公式 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST ダスト 2巻 感想 再読
 長谷川裕一 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレ
 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
連邦地球至上主義組織、“キュクロープス”参戦!
効率を謳う「名もなき幽霊」の真意は

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_3283

百合姫カグヤ様と、連邦内組織“キュクロープス”巻!!
 他人を信じる事は、恩人相手だろうと難しい
 まして、“変わり果てた”と思えても
 信じたアッシュが男だ!
 
 伝統、前作主人公から“二つの道”の問い

「理性」のフォント
 現状に留まるか、共に真実を追うかという問いも
 信じきれず、共に行く事は選べなくても
 信じるから背を預けられた!

 前主人公、フォントは“変わり果てた”のか?

 読者にも問いかける巻だった!
 

クロスボーンガンダム ダスト 2巻 感想


・第5話「連邦軍襲撃作戦」
  …無敗の傭兵カグヤ・シラトリの依頼
・第6話「一つ目巨人-キュクロープス-」
  …姿を見せた“連邦軍”部隊
・第7話「蛍火」
  …名もなき「幽霊」
・第8話「その問いはまだ早すぎる」
  …シリーズ伝統「二つの道」
  …マーメイドさん登場回

メカニック解説
・クレイン
  …カグヤ駆る「元サウザンド・カスタム」
・母艦エスカル
  …アッシュ達の「元タイヤ艦」
・この時代のMSについて
  …MSコンテスト「ゲーム」部門より
・U.C.0169 これまでの感想

・U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想

・U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想

・U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

あらすじ
月下の白鶴カグヤ・シラトリ編、そして

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00002

 思えば本機の出自、4巻への前振り

あらすじ
 U.C.0169年、カグヤ・シラトリの依頼を受けて
 連邦が運ぶ2000人の女、人身売買阻止へと
 無敵運送は首を突っ込んでしまう

 幸い、戦闘はほぼ勝利に終わった

 だが、アッシュの恩人が“幽霊”を名乗り
 連邦の指揮官を救出

 連邦キュクロープス隊、アーノルドは脱出

 また「女」は全員10歳以下で、どこへ逃がせば良いのかアッシュは途方に暮れる。

第5話
無敗の傭兵から、“ケンカの助っ人”を頼み事

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00004
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00005
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00006
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00007
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00008

 敵は“地球連邦軍”、確かにそりゃ厄介だ!

第5話「連邦軍襲撃作戦」
 前巻で腕試ししてきた女、“月下の白鶴”との邂逅
 連邦部隊が、人身売買を謀っている為
 阻止を手伝えという

 モットーは「好きなように生きる」

 メインの一人、カグヤ・シラトリ編にして
 後に「農業王」とも繋ぐ一遍

 いやこの章で、メインキャラが繋がるのね

 連邦の現状も描く「世界を描く」章!

無論、社員は反対した。愚連隊だろうが連邦だ!
ただ、アッシュが決断した一因は…

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00010
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00012
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00013
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00016
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00020

 レオのおっぱいに目を留めるカグヤ

夢へのきざはし
 まさか直球だとは…! ともあれアッシュは受諾
 あくまで「輸送任務だ」と建前を付ける
 世渡り上手なのか下手なのか
 下手だよね!

 彼、レオが“やりたそう”だったから

 酷い事件は「現在」の象徴
 反攻は、レオの夢“世界を変える”手掛かり

 まあアッシュは、“2000人の美女”にもっこりと…

 この頃は「モテない三枚目」って感じですわ

翌日、カグヤの可変機「クレイン」が着艦
その言動にアッシュは疑いを持つ

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00022
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00025
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00026
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00027
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00028

 おーっとアッシュ選手、ちっぱいを揉んだァ!

