公式サイト かつて神だった獣たちへ 第7話 感想 レビュー 原作未読 考察 画像 ネタバレ
 20時 感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
ケインの建国! 新たな戦いを前に、過去に決着へ

00106
00303
00501
   
平和で居場所がない戦争帰還兵、答えは建国だ!
 副長達は、自分の居場所を自分で作った
 シャールもまた、ハンクと父
 二人の気持ちを理解

 “何故”は終わった、“どうするか”の始まりだ!

父親、動きます…!
 守る為に撃つ事、シャールがバトルヒロイン
 前回は、擬神兵を次々狩った部隊でさえ
 今回、倒しきれない生命力
 驚きのお父さん…

 クロード隊長、めっちゃ弄ばれてすごい…

 これがおねショタ(広義)というものか…

かつ神 7話 感想


 かつて神だった獣たちへ 第7話「追憶の引金」
 冒頭「ハンク失踪」
 Aパート「建国、新パトリア」
 北部政府の対応
 前回から一ヶ月、シャール帰郷
 擬神兵討伐部隊クーデグラース
 クロード来村、本当の理由
 Bパート「腐り果てた竜」
 クーデグラースvsニーズヘッグ
 村人の本心
 父の想い、ハンクが撃つ理由
 三度目はシャールからも
 でも、それでも想ってしまう
 Cパート「シャールの旅立ち」
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 次回予告
 同作者連載中「結婚指輪物語」
 これまでの感想
 FOD公式配信(外部サイト)

シャールの攻撃だけが効いた理由(?)

00256
00408
 一度バズーカが直撃した頭部に、至近距離から!

同じ「神殺し」弾
 距離と急所、ダメージの蓄積が相まってか
 部隊兵、同じ神殺し弾のハズです
 ガトリング砲含め

 だって前回、擬神兵を倒してます

 ご都合主義、と言えばそれまでですが
 倒せた理由付けもあるのね

 既に被弾した箇所へ、至近距離が決定打!

 シャールの勇気が光る回だった!

生真面目隊長、クロードが同行許可したのも?

00377
 これなら戦力になる、と「口実」がつくから?

あらすじ
 ホワイトチャーチでハンクが姿を消して一ヶ月
 ケインは、「新パトリア」を西部に設立し
 シャールは故郷へ帰った

 擬神兵が出没し、口実にクーデグラースが来村

 クロードはシャールに謝るが
 最中、擬神兵が蘇った父ウィリアムだと発覚

 シャールは自ら、父を殺す事に

 ハンクと父の想いを理解し、再び旅立つ事を決める

 次回、かつて神だった獣たちへ 第8話「眠りの歌姫」

ハンク暴走、ホワイトチャーチの一部は壊滅した

00000
 前回、擬神兵は倫理が抜け落ちただけと主張
 ケインは政府へと復讐すべく
 ハンクを勧誘した

 ハンクは拒絶するも、シャールが凶弾に

 また何も出来ず、ハンクは暴走する

『ホワイトチャーチ壊滅のニュースは』

00001

)ナレーション
 先の戦争以来の衝撃を、人々に与えた
 だが、その二週間後

 更に世間を揺るがす大事件が起こった


00002

)ケイン
 今なお北部の強欲な資産家どもや
 無能な貴族ども!

 そして、その傀儡と成り果てた両政府!

 これら古い支配者どもが、この国を牛耳り我々を苦しめている!


00004
00005
00007
00009
00010
真の平等を求める人々よ、今こそ立ち上がる時だ!

建国宣言
 計画自体は嘘でなく、ケインは独立を宣言
 率いたのは、戦後の待遇に対し
 異を唱えた人たち
 曰く

自由国家、新パトリア誕生を!

 兵士は戦争で血を流し
 商人も、政府に金を供出させられてた

 苦労したのに変わらない、既得権が悪い!と

 戦争が、平等主義に火をつけた

 まさに心の本能寺!

ケイン副隊長『我ら擬神兵と共に!』

00012

)ナレーション
 戦後の待遇に異を唱えた軍人や貴族
 市民達を巻き込み

 ケイン・マッドハウスは擬神兵と共に、祖国パトリアからの独立を宣言した


00013
00017
「弟が大統領の息子」。ケインも大統領の…?

