公式サイト グランベルム プリンセプスのふたり 第8話 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 21時 感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
アンナは“前例”。舞台の不確かさが明らかに!

00290
00135
00396
アンナ、存在まで消された?! ロサが今活きるとは
 消せるように、書き換えたり作ったりも?
 魔力封印の「記録」も捏造…?
 前提が覆るのが面白い!

 満月も元々、存在しなかった人間…?

全裸朝チュンも明らかに
 終了時イメージしておかないと、再現されない
 つまり、“服が再現されず全裸になる”ように
 これもイメージは大切?

 水晶が「呪いを望んだ」予告も意味深

 魂食い、アンナといい不憫な…

グランベルム 第8話 感想


 グランベルム 第8話「魔術師になるということ」
 冒頭「呪いを解いてくれたら負けてあげたって」
 Aパート「二人が全裸である理由」
 消えたアンナ
 無かったことにしようとしている
 初めまして、水晶です
 満月が戦う理由
 水晶の動機、水晶の忠告
 Bパート「ただ私は食べただけ」
 魔力は「封印されてる」のか?
 まっしろな絵日記
 新月は満月が辛い
 この からっぽが大きすぎるから
 九音たちが一番強い
 寧々が突き止めた異常
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 次回予告
 これまでの感想

異常に「魔力干渉」されていた事実があきらかに

00216
 満月は「作られた存在」ではないか?が急浮上

「器じゃない」という事
 たとえば、魔力を封じた人の生き残りだとか?
 隠れ蓑へ、満月人格を「器」に偽装
 家族を「希望」した?

 誰かが「満月」に成り済ましているとか?

 ロサ同様「家族だと、思いこませている」のか?

 満月と水晶、瞳も同じと強調され
 同類っぽさが加速

 或いは、完全に「つくりもの」であるとか?

次回タッグ戦! 満月・新月タッグを切り崩す…?

00497
 九音と水晶タッグ? 何を吹き込まれた…?

あらすじ
 九音は、解呪するなら敗退していいと提案
 水晶は、不気味に応えてキスを返し
 九音に違和感が起こる

 一方「現実」へ、大規模な魔力が行使された

 アンナは存在しなかった事になり
 寧々は、“魔力は封印されていない”と結論する

 満月は新月と勝利を誓う

 しかし小日向家に魔力の痕跡が確認され…?

 次回、グランベルム プリンセプスのふたり 第9話「ノクターン、染め上げて」

『手を出すな』と断言され、戦いを見守った満月

00001
 前回、アンナは執念及ばず敗れ去った
 新月は、未だ幼い日を想っていたが
 再現された大切な光景にさえ
 アンナは止まらず。

 気持ちがまったく届かなかった

 新月は泣き濡れるも…?

水晶『ふふっ、人の心を弄ぶって楽しいィ~♪』

00006

)九音
 お願い!
 呪いを解いてくれたら…

 負けてあげたっていい!


)水晶
 本当?


00023

)水晶
 ふふふ…
 人の心に合わせて、魔力がいったりきたり
 ころころころころ…
 次々変わる♪

 赤青黄色、群青色♪

 あなたの魔力は…、何色?


 ふふ…、ようこそ♪


00035
00041
00044
00047
00052
00053
 そして「水晶に見られる」満月

九音不幸
 九音は呪いを解くのが動機、条件として解る
 しかし、「望んでしまった」為に
 こんな事に…?

 九音側の同意があったから、こんな事に?

 キスから始まる新章
 百合が、花をつけている…

 もう、満月陣営もキスするしか!

 九音さんホント不幸な子

満月『どこ…?』

00055

)九音
 おねえちゃん…

)満月
 待って!?
 待って待って!
 九音ちゃん九音ちゃん!?


00059
00060
00064
00069
00072
00074
 必死に布団のはんぶんこを図る満月!

全裸再び
 第2話同様、全裸で目覚めてしまった二人
 当時、何が起きたのかは不明も
 まさかの真相が

 てっきり単なるギャグなのかと

 制服が皺にならぬよう
 気を利かせて、脱がせただけなのかと…

 歯磨き新月かわいい

 冒頭から百合が咲きすぎる!

