公式サイト 絶チル 絶対可憐チルドレン 57巻 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 椎名高志 これまでの感想はこちら 前回はこちら
囚われ、皆本の中へと潜入する紫穂メンバー!!
皆本が本当に怖いものとは?

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00054
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00048
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00018
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00034
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00037

 紫穂に乗せられ、夜這いするドロシー可愛い!!

 が、こんな風に“自ら望んで敵に協力する”
 彼女の行動こそ、皆本の催眠の原理か
 兵部の“隊長”を思い出します

 彼が破壊の女王より怖い未来とは…?

異端のエスパー・アンディ
 スピンオフ組アンディとユウギリ、表紙も納得
 決闘に、懐かしい顔ぶれと溢れるバブみ
 オギャりたいユウギリが不憫

 巻末でもアンディ達が首突っ込んでて嬉しい

 皆本の恐れは、薫との恋愛を避けてる件…?

絶対可憐チルドレン 57巻 感想


・あらすじ
  …薫、“破壊の女王”モードへ!!
・1st sense「東の魔女vs.西の魔女(5)」
  …松風作戦、根本的な欠陥
・2nd sense「東の魔女vs.西の魔女(6)」
  …少佐、松風に「見込み」を感じる

・3rd sense「超常決戦(1)」
  …実況担当は「表紙」の二人!?
  …解説も懐かしい人が!!
・4th sense「超常決戦(2)」
  …敵は“あの頃のチルドレン”、皆本の想い
・5th sense「超常決戦(3)」
  …皆本は狂気だ、と判断するマサラ
・6th sense「超常決戦(4)」
  …“破壊の女王”到来!!
・7th sense「超常決戦(5)」
  …皆本の「合理性」。

・8th sense「フラッシュバック・メモリー(1)」
  …問題の要
  …皆本を狂わす“恐ろしいもの”とは?
・9th sense「フラッシュバック・メモリー(2)」
  …皆本が恐れる「重なり」
・10th sense「フラッシュバック・メモリー(3)」
  …皆本の狙い「作戦」成功!?
・描き下ろし「子供って難しい(パンドラ編)」
  …描きおろしもTHE UNLIMITED!!
・これまでの感想

あらすじ
同じ頃、並行世界の皆本(女)も暴走中?!

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00051
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00053

 そして折り返し、前巻の葵に続き紫穂!

あらすじ
 勝利条件の誤りに気付き、皆本奪還作戦は中止
 際し、紫穂は自ら囚われる事で
 皆本の「洗脳」を探る

 皆本は「あの未来を阻止したい」と行動

 だが実は「あの未来」より怖いものがある

 皆本は、自分自身を理解していない
 勝機じゃないと紫穂は結論

 他方ドロシー、“破壊の女王”化に成功

 だがそれは、正気に戻る為の皆本の抵抗だった

 薫とドロシーは皆本の中へ侵入する



1st sense
交渉に出る松風!! 戦う必要なんてないのだ

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00004
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00006
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00007
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00008

 まずは問題点の整理から

1st sense「東の魔女vs.西の魔女(5)」
 洗脳された皆本の狙いは、“あの未来”を防ぐ
 ドロシー育成が「手段」であるなら
 交渉の余地がある

 余地があると思ったのが間違い!!

 皆本の狙いは「あの未来」の阻止
 だが実はそうじゃない

 それが目的だと、思い込んでいるのが問題

 力比べじゃ済まない問題は難しい!!

松風作戦の根本的なミス
そもそも、“戦う”事は逆効果でしかない?

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00009
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00010
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00011

 そこで気付くや、少佐が身体を張った!!

勝利条件
 身体なんてまあいやらしい!! でも本当に辛い
 少佐、余命を絞ったハッタリに過ぎない
 あの少佐が…

 またこの戦い、勝っても負けてもダメ

 不安は「破壊の女王の災害」
 勝てば「女王の強さ」という恐怖を強化

 ドロシーが勝ったら「これが正解だ」と結論

 そも「勝利条件」から解らない…

2nd sense
松風が、欠陥に気付かなかった訳。そして

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00012
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00013
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00014

 ぐりぐりと踏んでいく人質の鑑

2nd sense「東の魔女vs.西の魔女(6)」
 決闘はチルドレン敗北、紫穂捕縛で仕切り直し
 また松風は、ギリアム支配下にある為
 作戦の穴に気付けなかった

 穴に気付いた事は「回復」の片鱗か

 でも、洗脳にしては伏線が長すぎる為
 もっと複雑な環境なのか?

 下手すっとこの子、性悪さま御本人とか?

 自分を松風と思い込んだギリアム?

3rd sense
決闘開始!! 実況担当に懐かしい顔ぶれが

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00015
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00016
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00017
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00018

 濃厚なTOKIO、山口メンバーパロ。

3rd sense「超常決戦(1)」
 決闘は、どうも不二子さんの手配で実況形式に
 中立組織として「財団」が担当し
 実況にマサラさんが招聘

 いや適任だけどそれでいいの?!

