公式サイト ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 9日 19時 感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
レジスタンス基地と接触、古巣との初・対人戦!!
叱るという“エール”、カザミ編!

00034
00028
00035
敗北も、包み隠さず配信してたキャプテン・ジオン
 ヒーロー姿は、案外「なりきり」に過ぎなくて
 目指す姿へ、まず格好から入っている
 そんなカザミに近い人なのかも
 いい人なの!?

 弱さ、苦手に向き合う! ヒロトとカザミ編ね!

崖っぷちのヒーロー
 マーズフォー披露といい、打ち合わせ不足ヒロト
 独断専行な点は、カザミと重なっているのね
 ゴジョウさん、出来た人でしたわ
 西遊記は伊達じゃない!

 パル君、グイグイきて嬉しい!

 崖っぷち上等! ならば、飛ぶしかないワケよ!!

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話 感想


 第6話「崖っぷちのヒーロー」
 冒頭「撃墜数ゼロのカザミ」
 今週のコーラサワー、マギーさんの長話
 Aパート「人気者のパル、乱暴者のカザミ」
 焦るストラ、焦るカザミに頼む
 レジスタンス基地、“信じていたガンプラ”
 戦略目標「しろがねの塔」
 ヒロトと信頼、フレディの信頼

・Bパート「次作戦、パルヴィーズの提案」
 カザミの古巣「MU DISH」
 キャプテン・ジオンは、何故カッコイイのか
 BUILD DiVERS初の「対人戦」
 ヒロトにとって「チーム」とは何だ?
 ヒナタの笑顔、叱るというエール
 感想追記

・RAISEニュースは「ヴィートルーガンダム」! 
 公式ツイッターより
 制作スタッフ

・次回予告
 これまでの感想
 ビルドダイバーズ 感想
※ガンダムチャンネル(外部サイト)

“四つ目のヒトツメ”
ゼルトザーム!その正体が、少しずつ明らかに

00030
00057
01
「エゥーゴに勝手に作られた後継機」の改造機!

MSF-007 ガンダムMk-III
 ヒロト達には伏せるも、“彼を信用してた”と発言
 当初は、ゼルトはレジスタンスに協力しており
 前回で裏切ったらしい

 例の「全裸」が、前回ラストの仮面男か?

 ベースガンプラは、Zガンダム・シリーズMSV
 ガンダムMk-III改造機

 SDの武者Mk-IIIは、異世界転生し「騎士」

 そのオマージュでの登板か?

ヒロトにとって、チームを組む意味は何だ?
カザミとは何なんだ?

00036
 相棒だ! と呼ぶに至る物語?

あらすじ
 レジスタンス基地で、機能移転護衛を請け負うも
 カザミは、自分だけ撃墜数がない事に焦り
 会議を混乱させてしまう

 移送を前に、対人戦でテストを試みるBD

 際し、カザミの古巣MU DISHと出会い
 BDは彼らに大敗する

 成長のないカザミ、独りでやろうとするヒロト

 だがヒロトは、ヒナタの言葉に光明を見る

 次回、ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」



カザミ『お…、俺の活躍が…、ねえ…?!』

00037
 前回、パルヴィーズは自力でトラウマを克服し
 ヒロトも、触発されて少し明るくなり
 ヒナタにっこりの結末へ

 だが“ゼルトザーム”が始動

 パイロットは、“ガンダムらしくない”姿で…?

『こんなんじゃ! 新作動画、上げらんねえじゃねえかよう!?』

00038
00039
00040
00041
00042
 撃墜数ゼロ。へへっ数字は正直じゃあねえか!

ゼロの旧ザク
 ヒロトを待つ間、思い思いにデータ閲覧する3人
 これもまた、今のチームそのものですね
 仲が悪い訳じゃないケド

 そしてキャプテンカザミのパクリ感!

 現実なら、ヒカキン氏を真似てるような
 そんな“痛い子”なのかしら

 いずれ人気になってくのでしょうけれど…?

 ガラリ変わるのか、それとも?

パル『そうか! こうすればテンションを逃して、保持力を上げられるんだっ』

00044
 コーラ機の603は、初代GN-Xの型番。

ジンクスⅣハイパワー?
 ガンダムXのブリトヴァや、MSVのガンキャノンII
 キャノンIIは、ZZのライフルを持たせ
 ブリトヴァも金色感アップ!
 いい趣味!

 テンションとは“張力”、引っ張る力の意味

 保持力はそのままの意味
 低いと、パーツがポロッと落ちたり倒れたり

 要は、更に完成度を上げる為に頑張ってる!

 この熱心さが、初心者だと自称させるのね

メイを気遣うマギーさん
メールでも、豪熱! マシンガン・トーク!!

00046
00047
00048
00049
00050
00051
00052
00053
 あっさり「了解」で済ますドSの鑑

マギーさんからお手紙ついた♪
 一応とばかりに、ラインスタンプを使うのは
 彼女なりの気配りなんでしょうか
 百鬼健在で何より

 メイ孤立を気にかけるマギー司郎

 反省の舞~
 マギー、マイとかけてんでしょうか

 オヤジか!

 彼、本当メイさんが可愛いのね!

マギーの手紙に出た「イケメンフォース」とは

00055
 外伝漫画「ビルドダイバーズブレイク」主人公!

全2巻 発売中
 来年黒い主役機、G-エルスもキット化で
 何かと本作中にもキーワード
 全2巻ですよ!

