公式サイト(同MSまとめ) U.C.0089-91 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢- 4巻 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ 藤岡建機
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
火星ジオンが、シャアの叛乱に現れなかった訳
TR-6 クインリィvsビグ・ザムも佳境!!

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00060
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00059
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00035

ジオンは本来、スペースノイド独立が願いであり
 地球圏支配まで、欲をかいたのが“失敗”
 では、失敗したのは何故だ?
 男が戦争好きだからだ!

 専守防衛の独立自尊、それがレジオンか!

女王アリシア・ザビの理想
 女王にすれば、地球にケンカ売ってるシャア
 所詮は、同じ穴のムジナって訳ですな
 だから現れなかった訳か

 でも掲げる理想の割に、性格は最低!

 思想は、現代日本への揶揄なのかしらねェ…

A.O.Z Re-Boot 4巻 感想


第2章「アリスの王国 第2話」
  …レジオン女王、アリシアが目指す理想
・れじおん
  …キーワード「輝ける星」とは

・設定解説「リハイゼ」
  …総帥専用機仕様。名にTR-6とは付かない
・TR-6 ファイバーII
  …通称「インレの翼」。
・TR-6 ハイザックII
  …手足を折りたたんだ「ウーンドウォート」
・TRシリーズ集大成「TR-6」
  …各TRシリーズからの系譜
・作業用モビルスーツ
  …バウンドドックを作業機に?!

序章「紅蓮の航路 第4話」
  …第1巻の続き、U.C.0089の戦い!!
・解説「戦略兵器としてのTR-6」
  …火星でようやく実証できた「戦略兵器」
・あとがき
  …半身不随となられて…
・漫画版 機動戦士Zガンダム外伝 A.O.Z 審判のメイス 感想

・これまでの感想

はじめに
舞台は“Zガンダム”4年後、U.C.0091

 U.C.0150年代の火星、教師による昔話の体裁
 Vガンダム期で、地球圏は戦国時代
 火星では「再起動祭」準備中

 元ギレン派レジオン、TR-6とティターンズ系技術

 元キシリア派ジオン・マーズは、ジオン系技術
 ティターンズ残党も火星で活動中

あらすじ
今巻は前半が“前巻”の続き、後半は1巻の続き

00024





 ようやく一巻、ビグ・ザムvsTR-6の続き!

あらすじ
 U.C.091、ティターンズはインレ建造区へ潜入
 レジオンの総帥親衛隊中で孤立した“少年”
 ダイアナと共闘

 市街地、ヘイズルもシンシアを人質に

 U.C.089、ジオン・マーズは火星へ帰還
 レジオンのTR-6に阻まれる

 だが元アクシズ派閥が“PG部隊”を投入

 TR-6は炎に包まれて…?

第2章
輝ける星をもう一度、市街地の“ガス騒ぎ”!

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00008
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00009
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00010
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00011
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00012
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00013

 この回、モノローグは「ダイアナ」

第2章「アリスの王国 第2話」
 前巻と一転、市街地での陽動作戦からスタート
 陽動、ティターンズとジオンマーズ残党が
 レジオン支配下で反乱!

 際し繰り返すのは、“願う”事

 そして女王アリシア・ザビの嘲笑

 願い続ければ叶う
 と繰り返すも、普通は叶いませんよね

 だって人間は無力、願い続けるには限度がある

 でも本作は「インレという身体」がある

 人の身体を捨て、願い続ける物語なのか?

女王アリシアの大望!
リハイゼで、うさぎ狩り=残党を弄ぶ女王

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00014
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00015

 火星では、女王のリハイゼだけが“完全に自由”

レジオン建国の願い
 女王の願いは、火星に“女の園”を建国する事で
 理想郷の為に、国民は「輪」になって
 同調すべきと考えます
 
 女王による同調圧力!

 困窮に不満を言う者は
 理想を理解できない、無能者という認識か

 でも女王は、満たされた暮らしぶりじゃないか!

 女王自身は、我慢してないのに言う!?

女王の遊び・大気圏再突入ごっこ!
重力に引かれる、“火星が自分を求めてるから”!