 完全にお祭りノリで笑うしかないも
 財団アンディは「半端者」

 スピンオフ主人公で、能力上「普通人の感性を持つエスパー」という特殊なもの

 普通人視点から、薫の怖さを描いてくれる!!

戦場は皆本が指定した
廃船解体所であり、“市街戦の再現”が狙い

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00019
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00020

 いきなり味方に濃厚挑発される

怒り充填120%
 不祥事ネタは、紫穂が皆本に夜這いした冗談か!!
 確かに、山口メンバーの件と微妙に一致
 洒落にならん洒落だな!?
 
 また市街戦、“あの未来”の再現戦

 加えて、アンディは「一般人の視点」から
 この状況を見る事になる

 あの未来は、一般人とエスパーの激突が肝です

 彼の視点に意味がある訳か

4th sense
レベル7同士の激突!! だが「レベル7」とは

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00021

)皆本
 君こそ理解してくれ

 僕が君たちを――

 薫を倒すのは、救ってやりたいからだよ


 そのためには、殺すくらいの全力が必要だ…!!


※後で曰く「このままでは重なるから」


絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00022
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00023
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00024

 悪、眼鏡を光らせる高等技を体得した皆本

4th sense「超常決戦(2)」
 レベル7は計測不能の総称で、枠内に出力差が
 薫は史上最強の域で、ドロシーは及ばない
 だが総力は小学生時代の三人相当

 薫は、昔の三人を相手取ってるに等しい

 また、昔を敢えて思い出させたのは
 薫を原点へと返す為?

 皆本は、避けられない未来を変えるのが狙い

「どこにだって行ける」とは正反対

 未来は自由だ、と薫に意識させたいのか?

5th sense
皆本の指示で、“市街戦”を再現するドロシー!!

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00025
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00026
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00027
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00028

 この市街戦作戦は、皆本が狂ってる証拠?

5th sense「超常決戦(3)」
 ただ皆本は「あの未来」を内心望んでます

 望むから再現したのか?
 或いは、悲惨な市街戦を敢えて再現する事で
 危機感を煽りたい?
 
この未来だけは絶対にダメ」だと

 この後「女神」も出現させ
 皆本が、未来再現を狙ってるのは明白

 皆本は「女神となった薫が怖い」と自認

 再現し、完全撃破を狙うのは一理ある

 その上で「もう一つ」あるのか
 
6th sense
皆本ゲットだぜ!! だがこれも「計算内」だった

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00029
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00030
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00031

 権利的にギリギリを攻めとる場合か!!

6th sense「超常決戦(4)」
 ボケ処あれば、ボケずにはいられない姿勢ッ!!
 僕は敬意を表する!!
 おっぱい!!

 皆本捕縛は“破壊の女王化”を促進

 薫の「破壊の女王」とは、半暴走状態
 パワーを十全に発揮した状態

 皆本を捕まえ、勝ったと薫は思った

 でもだから更にドロシーが粘れば、焦って勝とうとして「全力を出してしまう」訳ね

 完全に掌の上の孫悟空…!! 

7th sense
皆本の狂気には合理性がある、とマサラは分析

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00032
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00033

 皆本が好き、と見透かされるドロシーちゃん

7th sense「超常決戦(5)」
 先生天使が!! 天使がいます!? とまれ超常編終了
 薫vsドロシーは、薫側が「自滅」を避け
 力を出せてない状態でした

 敢えて女王化させ、“ドロシーに学ばせる”

 ドロシーを「女王」へ育てる

 決闘、と言ってもドロシーが劣勢だったのは
 彼女を育てるのが狙いだったから

 皆本はどこまでいっても皆本なんだなあホント

 そして回想、紫穂が見つけた要とは…? 

8th sense
回想、紫穂はドロシーの恋心を利用する

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00034
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00035

 データ記録技術、フラッシュメモリーのパロ

8th sense「フラッシュバック・メモリー(1)」
 要は皆本は、“このドロシーと同じ状況”なのか

 ドロシーは敵である紫穂に協力したくない
 が、皆本の為だと諭された為
 自発的に協力へ

 ドロシー自身、望んで“敵”に協力

 皆本は、黒い幽霊の最新洗脳により
 同じ状況に陥ってた

 内心「あの未来」を望む為に協力してる…?

 また皆本は、ドロシーの女王化は容認

 彼女が「女王」になっても危険はない。その判断を分けるのは…?

皆本は無意識に抑圧してる恐怖があり
その回避策として「あの未来」を望んでいる

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00038
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00039

 実は皆本は「あの未来」を再現したい

愛のカタチ
 あの未来なら、より恐ろしい未来は回避できる
 皆本は、内心ではそう思っている為
 黒い幽霊に協力してる

 あの未来は、“愛の成就”だから?