『どうして、新月ちゃんのところに戻ってきちゃうの?』

00081

)新月
『ここ』に戻っている訳ではありません

 戦いが終了した時に
 戻る場所をイメージしていないと

 入ったところと、同じ場所に戻されるのです


 一糸纏わぬ状態で


00082

)新月
 戻るときはイメージした方がいいです

 戻る場所と
 自らが着ていた服装を


)九音
 先に言って!?


00085
 戦闘時に「服が変わる」からか

しょうげきのじじつ!
 戻る際に、服が再構成に失敗したらしい
 今回は、九音も頭が一杯だった為
 イメージし損った?

 一緒に新月が拾ってきたんでしょうか?

 薄い本に適した設定が…
 てか「イメージしないと再現されない」のか

 戻る際、服以外も再現されない可能性も?

 と、意外に重要そうな…?

満月『戦いは?!』

00087

)新月
 負けることは無いと言ったはずです

 アルマノクスのコアは完全に破壊しました
 つまり、グランベルムからは…


)満月
 いつか、きっと解ってくれると思う…


00088
00094
00097
 満月に癒される新月

いつかきっと
 前回を思うと、とてもそうは思えません
 少なくとも、今は元気付けられる
 満月の存在がありがたい

 にしても「人形」が妙に強調

 アンナとの想い出の人形でしょうが
 特に語られず

 今回の内容的に「誰かの正体」とか?

寧々『ブタ 持ってきて』

00100

)寧々
 ドロセラノクターン
 この余裕のある動きからして

 今が全力じゃないのは明らかよ

 乗ってるのはどの家系の子?


00101
00107
00111
00116
00117
00120
フーゴ家? あそこの家なら、私より先に負けたでしょ?

消えたアンナ
 寧々の中で、“アンナ”の記憶が失われていた!
 アンナ、消え方がおかしかったけど
 尋常じゃなかった…?!

 また、水晶の家系は無名。機体も類似例がない

 魔術師は家系ですから
 寧々のように、ある程度「前例」が普通っぽい

 前例のなさも、満月と似てます

 前々回的に、グランベルム最初の勝者…?

満月『記憶がない…?』

00122

)九音
 強力な魔力に
 術者の生命が耐え切れず、消滅した…

 心当たり、ない?


00124

)新月
 …確認した訳ではありません

 ただ、最後に頭の中を光が広がり…
 消えていきました


 アンナの光が…


00131

)九音
 魔力…
 アンナに関する記憶も記録も全て消されている


 私たちが戦った後
 こちらの世界に、強力な魔力が介入して…

『なかったこと』にしようとしている

 彼女の死を。
 

00135
00139
00141
 アンナは「ロサ」に取って代わられていた

辻褄あわせ
 グランベルムでの死亡は、“なかった事”に?
 あれほど、アンナを思ってた家族が…
 なんとまぁ残酷な
 存在すら

 アンナの死は、“魔力の負荷による死”

 その結果だから異常?
 或いは、“死亡したらこうなる”仕組みなのか?

 多分後者に思えます

 てかロサ「ここ」で出るキャラだったのね!

 出番がないなと思ったら!

新月『アンナ…!』

00143

)満月
 新月ちゃん!?


)九音
 何を言っても、事実は変わらない!


)満月
 …白……

「(いやだ…、いやだ…、いやだ…!)」


00155
00156
00159
00161
 真っ白い満月に目を奪われる満月


 満月は、真っ白い「何もない夢」がトラウマ
 今回、アンナが白紙化された事に
 連想したのでしょうか

 存在が「白紙化、真っ白」になる苦しみ

 何より新月は、アンナが大好きでした
 衝撃が大きすぎる

 あれほど憎まれても、好きなものは好き

 自分の手で消してたとは…

寧々『あの子達の言ってる事が本当なら…』

00165

)菜々
 あの子達が向こうで幻を見せられていた
 って可能性は?

)寧々
 もちろんその可能性はある。
 けど…


00166
00167
00169
00171
で、寧々姉は誰が勝つと思う? グランベルム

痕跡を探して
 回答はなし。満月の名を挙げるんでしょうか?
 とまれ、“こっち側に魔力が介入した”なら
 痕跡があるハズ

 その痕跡、“魔力の痕跡”がない

 逆じゃないの?
 とは、これまたごもっとも。

 寧々姉は独自の視点から追っていくのね

 ちょっとした探偵的ポジ

九音『お姉ちゃん…っ』

00180

)九音
 お姉ちゃんの匂い…
 お姉ちゃんの音…

 ……!?


