公式サイト 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 9巻 感想
 長谷川裕一 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレ 再読
 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
U.C.0153、20年を経たシーブック復活劇!
キゾ中将、切り札も明らかに

00097
00095
00038
第一作、ベラと一般人に戻る為に戦ったキンケドゥ
 鋼鉄編、トビアが頼ってこなかった訳を理解し
 彼が、守ってくれた日常を貫き
 パンとして返す!

 17年越しの返事、信念のパン屋だった!

理性を乗りこなせ!
 ウソつきカーティスが、素直なトビアに戻る瞬間
 合理的には、キンケドゥ戦列復帰が最善も
 彼を、戦いに戻さない為に戦う!
 
 人は「こころ」の生き物、人間賛歌だったわ!

 対するキゾが「死者の兵団」なのも好対

クロスボーン・ガンダム ゴースト 9巻 感想


 PROLOGUE
 第37話「鋼鉄のパン屋」
 第38話「いのちを呑む」
 第39話「決意」
 第40話「悪夢の進撃」

メカニック解説
 ZMT-XXG ビブロンズ(型式番号未取得) 

余談
 トビアが「カーティス」になった訳

 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

あらすじ
猛威を振るい、ラスボス機「ミダス」参戦!

00082
 アンデス文明、シカン文化を思わせるMS

あらすじ
 U.C.0153年6月、フォントはシーブックと邂逅
 ベルがフォントの為、パン作りを学ぶ中
 ザンスカール地上軍残党が侵攻し
 シーブックが迎え撃つ

 フォントは彼に、理性を乗りこなす事を学んだ

 カーティスの正体を知り
 戻ったフォントは、ゴーストガンダムを託される

 キゾもエル・ザンスカール帝国を旗揚げ

 正規軍を「ミダス」で圧倒する

PROLOGUE
前巻「おかしくなった」フォントは脱走、そして

00001
00001-
00002
 ガンダム史に残る「どうしてこうなった

PROLOGUE
 パン屋と出会い、弟子入りするスマートな展開!
 前巻、核阻止へ「頭を使いすぎた」結果
 フォントは妙に合理的に

 それこそ敵同様に、命を数字で考えるフォント

 前回! シビアな展開だったハズが
 どうみてもコメディです
 
 シーブックさんめっちゃ体育会系だな!

 0123年に17歳、47歳か!

第37話
強盗の襲撃! フォントは助けようとするも

00004
00007
00008
00009
 ベルに、ベルナデットを連想する元キンケドゥ

第37話「鋼鉄のパン屋」
 むしろ一喝! 助けようとし、止められたフォント
 殺す事はないだろう、ってな話ですが
 事後フォントは震えだしました

 そんな「ワケあり」を家に招くシーブック

 ワケありなんて慣れっこだぜ!
 宇宙世紀屈指にな!

 シーブック、“本名”に戻った元キンケドゥ

 その「重み」も今回の見所

彼が、必死で奪い合っていた「貴重品」とは
また「息子達」はどうしたか?

00012
00013
00014
00017
00018
 実は小麦粉! これもまた本シリーズの肝

U.C.0153の日常
 思わず拍子抜けしますが、それだけ腹が減ってる
 戦乱が、いかにライフラインを痛めつけたか
 痛めつけてゆくか

 また息子達は、リガ・ミリティアに参加

 今、小麦粉を奪い合うような暮らしより
 平和の為に戦う!

 DUST8巻(11巻後)でも不明

 どんなスゴ腕なんでしょ!

ミョ~に、神妙な顔でパンを食べていたベルは…

00019
00021
00022
00025
00026
 パン屋師弟コンビ誕生の瞬間である!

コミカルに真剣に
 現在、街は避難中で、彼はパンを焼く為に戻った
 危険だが、ここで3日間パンを焼く為に
 シーブックは戻ってきたのだ
 命懸けで!

 同じくベルも、「誰より真剣に」パンに打ち込む

 正直、シーブックにとっても邪魔ですし
 貴重な小麦の無駄

 それだけ彼は、ベルの真剣さを感じたのね

 超Cガンダムとは懐かしい!

