公式サイト 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 8巻 感想
 長谷川裕一 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレ 再読
 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
切腹するファントム!
非NTフォント、一世一代の「核撃墜」作戦!!

00095
00093
00090
次巻フォント達と、シーブック(48)が邂逅!
 ファントムの隠し機構、蜃気楼鳥も解禁
 この機体だからこそ出来た
 対・核ミサイル巻!
  
 敵はマッハ23! 核撃墜へ最善を尽くす8巻!!

尽くした結果は
 最速で最善の選択を、と思考を尽くした「結果」
 答えは次巻も、これがまたシリーズ屈指
 屈指に好きなエピソードだ!

 敵ラスボス機も顔見せ

 トビアが、“見えない”事を活かす戦いも格好良い!

クロスボーン・ガンダム ゴースト 8巻 感想


 PROLOGUE
 第33話「綱の上のフォント」
 第34話「蜃気楼の鳥」
 第35話「追撃の900秒」
 第36話「迷子」

メカニック解説
 EMS-TC02 ファントム 蜃気楼鳥
 EMS-TC03 バイラリナ
 ZMT-S29 ザンネック

 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

あらすじ
ジャックさん、ヒロイン2号にカウントされる

00083
 見送るとき「帰ってくる」って信じてるのよね…

あらすじ
 U.C.0153年5月、宇宙細菌焼却へ核が発射された
 フォントは、ファントムを可変させ
 ベル達の助けもあり撃墜
 阻止に成功する

 また海賊軍は、リガ・ミリティアと協定を締結

 際し、フォントはカーティスへ提案し
 異常な状態にあると確定

 ベルに手を引かれ、フォントはX-0で脱走

 やがて「シーブック・アノー」に目撃された

PROLOGUE
核ミサイルが来る! 2万の「他人」がいる場所へ

00002
00003
 防ぐと決めたフォント、ポイントは「機能」!

PROLOGUE
 核で狙われた街を、逃げず護ると決めたフォント
 前巻、たった一人が助かっただけで安堵し
 たった一人の死に苦しんだ

 今、2万も見捨てられやしない!

 核ミサイル阻止作戦
 初代ガンダムで、アムロ・レイが達成

 しかし数字上、とんでもない難易度!

 挑むフォントの作戦とは

第33話
我が身を惜しめ、逃げろと叫んでくれたジャック

00007
00009
00011
00013
 亡きローズマリーに、敬意を払うドゥーさん

第33話「綱の上のフォント」
 フォントがやると決めた今、トビア達は支持
 自らも、街に居残って敵MSを倒し
 退路を作ると約束

 お前の賭けに、乗ってやるって話!

 トビアも老いました
 第3巻時は、“思った事を実行できない”と吐露

 しかし今度は「付き合う」

 若者の熱に、大人も若返るのね!

まず為すべきは、情報の分析だ!

00016
00020
 ローズマリーが狙われたのは「たまたま」

地球クリーン作戦
 勘に任せて動かない、フォントはNTじゃないから
 ニュースや、交戦記録などを傍受し
 核ミサイル発射艦を特定へ

 さてまず「何故、いきなり撃ってこない」のか

 敵は細菌の脅威を熟知し
 賢明にも『核でないと、滅菌できない』と判断

 誤解ですが、少なくとも賢明

 即発射、なんてしないのが「チャンス」だと

だが「威嚇射撃」じゃない!?

00022
00026
00027
 フォントは「賢いが抜けている」

ザンネックの猛威
 賢い彼は、事態を冷静に推理して動いてますが
 事態を、客観的に見てしまうあまり
 自分が当時者と忘れます

 自分が動けば、他人もまた動く

 彼は「学生で素人」
 自分を、他人がマークするとまで考えないのか

 とまれ“見落とし”

 これは今後、思わぬ形でも表出するのでした

静止衛星軌道上のMS! 迎撃してくれたのは

00028
00029
00030
00031
 極細ビームを、高度約35,786kmに当てる!

