公式サイト 女が苦手なヤンキーと少女の話 1巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 丸美甘 これまでの感想はこちら 前連載最終巻はこちら
同い年なので! 自己主張から始まるラブコメ!!

00069
00065
00064
無表情な子なのかな? と思ったらカバー下と落差!
 丸美甘先生、これを狙っていたのでしたら
 予想以上の効果をあげたぞッ!
 満面かわいい!

 苦手だけど、この子となら。不器用ラブコメね!

第1話とまとめはこちら(外部)
 作者買いですが、当初ツイッターで連載し
 今回、単行本化と“連載化”が決まり
 ガンガンONLINE連載へ

 特に1話ラスト、妙に可愛い!

 そうだったのねー、から始まった漫画だった!

ヤン少女 1巻 感想


※公式サブタイ未収録の為、便宜名です

 第1話「小学生相手にビビんな!」
 第2話「この見た目のおかげで」
 第3話「退化してる!」
 第4話「お邪魔します…」
 第5話「熊田くんを好きなわけ」
 第6話「抱き上げるって」
 第7話「何も起こらないはずがなく」
 第8話「一族の遺伝子」
 第9話「何かお礼するぞ!」
 第10話「迷走した大人の女アピール」
 第11話「二人が出会って初めての」
 第12話「これは実質デート」
 第13話「しかし私は手負いの身…」
 第14話「二人の明日はどっちだ」
 第15話「熊田二段攻撃」
 第16話「お弁当を作ってきたの!」
 第17話「嫉妬という感情」
 第18話「とおる様と優くん」
 第19話「二人で初詣に来ました」
 第20話「お兄ちゃんと喧嘩したの」
 第21話「朝まで一緒」
 第22話「弟が大好きなヤンキーの話」
 第23話「熊田家ご両親」
 第24話「熊田家ハッピーセット」
 第25話「Valentine's Day」
 第26話「どんな気持ちで」
 第27話「寝てる彼に好きと囁いてみよう」
 第28話「…ん」
 第29話「終わった…」
 あとがき
 丸美甘先生 他作品 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

あらすじ
第1巻は、二人が知り合い~翌年の頭まで

00063
 おまけファッションショーが9枚も!

あらすじ
 熊田優は、女子に素直になれない高校生
 だって、可愛いし良い匂いがするし!
 近寄り難いのだ

 だがある日、普通に話せる同級生と出会う

 卯月さやかは、見た目が幼いので
 意識せず済むのだ

 だがさやかは、彼に恋して近付いた

 冬、ホワイトデー、二人は距離を近づけていく

第1話
女が苦手なヤンキーと少女の話

00002
00003
00007
00008
 ぺろっと制服だと明かすシーンかわいい

第1話「小学生相手に」
 女が苦手な彼が、同級生にグイグイ来られた
 どっこい! 実は最初から狙われてた?!
 女は狼なのよ!

 が、この為に一ヶ月も通いつめてたとか

 なにそれかわいい
 彼の「女嫌い」も、理由がファンシーすぎる

 縄でくくって女子校に放り込みたい!

第2話
この見た目だから、熊田君はさやかと話せる

00009
00010
00011
 しかし誤解されっぱなしなのだよ!

第2話「この見た目のおかげで」
 見た目は幼女! 中身は女! 名探偵コナン!
 さやかは考える! 彼は勉強が苦手
 学力で、同級生と思わせる!
 認めさせる!

 まず「高校生と認識して貰う」べく奮闘

 なんてこった、抱きついてるのに!
 抱っこでしかない!

 幼女か!

 熊田君の保父スキルが上がっていく!

 しかし、めちゃめちゃ恋してんなこの漫画!

第3話
順調に、扱いが後退していくさやか

00012
00013
 幼女扱いから退化、赤子扱いへ

第3話「退化してる!」
 完全に、休日のお父さんモードに入った熊田
 すごい、高校生にして更なる父性に
 こいつ父性の塊か!

 ただ“この見た目だから”仲良くなれた、

 そんな「おねむ」回
 違う、これは添い寝じゃあない!

 熊田君が子持ちししゃもの心境に!?

第4話
未だ、さやかが高校生とは思えない熊田君

00014
 高校で遭遇、そしてオンザ熊田!

第4話「お邪魔します…」
 なお熊田、「コイツも俺を熊のように?」と誤解
 童話で、優しい熊が少女を乗せるように
 自分を熊と思ってる?と

 童話か!

 全力で話題になる行為だコレ!

 4話にして「高校生」認知されたのね!

第5話
熊田くんは良い奴! 雨の日に捨て犬拾ってた!!

