公式サイト 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 2巻 感想
 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレ 再読
 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
“宇宙細菌”とサーカス、一騎当千機の猛威!

00078
00077
00055
00061
   
3機のヴィクトリー、再合体に翻弄されるトビア!
 Vガンダムが、“量産機”だからこそ優秀だ
 と、見せてくれるのが面白い
 面白いサーカス!

 一騎当千機サウザンド・カスタム、無茶な姿!

略してサーカス
 姿は無茶も、対ビーム・シールドなど考証が納得
 対するは、「Vガンダム外伝」部隊なのも
 旧作を踏襲して見所ですね

 初の異星生物とは、人類を溶かす細菌!

 四つ巴、争奪戦の状況が掴める2巻!

クロスボーン・ガンダム ゴースト 2巻 感想


 PROLOGUE
 第5話「長い回想 あるいは 宇宙で何が起こったか?」
 第6話「蝶は飛んでいるか?」
 フォント・ボーのレポート02
 第7話「月面に集う」
 第8話「四つ巴」
 第9話「VガンダムVS クロスボーン・ガンダム」

メカニック解説
 MC パピヨン
 EMS-TC01 ラロ
 EMS-TC05 ガラハド
 EMS-TC06 バンゾ
 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

無線誘導“サイコミュ”を、無力化する特異兵

00065
 サーカスの前では、ファンネル系は無意味…!

あらすじ
 U.C.0153年、人類を滅亡させうる宇宙細菌
 エンジェル・コールを手にしたエリンは
 地球圏のいずこかへ消えた

 唯一ヒントを握るフォントは、木星軍に協力

 ACを狙う元・木星サーカス隊は
 ザンスカール、ゴールデンエッグス隊と会談

 が、GE司令キゾ中将は、状況を四つ巴へ

 海賊軍は脱出を図るが、サーカスに阻まれる 

PROLOGUE、“エンジェル・コール”争奪戦

00001
00002
 ザクのマークは、MSVの“エース部隊”

PROLOGUE
 U.C.0153、Vガンダム同時期に発見された
 初の、“生きた地球外生命体”
 人類初の宇宙細菌!

 人類を眠らせ、滅ぼすエンジェル・ハイロウ

 しかし劇中、巨大すぎて防衛失敗します
 なら「即死させる手段」が

 何か“細菌で殺す”はずだった?

 最も「外」と近く、しかも殆ど語られない

 木星ならではな、大発見だったと

第5話。ところで、木星は食糧配給制だった

00003
00004
00005
00006
 つまり“貧しかった”

第5話「長い回想 あるいは 宇宙で何が起こったか?」
 意外な出だしですが、だから面白い!
 前作、「鋼鉄の七人」を経て
 前総統の娘は帰還
 U.C.0136年

 当時17年前、木星の国力は尽きていた

 一方で、父の財団には莫大な財産が
 どう使うか?

 これが人道的な発想が、発端だった

 飯だよ! 飯がいるんだ!!

 配給制解消さえ、つい最近の話

将来に向け、三つのプランが始動した

00007
00008
00009
00010
00011
00012
 産物が、「宇宙船」エンジェル・ハイロウ!?

木星 三大プラン
 平和でない原因は、“地球圏が狭い”から
 そこで、「光の翼」を活用し
 宇宙開拓を計画

 外宇宙の調査、光の翼の移民船、“移送”船

 将来への三つの開発
 並行し、食糧事情改善を行っていたと

 木星がEHに協力したのは、移民船として!

 地球から、人々に来て貰う船だったのね!

政治に疲れたテテニスを、“癒す”のも目的

00013
00014
00015
00016
00017
00018
 娘ベルナデット出産を、謎にする為!

11年の宇宙の旅
 指導者テテニス懐妊を、民から誤魔化すのも目的
 とまれ調査は、将来への資源開発
 移民への「事前調査」を狙い
 並行し進めたと

 地球⇒木星より、木星⇒土星(次の星)が遠い!