00182
 水晶のキスが頭を過ぎる九音

ショック
 姉のモノだ、と思った匂いに大きな違和感が
 と、愕然としていたらしい
 最大の執着が…

 予告で起き上がっていた

 アンナ編は終了
 次は、九音受難編ってワケ!

『初めまして♪』

00186

)水晶
 初めまして♪
 袴田水晶です、よろしく♪


00192
00195
 唐突に現れおった!

颯爽登場
 例によって術を使い、気配消ししてるらしい
 よその学生がいきなり出現!
 神出鬼没!

 満月、すぐ新月に相談も「近寄らないように」

 野生動物か!
 街中でクマに出くわしたような助言

 新月自身は学校を休校

 心配してた矢先に、とんだビックリ箱だよ!

満月『それより…、大丈夫?』

00204

)満月
 軽々しく言っちゃいけないのは解ってる
 けど…

 自分を責めないでね?


)新月
 ! …ありがとう


00209
00212
00214
00215
00216
00217
 本当、新月は満月に救われてる…

キスの件は保留
 あくまで「余計なお世話」と自認しながら
 おずおずと言う満月が素敵です
 ただ絵的にもショック

 想い出の写真まで「ロサ」に塗り替えられてる…

 満月たちは、“あっち”にいたので影響外
 しかしいつまでも…?

 魔石だけが「あの子がいた」確かな思い出か

 アンナ師匠、不憫な…

『スマホ禁止だよ? 学校内♪』

00220

)水晶
 あなた達、三人で共闘してたんでしょ~?
 このままじゃ私だけ仲間はずれで
 次の戦いよう…

 ずるいじゃん…


 今度は私と組んでくれない?


00224

)水晶
 私を魔術師にしてくれたら
 魔力で何でも願いを叶えてあげる♪


)満月
 別に…、願いなんてないし
 魔術師になりたいわけでもないから!


00227

)水晶
 じゃあ!
 何で戦っているの?


)満月
 新月ちゃんの為だよ!

)水晶
 どうして?


00235

)満月
 好きだから!
 新月ちゃんの願いを叶えてあげたいから…
 ズルくてもいい!

 卑怯だといわれてもかまわない!


 だってそれが…、あたしの願いだから!


00241

)水晶
 ホントにそうなのかな~?
 まあ良いよん♪

 今はそれで♪


00243
00244
 満月の望みじゃないだろ、と言いたげ

揺さぶられる満月
 2000万パワーズの如く、勧誘に現れた水晶
 言う事は、確かに筋が通ってますが
 どこまで本気なのか

 彼女は「満月の正体を知ってる」

 新月の願いを叶えたい
 第3話で願いを聞き、同じように言ってました

 新月と組めて良かった

 アレは「新月になら勝者を譲れる」って意味か

満月には「自分の願い」がない


 新月の「私と戦いますか?」もはぐらかしてた
 本当は、勝者は譲るとスデに決め
 行動してたんですね
 第3話から

 満月は、“己の才能で戦う事”自体が望み

 過程が目的で、願いを持たないのだと

満月『なんで…、あんな事したの!』

00248

)水晶
 好きだからよ、どちらも♪
 そう♪

 四翠も、九音も。


00254

)水晶
 一つだけ、アドバイスしてあげる
 小日向満月

 あなたはこれ以上グランベルムに関わらない方がいいわ

 参加する器じゃない


 何もないの、あなたには。

 なぁんにも…♪


00257
00268
00270
00273
 瞳の色が同じなのは、伏線なのか?

何もない
 自分に何もない、トラウマを突きつけられた満月
 ただ、水晶側は「お前は作られた存在だ」
 と言った可能性も

 作中、破格な魔術の才を見せる満月

 記憶操作の無効も。
 今となっては、別の意味に受けとれます

 続ければ満月、消滅の危機…?