副隊長の独立宣言
 実際の歴史では、南北戦争から西部開拓へ
 本作でも、同様に西部が空白地で
 ケインは拠点化

 賛同者は続々現れ、国土を切り取りへ

 戦後体制への不満
 これを、そのまま支持層に取り込んだワケね

 第1話冒頭も、支配層に苛立ってました

 あのシーンが「独立」へ繋がるのか

『北部パトリアユニオン政府は』

00018
00020
00021
来る全面戦争に向けて、国内の防備に専念する事に決めた

擬神兵掃討作戦
 ケイン曰く“両政府への不満”、南部政府も健在か
 とまれ、北部は地盤固めを優先し
 ケインを一旦放置

 まず北部の、擬神兵一掃を決定します

 今や、対擬神兵部隊もありますから
 懐柔より一掃か

 隊長は、祖国からも追われるのか

 隊長は逃げながら擬神兵を追い、祖国は両方

 つまり、ハサミ討ちの形になるな…

『静かに、だが確実に。大きな戦争の足音が近づきつつあった…』

00026
 文字通り、軍靴の音が響く。という国内情勢
 クーデグラースは大忙しですね
 責任重大すぎる

「擬神兵をどうする?」と議論はあったらしい

 大統領、息子(?)ケインへの私情でしょうか

旅人『うう…、寒い……』

00030

)シャール
 半年振りですね♪
 お元気にしてましたか?

 また、ここに帰ってこれるなんて…


00031

)シャール
 私に撃ちこまれた弾丸は、ドレスによって食い止められていた


 擬神兵の糸で編まれた、特殊な生地だったらしい

 どうして、そんな服を私に着せたのか
 今となっては解らないが…


00034
00039
00040
00041
00042
 故郷に帰るも、死ぬほどよそよそしい!

リブレットウッド村
 シャール生還は、アラクネに助けられた為
 前回で、彼女が服を剥いだのは
 むしろ「助ける為」

 えっちな事されたのは! 無駄ではなかった

 ケインは、完全に殺る気でしたし
 アラクネの独断か

 彼女らは倫理を失えど、心は生きている

 ケイン副長の言葉を思い出しますね

『軍は、ホワイトチャーチの事件を起こしたハンクさんの軍籍を剥奪し、その行方を追っていた』

00047

)シャール
 お父さんの仲間だった人たちに会ったよ

 お父さん達が背負ってきたもの
 この目で見てきたの


00049

)シャール
 仇を討つ為に
 旅に出たハズなのに
 知れば知るほど、解らなくなっていくの…

 私は、あの人の事を、どうしたいのか…

 ね、お父さん…


00050
00051
00055
00057
00059
 シャールが旅立って半年、意外と短い旅でした

前回から一ヵ月後
 ハンクは、軍人から狩られる側へと変わり
 シャールも、もう追おうとまで思わず
 故郷へ帰ったらしい

 父の仲間に、“父の背負ってたもの”を見た

 帰郷した父は、物言えぬ身体でした
 何を想っていたか?

 仲間を通じ、ちょっぴり解る気がしたのね

 そして思う事は、やはりハンクさんばかり

 回想でも半裸なハンクさん…!

『ン? シャール? シャールじゃないっ!』

00065

)ライザ少尉
 どうしてここに?
 今は、この部隊と行動してるの

 ここに来たのは…


00070

)村長 
 擬神兵?!

 ど、どうかお願いします!

 退治して下さい!


)シャール
 私も、同行させて貰えませんか?!


00074
00075
00080
00084
 シャールは「道案内役」として参加へ

村長即答
 ライザは情報部ですが、対擬神兵団と同行
 今回も、国内一掃作戦の一環で
 村に立ち寄りました

「偶然」再会し、同行を申し出たシャール

 擬神兵と出会う度に
 父や、ハンクの気持ちが解るからでしょうか

 ライザさんも、“私がシャールに頼んだ”と仲介

 まったく、いいおっぱいしてやがるぜ!

クロード隊長『解った、いいだろう』

00088
 その後、一日がかりで山狩りするも成果は出ず
 クーデ隊、クソ重そうな装備を背負い
 歩くのは辛そう

 クロード隊長、思った以上に苦労してるのね

 現代米軍もロボット犬を開発中
 テスト機は、180kgもの荷運びをしてくれるとか

クロード隊長『飲むといい、身体が温まる』

00094

)シャール
 あ、ありがとうございます…


)クロード
 ……、君には申し訳ない事をした
 ホワイトチャーチでは、僕たちがいながら多くの被害を出してしまった


00097

)シャール
 もしかして、それを言う為にここへ?