 太陽系の輪、惑星間の距離は
 離れるほど遠い!

 木星⇒海王星は、地球との6倍?!

 10年もの探査中、「光の翼の船」が完成

 ゼロから再開発、10年もかかった!

 なので調査も、並行して行ったと

かくて、発見された「クロスボーン・ガンダム」

00019
00020
00021
00022
00023
 執心な“トビア”、拗ねるテテニス28歳ッ!

恋人のように
 17歳から11年! 木星圏もビックリでしょうね
 何せ、帰ってきてもロリのままでしたから
 ま、それはともかく

 事故で消えた“海賊の輸送艦”が、近くに漂流

 トビアは、得意の航路計算で発見し
 理由を付け赴いた

 だから本作も、海賊装備が豊富にある

 V2のメガ・ビーム・シールド的なモノも!
 
事故原因は“隕石”、テテニスさま大喜び?!

00024
00025
00026
00027
 つい「様」を…、 悪い子だトビア君!

ポジティブな「終わり」
 船は“外宇宙からの隕石”で、破壊されていた
 天文学的な不幸、U.C.0147頃に再発見
 宇宙細菌が発見された

 つまり“地球以外にも命がある”、

 外宇宙にも、命がある
 命が生きられる

 人類は“外”へ飛べる、確かな証明

 光の翼なら、ガチで「外」にいける!
 
トビアは、“殺人細菌”だと気付いてたが…

00028
00029
 先に行動をしたのは、エリン船長だった!

お前はどこへ
 乗員は、エンジェル・コールで“溶けた”のでは?
 とトビアは気付き、教授が実証
 同じく「船長」が動いた

 彼は“トビアの偽名”カーティス、本人の知人

 実在の人間の方が
 偽名として、使いやすいだろう…

 と託した、エウロペ・ドゥガチの善意が仇に

 ただ「独占」により、細胞はこれだけへ

第6話。“お前は 木星をどこへ連れてゆく気だ?”

00030

)エリン
 真の姿を偽る者を
 どうして 心の奥より信じられるというのかね?



)エリン
 ばかを言っちゃあいけない!
 これで滅ぶのは “地球圏”の連中だ! 

 人類は生き残るのさ!

 木星にだけ
 より進化した種としてね!


00031
00032
 信じられなかった、信じられなくて当然だ!

第6話「蝶は飛んでいるか?」
 木星は長らく、ほんの14年前まで総統一強
 優秀な人材ほど、ドゥガチに育てられ
 今も、彼に心酔して当然
 存在して当然!

 テテニス達は、“木星の民”を救おうとしました

 でも木星は、ずっと「国>民」だった
 反感を買って当然

 ましてエリンは、本物のカーティスの知人

 偽物が、偽の思想で国を牽引する

 信じられようはずもない!

この戦いは、“10年のバカンス”の終わり

00033
00034
00035
00036
 子が出来て10年なのに、ラブラブだった…!

みつどもえ
 強力な宇宙細菌は、野心を刺激するに充分
 テテニスは、タカ派を抑えるべく本国へ
 カーティスは地球圏へ

 乗じ動き出したのが、木星の“サーカス”

 木星のタカ派、そのMS開発部隊で
 いわば「戦う」のが本分

 戦乱の気配に、いちはやく動きだした

 まあ いやらしい! スケベ!!

「どこへいった?」、それがフォントのデータ

00037
00039
 ザクに“密航”したベル。家伝の技!

子供たち同盟
 光の翼、MC「パピヨン」で地球へ消えたエリン
 パピ☆ヨン! もっと愛を込めて!!
 彼はどこへ消えたか?
 
