公式サイト 劇場版Fate/stay night [Heaven's Feel] Ⅱ.lost butterfly. 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
大英霊激突、セイバーオルタvsバーサーカー!!
愛と夢、幾度も試される分岐点

Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 03279
Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 02903
Fate stay night HF 第2章 感想 03600

 桜の心が乱高下で切ない。幸せも一杯もらった

 最後、皆より自分を選んでくれた彼の為
 立つ姿は勇ましくさえあった!!
 藤ねえも素敵だ!!

 切嗣さんと共に行こうとしてたのか

桜と姉さんと素敵な時間
 指チュパにほぼ声だけSEXも、短いだけに濃厚
 英雄王、“桜を殺した”り感嘆したりも…
 大英霊の激突も凄まじい!! 

 この惨状こそ“桜と生きる”

 覚悟する度、上回る惨禍を見る士郎も辛い…

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] Ⅱ.lost butterfly. 感想


・第2話「lost butterfly.」
 冒頭「戦うべきは、まだこの街にいる」
 イリヤとお話
 慎二とライダー、再び
 間桐家のマスター

・桜、本当の病
 私はシロウの味方
 士郎の大切なもの
 処女じゃないんですよ
 魔力不足

・士郎が頼るべき相手
 マキリとアインツベルン
 バーサーカーvs黒化英霊
 アーチャーの決断
 その思い出までとらないで

・結ばれる二人
 愉悦部活動記録
 くうくう おなかがなりました

・藤村大河とパスポート
 間桐桜と「影」の正体
 士郎の目指す場所
 桜は間違えた 

・公式ツイッターより一部抜粋
   …振り返り漫画が連載中
   …カウントダウンは公式に一挙掲載
 これまでの感想

『もし、わたしが悪い人になったら先輩は叱ってくれますか?』

Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 04116




 Abemaでは無料配信、Amazon他も有料配信

英霊退場ラッシュ
 幾度も乗り越え、決定的に“悪い人”になる締め

 間桐に預けられ、“調教”された凛の実妹
 魔術師として、血が途絶えた間桐家
 次世代を産む為の“胎盤”

 ライダーの真マスター

 聖杯の欠片による蟲が埋め込まれ
 聖杯の端末(小聖杯)に

 黒い影は「汚染聖杯の中身」

 無差別に食う影、遂に桜は身を任せる…?

全体あらすじ
心に余裕が生まれ、士郎の助言を受けた桜

Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 03002

 そらもう凛ねーちゃんデッレデレだった!!

あらすじ
 慎二と再び激突し、桜がライダーの主だと判明
 士郎は、桜だけの正義の味方になると決め
 彼女を救うべく勝利を誓う

 バーサーカー、アーチャー、ギルが脱落

 士郎はアーチャーの腕を移植
 凛とイリヤを匿い、桜と結ばれた

 だが桜は「聖杯の中身=影」そのものに

 街を守るには彼女を倒す他にない…? 

 次回、劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅲ.spring song

第1章ラスト、セイバーを失った衛宮士郎
柳洞寺で彼女の影を追う

Fate stay night HF 第2章 感想 00027
Fate stay night HF 第2章 感想 00033
Fate stay night HF 第2章 感想 00058

何で…? また…、ここに…?(士郎』

死者を追い影に会う
 英霊を追う、何とも象徴的なスタートでした
 要は悪夢、セイバーの姿こそ見えるも
 追いつく事は出来ない

 追って追って「振り出し」へ

 セイバーは例外ですが
 英霊とは、基本的に「死者」なんですよね

 死者を追えば死が待つのみ

 象徴的な夢でした

 セイバーは「生身」の例外ですけれども

士郎『俺は……? 一体………? 何…、何だ…?』

Fate stay night HF 第2章 感想 00063

 影に襲われて、“影”だけが遺された士郎
 影が、くぐもった声で喋るのがホラー
 残留思念か

 飲まれた人は、皆こんな風になる

 士郎が「桜を守ろうとすると、こんな犠牲者を出す」のか

セイバーがいない朝
桜の願いは、見事なまでに裏目に出る

Fate stay night HF 第2章 感想 00076

)桜
 セイバーさんの帰国…、急でしたね
 …でも、これで


 先輩は夜、出かけなくて良いんですよね?


 もう、危ない目に遭う事もないんですよね?


Fate stay night HF 第2章 感想 00099
Fate stay night HF 第2章 感想 00104
Fate stay night HF 第2章 感想 00116
Fate stay night HF 第2章 感想 00120
Fate stay night HF 第2章 感想 00127

(終わっていない。俺の戦うべき相手は、まだ、この町にいる…(衛宮 士郎』

猿の手
 士郎登校に、ゆっくり挿入される主題歌が荘厳
 この演出、まさに劇場版といった感
 スクリーンだと凄かろうな!!

 セイバーを失い、“危険を増した”士郎

 セイバーが先輩を危険にしている。
 桜が思った事を、無意識に“影”が叶えた結果

 皮肉な展開は「猿の手」のよう

 泥が「願いを叶えた」と思うと聖杯らしい

この町のどこかにいる
士郎の想いそのままに描かれる「町」

Fate stay night HF 第2章 感想 00144

 子供が駆けたり、犬がのんびりアクビしたり
 作画が細やか過ぎて驚きます
 手間かけてんなぁ…

 また都市高の整備は、ランサーの後始末

 と、何気ない映像が面白い

士郎『…あの影みたいな奴は、何が目的だ? 臓硯との関わりも…』

Fate stay night HF 第2章 感想 00163

)イリヤ
 生きてたんだね、お兄ちゃん♪

 …名前、教えて。


 お兄ちゃんの名前


Fate stay night HF 第2章 感想 00174
Fate stay night HF 第2章 感想 00182
Fate stay night HF 第2章 感想 00190
Fate stay night HF 第2章 感想 00194
Fate stay night HF 第2章 感想 00203

 と考えていたらどーん!

ルール「昼間は戦わない」
 おまわりさんこっちです!! 天使じゃ!! 天使じゃ!!
 英霊、クラス「バーサーカー」の主
 イリヤスフィール強襲!!

 幼女にダイブされる事案が発生

 前回、士郎をザックリいったも
 あくまで不慮の事故

 警戒する士郎と、ぐいぐいくる幼女

 くるくる回るのが可愛いですわ!!

イリヤ『私はシロウとお話にきたの!』

Fate stay night HF 第2章 感想 00214

 以降、イリヤが城に住んでる等ひとしきり会話
 何せ「イリヤにはサーヴァントがいる」
 彼女側が有利

 なのに話に来た時点で、信用する価値がある

 不意打ちする必要なかっちゃけんねー

士郎『衛宮切嗣って名前に覚えはないか?』

Fate stay night HF 第2章 感想 00229
Fate stay night HF 第2章 感想 00259
Fate stay night HF 第2章 感想 00262
Fate stay night HF 第2章 感想 00267

…知らない。そんな名前、知らない。私帰る(イリヤ』

勘のいいガキは嫌いだよ
 打ち解けたも、切嗣の名に苦しみイリヤは帰宅
 代わって、作戦会議したがる凛と遭遇
 お持ち帰りに

 士郎、“桜と同じリボン”と気付く…!!

 ロリに逃げられロリに出会う
 ロリに縁がある日

 Fate/Zeroでお馴染みの幼少期

 これまた同じアニメ制作会社だったのよねー

幼少期の桜
家族と、別の列車に乗る夢を見る

Fate stay night HF 第2章 感想 00277
Fate stay night HF 第2章 感想 00296
Fate stay night HF 第2章 感想 00306-
Fate stay night HF 第2章 感想 00310

夕飯の準備…、しなきゃ(現代の桜』

逃げられない
 遠坂と間桐家、別々のレールに乗せられた結果
 桜は、レールに抗う事は出来ず
 幼少から蟲に凌辱…

 しみ出し、群れなす蟲がホラー

 家族を見て、追う気力はあっても
 蟲から逃げる気力はなく

 穿ってみれば「蟲に抗えない」象徴

 対し実家=凛は、まだ桜の心を駆り立てるのね

遠坂『早く言いなさいよ!! 桜が熱出してるって!!』

Fate stay night HF 第2章 感想 00332

 もちろん、遠坂が離してくれなかっただけ!!
 まあいやらしい!!
 が、事態は急転直下

 衛宮邸に付き合い、深呼吸する凛がいじらしい

 実は桜、慎二にさらわれていた

間桐慎二『安心しろよ桜、衛宮を殺したりはしないさ…』

Fate stay night HF 第2章 感想 00352

)慎二
 ライダーの相手をしろ
 無事に済んだら、放してやってもいい

 やれ、ライダー!


