公式サイト 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第2話 感想
 原作未読 はめふら レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ。これまでの感想はこちら 前回はこちら
お前も悪役令嬢に転生してみろはパワーワード
後の蛇づくり職人と「アラン」!!

はめふら 第2話 感想 00423
はめふら 第2話 感想 00865
はめふら 第2話 感想 00526

 ED、ガチ恋されてるじゃないですかアホ面ァ!!

 歌詞と映像、繋ぎ方が見事で大爆笑だったわ!!
 悪役面、気にするカタリナ様が可愛いも
 婚約者をうっかり撃墜…!!

 将を射んと欲してないのに、先ず馬を射た!?

ろりゆり
 緑の手と音楽家、どちらも「指」絡みなのねー
 恋の鞘当な二人、ケンカ友達なアラン
 百合と化した婚約者!!

 慕われまくってむしろ波風立っとるやないけ!!

 農業と野猿が無双するアニメは良作

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…2話 感想


 第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」
 Aパート「萎れたナスビ」
 お茶会に行くかい?

・侯爵家のお茶会
 メアリ・ハントと緑の手
 破滅フラグとメアリの事情

・Bパート「俺様王子の挑戦」
 アランと野猿が木に登る
 完璧兄貴とアランの才
 ジオルドが苦手なもの

・EDテーマ「BAD END」
 Cパート「職人誕生」
 感想追記

・公式ツイッターより
  …ふりかえりイラスト、ノンテロOP公開!!
  …ノンテロップEDも公開!!
・制作スタッフ 
 これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・4ページ目へ
  …メアリを動かした言葉
・6ページ目「Bパート」
  …アラン王子の挑戦
・10ページ目へ
  …ED「BAD END」
・14\14ページ目へ

・これまでの感想

原作公式と配信。外部サイト

原作公式サイト
  …小説家になろう
配信サイト(月額440円/PC可)
  …Dアニメストア 土曜日24時配信 ロゴあり
  …同Amazon版 プライム必須 ロゴなし

毎週水曜18時
公式予告がカタリナファイブにより配信!!





 いや待って、そもそもカタリナファイブって!?

ジオルド王子の内心
 このアニメ、cv内田真礼さん働きすぎくない!?

 更に、第1話をジオルド視点から振り返り
 どこの家でも、手のかからない子ほど
 放置されがちという話

 てか実は押し付けてた!?

 貴族らしく、形式ばった事かと思いきや
 いーい性格してますわ

 今の彼、ドSというか退屈さなのね

 なんだよ…、ハッピーエンドじゃねェか…

第1話のセカンドヒロイン、ヒーロー
キース視点からの振り返り




 愛人の子で、3歳で父側に引き取られた

義弟キース
 劇中、キースを押しのけてた兄上様方

 あれだけなら、年頃的にままあることですが
 どっこい、貴族らしい性悪さと描写
 幼少期つらすぎる

 姉さんの距離感に驚くわけだよ!!

 娘が嫁ぐ関係があれど、事件を知った上で
 引き取った父上も大したもの

 これはもう愛しか育たない…!!

 この逸話、今回の下敷きなのねとっつぁん

全体あらすじ
農業ヒロインカタリナ様、またも芽吹かせる

はめふら 第2話 感想 00407
はめふら 第2話 感想 00816

 兄も人の子だ、そう解るだけで違うよねって

あらすじ
 前回から数か月、畑のナスが萎れて苦悩する折
 父に勧められた、ハント侯爵家のお茶会で
 カタリナは令嬢メアリと邂逅

 メアリの協力で畑は復活、彼女を絶賛する

 だがメアリは、カタリナに惚れ込み
 彼女の婚約者アランが激怒

 アランと衝突する内、彼の悩みを解消

 ナスもアランも実りを迎えるのだった

 次回、乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第3話



♪いつだって前向きなんです
そんなOPのワンカット、本編再現だった!!

はめふら 第2話 感想 00324

 前回、8歳の公爵令嬢カタリナに記憶が復活
 やがて15歳、魔法学校に入学した時
 自身は破滅すると悟った

 回避し、生き残るべく行動を開始

 とりあえず畑を耕すのだが…?

カタリナ『今日も良い天気っ! 畑仕事日和ね~』

はめふら 第2話 感想 00001

)悪役令嬢カタリナ
 前世の記憶を取り戻して数か月

 今や、畑作りは私の趣味になっている


)義弟キース
 姉さん、手伝おうか?


はめふら 第2話 感想 00015
はめふら 第2話 感想 00017
はめふら 第2話 感想 00020

萎れてる…、どうしてかしら……(カタリナ』

笑顔と笑顔と
 のっけから苗をみて萎れてしまう悪役令嬢
 もう完全に農家じゃないか!!
 早数ヵ月経過!?

 義弟と王子もそろそろ解っていた

 こいつは敵なのだ…

 片や原作でチャラ男、片やドS
 外面はお手の物ですね!!

 気付け姉!!

ジオルド&キース『『ン……?』』

はめふら 第2話 感想 00021

)キース
 姉さんの事はご心配なく、ジオルド様
 それにこう…

 毎日のように出向いて頂かなくても結構ですよ♪


はめふら 第2話 感想 00023

)ジオルド

 君の方こそ、いつもべったりカタリナにくっついていなくても良いのですよ、キース♪


はめふら 第2話 感想 00028
はめふら 第2話 感想 00034
はめふら 第2話 感想 00037

『(すっかり仲良くなったなぁ…♪(カタリナ』

鈍感令嬢
 守りたいこの笑顔。冒頭から最高の笑顔ですね
 頭上に夜叉が2体ほどいますが

 始まってしまった恋の鞘当てが!!

 片や、姉弟であるアドバンテージ
 片や婚約者

 弟、ほっといたら攫って国外逃亡しそう

 それより問題は苗なのね…!!

父上『お茶会の招待状が届いているのだけど、行ってみるかい?』

はめふら 第2話 感想 00043

)カタリナ母
 無理です!旦那様!

