試し読み よふかしのうた 2巻 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
早起き少女アキラ、眠りの浅さに悩む
社会人・清澄は飲み会に悩み、コウは性欲に悩む

よふかしのうた 2巻 感想 00069
よふかしのうた 2巻 感想 00068
よふかしのうた 2巻 感想 00020

コウもアキラも清澄さんも、前向きになり快い巻!!
 また、異性の友達に性欲を感じてしまい
 戸惑ったり潔癖に考えたり
 甘酸っぱいなぁ!!

 だが人生、心が揺れてなんぼよね!!

ナズナと生業
 逆に、社会人として辛さを溜めまくる清澄さん
 考えすぎ、マイナス思考に陥ってる感
 辛さを今更感じて泣いたり

 心がマヒしまくってる感が見てて辛い回

 すごく読者目線な人だった…

よふかしのうた 2巻 感想


・第9話「なんのつもりだ七草ナズナ」
  …コウ、吸血鬼になれた?
・第10話「せまくない?」
  …アキラは最近、眠りが浅い
・第11話「需要と供給」
  …コウが彼女を誘った理由

・第12話「そりゃ困ったやつですね」
  …七草ナズナの夜は早い
・第13話「休憩できるお店」
  …コウの気持ちは忙しい
・第14話「天才陽キャかな?」
  …二つのナイトプール
・第15話「ここが労宮というツボです」
  …ナズナちゃんの「収入源」

・第16話「会社の飲み会 これが良くない」
  …社会人2年生、白河清澄24歳
・第17話「あんたにはよふかししてもらう」
  …清澄、思い出す
・第18話「楽しい方がいいよ」
  …コウ、約束する
・あとがき&設定資料集
  …メイン3人の設定画とあとがき
・だがしかし 感想

・これまでの感想

あらすじ
清澄さんも読者も、昔は子供だったのだ

よふかしのうた 2巻 感想 00058

 白川清澄。名前からして寛政の改革である

あらすじ
 夜守コウは吸血鬼になりたい。だが条件がある
 吸血鬼、七草ナズナに恋しなければ
 血を吸われても無意味なのだ

 幼馴染アキラは、コウの現状にひとまず納得

 また、ナズナは自称整体師でもあるが
 その「客」が現れた

 社会人2年生、白河清澄24歳

 コウは、吸血鬼になれたら「眷属にする」と彼女に約束してしまう


 
第9話
前回、キスされたコウ君は浮かれポンチだった

よふかしのうた 2巻 感想 00008
よふかしのうた 2巻 感想 00009
よふかしのうた 2巻 感想 00010
よふかしのうた 2巻 感想 00012
よふかしのうた 2巻 感想 00013
よふかしのうた 2巻 感想 00014

 どっこいズルい…!! ズルいなぁナズナ君は!!

第9話「なんのつもりだ七草ナズナ」
 サブタイは前巻、彼女にキスされた事のド困惑
 が「これで好きになれた!!」と解釈
 キス=好き=吸血鬼になれる!!
 ポジティブシンキン!!

 ですがどっこい性欲です

 これが現実…ゥ!!
 好意でなく、性欲なので吸血鬼になれてない

 いや実際は? 朝日は浴びてたけど

 とまれコウとナズナ、ファーストキスを交換だとか!! まあえっちな子たちだこと!!

 青春っていいもんだべさー。

第10話
早朝登校少女アキラ、最近どうも眠りが浅い

よふかしのうた 2巻 感想 00015
よふかしのうた 2巻 感想 00016
よふかしのうた 2巻 感想 00017
よふかしのうた 2巻 感想 00018
よふかしのうた 2巻 感想 00019
よふかしのうた 2巻 感想 00020

 結果が御覧の添い寝だよ!!

第10話「せまくない?」
 サブタイ回収しすぎてどうかと思ってしまう
 コウ君、オタクまったくふしだらだねェ
 非健全だこと!!
 この夜型!!

 アキラは普段、20時に寝る

 だが最近は眠りが浅く
 よふかしコンビに、捕獲連行される事に

 美少女二人とギャルゲーするとかいうコウ君

 月刊少女野崎くんを思い出すね!!

