ですね♪


)ニコル
 そうですか…、ありがとうございます


はめふら 第3話 感想 00523

『(…え!? 何この気まずい沈黙!?)』

羊たちの沈黙
 そこで問題だ!
 ニコル相手にどうやってこの沈黙をかわすか?

 3択―ひとつだけ選びなさい

 答え①ハンサムなカタリナは突如会話のアイデアがひらめく

 答え②ジオルドがきて騒ぎが増す

 答え③ソフィアが戻ってくる。現実は普通である。

カタリナ『(ええと長く話を続けるには…、長く話ぉ~~を…?)』

はめふら 第3話 感想 00524

)カタリナ
 ハッ!! となりのおばあちゃん!!


)真面目
 前世の隣のお婆ちゃん

 その話に捕まると、30分は解放されないとご近所で有名…!!


はめふら 第3話 感想 00535

突撃!! 隣のおばあちゃん
『あんなに素敵なお嫁さんもらってェ、この幸せ者め~』


)強気
 そう!それをアレンジするのヨ!!


はめふら 第3話 感想 00539

ご両親はあんなに素敵で、妹さんはあんなに可愛くて、ニコル様は本当に幸せ者ですわねっ

コトバーアレンジメント
 あっちゃんに続き、隣のお婆ちゃんゲスト出演

 農家の祖母といい、頼れる味方が多すぎる
 咄嗟にその殺し文句をアレンジ
 なんて冷静で的確!!

 あふれる知性でかえり討ち!!

 脳内検索、カタさま可愛すぎる
 てかcv真礼さん好演

 なんなの!! あの語尾の伸ばしっぷり!!

ニコル『…しあわせもの…?』

はめふら 第3話 感想 00547

)ニコル
 俺は幸せ者だと思いますか?


)カタリナ
 ええ!! だって素晴らしいご家族がいらっしゃいますし!!

 その…、…違うのでしょうか?


はめふら 第3話 感想 00554

)ニコル
 …違いません。

 俺は、尊敬できる素晴らしい両親と、優しく可愛らしい妹を持てて…

 とても幸せなんです


)カタリナ
『(な、な、何?! 笑った顔は普段の何倍も奇麗…!?)』


はめふら 第3話 感想 00559
はめふら 第3話 感想 00564
はめふら 第3話 感想 00569
はめふら 第3話 感想 00571
はめふら 第3話 感想 00573
はめふら 第3話 感想 00580

『(魔性の伯爵が浮かべる「万人を魅了する魔性の笑み」って、きっとこんな風だったんだわ~…!?)』

共感
 ニコルは長年、こう言って欲しかったのか

 冒頭で「可哀そう」と同情されていたニコル
 でも違う、彼はずっと幸せだった
 言いたかった

 言って貰える日を待っていた

 今回、オタ友に喜ぶカタリナに
 解る!!と思いました

 彼もまた、解って欲しかったのか

 ただ「自分は解って欲しかった」と解ったのか

 答えは美しくシンプルだった…!! 

カタリナ『それじゃあ…、ハッ!?

はめふら 第3話 感想 00581

)カタリナ
『(キースまで、ニコルの魔性の笑みに心を奪われてるー!?)』

 …さあさ、さっさとお暇しましょうね!

 ごきげんよー!


はめふら 第3話 感想 00583
はめふら 第3話 感想 00584
はめふら 第3話 感想 00585
はめふら 第3話 感想 00588
はめふら 第3話 感想 00592
はめふら 第3話 感想 00596

)カタリナ
『(恐るべし、ニコルの魔性の魅力…!! これから先、どうキースを守っていけば…!?)』


)キース
『(…まさか、またライバルが増えるなんて!!』

『(一体、どれだけタラシ込めば気が済むんだ…)』


はめふら 第3話 感想 00599
はめふら 第3話 感想 00603
はめふら 第3話 感想 00607
はめふら 第3話 感想 00610
はめふら 第3話 感想 00614

 そして時を経て、くたびれていくノート

相互守護
 薔薇!! そういうのあるのか!!

