公式サイト ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第6話 感想
 少女とデパートとプレゼント レビュー 考察 画像 ネタバレ 原作未読
 21時 感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
グレイ、ファッションショー! II世不在の女子会

00642
00905
奪われたII世の宝物、渡せなかったグレイの贈物
 II世にとって過去、未来の“宝物”を軸に
 列車編へ、繋ぐのが美しい
 ルヴィア級に美しい!

 Whydunit!? 教師不在の学生回だった!

楽しいロンドン!
 学んだら実践! “教師”だけに大切なテーマ!
 未来へ進む為、過去を捨てるのも教訓
 トリムマウも、素晴らしき実況!
 まさにヘラクレス!

 悪い顔も、盛りすぎも絶好調! 深刻なラスト…

 伏線だった、と気付かされるのが愉快だ!

ロード・エルメロイII世の事件簿 6話 感想


 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第6話『少女とデパートとプレゼント』
 冒頭「授業。富は地底より出でるもの」
 Aパート「グレイのお願い」
 ライネスの道楽、その1
 ライネスの道楽、その2
 盛りすぎでは…?
 やはり…、盛りすぎでは…!?
 ウェイバーの「英霊<サーヴァント>」
 Bパート「結界、二つのダニット」
 生徒、学びを実践する
 今回の「犯人」
 北欧が生んだ人間フォークリフト!
 先に進む為に、必要であるなら
 誰が、どうやって、何故やったか
 奪われた、大切なもの
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
 Abema配信(外部サイト)

150年以上の伝統「倫敦最大の百貨店の一つ」

00726
 元・持ち主は、まさかのダヴェナント卿(第3話)

デパート「カルナック」
 魔術師はお金がかかる! 資金源だったらしい
 また「カルナック神殿複合体」といえば
 Fate的に見過ごせない!

 何せ征服王、ファラオとして祀られてますから

 エジプトを征服し
 ファラオとして、アメン=ゼウスの子と神託

 ダヴェ卿の雷神ゼウス、アレね!

 ラムセスII世=オジマンディアスも関係者。

 色々繋がる、絶妙なオチーフでした

主人公不在回、こういうのもオツなもの


00908
 ヘラクレスの名もFate的に見逃せない!

あらすじ
 聖杯戦争について、ライネスに尋ねたグレイは
 百貨店カルナックで、彼女の玩具にされ
 オーナー、ルヴィアとも遭遇
 期せず女子会に

 しかし結界が発生、三人は閉じ込められる

 三人は、II世の教えを実践して謎を説き
 なんとか脱出する

 グレイは師匠の過去を知り、プレゼントを購入

 だが師匠は、“征服王の聖遺物”を盗まれていた

 次回、ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第7話

ライネス『なるほど…、たいした結界だ』

00600
 前回、グレイと「霊装」の正体が語られ
 化野が「魔眼蒐集列車」について
 資料を残していく

 聖杯戦争参加の為、謎を解いたII世

 しかし胸中に、苦い想いが残る

ルヴィア『力づくで突破するのは無理そうですわね』

00601

)ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ
 さすがはエーデルフェルト家の所有物♪


)ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
 お褒めに与り光栄ですわ~

 なにせ
 エルメロイの姫君でも

 脱出手段が見つからないんですものねえ?


00602
00605
00607
 帰りたい ああ帰りたい 帰れない

淑女の会話
 開始早々、淑女の舌戦に挟まれてしまうグレイ
 英国名物サンドウィッチである
 ウィッチだけに

「ルヴィアのせい」「頭は飾りか?」と舌戦!

 煽りあい異空間
 淑女は、イヤミも美しいザンス

 いえグレイさんこそ本当美しい

 今日はいつもと違う服!

II世『古来より』

00608

)II世
 様々な神話
 伝承に於いて

 富は地底より出でるものとされた

 墓所や冥界は、財宝の貯蔵庫としての側面も持っており…


00612

)フラット・エスカルドス
 つまり! 秘蔵のコレクションは!!
 床下に隠せって事ですね!

 ゲームとか、地下迷宮の金庫の中の借用書とか!