 カタリナはこの通り!
 まったくマナーがなっていないのですから!


)父上
 そ、ソレハマア…


はめふら 第2話 感想 00045
はめふら 第2話 感想 00049

 見た目でアウトと実証していくスタイル

人は見た目が1000万パワー
 わんぱくか!!

 父こそ、いい度胸してると言わざるを得ない
 確かに習うより慣れろと申します
 曰く

実践で学べば身につくかもしれないよ?(父』

 この娘を、家の外に出す度胸!!
 僕は敬意を表する!!

 だってこんなに可愛いんだもん

 母さんもアグレッシヴ!!

母『確かにそうは思いますが…』

はめふら 第2話 感想 00050

)父上
 そうだ、キースにもついて行ってもらったらどうだい?

 キースがいれば安心だろう~


)キース
 姉さんと一緒なら喜んでいきますっ


はめふら 第2話 感想 00054
はめふら 第2話 感想 00060

『(あれ?私が姉なのに、キースに付き添われないとダメな子になってない…?)』

ヒエラルキー
 前回!! 弟を可愛がろうと誓ったカタリナですが
 気付けば、家庭内ヒエラルキーは逆転
 逆転令嬢でした

 両親の安心と信頼、出来た子!!!

 だって、上品に口元を拭う弟と
 両手に頬張る子なんて…

 2個か!? 美味しいの2個ほしいのか!? 2個…イヤしんぼめ!!

 ホント、勇気あるな公爵閣下!!

侯爵令嬢『本日は、我が家のお茶会にご参加いただきありがとうございますっ』

はめふら 第2話 感想 00062
はめふら 第2話 感想 00064
はめふら 第2話 感想 00067
はめふら 第2話 感想 00077
はめふら 第2話 感想 00085
はめふら 第2話 感想 00086

…初めまして、四女のメアリ・ハントです…(メアリ』

ハント侯爵家
 公式によると侯爵家、カタリナ実家より位が下
 カタリナ、意外にしっかり応対も
 冷遇されてそうな四女が

 これは可愛い…!!

 姉達が、髪も服も洗練されてるのに対し
 敢えて野暮ったく作画か

 どうも既に、姉達は名乗りを終えてるらしい

「お前は名乗らなくていいのよ」的な空気

『貴女がカタリナ・クラエス様?』

はめふら 第2話 感想 00096

 クライシス、危機に陥ってると噂のクラエス様
 公爵、貴族の最高ランクに位置する上
 王族と婚約

 約束された勝利のロードを行くカタリナ

 それはもう大人気なのね!!
 
『お会いできて嬉しいですわっ』『私もご挨拶を!』

はめふら 第2話 感想 00097
はめふら 第2話 感想 00101
はめふら 第2話 感想 00106
はめふら 第2話 感想 00108

…はー、あいさつ回りをするだけでクタクタだわ(カタリナ』

悪役令嬢の苦労
 偉い人には、偉い人の苦労があるって話ですわ
 アイサツ!! それはとても大事な事
 古事記にも書いてあります

 ガチな声で力尽きるカタ様かわいい

 今週も、cv内田真礼さん好演です
 むしろ独り舞台です

 モブの子も、貴族らしくかわいい子ばかり

 見た目が人生に直結するもんね…

『…ン、皆おしゃべりに夢中で全然減らないのね…?』

はめふら 第2話 感想 00113

)カタリナ
『(ん~♪ もったいないっ♪)』

『(袋があったら、詰めて持って帰りたいわ♪)』


)キース
 姉さんっ。…どうしたのぼんやりして?


はめふら 第2話 感想 00119
はめふら 第2話 感想 00124
はめふら 第2話 感想 00126
はめふら 第2話 感想 00132

…まさか、お菓子を家に持って帰ろうとか思ってないよね?(キース』

ダメ姉令嬢
 前回から数か月、早くもカタリナ慣れした
 カタリ慣れした義弟のツッコミ
 鋭すぎる…!!

すごいわ!? 良く解ったわね!?(姉』

 解らいでか!!
 あねとは、二文字違えば「だめ」

 貴族的にダメな姉だとよく解っている弟

 しかし旨そうに食うねえ…

キース『はぁ…、良く解ったわね、じゃないよ~』

はめふら 第2話 感想 00138

)キース
 そんなことしたら、クラエス家の品位を疑われるよ

 それにお母様にバレたら大変だよ?


 このまえ三秒ルール?とか言って、床に落ちたクッキーを食べて、おやつ三日抜きにされたばかりだよね?


はめふら 第2話 感想 00158

)カタリナ

 …仕方ない!

 持って帰れないなら今食べるしかないわ!


はめふら 第2話 感想 00162
はめふら 第2話 感想 00167

 なんという熱血で的確な判断なんだ!

食べ過ぎて令嬢
 食べ物を無駄にしない、熱いエコの精神
 食べ過ぎてお腹が急降下令嬢
 曰く

ちょっとお花を摘みに~!(姉』

 人は、花を摘む時に屈みます
 その姿勢は似ている

 和式便器で用を足す様に似ているという隠語

 キースの優しさが悲劇を生もうとは…

『間に合って良かった~、さすがに食べ過ぎたわね~』

はめふら 第2話 感想 00180

 そして戻り道、素晴らしい庭園だと気付く令嬢
 行きは、相当切羽詰まってたんですね
 何もなくて良かった…

 美しさは「手を尽くした庭園」の証

 農業に携わったから、より解るというものか

『…!? カタリナ様、どうしてこんなところへ!?』

はめふら 第2話 感想 00181
はめふら 第2話 感想 00182
はめふら 第2話 感想 00188
はめふら 第2話 感想 00193
はめふら 第2話 感想 00197
はめふら 第2話 感想 00199

『(…何だか怯えてるみたい? (カタリナ』

メアリ・ハント
 花のように可憐なご令嬢と、悪役ヅラのご令嬢
 ヘイヘイ、メアリ様ビビってる!!
 曰く

『(私が悪役顔だからかしらー!?(カ』

 確か、前回も気にしていましたが
 顔つきも大事なのね

 だから「自分が好かれるとは思えない」

 彼女の鈍感さの一因か
 
カタリナ『…こ、ここの庭はすごいですね!?

