公式サイト ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第4話 感想
 工房と塚と死霊魔術師 レビュー 考察 画像 ネタバレ 原作未読
 17時 感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
聖杯戦争の為、“ソラウの兄”に貸しを作れ!

00959
00983
00909
魔術犯罪は、誰が?どうやって?を問うのが困難
 だからII世は、動機から犯人を推理
 が、化野菱理は正反対か
 犯人は“決める”

 本家側と結託、II世と最悪! 化野菱理回!

子作りしようぜ!
 ライネスったら刺激的! また無縁でもない
 獅子劫界離は、呪いで子孫を残せず
 魔術回路が桁違い
 正反対!

 鍵は雷鳴・魔眼・墓所、狙いは英霊召喚…?

ロード・エルメロイII世の事件簿 4話 感想


 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第4話『工房と塚と死霊魔術師』
 冒頭「ウェイバーは彼の臣下だから」
 Aパート「降霊科の伊達男」
 マーベリー工房の暴走
 ブラム・ヌァザレ・ソフィアリ
 ライネスの魔眼
 Bパート「もう一人のWhydunit」
 ウィルズの魔眼
 魔術工房、本丸
 弔問客は足元から
 雷鳴、魔眼、墓所
 化野菱理のWhydunit
 Cパート「ワイルドハント再び」   
 感想追記 
 制作スタッフ
 これまでの感想

II世が言う「ワイルドハント」が、おそらく鍵?

00633
 以下仮説、この伝承はアーサー王説もあり。

狙いは英霊召喚?
 こうした空は、“英雄が渡っている”とする伝承
 雷鳴が、もし過去の英雄達の魂なら
 地上へと、引き寄せられれば
 強力な死霊術になる

 死霊魔術の見地が、起こした事件なのかも

 霊脈は乱れでなく狙い通り? 
 ただウィルズがいる時、予告して死ぬって…?

 ブラムの妹ソラウ同様、恋絡みの事件?

手札は示された、“Whydunit(なぜ犯行に?)”

00660
 Zeroのソラウ、その兄ブラム(0話も登場)

あらすじ
 聖杯戦争参加の為、降霊科ブラムの協力が要る
 II世は、マーベリー工房暴走を止めに行くが
 法政科の化野菱理と遭遇

 彼女は、II世の依頼人ウィルズが犯人と主張

 最中、ライネスとグレイは地下墳墓を発見
 獅子劫界離と出会う

 II世の推理は形と成るが、新たな犠牲者が…。

 次回、ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第5話

『……僕は!

00590
 前回、II世は美しいアイアン・クローを披露し
 動物科の権力闘争に巻き込まれ
 挙句「本命」を逃した

 騒動中、聖杯戦争参加が打ち切られたのだ

 これは偶然か、それとも…?

『僕は、もう一度お前に会いたい、お前の夢を叶えてやりたい…!』

00592

)ウェイバー・ベルベット
 だけど、その願いはもう…

 この未熟者、と笑いに来てもよさそうなものだがね

 解っているさ
 最後の最後まで無様に足掻いて見せろ
 と、言うんだろ?

 やるさ…


00593
00595
00596
00600
やるさ…、私は貴方の臣下だからな

遥か遠い背中へ
 布は、制服王イスカンダルのマントの切れ端
 王、前回の「どっかのバカ」を召喚する
 大切な遺物

 足掻くと決めた! どんなにみっともなくても

 まだやれる事があるなら
 諦めない姿こそ、美しいってもんよね!

 唐突な「僕」に、面食らうのも確かですけど

 とまれ、その手段が…

『降霊科の面倒事を解決すればいいのだろう?』

00603
 どことなく、某アーチャー風の言い回し

 降霊科は、前回冒頭、チェスを打ってた人の科
 II世の師匠、ケイネスの婚約者
 ソラウの家系が元締め

 他より縁がある学科なのね

 他にも色々あり、グレイが“墓守”なのもポイントか

『おやおや、ちょうどいい。聞きたい事があるんだ』

00608
00609
00610
なあに、たいして手間は取らせない

獅子劫劾以
 彼もまた“死霊術師”、ネクロマンサー祭り!
 彼は、Fate/Apocrypha初出
 獅子劫界離

 本作はApと繋がらず、記憶的には別人

 前回の眼鏡カウレスと一緒ね!
 その点も「前回と同じ」

 本作はつくづく、色々繋がってて面白い

 Apでは、“アーサー王の娘”を召喚。

『どうしてですか先生?! 私じゃダメですか…?』

00616
 いきなり告白されてるイケメンは、降霊科の重鎮
 こう見えて、自身が重鎮な人物であり
 たいそうモテるらしい

 おまわりさん こっちです!

