公式サイト 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST ダスト 9巻 感想
 長谷川裕一 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレ
 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
運び屋アッシュは、宇宙世紀を終わらせる!?
三者、道を別つ時が来た!

00101
00100
00096
前々巻、宇宙世紀は滅ぶと首切り王は断言したも
 今巻、ポジティブな意味で終焉確定か?
 間違いなく、アッシュの“移住”は
 成功するハズだから!

 人類を地球へ戻す世紀へ! Gレコ前日譚!?

“ジョニーの帰還”と同じ事
 まず“宇宙世紀”とは? を1話目でアーノルドが明言
 ならば、人類が地球暮らしに戻るって事は
 宇宙世紀が終わるという事

 命を救う為、大戦争の引き金に…?

 技術退行前を生きたフォント、周囲とズレも見所
 

クロスボーンガンダム ダスト 9巻 感想


・第33話「そして動き始める」
   …フォントが目指す“宇宙世紀の再建”
・第34話「廃墟にて」
   …アーノルドが目指す“宇宙世紀の救済”
   …首切り王、超感覚の正体!
・第35話「ライオンは目を覚ます」
   …レオが選んだ“ミダスの光”の結論
・第36話「道を違う」
   …運び屋アッシュの“誰も見捨てないやり方”

メカニック解説
 アンカーV2 アウトレンジモード
 アンカーV2 インファイトモード
 バロック改

・フォント、バロック同速度のMSを手配

 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

あらすじ
レオの決断! 焦点となった“MS停止ウィルス”は

00068
 レオが破壊、宇宙細菌の轍は踏まなかった!

あらすじ
 U.C.0169、首切り王の正体にアーノルドは決意
 彼は兄と共に、“人減らし”へ動き出し
 首切り王は乗ったフリをする
 
 レオも“ミダスの光”の技術を葬った

 怒った王は、百日後にサイド1を滅ぼすと宣言し
 フォントは“彼を倒す”事を最優先

 アッシュも、サイド1の地球脱出を最優先とする

 彼は“地球降下”の奇策を思いつき…?

第33話
地球連邦軍を代表し、アーノルドは演説する

00001
00002
00005
00006
00007
 7巻と対になる、“対・首切り王の演説”

第33話「そして動き始める」
 今や事実上、キュクロープスを牽引する立場へ
 演説は、意外や“首切り王”の肯定から。
 王の言葉は真実が在ると

 真実だからこそ、誰もが怖い

 まずは、現実へと向き合わせる事!
 グッド切り口!

 その為に、敵の言葉すら肯定する勇気

 こいつ、ちょっぴり一皮剥けた…!

だが!奴はやはり“間違っている”!!
今、ここに皆がいるのが証明だ!

00010
00012
00015
00016
 しかしその演説に、兄王は腹筋大激痛…!

宇宙世紀の再確認
 今、世界は人口を支える生産力を失っている
 でも思えば、それは“前例”があるのです
 あったじゃあないか!

 そも宇宙世紀が、地球破滅の回秘策

 この点、最も掘り下げたのは“ガンダムUC”か
 当時、地球が保たなかった

 連邦という強権を作り、移住を成功させた

 現人類は、“回避に成功した前例”!

我々は、“終わるはずだった歴史の先”だ!
人の知恵は乗り越えられるのだ!

00017
00020
00021
00022
 大演説するアーノルドと、下町を歩く二人

サイド1を継いでくれ!
 この立場がもう、好対になっていますよね
 アーノルドは、人を扇動して動かし
 アッシュ達は共に歩く

 思うにどちらも必要な在り方

 後者は、動員できる数があまりに少ない
 それは間違いねえこって!

 しかし、“9000万を動かす立場”が目の前に

 それが王女、オリエちゃんなのね

だがアッシュは解っていた
サイド1の王と、その娘は“想いあっている”と

00024
00025
00026
00027
00028
 アッシュのレオへの想いは…?

王と王女
 病弱な娘オリエが、アッシュの事を想ってるから
 王は、二人がくっ付けば娘が幸せになる
 と想っている

 同じく娘も、父が望む男を王にしたい

 親子、どっちも“家族を安心させたい”が為。
 失礼な話かもしれないけど。

 アッシュは、“頑張って生きたい”と思わせたい

 だから、敢えて「ノー」と言い続けてるのね

宇宙ゴミ拾いを隠れ蓑に
レオは、フォントから「ミダスの光」を受けとる

00029
00030
00031
00032
00033
 ハロロはやっぱり可愛いね!