 作中「これってRe:RISEのアレ?」的要素も

 旧作でも、メッセンジャーやモブ
 最終回に登場してます

 喜びの舞~

ヒロト『早いな?』

00056
00057
こんなの…、俺じゃねえ!(カザミ」

いいえ あなたです
 苦い冒頭! “自分の実力を認められない”
 無論、カザミは極端な例ですが
 身近すぎて辛い

 きっと自覚的に無自覚に、誰でもある

 自覚してるだけまだマシも
 この壁、どうやったら越えられるのか

 ゴールは遠く、スタートすら見つからない!

 チャンネル登録、また1つ減ったよ!

カザミ、ビルドといい良い趣味してるものの

00111
 ナイトジャスティスの逸話を知ってかしらずか
 劇中、SEED系の台詞を真似るし
 旧チームもアレだし

 いかにもSEED好き、“好きな機体を使い易く”

 武装省略のカスタム方針
 盛りがちな中、削ぎ落とすコンセプトは珍しい

ヒロト『レジスタンスの基地?』

00058
00061
00062
遠ッ?! たかが作戦の概要を聞きに行くだけなのに…(カザミ」

焦りのカザミ
 いきなり出たカザミの悪癖! なんとも傍若無人
 まあ、彼は「ゲーム」だと思ってるので
 気を配る義理もない
 が

どうも、まどろっこしくて好きになれねえ…

 ゲームの「イベント」がまどろっこしい
 早く手柄を立てたい

「ガンダムアニメ」も、物語よりバトル好きな人?

 或いは、手柄を焦りすぎてる為か

フレディ『よろしければ、さっそく準備していきましょうっ』

00064

)アシャ
 パル~!

 ねえ! 聖獣さん、お空飛べるようになったってホント!?


)フルン
 フレディから聞いたんだ♪


00068
00070
00072
00075
00076
 めっちゃ尻尾の匂いを嗅がれるパル

モフモフ日和
 親しみやすさもあり、相変らず子供らに大人気
 特に、飛べるようになったとあれば
 黙っちゃいないよね!
 で

村のお手伝いを、うんと頑張ったら見れるかも?(マイヤ」

 うまく、子供達の操縦に使う辺り
 懐かしさすら感じます

 パルくん恥ずかしがってる!

 兄さんが見たら、何て笑うんでしょうね
 
フルン『フレディも、お手伝いがんばったの?』

00077
 全力でお茶を濁すフレディ、“彼の問題”も継続
 彼が、石板に触れる事で呼び出せてますが
 果たして「彼だけ」なのか?

 今後は明確に「危なそう」だ、と感じる

 ストラは彼に取って代わろうとするのか?

マイヤ『皆さん…、フレディの事をお願いします』

00080
 先日も、反論こそするも途中で黙りました
 フレディが「必要」であることは痛感
 託してくれるマイヤ

 今後もカザミのモフモフは続行?

 カザミは「任せろ!」と請け負うも

マイヤ『あなたが言うと、余計心配になるわね…』

00087

)マイヤ
 そりゃあ、戦争を言い訳にすれば、どんな犠牲も仕方ないって思ってる乱暴者…

 信用できると思う?


00089
00090
 第2話での「戦争なのよね!」案件

出来ぬ…!
 本来、自分が犠牲になるけど仕方ないという台詞
 真逆、しかも元ネタを知らない人へ言えば
 そりゃ怒られる!
 が

だいたい、アレはスレッガー中尉の!

 悪い意味でガノタしてる分
 動画でも、発言が滑ってるんでしょうか

 にしても縁がありますこの二人

 姉さん、的確な心配ですわ

ねえ、キャプテンさん!

00092

)ストラ
 俺もレジスタンスの基地に連れて行ってくれよ!

 俺も、ヒトツメと戦いたい…!

 このまま何もしないのが嫌なんだよ!!



)ストラ
 アンタ、確かキャプテンだったよな?
 頼むよ!


00094
)カザミ
「キャプテン」だぁ…?


)ストラ
 わ、悪い? リーダー…、だったっけ?


00097
00098
00100
00102
両方だッ! 任せとけッ!!

壮絶な誤認
 日頃、カザミが勝手に吹かせてるリーダー風
 まさかこんな事態になろうとは?!
 えらいこっちゃ!

 あまりに自然すぎるストラの発想が仇

 ナチュラルなのがいけなかった!
 他なら断わったろうに

 なるほど前回、フレディを乗せたのは前振り

 カザミの座席はモフモフ指定席!

『お前の望む正義の地平へどこまでも連れて行ってやるぜッ!』

00107
 困るのは、カザミが常に事態を楽観視してる
 また、住民を「NPD」とする認識が強く
 イベントとしか思っていない

 以前ヒロトが、“住民も守りたい”と思ったのと

 無謀と無謀が、今! アツく手を組んだ!!

『へー…、今度は誘拐?』

00028
00111
 ヒロト目撃は、彼だけが気付くフラグ

Exactly(そのとおりでございます)
 ひとまずコメディで済むも、次回で同行確定?
 或いは、いずれ「初の死者」に…?
 は考えすぎか

 彼らは、まず間違いなく“生きている”

 その現実を、いつか突きつけるにあたり
 死はもっとも起こり得る事?

 手柄を焦るカザミ、ストラ

 悩みが共通してるのも気になるところ

アシャ『ふんっ』

00112
 何の種なのか、育てる描写がやたらしっかり描写
 種、というか丸っこくてBB弾みたいですね
 誰かガンダマン持って来て!
 それかザックン!