※トップに戻る

水晶『にょ?』

00278
00279
00282

)水晶
 よく止めたわね~、それはそうよね?
 大好きなんだもんね?

 私の事♪


00285

)九音
 何をしたの…!?
 何をしたの!

 私にッ!


00290

)水晶
 何も?
 ただ私は「食べた」だけ

 あなたの姉、四翠の魂を…♪


00293
00297
00306
00309
 水晶機が「食べる」イメージが描写

首を失ったアルマノクス
 言葉通りなら、“九音には”何もしていない
 姉・四翠こそ「食われてた」
 それが呪い…?

 アンナ同様、姉の記憶も修正されてた?

 本当は姉も参加し
 グランベルム中、水晶に食われてた?

 で「最初から寝たきり」と修正された?

 機体コアを食ったのか…?

水晶『だからあなたは感じているの…♪』

00312

)水晶
 この身体に、お姉さんの匂いを、声を、魔力を…


 ね? ほら、抱かれたいでしょう?
 抱きしめられたいでしょう?

 見つめられたいでしょう?

 おいで、九音…。 


00315
00318
00324
00327
00329
返して…、私のお姉ちゃんの魂を…、返して!

姉がごとく
 さっきのは「水晶が、姉と同じだった」驚愕か
 キスされ、水晶当人と接触して
 同じ匂いと気付いた

 機体は、乗り手の心が形になったもの

 中でもコアは、乗り手の魂そのもの?
 壊すと魔術師でなくなる

 壊さず食われた結果

 九音への執着は、姉から受け継いだもの…?

 返す事なんて出来るの…?

菜々『徹夜してると、また小さくなっちゃうよ~?』

00333

)寧々
 あの子達か私達
 どちらかが、魔力で記憶を操作されているのだとしたら!

 この数値はありえない…


)菜々
 どちらも操作されてない、って事なんじゃないの?


00339

)寧々
 これまでにも
 参加した者の記憶の齟齬は存在していた

 って記録が残ってる!


00341

)菜々
 意外と好きなのね
 あの子達の事♪


)寧々
 …好きよ
 皆、事情があってこの戦いに参加しているんだから


00343
00344
00352
00353
 ヘッドフォンを付けると「無音」

信じるからこそ
 マトモに考えれば「記憶操作なんてない」
 今までも、似た主張はあったものの
 調査不能だったらしい

 でも、満月たちを気に入ったから調べたい

 いい年長者してます
 以前と違い、好きだと素直に認めた事も含め

 長足で! 心が成長してる寧々

 身体はちっさいですが

寧々『…ノイズキャンセリング!』

00357

)寧々
 強力な魔力に対して

 逆位置の魔力を発生させて相殺する…!?


)菜々
 そんな…、出来るの?


00359

)寧々
 もちろん普通は不可能よ
 ただ、それが強力な魔力を使いこなせるものなら

 たとえば、世界の全ての魔力が封印された…

 魔力の塊のような存在だったら…?


00361
00362
 ヘッドフォンと同じ原理。

ノイズキャンセリング
 魔力の痕跡がない、“だから何も行われてない”
 特に、強力な魔術の痕跡なら
 消すのは不可能

 が相殺にも、莫大な魔力を使えばどうか?

 発想自体が、あまりデタラメすぎて
 思い当たらなかったのね

 そこで、“相殺”の影響を可視化してみた

 痕跡だけ浮き彫りになるように

菜々『なに、これ…!?』

00371

)寧々
 魔力係数…
 こんなの、魔術師がまだ存在していた千年前でも
 ありえなさそうな数値よ!?


)菜々
 世界の全ての魔力は封印されてるんでしょ!?
 マギアコナトスに…


00378

)寧々
 通説ではね
 ただ、そんな歴史…
 これだけの干渉が「中」から出来るなら

 幾らでも作り出すことが出来る!


)菜々
 ここだけ、特に反応がスゴいけど!


00380
 魔力封印など、捏造でしかなかった?!

可視化された痕跡
 もちろん、実際「こっち」では魔術が使えず
 魔力が「あっち」にあるのは事実
 だが?

 あっち側から、誰かが意図的に使ってる?

 魔力は封じられておらず
 誰かの意思で、行使できる状態にある?