ミダス・タッチ・フラッシュ
 MSを停止させる、ワクチン製造不能ウィルス!
 フォントは、どうするかを持ち主レオに
 彼女の“感情”に託します

 力を、自分なら上手く使えると思っちゃダメ

 前作ゴーストは、まさにそんな“思い込み”が!
 宇宙細菌を永らえさせた

 ゴースト6巻を思い出しますね

 僕が一番上手くミダス・タッチ・フラッシュを扱えるんだ!

フォントが目指すのは“世界の再建”
では何故、アーノルドを助けた?

00034
00035
00036
00037
00038
00039
00040
 フォントの方法は「間に合わない」のが欠点

フォントの目指すもの
 まず首切り王を討ち、世界を正気に戻してから
 世界を、少しずつ再建していく事
 工業力を取り戻す事

 元々“ちゃんとした世界”に育ったフォントらしい

 他方アーノルドは、“強い目的意識”がある

 どんな手を、どんな犠牲を出そうと再建する!
 その“強さ”は突出してる

 意思、人柄、実行力の突出か

 また本作、皆が“導き手”を欲しがってると強調

 アーノルドは、現状に即した男なのね

第34話
だが、アーノルドの“長所”が混乱を招く…!?

00041
00042
00043
00044
 アーノルドの言葉は、態度的に真意

第34話「廃墟にて」
 アーノルドは、兄が変わっていないと信じており
 兄が、世界の為に悪を演じている
 と確信した…?!

 共に“口減らし”しましょう提案

 冒頭、王の演説に“真実”を見つけたように
 彼は「現実を直視」する

 このままじゃ、宇宙世紀は滅びると「直視」し!

 口減らしもいとわない「強い意思」!

信頼、現実を直視し、解決を目指す強い意思!
アーノルドの「長所」が悪い方向に?!

00045
00046
00047
 完全に“兄に騙される”アーノルド…!?

この廃墟が“二人の故郷”
 首切り王は感情を読める、嘘を看破できる
 アーノルドの言葉はまず真実?
 兄を盲信してる!?
 
 彼の弟属性、責任感が悪い方向に!?

 ならば、いずれ兄から独り立ちする…
 と信じたいですね!

 彼はアッシュ達にないものがあるし!

 てか故郷が滅んでたのね…

アーノルドの“共闘”に乗った首切り王!
彼の「超感覚」が明らかに

00048
00049
 ファンネルを使える、ニュータイプでもある

王の超感覚
 首切り王のバロックは、一切のセンサーがない
 代わりに、王は「感情の光点」を視認し
 デブリなども認識

 思考は読めないが、位置と「色」を認識

 言葉にすると、やや微妙ではありますが
 センサー不要なほど意識的!

 常人やNTより素早く、敵の位置を掴み得る

 その上、一撃必殺の火力を持つワケだ!

レオの惑いは、大切な父への深い尊敬
大切な父が“殺戮兵器を残した”事

00050
00051
00052
00053
00054
 敵を止める。だが「敵」って誰だ?

レオの惑い
 先日、穀物王があっさり裏切ったみたいに
 首切り王が、“善人”だったように
 敵味方がコロコロ変わる

 ただ父が、命を大切にしてたのは確か

 だから、父の遺産が兵器なのが不思議
 また兵器だろうと壊したくない

 この兵器を壊そう、と結論できない理由か

 父なら、殺す以外の何かなハズだと

夫達の強襲!
そして、ようやく見えた“首切り王打倒”の鍵!

00055
00056
00057
 王は、“障害物の向こう側”からの奇襲も回避

夫が来た!
 王を倒す鍵は、彼が全方位を把握できない
 必ず、どこかに注意が逸れるから
 不意討ちが出来る!

 ただ思うに、問題はファントム

 バロックも、全方位ビーム発射が可能なハズ
 数で攻めても倒せない

 一度は必ず、そんな場面がある気がします

 また今、“最強コンビ”も届かない…!?

首切り王のお土産
クォ・グレーの息子、あっさり惨死…?!

00058
 まさかの一巻退場だとォ!?