 話が人類滅亡まで膨れ、困惑するフォント

 また、ベルが懐くのは“子供”だから
 フォントだけ子供だから

 10年も“乗組員”で育ち、頭はスゴく良いらしい

 アンバランスな子、短編のトゥインクみたい

カーティスを父と思いたい、複雑な事情

00040
 当人も母も、父じゃないと否定する

本物で偽物で
 父なら偽名で、「エリンの言葉が正しい」
 カーティス、木星を裏切る不埒もの!
 父じゃ「ダメ」

 きっと、だから「パパだよ」と言えない

 娘だけには話そう…
 なんて、ベル相手じゃ無理ですしねえ

 どう考えても洩れる!

 トビア=カーティス、苦労しておる…

だからフォントは、「でまかせ」を言った

00041
00042
00043
 が、すげえ可愛く微笑んだのだった…

このロリコンめが!
 カーティスは、“自分の為のウソ”はつかない
 フォントのでまかせ、直感的な励ましは
 読者視点だと正しい!

 また、間もないフォントにも“ウソつき”と解る

 であれば、たぶん多くは気付いてて
 それでも手を貸してる

 トビアは飄々、周りを引っ張る人になれたのね

 てな訳で、ザンスカールを襲おう!(提案) 

フォント・ボーのレポート02。“ミーティング”

00044
 カーティスを“信じた”ビルさん、彼は後に…。

フォント・ボーのレポート02
 前巻、“木星の怨敵”海賊軍を敢えて名乗ると決定
 これに対し、8名が退艦を決めましたが
 カーティスは歓迎

 何せ“元・独裁の木星”で、言えるなら有望だ

 また、エリンの件で信用できない面々にも
 その通りだと敢えて言及

 証明できない以上、必要なら撃てと公言

 どんな形であれ、意思を統一する事

 カーティスは、こうやって証明してきたのね

第7話。ザンスカールとサーカス、居並ぶ様は

00045
 タイヤ付きとテント付き。これが戦艦…。

第7話「月面に集う」
 まるで悪い冗談のようだ、と息を飲むフォント
 第1巻は、敵対してた両勢力ですが
 利害の一致で会談へ

 ザンスカール側は、“ゴールデンエッグス”

 Vガンダム外伝初出の隊で
 やはり本世界も、グレイ・ストーク卿は…

 黄金の“ジャバコ”、グフ再現説があるMS

 その為、GE隊にはピッタリ


 
木星サーカスと交渉する、ザンスカール帝国の…

00046
00047
 キゾ中将。剣を持った奇矯な男性

コロニー戦国時代
 キゾ中将は、エンジェル・コールを求め
 サーカス、クォ・グレー団長の要求は
 能力への評価と報酬

 木星で“ガス抜き、飼い殺しされた”タカ派

 政治的力学でなく
 文字通り、戦いたい派閥なんですな

 木星が平和を求め、後回しにされた軍人

 木星の貧しい開発事情が、地球に合致!

 時代の皮肉でもありますわ
 
海賊軍、立つ! 奇襲が始まった

00048
00049
00050
 頑張るハロロ! 君が勝利の鍵だ!!

シンプルな作戦
 お約束の“死にたくなければ”! が始まった!
 狙いは、ザンスカールのコンピュータ
 直接、データを引き出すこと
 第1作と同じね!

 フォントってば、ザクだから不憫

 しかし、役割はデータを吸う事で
 戦闘力は不要

 乏しい戦力は、少しでも“戦力”に!

 仕方ないとはいえヤベーな!

実はキゾが“わざと”呼んだ。…それと

00051
00052
00053
00054
 リガ・ミリティアも呼んでおいた!

からぶりサーカス
 キゾの危なさが、全面に出た名場面と思う!
 キゾの、傭兵部隊になりたいサーカスへ
 自ら海賊とリガ・ミリティアを挑発
 ぶつける!

 撃退するなら良し、潰れれば“邪魔者”が減る

 部下は良い迷惑ですが
 海賊とリガ・ミリティア、敵同士が潰し合う!

 一隻で、これだけ釣れれば御の字って計算

 ムチャクチャさは屈指の人だ!

第8話。四つ巴、地獄のメリーゴーランド!

00055
00056
00057
 悪魔将軍みてえなモビルスーツ共!