はめふら 第2話 感想 00201

)カタリナ
 花がいっぱいでとても奇麗です!

 どれもこんなに立派に咲き誇って…、よほど良い庭師を雇っているのね…

 そうだわッ!!


はめふら 第2話 感想 00208

)カタリナ
 ねえメアリ様?

 庭師を紹介して下さらない!


 これだけ立派に花を育てられる方に、ぜひ相談したいことがあるの!


はめふら 第2話 感想 00210
はめふら 第2話 感想 00217
はめふら 第2話 感想 00222

わ、私です…、ここの花を育てているのは私なんです…(メアリ』

栽培令嬢
 思わせぶりな反応、やはりそういう事だった
 作中、農業好きという変な属性を持つも
 出会いのきっかけに

 園芸は淑女のたしなみ

 すごーい!!
 君は 花咲か令嬢なフレンズなんだね!!

 日本でも道楽は色々、盆栽は雅な趣味ですが

 花が花を咲かせていたのか…!! 

公爵令嬢カタリナ『すごい…!!』

はめふら 第2話 感想 00231

)農業令嬢カタリナ
 一体どうやって!? 裏ワザがあるのですか!?

 それとも土に秘密が!?


)侯爵令嬢メアリ
 あ、あの!? かたりな様!?


はめふら 第2話 感想 00235
はめふら 第2話 感想 00238
はめふら 第2話 感想 00247
はめふら 第2話 感想 00249
はめふら 第2話 感想 00252

ぜひ!! 家に来て野菜を見て頂けませんか!?(カタリナ』

メアリ・ハント
 曰く、さすがに野菜を育てた事はなかったも
 本気で思案顔になったメアリ嬢
 無事ハント

 ハントされる側だったか

 花を摘みに行ったら花と出会った
 冒頭が前振りだったとは…

 いやはや野菜も枯らしてみるものですね

 凄まじい顔で詰め寄ったわ!!

農婦『こっちですわ、メアリ様っ♪』

はめふら 第2話 感想 00256

)カタリナ
 暑さのせいかと思ったんですが…

 庭師のトムさんが育てている野菜はちゃんと育っているんです


はめふら 第2話 感想 00262

 さすがに驚いた様子だったメアリ様

トムさんの畑
 当然、公爵家にも庭師はいるけれど解らない
 同じように育ててるハズなのに
 上手くいかないのか

 でも庭師の人も専門じゃないでしょうし

 基本、経験でやっているでしょうし
 門外漢に教えるのは難しいか

 そも貴族の館で野菜を育てるとか例外過ぎる

メアリ『…もしかして…』

はめふら 第2話 感想 00268

)カタリナ
 何か解ったんですか?!


)メアリ
 !? 確かな事は言えませんがー!?


はめふら 第2話 感想 00275

)メアリ
 水と肥料が十分に行き渡っていない可能性があります


 植える場所を移し替えて
 様子を見てみましょう


はめふら 第2話 感想 00281
はめふら 第2話 感想 00284
はめふら 第2話 感想 00287
はめふら 第2話 感想 00289
はめふら 第2話 感想 00291
はめふら 第2話 感想 00295
はめふら 第2話 感想 00297
はめふら 第2話 感想 00298
はめふら 第2話 感想 00299

…見てメアリ、こんなに元気になったわ!!(カタリナ』

たぁー!
 さすがに今回、一朝一夕とはいかない話ゆえ
 しばし、一枚絵で経過を描きました
 長い時がかかったね…

 わざわざ資料まで用意した!!

 メアリも野菜は初挑戦、資料から調べた
 乞われた事に全力で応えた!!

 いい子じゃないか!!
 
 乙女ゲーで乙女達が戯れておる…!!

メアリ『そ、そんな…』

はめふら 第2話 感想 00303

)カタリナ
 きっとメアリの手は緑の手なんだわ!


 植物を育てる才能ある人の、特別な手の事よ

 緑の手を持っているメアリは、特別で素晴らしい存在だわっ!


はめふら 第2話 感想 00308

)メアリ
 私が…特別……、あのカタリナ様!

 野菜は元気になりましたけど、またこちらに伺ってもよろしいですか?


)カタリナ
 大歓迎よ! いつでも遊びにきて頂戴♪


はめふら 第2話 感想 00312
はめふら 第2話 感想 00317
はめふら 第2話 感想 00322
はめふら 第2話 感想 00325
はめふら 第2話 感想 00328

 それはそれは、花が咲くような笑顔じゃった…

緑の手オリジナル
 またえらく古風な言い回しをされるカタリナ様
 自信がなく、うつむきがちだったメアリは
 この一言に自信を得ました

 カタリナのお友達が育てた初めての野菜

 それはナスでカタリナは九歳でした

 その苗は立派に育ったもので
 こんな素晴らしいナスをそだてる彼女は

 きっと特別な存在なのだと感じました

 今では私がおじいさん
 孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル
 なぜなら彼もまた特別な存在だからです

キース『…メアリ様は前より明るくなったね』

はめふら 第2話 感想 00337

最初はだいぶ、私に怯えていたから…きっと、この悪役顔のせいヨ!(カタリナ』

悪役面
 トラウマか!! キースももっと強くツッコんで!?
 実際、OPに出てくるお母さまも
 めちゃくちゃ悪役面

 いずれカタリナも「癒される」のか…?

 それこそ主人公の役目…?

