ワンピース ONE PIECE 96巻 感想
 尾田栄一郎レビュー 考察 画像 ネタバレ
 目次へ これまでの感想はこちら 前回はこちら
伝説の「海賊王ゴールド・ロジャー」の冒険!!
おでん敗死、隠れた裏切者とは

ONE PIECE 96巻 感想 00097
ONE PIECE 96巻 感想 00096
ONE PIECE 96巻 感想 00039

 最後の島とは「Laugh Tale(笑い話」だった?!

 海賊にメジャーな舟歌「ビンクスの酒」と同じ
 誰もが、長年「宝」のヒントを歌っていた
 気付き大爆笑したのか?

 つまりどういう事なんだぜ!?

鍵は「ジョイボーイの再来」 
 あのロジャーが泣き笑い、ツッコミする楽しさ
 裏切り発覚も、逆手を食らわすラスト
 真打登場だったわ!!

 また黒ひげ、“ロックス”と入れ違いで誕生?

 今巻もロックスの影がチラついてますね

ワンピース 96巻 感想


・あらすじ
  …29年前から20年前、光月おでんの冒険譚
・第965話「黒炭家の陰謀」
  …オロチ将軍の真相、"ロックス海賊団"の示唆
・第966話「ロジャーと白ひげ」
  …おでんが「乗り換えた」訳
・第967話「ロジャーの冒険」
  …「財宝」を前に、ロジャーは…
  …ラフテルとは、彼による「命名」だった

・第968話「おでんの帰還」
  …ロジャー海賊団、解散
  …SBS「ゾロの血筋」
・第969話「バカ殿」
  …誰もが期待した「英雄おでんの帰還」
・第970話「おでんVS.カイドウ」
  …カイドウの嘘
・第971話「釜茹での刑」
  …裸踊りの真実

・第972話「煮えてなんぼのおでんに候」
  …釜茹での結末
・第973話「光月の一族」
  …居眠り狂四郎の正体
・第974話「いざ、鬼ヶ島!!」
  …裏切り者、発覚
・余談「ビンクスの酒」歌詞
  …作詞は尾田氏自身
・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3ページ目へ

・5ページ目へ

・過去記事ページ

あらすじ
帰国、おでんは「歴史」を知り開国を目指した

ONE PIECE 96巻 感想 00046

 要はジョイボーイ、ルフィはその再来?

あらすじ
 29年前おでんは白ひげ海賊団に入りトキと結婚

 やがてロジャーの船に移籍し、最後の島へ同行
 ロジャーは最後の島「ラフテル」へ到達し
 海賊王となる

 海賊団は解散、おでんは帰国した

 だが将軍オロチの願いが
 国を「滅ぼす事」と知ってしまう
 
 おでんは誰も傷付かぬよう選択。やがて敗れた

 そして現代、カン十郎の裏切りが発覚する

第965話
おでん国外出航から、瞬く間に二年が過ぎた

ONE PIECE 96巻 感想 00004
ONE PIECE 96巻 感想 00006
ONE PIECE 96巻 感想 00007
ONE PIECE 96巻 感想 00008

 28年前、12歳の「黒ひげ」が入団

第965話「黒炭家の陰謀!」
 表紙、ウソップに似た男は若き黒ひげだった!?
 出航2年目に「天下無敵」を名に込め
 モモの助が誕生

冒険のやめ方なんて おれにはわからない(おでん』

 作中、どこの海も奇想天外致命傷な本作!!
 だのにルフィ同様の楽しみっぷり!!

 もし生きてたら意気投合したろうに…

 隊長方式導入、後のエース隊「2番隊隊長」

 2番は「いつか離れる男」なのか

同時期ワノ国、オロチが「暫定将軍」に就任
裏には海賊の姿が

ONE PIECE 96巻 感想 00010
ONE PIECE 96巻 感想 00011
ONE PIECE 96巻 感想 00014

 マネマネの実、ボン・クレーの"先代"!?

元海賊の陰謀
 老婆は帰国した海賊で、オロチの黒炭家関係者
 ボン同様、能力を駆使して立ち回り
 オロチを“暫定将軍”に

 時の将軍その人にさえ化けた!!

 アラバスタといい、王に化けるのはズルい…
 しかもオロチは「元大名」

 祖父が将軍職を狙い暗躍、現将軍誕生で失脚

 この時は、完全な逆恨みと思ったものの。

しかも「黒炭ひぐらし」
どうも彼女、ロックス海賊団の関係者か

ONE PIECE 96巻 感想 00015



 この顔、“金獅子のシキ”

白ひげも所属「ロックス海賊団」
 劇場版キャラ、ロジャーと肩を並べた海賊シキ
 また、カイドウも「ロックス」だった為
 話が意味深です

 老婆もロックス? 解散後に帰国した?