 武者影頑駄無でも一向に構わん!

アシャ『わーっ! 聖獣さんっ!!』

00113
00115
00117
00118
00124
オレだって…!(ストラ」

焦る若者
 パルのトラウマ解消で、本来の機能フル活用!
 ようやく、航空巡航が可能になり
 行動幅が広がりました

 カカシが空を飛ぶたぁ生意気な!

※カカシとはウォドムの仇名
 にしてもストラは…

 彼を“護って”、本当のヒーローになるのか?

 自分でなく「誰かの為」の男に?
 
ジェド『ようこそおいでくださいました、BUILD DiVERSの皆さん!』

00125
 レジスタンス基地は、ジャブローを思わせる川端
 創造主が作った建物を流用しており
 トラックや武器も同様

 前回の基地と違い、紫の光は確認できず

 巨大で、MS運用も出来そう…?

『主な武器や乗り物も、ここにあったものを使っているんです』

00126
00127
00130
00134
 作業に目を留めたメイ、その意図は?

レジスタンス基地
 基地が“引越し中だ”と、気付いたのでしょうか
 兵は、そこにあったものを外に出し
 運び出してる最中

 にしてもホントでかい

 木箱など、昔からあったものに思えませんが
 運びこんだのか?

 主な中身はホバーと銃だけ?

 にしてはデカすぎ…?

室内の声『あの惨劇を、くり返すつもりですか!』

00136

)ムラン
 ガンプラを主軸にした作戦など…
 私は反対です!

 私も以前はガンプラ…、いや!『彼』を信じていました


 ですが! 信じた結果が…
 考え直すべきです!


00137
00138
00141
00143
00144
 元気いいなフレディ君!

裏切りのガンプラ
 予告で悪党面だったムラン、ですがどうも違う?
 彼は、“ガンプラ使い”に裏切られ
 信じることが出来ない

 他人を信じる事、本作テーマの一つ

 総合すると、前回ラストのゼルトザーム
 アレに裏切られたのか?

 パイロットが「異世界」的だったのはそれで?

 ストラといい、悪い前振りが続きます

『お待ちしていました、私はレジスタンスのリーダー、ゴルスです! 』

00145
 ここにいるのに御留守とはこれに如何に。

 もとい
 ゴルス氏は、丁寧に挨拶してくれますが
 カザミが空気を読まない!

 礼儀が足りんのです!

 さっきリーダーと呼ばれ、気を良くしてるのか

ジャスティスナイト『リーダー同士仲良くやろうじゃねェか!

00149

)ゴルス氏
 もしや!
 前回の攻略戦で、獅子の如き活躍をされていたという…!!

 おお、そうでしたか…


 では、あなたがあの聖獣の…!


00151
00153
00155
それはコイツ…、…いいから次のミッションを教えてくれよ(カザミ」

リーダー的存在だ!
 またも挨拶もそこそこに、話を切り出すカザミ
 失礼すぎて、見てるこっちが悶絶する!
 心の本能寺ですよ!

 ムランさんの不信感がマッハで上がる!

 パルも含め全方位に失礼で
 せっかく築いた、レジスタンスの信頼が…

 ただ勘は鋭く、彼が察した通り“大きなミッション

 リーダーが出てきた=デカいヤマだ!と 

ゴルス『我々は現在、岸の向こう…』

00159

)ゴルス
 水上都市セグリへと部隊を集結させているのですが
 その先にある「銀の塔」。

 そこを目指しています

 ですが…、その周りに居るヒトツメ達のせいで近づく事が出来ず。


 調査に赴くことすら出来ておりません


00160
00162
00165
00166
00167
00168
00175
 これは軌道エレベータ? 宇宙に繋がってる?

撤退作戦
 話が壮大になりましたが、任務とは“物資移送”
 ありていに言えば「撤退」でした
 夜逃げです

逃げる付き添いって何だよ…(カザミ」 

 てか、カザミが最も嫌がりそうな地味任務
 カザミ編にピッタリですね!

 同時に、“誰かを護る”仕事

 まさに、ヒーローのお仕事とも言えましょう

ジェド『この撤退を決定したのは、あなた方のガンプラのお力を見込んでの事なのです』

00180
 あなた方と出会えたから、この作戦が決行できる
 特に、無力感に苦しんだパルヴィーズには
 心に響く言葉だったようです

 そのくらい厳しい状況である、とも

 ところがぎっちょん!

カザミ『でもそれじゃ…、撃墜数が稼げねェじゃねえかよう…』

00182
 カザミの一言で、あっという間に悪くなる空気
 これまで、どれだけ周りに嫌われてきたか
 良く分かる気がします

 そりゃ乱暴者扱いもされますわ

 略してランボーですわ…

メイ『…撤退戦という事は、ヒトツメ達の襲撃に備えなければならない。そうだな?』

00190

)カザミ
 襲撃ィ…?
 そうか! 襲撃だ!

 襲撃あるじゃねえか!!

 襲撃のチャンスがあるってンなら話は別だッ!


00193
00197
00199
何のつもりだ!(ムラン」

まったくである
 ムランさんの怒りが正しすぎてぐうの音も出ない
 まるで、いえ「まさに」敵を待っている
 襲撃を喜んでる!

 こっちは逃げたいと言ってるのに!