キース『そんな事ないと思うよ? 誰に対しても、オドオドした感じだったから…』

はめふら 第2話 感想 00339

 実はキース、お茶会で彼女の事情を聞いていた
 貴族のお茶会、それは憩いというより
 コネ作りと情報収集の場

 キース、冒頭から立派な貴族ムーブ

 姉の分まで貴族っぽいぜ…

カタリナ『色々って?』

はめふら 第2話 感想 00347

)キース
 メアリ様のお母さまは、ハント家の後妻に入った方らしくて…

 あまり歓迎された再婚ではなかったんだって


はめふら 第2話 感想 00348

)キース
 メアリさんはお姉さん達から煙たがられて

 悪口を言われて育ったそうだよ…


 そのお母さまも亡くなって…、メアリ様は居場所がなかったんじゃないかな…


はめふら 第2話 感想 00349
はめふら 第2話 感想 00353

でも、メアリ様はきっともう大丈夫だよ♪(キース』

貴族と後妻
 流石同じく救われたキース、解ってらっしゃる
 貴族、というか現代でもままある関係で
 腹違いは辛いところ

 ボイスドラマによると身分が低かった

 正妻、妾腹キースよりマシでしょうが
 母の身分が子に直結…!! 

 ただでさえ親違いは風あたり強いでしょうに

 母の夭折も苦労したからかねえ…

キース『そういえば、メアリ様とアラン王子の婚約がそろそろ決まる頃だね?』

はめふら 第2話 感想 00365

)カタリナ
 へー、そうなのー

 …メアリは誰と婚約ですって?


)キース
 アラン王子だよ、ジオルド様の双子の弟の


はめふら 第2話 感想 00373

)カタリナ
『(第三の破滅フラグだ!?)』


)カタリナ(議長)
 それでは! これより作戦会議を始めます


はめふら 第2話 感想 00376
はめふら 第2話 感想 00380
はめふら 第2話 感想 00382
はめふら 第2話 感想 00385

 意外にハイテクな脳内会議。

阿爛王子夜露死苦!!!
 婚約者!! そういうのもあるのか!! 思えば納得で
 兄、ジオルドが「双子」で同い年ですし
 弟も婚約者が

 俺様系ツンデレ王子アラン

 ボイスドラマによれば
 兄ジオルドも、かなり気にしてます

 曰く周りは弟ばかり構い、自分は空気だ…

 それは気の毒な、と思ったものですが

強気『自分から破滅フラグに近づいてしまったようなものじゃない!?』

はめふら 第2話 感想 00390

)真面目
 まずは情報を整理しましょう

 アランは五歳まで病弱だった為、過保護に育てられた俺様王子です…!


 兄のジオルドに対して、強い劣等感と
 ライバル心を抱いています


はめふら 第2話 感想 00391

)真面目
 ですが、主人公と出会い
 心が前向きになり

 殆ど交流のなかったジオルドとの関係も改善されていくのです…


)ハッピー
 イイハナシじゃなーい…!


はめふら 第2話 感想 00395
はめふら 第2話 感想 00396

感動してる場合じゃないわヨ!(強気』

喧嘩上等兄宿敵
 流石、これにのめりこんだ結果死んだ(暴論)
 カタリナは、深くゲームを愛しています
 愛してますが死にそうです

 劣等感とライバル心のツンデレ

 また前述通り、弟ばかり構われて兄は拗ねた
 ジオルドも傷付いたのね

 結果、優秀さも相まって立派なドSの土壌

 病は気から、気からも病が生じると
 
知性、真面目『ご安心を!

はめふら 第2話 感想 00401

)真面目カタリナ
 アラン・ルートで、カタリナはほぼ登場しません
 代わりに登場するライバルは

 アランを慕う婚約者のメアリです…!!


)弱気
 で、ではメアリが国外追放か、殺されてしまうのですか…? 


はめふら 第2話 感想 00404

)真面目カタリナ
 いいえ! ハッピーエンドなら、メアリは二人を祝福して身を引き…

 バッドエンドならアランと結ばれます


)強気
 同じライバルキャラなのに、メアリは素敵なキャラじゃなーい!?


はめふら 第2話 感想 00407

)強気
 カタリナだけ扱いひどくない!?


 どういうつもりよ制作スタッフ―!

 あんた達も一度、カタリナに生まれ変わってみりゃいーのよー!


はめふら 第2話 感想 00410
はめふら 第2話 感想 00412
はめふら 第2話 感想 00413
はめふら 第2話 感想 00422
はめふら 第2話 感想 00427

「あんたらも生まれ変われ」のフルパワーワード

ボロクソ令嬢
 おかしい、このルートは死人が出ない!?

 つまりメアリ、同じライバルキャラ枠だった!!
 しかし、扱いの差は雲泥も雲泥
 雲と泥ほど違う!!

 ネットじゃきっとクソボロに違いない

 対し性格良し器量良し、おっぱいも良し!!
 スタンド「緑の手」まで

 きっと最後はジョースターさんに託し、壮絶に命を落とすに違いない

 バッドなのにハッピーエンドかよ!!

議長『静粛にッ!

はめふら 第2話 感想 00436

)真面目
 そもそもゲームの展開通りになるか解りません

 ご覧くださいッ!!


)アラン
『メアリは緑の手を持っているんだね』


はめふら 第2話 感想 00438
はめふら 第2話 感想 00439
はめふら 第2話 感想 00444

どこかで聞いたセリフだと思った―♪(ハッピー』

Falling Down
 まさかの丸パクリ、セクシーの窃盗罪だと判明
 自分で歴史を変えとるやないけ!!
 曰く
 
これじゃ恋に落ちないじゃなーい!?(強気』

 アランの言葉に耐性が…
 メアリは得たんだ「自信」を!!

 本来ここで変わるはずだった

 だがスデに!! 「恋」は始まっているんだぜ!!  

真面目『今は様子を見るしかないのでは?』

はめふら 第2話 感想 00451

)強気
 そ…、そうねッ!!

 アランは乙女ゲームの素敵な王子様よッ!!


 ひとつ台詞を取られたくらい、どうってことないわ!