第11話
アキラさん、眠りが浅かった理由

よふかしのうた 2巻 感想 00021
よふかしのうた 2巻 感想 00022
よふかしのうた 2巻 感想 00023
よふかしのうた 2巻 感想 00024
よふかしのうた 2巻 感想 00025
よふかしのうた 2巻 感想 00026

 サブタイは「吸血鬼志望」を知る

第11話「需要と供給」
 本作テーマ、“人は一日に満足すると眠れる”再び
 アキラ、コウが何をしているのか不安で
 眠りが浅かったのか

 アキラ、コウを「名前呼び」に

 また、コウがアキラを気にかけていた
 と解ったのが転機

 これは恋なのか、何なのか

 そら解らんが、気にかけてる人に「心配された」ら、そりゃ嬉しくもなるよね…。

 アキラさん楽しそうで何より

第12話
吸血鬼、七草ナズナの夜は早い

よふかしのうた 2巻 感想 00027
よふかしのうた 2巻 感想 00028
よふかしのうた 2巻 感想 00029
よふかしのうた 2巻 感想 00030

 やはり鏡に映らないのである

第12話「そりゃ困ったやつですね」 
 これじゃ美しくて悪い女王の役が出来ないぞ!!
 アキラに続き「コウが知らない日常」回
 ナズナちゃんだって日常がある

 Amazonも頼むしゲームもするのだ

 何より、コウを気に入っていると解る
 そんなコウ不在回

 無自覚に気にしてる感が微笑ましい

 その点は、アキラとも同じか

第13話
コウは知った。“楽しい”のも精神的ストレスだと

よふかしのうた 2巻 感想 00031
よふかしのうた 2巻 感想 00032

 そっかー、コウ君はラブホを知らなかったかー

第13話「休憩できるお店」
 今巻冒頭、ナズナへの気持ちを“性欲”と評された
 友達へ、性欲を感じてしまうのも
 そう理解されてしまうのも

 恥ずかしい。とっても恥ずかしい

 冒頭の事件は、ある意味「壁」を作った
 生真面目なコウなら猶更

 出会って、すごく色んな「楽しい」があった

 でも色々ありすぎて「忙しい」のね

色々ありすぎ!! コウは、心が全く落ち着かない
楽しいのも「ストレス」だ

よふかしのうた 2巻 感想 00033
よふかしのうた 2巻 感想 00034
よふかしのうた 2巻 感想 00035

夜遊びなんて 不純くらいがちょうどいいぜ(ナズナ』

いつか恋となりますように
 ただこの関係は、“不純”だからこそ成り立つと
 ナズナが、そう言ってくれた事で
 壁は取っ払われた!!

 感情が血の味を変えるから

 だから感情を揺らせ、とむしろ煽られるコウ

 冒頭の、性欲扱いは正直ショックも
 今回は「そこ」から進む回か

 そも「女友達との関係」を描く物語でもある

 不純くらいがちょうどいいのね 

第14話
面白い夜の遊び…、ナイトプールってどうかな?

よふかしのうた 2巻 感想 00036
よふかしのうた 2巻 感想 00037
よふかしのうた 2巻 感想 00038
よふかしのうた 2巻 感想 00039
よふかしのうた 2巻 感想 00040
よふかしのうた 2巻 感想 00041

 ナイトプール(夜の学校ダイヴ)

第14話「天才陽キャかな?」
 ふと人の多い場所に行き、ちょっぴり独占欲な
 モブお兄さん達、普通以上にいい人だ…
 君ら、バチカンの聖人かよ…
 このバカチンが!!

 血がのぼるナイトプール、頭を冷やす学校プール

 また、コウを煽ったナズナですが
 嫉妬されハッとする場面も

 P109右下、冷や汗をかくナズナ

 思った以上に「重い」事に驚いたんかしら

第15話
嫉妬したコウ、そしてナズナの「収入源」

よふかしのうた 2巻 感想 00042
よふかしのうた 2巻 感想 00043

 そりゃあ不純な目でしか見れない…

第15話「ここが労宮というツボです」
 サブタイは手のツボで、そんでお姉さん登場
 第1話の通り、“添い寝屋”で生計を立て
 寝た隙に血を吸っていた
  
 まあ全力全開いかがわしい!!

 コウは「彼女を知りたい」と思い始め
 積極的に動き始めた

 前作「だがしかし」に曰く、先生の価値観として「このくらいの年頃には、異性って謎だ」

 今作、ある意味「大人になる話」なのなー

第16話
ナズナちゃん、めんどくさいから丸投げする

よふかしのうた 2巻 感想 00044
よふかしのうた 2巻 感想 00045
よふかしのうた 2巻 感想 00046
よふかしのうた 2巻 感想 00047
よふかしのうた 2巻 感想 00048
よふかしのうた 2巻 感想 00049

 おっとド正論!! 歴史的ド正論!?

第16話「会社の飲み会 これが良くない」
 だがコウ、即堕ち2コマでナズナちゃん代役に
 ナズナ、考えがあっての事か
 いや無いな!!
 無い!!

 サブタイ通り、飲み会で疲弊

 社会人2年生、白河清澄24歳
 その名の通り超真面目

 アレだ真面目だからため込むタイプ

 冒頭、思考がもう辛い…!!

第17話
代打、夜守コウ14歳。働く理由を尋ねられ

よふかしのうた 2巻 感想 00050
よふかしのうた 2巻 感想 00051

 清澄は、コウに「共感できる」経験があった

第17話「あんたにはよふかししてもらう」
 コウが働く理由、つまり“よふかしする”理由は
 前巻、夜という自由さを知ったから
 前巻冒頭のアレね!!