 キャプテン・ジオンが見たら
 何と(オーバーアクションで)呆れるでしょうか

 カザミは焦ってる、ゲームと思ってる

 そりゃ「ゲームと思ってる」から…

ムラン『やはり信用なりません、こんな見るからに裏切りそうな…!』

00201
 遂に、初対面に裏切り者扱いされてしまうカザミ
 まあ実際、これが「ゲーム」であるなら
 大事なのは効率

 高ポイントへわざと被害を出す“テク”もよくある

 GNO2でも、実際そうだったしー。

メイ『どういう意味だ?』

00202

)メイ
 裏切ったところで我々に何の得がある?


※前回ラスト同様、ただの疑問か
 皮肉じゃないのです
 疑問です


00203

)ヒロト
 信用して欲しい、というつもりはありませんが…
 我々は今まで通りやるだけです

 全力は尽くします


)ムラン
 くっ…、ガンプラ乗りなど…!


00205
00208
00210
 思えばこの台詞が、ヒロトの基本原則なのね

信用ということ
 珍しく口に出すヒロト、パル共々成長した成果か
 彼は、“信用して欲しいと思わない”
 多分カザミ達にも

 彼は自信がないから、信じてと言えない

 多分イヴ絡みで、自信を喪失してしまい
 自分自身を信じられない

「信じて」と言う勇気を失くした

 自信過剰なカザミと、両極端なんですね

ムラン『くっ…、ガンプラ乗りなど…!』

00212
 ヒロトの言葉に、ばつが悪そうにしてたムラン氏
 この反応も、善人なんだなと感じます
 少なくともカザミより

 信じられなくなる何かがあった

 サムシングがあったのですね
 
この人たちは、裏切ったりしません!

00216

)フレディ
 ヒロトさん達は出会った時から!

 僕の、無茶なお願いを聞いてくれたんです!!


 これまでの戦いでも、ヒトツメと戦って、村の人達を護ってくれたんです!


 だから…、裏切るなんて、絶対に…
 ぜったいに…


00218
00224
00225
私も、同じ気持ちです(ジェド」

盲信は「信頼」へ
 大人は疑心暗鬼に陥るし、一度疑ってしまったら
 そのまま、自説を変え難いもんです
 思い込みは変え難い

 が、だから直球な信頼って響くね!

 また、フレディは「創造主への盲信」から
 ちゃんとした信頼に変化

 そこが心配だったので、変化にホッとします

 無茶振りだ、と解っていたのか

ゴルス『…ゼルトザーム』

00228

)ムラン
 ゴルス?!



)ゴルス
 我々にとって
 もっとも脅威になっているヒトツメです

 それが…、よく似ているのです

 皆さんの乗っている…、ガンプラに


00233
00030
00235
 ここまで話すつもりではなかったらしい

イツツメのヒトツメ
 ジェドもまた、リーダーの信頼を得てるらしく
 弟を、彼を通じて新しい情報!
 ゼルトザーム

 SELTSAM、ドイツ語で“奇妙”か

 つまりゲルマン・ニンジャだと…?
 前回、不死身じゃない第4小隊壊滅の原因

 絵面が完全にガンダム・バルバトスですね!

 構図上、ランスじゃなくメイスに見える!

※トップに戻る

パル『僕達の他にも、ガンプラが…?』

00237
 ゲーム的にみれば、他プレイヤーの参加か?と
 ただ、ここまで対人戦の雰囲気はない為
 ひとまず「ボス」と仮定

 仮定に仮定を重ねる、手探りなゲームの面白さ!

 wikiがなかった時代を思い出しますわ

カザミ『どうだっていいじゃねェか…』

00239
00250
00251
 現拠点から中継地、川を下って水上都市へ

逸るカザミ
 二段階に渡る、結構やっかいなミッションです
 なのに、カザミの逸ること逸ること!
 動画は流行らないのに!

ミッションなんだから(襲撃は)あるに決まってるよな! な!

 仮定を、“当然ある”と決めてかかる
 厄介な奴だよ、君は!

 後で「あるって言っただろ!」と怒る手合い!

 陸戦、水上戦、やるべきは多いのに!

『あ…、あの! 念の為、明日クリエイトミッションでリハーサルしませんか?!』

00253
 いったいった、パルヴィーズがいったー!
 勇気を出し、こっちから誘った!
 成長したなパル君!

 誘ってやがる! こいつ誘ってやがる!

メイ『確かに…、サードミッションの時のようなイレギュラーは考えられるな』

00255

)カザミ
 別に…、いらねェんじゃねえか?

 リハーサルしたからって、本番も同じタイミングで敵襲があるとは限らねーじゃん


00257

)メイ
 クリエイトミッションで設定しては「予測不可能なタイミングでの襲撃」にはならない…


)パルヴィーズ
 攻撃もパターン化されてしまいますしね…


00258
00259
 見る間にぺっしゃんこになっていくパル

耳は感情のバロメータ
 これは別に、カザミが悪いという訳でもなく
 確かに、考えるほど穴だらけ
 スポンジ同然です

 ただカザミが、“努力嫌い”なのも確か

 提案を一蹴したけれども
 カザミさん、だから強くなれないんですよ…

 筋肉を鍛えるのと一緒で、実践が大切

 筋肉は人を裏切らない

ヒロト『それなら、対人戦にしてみるというのはどうだ?』

00261
相手に戦略性があれば、パターンなんてものはない…(ヒロト」

初めての対人戦
 最初から、完璧なアイデアなんて滅多になく
 誰かの思いつきを、誰かが補完する事
 チームとして“成長”へ

こちらの弱点を突くような立ち回りをしてくるはずだ…

 無自覚な成長っていいものです
 ヒロトの視点的に、パルに気遣ってじゃない

 とまれ肝は“不意討ちへの対処”

あれ、カザミ?