00015
 しかもウザいくらい自慢したという

第5話「熊田くんを好きなわけ」
 ベタな理由! からのウザ熊田に脱帽した
 すげーよ熊田、オメーすげえよ
 想像以上にいいやつだよ

 あまりにベタで、作り話かと思いきや

 一発で納得!
 クラスメイトの納得力もスゴい

 熊田側も「庇われ」ドキンときた!

第6話
具合の悪いさやか、抱き上げていく熊田

00016
00017
 おこめさまだっこ!

第6話「抱き上げるって」
 惜しい! 一文字違いだったじゃあねえか!
 ここまでくると、さやかも理解
 これが熊田くんなのだ
 と

 そしてラスト「今、家に誰も居ない」

 さやかを、家まで運んだ!
 だが誰もいない!

 いかん罠だ! さやか、恐ろしい子…!!

 こんなに小さくても女なのね…ッ!

第7話
男女二人きり、何も起こらないはずがなく…

00018
 ホントに何か起こった!?

第7話「何か起こった!」
 うっかり転倒し、多いかぶさってしまう熊田
 思ったより、どんどん意識を深めます
 良かったロリコンだった!

 さらっと「熊牧場みたいだよ」はヒドい

「嫁入り前の…」とは古風な子…。

第8話
さやかの弟が帰宅、慌てて隠れる熊田だが

00019
00020
00021
 どっこい兄だった! しかも大学生!!

第8話「さやか一族の遺伝子」
 一族、遺伝子に小さくなる何かが入ってるの!?
 当初、慌ててベタに隠れた熊田ですが
 思わずツッコミに

 敗因はツッコミ

 妹溺愛症候群らしく
 迂闊に、手を出せないフラグが立ってしまった

 立った! フラグが立った!

第9話
勉強に手応え! “何かお礼する”と言った結果

00023
00024
ちゅーして きゅださい(しゃやか」

第9話「何でもお礼するぞ!」
 噛んだ! 死んだ! ツッコんだ!?
 なお「手の甲に」キス
 漫画か!

 曰く「どこにしろと言われなかったから」

 熊田君はピュアだなぁ…
 上白糖かよ…

 なお和三盆の語源は「唐三盆」だとか

第10話
さやかは おとなのおんな をアピールした!

00025
00026
 おめでとう! さやかは「女」と認識されてた!

第10話「迷走した大人の女アピール」
 薄着、眼鏡、出来る女とアピールをくり返し失敗
 実は! スデに認知されてたんだぜ!
 ってな回

 なにこの空回り尊い

 対し「わかってたんかいー!」も笑える

 微妙に関西ノリだなコレ!

第11話
冬。寒がらない! ヤンキーは寒がらないッ!!

00027
00028
 からの「女」を感じさせるさやか!

第11話「初めての冬」
 過保護な兄に、山ほど着せられるさやかと
 自称「ヤンキーのこだわり」で
 厚木市内厚着しない彼

 マフラーとか買おう、とデート決定に。

 思ったより恋愛の進行が早い…
 進行が早いぜ!

 登る場面、お尻のラインがセクシー

第12話
マフラーを買いに行こう! 実質デート…!!

00029
00030
00031
このときむちゃくちゃ職質された

第12話「これは実質デート」
 実質デートを、“本当にデート”へと変える回
 あまりに、兄妹と間違われまくり
 つい「デートです!」と

 ラブコメの波動しか感じない!

 やめてください読者がしんでしまいます!
 何かで死ぬ!

 言われた店員さんがガチ困惑してた!

 どさくさで「お揃いマフラー」もゲット!

第13話
初デートに、満身創痍となってしまうさやか

00033
00034
 愛しさあまってやってしまうの図

第13話「しかし私は手負いの身…」
 前回、可愛く装っていたさやかでしたが
 普段、履かないヒールに苦慮し
 手負いの狼に

 しかし熊田も、“ちゃんと可愛かった”

 熱意に応える男
 殿、こやついい奴ですぞ!

 自虐はいったとこに、不意討ちの愛は危険

 愛しさと切なさと心強さがあふれてた!

第14話
散々もだえた末、おそろいマフラーを巻くさやか

00035
00036
 しかし熊田も、実は迷っていた

第14話「二人の明日はどっちだ」
 キスを「ペットの愛情表現」とし、怒らせる熊田
 距離が縮んだ、と思ったらめっちゃ離れた!
 リングロープかよ!

 ではなく、“俺は女が苦手だから”

 女だと意識してしまうと
 彼女と、普通に話せなくなるのでは?

 元々熊田自身、どうにも出来なかった悩み

 だから余計に悩んじゃうのね…

 声ひっく!

第15話
真正直に受けとったさやか、マニキュアを試みる

00037
00038
 しかし熊田選手、ときめきの二段攻撃!

第15話「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃の熊田が好きです 」
 爪は気付かずも、震えるさやかを暖めようとし
 ついで、手の大きさ!
 ときめく!