『ンン! そろそろ良いかね? ウィルズ一級講師』

00619

)II世
 相変らずモテるな君は…

 ま、女学生と二人きりになる時に
 ドアを開けておくのは
 良い心がけだ


00620

)ウィルズ・ペラム・コドリントン
 恐縮です、ロード


※彼は降霊科の重鎮
 死霊魔術師を「ネクロマンサー」と呼ぶ

 父は偉大なロックスターネクロマンサーだった


00621
 父を父を亡くして間もないウィルズ氏

マーベリー工房
 父・トレヴァー卿は、偉大な死霊魔術師
 基本、魔術才能に乏しいII世は
 卿も尊敬していた

 問題は亡父が、荒野ごと買い上げた遺跡

 五年前、マーベリー工房と名付けて購入し
 問題のタネになってると

 魔術師の“工房”! 前回と繋がる部分ね

 旬工房! 宅配で有名な!!

『古代ローマの遺跡ごと、荒野を買い上げたのは五年前です…』

00630

)II世
 荒野全体を魔術工房とし
 魔力的な強度は、“神殿”にも匹敵する…!

 だが、マーベリー工房は暴走した


 相次ぐ落雷で、一門の魔術師はおろか
 周辺住民にも十数名の死者を出し…


)ウィルズ
 そして…、最後の死者が父なんです


)II世
 原因は霊脈の狂いだな?

)ウィルズ・ペラム・コドリントン
 そこまでお分かりでしたか?!


00633

)II世
 あの様式の魔術工房なら、他の魔力源は考え難い
 だが、トレヴァー卿ほどの人物なら
 修復できなかったのは妙だ…


)ウィルズ
 このまま
 工房の事故が続くなら
 僕には手の施しようがありません

)ライネス
 つまりさ兄上?


00634

)ライネス
 このまま続けばマーベリー工房は
 土地ごと「コドリントン」の本家に吸収されてしまう

)II世
 なるほど…
 だが、あれほどの工房だ

 没収されれば「ブラム」の痛手にもなる、か


00635
※ブラム
 降霊科の偉い人。
 冒頭でII世が連絡を頼んだ「ソフィアリ卿」。

 直後のシーンの赤毛さん


※本家
 ウィルズ・コドリントンは分家
 他に本家があり、同工房を要求している

 持っていかれると、降霊科=ブラムさんは困る


00641
00644
00647
それに、もう一つ。あなたに相談したい事がありまして

その件は後で
 という訳で、概要と共に聞き入れました
 問題は、暴走した工房の修復。
 報酬は降霊科への恩

 高位死霊魔術師でも、修復出来てない

 霊脈とは、大地を走る魔力の流れ
 その膨大なパワァ!

 死霊魔術師が欲した、古代ローマ!遺跡

 どんなローマ!なのか…?

前々回、「木星は死者の領域」

00926
※画像は前回より

おさらい
 木星は死者、前回で、木星=雷神ゼウス
 暴走し、雷が落ちまくる地を
 死霊魔術師が欲した
 
 果たして何がローマ!

 確か、そうカタ、固焼きベーコン…?

ブラム『彼を焚きつけてくれたことに、感謝します』

00649
00651
00653
00660
00663
 次期降霊科・学部長。次期ロードってワケね

ブラム・ヌァザレ・ソフィアリ
 工房は“降霊科の財産”で、取られたら困る!
 ブラム講師は、事件解決を望み
 ライネスが請け負い
 II世が動いた

 代価は、聖杯戦争への口利き

 ブラムの権力は絶大!
 写真の女性、“バゼットの枠に押し込む”

 名門魔術師の、ちゃんとした貴公子!

 互いに利用しあう立場なワケね

ブラム『しかし? 仮にもロードともあろう男が』

00669
(妹と婚約者の死を)悼め…、とでも言うのかね?