何故、二人はシーブックと出会えたのか?
パン屋は「20年前」を語る

00027
00028
00029
00030
 フォントは参戦を要請するも、断わられてしまう

20年間、音沙汰なし!
 実は偶然ではなく、マーキングによる痕跡があった
 カーティスが、来るべきか迷いに迷った痕跡
 前回、オートで飛ばしたX-0は
 導かれたと

 対し「鋼鉄の七人に選ばれなかった」と愚痴!

 第1作ラストで別れたきりですが
 トビアが「危うい」と、気付いてたのも流石

 それでも平和になったなら

 トビアが困ったら、頼ってくると思ってたのね

トビアの為にも。「パン屋」であり続けるのだ

00031
00032
00033
 遂に「カーティス=トビア」だとフォントは知る

生きていやがった
 鋼鉄1巻時、トビアは「手段を選んだ」んですよね
 地球を救う為、最善を尽くすのなら
 絶対シーブックは必要

 地球の命運と、彼らの日常を天秤にかけた

 シーブックは、メチャクチャ怒ってる!
 でも深く感謝してる

 20年も離れても、今も阿吽の呼吸

 ガンダム屈指の「師弟」だわ!

トビアが、カーティスになったのは恋人の為
恋人の為「自分の人生」を捨てたのだと

00034
00035
 母親似のようで、しっかり「トビアの娘」だと

命を入れる
 ベルが懸命なのも、フォントに食べさせたい為
 大切な人の為、自分の全部を放り出せる
 生き方がそっくりだと

 彼女はフォントの「現状」を、直感的に理解

 前巻フォントは、数万人の命を背負った
 失敗したら大切な人が死ぬ

 過剰な「理性」は、それを理解したくない

 淡々と「数字」で考えなきゃ死にたくなる!

今フォントは、“命”を感じたくないのだ

00036
00037
00038
 だから今、戦えない若者の為に!

少し借りるぜ!
 自分の選択で、大切な人が死ぬ状況にあった
 だから、「考えないようにした」結果
 異常に理性的になった

 自分の引き金で、誰かが死ぬ恐怖を知ったと

 端的にはありきたりですが
 描写、そこに至る経緯がとても独特で。

 だから解決に「命をいれてやろう」とする事も

 本当、長谷川氏ってばさ!

第38話
街を襲ったのは「取り残されたザンスカール」!

00039
00040
00041
00042
00043
 漫画版シーブックの台詞どこで学んだ?!

第38話「いのちを呑む」
 ベラ様が若い! とまれ「敵も必死」なのが本作
 敵も、本隊から取り残されてしまい
 帰る為に人質作戦を決行
 彼らも必死!

 しかし非道! “生きる為に”死屍累々

 生き残る為、他人を数字で考えてる
 フォントに重なるのね

 一発で夫だ!と見抜くベラ様もスゴい

 ベラ様が! 見抜かれたのだ!

20年ぶりのシーブック、敵に背を見せてしまう

00044
00045
00046
 が、ノールックで関節だけ破壊?!

シーブック無双
 たぶんシーブック史上、もっとも「強い」戦い!
 今回、ファン待望の参戦だけに
 シーブックが見せる!

 敵を見ず撃ち、避け、20年前のMSで圧倒!

 的確に、関節部だけを撃つ為
 敵は次々無力化

 一応ライフルだけ新品ですが「民生」

 敵もサナリィ製だってのに!
 
コクピットをつぶすぞっ!
死にたくなければ、飛び降りろっ!

00047
00048
00049
 降伏しようとした敵は、味方に「処刑」

無法者共
 ザンスカールの新型試作機、ビブロンズと交戦!
 更には「長所」である推力が途切れ
 絶体絶命に

 木星対応、唯一のアドバンテージ推力が!

 車輪で、ギャリギャリ暴れる無法者と
 囲まれた正義の味方

 ハリウッド映画かよ!

