公式サイト くーねるまるた ぬーぼ 4巻 感想
 高尾じんぐ レビュー 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
妹二人と正反対? 生真面目なエリザ姉さん再び!
牛丼リメイクが美味しそう!

00059
00058
00044
00055
就業している姉滞在、京都に続く旅行編が面白い
 秋葉原といい、ぬーぼは旅要素が増して
 ゲスト、エリザ姉さんも素敵でした
 特に別れ際がね!

 口うるさい人が、不意に口にする寂しさが素敵

タピオカと…ブラジル?
 料理では46話の牛丼! 味が沁みたご飯を再利用
 特に、上にノッけたアレが合いそうで
 食べたくなる奴だった!

 話題のタピオカも、本作らしいというか

 でも、レギュラー4人も恋しい!

くーねるまるた ぬーぼ 4巻 感想


・第42話「薬膳カレー」
   …長女エリザ、滞在する
・第43話「エリザとガーデニング」
   …マルタを惜しむ長女エリザ
・第44話「エリザとわらび餅」
   …前田のお婆ちゃんが、お手製でご馳走!
・第45話「海鮮おこげ」
   …いつものメンバーと宴会!
・第46話「ガパオ風ガーリック牛丼」
   …冷めた牛丼を、美味しくリメイク?!
・第47話「岐阜・東濃編 1」
   …ラケル、それ窯違いやで!
・第48話「岐阜・東濃編 2」
   …エリザ姉さんも、好きな事には自由人!
・第49話「岐阜・東濃編 3」
   …風呂回、“和服”回!
・第50話「岐阜・東濃編 4」
   …神永さんが教えてくれたお店とは!
・第51話「岐阜・東濃編 5」
   …感動の焼きアマゴ! “姉も来た”!収録
・第52話「タピオカミルクティー」
   …はたらくラケルさん!
・第53話「あんず飴」
   …2019年の花火大会といえば
・第54話「夏野菜のガスパショ和風仕立」
   …夏野菜で夏スープ! 
・これまでの感想

あらすじ
姉に出くわし、妹ラケルは戦々恐々…!

00025
 予告で知ってましたが、姉さん。滞在です

あらすじ
 姉に滞在を認めて貰い、ひと安心するラケル
 だが、長兄エリザは一週間滞在し
 マルタとラケルを観察

 更に岐阜に一泊二日で旅行する

 姉は帰国の途につき
 日々は、花火大会の季節へと移ってく

 そして次巻、妹ラケルが一人旅…?

第42話
長女がいた! 日本留学を話していなかった末妹は

00011
00012
00020
00022
00026
 しこたま怒られた上、居座る連続コンボ!

第42話「薬膳カレー」
 薬膳! スパイスを自らミックスして作る特製品!
 由佳さんの、薬膳知識を活かした品で
 ハーブに長けた姉さんも絶賛

 スパイスとトマトピューレが主体

 本場感あって、美味しそうでしたねー
 バターチキンカレーを彷彿

 とまれ聖地巡礼=フィールドワーク

 長女エリザさん、発想までクソ真面目なのね…

第43話
マルタの働きぶりと、彼女を惜しむ長女

00027
 こういう時、雇用主イリーナさんが有り難い

第43話「エリザとガーデニング」
 マルタは、大学院までいっておいて“勿体ない”
 が、彼女は学問の道を捨てた訳じゃない
 と取り成してくれるイリーナ

 知ろう、挑戦しようとする姿勢

 また、エリザのおかげで庭も拓かれ始め
 ここも「真面目」と感じます

 ぐだっとせず、何かしようと動き続ける人

 マルタを心配になるのも解りますね…

第44話
前田のお婆ちゃんから、姉妹にご馳走だ!

00028
00029
 奪い合いとなるマルタとラケル! わかる!

第44話「エリザとわらび餅」
 粉を練ると、透明になるわらび餅は魔法のよう
 エリザさん、驚き方も真面目な感じで
 魅入られる様が可愛い

 もちもちわらび餅、きなこが最高よね!

 コンビニなんかのは、粒がしっかりしてるけど
 昔ながらのモチモチも旨い

 食べたい!

「勝って」分ける、出来た長女すぎる…

第45話
いつもの面々と宴会! ラケルが“やらかす”も

00030
00031
00032
00033
00034
 お寿司を“おこげ”にリメイク?!

