記事下部はこちら
MSVを経て、第08小隊に登場したオーパーツ!
単独飛行を実現したバリエーション機

EQEViViUUAEuA0P





 初代ガンダム同時期を描くOVAに登場

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 型式MS-07H8は、末尾が改良回数を示すとされ
 大戦期、移動に苦慮したジオンが
 改良の末に辿り着いたMS

 アプサラスIIIを護衛した空戦機!

 ドムのホバーも移動が主眼
 戦後はホバー移動、補助メカが一般化します

 本H8型は飛べたものの、結局短時間のみ

 連邦軍も戦後「バイアラン」でMSの単独飛行へと挑戦、後にガンダムUCでも活躍しました

 立体的な戦闘の脅威、圧巻でしたね!

初代MSVでは「開発中断」
後日Zガンダムでは、連邦軍が少数量産した

00000
00000

 Zガンダムでは、"飛行できない"改良機が登場

MS-07H グフ飛行試験型
 グフはラジエータ(放熱器)が強化されており
 高出力かつ、ザクより軽量に作れた為
 装甲と武装に費やしました

 軍は着眼し、軽量さを活かした空戦機

 が結局、H4型が試験飛行中に爆発し
 開発は中断されました

 連邦はその資料から、ホバー機として実戦配備

 対しH8型は、"飛べるけど短時間のみ"

「目的だった」長距離移動が出来ない、手段と目的が逆転したMSとして完成してしまいました

※トップに戻る

これまでの記事













※トップに戻る