)ライダー
 あなたに、戦う気があるなら…、独りで来るべきではなかった


Fate stay night HF 第2章 感想 00366
Fate stay night HF 第2章 感想 00401
Fate stay night HF 第2章 感想 00441
Fate stay night HF 第2章 感想 00448
Fate stay night HF 第2章 感想 00455
Fate stay night HF 第2章 感想 00471

…我慢強いあなたの勝ちですね(ライダー』

学校、図書室にて
 前回セイバーに瞬殺された慎二組リターンズ!!
 慎二、セイバー不在を知っての狼藉か
 なぶり殺し!!

 が、ライダーによる士郎人間砲弾が炸裂

 ナイスコンビネーション!!
 士郎の魔術、射線、状況が揃うのを待っていた

 画像は数枚も、立体的アクションが底知れぬ!!

 鬼滅でも話題「Ufotable」社すげえ!!

ナイフを素手で奪い、桜の安全確保を最優先
また、腹パンに耐えられたのは

Fate stay night HF 第2章 感想 00490

 士郎が無事だったのは、本を「強化」した
 が、“魔術師になれない”慎二には
 地雷を踏み抜くも同然

 慎二は桜と士郎を「下」と思ってた 

 彼らが「上」と解ったら、激発しかない…
 
慎二『魔術…? うああああ!?

Fate stay night HF 第2章 感想 00498



 士郎、クロスカウンターパンチ!!

漢の戦い
 つくづく慎二が、士郎に持ってる気持ちは複雑
 殺せ、とノリで叫んでしまったも
 他よりは友情を感じてた

 拗れてなければ「友達」だった

 桜ルートは、二人が最も拗れる道
 慎二だって夢はあった…

 きれいなワカメ時代は漫画版2、4巻も描写

 UBW、和解してた桜と慎二が懐かしい

『ライダー!! こいつを殺せッ!!

Fate stay night HF 第2章 感想 00522
Fate stay night HF 第2章 感想 00540
Fate stay night HF 第2章 感想 00542
Fate stay night HF 第2章 感想 00562

桜を利用した以上、あんたは私を完全に敵に回したのよ(遠坂 凛』

殲滅確定
 慎二、畢生の「はあ?」。ライダー瞬殺再び
 遠坂が宝石魔術によって拘束し
 アーチャーが瞬殺

 作中屈指にキれてる遠坂

 キラめき、窓を破るダイナミック入室も
 ゆっくり開く瞳も美しい

 士郎は飛び、遠坂は窓を破る!!

 遠坂は肉弾も優雅

慎二『桜…、桜桜桜桜桜桜桜!!

Fate stay night HF 第2章 感想 00585

 元々、魔術師・間桐の後継者を自負していたが
 実は、義妹・桜こそ後継者だったと判明
 屈辱にまみれてきた

 彼でなく桜を選ぶ、それ自体が地雷

 彼の地雷は一つや二つじゃない!!

桜『…ダメ、これ以上は!!

Fate stay night HF 第2章 感想 00617
Fate stay night HF 第2章 感想 00618
Fate stay night HF 第2章 感想 00716

 士郎に同情され、桜に反抗される最大級の屈辱

慎二終了のお知らせ
 ここに至り、桜こそライダーのマスターと判明
 令呪で、“慎二に従え”という書を作り
 権利を譲渡していた

 残令呪1で、偽臣の書は無力化

 傷回復、ライダーは凛も慌てる強さへ
 マスターの差が決定的ですわ

 桜は魔術師だった

 正体を明かす、重要さゆえ作画も美しい!!

慎二『…じゃあ、いいよ。死んじゃえよ。お前』

Fate stay night HF 第2章 感想 00729

)桜
 いやあああ!?


)士郎
 桜!?


)桜
 先輩…、いや…、見ないで…!!


Fate stay night HF 第2章 感想 00751
Fate stay night HF 第2章 感想 00779
Fate stay night HF 第2章 感想 00835
Fate stay night HF 第2章 感想 00856
Fate stay night HF 第2章 感想 00870
Fate stay night HF 第2章 感想 00876
Fate stay night HF 第2章 感想 00882
Fate stay night HF 第2章 感想 00890

 宝具「他者封印・鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)」発動

石化し魔力吸収
 慎二の行いは、言葉に反し他愛ないものでした
 が、桜を暴走させるには十分なもの
 他愛ないのに「殺す」もの

 暴走した桜は魔力=生命力が枯渇

 ライダー、救うべく“魔力吸収”を発動!!

 誰の命より、桜を優先し手を汚す!!
 ライダー愛情深い…

 だが暴走が結果的に士郎を傷つけ、桜は自滅

 桜こそ、誰より士郎優先なんだものね…

綺礼『…ようやく目が覚めたか。今、間桐桜の治療が終わったところだ』

Fate stay night HF 第2章 感想 00915

)衛宮士郎
 刻印蟲…? 一体なんだ? その…?


)言峰綺礼
 生きた魔術回路と思えばいい


 刻印蟲は一度食らいつけば
 身体の隅々まで浸透し

 ひたすらに生を貪り尽くす。


 肌をその粘液で刺し、濡らし、快楽中枢を高揚、崩壊させる事で「飢え」を満たす


Fate stay night HF 第2章 感想 00933

)綺礼
 結果、この蟲どもにたかられた女は、心と体、その二つを完全に侵され、破壊される…


 間桐桜もまた…


)士郎
 やめろ!!


Fate stay night HF 第2章 感想 00937
Fate stay night HF 第2章 感想 00955
Fate stay night HF 第2章 感想 00957

冬木の管理者として、処分を下すわ(凛』

壊された魔術師
 綺礼、己の魔術刻印を全て“消費”し桜を治療も
 養子になり11年、その処置は不可能
 聖杯にでも願うしかない

 凛は「狂ったマスター」の殺害を決意

 なお士郎、回復は“セイバーの宝具”故
 契約切れにより回復不可

 とまあ情報量も多いも、凄惨さが上回る

 桜の笑顔は“我慢強さ”、これら全てに耐える価値ある幸せ、愛情なのね…

綺礼『それが、実の妹でも、かね?』

Fate stay night HF 第2章 感想 00970

 魔術は一子相伝の為、間桐に養子に出された
 間桐は「魔術師としての血」が薄れ
 慎二に魔術回路もない

 対し桜は、奇跡的な才能を有していた

「普通の暮らしが困難」だった為、養子が最善だったのが皮肉な話

凛『私と桜と実の姉妹よ、一度もそう、呼び合った事はないけどね』

Fate stay night HF 第2章 感想 00988
Fate stay night HF 第2章 感想 01000
Fate stay night HF 第2章 感想 01001
Fate stay night HF 第2章 感想 01033
Fate stay night HF 第2章 感想 01047

大切な人から、大事なものを貰ったのは…、これで、二度目です!!(中学時代の桜』

夢か愛か
 桜を放置すれば、次は赤の他人を襲い始める
 しかし桜は、“大事な鍵”を置いて
 姿を消してしまいます

 桜か、桜からその犠牲者達を助ける

「正義の味方」を目指す士郎には重い

 ただ、宝物を置いていった桜を思うと
 助けたい想いは強まるばかり

 凛にしても「殺さなきゃどうなるか」を士郎より知っている

 責任感も相まって重い

イリヤ『…こんばんわ、シロウ』

Fate stay night HF 第2章 感想 01068

 夜、イリヤが現れるも邪険にしてしまう士郎
 そも士郎、セイバーを失ったばかりで
 悪夢を見るほど参ってる

 でもはねのけ、ばつが悪そうなのが士郎らしい

 イリヤは本当、作画負担がすごい子だ…

咄嗟に、イリヤをはねのけてしまう士郎
が、イリヤは彼を撫でた

Fate stay night HF 第2章 感想 01070


)イリヤ
 …シロウ、泣きそう……


)士郎
 イリヤ…、怒らないのか?