 彼女もそうだった、と

 読者が、前巻「そうだ」と思ったように
 彼女も同じ経験をしてた

 すっかり忘れてた

 でも、弱り切った時「思い出したら」辛いよねえ…

思い出した。夜は自由だった
電話が来た。深夜二時なのに出社しろときた!!

よふかしのうた 2巻 感想 00052
よふかしのうた 2巻 感想 00053
よふかしのうた 2巻 感想 00054
よふかしのうた 2巻 感想 00055

ナズナちゃんに頼みがある この人を… 会社に行かせるな!!(コウ』

方法が雑ー!!
 つまんないと思えば、学校を放り出せるコウの姿
 清澄さんだって、昔はそうだった事
 今はそうじゃない事

 泣くわ!! こんな「今」泣くわ!!

 それでも、会社に呼ばれたら泣きやんだ
 ホント真面目なんだな…

 すぐ現実に戻れてしまう人

 それは普通「長所」だと思うけど!!

第18話
だが清澄さん、“大人だから”会社に戻ると言う

よふかしのうた 2巻 感想 00056
よふかしのうた 2巻 感想 00057
よふかしのうた 2巻 感想 00058
よふかしのうた 2巻 感想 00059
よふかしのうた 2巻 感想 00060

 対しコウ、“まともじゃないのは会社もだ”

第18話「楽しい方がいいよ」
 いやごもっとも。社会人ってホント難しいね…
 まともな大人は、“嫌な事”してでも働く
 たとえ会社が異常だろうと
 が

 どっちも異常なら楽しい方がいい

 そう割り切れたら、選べたら
 楽になれるんでしょうか

 もちろんコウが子供だから言える事

 ただ「間違いだ」と胸を張れるほど、現実が楽じゃないから困りもの

コウに勧められ、“10年越しに”車道の真ん中へ
楽しい、と今でも思えた

よふかしのうた 2巻 感想 00061
よふかしのうた 2巻 感想 00062
よふかしのうた 2巻 感想 00063
よふかしのうた 2巻 感想 00064

 あらまあコウ君、大胆な事を…

清澄さんとの約束
 結局、清澄さんは“大人”へと戻っていきますが
 際し、コウが吸血鬼になったら眷属にする
 と約束

 人間を辞める、という“希望”を贈った

 よく「死んだ気になれば」と言いますが
 同じ事なのね

 残機100のワリオは、残機1より大胆になれる

 コウにも「目的」が増えたか
 
不思議な充足感
出会いは、“新しい出会い”をコウに期待させた

よふかしのうた 2巻 感想 00065

 急に新キャラ顔見せする感じで次巻へ続く!!

出会い楽しよふかし
 コウは元々、人間関係に疲れ切った子でした
 だから、“次の出会いに期待する”のは
 大きな転機と言うべきか

 出会いは楽しい

 そう思えるようになっていけば
 コウも「昼」に戻るのか

 まあ夜でも出会えますから、このままかも…?

 次巻、この面子じゃない新キャラ…?

収録

よふかしのうた 2巻 感想 00066
よふかしのうた 2巻 感想 00067





 巻末はメイン3人の設定画収録

 そしてあとがき、深夜のテンションである…!!

2020年2月
 少年サンデーコミックス「よふかしのうた 2巻」。
 コトヤマ。週刊少年サンデー連載、小学館発行
 2020年2月(前巻2019年11月)

よふかしのうた 2巻
 第9話「なんのつもりだ七草ナズナ」
 第10話「せまくない?」
 第11話「需要と供給」
 第12話「そりゃ困ったやつですね」
 第13話「休憩できるお店」
 第14話「天才陽キャかな?」
 第15話「ここが労宮というツボです」
 第16話「会社の飲み会 これが良くない」
 第17話「あんたにはよふかししてもらう」
 第18話「楽しい方がいいよ」
 あとがき&設定資料集
 だがしかし 感想
 これまでの感想

※トップに戻る


 だがしかし 1巻
 だがしかし 2巻
 だがしかし 3巻
 だがしかし 4巻
 だがしかし 5巻
 だがしかし 6巻“花火大会”
 だがしかし 7巻“お姉さんと終わりを始めよう?”
 だがしかし 8巻“変わる為の変わらない日常”
 だがしかし 9巻“デートかな?”年越し家族とユーチューバー
 だがしかし 10巻“期日は決まった”ほたるさんの恋バナ
 だがしかし 11巻“異性とは謎である”【最終回】

よふかしのうた 感想

 よふかしのうた 1巻“人の血は夜が一番うまい”
 よふかしのうた 2巻“会社の飲み会がいけない”
 よふかしのうた 3巻“コウとナズナの仲間達”

※トップに戻る