 また若き「黒ひげ」が登場も
 彼の船は「サーベル オブ ジーベック号」

 海賊ロックス・D・ジーベックと関係する様子

 黒ひげは「ロックス」その人…?

出航四年後、たまたま白ひげが向かった島で
二大海賊が激突!!

ONE PIECE 96巻 感想 00019

 生きててこその“殺しあい”!!

終わる命
 たまたま、ロジャー海賊団が上陸した島に接近
 顔を合わせた以上、殺し合い不可避
 だって「生きてる」から!!

 二人、やっぱり仲良しだなあ!!

 死ぬ前だから、殺し合いをしておきたい!!
 心残りはいらねェもんな!!

 今巻はロジャー海賊団のラフスケッチも収録

 情報的にも大きな巻でしたわ

第966話
ロジャーvs白ひげ!! 頂上決戦は三日三晩続く

ONE PIECE 96巻 感想 00020
ONE PIECE 96巻 感想 00021
ONE PIECE 96巻 感想 00022
ONE PIECE 96巻 感想 00023
ONE PIECE 96巻 感想 00024

 そんで四日目には、仲良くプレゼント交換会

第966話「ロジャーと白ひげ」
 白ひげとロジャーも、武器が「黒刀」化!!

 仲良しか!! また、作中ズバ抜けた強さのおでん
 彼でさえ、“触れられない”謎の力
 次元が違ったと判明

 白ひげとロジャー、“強者の領域”

 いずれ、この謎の力が必要という事か
 白ひげもやはり桁違い…

 この後、おでんはカイドウに届く実力者と描写

 ただカイドウも20年で強くなってる…?

際し、若き黒ひげが「異常な身体」と描写
生まれて以来、寝た事がない

ONE PIECE 96巻 感想 00025

 人生倍楽しい、とは意味深。

マーシャル・D・ティーチ
 彼は身体が異常、二つの悪魔の実を許容します
 また「眠らない」というのも
 脳が二つある為か?

 年齢が40歳、ロックスの死も40年前

 ちょうど入れ替わりなのが意味深

 エース曰く「人の倍の人生を歩んでる」
 ロックスと同居してるのか?

 一つの身体に二人の人間?

 シャンクスに、顔の傷を残した程の実力者なのも納得できますし

ロジャーが目指すのは世界一周!!
成し遂げた時、彼は「為したい何か」を語る

ONE PIECE 96巻 感想 00026
ONE PIECE 96巻 感想 00027
ONE PIECE 96巻 感想 00028

 イヤそう!! …これが死別か…。

世界一周の為に!!
 第968話的に、海賊王でも海賊時代でもない?

 とまれロジャーは13年も前に「水先星島」
 そこが、ログポースの最終地であり
 先は「四つの石」が必要

 解読の為おでんが必須だった

 そも、ワノ国が鎖国をしていたのも
 暗号=ラフテルの秘匿か

 最高の偶然、最高の出会いも「早すぎた」  

 しかしつくづく探検家ですな

第二の海賊人生!!
当初、ロジャー海賊団に大いに嫌われたものの

ONE PIECE 96巻 感想 00029
ONE PIECE 96巻 感想 00030
ONE PIECE 96巻 感想 00031
ONE PIECE 96巻 感想 00032

 コイツ秒で仲良くなりやがった!?

「クジラの船」より
 まったく快男児で候!! いい生き様だなあ!!

 またロジャーとレイリー、赤ん坊は久々と発言
 もしや、シャンクスも赤子時代から?
 天竜人疑惑がありますし

 とまれこの後、空島で刻んだのね!!

 場所も財宝も、桁違いにロマンな場所!!
 楽しかったろうなあ!!

 またロジャー、おでん「引き抜き」には財宝をありったけ提供し、白ひげが「おでん達の為に」食料を返す場面も

 死別したのはつくづく悲しい…

第967話
船大工トム、アーロンの妹シャーリー。そして

ONE PIECE 96巻 感想 00033
ONE PIECE 96巻 感想 00034
ONE PIECE 96巻 感想 00035
ONE PIECE 96巻 感想 00036

 かつて魚人島との約束を破ったジョイボーイ

第967話「ロジャーの冒険」
 どうもジョイこそ、歴史の碑文を残した人物で
 また、“ジョイボーイは再び現れる”
 彼は「王」であるらしい

 ジョイボーイが「Dの王国」の王?