Fate stay night HF 第2章 感想 01079

)イリヤ
 怒らないよ、私はシロウの味方だもん


)イリヤ
『私』が生まれた理由は、聖杯戦争に勝つ事だけど


『イリヤ』の目的はキリツグとシロウを殺す事だったから


Fate stay night HF 第2章 感想 01084

)イリヤ
 けどね?

 シロウが大切な人を守りたいって言うなら…


 私は、シロウの味方だよ?


 好きな子の事を護るのは当たり前の事でしょう?

 私、知ってるんだからっ


Fate stay night HF 第2章 感想 01103

 士郎の養父・切嗣、その実子であるイリヤ

イリヤの選択
 父は“皆”の為、愛するイリヤと妻を切り捨てた
 でも士郎は、愛する人を護ろうとする
 士郎は切嗣とは違う

 なら採るべきは一つ!!

 父と、父の愛情を受けた養子・士郎
 父を愛してるから憎い

 状況最悪も、イリヤの複雑な気持ちに脱出口

 その点は「良かった」のか

桜『もう…、ホントに帰る場所…、全部なくなっちゃったな…』

Fate stay night HF 第2章 感想 01118
Fate stay night HF 第2章 感想 01128
Fate stay night HF 第2章 感想 01132
Fate stay night HF 第2章 感想 01156

 追いついた士郎、すっかり落ち着きました
 
暴走の訳
 きっと出会いはイリヤに、士郎にとっても救い
 また慎二の薬は「敏感にする」だけ
 それだけの効果しかない

私は、それだけで自分が解らなくなって先輩を傷つけたんです!!(桜』

 容易く暴走しうる
 慎二の薬は、それを証明したと

 敏感、蟲で高揚する快楽中枢への刺激

 また桜は刻印蟲に食われ、体内魔力が常に枯渇

 そのせいで臥せっていたと

士郎『傷ついてない! あんなの、俺は平気だ』

Fate stay night HF 第2章 感想 01158

 また、ここは「主観」の問題。あんなの平気
 客観的には、どんなに酷い事だろうと
 士郎は気にしない

 桜は気に病む事なんてない

 士郎には、桜が苦しんでる方が辛いのね

魔術師、マスター、スパイ、嘘と幸せ
桜は黙っていた全てを吐露

Fate stay night HF 第2章 感想 01183

)衛宮士郎(モノローグ)
 俺が守りたいもの
 俺にとって大切なもの

 それをこれ以上、泣かせたくないのなら


 誰も桜を責めず
 桜が自分で自分を責めるしかないのなら

 俺は手を引いて、ちゃんと陽のあたる場所に連れていって…


 他の誰が許さなくても


Fate stay night HF 第2章 感想 01219

)衛宮士郎
 俺が…、桜の代わりに桜を許し続ける
 
 もう泣くな


 桜が悪い奴だってことはよくわかったから。


Fate stay night HF 第2章 感想 01223

)間桐桜
 私はいつ…、さっきみたいに取り乱すかわからなくて…、きっと取り返しのつかない事をします 
 

 そんな私が、どこに帰れるって言うんですか!!


Fate stay night HF 第2章 感想 01224
Fate stay night HF 第2章 感想 01236
Fate stay night HF 第2章 感想 01254
Fate stay night HF 第2章 感想 01258

…ここが、桜の家だ(士郎』

悪い子なんだ
 根負け。中学で“桜に根負けした”事件の裏返し
 桜は、士郎への裏切り行為や負い目
 相応しくないと吐露

 が、士郎は「大切だ」と押し通した

 ほんの僅かな時間の歩み
 ゆっくり落ちた雨は、体感時間の長さか

 笑顔で他人と距離をとる桜

 士郎もまた、桜に近寄る程に夢と遠ざかる
 
桜『私…、私! 処女じゃないんですよ?』

Fate stay night HF 第2章 感想 01270

)間桐桜
 初体験なんて、とっくに終わってるんです

 それだけじゃなくて
 それからずっと、良く解らないものに身体を触られてきました


 先輩に守ってもらう資格なんて!


Fate stay night HF 第2章 感想 01281

)士郎
 俺が守る
 どんなことになっても

 桜自身が桜を殺そうとしても…、俺が桜を守るよ


 俺は、桜だけの正義の味方になる


Fate stay night HF 第2章 感想 01287

)間桐桜
 駄目です先輩…
 それじゃきっと、先輩を傷つける


 傷つける…、のに…!


)士郎
 …帰ろう


Fate stay night HF 第2章 感想 01310

)アーチャー 
 衛宮士郎、お前が今までの信念を守るのならそれでいい


 結末は見えている


 だが、もし違う道を選ぶのなら
 衛宮士郎に未来はない

 何もかも…、失う事になるぞ


※アーチャーは「並行世界の士郎の末路」
 詳しくは「UBW」にて


Fate stay night HF 第2章 感想 01317
Fate stay night HF 第2章 感想 01326
Fate stay night HF 第2章 感想 01334
Fate stay night HF 第2章 感想 01346

 手を繋いだ二人を、凛は止めなかった

誰もが彼の為に
 士郎が信念を守った成れの果てあるアーチャー
 この先は、自己否定している彼にさえ
 更に悲惨と思えるか

 桜も、処女発言で士郎を守ろうとした

 最後まで言わなかったのは
 それだけ、桜は言いたくなかったのか

 吐露してまで守ろうとする様、正直興奮します

 桜、鉄の我慢も蕩ける幸せ

 本当に良かった、この時点では本当に…
 
士郎に知られたくない真実
桜、魔力不足

Fate stay night HF 第2章 感想 01364

)士郎
 どうした桜? 熱があるのか?

 長く雨に打たれたから…


)桜
 風邪、じゃ、ないです…

 魔力がちょっと…、足りなくて……


Fate stay night HF 第2章 感想 01372
Fate stay night HF 第2章 感想 01386
Fate stay night HF 第2章 感想 01392
Fate stay night HF 第2章 感想 01396
Fate stay night HF 第2章 感想 01403
Fate stay night HF 第2章 感想 01412
Fate stay night HF 第2章 感想 01419

ダメ…、これ以上は…、先輩を穢せないもの…!(桜』

雨の音にかき消され 
 魔力補給。その一言にピンときた人はともかく
 桜、処女だの何だのあれこれ告白も
 ここでも「我慢」

 壁を越えても、また次の壁がある桜

 要は、士郎や桜のような「素人」でも
 SEXすれば魔力補給できる

 しかし性的体験上、性行為への深い嫌悪感

 魔力不足、蟲に快楽中枢を刺激

 精一杯「譲歩」した結果なんでしょうね

翌朝、冒頭とは違い心から安らいだ朝食の時間
衛宮さんちの今日のごはん

Fate stay night HF 第2章 感想 01431

)士郎
 …こういうの、何か久しぶりだな?

 あ、食わないのか?


)桜 
 遠慮しなくても大丈夫よ?


Fate stay night HF 第2章 感想 01439
Fate stay night HF 第2章 感想 01445
Fate stay night HF 第2章 感想 01448
Fate stay night HF 第2章 感想 01463
Fate stay night HF 第2章 感想 01473

 姉達が見たら笑い転げそうなシュールさ

ちがう そうじゃない
 もし凛が見たら、ライダーの姉達が見たら…
 ライダーも最初は固辞しましたが
 御覧の通り!!

