氷室行進曲 冬木GameOver 1巻 感想 レビュー ネタバレ 画像
 これまでの感想はこちら
氷室&藤丸立香、タッグ結成! 何この世界観!?

00050
00049
00036
00018
00011
まるでバッドエンドみたいな題! 擬似聖杯戦争系?
 氷室の天地の劇中ゲーム、“英雄史大戦”へ
 FGO主人公、藤丸立香が参戦
 アグレッシブだわ!

 収録ラストは卑怯、どこが偉人だ!?

偉人です(注)
 基本、FGO初出サーヴァントが続々登場するも
 チョイスが、おかしい事は解った!
 いやあ身に染みたよ
 寺の子にな!

 本作、何やら“本人から独立した誰か”が続々

 立香、まさか男主人公の別人格とか?

氷室行進曲 冬木GameOver 1巻 感想


 第0話「大団円」
 第1話「オーダーは下された。」
 第2話「そこは技術レベルが違う世界。」
 第3話「美しく、ぶっ飛ばす。」
 第4話「誰にでも輝ける場所がある。」
 第5話「まるで地上に舞い降りた太陽!」
 第6話「修理費は10円。」
 第7話「お約束のアレ。」
 第8話「見慣れぬ顔、見慣れぬ声。」
 あとがきまんが
 カバー下
 氷室の天地 Fate/school life 感想
 これまでの感想

「日本の会社でお仕事中」のミス・マーブル!

00041
 ゲッターロボで小島聡ネタだぞ!

あらすじ
 特異点“汚染都市冬木♯”を、ダ・ヴィンチが発見
 マシュらと、レイシフトを試みた藤丸立香は
 何故かカードになっていた

 技術水準が異常に高い“冬木市”

 立香は、SBN社のVRゲーム・イベント
 遊聖杯に挑む事となる

 氷室&立香は、NPC及び柳洞寺一成を撃破

 だがミス・マーブルに、全力ツッコミし…?

第0話「大団円」! 始めからクライマックス!!

00006
00007
00008
 ラニ=Ⅷ相棒は、安倍晴明ではないとの事

第0話「大団円」
 第1話より後日、この事件を本にしよう!妄想オチ
 第5話修得、グランドオーダーもLv7版!
 果たしていつの話なのか

 スキル「具現化」も、妄想なのかマジなのか!

 この回、立香を「相棒」と呼ぶのも
 後から思うとしっくり

 英霊でも偉人でも、サーヴァントでもない

 ジャイアントロボみたいな冒頭!

第1話。本作は「FGO延長」からスタート?

00009
00010
00011
00012
 連載開始は2017年10月、ダ・ヴィンチも健在

第1話「オーダーは下された。」
 本世界も、カルデアス(地球の魂の複写)特異点
 本来、無視しても良い程度であるハズが
 立香はレイシフトを敢行

 その“動機”を忘れており、本作での鍵

 しかし、まさかカードになっていようとは!
 ゲーム「英雄史大戦」カード!

氷室の天地」で流行の対戦ゲーム

 その英雄・偉人カードに、入ってしまったらしい

本来カードは、英雄か偉人か妖怪か悪漢だ!

00013
 しかし本世界、「現代」じゃなかった?!

SBN社
 ただし、今が何年かは明言されていない
 実は、FGO=2015年より未来なのか
 見たままFate=2004年?
 不明!

 SBN社が、AR=拡張現実デバイスを開発

 ARとは、現実にバーチャルな情報を重ね
 見える世界を“仮想的に拡張”

 たとえばPokémon GOが有名

 SBN社は、氷室の天地にも登場

 同様にゲーム「英雄史大戦」開発会社。

 天地では、時計塔の魔術師がプレイしている姿も

第2話。“英雄史大戦ロケテスト”、遊聖杯開催!

00014
00015
 劇中は遊聖と略称も、「遊びの聖杯」

第2話「そこは技術レベルが違う世界。」
 どうもカードに、不可視情報が存在したらしく
 撮影時、「特別カードがある」と判定
 勝手にロケテスト参加へ

 つまり本作は、新作ゲームの体験会設定

 また氷室、「異世界転生した?」と聞く他
 原作よりオタクっぽい

 単なるネタなのか、“育った環境が違う”のか

 市長の娘なのは共通らしい

第3話。ひらめいた! 氷室、“戦わない”選択

00016
00017
00018
 何故某スタンド能力を語るかな!(オマケより)

第3話「美しく、ぶっ飛ばす。」
 戦わないとは、CPU戦でレベル上げを図る事
 実戦をしない、という選択から
 大きな教訓を得ます

 藤丸立香が、アホの世界チャンピオンだと…!