00613

)イヴェット・L・レーマン
 大人の秘密とか♪
 でも、先生は私がいるから必要ないですよね?

 個人授業はいつでもオッケーっていうか…

 愛人希望です♪


00615
00616
00617
今すぐ黙るか、宿題三倍増しか選べ

宿題
 間髪入れずにボケる弟子たちの
 II世、今回はフツーに授業も…
 フツーがコレ

 普通って大変ですね

 愛人希望です♪
 と、露骨なセックスアピールも際どい!

 そして富は地底

 日本の「花咲か爺」みたいな感じ?

II世『王たちは、死後の世界でも君臨する為…』

00619

)II世
 王たちは、死後の世界でも君臨する為
 莫大な富を墓所に蓄えた

 たとえば、エジプトのファラオ達や…


 バビロニアの英雄王…
 ギルガメッシュ…

 …あ、すまん。授業を続ける!


00623

※英雄王ギルガメッシュ
 第1話冒頭登場、Fate/stay night初出の人物
 10年前に「征服王」を倒した

 II世の相棒を倒した、苦い記憶を持つ相手


)前回の獅子劫界離
 あいつが聖杯戦争で何を見たのかは知らん
 だが、このままだと

 アイツは面倒なところに引き込まれるぞ…


00625
00627
セイハイ…、戦争……(グレイ」

死者の列
 授業中、上の空になったII世に“忠告”を思い出す
 彼は、聖杯戦争と“死者”に囚われ
 危ういところにいる

 前回も、“聖杯戦争参加の為”に巻き込まれた

 前回、“死者”に襲われたように
 死者は『仲間』を求める

 グレイの中で、聖杯戦争がどんどん膨れる…

 大切な人を、危険にする単語として

ライネス『で? 話ってなんだい?』

00630

)ライネス
 さて
 話してあげても良いんだが

 タダ、というのもつまらないな?



 情報には相応の代価が必要だ


 せっかくだから、私の道楽に付き合ってくれたまえ…

)グレイ
 わかりました…!
 

00633
00634
00637
00638
 第1話以来、久々の「アーチゾルテ邸」

グレイとライネス
 第1話の、ウェイバー逆さ吊り邸を訪れたグレイ
 幸い、彼女は逆さ吊りにもされず
 聖杯戦争を尋ねます

 しかし情報には代価が必要、

 ぐっと固くなるあたり
 グレイってば、生真面目というか

 だからからかいがいがある

 つまり、大切な友人なのね

おお~~~っ♪

00645

)ライネス
 思ったとおり似あうじゃあないかッ!

)グレイ
 そ、そそそんなこと!
 顔も見えてしまいますし~!!



)ライネス
 150年以上の伝統を誇る…
 ロンドン最大の百貨店の一つ「カルナック」

 代価として、ここで私の買い物に付き合ってくれると♪


)グレイ
 で、でもさっきから拙ばかり~!


00642
00648
00651
00653
00654
00655
00658
00661
いいからいいから♪ そろそろ冬物が必要だろう?

また、冬が来る…!
 どうもライネス、代価という口実をつけて
 日頃、着たきりスズメのグレイへ
 一肌脱いだ様子

 年頃らしい、おしゃれを楽しませる覚悟!

 しかも! ライネスが楽しいんですから
 Win-Winですね!

 視聴者も楽しい、まさにシナジー効果!

 グレイが美しい、実におしゃれ泥棒!

『私が直に見たててあげよう…♪ ヒヒヒ♪』

00664
00665
00668
00669

)グレイ
 ひいいい!?
 少し大胆すぎるのではー!?


)ライネス
 いやいや、魔術師たるもの
 何ごとも実践だよ

 実践♪


00672
00673

)グレイ
 はぅ……


)ライネス
 うんうん、これも想像以上に似合う~♪


00676
00677
00678

)アッド
 ェッヘヘヘ♪ 馬子にも衣装って奴だなァ~
 …ェ?

※この後むちゃくちゃ折檻された


※馬子にも衣装
 馬子とは、馬使いである“身分の低い人”

 転じて「どんな人間でも英霊でも身なりを整えれば立派に見える」の意


※英霊とて、胸に「大戦略」とか書かれたTシャツ一枚では
 征服王にしか見えないというものです


00681
00683
00685
 おーっとォ! ここで淑女がリングインだァ!!