 ルフィが「次のジョイボーイ」?

 海王類は、しらほしを「王」と呼び
 王達の誕生を待っていました

 しらほしとルフィ、二人の「先代」

 それが旧ポセイドンと、ジョイボーイ?

トキをワノ国に降ろし、ロジャーは「ゾウ」へ
際し異様な気配を味わう

ONE PIECE 96巻 感想 00037

 単に「象主(ズニーシャ)」の事?

ズニーシャ様が見てる
 作中、象主と会話出来たまでモモだけですし

 ルフィも、声が聞こえたらしい描写こそあるも
 ロジャー、おでんは象と会話してません
 やはり象主の事か

 罪を犯し、1000年歩き続ける象

 モモの母トキは「自称・800歳」
 両親はワノ国出身、彼女は“Dの王国”の民?

 モモの血は、濃い「D」だから話せたのか?

 旧ワノ国は、象主の主人?

 象主の「主」も先代ジョイボーイなのか?

 あのイムが保管する麦わらも?

ロジャーは「最後の島」に到達
ラフテルとは、彼が“命名したもの”だった

ONE PIECE 96巻 感想 00038
ONE PIECE 96巻 感想 00039
ONE PIECE 96巻 感想 00040
ONE PIECE 96巻 感想 00041

 意味は「Laugh Tale(笑い話」!?

笑い話
 作中ポピュラーな舟歌である「ビンクスの酒」

 どうもラフテルと深い関わりがあるらしい…?
 また、ブルックといえばクジラですが
 今回クジラが頻出…?

 ゾウにクジラ、魚人島の船「ノア」もクジラ

 Dの一族を象徴するもの?

 壊れ、修復を待つ船である巨船「ノア」は
 おそらく地上への移住船

 ジョイボーイの謝罪とは「Dの王国が、魚人を地上に連れていけなかった事」

 とまれ「ラフテル」とは本当は何なのか…?

第968話
ロジャー海賊団、解散。彼らは“早すぎた”のだ

ONE PIECE 96巻 感想 00042
ONE PIECE 96巻 感想 00043
ONE PIECE 96巻 感想 00044
ONE PIECE 96巻 感想 00045

 歴史の真実にシャンクスは泣いた、天竜人?

第968話「おでんの帰還」
 ラフテルは、世界政府とイムの罪があったハズ

 とまれロジャー達、無念じゃなかったのか?
 財宝を、“今後の誰か”が見つけるよう
 海賊時代を開いたのか?

 男の別れ!! …男だなあ……

 おでん、いつか現れるジョイボーイの為
 開国を決意したと判明

 鎖国は、おそらく「暗号」を守る為の処置

 その国を潰すよう唆したのが、歴史学者ロックスの海賊団員ってのも意味深ですね

おでん帰国は大歓迎された
皆「圧政から救う救世主」を待っていたのだ

ONE PIECE 96巻 感想 00046
ONE PIECE 96巻 感想 00047
ONE PIECE 96巻 感想 00048
ONE PIECE 96巻 感想 00049

 ゾロの血統もまた特殊だとSBSで総括

おでん強襲
 この時、おでんは「シンプルな事態」と思った

 後で、このままブレねば良かったと言及も
 流石ロジャーと白ひげが愛した男!!
 元2番隊隊長!!

 この時、実はほぼ勝っていた…!!

 また、民はおでんに期待する姿があるも
 悪く言えば他力本願

 おでんは昔、国の嫌われ者だったのですから

 また「トキが襲われた」のも伏線でした

第969話
国中、誰もが期待した「英雄おでん」の帰還!!

ONE PIECE 96巻 感想 00050
ONE PIECE 96巻 感想 00051
ONE PIECE 96巻 感想 00052

 だが裸踊りで5年を過ごし、国中に失望された

第969話「バカ殿」
 バリア!! バルトロメオの「先代」もいたのか!?

 とまれ読者、家臣はおでんを信じたものの
 結果、民衆の支持は地に落ちました
 狙いはそこ

 国の団結を崩すのが狙いだった

 本章も、とかく民が薄情で
 人はどこでも薄情で…

 かつて罵倒し期待し、勝手に裏切られ失望した

 どの章もですがシニカルですね…

五年踊り続けた
五年間、内外で色々な事件が起こった

ONE PIECE 96巻 感想 00053
ONE PIECE 96巻 感想 00054
ONE PIECE 96巻 感想 00055

 そして20年前、赤鞘九人男の決起へ…!!