※ここ=シャールの村
 クロード隊長は、シャールに謝りたいと思った
 偶然でなく、擬神兵出現と聞き
 意図的に訪れた


00099
00104
00106
00107
00108
00109
00111
00112
こういう男の子って、見てると無性にイタズラしたくなるのよねッ!

案内人の理由
 捜索中、“案内人シャール”は最後方に配置された
 元々、案内人なんて必要としてない
 謝りたかった
 と

やだ大胆、お姉さんと夜戦がお好みかしら~♪

 生真面目か!
 からの、お姉さんに弄ばれる青少年

 本作、新旧隊長どっちもクソ真面目か!

 擬神兵じゃないモノに食われそう!

解ってるってば、クロード少佐♪

00116

)クロード少佐
 分不相応な立場なのは承知している

 だが任された以上
 何があっても己の使命を全うするつもりだ


00117

)クロード少佐
 クーデグラースの隊長として、擬神兵は一匹残さず葬り去る!


 奴らはこの国に…
 いや、この世界にいてはならないんだ!

 決して…!


00119
00121
00123
00125
 彼は大統領の息子だと

クロード少佐
 ケインの弟にして、“父の威光”でお手盛り出世
 少佐、日本警察でなら警視に相当し
 警視は警察全体の約2.5%
 えらい

 年齢に比し偉すぎる、“作られた英雄”

 大統領への、支持強化の一環…?
 当人も不相応とは理解

 それでも全うを、と願う生真面目さ

 ハンクさんそっくりだコレ!

 ケイン兄さん、その点どうなの!?

ライザ『何!?

00135
00137
00139
00144
どうして…、どうしてそこにいるの!? お父さん!

ドラゴンゾンビ
 タイトルと場所で察せられた通り、暴れたのは
 ハンクに殺害されたニーズヘッグ!
 墓から蘇っていた

 死亡した事で、完全に理性が飛んだのか

 当時も、第1話での擬神兵みたいに
 怪物化する事が多々

 抑えてた理性が吹っ飛んだ感じか

 半年後に復活とか、生命力デタラメじゃないの!

※トップに戻る

ライザ『肉が、腐ってる!?』

00157

)シャール
 おとう…、さん?
 そんな…

)ジェラルド副長
 撃て!


)シャール
 お父さん…、どうして…?!


00159
00166
00181
00183
00189
 シャールの父だと察したクロード。優しい

異常な命
 謝り、庇い察する! クロード隊長ひたすら優しい
 ひとまず、火力不足で後退させましたが
 肉が腐ってた
 死後
 
 何かの拍子で、“肉体が活性化した”らしい

 擬神兵でも異常な生命力
 ハンクの時は、敢えて殺されたのね…

 そういや死と復活といえば、ケイン副長

 彼も死亡、肉体の主導権が怪物に移ってるのか?

『犠牲者が出る前に、一刻も早く仕留めなければならない』

00193

)ライザ
 どんなお父さんだったの?

)シャール
 …とても穏やかな人でした…


 誰かと争ったり、ましてや軍人になるような人じゃなかった…


00199

)ウィリアム・バンクロフト
 私には、この戦争を終わらせて
 お前や子供達が、幸せに暮らせる未来を作る力がある…

 私が“引き金を引く時”は今なんだ


00204

)シャール
 …どんな辛い事からも、逃げずに向き合う
 お父さんならきっとそうするはず

 だから…、私も逃げたくないんです


00207
00217
00220
00222
00234
00235
 ライザは当初、村に戻るよう説得

父の娘として
 しかし“争いを嫌っていた父”は、逃げなかった
 我が子らの為、辛い事に向き合った
 だから戦争に行った

 自分も見届けたい、というシャール

 対・擬神兵弾レプリカ
 ライザの気遣いで、シャールの手にも渡る事に

 立派な象撃ち銃がいよいよ…

 さっき通じなかったのも、同じ弾なのかしら

来たぞー!