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00016
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00017
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00018

 キーワードは「みんなと同じにならなきゃ」

モノローグのダイアナ
 自分こそ正しい、女王アリシアの狂気が描写も
 地上では、クローン親衛隊が連携攻撃中
 唯一「男」のダイアナが逸脱

 みんなと同じになれないダイアナ

 同調圧力の星、それも強いる女王の膝元
 ダイアナは辛いね…

 結果、ティタ残党ドナルドに捕縛

 また理由不明も“ダイアナは女王のお気に入り”

 女王にとって「男を従える」象徴だから?

しかしドナルドは女王に狙撃
市街地でも、陽動部隊は殲滅されてしまう

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00019
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00020

 ティターンズ憎しの余り、市街地で発砲!

僕の星は嫌な星だ
 女王アリシアの手で、ダイアナは救出されます
 この騒ぎで、ティタのインレ奪還部隊
 ツキモリ達は潜入成功へ

 さて女王は「もう一度」が嫌い!

 それは、“ジオン残党”自体も蔑む言葉
 彼女は異質なのね

 でも一理ある。一理あるが現実的ではない

「誰だって失敗しうる」と解ってない!

 アリシア女王は心が幼いのね
 
女王アリシアの夢は、“国父ジオンの夢”実現
参謀との軋轢はコレか!

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00021
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00022

 参謀は裏切り、彼がティターンズを招き入れた

女王アリシアの夢
 ジオンとは、そもそもスペースノイド独立が夢
 対し、一年戦争は「地球侵略」を図った
 間違った方策だったと

 独立国家を築き、“夢”を完遂する!

 なんて根本的な指摘!
 女王は、原因は“男が戦争好きだから”だと

 だから女王が率い、インレの力で専守防衛!

 なるほど理には適っている!

参謀は、シャアの軍に協力すべきと提案
拒絶し「男」を嘲笑う女王…

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00023
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00024
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00025

 アリシア女王、立ちションベンを浴びるの図

男だっていいもんだろ
 正直、潜入任務中に何やってんだバカ!としか!!
 船長、ティタ残党がここに来るまでに
 何人死んだと思ってる!?

 要は“男だから出来る事”の表現

 女王は男を完全否定
 でも、立ちションベン攻撃は男の特権!

 金玉を蹴られた男が、チンコで反撃する図式! 

 要は「男の弱点、でも男だから出来る事」

 表現方法がサイアクだけど!

女王の選択は「専守防衛」
インレは、またも歴史の表舞台に出そびれる

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00026
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00027

 市街地でも「ガンダム」が反撃!

理屈と幸運
 それは頭がガンダムなだけ、張りぼての偽物
 要は、“立小便と同レベルの自己満足”
 無謀な蜂起でした

 でも動いたことで事態は変わる!

 たまたま、“女王親衛隊シンシア”を捕らえ
 ガンダムは助かります

 なんて幸運!

 普通はジム頭じゃ勝てない、戦うだけ損

 でも「動いた」事が事態を変えたのね!

どうしてそんなにまでして叶えたい?
諦めていたダイアナも動き出す

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00028

「どうして?」と思う事から始まる

女王親衛隊ダイアナ
 彼は、自分は一生不幸だと諦めていました
 彼にとって「敵」だった人と出会い
 変わり始めます

 大事なのは共感する事

 たとえば、ジオンは世界の半分を殺した
 だからティターンズは憎んでた

 でも「そうまでして何をしたかった?」

 女王は「男が、相手が悪い」と切り捨て

 対し、相互理解を図るダイアナから物語は動くのね!

れじおん編
本編の少し前、パイプライン破損事故が発生

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00029
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00030
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00031

 際しダイアナ達、“現場でのパーツ換装”を実施!

れじおん編
 実際は、ジオン・マーズのテロだったらしいが
 現場が「ティターンズのせい」と叫んだ為
 哀れな元ティタ兵が犠牲に…

 TR-6の本領、“換装機能”を描く幕間!

 TR-6は、機械的な接続さえ出来たなら
 どんなものでも扱える!