大海賊時代の幕開け
 僅か九人なのは、国内で孤立していた為だった
 五年かけ、おでんへの信頼は地に落ち
 オロチは約束を破った

 決起を促す為、わざわざ来たのか

 おでんは「武士」も「海賊」を知ってる
 カイドウを信じたのか?

 またおでん、この回でオロチの真意を聞いた

 彼に同情してしまったのでしょうか

第970話
カイドウの嘘!!! おでん愕然、決戦の始まり

ONE PIECE 96巻 感想 00056
ONE PIECE 96巻 感想 00056-
ONE PIECE 96巻 感想 00057
ONE PIECE 96巻 感想 00058

 彼はロジャー、白ひげに出会い「変わった」

第970話「おでんVS.カイドウ」
 二人に恥じない選択が、踊る事だったのか?

 とまれ五年前に戦えば、侍と侠客で総力戦へ
 対し「百獣海賊団は少なかった」為
 まだ勝機があった

 この五年は、ワノ国分断が狙い

 おでんに後悔はないものの
 ワノ国は、信ずべき人を信じられなかった

 それが「ワノ国」の敗因

 僅か11人でカイドウを追い詰めたおでんなら、勝ってた可能性も十分あったのか
 
11対1000!! 千載一遇、カイドウに迫る二刀流!!
おでん大技「桃源十拳」!!

ONE PIECE 96巻 感想 00059
ONE PIECE 96巻 感想 00060
ONE PIECE 96巻 感想 00061

 十拳剣、ヤマタノオロチを倒した剣!!

20年前の決着
 カイドウを墜とし、勝利を目前に収めたおでん

 が、マネマネによる「偽モモの助」で動揺
 咄嗟の、カイドウ不意打ちにより敗北
 捕縛に至りました

 カイドウを焦らせた男おでん!!

 カイドウはこの件を謝罪
 邪魔したババア、黒炭ひぐらしを殺して謝罪

 だからマネマネの実も移ったのね

 カイドウは強者にして策略家、策を弄して勝とうとしたり「馬鹿正直な奴」を嘲笑もする、でも強者を尊び、自殺志願者でもあって…?

 この男も大概一筋縄じゃない

第971話
処刑に際し、おでんは「耐えたら助命」を嘆願

ONE PIECE 96巻 感想 00062
ONE PIECE 96巻 感想 00063

 彼が選んだのは、部下に代わって支える事!!

第971話「釜茹での刑」
 既に失望してる民は、“娯楽”として刑場に集合

 おでんの敗戦に、呆れさえしたのが悲惨でした
 曰く「あいつ、なんだったんだ」と。
 皆、結果しか知らない

 皆の目には、ただの見苦しい敗者

 戦ってる場面を知らぬとはいえ
 大善戦さえも、知る由もないとはいえ

 またおでん、既に「自分は殺される」と覚悟

 最後まで「自分以外は傷つけない」男…!!

忍者しのぶの告白
黒炭オロチは、“ワノ国なんて要らない”のだ

ONE PIECE 96巻 感想 00064
ONE PIECE 96巻 感想 00065
ONE PIECE 96巻 感想 00066
ONE PIECE 96巻 感想 00067
ONE PIECE 96巻 感想 00068
ONE PIECE 96巻 感想 00069
ONE PIECE 96巻 感想 00070

 オロチはただ、国に復讐したいだけ

正義の味方
 彼は逆恨みというより、己自身の復讐

 祖父が陰謀をし、罰を受け殺されたのはいい
 その後「罪人の一族」というだけで
 彼らは酷い目に遭った

 ワノ国に、彼らは殺されかけたから

 作中、めちゃくちゃな統治をしてましたが
 そも失う物はなかったのね

 むしろ滅ぼす為の統治だった

 おでんは彼をも救い、信じようとしたのか?

 続く972話、約束通りに助かった人も描写

第972話
700度を超える油で一時間!! おでん釜茹での刑

ONE PIECE 96巻 感想 00071
ONE PIECE 96巻 感想 00072
ONE PIECE 96巻 感想 00073
ONE PIECE 96巻 感想 00074

 おでん、ホント素直だなこの人!?

第972話「煮えてなんぼのおでんに候」
 男おでん、なんと釜茹で刑に耐えきった?!