00265
 鉄血のオルフェンズを髣髴の「列車護衛」
 際し、久々にカザミの知り合い登場も
 前とは毛色が違います

 前のは、頭っからバカにしてましたが今度は…

 声がトリッシュじゃねーかよ~!

サガリ『あんた、まだGBNやってたの~?』

00270
00272
00274
00278
00284
ゴジョウ…、さん(カザミ」

フォース「MU DISH」
 カザミに新問題、“昔のチーム”を引きずっていた
 カザミが「さん」付けで呼んだ…?!
 で
 
もうお前らと組んでた、あの頃とはちげーんだよ!(カザミ」

 ユウリは孫悟空、サガリは玄奘三蔵
 ゴジョウは沙悟浄

 なるほどカザミ、猪八戒だったのか

 トラブルメーカーとしちゃピッタリ!

ゴジョウ『カザミ。…今も、キャプテン・ジオンが好きなのか?』

00289
 流れで、MU DISHと勝負する事になります
 リーダー、ゴジョウの意味深な質問は
 前から諭されてた為

 要は「好きなら、彼の姿勢を考えろ」

 キャップの姿勢から学びなさい、と

『だったらなンだよ…』『…チームメイトの方々、お願いできるかな?』

00292
00299
00301
00303
00307
 画面上を飛んでるのは、コア・ブースターか

ベルティゴなら仕方ない
 意外や、一割ペースで敗北していたキャプテン
 シリーズ通しても意外なキャラ付けで
 当然…
 
負け回…、かよ(カザミ」

 前にも、“こんな事に意味あるか?”とか
 彼に必要なのは「娯楽」

「スカッと出来ない動画」に意味はない

 カザミ的には、そんなところか

ゴジョウ『カザミ、知っているか?

00311
00313
00315
止せ。これは俺達チームが落としたミッションだ(ゴジョウ」

失敗を責められるカザミ
 防衛ミッションで、撃墜勝利ボーナスにこだわり
 飛び出して作戦失敗に
 が

こんなのは、俺じゃねえんだ…(カザミ」

 砂漠と牛魔王たち
 これもまた、西遊記モチーフ

 今のカザミは、まだ“猪八戒じゃない”のね

 まだまだ、失敗だらけの妖怪時代

ゴジョウ『カザミ、知っているか?』

00317

)ゴジョウ

 キャプテン・ジオンが、どうしてカッコイイのか…


)現代のカザミ
「負けるトコがかっこいい」なんて…、ありえねえだろ…


00320
 まさにカザミの価値観の外

負けるところ
 ゴジョウは、まだキャプテンが好きだと知って
 安心し、微笑んだんでしょうか
 解るハズだと

 負けてもくじけず、何度でも立ち上がる!

 答えは次回に持ち越しも
 キャップは、負けた事から目をそらさない

 くじけない格好良さ!

 その姿こそが、共感を集める理由なんでしょうか

『目視が利かない…、レーダーも反応なし!?』

00322
 試合開始、フィールドは見通しの良い空間だが
 霧がたちこめ、更にレーダーが阻害
 守るに難しい状況!

 障害物はないも、位置が掴めない
 
 BUILD DiVERSが「フォースじゃない」のも明示

霧を裂き、飛び出してきた“四肢”を持つ機体!

00324
00325
00329
00331
00333
00337
00341
00342
 SEED MSV “バクゥ戦術偵察タイプ”!

ガンダムSEED
 更にSEED DESTINY本編の“AWCSディン”
 特徴は、共に丸いレーダー・ドーム
 略して「レドーム」搭載

 感知に長けた偵察、早期警戒管制機!

 特にAWCSは、管制機仕様であり
 空中から戦況を監視

 彼が空から偵察、下にデータを送っている

 子機でレーダー阻害粒子も!

※コメントによれば、WのOZ輸送列車だそうな

ユウリ『予想通り、ゼンゼンなってないねアイツら!』

00348
 カザミ曰く“相変らず準備しすぎ”。彼は知ってた
 準備、努力を面倒がるカザミとは
 正反対なフォース!

 そう伝えてれば、また状況は違ったでしょう

 が、そこはカザミも複雑なところか

ユウリ『ゴジョウさん、このまま行っちゃおうぜ!』

00350
 一番上は、ミノフスキー粒子、レーダー阻害
 二番目は、ジャミング、通信の阻害
 三番目は、チャフ、攻撃誘導阻害

 Particleとは「粒子」の事

 これが、後44秒は維持できる…的なステータスか

ゴジョウさん『待て! まだ早い!!』

00356
00364
00371
00374
00377
 突撃したもアッザム・リーダーにかかった!

トラップ一家物語
 ヒロトも、事前に展開を読んで有線接続していた
 粒子は、あくまで無線を阻害するもの
 有線最強!

まさか…、機載カメラからこっちの位置を!?

 しかし危なかったのも確か
 AWCSは、胸部6連装など火力も充実

 列車程度、重突撃機銃でちょちょいのちょいよ!

 が、突撃したのがいけなかった、と
 
ゴジョウ『射角から位置がバレてる! 一旦退がれッ!!』

00379
 咄嗟に反撃したせいで、どこから撃ったか露呈
 ヒロトは、どこを撃てばいいかを把握し
 霧の中でも正確狙撃!