道楽じゃねーか!
 ここぞと、着せ替え人形にして楽しむライネス
 愉悦部と呼ぶにはあまりに尊い
 美しい光景
 で

このカルナックのオーナーは、私だからですわ♪

 イヤハヤ!
 いやはや、これは予想外だった!

 だってエジプトと北欧系、まるで繋がらない!

 火力船とか大図書館とかじゃなくて?!
 
『はぁ…、このお店が全部ルヴィアさんの持ち物だったなんて』

00688

)ライネス
 元々のオーナーは、先日の事件で逮捕された
 グルドア・ダヴェナント卿だったのさ

)グレイ
 魔術師の…!
 それで、こんな不思議な造形なんですね


)ルヴィア
 客の購買意欲をそそる為の魔術ですわ♪

 私の美意識に合わせて、内装はだいぶ弄りましたけど♪


)ライネス
 ああ…、それで…


00690
00691
00695
00696
少し…、盛りすぎでは?

資産は人手に
 まさかの、今回を象徴する台詞となった「盛り」
 一時流行した「盛りガール」的ですが
 趣味も同様らしい

「百年前は…」と悔いたダヴェ卿が元オーナー

 つまり、魔術師が凋落するとは
 こういう事らしい

 先代エルメロイの死後も、こんな感じ

 ダヴェ卿、ホントに長命だったのかしら

ルヴィア『ふふ、私の宝石魔術も応用してますのよ♪』

00699

※ルヴィア
 Fate/snの、遠坂凛と「似た宝石魔術」使い
 色んな意味で犬猿
 色んな意味で

 格闘技が得意なのも“似ている”。


00700

※エーデルフェルト家
 争いに介入、美味しいところを掻っ攫う
 曰く「地上で最も優美なハイエナ」

 おそらく、この店も「かっさらった」らしい

「花札大作戦」によれば、遠坂家の遠縁


00701
00702
これが女子会…、が、がんばります!(グレイ」

ルヴィアの誘い
 せっかくだから自慢、案内を申し出るルヴィア
 そも、この三人が偶然出会うだなんて…
 もう女子会しかない!

 史上最強の女が 史上最強の女をさそいにきた

 グレイと組んだのも一度なら
 私と組むのも一度

 機会が二度 君のドアをノックすると考えるな

 と、いったところでしょうか

 グレイ頑張るぞい!

ルヴィア嬢、意外に少女趣味だという話も

00703

)眼帯少女イヴェット・L・レーマン
 うーん…
 これはさすがに刺激が強いかなぁ…

 先生、ドーテーっぽいしなぁ…


※童貞
 30歳をすぎれば魔法を使えるという都市伝説があるが
 エルメロイはZeroで19歳であり
 更に10年経過した

 つまり、ちょうどそういうお年頃である


00704
00705
00706
00707
00708
00710
00713
00714
00715
00716
00718
00719
やはり…、盛りすぎでは…ッ!(迫真」

ちょー盛るぜー!
 とはパフェ。どんだけ盛ってンだよ…ッ!
 さながら、観光ガイドのように
 ルヴィアが案内

 イヴェットともニアミスするも絡まず

 眼がアレなのも魔眼…?
 あのパフェが腹に収まったのと同じくらい謎

 女子のお腹はブラック! ホール!!

 歳相応のライネス、困惑グレイ、ドヤ顔ルヴィアがお嬢さま
 
ライネス『ほお~、欲しいのかい?』

00720
00721
00723
解っているさ、そればっかりは私が買ったら台無しだ♪

少女とデパートと
 どうもここまで、お金を出してあげてたらしい
 グレイは、どう見てもお金持ちじゃなし
 色んな意味で納得

 色々買ってあげたが、“こればかりは”

 ライネスは、本当に人の心に聡い
 ある面で時計塔らしい

 第3話のような「政治的」な中を生きる子

 II世、グレイを気に入る一因なのでしょうね

ルヴィア『では、少々雑事がありますので』

00733

)グレイ
 初めて体験する事ばかりで、少し圧倒されて…


)ライネス
 ロンドンは刺激的だろう?