 前々回曰く「グランベルは、何故行われる?」

 水晶の娯楽とかなのか?

水晶の言葉『“何もないの、あなたには”』

00384

)満月
 うー…!
 考えない考えない!

 それが狙いなんだからっ!!


00387
00389
00391
00393
00395
00396
00398
00399
 果たして悪夢か。現実だったか

白紙の満月
 満月、不安で絵日記をひっくり返すと真っ白!
 もし現実なら、彼女は「何もない」。
 作りものという事

 記憶が消せるなら、“作る”事も可能か

 満月の動機は2話
 自分が、存在してると証明したい事

 それは作りものだから?

 誰の被造物なのか?

新月からのLINE『起きてますか?』

00405

)新月
 水晶は平気でしたか?

)満月
 うん、色々言われたけど平気……


00408

)新月
 嘘をついていますね、顔を見れば解ります


)満月
 それを言うんだったら
 新月ちゃんもウソついてる


00419

)満月
 …涙の跡
 アンナさんの事、好きだったもんね


)新月
 泣く資格なんてありません
 彼女はまだ、私のこと恨んでいるでしょうから


00420

)満月
 それでも…
 私は、新月ちゃんを応援しているよ?

 新月ちゃんが自分をどんなに責めても

 私は「悪くない」って思ってるから


00424

)新月
 …満月
 もう、グランベルムに参加するのはやめて下さい


00434
00435
 才能があるから義務感が生じる

涙の跡
 今、アンナを“殺してしまった”新月だから
 満月には、もう参加して欲しくない
 危なすぎる!

 満月は、気遣う事が出来る子だからか

 泣き跡に気付くくらい優しく
 戦う理由もない。

 新月は“それが羨ましい”と言いたげ

 新月は「無い」コトが羨ましい

新月『あなたが戦う必要も、理由もない』

00440

)満月
『何もない』からね…

 水晶って人にもね
 そう言われた

 何もないんだから、もう参加するなって


 器じゃないって…


00442

)新月
 違います!?
 私が言っているのは…


)満月
 解ってるよ?

 新月ちゃんが、そういうつもりで
 言ってるんじゃないのは…


00448
 
)新月
 …辛いのです
 満月が戦っているのを見るのは


 私たちは皆、傷付き、失い、執着し
 何かを背負って戦ってきた…

 戦うしかなかった


 戦って魔術師になるしかなかった…

 でも、あなたは… 


00452
00455
 動機があるのは「苦しいこと」だと

ないという幸福
 新月の場合、魔力を失くすのが“良き未来”
 魔力、家系に苦しまされてきたから
 同じ苦しみを無くしたい

 母や姉、“魔力でしか叶わない願い”

 そういう願いを持たない事
 新月の物言いは、羨ましげに見えます

 満月は平和に生きられる

 なのに身を投じるのが、見ていて辛いのだと

満月『違うよ』

00459

)満月
 違うよ。
 あたしは「何もない」を背負っている

 真っ白で透明で…
 何もないけど、とても重い……

「何もない」を背負っている


 新月ちゃん達と同じ
 それをなんとかしたくて…

 戦ってきたの


00463
 満月の空虚感も、並み大抵ではなかった

からっぽが大きすぎるから
 皆、“グランベルムに勝たなきゃ”と必死
 満月も、初めて見つけた「特技」
 だから執着する

 初めて感じた「自分だけに出来る」

 魔術師になりたい訳じゃない
 他に何をやっても、手応えを感じなかったから

 グランベルムだけ手応えを感じた

 ここにでしか出来ない

 その点は、皆と大きく変わらないと

新月『涙の跡……』

00469

)新月
 満月がそう想っていても
 私は、そんな事ないと思っていますよ

 何があっても…


)満月
 …いっしょだ♪

)新月
 一緒ですね


00474
00477
 新月の言葉を借りれば、新月も「心」がある

満月だけの
 満月の苦しさは、端的に言っておかしなものです
 それでも、満月は心から苦しいのだ
 と、涙で理解する新月

 満月は「自分には何もない」のが苦しい

 でも「他人を気遣う心がある」
 と、くり返す新月

 満月に「つくりもの」疑惑が

 でも確かに、彼女には心があるのね

満月『じゃあ…、やっぱり一緒に戦いたい!』

00479

)満月
 いいでしょ?