悼め! もっと悼め!
 前回冒頭通り、時計塔で、聖杯戦争の認識は軽く
 極東の、ローカルな魔術儀式と捉え
 彼もあざけります

 彼はZeroで死亡した、ソラウの兄

 ソラウの婚約者は、II世の師匠エルメロイ
 元祖・デコッパチ・エルメロイ

 なのにブラムでさえ、くだらない儀式と認識

 前回、ライネスはここに着眼

 妙に扱いが軽いのは、陰謀では?と

『好奇心を持たないと、干乾びる。というからね?』

00674
00676
00677
小娘が…ッ!

魔術師家系
 ブラムは苛立つも、彼にとって便利なのも確か
 彼は、「II世が役立つ」と認識してますが
 ライネスはII世を動かしてくれる

 便利なツテであり、互いに利用しあう関係

 また、第2話の通り「子は父の所有物」
 態度も相応に冷酷

 でも薄情だ、と責められた気がして反発

 そのくらい“人間的な人”なのね

II世『…それで? そろそろ話してもらえるかな?』

00679

)II世
 本来ならこれは降霊科の領分だ
 何故、私が?

)ウィルズ
 それは……、
 コドリントンの本家は
 この一件を「法政科」に訴え出たんです


00680

)II世
 法政科だと!?

)ウィルズ
 工房が不安定なのは僕の責任だ
 このままでは「神秘の隠匿」に関わる

 本家の管理にせよ、と


※神秘の隠匿
 前回ラストの通り、一般人に魔術はヒミツ☆
 厳守は非常に重視される


00683
00687
00692
00698
「(どんな事だってやってやるさ…、もう一度聖杯戦争に出る為なら!)」

社会の皆には内緒だよ
 さあ大変な事になったぞ! と後悔しながらも
 幼い自分と、叱咤しあうウェイバー
 問題は“法政科”

 実は苦手な人がいて、盛大に吹いた様子

 問題はお家騒動
 本家は法政科、正規組織を味方に付けた

 対し降霊科は、“財産争い”に関わると体面が悪い

 そこで、問題に首を突っ込むことで有名な

 II世を白羽の矢が貫通したワケ!

II世『…どうやら、想像以上に霊脈のバランスは不安定のようだな』

00699

)ウィルズ
 魔眼、ですか?


)II世
 ああ、ライネスは魔力に触れると
 瞳の色が赤く染まる

 痛みを伴う事は、そうそうは無いんだがな…


00700

)ライネス
 子供の頃に、暖炉に手を突っ込んだ気分さ…

 ま、眼薬さえさしていれば大丈夫

)II世
 急いだほうがいいかもしれん…

 風の“元素<エレメント>”が激しく動いてる
 嵐が来るぞ!


00702
00707
00716
00719
00726
00727
 足元、遠回りのような古い標識は…?

この風、少し泣いています
 この地は古くから、“近寄るべからず”だった?
 霊脈、流れ込む魔力は膨大で
 バランスを欠いている

 元々危険で、手を入れて更に狂った?

 高位な、霊脈直し楽勝な人だから
 見誤ったのか…?

 また魔眼、本シリーズ「本編」に関わる単語!

 こうして、少しずつ前振りを重ねるのね

 フフフ中二病!

※トップに戻る

ウィルズ『大丈夫ですか? ロード…』

00730

)II世
 ここまで長距離歩くとは…、思わなかった…

)ライネス
 ひ弱なボーヤだなァ、相変らず♪

)モヤシっ子II世
 誰がボーヤだ!


※II世は虚弱体質
 魔力の才能は、平凡の一言だが
 体力的にも虚弱という
 逆完璧超人

 しかも明らかに不摂生で拍車がかかっている


00733
00738
00741
00744
00745
00746
 際し「ウィルズを」睨みつけるII世

出前迅速落書無用
 ウィルズが、“戻ってくる”のを待っていたのは
 法政科、化野菱理(あだしの ひしり)
 II世の天敵!

 彼女は、ウィルズを“父殺しの容疑”で逮捕

 前回ラスト、卿を捕縛した集団
 アレも「法政科」。

 魔術師が罪を犯した時、裁く集団

 既に動いていらっしゃった!

ウィルズ『待って下さい!? どうしてそんな事になるんです!?』

00755

)化野
 あら?

)ワレッタ・コドリントン
 黙れ! 父殺しがッ!!

)ウィルズ・ペラム・コドリントン
 ワレッタ?!