 前世で、男の世界にも理解があったらしい令嬢
 げに恐るべきはコミックゼロサム
 守護らねばならぬ…

 そしてまた苦労が増える弟

 この子、どんだけ心労増えるの!?
 胃薬必須!?

 甘草を処方しなきゃ(ナポレオン感)

 冒頭の王子といい早熟…!!

『8歳の春に前世の記憶を思いだして早7年…!!』

はめふら 第3話 感想 00618

)カタリナ
 この七年間、破滅エンドを回避する為に
 色々な努力を重ねてきたわ!!


 キースを孤独にしない!!

 剣や魔法の訓練~

 残念ながら、魔法の才能はあんまりなかったようですが…

 対策はバッチリです!!


はめふら 第3話 感想 00624
はめふら 第3話 感想 00626
はめふら 第3話 感想 00630
はめふら 第3話 感想 00631
はめふら 第3話 感想 00633
はめふら 第3話 感想 00636
はめふら 第3話 感想 00645
はめふら 第3話 感想 00649
はめふら 第3話 感想 00651
はめふら 第3話 感想 00655

カタリナ、お誕生日おめでとうございます。とても奇麗ですよ♪(ジオルド』

決然たる出撃
 決意のBGMと、立派に成長した皆の姿!!

 特にジオルドは、笑顔の嘘くささが臨界突破し
 どこに出しても恥ずかしさしかない
 立派なドSに成長か

 皆、ゲームそのものの容姿へ

 可愛かった、子供時代も卒業か…
 山場の三話で納得

 納得だけど惜しいなぁ!!

 だが、成長した皆も面白かっこいいぜ!!

ジオルド『では、最初のダンスは僕と是非…!!』

はめふら 第3話 感想 00662

)ジオルド
 カタリナ…
 前に言いましたが

 僕は絶対に、君との婚約を解消するつもりはありませんからねっ


※担当cv:瀬戸麻沙美→蒼井翔太。敬称略


はめふら 第3話 感想 00665

)カタリナ
 解りました…

 でも、ジオルド様に気になる方が出来たら言ってくださいな?

 私はすぐに身を引きますからっ


はめふら 第3話 感想 00674
はめふら 第3話 感想 00676

うん、まったく解ってない事が解りましたよっ(ジオルド』

婚約者
 君らこの7年に何があった

 彼の婚約者でなくなれば、問題解消されます
 既に七年間で試みたらしいも 
 逆に警戒心がUP!!

 むしろ「婚約」継続に懸命…!!

 幼少は「自覚」が強みも
 今、おそらくアランも自覚する年頃

 これはジオルド焦る…!!

 何だよ、案外苦労してんじゃねえか…

『これはもう、先に既成事実を作ってしまった方が早いかもしれませんね?』

はめふら 第3話 感想 00687

)カタリナ
 キセージジツ…?

 ぅわ?!


)ジオルド
 ふふ、君は本当に、いくつになっても無防備ですね?


はめふら 第3話 感想 00690
はめふら 第3話 感想 00694
はめふら 第3話 感想 00695
はめふら 第3話 感想 00700
はめふら 第3話 感想 00704

こんな事では、いつでも簡単に奪えてしまいますよ?(ジオルド』

いつか必ずお前を奪う
 性的な意味で。

 過激な発言と共に、かなり強めに首元にキス
 しっかりキスマークを残す王子
 まぁ!!

いずれは全て頂きますからね?(ジ』

 まあ王子ったらいけない人!!
 ただまあ、“無防備すぎて心配”は解る

 誰に横からかっさらわれるか、気が気じゃない

 周りがイケメン揃いですもんねえ

姉さんちょっと!!

はめふら 第3話 感想 00709

)キース
 虫が付いて汚れてたから…


)農婦カタリナ
 そっか!! さっきのは虫かぁ!!

 ありがとう♪


はめふら 第3話 感想 00718

)キース
『(ニブすぎる…、不安だ…)』

 いいですか! 今後ジオルド王子とは、二人きりで会わないようにしてくださいッ!!


※担当cv:雨宮天→柿原徹也


はめふら 第3話 感想 00724
はめふら 第3話 感想 00730

『わかりましたね!!』『ああ…、うん?』

義弟キース
 苦労されている…!!