はめふら 第2話 感想 00453

 だが大丈夫、致命傷だった

直撃すればどうという事はない
 後日、訪れたメアリはオドオドした様子が消え
 立派に花開いていました
 女として!!

 本作、皆して早熟ですね!!

 もちろん「婚約者」になれたと喜ぶも
 違う!

 そこ喜ぶポイントが違うんじゃあないか!?

 既に「やらかしている」んだぜ!!

カタリナ『メアリ、婚約が決まったみたいね!』

はめふら 第2話 感想 00457

)メアリ
 私も王子の婚約者になりました

 カタリナ様と一緒でとても嬉しいですわ!


)カタリナ様
 そ、そう…、アラン王子はどんな方だった?


はめふら 第2話 感想 00475

)メアリ
 とても美しい方でしたわ~
 それと!

 カタリナ様と同じように庭を褒めてくださいました!


)カタリナ様
 おおッ!! 褒められてその後は…!?


はめふら 第2話 感想 00478
はめふら 第2話 感想 00482
はめふら 第2話 感想 00484
はめふら 第2話 感想 00489
はめふら 第2話 感想 00493
はめふら 第2話 感想 00494
はめふら 第2話 感想 00497

『(そりゃ言えないよね…、自分が言う前に先に言われたら…。ごめんアラン…!!(カタリナ』

ろりゆり
 王子は「緑の手」と言えず。

 てな訳で、王子が怒鳴り込んできたって訳か!
 怒鳴り込み方も、俺様チックですわ
 我が家の如き俺様感

遅かったな…!!(アラン』

 結局、メアリは二言目に「カタリナ」
 立派なカタリナ一筋に

 そしてツンデレ王子はワイシャツとネクタイ

 後は半ズボンなら完璧だった…!!

※トップに戻る

カタリナ『(と、突然たずねてきて何なのこの態度は…!?』

はめふら 第2話 感想 00505

)カタリナ
『(あ、いやいや…、相手は子供よ)』

『(精神的には私は17、+9歳…!! 子供相手に怒っていられないわ…)』


はめふら 第2話 感想 00506

)カタリナ
 支度に手間取り、申し訳ありません

 カタリナ・クラエスでございます


)俺様王子
 アラン・スティアートだ…、お前に話がある


はめふら 第2話 感想 00513

メアリ・ハントの事だ…。彼女は俺の婚約者になった…、知っているか?(アラン』

カタリナさんじゅうななさい
 冒頭で数か月経過した為か、カタリナは9歳に
 前回より1歳、破滅に近づきましたが
 中身は永遠の17歳

 対し王子様、ブレない俺様ムーブ

 とても、元病弱とは思えない俺様ムーブ
 人は変わっていくものだから…

 周りに敵を作らない、ドS兄貴と好対ですね

 さすが兄弟、正反対です

カタリナ『はい…? 存じております?』

はめふら 第2話 感想 00517

)アラン
 知っているなら、みだりに誘惑するな!!


)カタリナ
 ゆ、誘惑ってなんですか!?


はめふら 第2話 感想 00519

)アラン
 しらばっくれる気かッ!!

 俺が誘っても、お前との約束があるからと断られ、一緒にいる時もお前の話ばかりだッ!


 お前がメアリを誘惑しているに違いないッ!!


はめふら 第2話 感想 00526

 誤解、いやもう出来上がってるじゃねーか!?

アウトー!!
 思った以上に堕ちた。これは誘惑されてますわ
 作中、カタリナ視点は気付きにくいも
 実は誘いも断ってた

 遊んでたんだぜ!! 王子を袖にして!!

 父親が卒倒してそうな状況ですが
 直接、女狐に乗り込んだだけ「いい奴」ね

 彼は権力ではなく説教に訴えた!!

 これはカタリナ敗訴ですわ

カタリナ『ちょっと、何それ!言いがかりもいいところだわ!』

はめふら 第2話 感想 00530
はめふら 第2話 感想 00531

何が言いがかりだ! 純粋なメアリをたぶらかして!!(アラン』

純粋
 確かに純粋です、ただし純粋な百合なんですが
 アラン、本当にメアリが好きなのね
 彼こそ純粋

 メアリは悪くない、悪いのはデコッパチだと

 恋は盲目、令嬢は悪役。

 言動に愛しさと切なさと心細さが溢れている

悪役令嬢『そんな訳ないでしょ!

はめふら 第2話 感想 00534

)悪役令嬢カタリナ
 誘うタイミングが悪いだけだし!

 あなたの話がつまらないからヨ!


)冤罪王子
 なっ…?!


はめふら 第2話 感想 00536

)元17歳の女子高生
 本当に魅力ある人から誘われれば女の子はついていくわ!

 あなたに魅力がないのよッ!

 ないのよ…、ないのよ……(エコー)


はめふら 第2話 感想 00537

)アラン
 魅力がない…?

 ここまで面と向かってバカにされたのは初めてだ…!


 いい覚悟だ…、カタリナ・クラエス!


はめふら 第2話 感想 00539
はめふら 第2話 感想 00540
はめふら 第2話 感想 00546
はめふら 第2話 感想 00553
はめふら 第2話 感想 00555

その暴言を俺への挑戦として受けとる!!! 俺と勝負しろッ!!(アラン』

真昼の決闘
 王子様条約第1条 暴言をした者は挑戦となる!!

 まあなんてスムーズな導入なんだ!!
 発端は、ナスが萎れた事
 回り回って決闘へ

 メアリを褒めたら王子が怒った!!

 地球が丸いように
 色んな縁が、繋がって事件になる訳ですね

 彼とは兄絡みと思ったら

 OPの巨乳さん、彼の思い人だったのか

アン・シェリー『…何故、木登り対決を?』

はめふら 第2話 感想 00560

 いやもうホント、どうしてこうなったとしか
 前回、確かに「特技」と言ってましたが
 どんだけ自負してんの!?