 ナイフとフォークで頂く和食

 先生ここ完全に衛宮ご飯です!!
 もう完全に若夫婦

 ランサーが飲みに来ないのが不思議なレベル

 とまれランサー以下ほぼ全滅 

士郎『俺は桜を勝たせて、聖杯を使って貰う』

Fate stay night HF 第2章 感想 01485
Fate stay night HF 第2章 感想 01488

 本アニメ制作元は「衛宮ごはん」と同じ

第五次聖杯戦争
 バーサーカー…、イリヤ
 アーチャー…、凛
 ライダー…、桜

 真アサシン…、臓硯
 セイバー…、影に取り込まれた

 ランサー…、真アサシンに心臓捕食
 アサシン…、真アサシン召喚媒体として捕食
 キャスター…、敗退&遺体も粉砕

 ギルガメッシュ王…、愉悦。

士郎『後はイリヤの…、バーサーカー…!』

Fate stay night HF 第2章 感想 01496

 さっそく、イリヤと和解した事が効いてくる
 しかしこうしてみると早々に半壊
 錚々たる英雄が散々

 つくづくHF編はごついのう…

士郎『じゃあ、桜は外に出ないようにな?』

Fate stay night HF 第2章 感想 01516

)ライダー
 あの神父をこそ注意すべきだと思うのです


)桜
 そうね、私も本当はそう思うわ
 けど安心してライダー

 だってあの人、私には勝てないもの♪


)ライダー
 …! …では


Fate stay night HF 第2章 感想 01523
Fate stay night HF 第2章 感想 01536
Fate stay night HF 第2章 感想 01547
Fate stay night HF 第2章 感想 01552
Fate stay night HF 第2章 感想 01558
Fate stay night HF 第2章 感想 01560
Fate stay night HF 第2章 感想 01576
Fate stay night HF 第2章 感想 01581

…、そうだ。外に出さなければいいんだ♪(桜』

崩れゆく桜
 この場合、“士郎を外に出さない”という事
 桜、自慰行為で己を慰めつつ
 妖しい面が次々

 そして“遅れてついていく”影

 士郎の心配は刻印蟲
 ですが桜を犯す、本当の危機は…

 狂気に落ちる桜、ライダーとの親和性か

 Fate世界のライダーは、生前最期に狂っていたそうなので…

士郎『…ついてこいって事か?』

Fate stay night HF 第2章 感想 01620

 当の士郎、ライダーが護衛についたハズですが
 風雲イリヤ城周りは「蟲」だらけ!!
 城は大ピンチと判明

 まあなんて卑猥な形!

 臓硯が使役する蟲共が続々…!

城には臓硯が先行
臓硯の願いは、“不老不死”の実現にあった

Fate stay night HF 第2章 感想 01631

)臓硯
 それで我が望み(不老不死)が叶うというなら、世界中の人間一人一人を殺して回っておるわ…


)イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
 呆れたわ…

 そこまで見失ってしまったの、マキリ


Fate stay night HF 第2章 感想 01695

)イリヤ
 思い出しなさい

 私たちの悲願、奇跡に至ろうという切望は
 どこからきたものなのか…


 私たちは何の為に、人の身である者に、人あらざる地点に到達しようとしていたのか…


Fate stay night HF 第2章 感想 01703

)間桐臓硯
 ………………
 ふん、人形風情がよく言った…

 先祖の真似事も刷り込み済みという訳か?

 戯れはここまでじゃ…


『アインツベルンの聖杯』この間桐臓硯が貰い受ける…!


Fate stay night HF 第2章 感想 01736
Fate stay night HF 第2章 感想 01756



 臓硯の切り札、黒化セイバー襲来

マキリ・ゾォルケン
 臓硯は身体を蟲に置き換え、延命した魔術師
 本当は、不死という「手段」により
 叶えたい願いがあった

 己の願いを忘れ果てた魔術師

 遠坂、アインツベルンの先祖と協力し
 聖杯戦争を実用化

 それら全ては、本当は手段に過ぎなかったのに

※彼の「不死」は、漫画版8巻で詳細描写

遠坂『嘘でしょ?!

Fate stay night HF 第2章 感想 01771

 凛もまた、イリヤをこっそり訪ねていた
 黒化セイバー、バーサーカー
 両者激突を目撃へ

 前回、“影”の中に飲み込まれたセイバー

 見たまえ!! 城壁がゴミのようだー!!

前回セイバーを捕らえた「影」
オルタと交戦中、同じく捕まるバーサーカー

Fate stay night HF 第2章 感想 01797

)イリヤ
 そこから離れて!

 そいつにやられたら戻ってこれなくなる!


※影に捕まったバーサーカーへ


Fate stay night HF 第2章 感想 01800
Fate stay night HF 第2章 感想 01801
Fate stay night HF 第2章 感想 01817
Fate stay night HF 第2章 感想 01827
Fate stay night HF 第2章 感想 01844
Fate stay night HF 第2章 感想 01846
Fate stay night HF 第2章 感想 01865

 もはや戦闘だか、地上の花火大会だか!!

オルタvsバーサーカー
 影に捕まって、なおも突っ込むバーサーカー!!
 お馴染み、死亡から即復活する宝具!!
 が、相手が悪すぎる

 オルタ、エクスカリバー連発

 対し、真っ向から飛び込んでいく辺り
 バーサーカーも凄まじい

 突っ込んでなお健在なのが一番凄まじい

 戦闘作画のカロリーがとんでもねェ!!

アーチャー『…お前の相手は、この私だ』

Fate stay night HF 第2章 感想 01892

 士郎とアーチャーに庇われ、イリヤは一時離脱
 対し、臓硯の狙いはイリヤ自身の為
 真アサシンが派遣

 アサシンvsアーチャー!!

 ゆっくり下す等、さすがイリヤに優しい!!

凛『アーチャー! …頼んだわよ』

Fate stay night HF 第2章 感想 01915

)真アサシン
 正純の英霊では、アレの呪界層には逆らえん


 今の貴様は、この森に満ちる怨霊と大差がない


Fate stay night HF 第2章 感想 01948
Fate stay night HF 第2章 感想 01953
Fate stay night HF 第2章 感想 01966
Fate stay night HF 第2章 感想 01985
Fate stay night HF 第2章 感想 01992
Fate stay night HF 第2章 感想 01996
Fate stay night HF 第2章 感想 01999
Fate stay night HF 第2章 感想 02028
Fate stay night HF 第2章 感想 02042
Fate stay night HF 第2章 感想 02056

 ランサー戦同様、“影”と連携するアサシン

天井知らず
 アーチャー、ランサー同様に通常戦では圧倒も
 影による触手を浴びてしまい劣勢に
 バーサーカーも同様

 が、イリヤの声に再起動!!

 拘束も、呪いによる傷も聖剣だろうが
 全く怯まぬ頼もしさ!!

 UBWでは「彼一人で、六騎全てを敵に回せる」とアーチャーも軽口を叩いた大英雄

 さすがヘラクレス、天井を知らない!!

対しセイバー
もはや「通常攻撃がエクスカリバー」状態

Fate stay night HF 第2章 感想 02070

 剣を振る度、エクスカリバーの光帯が飛び
 余波で、城壁が次々と溶解
 通常攻撃が宝具!!

 最も大きいのは「魔力の源」の差

 戦闘スタイルも、実に惜しみなく暴力的…!!

近接戦は難しと見たか
距離を取り、瓦礫を次々打ち込むバーサーカー

Fate stay night HF 第2章 感想 02080
Fate stay night HF 第2章 感想 02086
Fate stay night HF 第2章 感想 02091
Fate stay night HF 第2章 感想 02136
Fate stay night HF 第2章 感想 02141
Fate stay night HF 第2章 感想 02159
Fate stay night HF 第2章 感想 02161
Fate stay night HF 第2章 感想 02171
Fate stay night HF 第2章 感想 02175
Fate stay night HF 第2章 感想 02188
Fate stay night HF 第2章 感想 02207
Fate stay night HF 第2章 感想 02218
Fate stay night HF 第2章 感想 02236
Fate stay night HF 第2章 感想 02252
Fate stay night HF 第2章 感想 02257
Fate stay night HF 第2章 感想 02262
Fate stay night HF 第2章 感想 02267



やだ…、やだよう……!(イリヤ』

約束された勝利の剣
 瓦礫を連続で弾かれ、塔を直接ぶつける戦術!!
 実は、塔も目くらましに過ぎなかった
 バーサーカー戦巧者!!