第8話「四つ巴」
 ザンスカールも黙っておらず、サーカスと交戦
 自ら、サーカスより価値があると示さねば
 中将に、どんな目に遭うか…
 ジョング出陣!

 が、サーカス・ガラハドは、敵を“掴む”事に特化

 伝説で“聖杯を掴んだ騎士”
 本作では、穢れがあるにも程があるわ!

 敵を掴み、殴り、盾にする!

 核爆発と隣り合わせ、エース搭乗が必須ね!

 敵MSを掴み、敵をブン殴る!

冗談のような“バンゾ”は、理に適った設計!?

00058
 某富野作品の「バンドック」を彷彿

ミサイル・ザ・ブッチャー
 超小型化されたミサイルと、その移動砲台
 大量のミサイルは、一定数が反転し
 戻って“背中”を狙う!

 ミサイルに備え、盾で守られた「背中」を!

 大量発射が必須で、小型化が求められ為
 威力自体はかなり小さい

 自身も被弾する為、装甲を厚くしている

 単純ながら、“本機以外では実現しがたい”戦術!

海賊も“ラロ”に苦戦し、あっちもこっちも…!?

00059
00060
00061
00062
 何せまーた、密航してやがったし!

リア・シュラク隊
 幸いフォントは、1巻のリベンジで“後回し”対象
 しかし、超小型アインラッドのラロ
 ヴィクトリー3機に…

 暗黒色のヴィクトリー・ガンダム!

 曰くリア・シュラク隊
 詳細不明で、見た目は「本隊」より幼め

 ヴィクトリー量産後、結成された新部隊か

 本隊と区別か、服も機体もダークカラー

第9話。20年前のMSで、最新鋭機と1対3!?

00063
00064
00065
 幸いラロは、ハイエナしようと後退

第9話「VガンダムVS クロスボーン・ガンダム」
 リガ・ミリティアが、ガンダムを蘇らせたように
 帝国は、ジオンのNT研究に目をつけ
 現代技術で再現

 が、要は“1対4”。一騎当千機の敵ではなく…

 またNT兵器は、脳波を通信に用いて
 通信妨害を回避

 単騎の脳波で複数を操る、無線技術

 がサーカス隊員は、脳波の“流れ”を読める

 ニュータイプの天敵じゃないですか!

純粋な“性能差”なら! 覆すカーティスですが…

00066
00067
00068
 分離合体するヴィクトリーに、困惑するトビア

ゲテモノvs素人
 木星戦役以来、場数を踏んできたトビア!
 特化した、「おかしなMS」でなければ
 直感的に対応できるのね

 しかしヴィクトリーも、やっぱりおかしなMS

 正統派イケメンのハズが
 描写一つで、とんだゲテモノ扱いだ!

 対し、「逃げるしかない」と迷うフォント

 素人inザク、割って入っても無駄も…

そこで彼女が『出来る事』をした! 結果

00069
00070
00071
 今度こそ全機戦闘不能にし、次巻に続く!

ベルナデットの目
 トビアの娘、その力は“カリスト兄弟”に類似
 自分の視点を、他人に共用する力
 サイキッカーでした

 当初は困惑も、フォントの気付きで逆転

 咄嗟に「使い方」に気付く
 フォントの強みか

 リア隊も、影写しの見事な連携

 決まり手はお馴染み、シザー・アンカー!

登場メカニック『MC パピヨン』

00072
 蝶☆最高! もっと愛を込めて!!