ステン・グレー
 前作ゴースト、サウザンド・カスタム達の団長
 その長男、まさかのあっさり退場
 血筋はスゴいのに…

 父クォ・グレーは、第1作カラスの弟子

 父は、第1作以来ずっと生き延びてきたベテラン
 実力はおそらく作中屈指

 ミダスの光に敗れた悲運の強豪

 もはやサーカスの遺産は、全て首切り王の手か
 
第35話
王は、ニュータイプとチェスを打った事があった

00059
00060
00061
 テダレのアッシュも、まるで意に介さない!

第35話「ライオンは目を覚ます」
 シャアの名言に繋がる、ニュータイプの脆さ
 王曰く、NTは直感で最善手が解るが
 所詮「その場」だけ

 対し熟練者は、二手三手先まで読む

 NTという才能は、直感にこそ優れているも
 対応力を磨くのは経験だと

 両方兼ね備えたシャアは、つくづく規格外ですね

 アムロも同様、WBで“経験”を積んでますし
 
王の注意を引くべく“ミダス”を開示へ
語られた性質に、王は大歓喜!

00062
00063
00064
00065
 成長した今なら、父も“一人の人間だ”と解る

王の共感
 王はレオの父を、かつての自分と同じだと発言
 かつて、世が好転すると信じたように
 レオの父は縋ってるだけ

 父は兵器を生み、消す事も出来なかった

 かつての王同様、現実を現実と認識できず
 問題を先送りしてしまう

 なんつう悲しく的確な共感

 現実とどう向き合うか?なのね

何故、首切り王は人を殺すのか?
理由は「薄れている」から

00066
 彼が国を興したのは、“見たいから”

首切り王の楽しみ
 王は善意を信じようとし、ことごとく裏切られた
 世界を救う、“断固たる意思”を失い
 全身火傷で五感も不全に

 心も、五感からの喜びも失った

 それでも心を視る能力で、“人の死の瞬間”や
 また“心が壊れる様”が見える

 彼が知覚できる、数少ない楽しさなのか

 国は手段、心を壊して楽しんでるのね

今なら解る
父は王と同じで、希望に縋っていたのだと

00067
00068
00069
 そしてその希望は! レオには要らない!

父の“おとぎ噺”
 かくてミダスの光は、葬り去られてしまった模様
 つまり父は、この「停止光線」なら
 世界を正せると信じた

 世界を救う力と信じ、破壊を先送りした

 でも現実には、誰に委ねればいいか解らず
 ただただ彷徨うだけ

 その「先送り」を葬った!

 ゴーストと違い、今度は間違えなかった!

完全に注意がそれた!
千載一遇、唯一絶好! 地球圏最強の交差攻撃!

00070
00071
00072
 この戦い、“力の誘惑”を退けたレオの勝ち!

ミダスの光の最期
 レオの狙いは、ミダスの情報で注意を逸らす
 特に、壊した瞬間こそ最高の一瞬!
 見逃さなかった!

 が致命的なスペック不足か

 バロックは、推進器じゃなく“力場”で動く
 次世代推進機関

 光の翼には勝てなかったよ…

 ファントムも同等のはずも、捉えきれなかった!

 百日後の再戦が最終決戦に…?

第36話
兄の嘲笑も、アーノルドは“信じたい”といい…?

00073
00074
 アーノルドは「現実」に向き合えるか?

第36話「道を違う」
 今存在する、“世界を救う唯一の具体策”が兄
 そう、アーノルドは信じて疑わず
 説得は物別れに

 口減らしだけが、世界救済の現実的な案

 ただ、このまま推移すれば連邦とアーノルド
 ネオ・1バンチが滅ぶ

 それも「口減らし」なんですよね

 アーノルド、死んで楽になりたいだけなのかも?

パニックに陥るネオ・1バンチ首脳陣!
そしてフォントの決断は

00075
00076
00077
 フォントの“第1目的”は、首切り王を討つ

アーノルドの想いは?
 だから今、彼はアーノルドの傍を離れません
 光の翼の艦を持ち、神出鬼没の王が
 百日後に“必ず現れる”
 だから!

 思うにアーノルドは、それも計算済みなのかも

 彼は、“兄を盲信するバカな弟”じゃなく
 兄と一緒に討たれたい?

 フォントに全てを任せ、楽になりたいのかも

 アーノルドが、フォントに利してるのは確か…?

フォントだけが見えていない
今、ネオ・1バンチは救えないという“事実”!