 が、オルタの“宝具”に戦闘不能…

 爆発時、城がバックになっている為
 桁外れな規模と明快

 UBWでのバーサーカーvsアーチャーのよう…

 意図的に似せた構図でもあったのかも

セイバー『私の役目は済んだ。後は貴公に任せる』

Fate stay night HF 第2章 感想 02279

)アサシン
 有難い、失点を取り返せる


)士郎
 …セイバー!


Fate stay night HF 第2話 感想 02325
Fate stay night HF 第2話 感想 02337
Fate stay night HF 第2話 感想 02346

フン…、奇襲でなければ小僧の首も落とせないのか。三流!(アーチャー』

アーチャー再び
 あのアーチャーが士郎を庇ってくれる一幕!
 イリヤの為、また“自分と違う”からか
 アサシンも仰天!!

貴様…、何故ここに来れる!?(アサシン』

 小次郎も、“技以外はセイバー以下”でしたが
 暗殺者に直接戦闘は厳しい

 特に真アサシン、事実上の隻腕ですし

 令呪もないし色々厳しい…!!

アーチャー『急げ!! アレに追いつかれたら終わりだぞ!!』

Fate stay night HF 第2話 感想 02354

)アーチャー
 詮議は後だ!
 走れ小僧!


 イリヤの手をとったからには最後まで守り通せ!


Fate stay night HF 第2話 感想 02389

)真アサシン
 何故だ…、何故動ける?!


)アーチャー
 知れたこと!

 私は他の連中のように真っ当な英雄ではない!


Fate stay night HF 第2話 感想 02416

)アーチャー
 正純ではないが故に、多少のケガレも許容する!
 つまり…


 この身も歪な英霊という事だ!


Fate stay night HF 第2話 感想 02444
Fate stay night HF 第2話 感想 02446
Fate stay night HF 第2話 感想 02454
Fate stay night HF 第2話 感想 02479
Fate stay night HF 第2話 感想 02480
Fate stay night HF 第2話 感想 02481
Fate stay night HF 第2話 感想 02498
Fate stay night HF 第2話 感想 02509
Fate stay night HF 第2話 感想 02516
Fate stay night HF 第2話 感想 02548
Fate stay night HF 第2話 感想 02552
Fate stay night HF 第2話 感想 02563
Fate stay night HF 第2話 感想 02567

ここまでか…、達者でな。遠坂…(アーチャー』

英霊エミヤ
 アーチャーにより、真アサシンは退けられた
 影、自らが凛を狙って現れた為
 結果は大惨事に

 ローアイアスで凌ぐも致命傷

 イリヤ以外、皆が気を失った今
 声も仕草も優しい

 凛への優しさ、そして彼は「イリヤを助けられなかった士郎」だからからか

 直接は、言わない様が物悲しい
 
ライダー『…正気ですか』

Fate stay night HF 第2章 感想 02591

)ライダー
 そんな事をすればあなたは…


)アーチャー
 考えるまでもない


Fate stay night HF 第2章 感想 02604

)アーチャー
 何もしなければ消えるのは二人だが

 こうすれば確実に一人は助かる…


)士郎
 …ただいま、桜


 そう、だよな? 見かけがこんなんじゃ驚くよな?


Fate stay night HF 第2章 感想 02609
Fate stay night HF 第2章 感想 02620
Fate stay night HF 第2章 感想 02631
Fate stay night HF 第2章 感想 02644

 かくてサーヴァントを失った凛達も衛宮邸へ

アーチャーの決断
 士郎、腕のおかげですっかり元気

 桜は隻腕と気付き、愕然とした様子でしたが
 とどめに凛とイリヤまで現れ
 完全に硬直します

 ライダーも静観していたらしい

 出てこなかった理由は不明も
 そもそも士郎こそ、桜にとって最も危険

 態度を決めかねていたのか

凛『…腕、動く?』

Fate stay night HF 第2章 感想 02659

 ピクリとも動かぬ、移植されたアーチャーの腕
 また、今は聖骸布で封印してますが
 外すと自滅するとの事

 アーチャーの魔術回路に耐えられない

 腕は、生命維持と自爆装置の両方か
 
士郎『…桜の事、考えてくれてるんだな』

Fate stay night HF 第2章 感想 02678

)凛
 …それ、少し違う

 四年前くらいかなあ


 あなた、陽が落ちるまでずっと走高跳やってた事があるでしょう?


Fate stay night HF 第2章 感想 02690

)凛
 出来る訳もないのに延々と飛んでたバカを

 やっぱりバカみたいに眺めてた


 あたし、自分には出来ないって判断したら、すっぱり手を引くタチなの


 根本的に冷たいのよ…


Fate stay night HF 第2章 感想 02693

)凛
 まあでも魔術師ですし?

 私の人生、それでいいのな~、って思いかけていたところに…


 自分と正反対の奴を見せつけられてさ~


Fate stay night HF 第2章 感想 02698
Fate stay night HF 第2章 感想 02718

取らないで…、その思い出まで…、取らないで…!(桜』

思い出インベーダー
 姉妹揃って、士郎に共通する思い出を持ってた
 また「出来ないなら諦める」とは
 桜への態度と同じか

 桜を殺す、と決断した時と同じ

 もしこの事件がなかったら
 今回も、容赦なく桜を殺していたのかも

 でも桜には当然そんな余裕もなく

 凛は本当、桜の天敵すぎる…

士郎『…案外、布をとれば元通りだったりしてな?』

Fate stay night HF 第2章 感想 02728
Fate stay night HF 第2章 感想 02739

ダメだ…、これは……、ダメだ…!?(士郎』

じばく
 ほんの少しめくっただけで、潰れたトマトに!
 腕を失った自覚が薄いんですね
 当然っちゃ当然

 何せ士郎、傍目にほぼ死んでました

 腕を失ったなんて嘘じゃないか…

 という希望的観測を粉々にするイメージ

ライダー『シロウ、あなたに聞きたい事があります』

Fate stay night HF 第2章 感想 02767

)ライダー
 桜の幸福は、あなたが生きて傍にいてくれるという事


 それ以外に彼女の望むものなどありません


 私は彼女の生存を望んでいる


Fate stay night HF 第2章 感想 02776

シロウ…、あなたはサクラの味方ですか? この先、たとえ何があったとしても(ライダー』

極太の釘
 その質問を脳内で反芻し、眠れないでいた士郎
 無論、守りたい意思にブレはないにせよ
 ライダーに疑われた

 桜が好きだから守るというライダー

 桜が、ショックを受ける場面を見て
 釘を刺したんでしょうか

 本当に面倒見のいい

 同じく「被害者なのに加害者となった怪物」ですものね…

士郎『…桜? ああ、魔力が足りないのか』

Fate stay night HF 第2章 感想 02814

)桜
 先輩は…、どうして私を守ってくれるんですか?


)士郎
 それは…、俺の方が桜に居て欲しかったんだ

 俺には桜が必要で、離れるなんて…
 考える事も出来なかった


Fate stay night HF 第2章 感想 02837

)桜
 それは家族としてですか?

 それとも…、女の子として?


)士郎
 ああ…、俺は桜が好きだ


Fate stay night HF 第2章 感想 02847

)桜
 なら…、抱いてください


 先輩、私、汚れてますか?