 立香の欠けた記憶は「動機」のみ
 本来はマスター!

 なので最前線に出て、戦いまくりたいのね!

 まあ攻撃1/防御1のクソザコだがな!

 おかげで死ぬわ死ぬわ!

 バケットホイールエクスカベーター!

 世界最大の重機! ユンボルで見た!!

 シャーマンキングファンの一部なら知ってる!

第4話。このクソチートめが!

00019
00020
00021
00022
 マシュ召喚! 果たして「喋った」時に何が…?

第4話「誰にでも輝ける場所がある。」
 どっこい支援としては、チートそのものと発覚
 多数の、使い勝手が良過ぎる能力を持ち
 勝手に独自行動!

 ゲーム仕様上、“操作不要”なのはデカい!

 ただし、無人戦(CPU戦)は
 経験値が僅か1

 この“特殊カード”強化は、対人不可欠

 強化で、召喚時間も伸びるワケね 

「勝手に動く」のが、非常にありがたいルール

00023
 立香を友達と再会させるべく、強くしようと決意

プレイヤー側の技能
 英雄史大戦は、リアルタイム(RT)制ゲーム
 DQや囲碁など、ターン制であれば
 操作権は、順番に回ってきて
 ゆっくり考えられます

 しかしRT制は、常に時間が流れます

 A…、攻撃したら20秒停止
 B…、攻撃力が高いが、30秒停止

 そんな複数の駒を、次々動かすゲーム!

「勝手に動く」と、困るけど便利なのね

 連携をとるのが大切!

第5話。初の対人戦! 記念すべき相手は

00024
00025
00026
00027
 そしてSBN社の子! まるで地上に(略)!!

第5話「まるで地上に舞い降りた太陽!」
 本作の冬木市は、近未来都市として大発展
 何か、(時代が違う?)推理するも
 寺の子と遭遇戦!

 てかラニ=Ⅷ! ジャッジメントですの!?

 まさか、SBN社=アトラス院なの?!
 時計塔と並ぶ魔術協会!
 表に出ない奴ら!

 でも破格でセクシーな技術力も納得…?

 FGOのカルデアにも技術提供した先端機関

 トチ狂って、表に出てきたの…?

運営なら、藤丸立香を知ってるハズ!

00028
 ところが知らなかった!?

マジか!
 無論、腹芸である可能性も高いですが
 現状、あくまで普通のゲーム会社
 闇のゲームじゃありません

 魂を抜いたり、遊戯王でも選挙騒動でもない!

 立香、「いやらしい格好」とか言われるし
 踏んだり蹴ったりだな!
 ぃやらしい!

 実際ゲームタイアップ、とはその通り

 さすが寺の子、かしこいかわいい。

第6話。一成の英雄! 誰もが、誰も…、が?

00029
00030
00031
 またややこしいのが出やがったなオイ!

第6話「修理費は10円。」
 単行本だと、裏表紙に出てるので丸分かり。
 商業的に、アピールしないとダメだし
 難しいよね!

 真面目な一成、ノリが合うのこの子!?

 好物が和菓子なので
 合ってるといえば、合ってるかもだけど!

 一成、彼女を「歴史上の偉人」と思ってる…?

 ワケないですが、ページの都合でしょうか?

謎のヒロインxオルタは「FGO初出」の英霊

00032
00033
 ちょっとコズミックなアーサー王の一種だよ!

謎のヒロインxオルタ
 セイバー顔の殲滅を掲げる「謎のヒロインX」!
 その複製、という変わった出自。
 バーサーカー(文系)。

 普通オルタは「元人物の別側面」

 しかし彼女の場合
 元の人物、謎のヒロインからコピーされた“別人”。

 その為か、オルタなのにアホ毛がある。

 さては、眼鏡だから選ばれたな!

第7話、お約束のアレ。一成愕然の急展開!?

00034
00035
00036
00037
00038
 つまり「私のマスターか」である!

第7話「お約束のアレ。」
 幸い立香は、えっちゃんを咄嗟に買収
 寝返らせ、一成撃破に成功した!
 寺の子、またですか!
 第12巻といい!