「騎兵隊」になれるのは、フォントだけですが…

「命」が怖いフォントに
 ただ「パンを食べてやれ」とシーブックは助言

00050
00051
00052
 食べたパンは「命」だった

いのちのパン
 克服のきっかけは、ベルが懸命に焼いたパン
 誰かが、自分の為に命をかけてくれた
 形となった思い遣りか

 人間を数字でなく、血の通った個人だと思う事

 きっかけとなったのは
 自分もまた、誰かに人として扱って貰う事

 その気持ちを受け止める事か

 パンは「想って貰った事実」そのものなのね!

人間は「感情を理性でコントロールする生き物」

00053
 けど、理性だって暴走すると知った

理性を乗りこなすんだ!
 理性的に損得で考え、誰かを犠牲にする判断
 そんな「過剰な理性」を持ったら
 それも普通じゃない

 理性も感情も、どっちも暴走するものだ

 特に「鋼鉄」編ラスボスがそう
 彼自身は、大量殺戮を酷く恐れていました

 だから「合理的だ」と叫び、自ら犠牲を払ってた

 理性に振り回されてもいけない!

敵試作機ビブロンズ
アインラッドへの「回答」でしたが…

00054
00055
00056
 オウム! デプレ大尉と面識あるの!?

師弟コンビ
 サーカスでなくザンスカール帝国の面白メカで
 例の車輪、アインラッドを固定装備化し
 奪わせない為の仕様

 しかし当の車輪に挟まれデッドエンド

 昭和のイジメか!
 際し、二人はほぼ阿吽で撃破

 ザビーネやら、色んなのと組んだシーブック

 最短ながら、息の合った戦いだった!

帰宅するフォント達、この事件で得たものは

00057
00058
00059
 ただ膝のパン(とアインラッド)だけ

キンケドゥ・ナウ
 やはりキンケドゥといえば、この名乗り!
 今、トビアへの挨拶として名乗り
 フォント達と別れに

 パイロットは廃業、でも「意義ある仕事」

 腹を満たす仕事!
 現役復帰しない、第一作を尊重するラスト

 息子さん達も、後々理解したのでしょうか

 戦うのに負けない「父の戦場」なのだと

第39話
戻っても、果たして受け入れて貰えるだろうか?

00060
00061
00062
00063
00064
 このあっさり感!

第39話「決意」
 決意に反し皆は歓迎、カーティスもあっさりと!
 自身が、いかに思われているのか
 パン事件に次ぐ一幕

 巻き込まれたのでも、踏みとどまったのでもない

 対し、今「自分の意思で選んだ」という事
 フォントは重さを痛感

 でもトビアも誰より知ってるのよ!

 きっと大人は、思ったよりも「知っている」。

 トビアも、すっかり大人ですわ

ただ、飄々としているようで…

00065
00066
00067
 カーティスもジャックも、思ったより?!

けじめの戦い
 ジャック、クロボン名物・皮むきでげんなり 
 お金は、実は妹がシングルマザーな為で
 これも気になるエピソード

 ジャックも「足を洗おう」と思うようなった

 貧しい木星ゆえ、殺すか殺されるか
 ギリギリに生きてきた

 殺さない選択、そんな当たり前にようやく。

 彼は、変わりゆく木星の象徴なのかも

以前、ジャックの「自爆装置」を渡してくれた
カーティスの人生を噛み締めるフォント

00068
00069
 真実を知った今、ベルに「話せない」フォント

うそつきトビア
 カーティスは嘘塗れ、自爆装置は盗聴器だった
 ベルの出生も、政治的に公に出来ず
 夫婦で嘘をついている

 でも彼は、いつも皆の為にウソをついてきた

 当初「ウソでしょ?」と聞けたけど
 重さを知るほど、バラしちゃダメと解った

「それでも誕生を願った」のも重い

 同じ事実でも、知るほどに意味が違ってくるのね

名前は「ゴーストガンダム」でいいかな?

00070
 ファントムは銀のコーティングを施された

ゴーストガンダム
 正確には、外惑星探査で得た希少金属であり
 薄い、実弾へのリアクティブ・アーマー
 対・実弾ABCマント!

 実験的な本機限定の装備

 改修に際し、ガンダムの部品もかなり使用し
 腕部などが変更

 トビアもフォントほど乗りこなせなかったらしい

「最良の選択」としてフォント機になった!