ニードル・ヴェスバー
 ヴェスバーは、速度と出力を自由に変えられる
 木星は、更に「絞り」に特化させる事で
 長距離狙撃を実現!

 細い分、使い手側に技量を必要とする武器!

 初代ガンダムの「ジム」
 アレは拡散させ、コストダウンと命中率を確保

 全く逆な、エース用武器なのね

 可変は小回りが下がるも、狙撃に適した形態に

エネルギーが小さい為、なんと連射可能なのだ!

00032
00033
 極端な収束で、砲身側が溶けてしまう

コーシャの手向け
 実はコーシャは、ローズマリーに敬意を抱き
 彼女を、不意討ちで殺したザンネックへ
 曰く「罰」を与えた

 言わばローズマリーの置き土産

 姐さんありがとう…。
 死せる迷迭香、生けるコーシャを走らす!

 またこの時の行動も、後々再び…

 色々繋がってるのね

核ミサイル、発射予測地点は「三つ」!?

00034
00035
00036
00037
00038
 ここぞで指を指すのがベルちゃんだ!

天使の指差し
 さすがに、情報分析でも特定には至らぬも
 サイキッカーであるベルが指示し
 ファントムは「変形」!

 トビア、ローズマリー、ベルの後押しで!

 全てが綱渡り
 つくづく皆あっての事

 アムロ・レイの超人芸に、今フォントが挑む

 鍵は「蜃気楼鳥(ミラージュ・ワゾー」!

第34話
切腹するファントム! 機構を“見抜けた”理由

00039
00040
00041
00042
 変形中「壊れた!?」とか言われるMS

第34話「蜃気楼の鳥」
 V2と違い、ファントムは“木星から地球を狙う”MS
 かつて、鋼鉄の七人でトビア達が行った事を
 木星側が「やる」為のMS

 巡航形態が、あって然るべきなのだと

 しかし、光の翼が失敗した時点で
 開発者が物理ロック

 これを壊す、切腹アクション!

 操縦桿、切り替えも見物!

なんだかわからんが止まれ!
制止する帝国軍

00043
00043-
00044
00045
 ここでジャックも残り、“現場組”に参加!

ミラージュ・ワゾー飛ぶ
 無事、変形を終えたファントムは飛び去り
 後は、事情を知らぬ敵通常戦力を
 ちっくりちっくり倒す!

 意外にやるのがドゥーさん! さすが!!

 リア・シュラク隊
 伊達にVガンに乗ってないぜ!

 またサーカスも、脱出へ反対側を殲滅

 結果的に、街防衛に寄与

どうやって核を撃墜する? フォントは考える!

00046
00047
00048
 今、自分は世界にいる。実感が大切

核ミサイル撃墜作戦
 本ミサイルは、実にマッハ23という飛翔体
 チャンスは、大きく回りこんで追いつき
 等速度になった時

 可能なのは“加速し続ける”光の翼だけ!

 マッハ23相手じゃ、狙撃も無理
 とかく「速度」が壁

 初代のアムロも「追いついて切断」

 当時の映像表現だと、遅かったですものねえ

他方、巨大すぎる敵に手を焼くジャック

00049
00050
00051
 そうデカいと「誤認する」のじゃ!

後のラスボス機である
 第1巻時、ザクの大きさを見誤った
 ミス、乗じて騙された事に
 今さら大笑い

 なんて他愛のない! 笑うしかないやね!

 人生は笑うのが一番!
 とまれ巨大機、フル武装ドッゴーラ!!

 その全長、イキな369.3mだって言うぜ!

 369.3m! ザク21機ぶん!!

核発射、カガチは“尊敬するドゥガチ”に謝罪

00052
00053
 指揮官は「Vガンダム外伝」での艦長

カガチの謝罪
 20代の頃に、80近いドゥガチと親交を持ち
 打倒、地球連邦という野望を共有
 死後20年も温めてきた男

 ドゥガチの本心を、どこまで知ってたのか

 ドゥガチは地球殲滅
 カガチは、地球クリーンで思想は正反対

 正反対だけに、尊敬してたとかなのか

 カガチ、断腸の思いで発射…!

