公式サイト 漫画版 白魔法師は支援職ではありません※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です@comic 1巻 感想 原作未読
 漫画:影崎由那 原作:マグム レビュー 考察 ネタバレ 画像
 これまでの感想はこちら
誰もが魔法適性を持つ世界
冒険者に不向きな適性、白魔法師ノエルの物語!

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00055
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00054
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00033

作画から作者買い、KADOKAWAでの執筆が長く
 その縁か、同社を独立された方の会社から
 本好き、オーフェン再販など
 TOブックスから刊行か

 第2話ラスト、アオイ最高ですね!

“漫画版 魔女の家 エレンの日記”も作画
 碧海など寡黙ヒロインを手掛けてきた影崎先生
 今回も、ギャップが最高ですね…
 戦闘描写も流石!

 冒険者に資格、倫理を求める世界観も面白い

 読書魔のルセンさんもいいなあ!

白魔法師は支援職ではありません※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です@comic 1巻 感想


※話数 正式サブタイありません便宜名です

・第1話「冒険者になる為に」
  …“外れ適性”に、恩人たちの反応は
・第2話「武器が欲しい!」
  …本作の“ダンジョンと魔物”とは
・第3話「変異種」
  …冒険者に求められる在り方

・書きおろし小説
  …IF もしもノエルが緑魔法師だったら
・描きおろし 4コマ
  …フェルノさんの悩み、アオイさんの睨み
・あとがき
  …原作&影崎先生コメント
・たちあがれ! オークさん 感想
  …漫画版 魔女の家 エレンの日記 感想
・これまでの感想

あらすじ
冒頭は、“ノエルが真価を発揮した”場面から

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00001
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00002

 黒いミノタウロス、“変異種”との交戦

あらすじ
 故郷を失い、冒険者“深夜の狼”に助けられた少年
 ノエルは、冒険者を志したものの
 適性が戦闘に不向きだった

 だが、周囲の勧めもあり日々鍛錬

 知識と肉体を鍛え抜いた彼は
 冒険者養成校で、4人の仲間と組む

 また図書館で、“決して壊れない本”と契約

 本で殴る攻撃職となり、学校で頭角を現していく

第1話
この世界には、五つの“適正職”が存在する

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00003
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00006
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00007

 主人公ノエルは、“ハズレ職”だった

第1話「冒険者になる為に」
 五つの職があり、普通は一人2つの適性がある
 ノエルは、外れ職だけしか適性がない!
 最悪の「ハズレ」

 おかげで孤児院でもハブられる始末

 冒頭、年上冒険者との微笑ましいシーンも
 地獄へ落とす前振りか!

 戦士職も含め、皆が魔法師な世界なのね

 説明でメインキャラを描いている…!

冒険者になれない“適性”
戻ってきた恩人達に、その事を話したところ

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00008
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00009
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00010
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00011

 前例がないなら、前例になればいい!

S級冒険者「深夜の狼」
 正直、“先輩”方も見捨てるかと過ぎりましたが
 先輩も、意味深だった孤児院長も
 ノエルの成長を後押し

 院長、心が折れないか見ていたのか

 手を差し伸べるのでなく
 自力で立たなきゃ、と考えていたのか 

 ノエルの魔法量が異常だ、とも演出

 ダイの大冒険を思い出すのう

普通は適性が二つ
適性一つ、それも白魔法師のみは初めて

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00012
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00013
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00014

 治療をかけると、逆に水芸状態に!?

過回復<オーバーヒール>
 過度の回復魔法が起こす、一種の状態異常
 逆に傷が開き、更に回復魔法をかけた場合
 ますます傷が広がるというもの
 
 ノエル君、早くもマホイミを…
 
 魔法量の増加量も異常

 この「二年前」を境にし
 先輩勢は、ひとまず物語からフェードアウト

 正直この立ち位置は死亡、壊滅しそうなもの

 次に会う時、どうなっているんでしょ

更に二年後
ノエルは、孤児院長の勧めで冒険者養成校へ

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00015

『清く! 正しく! 逞しく!』アバン先生が濃い!

冒険者養成校
 ノエル、僅か数か月で魔力が異常増大するも
 ここで2年をショートカット!
 どんだけ怪物に!?