 ダイアナは救う為に、シンシアは戦う為

「扱う姿勢」も真逆なのね

際し、元ジオン残党の老人が凍死してしまう
が、彼は「輝ける星」を見た

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00032
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00033

 名誉の為に戦ったダイアナ、結局顧みられず

輝ける星
 本作キーワード“輝ける星”とは、胸に抱く希望
 老人の場合、かつてギレン・ザビ総帥に
 母国に、指導者に希望を持った
 が、後ろから撃たれた

 だが違う、希望に足るものだった

 最期に、彼の心を救ってくれたのも
 また「ジオン」だったのか

 そんな風に、誰もが願いを持っている

 願いを叶える力こそが大切

 物語上、ダイアナこそが「みんなの輝ける星=希望」になるのでしょうけれど…? 

TR-6 ハイゼンスレイIIをレジオンが改造
旗機、“リハイゼ”が掲載!

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00034
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00035

 昔はレジオン親玉「オメガ」も搭乗

ARZ-125 リハイゼ
 TR-6 ハイゼンスレイIIを大改造した総帥専用
 設定画は、内部に収まったTR-6の様子や
 サザビーとの系譜に言及

 女王の意向により大推力化

 飛行が制限された火星
 唯一自在に飛べる、“権勢”を誇示

 偉大と語られてきた女王、心の歪みそのものか

 重そうな外見も、推進器お化けと解ります

劇中「インレの翼」と称えられる形態
TR-6 ファイバーII

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00002
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00003

 挟みこまれた赤いビットみたいなのも「MS」

TR-6 ファイバーII
 小さなビットに見えるのは、TR-6版アッシマー
 巨大、サイズ感がおかしくなるMAで
 決戦兵器、“インレ”の上半身
 下半身は地球

 火星、残党同士の戦争を制した兵器!

 現代の、大陸間ミサイルのように打ち出され
 弾道軌道で敵拠点を強襲!

 その運用上、持ち込める戦力は少数

 防御力も極大化されているとか

TR-6 ハイザックII
ティターンズ系MS、全ての後継機として

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00036
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00037

 TR-6コアMS、ウーンドウォートが可変換装

TR-6 ハイザックII
 高級なTR-6を、敢えてハイザック化する換装
 これにより、操縦感覚が近い新型として
 パイロット達の「機種転換」
 乗り換えが容易に

 TR-6の狙いが、この“機種統合計画”

 開発時期は、MSが様々に進化してしまい
 その規格統合が狙い

 もっとも実際、TR-6は親衛隊機止まりな模様

 見た目上もTR-6からバランスが改善

 フルドドIIも装着、いかにも強力そう!

シリーズ集大成「TR-6」
TR系は、本機の各機能開発の為にあった

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00004

 TR-4を下半身、5を上半身に“インレ”となる

TRシリーズ集大成「TR-6」
 TR-1ヘイズルで換装素体、TR-2でキャノンを
 TR-3で随伴機を、といった具合に
 TR系への解説が掲載

 後継主力機と、決戦兵器の開発

 また、こうやって欲張りプラン化した事が
 開発遅延を誘発したという話も

 ただ多用途だと、予算を引っ張り易い訳で

 エリート=少数ゆえ、決戦兵器が欲しかったのも理屈なんですよねェ…

作業用モビルスーツ
レジオンでは、不要なMSを工作機械へと転用

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00038
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00039

 ハイザック、ハンブラビ、バウンドドック改造

作業用モビルスーツ
 バウンド・ドックは火星にて再生産された機体
 建国戦争で、必要となり製造されたものの
 勿体ない事に作業機に

 飛行禁止令により、MSも機能制限

 いずれも、ローザックにノン-ブラビ
 リバウンド・ドックと揶揄

 親衛隊機なら飛べるも、選から漏れた

 ハンブラビも可変し重機になるのだとか

序章・“紅蓮の航路 第4話”
第1巻の続き、U.C.0089の火星戦争!

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00042
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00043
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00044
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00045



 インレ奪還作戦の2年前、宇宙での艦隊戦!

序章「紅蓮の航路 第4話」
 アリシア親衛隊、“頭部フィギュアヘッド”搭載
 頭部サイコミュブレードの上位機種
 TR-6の中のTR-6!

 これがガンダムクインリィ!

 ティターンズによる、“デンドロビウム級”
 ビグ・ザム退治の専門家だ!

 サイコ・ガンダムと並び称される対MA系譜

 ジオンの奴ら、決戦兵器投入が大誤算よな!

