公式サイト Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第6話 感想
 原作未プレイ レビュー 考察 画像 ネタバレ
 11日14時 感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
憧れの英雄に喜ぶ藤丸、憧れられ感動する英雄!
眠るように滅んだ街は“冥界”隣り合わせ?

00051
00392
00069
信じて貰えなかった悲劇の英雄、牛若丸=源義経
 己が親しまれ、広く愛されていると知る喜びも
 今、友達と呼んで貰える幸福も
 想像するだけで温かい

 イシュタルは凛を依り代に召喚と確定か!

今ならもう1柱?
 生者に嫉妬する死者も、薄気味悪くも傷ましい
 うっかり連発、不意討ちの礼に照れたり
 ひたすら可愛いな女神!

 ホンットもう、かわいい強盗だ!

 彼女が“代価を欲しがる訳”、神さま的で面白い

Fate/Grand Order Ep7 絶対魔獣戦線バビロニア 第6話 感想


 第6話「天命の粘土板」
 冒頭「女神イシュタル召喚…?」
 Aパート「天命の粘土板、回収命令」
 眠るように消えた町、クタ市
 アナさん、おおはりきり

・童謡になった英雄、牛若丸
 牛若丸の動機、千年の共感
 牛若、藤丸、月下の誓い
 それは女神の犯行です
 イシュタル召喚の経緯、黒髪の訳
 いつだって、星を落とすのはただの人間

・Bパート「冥界に落ちるという事」
 ジウスドゥラが助ける動機
 イシュタルが宝石を奪う訳
 藤丸一行vsイシュタル
 来い! オレが相手だイシュタル!!
 グッドモーニング・初対面
 メソポタミア、金髪の女神
 感想追記

・公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
※Abema配信(外部サイト)

老人は「ジウスドゥラ」を名乗り、粘土板を託す

00280
 要は「ノアの洪水」での、ノアにあたる人物

ジウスドゥラ
 当人でなく、その名を意図的に名乗ったらしいも
 意味は「永遠の生命」「永続する生命」
 ギルガメシュ叙事詩の関係

 ノア同様、シュメール語の大洪水伝説より

 ギルガメシュ叙事詩では「ウトナピシュティム」
 大洪水の生還者、不死。

 エルキドゥ死後、不死を渇望する王は彼に会う

 若返りの草を教えてくれたそうな

※伝説では失くすも、子ギルに若返る元ネタらしい

王が落っことした『天命の粘土板』を回収へ

00305
 神話的に「偽エルキドゥ」絡みっぽい?

あらすじ
 帰還し休養中の牛若丸と、藤丸は友誼を結ぶ
 翌日、藤丸達は住民が謎の急死をした町
 クタ市へ粘土板探しに向かう

 王が未来視を書き記した天命の粘土板

 藤丸は冥界に落ち
 ジウスドゥラを名乗る老人に救われる

 粘土板は確保したが、狙うイシュタルと遭遇

 際し、奇妙な出来事が起こるが無事帰還する

 次回、FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第7話



巫女長『豊穣の主、天の女主人…』

00000
 前回。王と3人、仲良く連れ立ってペルシャ湾へ
 際し、守りが薄しと見た偽エルキドゥが襲来
 英雄王とご対面

 偽エルキドゥはバグを起こし撤退

 文明を育んだ川と、ティアマトを象徴する海
 二つが交わるペルシャ湾

 果たして何が起きているのか?

『我らの苦難を救いたまえ、我らに輝きを与えたまえ…!』

00001
 台座の上は、殺人現場のチョーク跡人型だけ
 詳しい解説が今後あるかもですが
 遠坂凛その人が依り代に

 女神召喚、その「状況」が明らかに!

巫女長『女神イシュタル、我らを魔獣の害よりどうかお救い下さい…!』

00003
00005
00006
00008
00009
救う…、ね? …救ってあげるわ(金髪の女神」

開幕全裸
 三女神同盟、イシュタルはウルクが召喚していた
 どうも、対・魔獣の女神用に呼んだも
 敵に回ったのか

 が、それが“ウルクを救う最善”だから?

 第3話ラスト、3女神は競争中と描かれ
 勝った女神が主導権を握る!

 純粋な害意は「魔獣の女神」だけ…?

 つまりトールハンマーの仕業じゃ!

オープニング、もう一人の女神は「ククルん」

00949
 ジャガーマン(タイガー)の主らしいククルカン
 別名、羽毛ある蛇・ケツァルコアトル
 何故かアステカの神

 何なの蛇つながりなの?

 今なら蛇がもう一匹!

 こっちも、人類を護ってるっぽいし…?

牛若丸『北壁の防衛線で、損耗率は3割…』

00010

)牛若丸
 では、我らは今より戻ります!


)ギルガメッシュ
 たわけ、疲弊した兵など足手まといにしかならぬ!

 今日は休め


00012
00013
00016
 相変らずのレッドアイズ・ホワイト企業

生きた英雄達
 牛若たちは負傷兵後送と、補給要請に戻るも
 王、要請は受けるし休養もとらせる!
 損害も「想定内だ」と

 その対応、どれだけ安心感を与えるか!