)化野
 彼女はワレッタ・コドリントン

 死霊魔術師の一門
 コドリントン本家から派遣されてきた、見届け人です


00758

)ワレッタ
 私は真っ先にトレヴァー卿を降霊して
 事情を聞こうとした…

 だが、その痕跡が消されていたんだ!


)ライネス
 ほほぉう♪ それはそれは…♪

)グレイ
 師匠、どういう事なんですか?


00759

)II世
 死霊魔術に於ける“降霊”は…
 死者の残留思念を呼び出すものだ

 だが…、あらゆる死者を呼びだせる訳ではない


 残留思念の磨耗や降霊の妨害

 痕跡を消したというのは
 穏やかではないな


00762
00763
00765
事故発生時、常に館にはウィルズがいる!(ワレッタ」

Howdunit
 死んだ当主、その残留思念を呼び出そうにも
 犠牲者全員、“痕跡”が消されていた
 調査が、できなくされていた
 出来るのは死霊術師

 しかも殺人時、常にウィルズがいた!

 Howdunit(どのように)。
 その点から見て、ウィルズは怪しい

 自分の父を殺したのだ、遺産目当てで!(第2話)

 と、ワレッタさんは推理したのね

ウィルズ『誤解だワレッタ!?

00779

)ウィルズ
 確かに、僕は父の霊を呼び出そうとした!
 でも、失敗したんだ!

)化野
 それを実証する術は?

 …これだけ揃っていれば充分ですね


)II世
 待ちたまえ

)化野
 あら?もしかして
 また、名探偵登場というところかしら


00785
00787
00795
00800
00801
 嵐が酷いので、去るまでの間預かりたいと

待たれよ!
 何せ“父”も、落雷で死亡しているのですから!
 とまれ、“Howdunit(どうやった?)”では
 魔術師は何でもあり!

 なので多少強引も、ウィルズは有罪と断定

 また本件は、降霊科の領分ですが
 依頼したのも降霊科

 お家騒動、かつ“科”の利害が

 建前と実益、色々混ざっててめんどくさい!

II世『証明されていない事項については断定しない。それが学者の原則だからな』

00802
 魔術関係なしに、「学者としての原則」のお話
 どんなに怪しく、ムチャクチャであっても
 証明できねば断定しない

 証明され、日々覆るのが学問ですものね

 1192(いいくに)作ろう鎌倉幕府が
 今では「1185(いい箱)作ろう」となったように

『こちらが父の書斎です、ご自由にご覧になって下さい』

00809

)ウィルズ
 本家の幼馴染なんです
 色々と、ありまして…、嫌われてます

)II世
 ン…、…もしかして求婚を拒んだ?

)色男
 アタリです! さすが名探偵♪


00813

)II世
 はぁ…
 君が法政科に処断されれば
 彼女がこの工房を引き継ぐ事になるだろうな

 見え透いた絵だ…

 あの女らしい


00815

)ウィルズ
 そちらはアダシノさんとは?

)II世
 昔、少しな

 時計塔でも私とは最悪の相性でねェ…


00821
話して貰えるかね? 私を呼んだ、もう一つの理由を

見え透いた構図
 察するに、ワレッタを連れてきたのが化野紅緒
 ワレッタなら、ウィルズを必ず“有罪”にする
 と、考えたのか

 どうも法政科も、“本家に依頼”された?

 II世が降霊科に頼まれたように
 法政科、降霊科の代理戦争となった?

 化野が“得したいから、ワレッタを連れてきた”

 と仮定したら、そんな話に見えます

『ええ…、ちょうど“来ている”ようですから』

00823

)II世
 これは…、妖精か?!


)ウィルズ
 はい、この地に根ざす妖精のようです

)II世
 消えた…!?


00825

)ウィルズ
 彼女が、現れるようになったのは
 工房が完成した時からです

 その日も、こんな嵐の夜でした

)II世
 妖精が見える…、“妖精眼”か


00827
)ウィルズ
 それほど強い魔眼ではありませんけどね?
 生まれつきです


 そして、彼女が僕に警告するたび
 人が死ぬんです

 僕は知りたいんです!