 やだ熊田、無自覚にセクシーな事を!

 なお、無事マニキュアにも気付かれ
 さやかに得しかない!

 さやか当人は「彼は鈍感」と思ったままですが

 これは、当初がヒドすぎたからしゃーない

第16話
さやか「お弁当を作ってきたの!」

00039
 しかし熊田、カウンターお弁当

第16話「じゃ俺の食うか?」
 これは高等技、クロスカウンターお弁当!
 さやかが、頑張って作ってきたも
 うっかり入れ忘れた

 しかし熊田も、同じドラマを見て作ってた!

 意外に恋愛ドラマとか見る熊田
 いや、意外じゃない
 意外じゃあない
 意外じゃあない

 しっかり、さやかの頑張りに気づくし!

 ホント熊田君は平成初期だなぁ…

第17話
図書館が交流場所、故に兄貴に気付かれるも

00040
 さやか、嫉妬という感情の

第17話「兄に背くと誓った日から」
 学校ではあまり話せず、主に一緒なのは図書館
 妹が、出かける際に着飾るものだから
 兄が勘付くの回

 なお無事、熊田の保護対象となった模様

 保護者か!
 兄、行動パターンが妹そっくり!

 なお学校、他の女子と一緒で近づけない為

 なかなか治らぬ女子ニガテ
 
第18話
兄が、執拗にブロックし続けた結果

00041
 肩グイ! 肩グイじゃあないか!?

第18話「とおる様と優くん」
 熊田優くん、彼氏が彼女をガードする的構図に
 あと「優くん」「とおるサン」と呼びあう仲に
 マサルだったのか!
 マサル!

 この構図に、下心なしと解釈する

 素直か!!
 さすが、さやかの兄よ!

 キャラデザがアカメが斬りそうな兄よ!

第19話
二人で初詣も、人波に流されまくる話

00042
00043
 結果、さやかちゃんは得するのです

第19話「二人で初詣に来ました」
 幼児レベルだから、初詣に来るのは厳しい!
 もう少し、アクティブな格好だったら
 肩車したのに!

 しかし「はぐれたら危ないから」フラグ

 熊田くんてば、願いごとも素直じゃない!
 素直になれよマサル!

 胸の奥で 際限なく 育ち続ける 理由一つだけ 抱えていつだって舞台の上だよ!

第20話
さやか『お兄ちゃんと喧嘩したの』

00044
00045
00046
 喧嘩したの。のコマが超かわいい。

第20話「俺の家来るか!?」
 こんなに可愛いので、熊田君が家に泊める
 曰く、兄と喧嘩したので帰りたくない
 他所に泊ると

 しかしこんな子、放置できるワケがない!

 理由は「例のマフラーを使われた」
 怒り、ガンジーも助走つけて世界記録出すレベル

 友達はみんな用事があって泊められず

 効果音が「らいんらいん」なのが時代。

「めるめる」はオールドタイプなのだ…

第21話
卯月さやかは、熊田優と一晩を過ごすのだ…

00047
00048
00049
 なお兄弟いっぱいだった上にドーン!

第21話「Exactly(そのとおりでございます)」
 幸い熊田くんは、やはり弟妹がいっぱい居た!
 弟妹いっぱい、犬猫も飼ってる!
 生命おおすぎィ!

 だが次男にけなされ、長兄は激怒した

 メロス並みに激怒
 前回はウヅキ・サヤカが

 今回は、クマダ・マサルが怒ったのだ…

 熊田くん、心のままに喋りすぎでない!?

 心とお口が直結してるよ! 

第22話
次兄・強(つよし)除き、うちとけたさやかだが

00050
 おーっとさやかさん、飛び道具!

第22話「弟が大好きなヤンキーの話」
 熊田君、素敵でした。彼は怒ってなかった
 弟は、いじめなんかする奴じゃない
 何か理由があるだろ?と

 おかげで和解し、さやかの笑顔が直撃へ

 弟くんには切ない展開だのう…。
 これは惚れる。

 曰く「兄をとられるような気がした」

 聞いて兄を連想、和解を志すさやかさん尊い

第23話
熊田家・第3部、ご両親とさやかちゃん

00052
めちゃくちゃ女としてみてるじゃないか(ご両親」

第23話「ご両親」
 ご両親も、当初は小学生かと誤解しました
 高校生と知るや色めきだした!
 ときめくご両親!

 優はツンデれるも、見抜かれるの

 さすが解ってらっしゃる
 さやか自身は、未だに解ってないのに!