 上が動じないという安心感
 なお、頂いたコメントによると牛若丸達は“受肉”

 英霊であり、今は生きた人間

 腹も空くし酒にも酔う

 代わりに、魔力供給の負担がラクなのだと

王『よし、下がれ。次が来た』

00017
 相変らず、テキパキしてるギルガメッシュ王と 
 こちら、ちょこんと頭を下げていく牛若丸
 かわいい。

 なおギル王自身は、“この時代を生きる人間”

「記録」では126年在位し、その終端か

王『思い出したことがあって貴様を呼んだ』

00019

)ギルガメッシュ
 天命の粘土板を回収してこい

 そうだ、昔、我(オレ)が瞑想で見た未来を記したものだ…


00020

)ギル
 あれは我(オレ)が、冥界から戻る折
 クタの町で書き記したものだ


)こないだ東の森を探してたマーリン

 西の森ではなかったワケだ…


00021
 天命の粘土板、登場時のマーリンが探してた物

天命の粘土板
 ギルガメシュ叙事詩、夢で多数の未来予知を
 Fateでは、転じて「千里眼」として採用。
 書き写した記憶がおぼろげで
 内容を覚えていない

 前回ラストの「思いだした」はコレ

 ただ神話にも、元ネタらしき石版が登場し
 魔獣の女神の息子が所持

 曰く“全ての神々の役割、個々人の寿命”が記載

 同名なのは、果たしてどんな意味が…?

マシュ『冥界から戻ってこられる…、というのが実感が持てませんね…』

00022

)ギルガメッシュ

 ふん! 我(オレ)には、冥界も天の神々もないという貴様らの世界の方がよほど奇妙だがな


00024
00026
王命である! クタ市へ行き、粘土板を持ち帰るがいい!!

粘土板回収任務
 問題はクタ市が、あのイシュタル支配圏である
 ジャガー、エルキドゥら神クラスと交戦し
 敗北続きな藤丸一行

 がギルガメッシュ王、特に心配してない様子

 本当、イシュタルへ当たりが厳しいです
 神話的に納得ですが

 まあ、マーリン同行だけで生還は保証モノ!

 相手が美女なら尚更ね!

マーリン『クタ市は、三女神同盟が現れた後、何の前触れもなく消え去った都市だ』

00029

)マーリン
 血痕も争った跡もなし
 市民たちは皆、眠るように息を引き取っていた

 一つの町の全ての人が、だ


 原因は解らないままだ…


00031
 相変らず背景、CG処理のモブが美しい

原因不明
 眠るような死といえば、第3話ラストそのもの
 無関係か、或いはアナがいない為か
 謎の現象扱いに

 第3話曰く“魂が連れて行かれると死ぬ”

 肉体が生きていようとも
 魂が連れ去られると、死亡してしまう

 魂を連れ戻せば目覚めるとも

 エジプトも、同じ考えで死体を保存していました

アナ『その荷物は…?』

00032

)藤丸
 クタに天命の粘土板ってのを探しに行くんだ


)マシュ
 何とお給金は、銀20枚も貰えるのですっ


00037

)アナ
 にじゅうまい…!?

 それだけあれば、大使館を花でいっぱいに!


 すぐ支度します!

 お待ちくださいッ!!


00038
00039
00042
00043
せっかちだねえ~(マーリン」

お父さんは感無量
 と言いつつ綻んでるマーリン、保護者感無量ね!
 第3話では、花屋の店番バイトをしてた為
 その縁でしょうか

 人間が嫌いだと公言するアナ

 彼女が、丸くなっていく姿に
 目を細めてる感が

 多分、“ライダー顔”魔獣の女神問題にも有効…?

 いきなり可愛いなオイ!

牛若丸『旅の任務とは珍しい~』

00044

)牛若丸
 ぜひ、同行したいところですが…


)弁慶
 なりませぬぞ牛若様ッ! 我らは…


00045

)牛若様
 皆まで言うなっ。
 …北壁に戻る身でありますゆえ


)藤丸立香
 そっか…、俺も一緒に旅をしてみたかったな…
 憧れだからさ?

 牛若丸は…


00049
00052
00051
00054
おまたせしましたっ! さぁ! いきましょうっ!!(アナ」

はりきりアナさん!
 と乱入され、話が流れてしまう牛若丸ですが
 そうです、彼女は日本の英霊で?
 藤丸君は日本人!

 九郎判官義経は、いつの世も大人気!

 Fateの世界観上、ありそうで珍しい
 英霊に「憧れる」こと

 にしてもアナちゃん、ちょい落ち着いて!

 出番なかった分かわいい!

話が逸れてしまい、不満顔の牛若様

00056
 義経、静御前もこねくりまわしたくなる可愛さ
 また、“旅が羨ましい”と言いますが
 彼女の逸話は旅だらけ

 旅が好き、楽しかったという想いなのか

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(bys将軍様」
 
夜中、日課の腕立てをしていた藤丸立香

00060
00062
00063
00064
00066
00069
藤丸殿っ! …どうかしましたか?(牛若」

近い近い!
 日課の夜の運動中、親方!! 下から可愛いのが!
 第2話でも、距離感が近かった牛若丸
 藤丸さんも落っこちた!
 落下死!