第45話「海鮮おこげ」
 怖いもの知らず、見真似でお寿司を作るラケル
 さすが妹、さすが心が太平洋系女子も
 生食用を知らなかった?!
 怪しくて食えない…!

 そこで火を通す意味も込め、おこげに!

 作りたてパリパリおこげ
 アっツアツ、とろりの海鮮あん!

 旨いに決まってるじゃないですか!

 案を出し合う面々に、エリザ姉さんも安心

 ホント、この人よう見てはる…

第46話
肉屋の数代さんと話し込み、膨れてしまうラケル

00035
00036
00037
 話してたら牛丼が冷めた…、ならリメイクだ!

第46話「ガパオ風ガーリック牛丼」
 リメイク第2弾、牛丼を食べてみたかったラケル
 話しこみ、冷めてしまって残念ですが
 上の具を、切って炒めて
 飯も軽く火通し

 半熟目玉焼きもノッけてもらおう!

 味が濃い上、出汁しみしみな牛丼飯
 火を通そうとはふてえ奴よ!

 牛丼の飯に半熟卵、美味しそう

 半熟卵、パプリカ(ピーマン)が合う奴だ…

 ちょっぴり試してみたいじゃあないか…

第47話
岐阜だ! 東濃編といえば織部焼きですね!!

00038
00039
00040
 一方ラケルは、窯焼きピザを発見

第47話「岐阜・東濃編 1」
 まあちゃっかりした子! 響きが既に旨そうだわ!
 とまれ、三姉妹で小旅行としゃれ込み
 陶芸家・真紀さんが案内
 箱田真紀先生
 
 織部焼きとは、当時の画期的な焼き物

 千利休の弟子が、型に嵌らない焼き物を試みた
 エキサイティングな始まり!

 今もその息吹が息衝くのだ

 そう聞くと、ちょっぴりイメージが変わりますね

第48話
エリザ姉さんも、好きな事には自由人?!

00041
00042
 皆が話す中、ずーっと庭を見てたらしい

第48話「岐阜・東濃編 2」
 真紀推薦、山の上のケーキ屋ラ・プロヴァンス
 店の一角に、ギャラリーを併設しており
 自身も新作ケーキを創作!

 創作的なケーキ屋さん

 時代時代、新しい事に挑戦していた美濃焼
 それと同じ精神なんですね

 岐阜へのイメージが変わって面白い

 個人的には信長、天下布武のイメージが強いです

第49話
露天風呂を堪能、特に“オタク”ラケルは大喜び!

00043
00044
00045
00046
00047
 真紀さん曰く、“美濃焼は特徴がないのが特徴”

第49話「岐阜・東濃編 3」
 特徴は、悪く言えば“型に嵌ってしまう”という事
 時代に応じ、どんどん新しい事をしたから
 美濃焼は「特徴」がない

 美濃焼とは? 一言で表せないんだよ

 そんな意味がこもった、ポジティブな表現なのね
 意味を聞けば別物ですわ

 マルタも「だから創作者に良い環境か」

 新しい事を好意的に受け止める

 その逆を思えば、すごく嬉しい話に感じます
 
第50話
神永さんお勧め、岐阜の柳屋さんで昼食だ!

00048
00049
 そして昼食は次回に続く!

第50話「岐阜・東濃編 4」
 んな殺生せだらけ猫灰だらけな話があろうか!
 とまれ窯元、今度は“制作過程”見学も
 手作りは気が遠くなりますね

 作画するのも大変だったろうな的な

 職人さんも、優しく見せてくれますが
 これは見せたくなりますわ

 てか目立つでしょ美人三姉妹

 トライアングルアタックですわ

第51話
岐阜最終回、教えてもらったお店で舌鼓!

00050
 出るもの全てが旨そうなんだけど!?

第51話「岐阜・東濃編 5」
 また、ここまで“新しさ”がテーマだった岐阜編も
 締め、柳屋さんでは「変わらない」事
 遵守する大切さ

 丁寧に丁寧に、怠らない仕事振りか

 そして、受け継いできた蓄積
 積み重ねの大切さなのね

 意外や真紀さんの作品は殆ど見ず

「また来よう」のテーマを込めてか
 
姉も来た!
4コマパートも収録し、エリザ姉さん帰国へ

00051
00052
 際しての一言、沁みますね…

姉、帰る
 彼女が絡むと、マルタさん決まってビビりますし
 実際、ガミガミ口うるさい面だってあるも。
 寂しいのも解る…

 生真面目なヒトの、ちょっとした疎外感

 こういうのは切ないですよね…
 姉さん視点が多く、優しいヒトと伝わりましたし

 そして風呂頻度の低さ…!