)グレイ
 はい、拙の故郷は何もありませんでしたから…


)ライネス
 …さて、ルヴィアも席を外しているしちょうどいい
 そろそろ

 キミの聞きたがっている話をしよう

 聖杯戦争…


00726

)ライネス
 …イスカンダル
 またの名をアレキサンダー大王

 まったく馬鹿げた御伽噺さ

 史上屈指の大帝国を築いた、かの征服王だというんだからね


00730

)グレイ
 征服王…、イスカンダル


)ライネス
 押しも押されぬ大英霊だよ
 だからこそ、ヘタレの兄上でも生き残れたのだろうね
 

00731
00739
00741
00744
 史実の征服王は「ファラオ」でもある

名のあるファラオ
 ライネスが、意味ありげに見たのはその為で
 当時、エジプトはペルシャが支配し
 彼が「征服」した

 大量の財を持つ死者、王の代名詞ファラオ

 ファラオでもあった征服王
 イスカンダルこそ、10年前の聖杯戦争での相棒

 複合神殿カルナックは、祀られた神殿を含む

 その点、無縁じゃないから面白い

 戦った“ダレイオス三世”もFGOに登場 

『師匠は、いったいその戦いでなにを見たのでしょうか?』

00745

)ライネス
 それは私も知らない♪

 だが、生き延びたウェイバー・ベルベットという少年は
 エルメロイの名を継ぐ苦難の道を選んだ


)グレイ
 生き方を変えてしまうほどに
 師匠にとって、重要な経験だったと


00748
00749
我が兄上は、よほどその想い出にこだわっているんだろうね?

過去の上の彼
 ライネスは、それなりに調査を行わせたものの
 当然、彼の内面までは解らないし
 話せない部分もある

 また襲名はライネスが強いたが、選んだのは当人

 第1話で“無茶振り”し
 ライネスが、拍子抜けしたのは記憶に新しい

 II世は、どうして今のようになった?

 ライネスとしても気になるところか

あなた達は無事ですわね!?

00754
00755
00758
00761
00762
 背景が色を失った、作画班の手抜きである

淑女のトリカゴ
 実際はむしろ二種類用意し、作画班は大変!
 とまれ、重要人物が揃った中で
 果たして何が?

 よっしゃ、ダヴェナント卿の復讐だな!

 宝石が如き淑女が三人
 デパート、何も起こらないはずがなく…!

 または眼帯愛人イヴェット・L・レーマン…?

 なおダヴェ、イヴェット共に関係なかった模様

※トップに戻る

『誰もいない…?』

00764

)ライネス
 魔術的な結界
 私の魔眼が過剰反応する程の

 尋常ならざるシロモノだ


 トリムマウ
 ドアの外を確かめてくれ。ただし、慎重にだ


00767

※トリムマウ
 彼女は、見ての通り水銀に魔力をこめたもので
 こうして「持ち運べる」

 正体は10年前にエルメロイが用いた
 戦闘用魔術礼装「月霊髄液(ヴォールメン・ハイドラグラム)」を応用したモノ


00772

)ライネス
 思った通りだ
 ここは一種の異空間

 他の出入り口も同様だろうな


)グレイ
 閉じ込められたって事ですか?


00773
00778
00780
 出ていったトリムは、“一周して戻ってきた”

結界
 さながら昔のファミコンゲームのような光景
 ライネスは、これを予想していた
 呆然グレイ!

 今回の、Howdunit(どうやって?)は結界

 三人が結界に!
 また、劇中初めて「水銀」からトリムが

 魔術はこんなにも便利!

 だから推理も、“どうやって?”は特定が難しいと

グレイ『でも、どうして?』

00781

)ルヴィア
 時計塔にも多くの敵を持つ
 エルメロイの次期当主を狙った暗殺…

 という線もありえますわね?


)ライネス
 おいおい、キミだって強引なやり方で
 買った恨みは数知れず…

 だろう?