トビアの本音、二人が帰ってこなくても良かった
どこかで幸せに生きてくれれば

00071
00072
 立場とか全部捨てた、“個人”としての頼み!

父の頼み
 脱走時、困惑した風だったカーティスですが
 内心では、ベルも巻き込みたくない
 逃げてくれればと

 合理的ではない「こころ」の判断

 シーブックへの想いと同じ
 でも今、自分の足で戻ってきてくれた

 当人が戦う気なら、“力を貸して欲しい”

 勝って、いつか娘に真実を話す為に!

 お父さんは生き残る為に!

トビアは「ベルの力」も借りると決め、船に残す

00073
00074
00075
00076
00077
 キスを(おでこに)していく二人。

17年目の返事
 今、トビアの心は「鋼鉄編」の旅立ちと同じ!
 キンケドゥが、シーブックでいられるよう
 彼に声をかけなかった

 でも昔と違い、キンケドゥが背を押してくれた

 真心だと理解し
 望むままに、パン屋であろうとしてくれた

 彼の「いのち」を、フォント同様に腹に入れ!

 20年を経て、偽りない関係が清々しい!

第40話
エンジェル・ハイロゥ攻略戦の陰、“建国”!

00078
00079
 キゾとトモエは、“国を得るはずだった”者達

第40話「悪夢の進撃」
 マリア候補、希望を与えられながら落選した恨み
 強者を尊ぶキゾも、彼女にだけは共感し
 エル・ザンスカールを建国

 現在の混乱を、現女王マリアの弱さと糾弾!

 より「強いマリア」を掲げるべきだとし
 強さの論理で男性を鼓舞

 女性支持なマリア主義に+α

 ローズマリー女史が笑ってそうな展開だわ!

「首都」に核を撃った裏切り者を責めるキゾ

00080


 Vガンダム外伝でのキゾ配下隊・指揮官

モルセゴ大佐
 南米、エル・ザンスカール首都を消そうとした
 実は本国、カガチからのスパイだった事など
 キゾ中将も百も承知!

 どうやって一部隊で、本国主力を攻略する?

 今、エンジェル・ハイロゥに向かうキゾへ
 当然の疑問を提示

 その答えは、キゾ隊の「温故知新」研究!

 Ⅴガンダム外伝に繋がっていく…!

キゾ専用機「ミダス」は、とにかく謎なMS!

00081
00082
00083
00084
どうしたんだろうねえ?(キゾ」

王の器「ミダス」
 その名の通り、黄金に染められたラスボス機は
 見た機体を停止させるシステムを搭載
 単騎で圧倒!

 出力も比類なく、武器を振るだけで一掃する

 杖は、本体からエネルギー供給される
 直結型武装の一種

 単純な火力でも比類ない!

 プレ・インカ時代、シカン文化が如き頭部が鍵!

おっといけない! 敵は、大事な「弾」だった

00085
00086
00087
00088
 MS自体を「ビット」に変えてしまうシステム!

MA カオスレル
 同じく艦船級MAは、実に! 総質量4割がシステム
 敵MSに、受信端末となるビットを打ち込み
 トモエの力を12人がかりで増幅
 敵MSを「子機」へ

 なんと理論上、120機も単騎で制御可能!

 問題は、ビットを正確に打ち込む事で
 ミダスの「停止」が不可欠

 まさに夫婦坂! 宇宙世紀の内助の功!

 ビットから「細菌」でパイロット即死!

そう! これは「死者の兵団」を作り出すシステム

00089
00090
 まさにデッド・オア・キング!

死者の兵団
 単にビットを打つだけでなく、中身を細菌
 敵MSが、どれだけ来ようと「味方」にし
 兵団は、文字通り死を恐れず
 エンジェル・ハイロゥへ

 AHは、10万人分の宇宙細菌と化すのだ!

 細菌に必要な「人間」が、都合よく大量に
 ザンスカール本隊も終わる!

 地球圏滅亡必至の素晴らしい作戦!

 インカは、生贄を生きたまま埋めて殺した

 生贄文化を踏まえた「死者の王」か

数千度でなきゃ殺せぬ細菌が、10万人分も!