第35話
核、発射! 追いつくには「4.8G」もの加速…!

00054
00055
00056
00057
 5倍もの自重に、900秒耐えねばならない!

第35話「追撃の900秒」
 間一髪、核は発射され「追撃」に入ったフォント
 マッハ23の敵を、加速しながら追う!
 光の翼ならではの芸当

 ただ機械はともかく、生身が耐え難い

 ファントムの原型、光の翼「F99」もそうでした
 MSにそんな性能は必要ないと

 不要論も納得のキビしさ!

 でも、だからこそ核を追えるのね!

設定全長369.3m! ドッゴーラに手を焼くも

00058

)カーティス・ロスコ
 見えないというのも
 悪いことばかりではないな

 おまえがどれほど巨大でも おれは威圧感に惑わされない


 おれにとって
 おまえはただの 曲がりくねる道だ!


00059
00060
 お散歩おじさんカーティス、ドッゴーラを轟沈!

見えない力
 全身が武装コンテナ! 絶大な火力と巨体
 何より、威圧感で圧倒するMAを
 しれっと潰すカーティス

 見えないのも悪い事ばかりじゃない

 設定上は一個中隊相当と
 ザンスカールが、大盤振る舞いしたのも分かる!

 もう散々だよ!

 核でまとめて焼くつもりとはいえ!

何も知らず、キゾ「暗殺」を狙う地上部隊

00061
 しかし、眩い輝きを放つMSに殲滅…!

王の器
 核ミサイルが迫るとも知らず、暗殺を図る
 しかし、キゾは悠々と単騎で殲滅
 逃れてしまいます

 姿さえ見せぬ、“輝くモビルスーツ”

 拠点としたマチュ・ピチュ
 インカ帝国が崇拝した、太陽を思わせるMS!

 実はMS工廠でもあった「首都」

 キゾは実験部隊司令だから、当然っちゃ当然か

辛くて「俺はどうしてこんな事を?」と思うけど

00062
00063
 通信機の、雑多な映像が彼を繋いだ

フォントの動機
 600秒も、4.8Gに晒され続けたフォントは
 今や、操縦桿を握る手はしびれ
 息をする胸さえ重い

 それでも。こんな「当たり前の世界」を。

 雑多な映像は、皆が生きてる証
 フォントはこれを守りたい

 日常を、一発で消し去る核が憎い

 本当にたわいない映像さえ、彼の力になるのね 

追い抜いた! 併走可能な時間は

00064
00065
00066
00067
 愕然としたフォントだが、やり抜いた!

悲劇の阻止
 一旦追い抜き、MS形態に戻し「併走して」斬る!
 しかし、MSで併走できるのは6.3秒
 ほんの一瞬だけ!

 フォント死ぬ程ビビるも、やるしかない!

 ハロロでさえ真顔となる瀬戸際
 最後の最後で!

 仮に外せば「核自爆」で元の木阿弥

 ジャブローの悲劇は避けられた!

が、フォントも完全に力が入らなくなって…

00068
00069
00070
 フォント、結局宇宙までブッ飛んだらしい

負けるか!
 ローズマリーが死に、苦しかった時のように
 自分も、誰かの胸の穴になるのかな…
 最期にぼんやり考える
 が!

 ベルの叱咤で「頑張った」フォント!

 ファントムと出会った時もそう
 殺されるのが許せない

 理不尽な死を憎む!

「負けるか、死んでたまるか」と生きるのね!

 見た目理系なのに、パワフルな子だ!

第36話
ザンスカールの興亡もめでたく出版され…

00071
00072
00073
00074
 死してなお、叩き起こすローズマリー!