 ただ“勝利報酬(リザルト)”は、今夜配布

 後で渡します、と意味深でしたが
 今巻は謎のままだよ!

 意味深なまま、巻をまたぐんじゃあない!

 焼肉100人前食う!

 モンゴルマンのテーマだな! トゥアー!

第8話。またも“FGO初出”、何故ここに…?

00039
00040
00041
 完全にデビルマンじゃねーか!

第8話「見慣れぬ顔、見慣れぬ声。」
 同じく参加者、マーブル・マッキントッシュ登場
 彼女と、氷室が偶発的に戦闘!
 次巻に続く!

 まだページあるけど、あとがきじゃねーか!

 そんなミス・マーブル
 FGO初出の、“ある秘密を持ったキャラ”らしい

 共通項に浮かぶのは、「当人ではない」こと

 まさか藤丸立香も“アルターエゴ”

 本来「男主人公」だったりして?

ミス・マーブル(28)! その歴史上の偉人とはッ!!

00043
00044
 氷室さんごもっとも!!

メカエリチャン
 立香、えっちゃん、マーブルに続く“FGO初出”
 エリザベート=バートリーを模したメカ
 えっちゃん同様「本物」がいる

 エクストラクラス「アルターエゴ」

 アルターエゴとは“自我を得た分身”
 その点、ミス・マーブルも無関係ではないとの事

 色んな意味で、どうしてこうなった

 メイガス・エイジス・エリザベート・チャンネル

 カラーひよこ違いのII号機もいるとか

あとがき。本作は「特番アニメ」連動作品

00045
00046
 ドラえもんの連載告知じゃねーか!

あとがき
 2017年末、Fate特番でアニメ化が決定した際
 併せて、FGOと連動した新作が決定
 本作誕生へ

 ただFate連載花盛り、独自色に大苦戦!

 物語のギミックを考えても
 FGOの裏設定と抵触、使えなかったり!

 展開、キャラ選びといいどんなギミックなのやら

 とりあえず、メカエリチャンで盛大に吹いたわ!

収録

00001
00002
00005
00048


 紹介されるなんて、さすがですお兄さま!

 4コマKINGぱれっとCOMIC「氷室行進曲 冬木GameOver 1巻 感想」。磨伸映一朗。
 月刊まんがKINGSぱれっと連載、一迅社発行。
 原作/監修、TYPE-MOON
 2019年7月発売

氷室行進曲 冬木GameOver 1巻 感想
 第0話「大団円」
 第1話「オーダーは下された。」
 第2話「そこは技術レベルが違う世界。」
 第3話「美しく、ぶっ飛ばす。」
 第4話「誰にでも輝ける場所がある。」
 第5話「まるで地上に舞い降りた太陽!」
 第6話「修理費は10円。」
 第7話「お約束のアレ。」
 第8話「見慣れぬ顔、見慣れぬ声。」
 あとがきまんが
 カバー下
 氷室の天地 Fate/school life 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

公式サイト 漫画 Fate/stay night[Heaven's Feel] ヘブンズ・フィール 感想 タスクオーナ

 Fate/stay night[Heaven's Feel] 1巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 2巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 3巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 4巻“ 第1の脱落? ヒロイン模様それぞれ”
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 5巻“キャスター” 際限ない淫夢
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 6巻“もし わたしが悪い人になったら”
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 7巻“抱きしめたい”衝撃のマーボー!

Fate/Grand Order 感想

 Fate/Grand Order - First Order-
 ショートアニメ「Fate/ぐだぐだオーダー」
 Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-
 Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~
 衛宮さんちの今日のごはん 第1話「年越しそば」
 Fate Project 大晦日TVスペシャル2018

氷室の天地 Fate/school life 感想

 氷室の天地 Fate/school life 7巻
 氷室の天地 Fate/school life 8巻
 氷室の天地 Fate/school life 9巻
 氷室の天地 Fate/school life 10巻“聖杯戦争終結! さらば間桐!!”
 氷室の天地 Fate/school life 11巻“最強偉人”大発表3! 戦え遠坂ゲーム編!!
 氷室の天地 Fate/school life 12巻“最強偉人3-2”大会続行!!

氷室行進曲 冬木GameOver 感想

 氷室行進曲 冬木GameOver 1巻“FGO×氷室”!?