 彼女が僕に、何を警告してくれているのか


00828

)II世
 ワイルドハント…

 妖精の騎士団か


※ワイルドハント
 本作中のような、悪天候は「猟」だとするもの
 この場合、死の妖精たちが狩りをし
 見たものは死ぬ

 狩人=妖精の騎士団が、狩りしてると考えた?


00830
00839
00842
 つまり今夜も、誰か死ぬ。という事…?

妖精の要請
 死亡事故時、必ずウィルズがいたのは
 妖精が、“これから殺すぞ”と
 予告をしてたから?

 この地は元々、妖精がいたのだと。

 霊脈は、彼らが利用していたが
 父が変えてしまった?

 怒って、警告で殺してるのか?

 主犯が人間ではない為、痕跡がおかしい?

ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ『ふんふ~ん♪

00847

)グレイ
 ライネスさん!
 許可なく、屋敷を調べるのはよくないですよ

 もう戻りましょうっ!

)ライネス
 おや? この魔力は…?


)ライネス
 隠し通路~♪

 盛り上がってきたじゃないか♪

)グレイ
 ダメですよ、師匠に報告しないと!


00850

)ライネス
 そんな事をすれば、化野にも勘付かれる!
 先に調べてからにしないとな♪
 それに私は

 人が嫌がる事を進んでする主義なんだ♪


※人が嫌がる事を~
 普通は、「他人がしたがらないことをやる」
 たとえばドブ掃除だとか。
 善性を勧める言葉

 対し「相手が嫌がるから楽しい♪」

 と悪性な言葉
 もはやある種の様式美


00853
00856
00860
 敵が一番何を嫌がるか、それを考えるのが戦争だ

グレイのFate
 ライネスの魔眼は、決して短所だけではなく
 生まれ持った、希少な才能であり
 彼女の素晴らしい長所

 素晴らしい性格と並ぶ、彼女の“才能”!

 魔術探知に使える為
 こうして、構造を探る上でとても便利

 応用の広さで、気が遠くなりそう!

 グレイには、師と別ベクトルで手のかかる人!
  
グレイ『この感じは、馴染みがあります…』

00862
 第0話のとおり、“墓守”であるグレイには分かる
 墓所、ネクロマンサーが買った遺跡
 地下墓地だったのです

 ローマと地下墓地、“カタコンベ”という奴か

 荒野のど真ん中に存在する理由は…?

ライネス『フム…、ここが魔術工房の本丸か♪』

00864

)ライネス
 妙だ…、“目薬”が切れるのが早過ぎる!
 そうか!

 この遺跡が、私の魔眼と反応しているのか!


)グレイ
 引き返しましょう!


00877

)ライネス
 ああ…

 違う…
 魔眼の力をこの遺跡が引き出しているのか?

 だとしたら!


00883
00888
00891
 咄嗟にグレイを気遣うライネス、善性だのう!

仮定
 元凶はライネスですが、“魔術師は人でなし”
 彼らの常識的には、かなり良い子だ!
 グレイと仲良しなのね

 うっかり罠を起動、秘技・墓所落石落とし!

 単に反応したのでない
 ライネスの、“(探知?)魔眼”を引き出したらしい

 壮大な“探知”、探る施設か?

 死霊魔術師、妖精の狩人、探知…?

 狩った魂から、必要なものを選りだす施設?

『よう…、お嬢ちゃん方。大丈夫か?』

00902

)ライネス
 お前は…!

)獅子劫界離
 墓所の番をしていた亡霊たちだ
 どうやら

 お嬢ちゃん達を墓泥棒と認識したようだ


)ライネス
 間違ってはいないが…、ウッ!


00903

)獅子劫
 参ったなァ、奴らますます興奮してやがるぜ
 外に出る抜け道を知っている

 少々荒い“ご同伴<エスコート>”になるが…

 お嬢ちゃん達、ついてこれるか?


00908
00909
00915
00921
00922
ついて来れるか、じゃねえ てめえの方こそ、ついてきやがれ

ハロー、ターミネーター!
 茶目っ気たっぷりに、一旦ライネス達を狙い
 すぐさま、“墓守”を狩る獅子劫界離!
 さすがの強さ!

 冒頭で彼がいた洞窟は、この地下墓地

 冒頭からずっと、地下で調べものをしており
 作業中断して助けたらしい

 またグレイと“彼の相棒”は、アーサー王系の

 ですが、本世界では出会ってません

 その為ツッコまない模様
 
獅子劫界離『大丈夫、気を失っているだけだ』

00924

)II世
 お前は?