第36話「迷子」
 とまあ、平和な始まりとなった「12時間と3日後」
 フォントは、捨て身で2万人を救い
 誇れる事をしたと賞賛

 が、“ガラスの向こうのような”

 フォントが、普通に疑問を浮かべると
 直後「( )」と推理が。

 周りが「妙に良く見える」

 ガンダム史的にも、珍しいケースの始まり

点滴が「連邦軍御用達」になっていた

00075
00076
00077
 小さな情報から、あっさり推理するフォント

止まらない推理
 点滴を発端に、リガ・ミリティアとの合流を推理
 更に、リア・シュラク隊によるスパイ行為や
 カーティスが見逃した事…
 と、次々推理

 木星はザンスカール協力者だと疑われている

 宇宙細菌という突飛さも含め
 カーティスは、疑念を晴らすべく暗躍…

 ブツブツ推理し出したフォント!

 軽いホラーだよ彼! 

傍目に、超能力めいたフォントの有様は

00078
 曰く「竜を追う者は竜になる」

脳ミソの熱爆走
 更に数日後、フォントは不思議と水しか飲めず
 栄養を点滴で補うようになっていた。
 曰く「熱爆走」

「思考」が、まったく止まらなくなった!

 最速で最善の判断を
 核を止める為、最善手を高速で考え続けた結果

 今や「思考」が止まらない状態

 フォントは考え続けるからよ! 止まるんじゃねえぞ…! 

「リガ・ミリティア」リーダーとの会談

00079
 多数の影武者を持つジン・ジャハナム

ウッソのお父さん
 時期は、いよいよエンジェル・ハイロゥ起動寸前
 リガ・ミリティアは、木星軍にも参加要請
 少しでも戦力が欲しいから

 また“木星の真意”を掴みかねているから

 木星はザンスカールの仲間
 今回も「交渉中」とし、攻略戦参加を拒否

 これは怪しがられて当然!

 それでも、カーティスは「参加できない」と

カーティスは「あなたは本物だ」と呼び交渉

00080
00081
00082
 一応納得させるも、ヘロヘロだよ!

戦況の変化
 Vガン本編、エンジェル・ハイロゥは単騎で起動
 建造計画当初より、技術的に発展し
 人類殲滅が可能となった。
 と、解釈したのね

 危険さを増したエンジェル・ハイロゥ

 しかしカーティスは、サイキッカー救出をと主張

 動力である彼らを助ける交渉
 だからリガ・ミリティアに、完全加入は出来ない

 全ては亡きエリンの遺志

 裏切られても、信じようとするのね!

フォントを元気付けようとするヒロイン1号、そして2号!

00083
00084
00085
 ジャックさんが公式ヒロインに

フォントの提案
 ところが! 当のフォントは怒鳴られてた!!
 曰く「サイキッカー救出の断念」。
 効率的な提案

 今や交渉や、助けてる状況じゃない

 今は「リガ・ミリティアの信頼を得る」事
 攻略戦へ、参加すべきだと

 細菌なしじゃ、エンジェル・ハイロゥは脆い

 第1巻でシミュレートしたとおり。

フォント『だったら…、はじめからそれは、あ…、諦めて』

00086

)カーティス・ロスコ
 それを…

 おまえが言うのかっ! フォントおっ!

 “やめる理由がない”と言ったのと同じ舌でっ!


00087
おれは… 戦争をやっているつもりはないよ

竜となった少年
 竜を追えば竜になる、フォントは「竜」になった
 つまり、“効率”でものを考えるあまり
 キゾに近い思考に

 戦争、効率で物を考えるようになった

 トビアが憎み、戦ってきた「敵」側と
 フォントが同じになったと

「結果として多くの命を救う」

 敵のお題目が、フォントの口から飛び出した…

こんなところにいるからだ! ベルの涙

00088
00089
00090
 そして逃げ出した迷子は、鉄腕パン屋と出会う!

THE 鉄腕パン屋!
 おっ! 通りすがりのシーブック・アノー(48)!
 とまれ、確かに「こんなところ」に居たから
 フォントはおかしくなった
 戦場だから

 唯一稼働状態のX-0を盗み、自由への飛翔!

 ファントムはぶっ壊したから…
 際しジャックが手引き、この人もいじらしい

 でもどこへ? と操縦桿から手を離すフォント

 で、襲われているシーブックと遭遇!