 死んだッ!第7部完!

 マシュの、セクハラな格好に慣れた彼も
 月までブッ飛ぶこの衝撃…!

「理性」は! まだ死んではいなかった!

 日頃のは慣れか、倦怠期って奴

『お気をつけ下さいっ! いかな英雄豪傑でも、打ちどころが悪ければただでは済みませぬっ』

00072
 とは「弁慶の泣き所」か。上手く歴史ネタに
 危うく落っこちかけた藤丸立香
 人類最後のマスター

 フフ…、藤丸くんも「男の子」なんだなぁ…

牛若丸『…その、昼間の、憧れ、というのを……』

00077

)藤丸立香
 牛若丸の伝説は
 俺の時代でも親しまれていて

 五条大橋の話とか、童謡になったりしているんだ♪


00078

)立香さん

 きょーぉのごーじょおのはーしのうえーっ!

 ……って、よく歌ってた
 真似しながらね?


00082
00083
00084
それほどまで…! なんだか信じられませんっ

牛若丸(童謡)
 初出は尋常小学唱歌、明治44年5月よりの歌で
 実際、牛若丸と弁慶の逸話といえば
 漫画やアニメでも多用
 親しみ深いです

 ONE PIECEでも、ワノ国編で使われたばかり

 また、弱い立場につい味方する心理を
 判官贔屓というように

 日本人の心に住み着いた英雄と申せましょう

 じゃぱーん!

藤丸立香『うそじゃないよ?』

00085

)九郎判官義経
 いえっ!
 疑っているわけではなく…

 親しまれる事などないと思っていたので…


00088

)牛若丸
 私は生涯戦い続けていました

 誰かの力になりたい、助けになりたいとの想いからだったのですが


 そのような考えは誰にも理解されなかった


 だから…、信じられないくらい嬉しいのですっ


00091
00093
 まるで英霊エミヤのよう

まるで夢を見てるみたい
 何かとFate第一作、Snオマージュが多い今章
 牛若は、報われたアーチャーか
 意外な繋がり

 無私だからこそ、疑われ裏切られた

 誰だって「自分の為」に生きる
 度を過ぎた無私無欲は、かえって薄気味悪い

 その彼女が、後年こうも愛されていた

 本当「信じられないくらい」嬉しい

 なにこのチンギス・ハン、可憐…

藤丸『牛若丸の志は、たくさんの人に共感されているよ』

00096

)藤丸立香
 だって、千年も語り継がれているんだものっ♪

 それに、俺にも解るよ
 戦う理由…


)牛若
 え?


00098

)藤丸立香
 自分じゃない誰かが泣いているのは見たくない
 出来るなら、その涙を止めたい…

 って思うから


)牛若丸
 ええ…、ええ!
 そうですともっ! 藤丸殿っ!


00099

)九郎判官義経
 感激です!

 やはり、貴殿は素晴らしい方だ!
 私を理解してくださった!

 兄上以外で…、初めてっ!


00101
00103
00104
00108
00109
00111
 意外! 納得! そうなってるのか!

理解される喜び
 本作の源頼朝は、妹の事を理解していたのだ
 だって、鎌倉幕府を開いた武士の領袖!
 話が解る人だった

 そして牛若丸も、そんな兄を慕ってた

 だから、Fateの義経は腐っていないのね
 非業の死も受け容れてる

 兄が立場的にそうしたと理解してる

 俺の妹がこんなに可愛いわけがないもんな…

藤丸『牛若?』

00114

)牛若丸
 藤丸立香殿、ここで貴殿に誓いましょう

 我が主君は
 あくまでギルガメッシュ王


 ですが一人の武士(もののふ)として、貴殿の帰る場所を護ると…


00115
00117
00121
 本作の牛若は、つくづく「武士」なのね

これから私は武士になる
 基本、死ぬ時までの記憶、全盛期の体で召喚
 人生、色んな荒波を乗り越えた後
 武士とは何か?を見いだし
 亡くなった後なのね

 Zero版のランサーもちょっと髣髴

 北壁を護る、ウルクの守護武人という役割
 藤丸立香への誓い

 矛盾しない一つの誓い

 ここにきて、“マスターとしての資質”なテーマ

立香さん『俺は、牛若丸のマスターじゃない』

00122

)藤丸立香
 だから、友達として誓うよ

 俺も、俺の使命を果たしてみせるって…


00124

)牛若丸(1159年~1189年)
 ともだち…
 素敵な言葉ですねっ

 戦場が違えど、我らの心はここに


00126
00128
 マスターではなく友達として出会った英霊

もう何も恐くない
 誰かを助ける手段として、主に仕える武士となり
 しかし、疑われて終わった彼女は
 武士らしく在りたいのか

 が本作でも史実でも、武士らしくない

 多分、だから生前に失敗してしまった彼女と
 主従でなく友情を結ぶ

 より彼女らしくあれる関係

 嬉しそうです牛若さん

尊敬され、尊敬されてると思ってなかった英雄

00130
 意外な形から繋がり、幸せそうな牛若微笑ましい
 が、立ち位置がどうも危うい中
 この幸せっぷり!