カグヤの勧誘
 おまわりさんコイツです! と呼ぶ間もなく成敗
 いやまあ、今から「お巡りさん」こと
 軍にケンカを売るのですが

 一匹狼カグヤ、レオを勧誘

 曰く「グラマーな整備士が欲しい」

 アッシュは、「もしや男では?」と思い
 と握って確かめたんですね

 服に手を突っ込み、直接確かめる勇気!

 こいつ直接 服内に…!

暴走したカグヤは、レオを誘拐して脱走
連邦軍に発見されてしまった!

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00029
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00030
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00031
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00032
IMG_3294

 しかもMSがエンストだ!

カグヤ・シラトリ(28)
 女好きな彼女は、男への免疫というものがなく
 暴走し、連邦軍に発見されてしまうも
 レオに叱咤され正気に

 本人は正気、機体は停止!

 本当ダメだな月下の白レズ!
 この機体、元は“サーカス”のバイラリナ

 木星MSゆえ、試作機ながら整備性は抜群なもの

 とはいえ、10年も場当たり修理じゃなあ

手練の傭兵が5機! 後ろには連邦!!
アッシュはたった1機で…!?

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00033
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00034

 ミラーを割り、奇襲したアンカー!

やるしかねえか!
 元々アッシュは、世直しなんて考えていない
 でも、困ってる奴を見過ごせない上
 レオは“世界”を変えたい

 無力で勇敢なレオをほっておけない

 連鎖的に、“世界を変える”潮流へ!

 レオにとって「何かが動き出す」
 彼女に予想外の方向へ

 争い嫌いで、平和を望むレオ

 でも“争う方向”にこそ、平和があるって事か

第6話
敵は“手練”、アッシュも手を焼くのが5人!

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00035
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00036
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00037

 なおカグヤ、おっぱいに満更でもないとの事

第6話「一つ目巨人-キュクロープス-」
 傭兵団“ブレイカーズ”は、むしろアッシュに近い
 あくまで、日銭を稼ぐ仕事であり
 荷物は「知らない」

 敵であって敵じゃない

 子供さえ、安全に預けられる場所もなく
 抱いたままMS戦する時代

 なんとなくラピュタっぽい

 停止したクレイン、レオは懸命に修理を試みますが…

隙はないか? 焦りを隠せぬアッシュ
だがそれは「敵」も同じだった

IMG_3292
IMG_3293

 ラルのマスクを被ってジェットストリーム!

伝説を我が身に借りて!
 待って色々混ざってる?! これは“古の英雄”
 前巻、ガンダムが伝説化したように
 様々な英雄も神格化

 他所ではシャアのマスクもあるとか

 ラルなのに、三連星の技を使ったり
 逸話の混乱がひどい!

 ラルなら自爆でしょ!

 とまれ「彼らも焦った」のね!

アッシュ『ありがとうよ…、一直線に並んでくれてなあっ!

IMG_3291
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00038
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00039

 なおカグヤ、事態収拾で残念がったという

アンカーの奥の手
 曰くヒート・セラミック弾、貫通力が高い“火箸”
 ブレイカーズ、神頼みで陣形を崩し
 自爆しちゃった訳ですわ

 MSを3機、優に貫く貫通力!

 ただ「これは警告だ」とアッシュが言えば
 理解するのもブレイカーズ

 傭兵同士、解りあう瞬間

 大切なのは金でなく命、価値観が同じだから解りあえるんですね

対し「軍人」の価値観
戦闘中断した彼らは、連邦に砲火を浴びる

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00040
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00041
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00042

 現代の“連邦試作機”、ボルケーノ!

一つ目のアーノルド
 彼らは連邦の部隊、Zでのティターンズを継承し
 神話になぞらえた「巨人の末裔」組織
 キュクロープスと命名

 アーノルドの口癖は「効率」

 効率の為なら、命も平気で切り捨てる様は
 命最優先の傭兵と好対か

 その日暮らしの傭兵と、平和の大義を謳う軍人

 いつの時代も水と油だねえ!