00078
 意外やアーノルドとアッシュこそ現実が見えてる

見えているもの
 以前も言っていた“間に合わない”、既に限界!
 今回、アーノルドがデータから知ったように
 僅か半年で物資不足になる

 ネオ・1バンチは、僅か半年で破綻する

 安全安心、人が集まってきた事で
 積層型コロニーも限界

 フォントは前も、世界の行く末を計算し損なった

 彼だって、万能じゃないんですよね

地球移民させる!
ネオ・1バンチを救う道は、これっきゃない!!

00079
00080
 アッシュが“運送屋”な事が、ここで響くか!

地球移民作戦!
 問題は二つ、現実的に運びうる輸送手段がない
 何より、“宇宙世紀”と反している事
 連邦政府が全力阻止!

 でも“Gレコ”に繋がる、第一歩なのか?

 人類が、地球に戻れば“宇宙世紀”は終わる
 そして将来的に「終わる」

 人が地球に戻る、最初の一歩に立ち会ってる?

 これが成功すれば、大戦争になる!?
 
フォントは気付いた
今、アッシュを説得できないのは“同じ事”だと

00081
00082
00083
 曰く“首切り王と、同速で動けるMS”を約束

道、別つ刻
 今、フォントがアッシュを説得しようとする姿
 アーノルドを、説得できないのと同じ
 皆、どっかが足りてないが
 信念がある

 道を別つ、が必ず道は繋がっている!

 以前、フォントに依存してる面もありましたが
 対等以上な関係になった

 肩を並べ、異なる信念で同じ頂きを目指す!

 へっ! 男の子してるじゃあないの!!

宇宙世紀を疾駆するリヤカー!
隊長! 大八車はいつの時代も大活躍ですぜ!

00084
00085
00086
 最後は人力! アーノルドは人々を元気付けていた

世界を支える腕
 作中、アーノルドはアホの子に見えてしまう
 彼は、アッシュ達にも出来ない事をしたし
 元を辿れば兄の言葉

 首切り王とて、世界を救う一つの欠片

 たとえ、当人がどう思っていたとしても
 その行いは広がっていく。

 発作で倒れたオリエを、運んでくれた町の人々

 でも“こんな狭い場所で”と恨んでる人も居るのか

アッシュ、オリエの言葉で閃いた!
一方で、レオとオリエは

00087
00088
00089
 オリエに誠実に向き合おうとするレオ

Gの閃光
 地球移住に、コロニーごと移住できればいい
 と、閃きの話はともかくとして
 問題は「現実」

 DUSTは“現実に向き合う事”がテーマ

 レオは、“アッシュが好き”な自分を偽らず
 オリエに嘘を吐くのを躊躇った

 首切り王の反転も、現実を直視して壊れた為

 思えば本作いつもそうだった気が

 1巻冒頭も、“塵の物語だ”と明言しましたし

方法は見つけた! デメリットだらけだ!!
だから彼は「心に聞く」

00090
00091
 アッシュの心=レオ。何かあったら心で考えろ!

アッシュの大博打!
 結論を出す前に、リスクだらけとレオに説明
 でも、他にネオ・1バンチを救う術はない
 それならば!と

 己の“外付け良心”に問うアッシュ

 元々、アッシュは仕事人でした
 生きる為に生きてきた

 そりゃお人よしではあったけど、商売人だった

 今、採算度外視! 最終セール!!

サイド1でコロニー落としする!?

00092
00093
00094
00095
00096
 コロニーで大気圏突破だ!

ダイナミック入国作戦!
 壮大! ちょっと奥さん、発想がコロンブス!?
 ZZでだって、原型を保ったまま落ちた
 なら話は簡単だ!

 後の問題は保冷と着地か?

 なるほどSIMPLEじゃねーの
 図式は、大戦期のように“3つに分解してる”も…?

 ただ成功した場合、“宇宙世紀”は終わる

 人類の地球帰還が相次ぐハズ

 事情を知れば、他コロニーも敵に回る訳だ!

■メカニック解説
 アンカーV2 アウトレンジモード

00097
 イカリマルを背に装着した汎用形態

アンカーV2 アウトレンジモード
 イカリマル活用へ、前巻から改良されたアンカー
 通常時、“両腕を自由にする為に
 推進器へ転用した状態

 ビーム・ライフルも運用可能に!

 モノはないも、戦場で拾えば使えるのは
 大きな躍進ですね!

 また現形態、コロニー戦主眼にキャタピラ化

 アンカーの“部品融通の良さ”が、生きているのね

インファイトモード
イカリマルを武器とし、手に持って戦う形態!