■メカニック解説
 ファントム“本命”機能、蜃気楼鳥が発覚!

00091
 正直かっちょ悪いとは思う!(迫真)

EMS-TC02 ファントム 蜃気楼鳥
 しかし、寝そべり変形に留まらぬ意欲的な変形!
 フォルムもですが、腰も回りそうになく
 思うに、立体化を考慮してない
 バウ的な変形!

 目的が“巡航”なら、可変機構が絶対ある!

 目的から機構に気付く
 MSマニア、フォントの面目躍如って奴!

 ギミック的にも「切腹」が見所

 更に本件をきっかけに、改修されるってワケよ!

EMS-TC03 バイラリナ
一騎当千の砲撃機は、“絞り込む機能”に特化

00092
 可変したのは「砲撃に専念する」為

EMS-TC03 バイラリナ
 これまた、MA形態こそ真髄だと言えるのかも
 しかし、乗り手コーシャが使いこなす事で
 MS形態にも、大きな利点を与え
 総合性能を高いものへ

 高くない出力で、静止軌道まで届く火力が脅威

 生産性と性能の両立ですが
 そこまで絞ると、連射で砲身が溶けるのが弱点

 また針のように細く、高い技量を求めます

 あらゆる意味で「乗り手次第」

 その性能は、後年も思わぬ形で活用へ

ゲストMS「ザンネック」。その驚異的性能!

00092-
 その活躍、性能、フォルムで人気の高いMS

ZMT-S29 ザンネック
 サイコミュで、制止衛星軌道から狙撃するMS!
 本機で、母艦を一方的に殲滅してしまえば
 趨勢が決するとさえ言える
 戦略級MS

 サイコミュ探知と、2基の粒子加速器が

 主力の15m級MSより大きく
 出力も、量産機ゾロアットの倍に達しています

 通称は「ミニ・カイラスギリー」

 コロニー・レーザーを凌駕する兵器の小型版

 粒子加速器を用いる構造を、そっくり小型化しています

収録

00006


 Gレコとビルドファイターズトライ放送中!

 角川コミックス・エース『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 8巻』
 長谷川裕一、月刊ガンダムエース連載、KADOKAWA発行
 2015年1月(前巻2014年9月)

クロスボーン・ガンダム ゴースト 8巻 感想
 PROLOGUE
 第33話「綱の上のフォント」
 第34話「蜃気楼の鳥」
 第35話「追撃の900秒」
 第36話「迷子」

メカニック解説
 EMS-TC02 ファントム 蜃気楼鳥
 EMS-TC03 バイラリナ

 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

※トップに戻る

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想

 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“総統を討て”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“F91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想

 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

 ゴースト 1巻“エンジェル・ハイロゥに欠けたモノ”
 ゴースト 2巻“エンジェル・コール”
 ゴースト 3巻“ファントム起動”
 ゴースト 4巻(刊行当時)
 ゴースト 4巻“V2ガンダム1/2”
 ゴースト 5巻(刊行当時)
 ゴースト 5巻“ジャブロー陸海空”
 ゴースト 6巻(刊行当時)
 ゴースト 6巻“金色のビルケナウ”
 ゴースト 7巻(刊行当時)
 ゴースト 7巻“キゾ中将の正体”
 ゴースト 8巻(刊行当時)
 ゴースト 8巻“核vsフォント”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 9巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 10巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 11巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 12巻【最終回】
※続編ありきの完結

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想

 クロスボーンDUST 1巻“灰とライオン”
 クロスボーンDUST 2巻“亡霊”と巨人
 クロスボーンDUST 3巻“農業王の憂鬱”
 クロスボーンDUST 4巻 特装版“カグヤの事情”
 クロスボーンDUST 5巻“アッシュは目指す”
 クロスボーンDUST 6巻“首切り王と料理人”
 クロスボーンDUST 7巻“F89”再投火の日
 クロスボーンDUST 8巻“世界の鍵”アンカーV2!

※トップに戻る