00240
00245
00247
00248
00254
00255
00256
00262
00264

※南北戦争名物「ガトリング砲」
 クランクで、給弾・装填・発射・排莢され
 複数の砲身から連続発射

 南北戦争当時、このクランクは人力であった


 伴う欠点として、一定速度で回さないと 
 弾丸詰まりを起こしやすかった

 また高速回転させても、過熱して壊れてしまう

 ガトリング砲を撃つときは
 敵前で、落ち着いて、一定速度で回しましょう


00269
00273
00280
 しかしウィリアム父さん、怒りの火炎放射!

武田観柳もガッカリ
 回転式機関砲は重く、方向転換が難しいも
 幸い、ウィリアムは理性を失っており
 至近距離から乱射!

 しかしウィリアム、拘束を破って大暴れ!

 今日の父さんは容赦ない!
 おそらく、これも「対・擬神兵弾」だろうに!

 あふれる生命力で、致命傷にまで至らないのか

 ハンクさんも常に「トドメ」だけ

 レプリカだけに、威力がだいぶ低いらしい

退避だ!

00292
 しかしクーデグラース、退避方向に罠も仕掛け
 一回、二回と連続で大爆発!
 八回くらい大爆発!

 それでも生きてるウィリアム

 なるほど、殺したくらいじゃ死なない人だった…

『まさか!?』『あの方角って!?

00294

)シャール
 ダメ、お父さん!
 そっちには村が!

)クロード
 少尉! 村へ行ってくれ、村人を避難させるんだ!
 我々は奴を足止めする


 …下がれジェラルド、僕がやる!


00296
00303
00304
00308
00315
00327
00328
00336
00341
 的確に翼の付け根を狙い、撃ち落す隊長!

クロード対空戦
 しかし、反撃を喰らってしまい戦線離脱
 撃った以上、撃たれるもの
 頑丈な人たち!

 かくて、シャール達が先行する形に

 擬神兵でも一際巨体
 父さん、本気で戦ってたら強かったのね

 敢えてハンクに討たれた優しさ

 前回ガンガン倒してた弾丸が、まるで通じない…

『みんなー! 逃げてくださーい!!』

00342
 村人に、まったく危機感ないのが若干シュールも
 さっきの場所と、村はかなり離れていた為
 騒ぎは伝わってない様子

 父さん、結構な距離を飛んでいましたし

ライザ『村の外に避難するのよ! 早く!!』

00353

)村人
 もういい加減にしてくれ!


)村長
 シャール!
 また、この村に面倒な…

 …なんだ!?


 ウィル!?


00356
00359
00360
00369
00375
00377
バカな、死ぬ気か!?(クロード隊長」

また
 奇しくも父が、村に帰ってきた時のような構図
 土壇場、村長の本音も飛び出し
 シャールが不憫

 彼らは第2話以降、シャールを疎んでいた

 原因は復活じゃない
 彼らは、蘇ったとは知らなかった

 ただただ“擬神兵”に、懲りていたらしい
 
 村人は静かに暮らしたい…!

シャール『あの日…』

00379

)シャール
 あの日、お父さんは、この村を、孤児院を
 皆を守る為に戦場へ行った

 今、お父さんは心を失い…

 自分の大事なものを傷つけようとしている…


00380

)ハンク
 獣に堕ちる前に、人として葬る…

 それが擬神兵部隊の隊長である俺の…、最後の務めだ


)シャール
 そうだ…、だからハンクさんは…
 こうするんだ…

 その人が抱いていた、人としての想いを…、守る為に


00384

)ウィリアム
 大丈夫、お前は強い子だ
 引き金を引くべき時がきたら、きっと撃てるさ


)シャール
 お父さんッ!

 …止まって! 止まって…
 止まってッ!!

 止まって…、お願い

 止まってッ!!


00400
00401
00405
00408
00416
00421
00423
00424
00432
00433
00436
00438
00440
 父自身の言葉が、最後に背を押した

父に代わって
 父は何故、戦場に行ったのか?
 ハンクは、なぜ撃つのか?
 シャールは理解した

 他人事でなく、深い間柄だからこそか

 父自身、戦う事が嫌いだった
 それでも戦った

 皆の為だった、と解るからこそ守る

 守る為に父を撃つのだと 

シャール『…! 父…、さん』

00447
00448
00454
00456
00458
00468
 もう届かせる力もない父の手を、自らとる

最後の和解
 前は怯えた、しかし今回はちゃんと理解できた
 旅立つ前、帰郷した時と同じだ
 と理解できた

 父が最期に、父に戻ったと理解しての決着

 前回、兵士達は擬神兵を撃ち殺しており
 同じレプリカ弾のハズ
 同じ弾丸

 効き目の違いは、真っ向、至近距離な為か

 最初の一発が頭部、最後も胸のど真ん中

 ダメージの蓄積、位置、距離か。

ライザ『まったく、無茶して!