 孤児院の子らは、“そのまま”冒険者に

 まあ現実でも、某少年Youtuberといい
 学校なんて“まどろっこしい”か

 対しノエルは魔力と肉体を鍛錬、本の虫!

 修行パートを駆け抜けた…!

生徒はクラスに50人
はーい、みんな五人一組になってー!!

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00016
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00017
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00018

 こうして「あまりもの」が組み合わさった

アオイ・ヤマト
 皆は、早く“優秀な仲間”と組もうと躍起になり
 結果、自己主張しなかったアオイ
 残留組が仲間に

 が、実はアオイこそエリート家系

 フツーは焦りますものな…
 対し「待ってればいい」とは実にクール

 周囲の実力が解らぬ今、アオイの提案は正解

 皆、“白魔法師”を嫌がらない好漢揃い

 どちゃくそ好スタートじゃないか…

第2話
ノエルが孤児となった訳、“魔物”とは何か?

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00019
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00020
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00021
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00022

 家族は、“ダンジョンの氾濫”で皆殺しに…

第2話「武器が欲しい!」
 際し、ノエルを救ってくれたのが「深夜の狼」
 また魔物は、“ダンジョンで生まれる”物と
 外にいるもの2種がいると

 魔法は、魔物に対抗する力

 と、仲間でも土属性・戦士職テツ
 意気投合が早い!

 トレーニング大好き仲間!

 仕上がってるよ!仕上がってる! 筋肉こそ人生を豊かにするパワー!

ダンジョンとは何か?
生徒も、モンスター討伐の実践訓練!

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00023
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00024
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00025
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00026
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00027

 一人だけ、ズッコけてないアオイ可愛い

ダンジョンとは何か?
 本作の迷宮は、核ある限り成長して魔物を生む
 その為、魔物が「氾濫する」ケースがあり
 ノエルの村も犠牲者だと

 実戦は順調も、武器がなく後ろめたい

 ああ、ノエルは孤児院出身で金がないから…
 地道に回収作業するのが真面目!

 仲間も「戦えなくて当然」と、清々しいほど割り切ってらっしゃる…

 彼らが優秀で、余裕があるのもデカいのね
 
院長の薫陶で、勉強が大好きなノエル君
図書館の主に気に入られたものの

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00028
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00029
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00030
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00031
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00032

 そこで手にしたのが「壊れない本」

おーい!
 どうもノエルに呼応し、“魔導書ホワイト”が出現
 たまたま、魔力を使ってしまった為
 魔導書と紐づけに

 おめでとう! 魔導書と一蓮托生!

 ホワイト、白魔法師に呼応したなら
 他色もあるのかしら

 現段階の効果は「魔法補助」「魔力貯蔵」

 いずれ、呪文も浮かび上がるのか?

最大の効果は「不壊属性」
そこで、ノエルが思いついた使い道こそ

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00033
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00100
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00034
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00035

 そりゃもうアオイも大爆笑だったと…!

ブーメランノエル
 何この笑顔、尊い…。尊いとしか言えない…
 普段、どんよりした空気の子だけに
 ギャップが凄まじい
 
 やっぱりすげえよ影崎先生は!

 本が備えた、“手元に戻す”効果を利用し
 投擲武器として採用

 今こそ、鍛え抜かれた腕力が役だった訳か!

 魔物の死亡描写、何気にグロいわー

第3話
そして冒頭へ、“変異種”ミノタウロスとの交戦!

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00036
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00037
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00038
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00039
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00040

 魔力切れに陥るアオイ、本当に辛そう…

第3話「変異種」
 原因は、入試でモメた少年に突き落とされた為!
 迷宮内の難所、ボス部屋に落とされた上
 運悪く「本来より凶悪」

 曰く“変異種”ミノタウロスと交戦へ

 いくら攻撃しても自動回復され
 あちらの攻撃、一発当たればアウトの無理ゲー!

 なのに身を捨てて庇ったテツも男だ!

 アオイの水刃連発も、“連続で放ってる”と感じさせる作画が巧み 

回復しようにも、また“過回復”を起こすノエル
詰んでしまったと絶望するも

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00041
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00042
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00043

 横取りなんて考えない、これがベテランか

過回復<オーバーヒール>
 逆転はやはり、“過回復”へと相手を陥らせた
 強い回復魔法は、過回復という状態にし
 回復が、傷を開く“状態異常”に

 強力な自動回復で自滅させた

 自動回復は、ゲームボスによくある仕様も
 今回では棚ぼた的な勝利らしい

 回復魔法で過回復にし、更に回復をかけて殺す!