 ですがオロチは、約束を破って銃殺刑を敢行
 もっとも、おでんは既に悟っており
 不平不満の一言もなし

 ただただ、己だけが傷つき倒れる…!!

 敢えて、耐えきった後で部下たちを脱出させ
 おでん自身は落命

 遺言は鎖国の目的、本懐(=ジョイボーイ再来=ルフィ?)へ協力すべく、開国する

 旅が、彼の「開国」を明確化したのか

おでん自身は、自分など忘れられて構わない
おでん、辞世の句

ONE PIECE 96巻 感想 00075
ONE PIECE 96巻 感想 00076
ONE PIECE 96巻 感想 00077

 民の声が聞こえたか、油の中で笑っていた…

月の笑顔
 カイドウ、非情にも言い終わる前に射ち殺す
 皆が「おでんの口癖」に唱和したのは
 彼が共感された証拠か

 以降、20年に渡る暗黒時代へ

 おでんは民を恨みもせず
 カイドウの事も「真面目だな」と評価

 というかおでん、嫌なら嫌だと素直な人でした

 そして民を一切責めなかった

 本当に、民を心から愛して逝ったんですね  

第973話
光月家滅亡。カイドウ、モモの助を捕らえたが

ONE PIECE 96巻 感想 00078
ONE PIECE 96巻 感想 00079
ONE PIECE 96巻 感想 00080

 彼はモモに失望、希望を残す結果へ

第973話「光月の一族」
 彼にすれば、モモは「親の人形」に見えた

 次はモモ自身が、カイドウを驚かせる番か?
 また、トキは800年前から逃げてきた
 多分「Dの王国滅亡」から

 しかし夫と添い遂げ、この時代で死亡

 愛情深い人でした…
 一方で、その知識が失われたのは痛い

 またオロチの怯えは、彼自身が復讐な為

 復讐心をよく知ってるからこそ怖いか

侠客・居眠り狂四郎、正体はやはり傳ジロー
顔が違うのは「怒り」の為

ONE PIECE 96巻 感想 00081
ONE PIECE 96巻 感想 00082
ONE PIECE 96巻 感想 00083

 眠そうなのは、義賊・丑三つ小僧だった

義賊・丑三つ小僧
 傳ジローは賢く、金にはしっこい性格の九人男

 両替商転身は納得も、諦めてもいませんでした
 日和にも、日頃から「血糊」を仕込ませ
 何時でも斬れるよう処置

 狂四郎、裏切り者じゃなかったと確定

 てっきり、日和を「家」から開放すべく
 裏切った男なのかと

 でも思えば「ゾウへ百獣海賊団が来れた」

 ここが大きなフラグだったのか

第974話
赤鞘九人男には、最初から裏切者がいたのだ

ONE PIECE 96巻 感想 00084
ONE PIECE 96巻 感想 00085
ONE PIECE 96巻 感想 00086
ONE PIECE 96巻 感想 00087
ONE PIECE 96巻 感想 00088
ONE PIECE 96巻 感想 00089

 絵が下手も演技、本当は超強力な能力?!

第974話「いざ、鬼ヶ島!!」
 ゾウの件や、利き腕と逆の腕で絵を描いてた

 何より彼の元ネタ、また本職は「役者」だから
 彼は、情報を流す以外は一切偽らず
 死ぬつもりでもあった

 彼も黒炭家、差別で心が壊れていたから

 見た目通り役者だったのね
 元ネタ、市川團十郎の初代も舞台で刺殺

 加えてカンは、間者=スパイを意味していた

 作中、妙に戦闘力が低いのは「嘘」だったか

カン十郎本来の力、濡れても消えない「絵」
が、海が本領の奴らが来ちゃった?!

ONE PIECE 96巻 感想 00090

 曰く、海を舐めるな侍ども!

海賊襲来!!
 いやごもっとも、ルフィ・ロー・キッド参戦!!
 また、集合場所が違っていただけで
 侍軍団は集結中

 スカッと形勢逆転で次巻に続く!!

 まあ、モモの助は奪われてしまい
 状況は最悪ですけどね!!

 いやモモ自身、ここが自立へのチャンス

 或いはカン十郎を許し「主君」へ成長…?