)化野菱理
 獅子劫界離
 “死霊術師<ネクロマンサー>”にして傭兵

 日本出身

 どんな汚れ仕事でも引き受ける
 法政科では、ちょっとした有名人よ


00926

)シシゴウカイリ
 一応まだ、時計塔に籍はあったと記憶しているんだがねェ



)II世
 その有名人が、ここに何をしにきた?

)ウィルズ
 ミスター・シシゴウは、父の友人なんです

)獅子劫界離
 弔問に伺った次第だ


00931

)化野
 それで?
 屋敷にも顔を出さず、弔問客が墓所で何をしていたの


)獅子劫
 あの墓所は麓まで繋がっててねェ~

 雷を避けて屋敷に来るには
 墓所を通る方が都合が良いのさ


)化野
 ……なるほど、ね


00932
00942
00944
00948
暗い夜道はぴかぴかのおまえの鼻が役に立つのさ

死霊術師
 同じネクロマンサー、亡父と界離は親交が
 また、「墓所」は人里と遠く離れてるが
 実は地下道があった

 第2話のような、共同研究者だったのか?

 表向きは明かしていないが
 地下通路を利用し、「影の共同研究」をしてた?

 地下! 前回とも繋がるか

 化野、墓所が本丸だと把握してるのね

『まったく…、どうして同室なんだ!?

00951

)ライネス
 子作りには最適だと思うがね?

)童貞疑惑II世
 こ…、なんでそうなる!?


)ライネス
 もちろん~♪
 義兄上の魔術回路は残念ながらゴミだ

)ウェイバー・ベルベット
 んな!?


00953

)ライネス
 だが、後継者の“胤(たね)”としては悪くない

 この機会にもうけておくのも
 悪くないだろう

)II世
 ふざけるな!
 黙って寝ていろッ!!


)ライネス
 まったく♪ 相変らず冗談が通じないな♪

)II世
 それだけの元気があれば、大丈夫か


00955

)ライネス
 地下墳墓は亡霊の巣だったが
 このベッドは良いな♪


)II世
 この土地の霊脈は、魔眼と反応している

 雷鳴、魔眼、墓所…


 あと少しで繋がりそうなんだが…
 そうか!

 少し確認することがある
 グレイの言う事を聞いて、大人しく寝ていろ

 いいな?
 

00956
00959
00962
00963
00966
00969
00972
 死者は2話、雷鳴は3話で、“木星ゼウス”繋がり

誘惑15歳
 今回も関係あるのか、それともミスリード
 また、ライネスがII世をからかってますが
 意外に冗談でもない
 意外に!

 獅子劫は“子孫と魔術刻印”に、深い縁がある為

 子孫を残すという事
 獅子劫にとって、人生に関わる大問題!

 また彼の魔術回路こそ、規格外で超強力!

 亡父とは、そこがポイントなのか?

ワレッタ『どういう事なの、ヒシリ!』

00974

)ワレッタ
 何故、現代魔術科が介入しているの!
 あの工房を…

 ブラム如きに渡すわけにはいかないのよ!


00976

)化野菱理
 私たち魔術師には
 Howdunit(どうやって?)も
 Whodunit(誰がやった?)も意味がない


)化野菱理
 そんなものは、幾らでも私たち法政科が決められる

 歪んだ像が正しいのか?

 それとも誤っているのか?


 それを決めるのが“私たち”
 だから…

 安心して頂戴


00978

※水のグラスを通じて「歪んだ姿」
 しかし、フィルターがかかってると解らねば
 歪んでるとは気付けない

 気付けないなら、“どっちでもいい”

 魔術師の犯罪はそういうもの
 何が正しいのか、決めるのは法政科

 そして「法政科は、本家側」についている?


00980
00981
00982
00983
00984
00985
00989
やはりそうか…、だとすれば!(II世」

化野菱理
 根本は同じ、「誰が」「どうやって」は関係ない
 しかし、“だから”何が正しいかなんて
 幾らでも作り出せる
 決められる

 それが法政科だ、と謳うのが化野

 だから天敵なんですね
 II世と同質で、考え方が真逆の人

 彼女は真相を理解し、その上で捻じ曲げる

 魔術師の犯罪、という特性を活かす人か

 本作オリジナルキャラクター!