 両家のご縁が厚くなるな…

 直後がバニーガールなのもベネ(良し)。

第24話
寝巻きがない。同じ体格の子供がいないのだが…

00053
 熊田君の幼い頃の服だったそうじゃ

第24話「熊田家ハッピーセット」
 熊田家四部作、完結編「ありがとう」エンド
 元は、さやかが困ってたからですが
 優こそ助かった

 また「彼を何も知らなかった」

 熊田くんの家で
 熊田くんの服着て
 熊田くんの言葉を反芻して眠れる

 曰く「熊田くんハッピーセット」

 さやかちゃんは本当にマクドナルドだなあ…。

第25話
今日はバレンタイン! 熊田くんは男の子なのだ

00054
このあと木彫りの熊をもらった

第25話「Valentine's Day」
 ツッコミが冴えるバレンタイン! さすがマサル!
 曰く、お家にお邪魔したお礼だと
 更にテスト対策!

 チョコはこっそりポケットに突っ込んでいく

 乙女か!
 曰く、面と向かっては渡せなかった。

 乙女か!!

第26話
チョコは「本命」の完成度だったんだぜ!!

00055
 もう「ありがとうなぁ」以外なかった

第26話「どんな気持ちで」
 本命か聞こうとするも、勇気が出せない
 微笑ましくも踏み出せないエンド
 かわいい

 この熊、野生に返したいかわいさ

 まだ自虐癖が見えるのう…。

第27話
珍しく寝落ちする熊田へ、“好き”と囁いてみた

00056
00057
00058
00059
 なお記憶はボッシュートされたそうな

第27話「寝てる彼に好きと囁いてみよう」
 頭突きはいつも記憶を消してくれる、万能必殺技
 リセットされるも、ぼそぼそ囁いてたさやか
 可愛かったですね!

 そら熊田くん(起きてた)も聞き返すよ!

 意外にカウンター上手な彼
 すごい顔なさやか!

すみませんでした好きです!!(さやか」

 この台詞、アニメで聞きてえ!

第28話
さやか『!? なぜ急にそんなニッチな質問を…』

00060
※このあと頭のサイズを量った

第28話「…ん」
 マサルは本当、思い立ったら一直線な子ですね
 本当、男だったら 一つにかけるし
 かけてもつれた 謎をとく

 ホワイトデイで、帽子を贈ろうと考えたの

 なので「頭のサイズを」で頭一杯で
 キス顔に気付かず!

 やりとり一つ一つの「なんで…?」感が好き

 なんてシリアスな笑い…。

第29話
当日、女が苦手なヤンキーは渡せなかった

00061
 そして1巻も終わるのだった…!

第29話「終わった…」
 帽子を買ってくるも、渡せなかった熊田くん
 彼は、あくまで「女が苦手」で
 勇気が出せなくて
 が!

 第一歩で終わる、いい最終回第1巻だった!

 女子が苦手。
 だけど、確かに克服にも踏み出した!

 人生は勢いが大事だな!

 漫画も勢いが大事で、これから連載との事

 Congratulation(コングラッチュレーション)…!

収録


00173
00062
00063
 セクハラは禁止していくスタイル!

 ガンガンONLINEコミックス「女が苦手なヤンキーと少女の話 1巻」。
 丸美甘 ツイッター連載、スクウェア・エニックス発行。
 2019年8月(前巻2019年8月発売)

ヤン少女 巻 感想
 第1話「小学生相手にビビんな!」
 第2話「この見た目のおかげで」
 第3話「退化してる!」
 第4話「お邪魔します…」
 第5話「熊田くんを好きなわけ」
 第6話「抱き上げるって」
 第7話「何も起こらないはずがなく」
 第8話「一族の遺伝子」
 第9話「何かお礼するぞ!」
 第10話「迷走した大人の女アピール」
 第11話「二人が出会って初めての」
 第12話「これは実質デート」
 第13話「しかし私は手負いの身…」
 第14話「二人の明日はどっちだ」
 第15話「熊田二段攻撃」
 第16話「お弁当を作ってきたの!」
 第17話「嫉妬という感情」
 第18話「とおる様と優くん」
 第19話「二人で初詣に来ました」
 第20話「お兄ちゃんと喧嘩したの」
 第21話「朝まで一緒」
 第22話「弟が大好きなヤンキーの話」
 第23話「熊田家ご両親」
 第24話「熊田家ハッピーセット」
 第25話「Valentine's Day」
 第26話「どんな気持ちで」
 第27話「寝てる彼に好きと囁いてみよう」
 第28話「…ん」
 第29話「終わった…」
 あとがき
 丸美甘先生 他作品 感想
 これまでの感想

※トップに戻る

※公式サブタイ未掲載、便宜名です

丸美甘 感想

 渡る世間はバカばかり 2巻【最終回】
 クラスメートは全員メガネ? 1巻
 クラスメートは全員メガネ? 2巻“新の乱 前編”
 クラスメートは全員メガネ? 3巻【最終回】


 女が苦手なヤンキーと少女の話 1巻“同い年なので”