 相変らずマシーンみたいな少年だぜ!

 ダダッタダー!

ヒロト『レドーム付きが、ギリギリでレーダーと通信を使えるジャミングなら、せいぜい後30秒』

00391

)カザミ
 ジャスティース…、サンダー・リベンジ!

 手応えアリ!


)ヒロト
 止せ! 持ち場を離れるな!!


00399

)カザミ
 後ろは任せたッ!

 ……あんなのは、俺じゃねえ

 次は、次こそは…!

 俺の番なんだあああああ!


00404
00407
00408
00409
00034
00412
 それはあまりに簡単なフェイント

頑張れるダガー
 ゴジョウ機は、有線式ガンバレル装備105ダガー
 設定上、ムウの為に用意されていた
 ガンバレルストライカー!
 が

俺の機体を知っているお前が…(ゴジョウ」

 有線だから、こんな状況でも囮に使える
 と“カザミは知っていた”

 が「俺の番」だと焦った彼に無情の結末

 お互いにね…

ゴジョウ『お前、変わってないんだな…』

00415
 カザミが学んでいなかった事に痛烈な一発
 でも、彼に変わって欲しいゴジョウ自身
 それが辛いのだと

 愛機は沙悟浄的カラー、ビーム「降魔の宝杖」

 シールドは、レドーム兼用品か。

ゴジョウ『……ヒロト君は、解ってたんだな』

00418
00423
00431
00432
00434
 試合終了、パルとカザミは謝ったものの

戦術予報はいつも晴れ
 今回ヒロトは、最初から敵の戦術を読んでいた
 開けた、見通しが良い場所であるからには
 敵は「こういう戦術を採る」と

 作戦を読んだ上で、先手を打っていた

 それ自体は、とても優秀な事ですが
 今回は「欠点」なのね

 いやいつもそうで第3話が顕著

 マーズフォーを、仲間に伝えてなかったように

カザミ『だったらお前! 何で先に言わねえんだよ!!

00435
 カザミ自身、仲間の戦術を事前に話してない
 少なくとも、彼に言われる筋合いはない
 が、ある意味「美点」か

 古巣の戦術を、べらべらと喋って対策する

 見方によっては「みっともない」ですし

ゴジョウ『…変わってないな、お前は』

00438

)ゴジョウ
 君は、仲間を信用していないんだな


 全部、独りでやればいいと思っているなら
 君にとってのチームとは何なんだ

 何の為に一緒にいる


 君にとって、カザミとは何なんだ?


00440
00444
00446
00448
00449

00036
00452
 ヒロトは答えず。答えられず。

別方向を向いた彼ら
 仲間に情報を明かさない、信用していない
 先日、パルヴィーズ事件と同様に
 今回も“同じく悩む”

 ただ信用してない、だけでなく“自信”か

 冒頭のように、信用されようと思ってない
 ヒロトは自信がないから

 目的=イヴ探しも個人的すぎる

 仲間と呼ぶには、あまりに心が寄り合い所帯…

クガ・ユリコ『自主錬してるんだって』

00453
 ヒロトが家に帰ると、ヒナタが公園で自主錬
 大会が近く、学校より長く開いている
 公園弓道場で自主錬

 そこで差し入れを…、と

 ヒナタさん家、親が遅い(夜勤)だから…

 ヤキン・ドゥーエだから…

ヒロト『…珍しいな。口数少ないヒナタ』

00454

)ヒナタ
 大会が近くてね…
 毎日、先輩に怒られてばっかりで

 基礎からやりなおせ、武具に失礼だ


 ちょっと凹んでて…


00460

)ヒナタ
 あ、でも嬉しいのもあって!


)ヒロト
 どっちだよ…


00466

)ヒナタ
 なんかさ~、もっと頑張れって言ってくれてるようで嬉しくて~…


 放っておかれるのって、哀しいもんね?


00469
00035
00472
 叱るのは応援なんだ、と

エールのストライカー
 ゴジョウさんがその典型、彼はカザミを叱ってた
 周りが、カザミを無視したのと違い
 叱ってエールを送った

キミは、仲間を信用していないんだな(ゴジョウ」

 初対面、ヒロトにも「エール」をくれた
 孤立しがちな彼に。

 第1話冒頭も、周りにドン引きされた

 彼らはヒロトを気味悪がり、距離を置いていた

 でも「ゴジョウさんは叱ってくれた」と

カザミ『…なんか言ったらどうなんだよ……、ヒロト…』

00474
00477
 彼は言って欲しい

なんか言え!
 今までたらい回しで、居場所がなかったカザミ
 でも今、リーダーとか身勝手をしても
 怒らず受け入れてる

 心地よい居場所だ、と感じ始めてるのか

 仲間、いや「相棒」と言って欲しいのか

 相棒…、相棒と言って欲しいのか
 このイヤしんぼめ!

 その為に、次回カザミとヒロトも変わる…?

 ヒナタさんはすげえなあ…。

カザミのRAISEニュース!
前回で活躍、ヒロトのヴィートルーガンダムだ!!

00017
00002
 型式。ガンダムであり“コア・ファイター”なのね

PFF-X7/V2 ヴィートルーガンダム
 V2、第2惑星・金星アーマー装着の砲撃戦機!
 光の翼が発生しそうな型番ですが
 ホバー走行の局地戦機

 省エネ高速機動で、出力を火器に費やす!