)ルヴィア
 ぐぬぬ…


00784
00786
 このデパートは、ある意味「好例」

犯人はこの中にいない!
 続いて犯人、何が狙いか?の推測を図るも
 何ぶん、買った恨みが多すぎるあまり
 特定が難しい

 Whodunit、誰が?からの推理も困難

 ライネスは、次期“12の最高幹部”
 政治的に危うい立場

 ルヴィアもちゃっかりデパートを得てたように

 色々、“実利”を得まくる家系だとか

 怨恨的に危うい立場!

『外に連絡はとれないんですか?』

00788
 しれっと携帯を使う辺り、“尋常じゃない”魔術師
 魔術師は、固定電話を引くかでさえ
 未だ躊躇いがある

 というくらい「科学」と相反するのが“普通”。

 視聴者的には普通の光景も
 魔術師的には、II世絡みは変人が多いのだとか

 劇中は2004年あたり。
 
ライネス『我々だけで切り抜けなくてはならないという事さ』

00793
00794
00795
00797
それとも、座して助けが来るのに賭けるかい?

買い取り商
 無論、売られたケンカは倍額買取するルヴィア
 ライネスも同感であった
 と

ふふ、気が合うじゃないか♪(ライネス」

 グレイはため息をつくばかり
 幸せがまた一つ逃げ、暴力が一つ舞い込む

 もはやある種の運命である

 英語ではFateである

ライネス『……やはりダメか』

00798

)ルヴィア
 まったく忌々しいですわね!
 剥離城の一件を思い出しますわ!

)グレイ
 そういえば
 あの時もルヴィアさんが結界に閉じ込められましたね?


)ライネス
 ほぉう? その話くわしく聞きたいな~~♪


00803

)ルヴィア
 却下ですわッ!


※剥離城の一件
 一巻の「剥離城アドラ」に収録

 ノベル作品で完結済み、漫画版は4巻まで刊行中


00804
00806
00808
あの時は、師匠がいましたから…

本日欠席
 少々時間を飛ばし、“色々試した”後の三人
 曰く、手持ちの魔術では脱出不可
 万策尽きた!

 攻略という「過程」を飛ばし、「結果」から!

 頼りになるII世は不在
 王道、“ヒーロー不在”エピソードだ!

 ああすまきにして、引っ張ってきてれば!

 ルヴィアは「宝石を使ったルーン魔術」。

『こんなとき、師匠がいれば…』

00810

)ライネス
 それだ、グレイ♪
 確かに、かのエルメロイII世なら

 このような危機的状況を「解体」するのは得意中の得意だろう


 そして幸い
 我ら三人はあの男の教え子

 理論、やり口を少なからず知っている♪


)グレイ
 えっと…
 師匠のやり方を真似て見ようって事ですか?

 ……師匠なら…、Whydunitです!


00815
00820
00823
00825
お二人と違って、拙はそんなに大したものじゃありません…

Whydunit!
 何故、犯行に至ったか? 動機から推理する
 確かに、狙われる理由はいくらでも
 動機はいくらでもある

 だが“三人一緒”、が疑問へ浮上

 この三人を、まとめて狙う動機?
 となると話が違う

 ライネスは政争、ルヴィアは怨恨、グレイは可愛い

 まとめて狙うには、不自然?

ルヴィア『閉じ込めるだけで、何のアクションもしてこないのは妙ですわね?』

00829

)ライネス
 そこだ。
 結界の大掛かりさに反して、どうにも杜撰すぎる

 犯人が、何も考えていないような…


)グレイ
 あの、もし「犯人が最初からいない」
 としたら?


00833
00834
…なるほど事件ではなく事故(ライネス」

犯人不在
 動機から推理し、犯行の不自然さへ到達
 つまり、何かが自動的に行われた
 前回と同じだと

 工房が、持ち主の死後も動いてたように

 また、当然「仕様」である訳もなく
 ある種の暴走

 第2話、不死化失敗を思い出しますね

 続き浮上したキーワードは意外や

『私のいじった内装に欠陥があったと言いたいんですの?』

00837

)ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
 家名に賭けて、そんな安い術式は使っておりません


)ライネス
 ふ、逆だよオーナー♪
 足りないのではなく、潤沢すぎて過剰な反応を呼んだ

 とは、考えられないかい?