 フラグっぽい! すごく…、フラグっぽい…ッ!!

 Fateシリーズで大切な「月下の誓い」

第2話の、人が出来た衛兵さんに見送られる一行

00134
00138
00140
00141
00147
これは…、ひどい!?(藤丸」

アナだらけの牧場
 翌日、アナの事を覚えてた衛兵さんに見送られ
 早くもクタ市についたかと思いきや。
 穴だらけ!

見渡す限り、ぼこぼこです!(マシュ」

 実は、ここは牧場だったんだそうな
 魔獣の支配領域は北

 こっちは多少は平和なのね

 牧草食わせる為、ウルクから遠征してるのか

牧場主『天災だよ……』

00149

)牧場主
 イシュタル神さ

 今年のイシュタル神はメチャクチャさ!


00151

)牧場主
 魔獣ごとぼーん!


 おかげで土地はこの通り…
 その上、ウチの宝石を根こそぎかっさらって!

『これで勘弁してあげる!』ときたもんだ…


00155
00156
00157
00160
00161
「まるで強盗ですね…」「仮にも神さまが…」

追いはぎ 追いはぐ時 追いはがない
 と呆れる二人ですが、“凛を依り代にした”影響
 そして、それは「良くも悪くも」
 なんですね

 ヒャッハー! さすがあかいあくま

 ウルクにホワイト社長あれば
 野に赤い悪魔あり!

 確かに酷いけど、多分“助けてるだけマシ”

 本来、いちいち助けないでしょうから

マーリン『そうだねえ~、本来の彼女ならそんな事しないだろうからね?』

00165

)マーリン
 魔獣戦線が現れた頃、ウルクの巫女たちは、ある人間の少女にイシュタル神を降ろす儀式をしたらしい。


 それが、あのイシュタルだ


00166

)マーリン
 少女の自我と、女神の自我が溶け合い
 新しい人格になっている

 そもそもメソポタミアの神々は、黄金の髪の毛を有している


 それが黒髪なのは、少女の要素だからだろうね


00167
なんとなく憎めないのは、そのせいなのかな?(藤丸」

神の話で髪の話
 ようやくに語られた、イシュタルが凛である理由
 凛の人格が、めっちゃ多分に影響を与え
 うっかり愉快な女神に

 本来なら、触れただけで殺すほど

 指先一つでダウンな世紀末女神!
 羊飼い如きを救ったのは、お節介な凛の要素か

 凛の方が「日本人が考える女神」っぽい

 強盗なのも凛のせいだけど!

アナ『そうかもしれません』

00171

)アナ
 あのイシュタルは少しだけ…

 人間らしいです


)マーリン
 へえ、珍しいっ!

 人間は嫌いじゃなかったのかい?


00172
00173
あっ…! 人間も女神もどちらも嫌いですっ!!(アナ」

あらーっ
 少なくとも一ヶ月以上、ウルクで過ごしてるアナ
 今や、すっかり人に馴染んで…
 まあ隙だらけ!

マーリンは、もっと嫌いですっ!

 さながら、松本引越しセンターのCMのように
 嫌われてしまうマーリン

 さすが一言多い

 アナさんはちょこちょこと去るぜ!

マーリン『さーあ見えたよ! あれがクタの街だっ』

00178

)Dr.ロマニ
 魔獣の反応も無い

 このエリアに侵入する様子もない


)ダ・ヴィンチちゃん
 まるで、この街を恐れているようだ…

 理由は分からないがね?


00180
00181
00182
00186
おや? 夜明けにはまだ間があるよ(マーリン」

リ~ツカ ノ キンニクコウザ♪
 星を見ていたらしいマーリンと、日課をする藤丸
 冒頭同様、筋トレをしているんですね
 筋肉は君を裏切らない!
 が

でも、君が身体を鍛える意味はあるのかい?

 せっかく、グランドろくでなしがいるんですから
 ろくでなしを学べばいいのに

 これも第1作、士郎を髣髴とさせる“鍛練”か

 とにかく「出来る事を」と

藤丸『俺はただの人間で…、マスターとしても半人前だからさ?』

00190

)藤丸
 せめて身体を鍛えておかないとさ?


)これまでの章も、ずっと藤丸を見てたマーリン
 君は十分よくやっていると思うけど…


00193

)藤丸
 ありがとうっ
 でもそれは、皆のおかげだよ

 皆に助けて貰って、マシュに…、護って貰ってきたから


00196
00197
 そして聞いてしまうマシュさんである

この令呪に報いる為に
 前期エルメロイII世の通り、魔術は理解が難しく
 魔術面は、付け焼刃ではどうにもならない
 単に「適性があるだけ」の素人
 でも 

だからこそ、俺に出来る事は何でもしたいんだっ

 オルガマリー所長も、“マスター適性なし”
 今も所員はたくさん居る

 それでも唯一、素人だけど適性を持っている

「だからこそ」なのね

 自分だけだからこそ何でもしたい! 