アーノルドの人質作戦
彼の命令は、“荷物”が多少死んでも遂行できる

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00043
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00044
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00045

 なお「友達が少ないから」は本気だった

連邦士官アーノルド
 キュクロープス隊は、元々1200人が目的であり
 今回、2000人も捕らえたのは「予備」
 その「予備」を人質に

 人質を取られ、アッシュ達は行動不能

 殺しても、アーノルドに損はない

 クソみたいなやり口ではあるも
 まさに「効率」

 全てが欠乏した「ギリギリの時代」の象徴か

 10の為に1を切り捨てる

 在り方自体は、この登場以来も変わっていないんですね

事態を変えた一動作
カグヤは気付く、クレインが直っている!?

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00102

)カグヤ・シラトリ
 先に 船のエンジンを止めただけじゃ

 おぬしに逃げられぬようにな…っ


 女を665人――殺すと言ったか?



 やってみろ!

 わらわの前で そんなことができればじゃがなっ!


クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00046
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00047

 原型機と逆構造で、MS形態へと戻るクレイン!

月下の白鶴
 土壇場で、レオの修理が功を奏してたと判明し
 カグヤ、まずアーノルドを逃がすまいと攻撃
 万全を期す姿勢!

 クレインvs“キュクロープス”隊!

 部隊名の通りモノアイで統一
 これは、多様な年代のMSを一元化する機構

 名は隊を表す!

 ただ、サイクロプス隊と被るのは否めませんな…!

第7話
現代の試作、量産機! 連邦軍最新鋭モビルスーツ!!

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00048
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00049
IMG_3286
IMG_3287

 砲撃戦機ボルケーノ、近接では手も足も出ず

第7話「蛍火」
 もっとも、カグヤ駆る“バイラリナ”も砲撃特化機
 本来、近接戦は専門外のハズですから
 彼女の異質さが際立つ…!

 レオを口説く余裕もある!

 また、護衛はアッシマー再設計機で
 当時としては最新量産MS

 つくづく卓抜した腕のカグヤ

 もっとも、最新でもビームもまともに使えない「技術後退世代」相当ですが

苦境のアーノルド
彼の「効率」は、今度は傭兵達へ牙を剥く!

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00050
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00050-
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00051
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00052

 肩のミサイルを切り裂かれ、自滅!

アーノルドの効率
 咄嗟に、女達のコンテナと傷ついた傭兵団を撃ち
 隙を作って離脱を図ったアーノルド
 が、攻撃は阻止

 2巻にして“ファントム”再び…!

 旧作では、最終戦で銀コーティングでしたが
 決戦で剥がれてしまいました

 またビーム・ローターを装備

 技術後退、プロペラ戦闘機みたいですね

完全に勝機を失ったキュクロープス
カグヤ、今度こそ止めを図るが

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00053

)アーノルド
 効率よく出世するためだっ!

 “力”を手に入れるためだ! 必要があったのだっ!


 なぜなら!
 それを使って
 どうしてもやらねばならぬことがあるからだ

 私はっ!


 私は…
 私の望む!

 新しい“世界”をっ


クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00054
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00055
IMG_3283

おれに名はない―― だから“ゴースト”だ 今は――それでいい!(フォント・ボー』

犠牲を出してでも
 アーノルドは、典型的な小悪党タイプの人物も
 行動は、決して私利私欲ではなく
 世界を正したいゆえ

 世界を正す為、手を汚す覚悟!

 以前、フォントも似た思想でしたから
 共感する部分があったか

 フォントにすれば昔の己を見る思いも?

 意外や、物語の柱の一人なんですよね

第8話
再び暴走したアッシュ! 彼はいまだに“怖い”のだ

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00056
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00057
IMG_3282



 ゴースト3巻~4巻で助けた少年がアッシュ

第8話「その問いはまだ早すぎる」
 小さな子供が、ギロチン台にかけられた恐怖!
 また、大暴れした“燃えるMS”もまた
 彼のトラウマに

 アッシュ、理性で心を乗りこなせ!