00471

)シャール
 ずっと…、
 解らなかったんです
 父がハンクさんに撃たれたあの日


 どんな気持ちで最期を迎えたのか


00474

)シャール
 でも、今なら解ります
 父はあの時…
 きっと…!

 ようやく、お父さんときちんとお別れする事が出来ましたっ


00478
00480
00482
00485
00490
 理解したものは明言せず

追いついた想い
 自分、シャールを守ろうとしてくれたんだ
 と、言葉にするのは辛かった
 気恥ずかしかったから

 当時シャールは、父に村を出ようと相談

 でも、それじゃ仮に暴走しなくても
 娘の人生は台無し

 暴走して殺すか、拘束させてしまう

 父はどちらも嫌だったのか

 だから頭を垂れ、ハンクに至近弾を貰ったのか

ライザ『いいから…!』

00497

)シャール
 でも、それでも想ってしまう
 本当に、これしかないのかなって

 だって弔いだけが救いなら…

 ハンクさんは…


00499
00500
00501
00503
00505
00507
00508
ライザさん、お願いしたい事があるんです!

さあ、次を始めましょう
 今回で、シャールは「過去」に追いつけた
 また、ハンクは「過去」で止まってる
 私はそう思います

 想いを理解し、次へ進める

 何故?から
 今後「どうすれば?」へ

 シャールにとって、父が転機なのね

 これからバトルヒロインとなるのだ…

ジェラルド『本気ですか?!』

00512

)シャール
 私はハンクさんに会いたい!
 会って、伝えたい事があるんです!


)ジェラルド・サカイ
 少尉、我々の任務がどういうものか
 ご存知でしょう?

 今回は特別に協力いただいたが、これ以上は…


00514
00520
00524
00528
同行を許可する!(クロード隊長」

ジョイナス隊長
 隊長が、何故許可したかは明言されず
 次回、冒頭で解説のパターンか
 力強い同意!

 そうだ、我々とならハンクと会えるぞ!

 打算で考えるなら
 ハンクへの囮、切り札となりえます

 あのロリコンめ!

 それを口実に、シャール自身の為でしょうか

 このイケメンめ!

感想追記

 第6話アフレコは「擬神兵」
 今回の擬神兵も「北欧神話」より
 衝撃! お前オーガだったの!?
 今回の事件の箇条書き
 第1話~7話を通じて「追いついた」シャール
 トップに戻る

前回アフレコは、出演者も様々なツッコミ?


00325
 ライザ&ハンク、毎回美味し過ぎる

第6話「獣の王」
 そうですオーガさん、中の人が女性だったのね!
 しかも、“女性の擬神兵”である事は
 原作曰く「公式」

 あのピンク肉玉、女性擬神兵なの!?

 百出するツッコミが笑えますが
 ハンク役、小西氏の「入り込み」も面白い

 またライザさん、確かにコミカル

 収録時はもっとスゴかったのね
 
擬神兵ニーズヘッグ、彼の“元ネタ”も北欧神話

00280
 北欧神話の蛇、またはドラゴン

ニーズヘッグ
 北欧神話は、ラグナロクという決戦を迎えますが
 主神や、フェンリル狼などが次々死ぬ中
 生き残るとされるもの

 復活は、これを“強い生命力”と解釈

 名は「怒りに燃えうずくまる者」
 娘シャールが、怒りを動機にしてたのも重ねてか

 数ある竜から、命と怒りがテーマか

 せめて意識が戻って良かった…

公式ツイッターで「様々な擬神兵」が公開!