 …ほぉう、あるんだね? 何か心当たりが


00838
00842
00845
00849
「あれは…、宝石魔術…」「うん…、“盛りすぎ”だな」

どーん!
 例の、客の、購買意欲をそそる魔術が原因!
 これを、潤沢に組み合わせすぎ
 不具合が起きた

 まさかの「敗因:盛りすぎ」!

 また冒頭の講義の通り
 魔術的には、財産は地底より生じるもの。

 そこで部屋は地下でした

 ダヴェ卿の地下公房を思い出しますね

アッド『ウヒヒヒヒヒ♪

00853

)アッド
 調子に乗って
 パフェにトッピング盛りまくるのと同じだな~♪

※ここ、グレイがかわいい


00854

)ルヴィア
 う、うるさいですわね!
 とにかく、アレさえどうにかすれば…


 …! 警備システムも暴走してるなんて?!


00856

)ルヴィア
 私のシステムは完璧ですわ!

 外からの介入など許すはずもないでしょう?


)ライネス
 わかったわかった…、トリム


00864
00865
 この期に及んで勝ち誇る、それが常勝家系ッ!

けいびシステム
 たとえピンチも、これがエーデルフェルトだ!
 依然変わりなくッ!
 また

落とし前は、自分でつけさせていただきますわ…

 この姿勢がホント快い
 敵は「オベリスク」から現れたガーディアン

 いわゆるオベリスクの巨神兵である

 語源は「串」。ギリシャ人が「obeliskos(串)」と呼んだ為

ライネス『伏せろ!』

00870

※魔術は「ガンド」
 凛の場合は、“宝石を節約する”為に多用するが
 こっちは逆、宝石を媒介にする
 ゴージャス!


※北欧で、“相手を指差して病気にする”魔術(呪術)

 相手を指差すのは失礼
 というマナーは、これが由来という説も。

 ルヴィアは「宝石を媒体にした、特殊なルーン魔術」


00873
00876
00877
00880
00882
本来は呪術的なモノだそうな

呪術(物理)
 凛もそうでしたが、上位ガンドは「物理」の域
 称して「フィンの一撃」と謳われる…
 を連射!

 これぞFate世界の「フィンのガトリング」!

 凛の代名詞的なモノですが
 腰を据え、連射特化は「ガトリング」そのもの

 さすが同類、えげつない!

 主人より強いガーディアンなどいねえ!

ルヴィア『ふっ! …はあッ!!

00889

)グレイ
 ぷ、プロレス?!


)トリムマウ
 おおーーーとぉッ!

 ご覧下さい!

 優雅な面差しから繰り出される
 殺人技のデパート~!

 北欧が生んだ人間フォークリフト~

 さながら現代に蘇ったヘラクレスかぁ~!


00891

)現代のヘラクレス
 ウィーーーーーーーー!


)ライネス
 トリムに何を教え込んでるんだ
 フラットの奴…


※フラット・エスカルドス
 II世の胃をブッ壊す金髪コンビの片割れ
 獣じゃないほう

※ヘラクレス
 同時期、冬木にバーサーカーとして召喚


00892
00893
00894
00895
00896
00898
00899
00900
00902
00903
00904
 あれは! ロンドン名物タワーブリッジ!!

デパートのヘラクレス
 いや、せめてそこは、女性英雄に喩えようよ!
 そこは、霊長類最強女子とか
 サオリ・ヨシダとか!

 なんて見ごたえある格闘戦!

 ある意味「八百長」
 それはまさしく「プロレス」である

 トリムも意外な実況が最高だ!

 その身体は、きっと筋肉で出来ていた。

ルヴィア『ふっ…!』

00905

)人間フォークリフト
 Catch As Catch Canは、淑女の嗜みですわ♪


)グレイ
 すごい…、あれが淑女の嗜みなんですね!

)ライネス
 あ~…、信じないようにな~…


00907

※キャッチ・アズ・キャッチ・キャン
 レスリングの一種、プロレス源流の一つという
 日本ではカール・ゴッチが広めた

 キン肉マンでは「ケンブリッジマン」が用い
 カレクックと戦っている

 やはり英国は悪い文明!
 