 おかしい…、ですよね


Fate stay night HF 第2章 感想 02855
Fate stay night HF 第2章 感想 02857
Fate stay night HF 第2章 感想 02859
Fate stay night HF 第2章 感想 02864
Fate stay night HF 第2章 感想 02886
Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 02903
Fate stay night HF 第2章 感想 02915
Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 02922
Fate stay night HF 第2章 感想 02926
Fate stay night HF 第2章 感想 02928
Fate stay night HF 第2章 感想 02932
Fate stay night HF 第2章 感想 02934

 しかし士郎、“影にノイズが走る”様を目撃

濡れ場の不穏
 桜、凛が士郎を連れていくだけで不安だと涙し
 幾度も自分自身を卑下するも
 と

気付いてやれなくて…、ごめん(士郎』

 鈍感な士郎には良い薬
 桜も、今度こそ「抱いて」と言えました

 処女発言といい、銀幕と地上波で流す胆力

 そして過ぎり続ける不穏…!!

言峰綺礼『祝福しよう』

Fate stay night HF 第2章 感想 02960

)英雄王ギルガメッシュ
 祝福…? 何をだ


)綺礼
 生まれつつあるもう一つの聖杯

 それは『この世全ての悪』という、人々に生み出されながら、人々に望まれなかった何者かを孕んでいる


Fate stay night HF 第2章 感想 02968

)綺礼
 善悪の所在…

 答えを出すのではなく、答えを出せる者を産み落とすとしたら…、どうなる?


 答えは近い


 もしこの疑問が、神を冒涜するというのなら
 神前に於いて全霊をかけ

 我が主さえ問い殺そう…!


Fate stay night HF 第2章 感想 02973
Fate stay night HF 第2章 感想 02979
Fate stay night HF 第2章 感想 02983
Fate stay night HF 第2章 感想 02992
Fate stay night HF 第2章 感想 02995
Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 03002

 凛は「姉さん」と呼ばれ舞い上がるのだった

愉悦部活動記録
 姉と呼ばれた事がない、と凛に聞いていた士郎
 見事に気を利かせてくれますが
 愉悦組も絶好調

 この世全ての悪を待つ綺礼

 善悪の所在、その答えを出してくれる何か
「誰も」誕生を望まぬもの

 だが“異常”な綺礼だけは、心から祝福が出来る

 異常である事に価値を与えてくれるもの

 その誕生は近いという訳か

凛『イリヤ? 例の件、私の部屋でいい?』

Fate stay night HF 第2章 感想 03026
Fate stay night HF 第2章 感想 03050
Fate stay night HF 第2章 感想 03057
Fate stay night HF 第2章 感想 03067
Fate stay night HF 第2章 感想 03071

“魔法使いの残した宝箱”は、綺麗そうだから(イリヤ』

キシュア・ゼルレッチの宝箱
 凛とイリヤ、アーチャーの腕を活かすべく共闘
 際し、遠坂家に伝わる宝箱を解析し
 桜は穏やかな時間へ

 桜は、自身の魔術を凛に知られたくなかった

 間桐の技は「吸収」
 奪う事に特化し、凛が知れば「嫌う」

 姉との関係修復は不可能だと思っていたと

 雨降って地固まるというか

桜『きっと私たちの中で、先輩が一番強い…』

Fate stay night HF 第2章 感想 03080

 遠坂の修行、間桐の実質的な“調教”行為に対し
 士郎のやり方は、恐ろしく危険なもの
 自分で自分を貫くに等しい

 何より士郎は、その辛い修行を「誰に強制される事もなく」自ら望んだ

 自ら、誰かの為に望んでいたから

桜『魔術特性じゃなくて、心の在り方が純粋だからです』

Fate stay night HF 第2章 感想 03092

)桜
 出会っていた時から、解ってたんですよ?


 この人はきっと、何も裏切らない人なんだなって…


Fate stay night HF 第2章 感想 03099
Fate stay night HF 第2章 感想 03114

何で…、何も…、起きないんだよ!(慎二』

それはお前が慎二だからだ
 他方、“衛宮に取られた”と激昂し暴れ回る慎二
 自ら作った、魔力に反応する薬に
 己の無力を再確認…

『(あれ…、味がしない…?(桜』

 穏やかな日常の「裏」側
 慎二も、他ルート以上に直面し続けた

 幸せになる度に慎二が、何より桜自身辛い

「失う怖さ」が倍加していくんですから

凛『ほらここ! 雑草が黒く変色してる!!』

Fate stay night HF 第2章 感想 03106

 凛は、影による殺人が起きていると気付くも
 この変色、冒頭で「士郎が見た夢」と
 同じ事が起きたのか

 また臓硯の仕込みなら、この展開は奇妙だと

 あの「妖怪」なら…もっと「慎重」に「行動」するはずだぜ…!

桜『大丈夫…、まだ感じられる』

Fate stay night HF 第2章 感想 03117

 いよいよ、味覚が機能しなくなった桜ですが
 士郎の体温は感じられると安心
 まだ大丈夫だと

 得る度、失う事が怖くなっていく

 見た目に平穏を取り戻したも、見た目だけなんですよね…
 
桜『今が…、ずっと続けばいいのに…』

Fate stay night HF 第2章 感想 03125

)さくら
 ひたひたと散歩する
 ゆらゆらの頭はからっぽで
 きちきちとした目的なんて上の空


 ぶるぶると震えて、ごーごー
 くすくすと歌って、ごーごー

 からからの手足は、紙風船みたいに、ごろごろ地面を転がっていく


 ふわふわ飛ぶのは、きちんと大人になってから

 ごーごー、ごーごー、ごーごー


Fate stay night HF 第2章 感想 03133
Fate stay night HF 第2章 感想 03153
Fate stay night HF 第2章 感想 03158
Fate stay night HF 第2章 感想 03168
Fate stay night HF 第2章 感想 03176
Fate stay night HF 第2章 感想 03182
Fate stay night HF 第2章 感想 03185
Fate stay night HF 第2章 感想 03205

)さくら
 きいきい誰かが寄ってくる
 からからから、と笑い声

 蠱惑したおぼえはありませんっ!


 きんきん煩く響くのでっ


 くうくうおなかがなりました


Fate stay night HF 第2章 感想 03210
Fate stay night HF 第2章 感想 03220
Fate stay night HF 第2章 感想 03233
Fate stay night HF 第2章 感想 03240
Fate stay night HF 第2章 感想 03249
Fate stay night HF 第2章 感想 03256

精が出るな?(英雄王』

ごちそう ばらばら
 ファンシーな映像は、桜による“魔力補給”場面
 夢では「蠱惑した」と人形に絡まれ
 怒ってデコピン!!

 不思議にも「ごちそう」に

 御馳走だ、理解した後は簡単で
 逃げる彼らを“ごちそう”に

 要は彼らを、バラバラの肉片に砕いたのだと…

 現実と幻想、重なる様がグロテスク

英雄王ギルガメッシュ『だからあの時、死んでおけと言ったのだ』

Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 03279

 第1章「今の内に死んでおけ」と忠告した王
 でないと死ねなくなる
 今まさに

 そこで「殺しに来てやった」らしい

 王、自らが…!

王『猶予は終わりだ…、せめてもの慈悲と知れ』

Fate stay night HF 第2章 感想 03272

)王
 何?
  まだ息があるのか

 影だけでなく、身体まで変わりかけていたとはな


Fate stay night HF 第2章 感想 03290
Fate stay night HF 第2章 感想 03301
Fate stay night HF 第2章 感想 03303
Fate stay night HF 第2章 感想 03304
Fate stay night HF 第2章 感想 03314
Fate stay night HF 第2章 感想 03320
Fate stay night HF 第2章 感想 03342
Fate stay night HF 第2章 感想 03346

我を跪かせようとは!(英雄王』

英雄王捕食
 さすが王、怒りどころが実にシャープでした
 片足を食われた事には全く動じず
 ゲート・オブ・バビロン!!