藤丸立香『意味のなさそうな事でもねっ』

00198

)マーリン
 そうか、…そうだね
 いつだって…

 星を落とすのはただの人間だよ…


 いや…、昔の話さ


00201
00203
00204
00205
 星を落とす、“途方もない奇跡”を起こすのは

星を落とすのはただの人
 その真意は不明も、なんとなく解る気がします
 マーリンとか、ギルガメッシュとか
 出来る人は無駄をしない
 対し

 意味がないと思えても、やり抜くという事

 無駄をする、凡人にこそ出来る境地
 そんな尊敬か

 何が起こるか、何が役立つか解らないから

 先日ロマニが言った「人間らしく」

※トップに戻る

マーリン『幸い魔獣は入って来ないし、手分けして探すとしよう』

00206

)立香
 フォウ君もいるしね?


)フォウ
 フォウフォーウっ!


)マーリン
 こう見えて、コイツはピンチになったらやる奴だ!


00211
00212
 立香さん後ろうしろー!

クタ捜索作戦
 想いを新たにするも、別行動を強いられるマシュ
 何せ、夜までかかったら余計危ない!
 行動迅速落書無用!
 が
 
えっ…、人影!?(藤丸」

 ヒトカゲがどうしたって?
 フォウ君も、第2話によればキャスパリーグ

 伝説通りなら、エクスカリバーさえ凌ぐ大魔獣!

 そりゃ安全安心と思いきや

ロマニ『あれ?! 藤丸君の観測波が消えた?!』

00215

)Dr.ロマン
 生体反応が感知できない!?


)ダ・ヴィンチ
 どういう事だ!


00218
00221
00224
00225
00227
えっ…、なんだここ?! クタの町じゃない!?(藤丸」

ようこそ冥府 さよなら現世
 古人曰く、一寸先は闇ってな! 文字通りすぎる
 謎の空間、“冥界”に迷い込んでしまう藤丸
 冒頭での会話か!

 クタは、王が冥界から戻った折の地

 冥界に繋がりやすいのか?
 前期エルメロイII世は、大騒動で“妖精郷”と接続

 対し神代は、いきなり冥界!

 今も世の中荒れ放題、ボヤボヤしてると後ろからバッサリだ!

藤丸『フォウくん…?』

00229

)ガルラ霊たち
 生者だ…
 生者が

 何故生者が冥界にいる


00233

)ガルラ霊
 我らは殺された
 尊厳もなく祈りもなくただ打ち捨てられた…

 笑いにきたのか…?

 奪いに来たのか?


00234
00248
00250
00252
温かな息など…、温かな肉など不要!

どれも許されない
 幸いフォウが庇うも、死霊たちにすれば当然
 彼らは生きたかったのだから
 生きてる奴が憎い

 こいつは生きてる、なんて憎らしい!

 宝物をもって、見せびらかしてるに等しく
 捨てろ捨てろの大合唱!

 どことなく指輪物語の塚人っぽい

 冷えよ、手と胸と骨、冷えよ、石の下の眠り!

cv中田譲治『待て!

00261

)第4話の老人
 その者はまだ死してはいない

 連れ去っては、主人の怒りを買おう……

 七つの門を閉じ! 籠槍の番に戻るがいい!!


00264

)老人
 彼らに非はない
 無礼を働いたのはそちらだ

 生きたまま死の国に訪れたのだからな…


)藤丸立香
 え?! えっと…、すみません!


00270
 藤丸の返事に、くすりと笑う老人であった

老人再び
 何せ藤丸、謝った! いきなり殺されかけたのに
 そうか、悪いのは自分だったのか
 と理解した

 すぐ謝った彼、老人は好感を持ったらしい

 神話上、冥界には「女主人」がいる為
 彼らに怒られると忠告

 籠槍の番、つまり“臨戦態勢に戻っとけ”的な?

※籠槍、旅に持っていく携帯用の槍の事

老人『ン? …ふふ』

00272

)先日パンを貰った老人
 だが、そなたには恩が一つある
 不肖の弟子とはいえ、そなたは信念を守った

 時に信仰は命と同義となる


 即ち、命を救うに値する


00274

)藤丸&フォウ
 はぁ…?


)老人
 地上に戻り、魔術師にこう伝えよ。

 冥界は健在なり、と


00278

)藤丸
 ま、待って!
 俺は藤丸立香!

 あなたは?!


)老人
 ふっ…、私の名は『ジウスドゥラ』


00280
 礼儀を大切にする藤丸、気に入られた模様

冥界は健在なり
 しかし恩義とは、もちろん先日のパンの件でなく
 どうも、“彼の弟子の信念を護った”
 そのお礼

 誰かのお師匠さん?

 信仰は時に命含蓄ですね

 彼の弟子は、命懸けの信仰者であり
 藤丸はそれを尊重したと

 他人を尊重する姿勢

 今回で、牛若に見せたものと同じか

『私の名は、ジウスドゥラ』

00281
 声が声で、Fate/Snの綺礼関係かと思いきや
 単に、“同じく信仰の関係者”でこそあるも
 誰かのお師匠様らしい

 弟子を救った藤丸に興味を持ち? 第4話で訪問?

 彼を見るべく、訪れてたのか…?

『先輩! 先輩!?