00908
 水銀な為か、拍手がおかしい!

後のアントニオである
 グレイに、おかしな淑女観を植えつけたルヴィア
 いつか、立派な「淑女」となって
 リングに立つに違いない

 プロレスラー・グレイはこうして誕生したのだ

 おかしい、女子会だったはずが
 プロレス回になってる…

 凛と同類なら、格闘スキルは当然なのだ…

 あの凛に! バックドロップを決めたという伝説も

『あとは、これを壊せばいいんですね?』

00912

)ライネス
 だが構わないのかい?
 相当な値打ちモノだろうに


)ルヴィア
 得た教訓の代価としては安いものですわ

 先に進むためには、大切なものだろうと
 捨てなければならない時もあります


00915

)ライネス
 それでこそ、エーデルフェルトの当主♪


…では帰還を祝って
 改めて、アフタヌーンティーと洒落こむかね?

)ルヴィア
 トッピングの盛りすぎには気をつけませんとね?


00916
00918
00922
00926
00931
 苦い記憶でなく、笑って話せる“教訓”として。
 
踏ん切り
 こうして結界は破壊され、犯人なき事件は終息
 際し、グレイは大切な教訓を得ますが
 果たして

 未来の為に、大切な過去を振り切る

 まさに、II世にしてあげたい事で
 グレイに他人事じゃない

 過去の経験は、II世を良い意味で変えた

 しかし悪い方向へと向かうなら…?

グレイ『でも、なんだか楽しかったです♪』

00941

)グレイ
 建物の魔術の暴走だとして
 何がきっかけで、発動したんでしょう?


)ライネス
 ああ、それなら
 兄上に倣って仮説を立てるくらいの事はできる


00946

)ライネス
 かけられていたのは「富を集める」為の魔術


 言い換えれば、富を外に逃さない為の術式だ


 そう
 我々は結界を張ってでも
 外に出したくない、“宝物”と看做された訳だ♪


00951

)グレイ
 でもライネスさんやルヴィアさんはともかく
 拙はそんな…

)ライネス
 おいおい何を言ってるんだキミは~♪


 キミこそ神秘中の神秘

 人類史有数の宝具を身に帯びてるじゃないか♪

 まったく、自己評価が低いのも考え物だよ


00955

)グレイ
 あの…
 これ、変に思われたりしないでしょうか?


)ライネス
 もちろんだとも♪


00957
00961
00963
00967
00968
 まったくよく伸びるほっぺただよっ!

Whydunit
「なんでさ!?」は、彼女らが宝物だったから
 術という犯人が、結界という手段で
 富を逃がすまいとした…
 事件!

 彼女達こそ「大切なもの」である

 また“今”、II世にとって大切な彼女ら
 過去に囚われたII世は…

 ただ「逃すまいとした」なら、タイミングが奇妙

 外に出ようとした訳じゃない

「負荷がかかり続け、暴走した」と解釈すべきか

『ただいま戻りました、師匠っ』

00971

)II世
 妹が迷惑をかける…
 ああ…
 いや…

 …待ってくれ!


00972

)II世
 私にとって、最も大切なものを盗まれた


 とある英霊の聖遺物だ


 ライネスから聞いたのだろう?
 十年前の聖杯戦争で、私が共に戦った英霊

 イスカンダルのマントだ…!


00979
00982
00985
00988
 奴らはとんでもないものを盗んでいきました

くれなずむII世
 イスカンダルのマントです! 彼の宝物
 まさに、今回は「宝物」がテーマ
 召喚できない!

 いや“誰かが召喚に使うかも”しれない!

 もっとも聖杯戦争は規格外
 大死霊術師でも、企んだのはブラックドック

 英霊召喚は極めて難しい

 なら考えすぎで、単なる人質か…?

『この手紙だけが残されていた』

00995

)II世
 魔眼蒐集列車レール・ツェッペリンより…

 ああ、ありとあらゆる魔眼を蒐集し
 年に一度、競売する


 人、ならざる者たちの列車だ


00996

 グレイ! 私とレール・ツェッペリンに…
 行ってもらえるか?


