ここ数年はHDD入れ替えてる程度、古い自作PC
追記、Win10への無償アップグレード時
32bitから64bitにしてました

img1



 無償アップデートはまだ継続中

64bitへの移行
 無償用メディアから、64bit化していた事を追記
 上は古い記事ですが、こちらでも検証され
 当時、MS社も問題ないと回答

 クリーンインストールが必須

 公式ツールをDL、64のUSBメディアを作成
 USBから起動しインストール

 これで可能「らしい」

 当方は一度10の32bitにし、更に10の64bit

 上記事を参考にした為ですが、不要だった模様

単にWin10にするだけなら




 公式ツールを落として、クリックしていくだけ
 マイクロソフトアカウントが半強制
 事前に作っておくと楽 

 本当に、ただクリックしていくだけです

64bitにする利点

 色々あるも最大はメモリ

Win10はメモリを大量使用
・32bitは4㎇までしか使えない
・64bitは現状、ほぼ上限なし


アップグレードに、当方で追加必要だったもの

・8㎇以上のUSBメモリ
 現状、32㎇でも850円程度

64bitに移行する場合、事前準備が必須です
光回線でないと時間もかかります

00003
00004

 事前に、ツールで「メディアを作る」のです

64bitへの移行
 1.ツールをダウンロード
 2.メディアを作る
 3.64bitを選ぶ
 4.USBメモリに保存

 5.ツールで“Win10(32bit”へアップデート

 ※この「5」が不要だったらしい

 6.USBメモリを刺して再起動
 7.再起動時、キーボード「F8」連打
 8.USBメモリから起動を選択

 9.インストール画面になったら成功

 10.プロダクトキー認証の後回しを選択
 11.インストール先ドライブをフォーマット
 12.インストール

 13.終了

Cドライブに、何も入ってないSSDを用意
直接インストールでもいけたハズ

 7に戻す気がない為、今回は直接インストール
 でも、よりバックアップを考えるなら
 用意した方が良かったか

プロダクトキーは入力する必要はありません
Win7でのライセンス認証が継続します

00005

 ただしプロダクトキーは新たなものに更新

64bitへの移行
 必要とは思っていたので、良い機会なので挑戦
 事前に、メモリ8㎇を搭載してたので
 性能上は問題なし

 なおコンパネは、左下スタートを右クリック
「ファイル名を指定して」へcontrol

 設定確認は「Windowsの設定」が基本

 念の為、Dドライブはケーブル抜き物理切断

64bit化の完全終了後、ケーブルを再接続

 際し、Dドライブ(HDD)が認識されず
 正直、めちゃくちゃ慌てました

「ディスクの管理」でも見当たらず

 が、2回目の再起動で遅れて認識

 内容はもちろん問題なく、今もトラブルありません

いよいよWindows7も終了です

20191107000152
00000
00002



 色々あるけど、ぶっちゃけスペック不要よね

Windows10へ
 家族向けに、一度10にして辟易しましたが
 ひとまず、かなり改善されていますし
 何より7が期限切れ

 2020年なんて、だいぶ先とは思いましたが

 XPから自作してVistaに7
 家族用に8.1

 現CPUは、もう9年前なんですな

※2011年の記事(外部サイト)

 64コアCPUとか色々と隔世の感があります