 しかし「桜」にあっさりと捕食

 Fate、UBWで猛威を振るった上
 今期FGOでも大活躍

 今回ばかりは状況がおかしすぎた

 ばりばり たべられました…

王『おお…、よもやそこまで…!』

Fate stay night HF 第2章 感想 03360

 セイバールート、Fateでの堂々たる決戦と
 凛ルート、UBWでの士郎との決戦
 際し「命綱」事件
 色々ありました

 最期は本当、文字通りあっさり

 全く取り乱さなかったのは「王」らしい

黄金を飲み込んだ「影」
第1章同様、見る見るうちに停電を拡大

Fate stay night HF 第2章 感想 03367
Fate stay night HF 第2章 感想 03372
Fate stay night HF 第2章 感想 03386
Fate stay night HF 第2章 感想 03391
Fate stay night HF 第2章 感想 03396
Fate stay night HF 第2章 感想 03404
Fate stay night HF 第2章 感想 03424
Fate stay night HF 第2章 感想 03429
Fate stay night HF 第2章 感想 03438

気付くな…、(やめろ!)似ているだなんて…、考えるな!(士郎』

表出する影
 影による捕食、腕を組んでいた恋人がいない
 特に今回「恋人」が食われた様は
 実に象徴的でした

 また桜は、英雄王に“殺された”

 もちろん、身体は蘇生しているも
 彼女は「苦痛」を浴びた

「死を体験」し、脳が壊れた可能性も。

 奇しくも臓硯が狂ってる原因と同じ

凛『もし臓硯と、あの黒い影が全く別物だとしたら…、あなたはどうするの?』

Fate stay night HF 第2章 感想 03462

)イリヤ
 おはよ
 まだ「自分」は残っている? サクラ

 どこでそんな魂を取り込んだの?


 まだアサシンと、ライダーが残っているのに「もう満ち足りてる」なんて驚きだわ


Fate stay night HF 第2章 感想 03505

)イリヤ
 サクラ、これから自分がどうなるか解っている?


)桜
 知りません

 どうなるんですか? 私…


)イリヤ
 死ぬわ、絶対に助からない


Fate stay night HF 第2章 感想 03511

南米のジャガー、冬木の虎
 たっだいまぁー♪

 ちょっとだけ帰ってこれた~♪
 あれ?

 士郎いないのー?


)イリヤ
 …誰?


Fate stay night HF 第2章 感想 03524
Fate stay night HF 第2章 感想 03531
Fate stay night HF 第2章 感想 03551
Fate stay night HF 第2章 感想 03556
Fate stay night HF 第2章 感想 03557

ごめんなさい…、私のせいで先輩の夢を壊しちゃう…(桜』

OH…!!
 ギルの値千金の魂、規格外の魔力で満ち足りた
 イリヤも時がないと判断したようですが
 事態を変えたのは“一般人”

 士郎と桜、代えがたい居場所の女性

 魔術、どうしようもない現実の中で
 留めるのが“一般人”って不思議

 藤ねえって不思議 

 そも桜が、ここまで踏ん張れたのも「心」ですものね

藤村大河『士郎が目指す人が切嗣さんなら、やっぱり、大事な人がいても良いんだよ?』

Fate stay night HF 第2章 感想 03587

)藤村大河
 この町で暮らすようになってからも、切嗣さんは何度何度も海外に出かけていたの。


 それこそ…、身体が動かなくなるまで


Fate stay night HF 第2章 感想 03590

)大河
 きっと…、どうしても会いたい人がいたのね

 大事な人に会えないっていうのは
 とても辛い事なの


『正義の味方』であっても。


 だから…、桜ちゃんは士郎の傍にいてあげてね


Fate stay night HF 第2章 感想 03594

※回想
 藤ねえは、イリヤの父・切嗣が好き
 当時「ついていこう」とした

 荷造りし、パスポートを彼に見せた


 彼は微笑んで、撫でて、でもやっぱり連れていかなかった


Fate stay night HF 第2章 感想 03596
Fate stay night HF 第2章 感想 03599
Fate stay night HF 第2章 感想 03600
Fate stay night HF 第2章 感想 03611
Fate stay night HF 第2章 感想 03617

 イリヤ、思いもかけぬ形で父の想いを知る

正義の味方のえこひいき
 父は最期まで、イリヤを想い続けてくれていた
 むしろ「好きなのに残された」側
 大河こそ辛かった

 好きな人の一番ではない哀しみ

 好きな人を、見送るしかない辛さ

 私みたいにならないで
 私の分まで幸せにと願える人

 また公正な王にも「正義の味方にもえこひいきがある」というメッセージ

 藤ねえも精一杯に恋したんだよね…

“衛宮士郎”『裏切るのか

Fate stay night HF 第2章 感想 03625

)衛宮士郎
 かつての自分を、裏切るのか


 それを裏切るというなら
 
 お前は…


Fate stay night HF 第2章 感想 03645
Fate stay night HF 第2章 感想 03653
Fate stay night HF 第2章 感想 03659
Fate stay night HF 第2章 感想 03668

違う…、そんな…、はずは…!?(衛宮士郎』

為すべき決断
 お馴染み士郎の原点である“聖杯による大災害”
 士郎は、この光景を繰り返したくない
 だが「桜を守る」という事は
 再発を見過ごす事

 災害の元凶、桜を殺める夢を見る士郎

 今の歩みは「理想」と正反対
 切嗣とアーチャー、二人の正反対だと

 振り返り、二人の列に加わらねばならない

 強迫観念が見せた「あり得る未来」か

真アサシン『衛宮士郎、だな? 魔術師殿から話がある』

Fate stay night HF 第2章 感想 03669

)間桐臓硯
 今日、 呼びたてたのは頼みがあってな…

 あの「影」を殺して貰いたいのだ


(略)


Fate stay night HF 第2章 感想 03702

)臓硯
 ああその前に、あの影が何であるか
 教えてやらねばならなかった

 言ってしまえば、あれは「聖杯の中身」だ


 聖杯という門からあふれ出る「意思」


 それがあの影よ…


Fate stay night HF 第2章 感想 03740

)臓硯
 影を殺せと言ったがそれは難しかろう…

 だが「門」を殺す事は出来る(略)


 聖杯の欠片を埋め込み、儂が10年間育て上げてきた「間桐の聖杯」を殺せるのは…!


Fate stay night HF 第2章 感想 03741

)臓硯
 気付いていたであろう

 アレと桜が似ている事を


 ただそこに在るだけの人形が、愛しい男の手で終わるのだ…


Fate stay night HF 第2章 感想 03742

)臓硯
 さぞ本望であろう…

 もう時間はない
 桜の意識が空になれば、無意識を借り受けてい「聖杯」が浮上する


 10年前の災害が、再現されよう(略)


Fate stay night HF 第2章 感想 03783

)臓硯
 解っていよう

『万人の為に悪を討つ』


 お前が衛宮切嗣を継ぐのなら…、間桐桜こそ…、おぬしの『敵』だ


Fate stay night HF 第2章 感想 03789
Fate stay night HF 第2章 感想 03794

 作中、影と連携してるよう見えた臓硯

サクラゴロシ
 しかし実は、意思疎通すら出来ないモノだった

 第1章では臓硯も面喰っていました
 ですが、“士郎を外に出したくない”と思えば
 士郎が重傷を負ったように

 行動は読める為、利用していた

 UBWなどでも同様も
 他ルートでは、桜は聖杯として機能せず

 今回「聖杯として稼働した為」臓硯も参戦

 が、遂に手に負えなくなったのね

士郎『桜―、起きてるかっ!

Fate stay night HF 第2章 感想 03810

)間桐桜

 はい、おはようございます
 先輩っ…


Fate stay night HF 第2章 感想 03824

)衛宮士郎 
 桜は、この戦い終わったら、何かしたい事あるか?


)間桐桜
 うーん……
 何か、思いつかないです

 先輩と居られるだけで、別にいいかなって


Fate stay night HF 第2章 感想 03835

)士郎
 なら一緒にどこか遊びに行こう

 どこに行きたい?