 もしや17歳になった後、主人公とも登るのか

 登り始めたばかりなのか

 このはてしなく遠い悪役令嬢坂をよ…

アン『ですがアラン様は、木登りをしたことがなさそうですが…』

はめふら 第2話 感想 00561

)野猿令嬢カタリナ 
 バレないようにお母様を引き留めてくれているキースの為にも、サクッと終わらせるわ♪

 では始めましょうか

 先にてっぺんに上った方が勝ちですよ?


はめふら 第2話 感想 00572

)アラン
 ああ、解っているッ!!


)アン・シェリー
 それでは位置について…

 用意…、はじめ!


はめふら 第2話 感想 00574
はめふら 第2話 感想 00575
はめふら 第2話 感想 00580
はめふら 第2話 感想 00585
はめふら 第2話 感想 00588

『(フン…、素人のおぼっちゃまが、前世で野猿の異名をとったこの私に勝てると思うなよ…!)』

瞬殺力
 おいおい瞬殺だよ

 おめでとう!! カタリナは野猿からGに進化した
 女と侮り、勝負内容を決めさせた為
 王子はあっさり敗北に

 元病弱、木登りなんて初体験!!

 何より、女と思って侮ってたらしいも
 世界観的に仕方ないか

 ようやっと悪役令嬢らしい顔をするカタリナ

 このタイミングでかよ!!

カタリナ『よろしいですけど…、そんな簡単には私に勝てませんわよ~?』

はめふら 第2話 感想 00592

)アラン
 望むところだー!


※そして夕方


)野猿令嬢カタリナ
 だいじょうぶですかー、アラン様ぁ♪


はめふら 第2話 感想 00596
はめふら 第2話 感想 00599
はめふら 第2話 感想 00600
はめふら 第2話 感想 00605

…次こそは絶対に勝つ! おぼえてろよー!!(アラン様』

王子逃走エンド
 昭和か!

 しかし昭和の捨て台詞で去っていった王子も
 実際、汗みどろになるまで奮闘してた
 実に善きこと

 奮闘努力を知る人よ

 アランは俺様、負けず嫌いだけれども
 その為の努力を惜しまない

 やりきったかい?

 この汗、彼への好感度が爆上げですわ

アラン『もう一度勝負だ!

はめふら 第2話 感想 00608

)アラン
 勝負だ!


 勝負だッ!


 今日こそは勝ーつ!!

 …お、お前は猿かあ?!


はめふら 第2話 感想 00609
はめふら 第2話 感想 00610
はめふら 第2話 感想 00611
はめふら 第2話 感想 00613
はめふら 第2話 感想 00615

『これも美味しいですよー♪』『なかなか美味いなー♪』

喧嘩上等 阿爛 夜露死苦
 かくてドアバン系王子に進化したアランは奮戦

 って、もうこれ完全に喧嘩友達やないけ!!
 見つめる兄さん、その本音やいかに
 嫉妬の波動を感じる…

 病弱、過保護さが「俺様」の原因

 また本来、最も身近であるべき兄にも
 負けまくって凹んでた

 対し「木登り」なんて、負けても別に恥ずかしくなんかないんだからね! か、勘違いしないでよね!!

 憑物落としに、最適だったのか…

キース『あれから毎日来るねー、アラン様』

はめふら 第2話 感想 00616

 彼に必要だったのは、対等に接してくれるヒト
 つまり、対等に木登りしてくれる人
 野猿が必要だったんだよ!!

 Ω ΩΩ<な、なんだってー!!!

 なお彼はメアリ一筋っぽいも…?

アラン『カタリナー!今日も勝負を…』

はめふら 第2話 感想 00623

)アラン
 な、なんでここに…


)腹黒ドSのジオルド兄貴
 ここは僕の婚約者の家なのですから、居てもおかしくはないでしょう?


はめふら 第2話 感想 00624

)アラン
 あっ………

 …今日はこいつと勝負するから…、邪魔をするな


)ジオルド
 何回もして一度も勝てていないじゃないですか?


はめふら 第2話 感想 00630

)ジオルド
 そろそろ諦めたほうが良いのではないですか


)アラン
 ………駄目だ。

 まだ勝負はついてない!


はめふら 第2話 感想 00636

 ジオルドのボイスドラマ的に非常に複雑

アランの抵抗
 要はジオルド、“自分の婚約者だ”と主張に来た

 しかし彼こそ、弟を羨ましくも思っていた
 皆、病弱な弟ばかりにかまう
 弟ばかり愛される

 カタリナまで…?と危機感か

 対し、“兄に勝てない”劣等感を持つアラン
 アランもよく言った!!

 互いに互いに嫉妬してる

 岡目八目って奴でしょうか

アラン『俺だってできる!俺だって……』

はめふら 第2話 感想 00638

 兄が出来る事が、アランには出来なかった
 その兄に「出来ない事はするな」
 これは効く…

 事は恋愛沙汰を越え、トラウマの応酬

 アラン、頑張る子だ…

カタリナ『あ、あのアラン様! よろしかった勝負の内容を変えさせて頂けません?』

はめふら 第2話 感想 00651

)カタリナ
 木登りをしているのがお母さまにバレそうですのでー!


)アラン
 そういうことなら……では、何で勝負する


はめふら 第2話 感想 00656
はめふら 第2話 感想 00658

驚きました! ピアノが弾けたのですねっ!!(ジオルド』

ピアノ・メロディ3世
 視聴者の総意を体現する有能王子

 この悪役令嬢ね、弾けるの!!
 意外ですが、8歳までは普通に悪役令嬢育ち
 演奏はたしなみ

『(それって褒めてるのかナ…(カタリナ』

 100パー褒めてないピアノ勝負
 これなら、文字通り誰も傷付かないのね

 何より、わざと負けてもアランは納得しない

 これなら対等だと思ったのか

カタリナ『次は、アラン様の番ですよっ』

はめふら 第2話 感想 00664
はめふら 第2話 感想 00676
はめふら 第2話 感想 00677
はめふら 第2話 感想 00680
はめふら 第2話 感想 00681
はめふら 第2話 感想 00684
はめふら 第2話 感想 00687
はめふら 第2話 感想 00693
はめふら 第2話 感想 00700

…すごいわ、とてもお上手です!(カタリナ』

指の二人
 ジオルドが真っ先に拍手!!