 奇しくも、フォントが悩んだ理性と感情
 その逆パターンなんですね

 理性のフォント、感情のアッシュ

 必死に感情を抑える!

敢えて、当時の台詞で呼びかけたフォント
だがアッシュの恐怖は倍増しに!

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00058
IMG_3280

期待外れだったようだ 自分の“恐怖”すら乗り越えられないとはなっ!(フォント』

ファントムvsアンカー
 作中、圧倒的パワーを誇ったアンカーを翻弄!
 ましてや、18mの「標準」級MSと
 15mの小型ゆえ鮮烈

 子供が大人を圧倒する構図!

 実際、中のフォントは“子供”であり
 肉体年齢はアッシュが上

 ますます怖い!

 これはアッシュがビビるのも仕方ねー!

『周りを見ろ! アッシュ! そして考えろ! これが今の“世界”のありさまだ!』

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00059

)フォント・ボー
 直す事すらしない!
 できない!


 修理する技術も
 経済的な体力も

 長い戦乱で失ったからだ!


 早急に秩序を回復しなければならない!
 
 そのために…


クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00059-

)フォント・ボー
 一度だけ―――問う

 きみのとるべき道は二つある


 ひとつは 何も聞かずに おれと共に来ること!

 そして もうひとつは ここに
 残ることだ


IMG_3278
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00060

 クロスボーンの伝統、“前作主人公の問い”

とるべき道は二つある
 旧二作では、勇気を出して新しい世界へ発つ
 共に行く事こそが「正解」でした
 正解だったハズです
 
 対し今回、アッシュは信じきれない

 皮肉な話で、本来ならアッシュは尊敬し
 既に信頼関係を築いてる

 旧作と違い、充分な信頼を築いている

 でも「だから」行けないのね

フォントは「効率よく」やりたいという
目標は“百年戦争をしない国”

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00061
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00062



 ゴースト3巻、名もない諜報員の夢を継ぐ

勇気の背中
 フォントの“夢”は、犠牲を出さない決意の産物!
 彼は旧作、幾人もの犠牲者を見て
 死の悲しみを知った

 露悪的に振舞うも、根っこは変わらない

 今回、アッシュはフォントを信じ抜いた
 自分の憧れを信じ抜いた!

 それが“正解”、アッシュってすげえ男ですわ

 憧れを信じ抜くって、難しい事だから

フォントを信じ、敢えて背を向けたアッシュ
フォントは彼に発砲、撤退する

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00063
IMG_3276

 この事件、フォントはアーノルドの信頼を得る

今はいい
 フォントの目的は、アッシュの協力を得る事
 結局、それは果たせなかったものの
 アーノルドと邂逅

 巨大組織、連邦の足掛かり

 珍しい「共に行かない」決断でしたが
 イレギュラーさが清々しい!

 この件で、フォントは“連邦の味方”とアピール

 その為、露悪的だったのね

当初の目的通り
後は、2000人の美女を助ける事なのですが…

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00064
IMG_3275
クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00065

ま 10歳以下限定なわけじゃが…(カグヤ』

次巻へ続く
 実は子供とは、強化人間用モルモットだったと
 カグヤ、そしてティターンズと縁深い
 納得の事件だったワケ!

 しかも親元に戻すのも無理!

 親たちも、保護出来たら苦労はない
 連邦から保護できる場所!

 難題を押し付けてターンエンド!

 この2000人も、後々どうなるのかしら

■メカニック解説
 カグヤの“ガンダムマスク”機・クレイン

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00066



 旧サーカス機「バイラリナ」が原型

クレイン
 解説通り、中古フレームだけがオリジナル品で
 故に、出自の違うザンスカール系の眼を搭載
 脚部に至っては組み間違え!