 その着想は、ガンダム6号機を思わせる仕様で
 AGE-3フォートレス感も

 反面、“支援用に作った”も連携がイマイチ

 ヒロトの性格から、性能を活かせなかった感か

キット付属は、G-3ガンダム・カラー!
劇中は、イヴとの回想で登場

00023
00024
 マーズのリアルカラー版は、制作シーンで登場

G-3ガンダム
 劇中再現には、アースリィ付属のコアガンダム
 本キット、それに武装が必要なものの
 3つとも購入するファン向けに
 敢えて別色に?

 G-3とは、初代ガンダム3号機

 小説版に登場し、初代MSVに組み込まれたMS
 ある改造で反応速度が向上

 小説ではアムロが、戦死した際の機体

※小説は富野監督が執筆。

感想追記

 そのカッコ良さとは? キャプテン・ジオン!
 キャプテンを負かしたのも納得!
 カザミは「古巣がある男」だったか
 カザミは豚妖怪だったのか
 
・思うに、ヒロトが「信用しない」理由は
 西遊記フォースは「ガンバレルダガー」!
 探知強化のお約束「レドーム」!
 SDがんだむいんふぉも、キャプテン出演!

※トップに戻る

カザミ回に併せ、キャプテン・ジオンも掘下げ
尊敬すべき人だと確定へ

01146
 一方的な断罪、“過激な正義”かと思いきや

尊敬すべき正義
 彼の元ネタは、ポケ戦ムック本でのヒーロー
 要は、プロパガンダ目的の劇中劇で
 てっきり作中も「敵」なのかと

 しかし「負ける事がかっこいい」人物だと

 思うに、負けても何度でも立ち上がる事
 傷も恥も恐れない事

 まさにカザミに欠けた部分を持つヒーローだと

 意外だ…、AI的な何かかと

余談ですが、当初思った「キャプテン・ジオン」

01145


 こういうニュースみたいな「産物」かと

キャプテン・ジオン
 AIと人間を対話させたら、無惨な結果
 同様に、人から「正義」を学んだ
 ELダイバーなのかと。

 でも違った。

 となると「既存キャラを演じてるのは何故?」

 公式サイトでも言及がなく
 劇中で、何か理由と共に明かされるハズ

本来の彼は
作中「キャプテン・ジオン」とは程遠いのかも?

01127
 気弱なヒトが、マナーを叫ぶ為の姿?

演じるという事
 皆にマナーを守って欲しい、という気持ちが昂じ
 素では、とてもそんな事を言えないから
 己の理想像を演じてるのか?
 演じる為の仮面?

 また、敗北動画も上げている

 己の弱い姿も見せる事で
 私だけじゃダメだ、皆で立ち上がって!的な?

 雲の上じゃなく、もっと身近なタイプなのか?

 と印象が変化する回でした

キャプテンを負かしたのは納得のMS!
ガンダムXより「ベルティゴ」

00307
00001
 独特な体型は、ビット展開モードの為

ベルティゴ
 ガンダムX劇中、主役機を初めてコテンパンに!
 今回、キャップをボコったのも納得
 コイツじゃ仕方ない!

 ハモニカ砲を用意しなきゃ!

 未だHGというか、ガンプラになっておらなんだ為
 ファンをやきもきさせるMS

 ラスヴェートβでもいいからお願いします!

カザミは「古巣がある男」だったか

00311
 ♪愛のままに わがままに♪

MU DISH
 ヒロトがこだわるのはイヴだし、パルは初心者
 また、メイは古巣にこだわるタイプでなく
 思えば納得

 色んな形で「孤立」してたBUILD DiVERS

 前作といい、昔のチームはお約束も
 なるほどな回でした

 西遊記仕立ても面白い

旧フォース、カザミのポジションは「猪八戒」
納得しかない配役!

00317
 ゴジョウさんも、昔はヤンチャしてたのかも

西遊記~ゴジョウと愉快な仲間達~
 カザミの立ち位置・猪八戒は、作中でも道化者
 コミカルで、明るく単純な性格をし
 何かと「やらかす」キャラ

 まんまなんだな、とびっくりします

 ただ、その失敗は作中で必要なもので
 物語を動かす役割

 また猪八戒は、色々な悪行もしています

 やがて、三蔵に“戒めを護る”「八戒」と命名

 カザミは「成長するヒト」なんだなぁ、と立ち位置にも感じますね

仲間を信用しないんだな、と言いきられたヒロト
個人的に思うのは

00147
 オープニングでも、常に別方向を向く4人

信頼と仲間
 今回のヒロトは、第1話冒頭の囮事件と同じ
 周りを、気にかけてない訳じゃないけど
 全部独りでやろうとした

 ただ、それは“信用して貰えると思っていない”

 そんな、ヒロトの自信のなさの表れだ
 とも感じます回でした

 前々回は、パルをぎこちなく励まして

 そしてまた一歩、克服へ進んで行くんですね 

説法は十八番? まさに「西遊記」なフォース
リーダー機はガンバレルダガー!

5139EXTFRDL__AC_
 数少ないHGキット化された(ただし105)ダガー

ガンバレルストライカー+105ダガー
 SEED MSV、ASTRAYモーガンおっさん機!
 有線の遠隔攻撃端末、ガンバレルを搭載し
 ジャミング回にピッタリ!

 このガンバレル、設定上は“ムウ用”

 劇中のストライクの活躍を
 ムウがやっていた、と宣伝する為の装備

 プロパガンダ用も、彼が脱走し宙に浮いてた

 回りまわって、モーガン機で実戦投入されたとか

昨年、完成品『METAL BUILD』でも新設定!