 ピンク肉団子は「オーガ」。女性擬神兵だった

様々な擬神兵
 ウーパールーパーが「サラマンドラ」とも判明
 ウ略は、メキシコサンショウウオですが
 サンショウウオの英語名
 これがサラマンダー

 ウーパールーパーも、立派なサラマンダー

 英語圏では、サンショウウオを
 火に住む精霊サラマンダーに似てるとした為

 キマイラとかいう有名人(?)も。

今回の事件の箇条書き

00672
 ハンクはホワイトチャーチ一角を破壊し失踪

主人公不在回
 事件から二週間後、新パトリアが西部に建国
 一ヶ月後、シャールがリブレットウッド村へ
 際しクロード達も来村

 クロードの真意は、シャールに謝る為

 村人はウィル復活を知らなかった
 よそよそしかったのは、シャールを敬遠して

 第2話以来、厄介ごとを持ってくると認識

 第2話で旅立ち、半年が経過した

今回で、シャールは二人に「追いついた」

00158
 シリーズ全体を通し、転機となる

擬神兵たち
 第1話…、ハンクの過去と「動機」
 第2話…、シャールの過去と動機

 第3話…、ミノタウルス。戦争帰還兵の擬神兵
 第4話…、ベヒモス、人の心の擬神兵

 第5話…、ガーゴイル、怪物になろうとした擬神兵

 第6話「獣の王」…、黒幕ケインの目的
 第7話…、シャール、父とハンクの気持ちを理解

 ハンクの気持ちを、シャールが追いかけた物語

 こうしてみると、第3話はランボーなのね

ハンクの気持ちに追いついたシャール

00277
 今までは、何故です!?と問うばかりでしたが
 これから、同じ結論に至った者同士として
 更なる「議論」が出来るのね

 同じ気持ちになった、だからこそ話し合える

 ハンクの「やるべき」論
 ケインは「やりたい」論

 シャールも、より良い未来をと言うでしょうけど…?

※トップに戻る

公式ツイッターより

































































2019年8月12日 かつて神だった獣たちへ 第7話「追憶の引金」

00070
 DR MOVIEの外注回

スタッフ
 脚本:金田一 明
 絵コンテ:添野 恵・宍戸 淳
 演出:Kang Tae-sig・The Sun
 作画監督:The Sun・PARK PRO
 アニメ制作:MAPPA
 原作:漫画/めいびい(二人組作家)
 制作協力:DR MOVIE

あらすじ
【ケイン・マッドハウス】の仕掛けたホワイトチャーチ事件後、【ハンク】は姿を消した。そして、夜会で【ケイン】が発した宣言は、やがて【パトリア】全土を揺るがす大きな動乱となり、パトリアに再び戦争の足音が近づきつつあるのだった。
それから約ひと月後、故郷リブレットウッド村に【シャール】の姿があった。

次回『あなたも私の歌、聴いてくれないんでしょう?』

00529
00532
00536
00537
00540
聴かせてください、あなたの歌を

次回「セイレーン」
 第1話でひときわ女の子っぽかった人の回!
 第1話、ラフなシャツ姿が美人でした
 男性陣に覗かれたり

 色気漂うアラクネの人と、絶壁、双璧って感じの

 船乗りを惑わす、ギリシャ神話の怪物セイレーン
 聞けば死に至る歌声

 ガンダム的にはシスクードが護衛するシステム

 ティターンズは力だ!

 次回、かつて神だった獣たちへ 第8話「眠りの歌姫」

トップに戻る


 結婚指輪物語 1巻
 結婚指輪物語 2巻
 結婚指輪物語 3巻“火のニーダキッタ”
 結婚指輪物語 4巻“水のマーサ”
 結婚指輪物語 5巻“土のイダノカン”
 結婚指輪物語 6巻“光のノカナティカ再び”
 結婚指輪物語 7巻“指輪王の真実”
 結婚指輪物語 8巻“帝国”



 
 
 
 


 かつて神だった獣たちへ 第1話「かつて神だった獣たちへ」
 かつて神だった獣たちへ 第2話「竜の娘」
 かつて神だった獣たちへ 第3話「ミノタウロスの要塞」
 かつて神だった獣たちへ 第4話「巨獣の猛進」
 かつて神だった獣たちへ 第5話「ガーゴイルの断罪」
 かつて神だった獣たちへ 第6話「獣の王」
 かつて神だった獣たちへ 第7話「追憶の引金」
 かつて神だった獣たちへ 第8話「眠りの歌姫」

トップに戻る