 アランもまた、指に才能が宿っている子でした
 カタリナも充分「聴ける」音楽
 が

同じ曲なのに、別の曲のように聞こえましたー!(カタリナ』

 無邪気に褒める子だ…
 曲がりなりにも、勝負だったのに

 カタリナの素直さも美しい

 また演奏、CGで上手く作画軽減してるのね

『素晴らしい才能をお持ちなのですね!』

はめふら 第2話 感想 00703

)ジオルド
 カタリナの言う通り、本当に素晴らしかったですよ!


)アラン
 …思ってもないくせに


はめふら 第2話 感想 00706

)アラン
 つまらないお世辞はやめろ!

 心の中では俺を出来損ないだと馬鹿にしてるんだろ!?


)ジオルド
 アラン……


はめふら 第2話 感想 00715

…俺には、才能なんて呼べるものはない(アラン』

嘘つきと素直
 実際、ジオルドにあらゆる面で負けてきた
 自分を信じられなくなっていた
 と

ジオルドの残りカスだ(アラン』

 また、アランが気付いてるかは不明も
 実際ジオルドは「嘘つき」

 兄は笑顔でやりすごし、本音では喋らない

 兄が褒めても、信じられないのね

カタリナ『アラン様は、どうしてそんなに自信がないのですか~?』

はめふら 第2話 感想 00721

)アラン
 ハッ生まれてからずっとジオルドと比べられ

 何をやってもあいつには勝てない

 ジオルドにいいとこをぜんぶ持っていかれた残りカスだと言われ続けて、どうやって自信を持てというんだ…


はめふら 第2話 感想 00726

)カタリナ
 向き、不向きの問題だと思うんだけどナー


)アラン
 …どういう意味だ?


はめふら 第2話 感想 00732

)カタリナ
 えぇと、ジオルド様にはジオルド様の得意なものや苦手なものがあって、アラン様にもそれぞれあるのでしょうから

 向き不向きがあって当然だということです


はめふら 第2話 感想 00734

 圧倒的一般論、だがアランは食いついた

向き不向き
 何せ彼には、それさえ想像できぬ程眩しかった
 兄、ジオルドはそれほど優秀なのね
 ドSは優秀

 また悪く言えば「幼い」

 作中、メインキャラが9歳前後なので
 知識も経験も足りない

 だから凹むし、だから立ち直るのも早い

 若さは傷つきやすいが治るのも早い

アラン『ジオルドに苦手なものがあるなんて、聞いたことがないけどな』

はめふら 第2話 感想 00737

)悪役令嬢カタリナ
 フヒ…、ジオルド様の苦手なものなら心当たりがありますわ♪

 あれは一週間前の事…!

 普段、冷静な彼がアレを見て驚いたのです!


はめふら 第2話 感想 00743

)悪役令嬢カタリナ
 きっとアレが苦手なのですわ!


)アラン
 アレって何だ?


はめふら 第2話 感想 00747

)何も知らぬジオルド
 カタリナ―、どこですかー


)カタリナ
 …ジオルド様の苦手なアレとは…

 これよー!


はめふら 第2話 感想 00753
はめふら 第2話 感想 00754
はめふら 第2話 感想 00755
はめふら 第2話 感想 00760
はめふら 第2話 感想 00768
はめふら 第2話 感想 00769
はめふら 第2話 感想 00771
はめふら 第2話 感想 00774

ジオルド様は、ヘビが苦手なのです!(カタリナ』

違うそうじゃない
 ヘビ!! OP、何やら細いものを振り回しますが
 なるほど、王子の苦手なものだったか!!
 ひでえなコイツ!!
 が

いや…、苦手なものってそういう話では……『(アラン』

 苦手、って意味がだいぶ違うやんけ!!
 アランは賢いな…

 立派なツッコミの素質ですよ

 ジオルド、TOKIOで言えば松岡枠だったのか

カタリナ『(ついに見つけたわ!! 完璧王子の弱点を!!)』

はめふら 第2話 感想 00781

)カタリナ
 これは破滅の危機を迎えた時にきっと役立つ…!


)ドS王子
 カタリナ…

 これは一体なんでしょうか?


はめふら 第2話 感想 00787
はめふら 第2話 感想 00792
はめふら 第2話 感想 00800
はめふら 第2話 感想 00804
はめふら 第2話 感想 00805
はめふら 第2話 感想 00808
はめふら 第2話 感想 00816

木登りやおもちゃの事を、クラエス夫人にお話ししなくては…(ドS王子』

ナスは実った
 てな訳で、ようやくドSらしい表情を見せた

 カタリナも、危うく国外追放エンドでしたし
 アラン、兄と「向き不向き」は
 克服とは言えず

 でもいいのね「解った」から

 兄だって、泣いて笑って取り乱す
 完璧じゃない「人間」だと

 ようやく兄に人間味を感じたんでしょうか

 そいつは間違いねえこって!

アラン『あはははははははっ!』

はめふら 第2話 感想 00817

 兄が完璧すぎ、コンプレックスを感じていたが
 兄もまた、等身大の人間だと思えば
 気負う必要もない

 ナスが萎れて始まって、ナスが実って解決へ

 ありがとう、ありがとうナス…!!