モビル・クルーザー「パピヨン」
 鋼鉄の七人編で、データが全て失われた光の翼
 技術者は、木星に引き抜かれて再研究し
 搭載艦「林檎の花」へ結実

 同様に“高速航行”特化、小型化した試験機

 林檎の花も、まだ完成直後であり
 並行開発してた様子

 とにかく速く! 地球と離れた木星圏らしいメカ

 カラス先生の“ジビア”の血は、続いてるのね

“サーカス”。EMS-TC01 ラロ

00073
00079
 中央の男がロナルド、仮面はガラハドのゴードン

EMS-TC01 ラロ
 初期MSが18m、ジェガン19m、小型機15mな中
 木星軍は、10m級フレームを主力機とし
 小型化に熱心な陣営

 同じく“アインラッド(タイヤ)”を小型化

 小さく軽いほど推力を活かせ
 このナリで、量産化を目指していたのが面白い

 見た目は完全に玉乗りピエロ

 ですが、技術史を踏まえているのね

“総統機”が源流、EMS-TC05 ガラハド

00074
 クロボンお馴染みの、iフィ・ハンド搭載機

EMS-TC05 ガラハド
 巨大な「手」だった総統機、ディキトゥスを応用
 無敵の左腕で、敵を掴んで盾にし
 或いは質量弾に

 時代的に、至近距離の核爆発リスクも

 乗り手にズバ抜けた技量と
 敵を盾にできる、人でなしである事を要求

 そのライフルは、一度「ファントム」が使う事に

 0169年代も、意外な使われ方をします

サーカスで2番目にふざけた外見? EMS-TC06 バンゾ

00075
00056
 パイロットは肥満体のラーザブ

EMS-TC05 バンゾ
 一定確率で戻ってくるミサイルを混ぜ、大量射出
 誰でも出来そうで、でも連射し続けるには
 実体兵器は弾切れの心配が

 ミサイル輸送、自爆に耐える防御、攻撃力

 何せ「戻ってくる」から!
 ミサイルで、自爆する恐れがあるのね

 機能を兼ね備えると、こんな不恰好に…

 名称と形状から、ザンボットが元ネタなのかも

収録

00061

 デート・ア・ライブがアニメ化進行中の2012年刊行

 角川コミックス・エース『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 2巻』
 長谷川裕一、月刊ガンダムエース連載、KADOKAWA発行
 2012年8月(前巻2012年5月)

クロスボーン・ガンダム ゴースト 2巻
 PROLOGUE
 第5話「長い回想 あるいは 宇宙で何が起こったか?」
 第6話「蝶は飛んでいるか?」
 フォント・ボーのレポート02
 第7話「月面に集う」
 第8話「四つ巴」
 第9話「VガンダムVS クロスボーン・ガンダム」

メカニック解説
 MC パピヨン
 EMS-TC01 ラロ
 EMS-TC05 ガラハド
 EMS-TC06 バンゾ
 U.C.0169 これまでの感想
 U.C.0133 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 感想
 U.C.0136 機動戦士 クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 感想
 U.C.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想
 トップに戻る

U.C.0133.機動戦士クロスボーン・ガンダム 感想

 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
 機動戦士Vガンダム外伝“逆襲のギガンティス”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 1巻“木星圏の現実”ガンダムF97!
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 2巻“木星圏、最終決戦!”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 3巻“クロスボーンでは勝てない”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 4巻“ガンダムF91 再び”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 5巻“地球不要論”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 6巻【最終回】

U.C.0136.機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人 感想

 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 1巻“F99”神の雷と死の旋風
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 2巻“新総統が怖いもの”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 3巻【最終回】

UC.0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 1巻“エンジェル・ハイロウに欠けたモノ”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 2巻“エンジェル・コール”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 3巻“ファントム起動”
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 4巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 5巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 6巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 7巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 8巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 9巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 10巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 11巻
 機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト 12巻【最終回】
※続編ありきの完結

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想

 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 1巻“灰とライオン”
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 2巻“亡霊”と巨人
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 3巻“君は理想に辿り着くか?”農業王の憂鬱
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 4巻 特装版“クロスボーンX…”カグヤの事情
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 5巻“木星夫妻”アッシュ・キングの目指す先
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 6巻“首切り王”伝説のモビルスーツ料理人!?
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 7巻“F89”再投火の日
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 8巻“世界の鍵”アンカーV2!

※トップに戻る