 開発主眼、ヴェスバーが不調に

 ヴェスバーの為、機能を削ぎ落としたMSで
 本末転倒もいいところ 

 思えばカグヤは、かなりのハンデ戦なのかも

 また本機の出自、思えば前振りだったか

母艦エスカル
クロスボーン第一作期の艦橋を流用

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00067

 この艦も、何げに原型艦不明という

母艦エスカル
 今巻、ビームを弾いて役立った母艦エスカル号
 設定上、ザンスカールのタイヤながら
 飛行でなく収容スペースに

 本艦が一番ハイテクとかいう

 とにかく頑丈なのが売りで
 実際、アッシュが子供の頃に作られ今も健在

 たまに地表に居ますが、走れるんでしょうか

U.C.0160年代の一般的なMSについて
ガンダムブレイカー発の読者投稿

クロスボーンガンダムDUST 2巻 感想 00068



 後に無敵運送の用心棒となったとか

この時代のMSについて
 大戦期などに破壊され、宇宙を漂っていた残骸
 現在では、新規生産する工業力がなく
 再生MSが主体

 中にはワンオフ機のパーツ

 この事に、MSデータバンク&再生産を行う
 巨大プラントの存在を示唆

 7巻で語られた、首切り王のプラントの事か?

 Gレコ「ヘルメスの薔薇の設計図」の源流にあたるものなのか?

収録




『RE:CREATERS』など放送期に刊行

 角川コミックス・エース『機動戦士クロスボーンガンダム DUST 2巻』長谷川裕一、ガンダムエース連載
 MOBILE SUIT CROSS BORN GUNDMAE DUST、KADOKAWA発行
 2017年4月(前巻2016年12月)。

クロスボーンガンダム ダスト 2巻
 第5話「連邦軍襲撃作戦」
 第6話「一つ目巨人-キュクロープス-」
 第7話「蛍火」
 第8話「その問いはまだ早すぎる」

メカニック解説
 クレイン
 母艦エスカル
 この時代のMSについて 
 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想











 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“総統を討て”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“F91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想







 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想















 ゴースト 1巻“エンジェル・ハイロウに欠けたモノ”
 ゴースト 2巻“エンジェル・コール”
 ゴースト 3巻“ファントム起動”
 ゴースト 4巻(刊行当時)
 ゴースト 4巻“V2ガンダム1/2”
 ゴースト 5巻(刊行当時)
 ゴースト 5巻“ジャブロー陸海空”
 ゴースト 6巻(刊行当時)
 ゴースト 6巻“宇宙細菌の殺しかた”
 ゴースト 7巻(刊行当時)
 ゴースト 7巻“キゾ中将の正体”
 ゴースト 8巻(刊行当時)
 ゴースト 8巻“核vsフォントと蜃気楼鳥”
 ゴースト 9巻(刊行当時)
 ゴースト 9巻“トビアとキンケドゥ”
 ゴースト 10巻(刊行当時)
 ゴースト10巻“最強最後のサーカス”
 ゴースト 11巻(刊行当時)
 ゴースト 11巻“地球圏の全てを使って”
 ゴースト 12巻【最終回】(刊行当時)
 ゴースト 12巻【最終回】“ゴーストの名は”

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想














 DUST 1巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 1巻“灰とライオン”
 DUST 2巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 2巻“幽霊”と巨人
 クロスボーンDUST 3巻“農業王の憂鬱”
 クロスボーンDUST 4巻 特装版“カグヤの事情”
 クロスボーンDUST 5巻“アッシュは目指す”
 クロスボーンDUST 6巻“首切り王と料理人”
 クロスボーンDUST 7巻“F89”再投火の日
 クロスボーンDUST 8巻“世界の鍵”アンカーV2!
 クロスボーンDUST 9巻“宇宙世紀、終焉の始まり”
 クロスボーンDUST 10巻“ブラン・ファントム”
 クロスボーンDUST 11巻“史上最大の撤退戦”アンカーV3!!

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る