00091

)ドゥガチの遺児キゾ中将
 まったく! 嫌いじゃないな!
 裏切り者は!

 ぶっ殺した時にすっきりする!からなっ


 この艦自体を
 エンジェル・ハイロゥにうち込む

 一番でっけえ宇宙細菌の“弾”にするんだっ!


00092
00093
 フルクロス! X-0 フルクロスじゃねーか!

蛇の足vs新帝国
 刊行当時、めちゃくちゃ興奮したのがココ!
 ここでの、フルクロス登場に関しては
 前情報なかったから!

 無茶だが誰にも止められない野望

 父、ドゥガチがそうだったように
 彼には「歯止め」がない

 無茶苦茶だが、誰も止められないのよ!

 次巻より、最終決戦スタート!

■メカニック解説
 ザンスカール帝国軍、陸戦試作機ビブロンズ

00094
00094-
 下は採用機、ブルッケング

ZMT-XXG ビブロンズ(型式番号未取得)
 皮肉にも採用型と似た、タイヤ捕獲攻撃に敗北
 側面を、ビーム・シールドで守るのではなく
 頭を兼ねたビーム砲で迎撃

 尻尾は、先端部含めそのまま武器に

 元より、通常MSより「速い」のですし
 守る心配より攻撃的に!

 頭部は砲で、特徴的な「猫目」を持ちません

 その為、一層独特な外見になってます

 オメーどこ中だコラァ!

余談。トビアが「カーティス」になった理由

00065


 顛末は鋼鉄編 最終巻。整形している

トビア・アロナクス
 戦死した木星人、カーティスに成り済ますトビア
 顔も整形し、これまでの人生を全て捨て
 宇宙漂流で記憶喪失になった
 と偽った

 宇宙海賊の彼が、テテニスと結ばれる唯一の手段

 木星圏では宿敵扱いであり
 テテニス=ベルナデットも、国の為に尽くしたい

 添い遂げる為に全てを捨てた!

 初期作で16歳、テテニス15歳。
 ゴーストでは36歳

 成り済ましてる関係上、外見や戸籍は歳上に

収録





 無職×ロボット「高機動無職ニーテンベルグ」と同時刊行

 角川コミックス・エース『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 9巻』
 長谷川裕一、月刊ガンダムエース連載、KADOKAWA発行
 2015年4月(前巻2015年1月)

クロスボーン・ガンダム ゴースト 9巻
 PROLOGUE
 第37話「鋼鉄のパン屋」
 第38話「いのちを呑む」
 第39話「決意」
 第40話「悪夢の進撃」

メカニック解説
 ZMT-XXG ビブロンズ(型式番号未取得) 

 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

※トップに戻る

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想

 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“総統を討て”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“F91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想

 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

 ゴースト 1巻“エンジェル・ハイロウに欠けたモノ”
 ゴースト 2巻“エンジェル・コール”
 ゴースト 3巻“ファントム起動”
 ゴースト 4巻(刊行当時)
 ゴースト 4巻“V2ガンダム1/2”
 ゴースト 5巻(刊行当時)
 ゴースト 5巻“ジャブロー陸海空”
 ゴースト 6巻(刊行当時)
 ゴースト 6巻“金色のビルケナウ”
 ゴースト 7巻(刊行当時)
 ゴースト 7巻“キゾ中将の正体”
 ゴースト 8巻(刊行当時)
 ゴースト 8巻“核vsフォント”
 ゴースト 9巻(刊行当時)
 ゴースト 9巻“トビアとキンケドゥ”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 10巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 11巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 12巻【最終回】
※続編ありきの完結

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想

 クロスボーンDUST 1巻“灰とライオン”
 クロスボーンDUST 2巻“亡霊”と巨人
 クロスボーンDUST 3巻“農業王の憂鬱”
 クロスボーンDUST 4巻 特装版“カグヤの事情”
 クロスボーンDUST 5巻“アッシュは目指す”
 クロスボーンDUST 6巻“首切り王と料理人”
 クロスボーンDUST 7巻“F89”再投火の日
 クロスボーンDUST 8巻“世界の鍵”アンカーV2!

※トップに戻る