師匠! たいへんですっ!!

00994

)グレイ
 ワレッタさんが、雷に打たれて!?

)II世
 この上、また死人だと!?


00995
00997
01000
01001
 仲良しナイトキャップコンビで、もう笑うわ!

新たな犠牲者
 ただ“明言”はしてないので、生きてるのかも
 II世は、完全に虚を突かれた格好ですが
 想定外だったのか?

 化野は、死のうとも利益になれば良さげだし…?

 獣が出てきますが
 雷鳴、ワイルドハントは「猟」

 猟犬、狩人に仕留められたのか

 犬と狼は亡霊を食らうもの、なんだそうな。

ウィルズ氏、生き残りの原因は“恋”?

00619
 彼のモテ方は、尋常じゃないらしい

儀式と恋
 極論すれば、ブラムの妹、ソラウは恋で破滅
 その為、今回の事件も恋が要因の
 オマージュに思えます

 妖精が彼に惚れ、他者を殺してるのか?

 彼不在時は死亡事故は起こらず
 今回も、彼が来た為に嵐が起こったようにも

 でも描写上、彼自身は無実っぽいし…?

生まれつき、弱い妖精眼だった

00839
 彼が未婚なのは、幼い頃から「妖精」を見慣れ
 人間では、美しく感じないのが原因…
 と、考えたくなる状況

 多分それで、本家筋との結婚も蹴ったのか?

 結構、美味しい話に見えますから

雷鳴の空は「狩りの行列だ」とする伝承

01001
 だからラストのも、猟犬なんでしょうか?

ワイルドハント
 1.雷鳴の空は、死者の列ワイルドハントである
 2.人の魂を連れてったり、贈物を与える
 3.元伝承では、死んだ英雄達

 4.魔眼で見分け、必要な英雄を召喚する計画?

亡父の計画?

 5.その為、墳墓=死者を利用した
 6.墳墓を利用し、意図的にワイルドハント発生
 7.墳墓の魂を、取りに来るよう流れを変えた
 8.霊脈はそう意図的に乱した?

 死霊術には限度が、その限度を越える試み?

亡父の誤算?

 9.呼び寄せた列が、“死人集め”を始めた
 10.制御できないまま、父も死亡
 11.主犯は人間じゃない

 12.魂が連れていかれ、思念が残ってない?

 死者を連れていく行列の伝承ですから

※トップに戻る

公式ツイッターより




























































2019年7月28日 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第4話「工房と塚と死霊魔術師」

00951
 第2話のコンテ、0話演出の林宏樹氏が絵コンテ

スタッフ
 脚本:小太刀右京・三輪清宗
 絵コンテ:林宏樹
 演出:山口頼房
 作画監督:奥田淳
 アニメ制作:TROYCA
 原作:ライトノベル/三田誠
 制作協力:-

あらすじ
 降霊科の重鎮、ウィルズ一級講師。彼の父トレヴァー卿は、荒野全域を魔術工房とするマーベリー工房を所有していた。しかし工房は暴走し、トレヴァー卿も含め多数の犠牲者が出てしまい、手の施しようがない状態に。
 聖杯戦争への参加のため、降霊科に協力を求めているロード・エルメロイⅡ世は、この一件の解決を仕方なく引き受ける。
しかし、屋敷へとたどり着いた一行を待ち受けていたのは、時計塔内部の調査・執行を行う法制科の化野菱理だった――。

薄々思ってたけど、やはり出ました化野菱理!

00744


 何故なら、「氷室の天地」に出たからさ!

法政科の化野菱理
 Fateの陸上部トリオと、美綴を軸に
 一応、Fate[HF]ルートを描く
 キン肉マン風味漫画

 13巻は聖杯戦争終戦、“II世”ネタ多数

 II世に、ネタを寄せてくるなァ…
 と思ったらコレだ!

 さすが“原作”、性格のいやらしさも素晴らしい

 次回、ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第5話

トップに戻る










 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第0話「墓守と猫と魔術師」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第1話「バビロンと刑死者と王の記憶」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第2話「七つの星と永遠の檻(はこ)」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第3話「雷鳴と地下迷宮」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第4話「工房と塚と死霊魔術師」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第5話「最果ての槍と妖精眼」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第6話「少女とデパートとプレゼント」
 ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第7話

トップに戻る