)桜
 じゃあ…、お花見とか…、したい、です


Fate stay night HF 第2章 感想 03861

)士郎
 よし…じゃあ約束だ


)士郎
 …凍らせた心で、温かな幻想をする


Fate stay night HF 第2章 感想 03863

)士郎
 いつか冬が過ぎて

 新しい春になったら…、二人で…、桜を見に行こう


 そう…、春になったら…


Fate stay night HF 第2章 感想 03867
Fate stay night HF 第2章 感想 03888
Fate stay night HF 第2章 感想 03889
00001
Fate stay night HF 第2章 感想 03913
Fate stay night HF 第2章 感想 03923
Fate stay night HF 第2章 感想 03934

裏切るのか(衛宮士郎自身の声』

士郎にとっての“理想郷”
 最期と思い決め、笑顔で始まった一日

 でも士郎は殺せなかった、自身の夢を自ら放棄
 改めて、“桜だけの正義の味方”を誓い
 自分の夢を裏切った

ああ…、裏切るとも(士郎』

 士郎の理想は「借り物」
 思うに、借り物だから理解できていない

 だから「額面通り」「機械的に」実行してた

 その士郎が、深く考える事になったのか 

桜も、最初から殺されるつもりだった
最期の一日だと思っていた

Fate stay night HF 第2章 感想 03945

)桜
 ありがとうございます
 先輩…

 たくさんのものを頂きました


Fate stay night HF 第2章 感想 03958

)桜
 ありがとう姉さん
 姉さんと呼べて、本当に嬉しかった…

 藤村先生、ありがとうございました


 約束守れなくて…、ごめんなさい


Fate stay night HF 第2章 感想 03970

)桜
 ライダー、先輩を殺さないでくれてありがとう


 最後の令呪です!

 お願い…、ライダー!


 お爺さまは私が止める、もう手遅れだけど…、これ以上迷惑はかけられない!


Fate stay night HF 第2章 感想 03975
Fate stay night HF 第2章 感想 03977

 何を命令したかは明言されず

大事なものを投げ捨てて
 桜もまた、殺される覚悟を決めていただけに
 士郎の決意に応えました
 決然たる出撃!!

 でも迷惑だなんて思わないのに

 最期の日常シーンもですが
 皆が全力で、しかしバラバラなんですよね

 もちろん「力を合わせれば」なんて陳腐

 でもせめて意思疎通していれば…

士郎『桜、おはよう!

Fate stay night HF 第2章 感想 04003

 前日と比べると、声が震えてるのがいじらしい
 前日は「桜を殺せば解決できた」。
 今度は解決策がない

 それでも気丈だった士郎さんですが…

 残された鍵から真意に気付く

慎二『よう…、裏切者。随分遅いお帰りじゃないか』

Fate stay night HF 第2章 感想 04021

 しかし慎二、穏やかにさっきの瓶を投げ渡す
 当然発光し、また見せつけられた才能差
 ですが意外やしばし沈黙

 奇麗だと「自身の作品を褒められた」事が、嬉しかったんでしょうか

 もっとも彼にとって「桜は自分より下」

 褒められたら余計屈辱か

間桐慎二『…ふふっ、桜は凄いなあ……』

Fate stay night HF 第2章 感想 04027

)間桐慎二
 いつか、遠坂も越えられるんじゃないか?


)間桐桜
 え…? 兄…、さん…?


Fate stay night HF 第2章 感想 04033

)間桐慎二
 …生意気だよ


 僕の人形のくせに


Fate stay night HF 第2章 感想 04044

)桜
「(また私、間違えたんだ…、だから酷い事されるんだ…)」


「(大丈夫、いつものように少し我慢すればいい、我慢して、我慢して、我慢して我慢して……)』


Fate stay night HF 第2章 感想 04048

)桜
 いや!

 嫌です!

 私はもう先輩のものです!


Fate stay night HF 第2章 感想 04054

)慎二
 なんだよ…

 随分、手なずけられたものだなあ!!


)桜
「(どうしていつもこうなるんだろう…、ずっと前から思っていた…、ずっと前から恨んでいたんだ…)」


「(なんで私の周りにある世界は、こんなにも私を嫌っているんだろう…)」


Fate stay night HF 第2章 感想 04067

)間桐慎二
 ああ…、衛宮にも教えてやらないとなあ!

 今迄お前がどのくらい僕に縋りついてきて

 どのくらい汚らしく!

 交わったかって事をさあ!!


)間桐桜
「(こんな人、いなければいいのに)」


Fate stay night HF 第2章 感想 04079
Fate stay night HF 第2章 感想 04086
Fate stay night HF 第2章 感想 04098
Fate stay night HF 第2章 感想 04099
Fate stay night Heavens Feel 2章 感想 04116
Fate stay night HF 第2章 感想 04126
Fate stay night HF 第2章 感想 04138
Fate stay night HF 第2章 感想 04149
Fate stay night HF 第2章 感想 04160
Fate stay night HF 第2章 感想 04161
Fate stay night HF 第2章 感想 04171
Fate stay night HF 第2章 感想 04189
Fate stay night HF 第2章 感想 04192

 悪いのは慎二、満場一致で慎二の身勝手さ

桜の主観
 でも“選ばれるはずの自分が選ばれなかった事

 桜の拒絶は、慎二の心の傷にジャストミート
 また、慎二が悪いのに“自分が間違えた”
 桜の感性は自虐的

 嫌いだけど嫌いきっていない兄

 実際、UBWでは和解してますし
 桜は嫌いきれない

 罪を感じた事が駄目押しか

 桜は「自分は悪くないと思える」彼女に…?

※トップに戻る



公式ツイッターより














あらすじ
「俺の戦うべき相手は
――まだこの街にいる」

少年は選んだ、自分の信念を。そして、少女を守ることを。
魔術師<マスター>と英霊<サーヴァント> が
願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。
10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた
間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪み、捻じれ、拗れる。
臓硯はサーヴァントとして真アサシンを召喚。
正体不明の影が町を蠢き、次々とマスターとサーヴァントが倒れていった。
マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、
サーヴァントのセイバーを失ってしまう。
だが、士郎は間桐 桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。
そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく……。
「約束する。俺は――」
裏切らないと決めた、彼女だけは。
少年と少女の切なる願いは、黒い影に塗りつぶされる。

00001





「一生懸命人間のふりをしているロボット」

士郎の求める天秤
 と、公式に言われてしまう士郎が本気で泣く章
 表情の危うさといい、二律背反そのもの
 良くここから立ち止まれた

 が、踏ん張っても踏ん張っても

 雨の中で踏み出す演出といい
 桜に寄り添う姿は、一つ一つがクライマックス

 障害一つ一つが、士郎を“人間”にしていくね…

 次回、劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅲ.spring song

※トップに戻る

公式サイト Fate/stay night[Heaven's Feel] ヘブンズ・フィール 感想 タスクオーナ




 劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]第1章 presage flower
 劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]第2章.lost butterfly.
 劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]第3章.spring song

漫画版
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 1巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 2巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 3巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 4巻“ 第1の脱落? ヒロイン模様それぞれ”
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 5巻“キャスター” 際限ない淫夢
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 6巻“もし わたしが悪い人になったら”
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 7巻“抱きしめたい”衝撃のマーボー!
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 8巻“間桐家というモノ”


 衛宮さんちの今日のごはん 第1話「年越しそば」
 衛宮さんちの今日のごはん 第2話「鮭ときのこのバターホイル焼き」
 衛宮さんちの今日のごはん 第3話「春のちらし寿司」
 衛宮さんちの今日のごはん 第4話「春野菜とベーコンのサンドイッチ」
 衛宮さんちの今日のごはん 第5話「たけのこグラタン」
 衛宮さんちの今日のごはん 第6話「はじめてのハンバーグ」
 衛宮さんちの今日のごはん 第7話「さらりと頂く冷やし茶漬け」
 衛宮さんちの今日のごはん 第8話「遠坂さんの五目炒飯」
 衛宮さんちの今日のごはん 第9話「秋の味覚-キャスター和食修行編-」
 衛宮さんちの今日のごはん 第10話「冷めても美味しいからあげ」
 衛宮さんちの今日のごはん 第11話「特製ふわとろオムライス」
 衛宮さんちの今日のごはん 第12話「フライパンだけで作るローストビーフ」
 衛宮さんちの今日のごはん 第13話「あったか寄せ鍋【最終回】」

トップに戻る