 気候がデカいんでしょうね。きっとそう

第52話
流行りのタピオカも、マルタさんにかかれば!

00053
00054
 1個1個こねて丸めたという…!

第52話「タピオカミルクティー」
 業務用かと思いきや、やはり手作りマルタさん
 原料、キャッサバ芋はブラジル原産で
 意外やイリーナさん絡み

 粉を薄く焼き、クレープにしたりだとか

 元が芋なら、確かに美味しそうも
 今回は片栗粉で代用

 もちもち感に、黒砂糖を混ぜハンドメイド!

 また、えらく手間かかるやり方だわ!

第53話
花火大会へ! が、何も起こらない訳がなく

00055
00056
 今年、ゲリラ豪雨で中止が相次ぎましたものね

第53話「あんず飴」
 そこで、マルタの家に集まり屋台料理を手作り
 元より、花より団子だったラケルにゃ
 モアベターな話

 それでいいのか日本文化的に!

 タイトルは、タッパーに大きな氷を作る事で
 水飴を“冷やし固める”のね

 で、あんずとかに絡めて作ると

 その発想はなかった…

 今巻、メンバーが揃った貴重な話なのも嬉しい

第54話
酷暑、エアコンが故障してしまったマルタ姉妹は

00057
 もうポルトガルに帰りたくなる暑さ

第54話「夏野菜のガスパショ和風仕立」
 エアコンが壊れ、前田さん家に電話を借りる
 そのまま、ガスパショを披露
 マルタさんお得意!

 肝は精霊馬、精霊牛

 転じて、夏野菜料理が本作らしいも
 妹さんの優しさが光る回

 そのまま次巻は、ラケル嬢一人旅…?

 ラケルさん大活躍だなもう!

収録

00008



 アマゴそんなに美味しかったのか…

 ビッグスピリッツコミックス スペシャル「くーねるまるた ぬーぼ 4巻」。高尾じんぐ。
 週刊ビッグコミックスピリッツ連載、小学館発行。
 2019年10月(前巻2018年6月)

くーねるまるた ぬーぼ 4巻 感想
 第42話「薬膳カレー」
 第43話「エリザとガーデニング」
 第44話「エリザとわらび餅」
 第45話「海鮮おこげ」
 第46話「ガパオ風ガーリック牛丼」
 第47話「岐阜・東濃編 1」
 第48話「岐阜・東濃編 2」
 第49話「岐阜・東濃編 3」
 第50話「岐阜・東濃編 4」
 第51話「岐阜・東濃編 5」
 第52話「タピオカミルクティー」
 第53話「あんず飴」
 第54話「夏野菜のガスパショ和風仕立」 
 これまでの感想

登場料理の作り方も簡単に掲載

※トップに戻る

バンブーブレード -BAMBOO BLADE C- 感想 同・じんぐ先生作画

 BAMBOO BLADE B 12巻(完結/土塚理弘&スタジオねこ)
 BAMBOO BLADE C 4巻
 BAMBOO BLADE C 5巻
 BAMBOO BLADE C 6巻
 BAMBOO BLADE C 7巻(完)“繋がる一端にでもなれたなら、意味がある、そう思える”。
 BBデフォルメ 1巻
 BBデフォルメ 2巻(完)


 くーねるまるた 1巻
 くーねるまるた 2巻
 くーねるまるた 3巻
 くーねるまるた 4巻
 くーねるまるた 5巻
 くーねるまるた 6巻
 くーねるまるた 7巻
 くーねるまるた 8巻
 くーねるまるた 9巻
 くーねるまるた 10巻“夜間行軍”
 くーねるまるた 11巻“関西人の由佳さん”
 くーねるまるた 12巻“美緒子ちゃん(  )結婚する!”
 くーねるまるた 13巻“さよなら笑明館”食べたい時に食べ 飲みたい時に飲む!
 くーねるまるた 14巻“最終巻”マルタさんが決めたこと!


 くーねるまるた ぬーぼ 1巻“はたらくマルタさん!”
 くーねるまるた ぬーぼ 2巻“妹が来た!”
 くーねるまるた ぬーぼ 3巻“家族が来る!”
 くーねるまるた ぬーぼ 4巻“三姉妹、岐阜へ行く”

※トップに戻る