 王子とは互いに、自覚的に恋をしてる者同士
 今では、すっかり虫呼ばわり
 水面下のライバル関係に

 チャラ男どころか堅実じゃないか!!

 溺れる者はチャラ男も掴むといいますが
 姉を守る最強の防波堤

 彼、義理とはいえ「弟」で結婚も難しい…!!

 やはり国外逃亡するしか…!!

アラン『ン? その首のところはどうした?』

はめふら 第3話 感想 00736

)カタリナ
 あー、さっき虫に刺されましてー


)アラン
 虫? …それにしても今日はいつもより…
 その…、マシだな

※担当cv:田村睦心→鈴木達央


はめふら 第3話 感想 00737

)カタリナ
 ありがとうございます♪

 使用人たちが頑張ってくれて、髪もドレスも何度もセットされて…

 下着だってー


)アラン
 って!! オイ!?


はめふら 第3話 感想 00746

 殿!! こやつ純情でござるぞ!!

君のせいだよ!!
 兄と対照的、色恋にはまったく疎いまま

 何せ明らかにキスマーク、“寝た痕”と見えるも
 彼、本当に虫と思ったらしい
 箱入りか!!

 15歳、少年から男に変わりゆく年頃

 瑞々しいッ!!
 今、“女になっていく友達”にどぎまぎ

 ハハハこやつめ、とんだ青春ブタ野郎だぜ!!

 ジオルドが焦っている一因よ!!

ニコル『次は俺と踊って頂けますか? …とても奇麗だ』

はめふら 第3話 感想 00748

)カタリナ
 ニコル様って、本当にモテるんですねえ~

『(相変わらず間が持たないー!!)』

 えっとォ~~~~


はめふら 第3話 感想 00755

)カタリナ
 逆にニコル様が気になる方はいるんですか?


)ニコル
 いる

※担当cv:M・A・O→松岡禎丞


※略


はめふら 第3話 感想 00760

)ニコル
 言えない…

 本当は想ってはいけないひとだから…


)カタリナ
 ええ?!

『(何それ禁断の恋!? てことは人妻か!?)』

『(もしくは男性!?)』


はめふら 第3話 感想 00761
はめふら 第3話 感想 00780
はめふら 第3話 感想 00790

でも俺はいつでも、その人の幸せを願っている(ニコル』

忍ぶれど
 王子の婚約者に、秘めた恋をする美形

 まさか、当人に男色家と思われていようとは
 人妻は当たらずとも遠からず
 惜しい!!

 誰でも魅了も、欲しい人は手が届かない

 おいおい本当にロマンスじゃないか
 愛に!! 気付いてください!!

 窓に映る切なさは 生まれ変わるメロディー

 なんてセクシーなコマンド―…!!

メアリ『カタリナ様っ! ずるいですわ~』

はめふら 第3話 感想 00794

)メアリ
 カタリナ様と踊れるのは殿方ばかりなんてー


)カタリナ
 じゃあ踊る?

 でも私、男性パートは踊れないわよー


はめふら 第3話 感想 00801

真田さん、メアリ
 実は!! こんなこともあろうかと、男性パートも踊れるように練習してまいりましたのっ!!


※担当cvは、岡咲美保が続行

 ロード・エルメロイのイヴェット役他


はめふら 第3話 感想 00805

 メアリ、努力を惜しまないパワー系百合

自信の淑女
 ボイスドラマ曰く「隣に立てるように」

 幼少期は、大人しく控えめだったメアリですが
 今、カタリナを過大気味に評価し
 成長が著しい

 カタリナに相応しくなるべく奮闘

 練習、努力すれば克服できる事なら
 四の五の言わずやる

 自信がなかった彼女は、努力を惜しまない

 自信がないなら作るの精神!!  

ソフィア『ずるいです! 私もカタリナ様と踊りたいです!!』

はめふら 第3話 感想 00808

)ソフィア
 このあいだ読んだ小説は

 王女と町娘のラブロマンスでしたわ!!