00098
 ワイヤー接続で、60mもの攻撃半径を持つ!

アンカーV2 インファイトモード
 依然、イカリマルのサーベル稼働には出力不足
 また、背に装着できるよう改造した分
 背の推進器「数」が減少

 フォントは“V3”へ改良宣言したが…?

 連邦製パーツが、精度に優れる旨も解説
 工業力はやはり群を抜く模様

 国力低下も、他組織弱体化で相対的にマシか

 何だかんだで、“MS量産”できてますし

バロック改
サーカス5番機「ガラハド」の腕を移植

00099



 この姿は暫定であり、まだまだ改良との

バロック改
 原型と違い、腕は無線接続に変更されており
 腕だけで、小型MAと呼ぶべき力を持つ
 無線サイコミュMSへ進化

 元々腕は、鋼鉄編・総統機の小型版だし!

 また今回、王の“注意を逸らす”事が
 打倒のヒントと浮上

 でも本機は、“全方位ビーム”があるはず!

 何せこれ、ファントムなんですから

フォント、“バロック同速度のMS”を約束する

IMG_6047
 第3巻でファントム量産化を目論んだアーさん

量産型ファントム
 まず間違いなく、そのひとつが回ってくるハズも
 構造上、光の翼だけ外付けは難しいハズ
 アッシュは乗り換え?

 アッシュは光の翼、レオがアンカーV3へ?

 V2と違い、ファントムの光の翼は骨格同然
 全身に巡っている構造ですから

 決戦ラスト、再びアンカー二人乗りで決着…

 と、いった流れになるのかしら?

収録

00003



 本作は「困難と向き合う」物語なんだなーって

 この後G-SAVIOURやらに繋がらず、Gレコに直結か?

 角川コミックス・エース『機動戦士クロスボーンガンダム DUST 9巻』長谷川裕一、ガンダムエース連載
 MOBILE SUIT CROSS BORN GUNDMAE DUST、KADOKAWA発行
 2019年10月(前巻2019年6月)。

クロスボーンガンダム ダスト 9巻 感想
 第33話「そして動き始める」
 第34話「廃墟にて」
 第35話「ライオンは目を覚ます」
 第36話「道を違う」

メカニック解説
 アンカーV2 アウトレンジモード
 アンカーV2 インファイトモード
 バロック改 

 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想











 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“総統を討て”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“F91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想







 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想















 ゴースト 1巻“エンジェル・ハイロウに欠けたモノ”
 ゴースト 2巻“エンジェル・コール”
 ゴースト 3巻“ファントム起動”
 ゴースト 4巻(刊行当時)
 ゴースト 4巻“V2ガンダム1/2”
 ゴースト 5巻(刊行当時)
 ゴースト 5巻“ジャブロー陸海空”
 ゴースト 6巻(刊行当時)
 ゴースト 6巻“宇宙細菌の殺しかた”
 ゴースト 7巻(刊行当時)
 ゴースト 7巻“キゾ中将の正体”
 ゴースト 8巻(刊行当時)
 ゴースト 8巻“核vsフォントと蜃気楼鳥”
 ゴースト 9巻(刊行当時)
 ゴースト 9巻“トビアとキンケドゥ”
 ゴースト 10巻(刊行当時)
 ゴースト10巻“最強最後のサーカス”
 ゴースト 11巻(刊行当時)
 ゴースト 11巻“地球圏の全てを使って”
 ゴースト 12巻【最終回】(刊行当時)
 ゴースト 12巻【最終回】“ゴーストの名は”

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想














 DUST 1巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 1巻“灰とライオン”
 DUST 2巻(刊行当時)
 クロスボーンDUST 2巻“幽霊”と巨人
 クロスボーンDUST 3巻“農業王の憂鬱”
 クロスボーンDUST 4巻 特装版“カグヤの事情”
 クロスボーンDUST 5巻“アッシュは目指す”
 クロスボーンDUST 6巻“首切り王と料理人”
 クロスボーンDUST 7巻“F89”再投火の日
 クロスボーンDUST 8巻“世界の鍵”アンカーV2!
 クロスボーンDUST 9巻“宇宙世紀、終焉の始まり”
 クロスボーンDUST 10巻“ブラン・ファントム”
 クロスボーンDUST 11巻“史上最大の撤退戦”アンカーV3!!

※クロスボーンシリーズ 過去記事一覧

※トップに戻る