ロジャー達が笑った訳?
どうも何かが秘められている「ビンクスの酒」

ONE PIECE 96巻 感想 00091

■ビンクスの酒
 歌手:麦わらの一味
 発売日:2009/03/25
 作詞:尾田栄一郎
 作曲:田中公平

 ヨホホホ ヨホホホ ×4

 ビンクスの酒を 届けにゆくよ
 海風 気まかせ 波まかせ
 潮の向こうで 夕日も騒ぐ
 空にゃ 輪をかく鳥の唄

 さよなら港 つむぎの里よ
 ドンと一丁唄お 船出の唄
 金波銀波も しぶきにかえて
 おれ達ゃゆくぞ 海の限り

 ビンクスの酒を 届けにゆくよ
 我ら海賊 海割ってく
 波を枕に 寝ぐらは船よ
 帆に旗に 蹴立てるはドクロ

 嵐がきたぞ 千里の空に
 波がおどるよ ドラムならせ
 おくびょう風に 吹かれりゃ最後
 明日の朝日が ないじゃなし

 ヨホホホ ヨホホホ ×4

 ビンクスの酒を 届けにゆくよ
 今日か明日かと宵の夢
 手をふる影に もう会えないよ
 何をくよくよ 明日も月夜

 ビンクスの酒を 届けにゆくよ
 ドンと一丁唄お 海の唄
 どうせ誰でも いつかはホネよ
 果てなし あてなし 笑い話

 ヨホホホ ヨホホホ ×4


ONE PIECE 96巻 感想 00094

 またラフテルの真実に、シャンクスは泣いた

ビンクスの酒
 思うに、世界の真実は歌として残されていた?

 ロジャー達は知らずに歌っていたけれども
 実は、身近に「真相」が転がっていた
 と理解できて笑えたのか

 青い鳥同様、最初からそこにあった

 メタ的には「酒」と歌詞にある為
 公的な歌に出来ない、と残念がってた歌

 それだけ酒が重要なキーワードらしいも…?

 世界の果てに着くも「果てなし」

 はて何がなにやら。

収録

ONE PIECE 96巻 感想 00001
ONE PIECE 96巻 感想 00095
ONE PIECE 96巻 感想 00067
ONE PIECE 96巻 感想 00071



 サービスカットは痩せたクイーン。貧相!?

 てかデカいなおでん様?!

 カイドウが約束を守り、開放していた事も描写

収録
 ジャンプコミックスコミックス「ONE PIECE 第96巻“煮えてなんぼのおでんに候”」。
 尾田栄一郎。週刊少年ジャンプ連載、集英社発行。
 2020年4月(前巻2019年12月)

ワンピース 96巻
 あらすじ
 第965話「黒炭家の陰謀」
 第966話「ロジャーと白ひげ」
 第967話「ロジャーの冒険」
 第968話「おでんの帰還」
 第969話「バカ殿」
 第970話「おでんVS.カイドウ」
 第971話「釜茹での刑」
 第972話「煮えてなんぼのおでんに候」
 第973話「光月の一族」
 第974話「いざ、鬼ヶ島!!」 
 これまでの感想

 空きスペースはSBSと読者イラスト、カバー下オマケあり

扉絵シリーズ
 "ギャング"ベッジのオーマイファミリー、Vol.15~22

※トップに戻る

ONE PIECE 感想

 ONE PIECE 69巻
 ONE PIECE 70巻
 ONE PIECE 71巻
 ONE PIECE 72巻
 ONE PIECE 73巻
 ONE PIECE 74巻
 ONE PIECE 75巻
 ONE PIECE 76巻
 ONE PIECE 77巻
 ONE PIECE 78巻
 ONE PIECE 79巻
 ONE PIECE 80巻“開幕宣言”
 ONE PIECE 81巻“ネコマムシの旦那に会いに行こう”
 ONE PIECE 82巻“ざわつく世界”
 ONE PIECE 83巻“海賊「四皇」シャーロット・リンリン”
 ONE PIECE 84巻“ルフィVS.サンジ”
 ONE PIECE 85巻“ウソつき”
 ONE PIECE 86巻“四皇暗殺作戦”
 ONE PIECE 87巻“甘くない” ※ONE PIECE 人気投票 第6回完全版
 ONE PIECE 88巻“獅子” カタクリ驚愕の素顔!
 ONE PIECE 89巻“BADEND MUSICAL”カタクリ戦、決着!!
 ONE PIECE 90巻“聖地マリージョア”
 ONE PIECE 91巻“侍の国の冒険”
 ONE PIECE 92巻“花魁小紫登場”
 ONE PIECE 93巻“えびす町の人気者”
 ONE PIECE 94巻“兵どもが夢”
 ONE PIECE 95巻“おでんの冒険”
 ONE PIECE 96巻“煮えてなんぼのおでんに候”

※トップに戻る