 女性同士でダンスをするシーンは、それはそれはロマンティックでしたわ~


※担当cvは水瀬いのり続行


はめふら 第3話 感想 00811

)カタリナ
 ええ!?

『(ソフィアどんどんディープになってる…』


はめふら 第3話 感想 00815
はめふら 第3話 感想 00821

 この「がんばるぞい」感!!

ずるい!!
 すっかり読書量に磨きをかけた淑女

 が、方向性がだいぶ傾いてしまった感は否めず
 カタリナ、その罪は海より深い
 共に沈もう百合の海

 憧れの方向がおかしくなった淑女

 また「遠慮会釈」は消えた

 素直に「ずるい」と言えるのは素敵だ!!

 君も百合の花咲くフレンズなんだね!!

よぉし! じゃあ順番ねっ!!

はめふら 第3話 感想 00826

)カタリナ
 こうして、私の15歳の誕生日パーティーは
 楽しく過ぎていき…

 遂に魔法学園入学へのカウントダウンが始まる


 それは即ち、恐れていた乙女ゲームが始まってしまうという事!


はめふら 第3話 感想 00832
はめふら 第3話 感想 00835
はめふら 第3話 感想 00840
はめふら 第3話 感想 00845
はめふら 第3話 感想 00848
はめふら 第3話 感想 00850

願わくば、破滅を迎えることなく皆とずっと一緒に居られますように…!!

「役割」の始まり
 ここからが第1話、そして「乙女ゲーム」

 今迄の彼女は「乙女ゲームの悪役令嬢」でなく
 あくまで、悪役面した令嬢でした
 全てはここから!!

 カタリナの戦いはこれからだ!!

 また、あくまで目的は「生存」でしたが
 皆と一緒にと変化

 この七年で、皆の事も心から大切になった

 と、感じさせるいいスタートだった!!

 彼女の破滅はここからだ!!

※トップに戻る

感想追記
新規録音、ソフィアのボイスドラマが配信

はめふら 第3話 感想 00000



 懸命に想いを言葉にしようとする、儚い口調

ボイスドラマ第5弾
 兄の励ましにも、既に諦めていたのか

 また作中、あまりにヒロイックだったカタリナ
 意図的に「物語的」だったのね

 ソフィアは「物語に憧れる」少女

 物語から現れて
 現実へと、その手を引くヒーロー

 改めて素敵な出会いだわ…

 奇跡って、時に失禁で出来ているんだね… 

後、ものすごくどうでもいい事で恐縮ですが

はめふら 第3話 感想 00155
リック・ディアス クワトロ_8



 完全に一致。

γガンダム
 イヤネ!! 今週「ヒーローっぽい」と思ったので
 見事な偶然の一致だなーって
 これも奇跡だ!!
 多分!!

 関節流用で可動域が増したディアス!!

 元キットは2000年発売だぜ!!

今週「土ボコおじさん」動画はお休み!!
せーのっ!!

はめふら 第3話 感想 00007



 いや待って待って?! 僅か30秒なのに!?

一迅社CM
 今週はCMですが、面白すぎない!?

 無論、イラストにネタバレ的なアレはあるかも
 原作9巻が4/20日発売との事

 いや面白すぎるでしょ集合絵!!

 すげえな…
 CMまで、タイトルとリンクさせるとは…

 なお撮影は昨年との事

 コロナは関係なかとよ多分!!

今週も犬に追われたカタリナ様

はめふら 第3話 感想 00136

 コメントによると「猿だから犬と相性悪い」

野猿と犬
 宇宙一納得した!!

 宇宙SPACEナンバー1に納得した一言でした
 納得しきったかい?

 後ここ、犬の作画が何気にすごい

 見る角度を変え、飽きさせない構図もいい!

彼は何を思うのか?
鉄面皮ニコル、彼の想いが焦点な回

はめふら 第3話 感想 00564

 本当、カタ様と一緒にハラハラする回だった!!

ニコルの真意
 正直「両親、公爵家に遠慮してんじゃ?」

 実際ニコルも、親の事を言われて黙った訳で
 あ、やっぱり親が地雷か…?
 と思ったらドーン!!