)新月
 …甘えてますね、私は…。


)満月
 それは私もだよ~♪


00481
00489
 形は違うけど、どちらも自己否定

新月
 どちらも自己否定し、そうじゃないと肯定しあう
 満月と新月、良いコンビになってきました
 いよいよ残るは4人

 また「新月」は、月が見えなくなる現象

 あるのに見えない。
 彼女の「気持ちが伝わりにくい」性格か

 また昔は「隠れた後、初めて見える月」が新月

 見えなかった面が、どんどん見えてくる子ね!

九音『お姉ちゃん…』

00492
00493
00494
00497

)四翠
 私と九音が一番強い

 そう、九音の軽さと私の重さ

 それが合わされば
 全てをコントロールできる…


00501

)九音
 …お姉ちゃん!?

)四翠
 待って、お願い、水晶…。
 お願い…


00508
00509
「お願い」の後は聞き取れず。

軽さと重さ
 四翠が、うわごとで水晶に頼み事を
 水晶が、それを叶えてあげるべく
 共闘する流れ…?

 次回は2vs2!

 ただ「四翠は、水晶に操られてる」。
 と誰もが予想するハズ!

 制作側、どんな答えを見せてくれるのか

 九音の機体、実はコンビ戦前提…? 

水晶『おはよ♪』

00512

)水晶
 二人一緒に襲い掛かってくるつもり?
 ズルくな~い?


)新月
 一対一でも良いですけど

 人の心を弄んで、楽しむような輩には
 そのくらいのことをしても、バチは当たらないと思いますが?


00515

)水晶
 開き直ったものね~?


)満月
 悪い?


)水晶
 んーん? その方が面白い♪
 壊し甲斐があるから♪


00519
00523
00527
 さすがサークルクラッシャーの姫

クラッシャー水晶
 アンナ戦で、罪悪感などが生じるのは必至
 また、実際に犠牲者が出てしまい
 満月へも不安が

 しかし今回、一気に払拭だ!

 奇しくも、水晶が共通の敵になった事で
 闘志が燃えてる感も

 アレ、もしかして計算内?

 次回、九音を捨て駒にする策かと思いきや…?

寧々『…あの子!』

00529

)寧々
 あの子
 マギアコナトスの中に入って、戦っているにしても
 この魔力干渉の数値は異常すぎる!

 それに…、ここも!


)小日向希望
 あれ? 寧々ちゃんっ


00531
00532
00536
00538
00541
00542
 異常なのは「魔力干渉の数字」

干渉ゲージ
 どうやら「魔力で、何か干渉された」という痕跡
 特に満月の家へ、異常に魔力が使われ
 何かを改竄している

 妹・希望は、特に魔術的な描写はないハズ

 彼女が「希望」して、満月は作られた?
 満月が「希望」して家族になった?

 ロサ同様、家族だと想いこませているのか?

 新月編を終え、物語は九音・満月編へ…?!

感想追記
公式ツイッターで「設定が固まる前のイラスト」



 当初は王道のレバー操作タイプだったらしい

イメージイラスト
 設定上「ロボは、魔法使いの杖のようなもの」
 糸への変更は、魔法感があってとてもいいです
 また「開発風景」

 これが好き! リューナイトっぽい!!

 その後、設定が変更され「心の形が作るもの」へ
 アルマノクスは心の産物
 ロボじゃない

 でも寧々機=先祖の継ぎ接ぎとロボ的な設定も

 開発風景とか超好きなんですけどね!

 せっかくの「ロボ」なんですし

新月の等身大フィギュアが展示中!


 CGかよ!? と思わせる非現実感!

褒めてます
 物語前半は、新月vsアンナが濃かったですものね
 満月をさしおいて新月ちゃん!
 頭がエジプトっぽい!

 マスクは下ろした状態なのね

 あのマスクがドイツっぽい
 Gガンダムのネオドイツ代表みたいで

 やっぱりドイツったらゲルマン忍術ですよね

 ねえ防塵マスクのクロノクルさん!