00997
00998
00999
 こうしてグレイは“渡しそびれてしまう”と

魔眼蒐集列車編
 舞台はいよいよ、魔眼蒐集列車編に突入!
 本来、原作で4・5巻目に相当するも
 敢えてアニメ化

 イスカンダルも絡む、重要なエピソードなのか?

 Zeroの人気キャラが登場する
 アニメ化「知名度」で、重要となる巻だからか

 第1-6話はアニメオリジナル

 列車編から逆算した、必要案件の前振り…?

感想追記
師匠の教えを、現場で実践! II世不在回

00691
 毎度、めちゃくちゃ精緻な背景も見所

女子会で生徒回
 前回、これまでの総決算的な面がありましたので
 今回、どうするんだろうとも思いました
 が、なるほどの弟子回

 II世の薫陶をうかがい知る回でもあった!

 また、ラストで失敗=過去を自ら笑い飛ばすのも
 若者らしい!

 失敗を糧に、ジョーク

 若者の楽しい日々と、死ぬほど凹んでたII世が好対

楽しいロンドン、愉快なロンドン! ロンドン、ロンドン!

00655
 150年の伝統! 百貨店カルナック

百年前は略
 何でエジプトやねん! 開幕早々ツッコみましたが
 元の持ち主は、グルドア・ダヴェナント卿。
 失脚すると、こうやって散逸し
 復帰困難になるのね…

 また前述の通り、“イスカンダル繋がり”

 ルヴィアがオーナーで再ツッコミですが
 思えばそういう家系

 騒動あれば“美味しいところを持って行く”

 噂を、初めて目の当たりにした気がします

ファラオの称号も持っていた征服王

00089
 アラビア語では「イスカンダル」

征服王イスカンダル
 アレクサンドロス3世、アレキサンダー大王であり
 また、ペルシャ支配下のエジプトを征服し
 解放者と歓迎

 ファラオ「メリアムン・セテプエンラー」と称号

 アメン神殿に祀られ
 同神殿は「カルナック神殿複合体」の一部

 アメン神の息子と神託されました

 アメンは、ダヴェナントが祀ってたゼウスと同一視

 と、芋づる式に話が繋がってた的な

※トップに戻る

公式ツイッターより





















































































2019年8月11日 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第6話「少女とデパートとプレゼント」

00706
 Fate/Zero監督あおきえい氏。本作TROYCA社の取締役でもあるッス

スタッフ
 脚本:重信康
 絵コンテ:あおきえい
 演出:渡部周
 作画監督:合田浩章 大橋知華 鈴木勇
 総作画監督:中井準
 アニメ制作:TROYCA
 原作:ライトノベル/三田誠
 制作協力:-

あらすじ
 ある穏やかな日。グレイは一人、ライネスのもとへと足を運ぶ。二人はひょんなきっかけから伝統ある百貨店“カルナック”へショッピングに赴くことに。
 慣れない百貨店でのショッピングで、ライネスに翻弄されるがままのグレイ。さらに途中でルヴィアと偶然出会い、女子三人でのお茶会が始まり…。

今回よりシリーズ後編、レール・ツェッペリン編へ!

EBAOdzbVUAAN-fc
 キービジュは“異なる人生のオルガマリー”

FGOに繋がらない世界
 FGOファンへの訴求もアリ、アニメ化に最適だと
 とまれ、ウキウキ気分に終わるハズが
 笑っていいともではない!

 渡しそびれた「贈り物」。グレイが不憫な…

 第0話を思い出しますね
 II世は、初給料で買った靴を大切にしています

 この手帳も、II世にとって「宝物」となるはず…?



トップに戻る









 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第0話「墓守と猫と魔術師」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第1話「バビロンと刑死者と王の記憶」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第2話「七つの星と永遠の檻(はこ)」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第3話「雷鳴と地下迷宮」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第4話「工房と塚と死霊魔術師」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第5話「最果ての槍と妖精眼」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第6話「少女とデパートとプレゼント」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第7話

トップに戻る