 ただ「俺は幸せ」と言いたかった

 何が幸せか、何が不幸かなんて
 当人の主観にしかない

 彼は「主観が」しっかりした子でした

 けどそれでも、周りに「可哀そう」と言われ続けたら、結構へこむんですよね…

「俺は幸せ」と言え、本当に良かった!!

今回は「ニコルは何を思ってる?」が焦点
そんでそれは…

はめふら 第3話 感想 00523

 今回すごく「乙女ゲー」っぽかった!!

鉄面皮系ヒーロー
 もし選択間違えたら、バッドエンドになる

 今回、ニコルにそんな空気があって
 乙女ゲームっぽいと思いました
 ヒヤヒヤしたぜ!!

 とても繊細で、いつ爆発するか解らない

 ニトログリセリンみたいでしたねー

最後ドバーッ!!と一気に流れ
正直、ちょっぴり驚いたじゃあねえか!!

はめふら 第3話 感想 00636

 後その直後、僅か4分が濃かった!!

4密
 それぞれが、ちょっとずつ出るシーン

 本文通り、各々方の性格がよく出てござる!!
 例えば、アランがまだ純粋とか
 ニコルの秘めた想いとか

 努力型の自信家になったメアリとか

 僅か4分、短いけど「色々あったんだ」とか
 彼らが変化した事とか

 色んなイメージがこもってて楽しかったです

 次回も楽しみですねー

余談ですが
今回、本分でも言及しましたが






 ゼロサムは、創刊から引っ越すまで買ってて
 正直、ちょっと懐かしかったですねー
 最遊記は連載再開して良かった…
 堤先生カムバック…

 今もLandreaallとか単行本は買ってますけど

 ストプラも最終回を迎えました…

※トップに戻る


































































































2020年4月18日 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第3話「麗しの美形兄妹と出会ってしまった…」




 10second社が制作協力。初耳の社名

 ってか森木靖泰氏ィ!? 同姓同名!?

スタッフ
 脚本:笹野恵
 絵コンテ:澤井幸次
 演出:大内大和
 作画監督:金浩宇、服部憲知、齋藤魁、若山政志、大槻南雄、森木靖泰
 総作画監督:大島美和
 アニメ制作:SILVER LINK.
 原作:小説家になろう/山口悟
 制作協力:10second

あらすじ
ロマンス小説に夢中になっていたカタリナの元へ、ジオルドとアランが主催する王宮でのお茶会の招待状が届いた。「ロマンス小説仲間を見つけてみせる!」と、やる気満々のカタリナは、美しいながらもその容姿のせいで「呪われた子」として虐げられていたソフィアと、老若男女をも魅了する兄、ニコルと出会うのだった。

第1話冒頭へと繋がる、いい最終回だった!!
彼女の破滅はこれからだ!!

はめふら 第3話 感想
はめふら 第3話 感想
はめふら 第3話 感想

 オープニング、本で隠すのが可愛い!!

ニコルゥゥ!!
 アスカルト兄妹、OPで本を使った演出もイイ!!

 OPでは、カタリナ様もクラつく美形と描くも
 彼の側が自制してるのか…
 自制心がある子…

「未プレイ」設定も不気味で楽しい

 OPは「儚い…」ソフィア様ですが
 立派な百合に成長し何より

 男性パート練習してたメアリも力強い!!

 恋も変も恋愛も力こそパワーね!!

 次回、乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第4話

トップに戻る


















 絶体絶命!破滅寸前編 1巻 “転生は15歳”

 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第3話「麗しの美形兄妹と出会ってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第4話「魔法学園に入学してしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第5話「主人公の実家にお邪魔してしまった…」
※ここからボイス企画10の質問スタート

 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第6話「夏休みだから楽しく遊んでしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第7話「危険なダンジョンに入ってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第8話「欲望にまみれてしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第9話「パジャマパーティで盛り上がってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第10話「破滅の時が訪れてしまった…前編」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第11話「破滅の時が訪れてしまった…後編」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第12話「最終イベントが来てしまった…【最終回】」

※過去感想記事の一覧へ

トップに戻る