 完全にマホイミ攻撃魔法ですやん!

自身も“過回復”で帰れない
魔石を差し出し、仲間を運んでくれと頼むも

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00044
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00045
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00046

 空気を読むベテラン、イチャイチャしおって!

落下事件の真相
 彼は元々、生徒回収を請け負っていた冒険者で
 今、ノエルから報酬を受けたら二重になる
 曰く、“冒険者としての信用問題だ”
 と報酬を固辞

 対し犯人は、宝横取りを図ったと判明

 ちょうど、ベテランとレオが対なんですね
 人命を預かる仕事に“無責任”は厳禁

 本作の冒険者は、“信用と責任”こそルール

 また明確な「資格」が存在するのか 

本作では、“冒険者は命を左右する仕事”と自制し
責任、信用を重んじる

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00047
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00048
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00049

 まさに「断」。漫画ならではの真っ二つ…!

二巻に続く!
 どうも本作は、“冒険者の信用”を重視した社会
 資格制、冒険者自身で「質」を高める事で
 社会的信用を得てるのね

 無頼漢でなく、命を預かる専門家

 対し、レオや孤児院の子供らは
 認識が甘いのだと

 義務教育がない世界だと思えば納得

 アオイの実家「冒険者の名門」があるのも頷けるワケか

書きおろし小説
IF もしもノエルが緑魔法師だったら

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00004
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00005

 なお挿絵はありません

描きおろし小説
 緑魔法師で入学し、黒ミノタウロスと戦うお話
 というか、原作だと一人称「俺」なのね
 だいぶイメージ違うな!

 漫画版の改変具合も感じる“原作”

 むしろ、この変化を許した作家さん
 編集さんの手腕も光る

 漫画版、“僕”口調に違和感ないキャラですし

 とまれ緑魔法師なら「ちゃんとした適性」なので、細部がかなり変化していました

コミカライズ担当側の描きおろし
3ページも入ってた!

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00051
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00052

 殺る気あふれるステキ笑顔

描きおろし 4コマ
 ここで、レオパーティーのフェルノ視点とは!
 目の付け所も面白いというか
 不憫さがすごい

 この不憫さがすごい!

 が、それだけに留まらないとか
 不幸がなるほど二段構え

 やだもー次巻も楽しみ~

 彼女も図書館属性だったか…

収録

白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00050
白魔法師は支援職ではありません 1巻 感想 00053

 原作、作画、両方のコメントとは贅沢!

 TOコミックス「白魔法師は支援職ではありません※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です@comic 1巻」。
 ニコニコ静画連載、TOブックス発行。
 2020年2月発売(前巻発売)

白魔法師は支援職ではありません※支援もできて、本(ぶつり)で殴る攻撃職です@comic 1巻
※話数 正式サブタイありません便宜名です

・第1話「冒険者になる為に」
  …“外れ適性”に、恩人たちの反応は
・第2話「武器が欲しい!」
  …本作の“ダンジョンと魔物”とは
・第3話「変異種」
  …冒険者に求められる在り方

・書きおろし小説
  …IF もしもノエルが緑魔法師だったら
・描きおろし 4コマ
  …フェルノさんの悩み、アオイさんの睨み
・あとがき
  …原作&影崎先生コメント
・たちあがれ! オークさん 感想
  …漫画版 魔女の家 エレンの日記 感想
・これまでの感想

※トップに戻る

たちあがれ! オークさん 感想

 たちあがれ! オークさん 1巻“ブラック企業でも 黒さの方向が違う”
 たちあがれ! オークさん 2巻“勃起不全だ! オークさん”
 たちあがれ! オークさん 3巻“不死者だけど 心にちんち○があれば関係ないよねっ!”
 たちあがれ! オークさん 4巻【最終回】“異種姦闘戦”大団円だオークさん!

漫画版 魔女の家 エレンの日記 感想

 漫画版 魔女の家 エレンの日記 1巻“不幸な少女は幸福な魔女に”
 漫画版 魔女の家 エレンの日記 2巻“最終回”病気を治す魔法をあげる





 白魔法師は支援職では 1巻“彼が物理で殴る訳”

※トップに戻る