 皆本は、育てた薫との恋愛に忌避感があるも
 あの未来なら「結ばれる」

 兵部の隊長が、彼を殺そうとした件と同じ

 殺す事で、薫を誰にも渡さず済む

「あの未来」になる事を内心望んでいるのか

いやしかし、そんな恋愛的な話では…?
もっと現実的な恐怖…?

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00036
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00037

 また今回の催眠、実は下地は少佐

たった一度きりの人生さ!!
 あああったあった!! 小学生時代での催眠事件!?
 あの時、“未来図”が脳内にこびりつき
 本洗脳の下地に
 
 やっぱり少佐のせいじゃないか!!

 そも本事件、少佐を苦しめたいのが動機
 性悪兄さまの動機です

 ホントこの人、♪傷だらけの堕☆天使だな!!

 THE UNLIMITEDされとる場合か!!

9th sense
皆本の恐れは「このままでは重なる」事

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00040
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00041

 皆本は「自分自身」を恐れてる様子

9th sense「フラッシュバック・メモリー(2)」
 信頼し、命を預けたドロシーが健気。

 でも薫達とて、信頼をしていない訳じゃない
 多分、文字通り「薫とは違う」から
 ドロシーを信頼できる

 皆本は、そう紫穂に伝えたかった様子

 思うに、ドロシーは皆本の為に死ねる
 悪く言えば「従順」

 対し薫達は、今やってるように「敵対してでも」「皆本と最適解を探そう」とする

 その在り方に、彼が恐れるものがあるのか?

10th sense
第二の女王誕生、皆本の作戦は成功も…?

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00042
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00043
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00044

 どっこい夢の中で再会だコラァ!!!

10th sense「フラッシュバック・メモリー(3)」
 どうも、ギリアムの狙いが“ドロシーの女王化”
 皆本は、自発的にそれを実現させつつ
 内心でもう一つ狙いが

 ドロシー、“共鳴ブースト”可能に!?

 薫を見て波長を真似た
 結果、名実とも「チルドレンの一員」に!?

 覚醒したドロシーと薫が、自分を助けに来る

 さすが皆本、性悪様の上をいった!!

描き下ろし
パンドラには、たくさんの子供がいます

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00045
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00046
絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00047

 わぁい描きおろしにもTHE UNLIMITED組が!!

描き下ろし「子供って難しい(パンドラ編)」
 アンリミと言えば子供、子供をたくさん保護
 普段、まったく描写がないのは
 作画が大変だからだと…

 辛いねェ…、オタクまったく辛いねェ…

 アニメも漫画も、作画からは逃げられない!!
 折り合って生きていくしかねーのね!!

 ダイの大冒険・作画側も言ってました「モンスターの大群、の一行を指定するだけでいい原作側はいいなあ」と…

 フリット、漫画家として生きるって難しいね…

収録

絶対可憐チルドレン 57巻 感想 00002




 今巻はドロシーの土俵、象徴するような総扉絵

 少年サンデーコミックス
 絶対可憐チルドレン 57巻。椎名高志。
 週刊少年サンデー連載、小学館発行。
 2020年3月(前巻2019年12月)

絶対可憐チルドレン 57巻
 あらすじ
 1st sense「東の魔女vs.西の魔女(5)」
 2nd sense「東の魔女vs.西の魔女(6)」
 3rd sense「超常決戦(1)」
 4th sense「超常決戦(2)」
 5th sense「超常決戦(3)」
 6th sense「超常決戦(4)」
 7th sense「超常決戦(5)」
 8th sense「フラッシュバック・メモリー(1)」
 9th sense「フラッシュバック・メモリー(2)」
 10th sense「フラッシュバック・メモリー(3)」
 描き下ろし「子供って難しい(パンドラ編)」
 これまでの感想

※トップに戻る

※過去記事一覧ページ

絶対可憐チルドレン 感想 椎名高志
























 絶チル 38巻
 絶チル 39巻(中学生編最終巻)
 絶チル 40巻
 絶チル 41巻
 絶チル 42巻
 絶チル 43巻
 絶チル 44巻“ザ・ハウンド”が表紙。
 絶チル 45巻“ギリアム”が表紙。
 絶チル 46巻“真木司郎”が表紙
 絶チル 47巻“藤浦 葉”が表紙
 絶チル 48巻“蕾見不二子”が表紙
 絶チル 49巻“女王復活” 高校生編最終章突入!!
 絶チル 50巻“ナオミvsザ・チルドレン!”
 絶チル 51巻“正しい怒り”とザ・ハウンド!
 絶チル 52巻“バレットの恋”ティムと異世界転生!
 絶チル 53巻“迷い込んだ並行世界で”
 絶チル 54巻“兵部京子”相対可憐チルドレン!?
 絶チル 55巻“少佐の答え” ポータル編・完!
 絶チル 56巻“ウィザード”vsチルドレン
 絶チル 57巻“実況”ドロシーvs破壊の女王!!
 絶チル 58巻“裏切り"皆本、薫への想いと答え
※過去記事一覧ページ

※トップに戻る