♪その視線を独り占めしてみせる
♪どんな孤独も痛みも 君の手向けとなる

悪役令嬢 第2話 感想 00000
悪役令嬢 第2話 感想 00001
悪役令嬢 第2話 感想 00003
悪役令嬢 第2話 感想 00005
悪役令嬢 第2話 感想 00008
悪役令嬢 第2話 感想 00011
悪役令嬢 第2話 感想 00016
悪役令嬢 第2話 感想 00017
悪役令嬢 第2話 感想 00018
悪役令嬢 第2話 感想 00019
悪役令嬢 第2話 感想 00021
悪役令嬢 第2話 感想 00022
悪役令嬢 第2話 感想 00023
悪役令嬢 第2話 感想 00024
悪役令嬢 第2話 感想 00025
悪役令嬢 第2話 感想 00026
悪役令嬢 第2話 感想 00027
悪役令嬢 第2話 感想 00028
悪役令嬢 第2話 感想 00030
悪役令嬢 第2話 感想 00032
悪役令嬢 第2話 感想 00033
悪役令嬢 第2話 感想 00034
悪役令嬢 第2話 感想 00035
悪役令嬢 第2話 感想 00036
悪役令嬢 第2話 感想 00037
はめふら 第2話 感想 00865
悪役令嬢 第2話 感想 00039



 夕日キレイー、とか思っとる場合か!!

BAD END
 EDは、ジオルド担当cvが歌うポプテピピック
 蒼井翔太氏、ラブソングなんですが
 歌詞も映像も危うい

 危ういけど令嬢は気付いてねえ!!

 別の破滅フラグじゃあねーか!!

 危うい歌詞と締めのミスマッチ

 成長してなお農婦

 最後に思いっきり吹くEDだった…!!  

カタリナ『本当にお母さまに全部喋るなんて…』

はめふら 第2話 感想 00870

)カタリナ
 でもいいわ

 あのジオルドの弱点を掴んだんですもの~!


はめふら 第2話 感想 00871
はめふら 第2話 感想 00874
はめふら 第2話 感想 00875

これで破滅フラグを回避できるわっ♪(カタリナ』

職人エンド
 後の蛇づくり職人、カタリナ誕生であった

 実際、EDラストは精巧な偽物に進化しており
 以降、年月をかけ磨いたらしい
 蛇づくりの技を!!

 方向性おかしくなーい!?

 また、これがきっかけでフラグが立ちそうも
 蛇作りに何が…?

 まさか本物の蛇と間違えて!?

 蛇と間違え、誤飲して国外追放…?

※トップに戻る

感想追記
新規録音、メアリ視点の振り返りが配信

はめふら 第2話 感想 00000




 そして一迅社のCMも配信!!

土ボコおぢさん!!
 まさかの農業支援動画シリーズ

 またカタリナに惚れ、道を踏み外したメアリ
 しかし、妾腹でなく「後妻」とはいえ
 こちらも母の身分が…

 単に自信回復でなく、夢を持ったのか

 多分、本来はアランだったのでしょうし
 今の夢に問題ないかはともかく

 でも、きっと大丈夫

 大丈夫、世界には女同士で結婚できる国もある

 夢を応援したくなるヒロインですね!!

メアリが好きだからケンカした
アラン王子、カタリナとは和解したも…?

はめふら 第2話 感想 00412

 とりあえず兄との関係は改善

ツンデレ王子アラン
 劣等感も改善し、彼も問題が根治されましたが
 こっちは「婚約者が好き」なので
 カタリナとは喧嘩友達…

 と思いきや、婚約者に暴走兆候

 まあ彼はどっちに転んでも幸福な結末

 その分、本作の世界線では苦労するのね

強気で俺様だけど、内心は劣等感の塊だった
アラン、改善への一歩

はめふら 第2話 感想 00616

 あれよあれよと仲良くなる流れが楽しかった!!
 また、兄はきっちり王族スタイルも
 こちらは着崩すのがいい

 ネクタイいいよね…

 内心の気弱さと合わせて実にいい

四大破滅フラグを早くも三つ回収

悪役令嬢 第1話 感想 00373

 残る幼少組は、黒髪の少年と銀髪の少女ですが
 次回は、視聴の分水嶺とされる3話。
 幼少編も一段落?

 ある意味「ラスボス」な主人公と邂逅…?

 幼少期、丁寧に描いていくのねー。

※トップに戻る


























































































































2020年4月11日 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」

 DR MOVIE社に応援を頼んだ模様

スタッフ
 脚本:清水恵
 絵コンテ:湊未來
 演出:小柴純弥
 作画監督:澤入祐樹、佐藤香織、大槻南雄、宮島彩、冨田佳亨、南伸一郎、DR MOVIE、Lim ji-hyun、Kim Yoo-sun、KimSeong-il、Park Ae-lee、Hong Yu-mi、森本靖泰
 総作画監督:大島美和
 アニメ制作:SILVER LINK.
 原作:小説家になろう/山口悟
 制作協力:-

やはり次回予告はなし
毎週水曜、18時より30秒で配信しな!!

悪役令嬢 第4話 感想 00366

 OPでブラブラさせてたの、蛇のオモチャか!!

フォントまで怖い!!
 続いてED公開も、本編とリンクしすぎて怖い!!

 ドSというか、ヤンデレになりかけている…!?
 その愛はヘビー級ですわ
 チャンピオン!!

 でも当人は知らない…!!

 弟アランも、バンバン怒鳴り込んでたも
 一緒にお茶会する仲に…

 始まりはケンカ友達、後にどんどん美しく…

 これからアランは青春ですね(確信)

 次回、乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第3話

トップに戻る



















 絶体絶命!破滅寸前編 1巻 “転生は15歳”

 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第1話「前世の記憶を思い出してしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第2話「王子に勝負を挑まれてしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第3話「麗しの美形兄妹と出会ってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第4話「魔法学園に入学してしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第5話「主人公の実家にお邪魔してしまった…」
※ここからボイス企画10の質問スタート

 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第6話「夏休みだから楽しく遊んでしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第7話「危険なダンジョンに入ってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第8話「欲望にまみれてしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第9話「パジャマパーティで盛り上がってしまった…」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第10話「破滅の時が訪れてしまった…前編」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第11話「破滅の時が訪れてしまった…後編」
 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…第12話「最終イベントが来てしまった…【最終回】」

※過去感想記事の一覧へ

トップに戻る