00283
00285
00293
00297
00299
00300
00305
00306
ところでソレ、君が抱えているのは天命の粘土板では…?(マーリン」

お土産付き
 マシュが泣くほど心配してた姿に、まず謝る藤丸
 マシュは、Aパートラストで決意を新たに
 そしてBパート冒頭で別行動

 もし死んでいたら危うかった!

 今回の件、双方に教訓を残したようで
 無駄にならず何より

 てかお土産付き!

 なんてグランドお師匠様なの!?

『地上と冥界が繋がってる時代って、こういう事なんだね、実感したよ…』

00308

)マシュ
 落ち着きすぎです?!


)マーリン
 ジウスドゥラか…
 或いは、ジウスドゥラの役割に近い何者かだ


 酔狂で名乗る名ではないからね


00310
しかし冥界は健在なりか…(マーリン」

後のザ・マンである
 ジウスドゥラとは、シュメール語版の「ノア」
 大洪水から生還した不死なる者
 相当する「師匠」?

 意味は永遠の生命」「永続する生命

 ノアは950歳で死亡
 また、ウトナピシュティムに弟子はいない

 イスラム教なら「ヌーフ」?

 永遠の命の師匠、ザ・マンと完璧始祖なの…?
 
マーリン『では、僕が千里眼で見たあの三女神の集まりは…?』

00311
 つまり師匠、魔術師=マーリンと知ってたらしい
 この情報で、仮定が確信に至るらしいも
 つまりどういう事?

 オープニングで、女神3柱が対峙してるアレ?

 あの映像をマーリンは見たのか?

ロマニ『大型の魔力反応が急速に接近!

00319

)女神イシュタル
 牧場主に、根掘り葉掘り聞いたそうね!

 女神のオフを調べようとしか
 デリカシーがないにも、程があるんじゃない?


※オフ
 彼女の「休日(オフ」扱いだったらしい


00324

)マーリン
 おや?
 探られて痛い腹があると見える

 宝石強盗がバレて恥ずかしくなったのかい?


00325

)イシュタル
 違うわよ!
 第一私は、金銭目的で人間を襲ったことなんてないんだから!


 魔獣から守った報酬を要求しただけ!


00327

)イシュタル
 タダで助けたら、あなた達、すぐ堕落するじゃない!


)藤丸
 え…? てことはタダでも助けてた?


)イシュタル
 しまった…


00331
 オフだの葉掘りだの、日本人だと隠さない勇気!

ただのうっかりです
 羊飼いだって、危険地域なのに無防備に牧畜
 彼女は、敢えて報酬を奪い取る事で
 頼るリスクを伝えたと

 自助努力が必要だ、と教えた

 ああ、女神が守ってくれるから大丈夫だ…
 と堕落させちゃいけない!

 基本「お人よし」なのね

 でも「葉掘り」ってどういう事だクソッ! クソッ!!

『と、とにかく! あなた達には天罰が必要よッ!!』

00334

)イシュタル
 この私を!

 二度もコケにした罪を償いなさいッ!!


)藤丸
 待ってくれ!
 あなたと戦うつもりは…


00338

)イシュタル
 問答無用!
 その手にあるお宝

 慰謝料代わりに頂戴するわよ!


)マーリン
 やっぱり強盗じゃないかぁ!?


00339

)イシュタル
 容赦なくスカンピンにしてあげるッ!


※素寒貧
 貧乏で何もない、金がないこと

 例「凛が、競馬でスッってすかんぴん」


00342
00352
00353
00355
00357
00362
00368
00370
00373
00375
00379
00385
00386
00392
00394
00395
 迷わずマスターを狙う英霊の鑑!

女神交代
 しかし、“太陽が隠れ始める”と一時的に沈黙
 ただ、まだ完全に沈みきっていない為
 すぐに再起動

 そして動きがうる星やつら!

 と、コメントで言われてその通り!
 脳髄にくる懐かしさ!

 日本人は、心にラムちゃんが住んでいるのね!

 相変らずよく動くだっちゃわいや!

マーリン『ずるいぞー! 地面に降りて、正々堂々と勝負しないか!!』

00403
 てか、こういう台詞がめちゃくちゃ似合います
 マーリン、cv櫻井孝宏氏の芸風!
 お前が言うなボイス!

 完全におそ松兄さん!

再び太陽が戻ると、意識を取り戻す“イシュタル”

00406
 もちろん、日陰にいるかという問題ではなく
 日没によって、人格が停止し
 切り替わるらしい

 でもイシュタル本来にしては奇妙

 神の人格であれば、“容赦がない”ハズで…?

藤丸『イシュタル!

00415

)藤丸
 来い!

 俺が相手だッ!!


00416

)イシュタル
 …………はあ?

 アンタなんかが、この私と戦えると思ってるの?


)藤丸立香さん
 やってみなくちゃあわからないだろッ!


00417

)イシュタル
 …その無謀さは侮辱に値するわよおバカさん!

 いいわよ
 そんなに死にたいなら殺してあげる!


 冥界で身の程を思い知りなさいッ!