アンナに対する記憶は「ロサ」に入れ替えられた

00214
 車椅子生活かと思いきや、まさか抹消とは

師匠、散る
 なんだかんだで、新月はアンナが大好きですし
 てっきり、後に和解かと思いきや…
 可能性は最終回復活か

 スピード退場したロサが、ここで活きたのも驚き

 アンナは「第1話で退場した」扱いで
 記憶改竄されてるのね

 縁深い新月の扱いは?

 とは思うも、フーゴ家はフェードアウトしそう

私は前回で「好きだなソレ」と思いました。師匠

00127
 自分はとっくに壊れていると称したアンナ

削ぎ落とした先
 しかし、みっともないとか道徳とか損得とか
 そうした全部をまるっと脇にやって
 ただ「望む事」を

 人生で、ただ「やりたい」を素直に実行する

 人間は、恥と理性、社会性の生き物なので
 とても普通は出来ない事
 正直「痺れる」

 そこに痺れる! 憧れるゥ!と思いました

しかし、アンナ師匠が退場してしまうと

00087
01028
 飾りが一切ない部屋の、素朴な人形

リボンの人形
 リボンの位置こそ違うも、新月を模した人形
 アンナが贈ったものか、と思いましたが
 思ってただけに、退場が意外
 どこで語るんだろう

 似てるのでなく、新月の正体は人形だ!的な?

 とか思ったんですが
 話的には、満月が怪しくなってきましたね

死者発生を「なかったこと」にしたグランベルム

00092
 前々回「人形劇が続くように」と誰かが祈った

記憶改竄現象
 儀式が、禁止されないようする為でしょうか
 死者が出ても、危険儀式扱いされぬよう
 死者を隠蔽する機能?

 過去も改竄はあったようですし

 何故行われる?
 現状、「水晶が娯楽に望んでる」よう見えます

「中止」を避ける安全装置なのかしら

※トップに戻る

公式ツイッターより





















































































2019年8月23日 グランベルム プリンセプスのふたり 第7話「魔術師になるということ」

00282
 監督が絵コンテ! 重要回なのね

スタッフ
 脚本:花田十輝
 絵コンテ:渡邊政治
 演出:明珍宇作
 作画監督:北原大地
 アルマノクス作画監督:-
 総作画監督:野田康行
 アルマノクス総作画監督:ジミー ストーン
 アニメ制作:Nexus
 原作:オリジナルアニメ/シリーズ構成:花田十輝
 制作協力:-

あらすじ
 水晶と戦う満月と九音は、水晶の不気味な雰囲気に押され、苦戦するも切り抜ける。新月の家で目を覚ました満月は、寧々からのメッセージに気づき、家を訪ねる。
 昨夜の戦いを振り返るも、寧々からアンナについての記憶が消えてしまっていた。
 違和感を覚えた新月たちは急いでフーゴ家に向かうのだが…。

次回予告『九音が求めるのは』

00548

 九音が求めるのは、姉の四翠との穏やかな生活だけ

 魔術師の家に生まれたことで、翻弄され続ける二人の姉妹を
 もてあそぶように響く、クリスタルの笑い声

 今、姉を取り戻す戦いが始まる


 次回グランベルム「ノクターン染め上げて」

 その呪いを、私は望んだ…


00570
00571
 姉は呪いだと思い込もうとしてた?

タッグ戦開幕!
 九音は実は、四翠が倒されるのを目撃していて
 倒されたんじゃなく「呪いだ」と逃避し
 自ら忘れてたのか?

 姉は呪いだ、立ち直れると思おうとしたのか?

 タッグ戦だと思いきや
 新月同様、デカい子機(精霊)の召喚か!

 姉と同じ赤眼で、九音を追い詰める水晶…?

 次回、グランベルム プリンセプスのふたり 第9話「ノクターン、染め上げて」

トップに戻る



 
 
 
 



 グランベルム プリンセプスのふたり 第1話「世界で唯一の魔術師」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第2話「私がここにいるために」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第3話「満月に鐘は鳴る」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第4話「風水師リンフェンフェン」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第5話「小さな少女の小さな願い」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第6話「魔石」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第7話「ミス・ルサンチマン」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第8話「魔術師になるということ」
 グランベルム プリンセプスのふたり 第9話「ノクターン、染め上げて」

トップに戻る