ビグ・ザムール以下
本来、アクシズ援軍を予定していた艦隊

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00046
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00047

 TR-6クインリィ、“モビルビット”を展開

火星副総裁グロリアの猛威
 まさに“拠点防衛”、デンドロビウム本来の使い方
 性能上、推進剤やエネルギーの消耗も早く
 補給しやすい環境が必須
 が

 単独で拠点を防衛しうる絶対性能機!

 コンテナが、対ビームのIフィールドかつ
 駆動させる補助動力

 実態弾を迎撃するモビルビット!

 統括する、“高性能な人間”まで揃ってるワケだ!

アクシズ内紛に巻き込まれまいと火星に帰還
際し、彼らの一部を同道していた

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00048
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00049

 格納庫でたむろする、元アクシズ“PG部隊”

サイコ・ガールズ隊
 Pはサイコミュですが、Gはガールズとは驚き
 とまれ、ジオン・マーズは火星を支配し
 アクシズと技術協力していた為
 増援艦隊を送った

 が、戻ったら支配権はレジオンに!

 頭にきてケンカを売ったも
 TR-6が出現、ボッコボコにされているところ

 これだから男の方々はダメね!

 いや、本作は「そこ」も大切なのか

ジオン・マーズ指揮官チェスターJr.
理屈じゃない、彼は部下の為に戦いたい!

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00050
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00051
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00052

 迷ったときは、心で考えろと。

からくりビグザム
 本編は、アリシア女王が“輪”を大切にしています
 平和の為には、個々人は感情を抑え
 輪、皆での協力が大切

 が、戦いは理屈じゃあない

 自分がどうしたいのか?
 それが大切

 チェスター司令も、“皆の為”の感情

 女王も彼も、ビグザム乗りヌマーシュ

「誰かの為に」ではあるのよねェ…

ただ女王は、平和の為にと謳いつつ
実際は「自分の王国」を築いているだけ

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00053
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00054
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00055
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00056
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00057

 そんな女王に従うグロリア、轟沈…!?

次巻に続く!
 まあンな訳なく、次巻で0089編も決着となるか
 とまれ、ビグ・ザム殺しがデンドロなら
 デンドロ殺しがPG隊!

 火星版ゲーマルクか!?

 非NT用の第四世代機ドーベンに対し
 NT用の第四世代

 量産説はあったも、ここで出してきたか!

 後のバンシィ系な拳まで?!

火星にて再生された「建国の翼」
戦略兵器としてのTR-6

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00058

 戦略、“戦争の行方自体を左右する”兵器

解説「戦略兵器としてのTR-6」
 第一作、実際ハイゼンスレイIIは猛威を振るい
 TR-6が、もし本格的に戦ったら?
 と想像力を掻きたてました

 が、だから“戦わない”決断が尊かった

 対し、本作では“戦略級の性能”を実証
 複雑ではあるも嬉しい…

 また一巻冒頭、インレに“更なる開発目的”が言及

 なかなかそこまで話が進みませんが…?

 次巻、過去編が決着か?

収録

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00000
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ くろうさぎのみた夢 4巻 感想 00006



 あとがきは「祝・ハイゼンスレイ模型化」

 前巻に続き、半身不随となられた事も言及…

単行本
 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢- 4巻。藤岡建機
 電撃ホビーウェブ連載、KADOKAWA発行。
 2019年12月(前巻2019年8月)

A.O.Z Re-Boot 4巻
第2章「アリスの王国 第2話」
 れじおん
 設定解説「リハイゼ」
 TR-6 ファイバーII
 TR-6 ハイザックII
 TRシリーズ集大成「TR-6」
 作業用モビルスーツ

序章「紅蓮の航路 第4話」
 解説「戦略兵器としてのTR-6」
 あとがき
 漫画版 機動戦士Zガンダム外伝 A.O.Z 審判のメイス 感想
 これまでの感想

※トップに戻る


 機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス 1巻 UC0089
 機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス 2巻“鉄槌の正体”
 機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス 3巻“最終回”


 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢- 1巻“U.C.0089”
 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢- 2巻“U.C.0091”
 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢- 3巻“アリシアの輪”
 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢- 4巻“リハイゼ”

※トップに戻る