00418
00427
00436
00443
00450
00458
00461
00463
00466
00467
あの時のおかえしです!(アナ」

根に持ってた!
 うっかり挑発に乗ったイシュタル、罠により拘束
 なまじ、高い空にいた故に叩き落され
 ダメージ倍増に
 と

空を飛ぶのも、良い事ばかりじゃないなァ…(マーリン」 

 無論、最大の勝因は「人格交代」ですが
 立香は気付いてない様子

 完全に夜になり、イシュタル人格が停止

 いやあ、すごい顔芸だった…

藤丸『あっ、起きた』

00469

)イシュタル(仮)
 あら、もう夜なのね? おはよ♪

 って何よこれ!?


00470

)仮イシュタル
 私ったら縛られてる!?
 ここは何処!?

 あなた誰なの!


00473
00476
00478
教えて欲しいんだ、三女神同盟の事(藤丸」

初対面の女神
 藤丸達は気付きませんが、“初対面”なのだと
 ただ、彼女もバカじゃありませんから
 状況を察します
 で

そういう事…、いいわ。答えられる範囲で答えてあげる

 ただ、やはり「イシュタル人格」にしては
 異常に理知的

 本作でもそうですが、神話中でも大概アレな神!

 また「落日」が条件って事は…?

『ウルクを襲う理由は?』

00480

)イシュタル
 私達は競争してるのよ

 誰がウルクを滅ぼして、ギルガメッシュ王が持つ聖杯を手に入れるか?ってね


 一番最初にウルクの聖杯を手に入れた女神が
 この土地を所有物とする

 これが理由よ、単純でしょ?


00926
 狙ってるのはあくまで「ギルの聖杯」

目的の違い
 藤丸達は、ソロモン王が送った聖杯を探すも
 対し、女神らはギル聖杯が狙いで
 目的が異なる

 第3話ラストの補強、情報共有へ

 ソロモン聖杯を持ってても
 目的外だから、“使ってる”可能性も?

 エルキドゥ、魔獣の女神の子の動力源なのか?

 ギルのは「聖杯伝説の原型となる何か」か

『他の2名の真名は?』

00481
 イシュタル以外、2女神の名前は未だに不明
 ただ、マーリンが前に口に出してた為
 魔獣の女神=ティアマトくさい

 が、何故かライダー顔

 魔獣、ジャガーマン上司、イシュタルで3女神か

イシュタル(仮)『それは言えないわ』

00482

)イシュタル
 私たち3柱は、それぞれ不可侵の戒律があります

 たとえ殺されても言えないわ


)藤丸
 そうか…、なら真名は諦めよう

 友達の秘密を勝手に漏らすようなものだものね?


00484
00487
…良い判断ね? 高潔な人間は好きよ(仮イシュタル」

初対面の女神
 牛若の影響か、友達について強調する立香さん
 立香さん、“初対面のイシュタル”にまで
 気に入られた様子
 曰く

 追加情報、他2女神は聖杯に呼ばれた

1.魔獣の女神が暴れた
2.対策へ、ウルクがイシュタルが召喚

 そして同盟を結び、あとアステカ神話勢がいる…

 ホント、どこからきたアステカ!

イシュタル『私の知るところでは無いわ…、それより夜もふけてきたわよ』

00493

)マーリン
 こりゃ…

 クタ市のご先祖様が、総出で里帰りってとこかな…?


)アナ
 撤退すべきです!
 幸い、目的の粘土板は回収しています!


00495
00499
00500
あなたも逃げて下さい! あなたはウルクの人を守ってくれた!!

ヒャッハー里帰りだ!
 女神の笑みは、スケルトンが想定内だった
 しかし、藤丸に逃がされたのは想定外!
 本気でグラついた!

 彼女は「冥界の主人」なのか?

 オープニングの女神は4体
 内、凛の顔が2体

 別々と思いましたが、昼夜で交代制なのか?

 第3話と、老人が言う「(死者の)主人」?

イシュタル(仮)『礼は…、言わないわよ』

00505
 この縛られ方も、Fate/Snオマージュなのかしら

拘束してた縄
 コメントで頂きましたが、ラピス・ラズリと魔獣の皮
 女神でも、数秒程度を要する拘束で
 彼女は“解放して欲しかった”

 単に、タイミング良かったのかそれとも?

 もうこれ完全に挿入ってるよね

『数が多い…!?』『私が、もっと大人なら…!

00508
00513

)マーリン
 女神の気まぐれに感謝だ♪


)マシュ
 先輩、今のうちに!


)藤丸
 ありがとーお!


00515
00518
00519
00522
00523
この私にお礼を言うなんて…、藤丸立香。他の女神には勿体ない生贄かもね?

神の金髪
 仮に彼女の仕業なら、見事なマッチポンプですが
 とまれ、“イシュタル”の気まぐれによって
 任務は無事成功

 王の腹筋大激痛が眼に浮かぶようだ!

 OPで、髑髏を見につけた金髪の凛
 てっきりグレたのかと…

 イシュタルと、その姉妹神が同居してるのか?

 だから女神が1人多いの…?

感想追記

 冥界の七つの門
 天の女神であるイシュタル
 藤丸、英雄コミュニケーション
 詳細は今後? 遠坂凛と女神イシュタル

※トップに戻る

七つの門を閉じ! 籠槍の番に戻るがいい!!