1000127232_4
1000127232_8


 迫力あるレールガンも新規設定

ガンバレルストライカー
 近年再立体化で、オリジナルギミック付き商品化
 精緻なディテールや迫力ある重武装!
 絶対強い奴!

 まあ設定的には旧式技術ですけども!

 他パックと違い、グラスパーに接続できず

 メビウス・ゼロそっくりで
 パック単体でも、充分カッコイイ代物ですよねー

更にゴジョウさん、沙悟浄風カスタマイズ

00418
 シェンロンガンダムを思わせる武装!

沙悟浄ダガー(仮称)
 でもビームグレイブでなく、ちゃんと宝杖
 盾も、シェンロンとは似てるも別物
 レドームと考えるべきか

 西遊記では、猪八戒と互角に戦った沙悟浄

 孫悟空や三蔵でなく
 カザミ=猪八戒と、縁深い沙悟浄

 というチョイスもまた渋い

 きっと彼も、昔カザミみたいだったんでしょうね

探知能力強化といえばレーダー・ドーム
レドーム大活躍回!

00000
 レドームといえばアイザックですよね

レドーム
 また、ガンダム・センチネル系では小型品が多用
 ライフルの命中精度アップに用いられ
 やたら印象に残ります

 上のは、主力機ハイザックの派生型

 頭と一体化した、まるで眼のようなレドームで
 センサー有効半径は原型機の倍!

 戦艦や、部隊の「眼」として活躍する偵察機

 目配りが広い、ゴジョウさんの人柄にも通じる!

ガンダムインフォショート漫画
今週は、パル君とキャプテンのガンプラが掲載!



 SD νジオンの悪党面いいよね…

SDガンダムいんふぉ VOL.391
 そのままSD化して欲しい、まとまり良きνジオン
 今や、ガンプラ関係の動画配信は多い…
 と、話の切り口も納得

 変形する武器と、変形するヴァルキランダー!

 モルジアーナ
 楽しそうだよモルジアーナ

 SD化したνジオン、どことなくコマンド的

 口調がやたら力強いからでしょうか

完全に余談ですが
今週はガンダム漫画 2冊の再読感想も



 1990年代の漫画「ガンダムF90」全1巻感想
 現行連載、F90FFの8年後が舞台で
 F91からみて3年前

 これがガンダム! 悪魔の力よ!!



 クロスボーン再読も、現行連載 DUST
 Vガンダム後が舞台となります
 ウッソ達は出ません

 あの戦争の後、地球圏はどうなったか

※トップに戻る

公式ツイッターより

















































2019年11月7日 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」

00038
 カードファイト!! ヴァンガード脚本などのイシノ氏が参加

スタッフ
 脚本:イシノアツオ
 絵コンテ:大久保朋/久藤瞬
 演出:大久保朋
 キャラクター作画監督:大貫健一、石井久美、大籠之仁
 メカ作画監督:松田寛
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:-

あらすじ
前回のミッションで1つ大きな成長を果たしたパルヴィーズ。しかし、カザミは自身が活躍できていないことに1人憮然としていた。そんなビルドダイバーズは、フレディの兄、ジェドがいるレジスタンスの基地へ出向くことになる。
予告カザミ『だからさァ?!』

00002

)予告カザミ 
 だからさぁ!?
 何で、負け動画をアップすんだよ

 キャプテン・ジオン!


 オレはバトルに勝った動画しか上げるつもりはないぜッ!!


 まだ…、撃墜数はゼロだけどな…


00005
00015
 次回、待望の敵・ドートレスが登場だ!!

キャプテンvsデストロイ!
 問題は単なる敵変更か、或いは“有人機”とか?
 何か、作中的な意味があるかッスね!
 涙のカザミと傷だらけ!

 栄冠へ、敗北を含めた“傷”を受け容れる勇気か

 カザミの原型機は
 原作設定で、ストフリと連動前提に誕生

 きっと正義であり、“相棒としてのMS”だから

「相棒」となれ! ぶちかませカザミ!!

 次回、ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」

トップに戻る






 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」
 ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」
 ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」
 ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」
 ガンダムビルドダイバーズ 第23話「宿命の二人」
 ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第25話「新しい世界【最終回】」


 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC 第1話「ヨシ/ゼータキュアノス」
 GBWC 第2話「シモダ/ストライクフリーダムMR-G」
 GBWC 第3話「ロック/ウイングガンダムゼロルシファー」
 GBWC 第4話「キュベレイダムド/百式壊-クラッシュ-」
 GBWC 第5話「ヤマタツ/ガンダムノイズキャンセラ」
 GBWC 第6話「ユースケ/フルアーマーガンダム 〜バラージュ ザ ヘッジホッグ」
 GBWC 第7話「カツ/ジ・O カスタマイズ」
 GBWC 第8話「シューン/ジオング・スペクトラ」
 GBWC 第9話「エピローグ」

ガンダムビルドダイバーズブレイク 感想

 ガンダムビルドダイバーズブレイク 1巻“マスダイバー達の物語”
 ガンダムビルドダイバーズブレイク 2巻【最終回】

※トップに戻る










 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE オープニング&エンディング画像まとめ
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第1話「彷徨のコアガンダム」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第2話「知られざるミッション」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第3話「守るべき場所」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第4話「傷ついた翼」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第5話「いま、翼ひろげて」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第6話「崖っぷちのヒーロー」
 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 第7話「傷だらけの栄冠」

トップに戻る