00334
 ガルラをたしなめた台詞、イシュタルとも縁深い

七つの門
 冥界七つの門は、イシュタルの神話にも登場
 冥界へ、天の女王として豪華な装いで現れ
 禁忌だ、と次々剥ぎとられるのです
 豪華な衣装禁止!

 で、七つ通り過ぎた頃は、もはや全裸

 本作でのイメージと、まんま重なる伝説…
 曰く「イシュタルの冥界下り」

 冥界から帰れなくなり、地上が不毛の地

 天照大神みたい!

 と、日本人もテンション上がる逸話なんだそうな

聞きなれない『籠槍』とは

00250
 その籠槍かは不明ではありますが

籠槍
 時代劇で見る“駕籠”。二人がかりで担ぐも
 中が狭く、その状態で襲われては
 刀を抜くのも困難

 そこで、護身用に作られた小さな槍が「籠槍」

 篭の中でも抜刀でき
 襲撃者へ、対応する為の武器

 その準備でもしとけ! 召使い共!!

 的な意味合いだったのかしら?

太陽が隠れると、人格交代したらしい女神

00370
 単に、日陰に移動するだけなら問題ない

女神イシュタル
 実際、ウルクでも室内戦をやっていますもの
 神話では、イシュタルは「天の女王」
 光を司る女神

 その為、光=太陽が落ちると交代したらしい

 逆に闇を司るのが、冥界の女主人
 姉神エレシュキガル

 夜になると、ヒャッハー!私の時間だ!と?

 凛さん、一人神話状態なのかしら

イシュタルは別名「イナンナ」とも呼ばれる

00386
 イナンナとしての神話も、冥界に心を惹かれるも
 それが冥界の主、姉エレシュキガルを怒らせ
 こっちの神話でも七つ門で全裸に

 最後には、姉の「死の眼差し」で殺されてしまう

 あまつさえ、死骸を吊るされるなど
 姉妹仲はダイナミックらしい

※もちろん復活した

牛若にジウスドゥラにマーリン
藤丸、英霊コミュニケーション回

00091
 コメントによると牛若パートはアニメ独自だとか

英霊コミュニケーション
 エルキドゥらを通じ、マシュ成長が描かれる
 今回は、ちょっぴり毛色を変えた感じで
 藤丸さん無双回

 だから彼は、英雄らに慕われるんだな回!

 元より、アステカ女神は敵と言えず
 イシュタル達とも親しく

 魔獣の女神包囲網が重なる回でしたね

 ジウスドゥラの正体も楽しみ

遠坂凛を依り代に召喚された「女神イシュタル」

00001
 以下コメントで教えて頂いた話より

神召喚への変則的手法
 初見を意識した作風なので、今後解説があるかも
 詳細としては、“聖杯に縁がある適格者”として
 未来の遠坂凛が依り代に

 未来で女神を降ろし、過去へ召喚

 英霊となっている為
 時を越え、サーヴァントとして召喚できた、と

 強大な神を召喚する為、特殊な手段を用いた

 今回のはそういう状況だったらしい

※トップに戻る

公式ツイッターより






















































































































































Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 2019年11月9日 第6話「天命の粘土板」

00111
 アニメ版エルメロイII世、主要脚本も務めた小太刀氏

スタッフ
 脚本:小太刀右京 
 絵コンテ/演出:倉田綾子 
 総作画監督:岡勇一 
 作画監督:小松麻美・小林真平
 アニメ制作:CloverWorks(A-1社)
 原作:スマホゲーム/Fate/Grand Order
 制作協力:-

あらすじ
ペルシア湾の調査を終えた藤丸たちは、あらたな王命を請けることとなる。それは以前クタ市でギルガメッシュが失くした粘土板を回収せよというもの。
クタ市は三女神が現れたあと、なんの前触れもなく消え去り、住民も息を引き取った都市だという。ひっそりとしたその街で、手分けして粘土板を探すことになった一行。そこで藤丸は、突如寒々しい世界へと迷い込んでしまう。そこは冥界と呼ばれる、この世とは隔離された空間だった。
夜の領域では人格交代、“神の色”である金髪へ
神の人格はイシュタル? それとも?

00932
00964
 あれオープニングって、そういう事!?

「金髪の凛」の女神
 女神召喚するとか、さすが神代マジハンパない!
 ただ、OPで3女神が揃っていないのが
 個人的に奇妙でした

 ならアレか、“冥府の女神”も同居中?

 服装や、今回やウルクでの死病の症状から
 冥府の女神はほぼ確定

 なのに眠り死にした地は、イシュタルの勢力圏

 変と思ったら冥府とイシュタルは同居?

 マジならさすが凛さん、器がデカすぎる!

 次回、FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第7話

トップに戻る
















 Fate/Grand Order - First Order-
 ショートアニメ「Fate/ぐだぐだオーダー」
 Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-
 FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第0話「Initium Iter」
 FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第1話「絶対魔獣戦線バビロニア」
 FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第2話「城塞都市ウルク」
 FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第3話「王と民」
 FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第4話「密林の呼び声」
 FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第5話「ギルガメッシュ紀行」
 FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第6話「天命の粘土板」
 FGO 絶対魔獣戦線バビロニア 第7話

トップに戻る