試し読み トニカクカワイイ 7巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 畑 健二郎 これまでの感想はこちら 前回はこちら
夫婦、離れ離れの日。そして。ハヤテとナギ客演!

00057
00054
00038
00043
00017
よりによって、キスのイメージ出演!? やるなぁ!
 やると言えば、前巻ではウブかった二人
 今巻は、チュパチュパ溢れる粘液
 関係が進んでた!

 初めての“ダンナ不在”、寂しがる司さん可愛い!

次巻、温泉旅行編
 今巻冒頭「離れ、寂しいのは自分だけ?」が焦点
 前は他人、今は一緒じゃなきゃ落ち着かない
 甘えてくる司さん可愛い
 いやらしい!

 元働き先の先輩が、3回もクローズアップ

 これはナサくん就職フラグか?
 

トニカクカワイイ 7巻 感想


 第59話「どれだけスマホが便利になっても寂しいのは寂しい」
 第60話「なんじゃこりゃ」
 第61話「深夜に送ったポエムなラインが死因の1つ」
 第62話「魔性の天然はたちが悪い」
 第63話「今回はふせ字が多そうなんですがどうでしょうか?」
 第64話「頼りになるなぁ」
 第65話「もまれたいし もみたい」
 第66話「頭はいい子なのである」
 第67話「6月超暑い」
 第68話「だから私にも見える」
 第69話「ワクワク沸く沸く」
 描きおろし 第64.5話「平和な日常」
 カバー下
 これまでの感想
 ハヤテのごとく! 感想

あらすじ
後輩はユーチューブでエロい動画を漁ったりする

00001
 そして総扉絵でスク水セーラーだったりする

あらすじ
 ナサ君がヘルプを頼まれ、嫁さんが寂しがり
 ゆうべをお楽しみしてしまったり
 メイドは魔性の女だった
 
 アイアンマン完結に映画館へ、ナサ君も堪能

 ナサ君は綾の家庭教師をし
 お嫁さんは、ナサ君に健全なマッサージをする

 キスの回数を確かめ、髪の匂いを嗅ぎ

 そして温泉旅行へ行くのだった

第59話
旦那様が、前の職場にヘルプを頼まれた話

00003
00005
00007
00008
00009
もしかして… あっちはそんなにさびしくないのかしら…?(司」

第59話「どれだけスマホが便利になっても寂しいのは寂しい」
 いつもクールな司さんが、ひたすら寂しがる
 寂しい! と思いつつも否定する
 いやいや! いやいや!
 葛藤がカワイイ

 離れ離れ一時間目、早くも限界

 ふと、“月を見上げる”のも意味深
 最近忘れがちですが

 つらつら考えてたら、ガチで寂しくなる案件

 たった一言で救われるまでが

 救われるまでが愛ですね!

第60話
サブタイ「なんじゃこりゃ」

00011
00013
00014
なんじゃこりゃ(読者の声」。

第60話「なんじゃこりゃ」
 司さんがめちゃくちゃ甘える回。甘さが致死量。
 幸い、朝4時と早めの帰宅となりましたが
 嫁さんが寝れず待ってるわ
 甘えてくるわ

 ああ!ラピュタは本当にあったんだ!

 初めて司さんからキスし
 そっちの布団にといい、粘膜接触を重ねる

 何故子作りしなかったか不思議

 サブタイが同感すぎる。

第61話
翌朝、昨晩を思い出しダメージを受ける司さん

00015
00016
00017
 昨晩のは恥ずかしい台詞ではない…メラゾーマだ

第61話「深夜に送ったポエムなラインが死因の1つ」
 大魔王から逃げられなかった級に困惑する司さん
 見せろ!聞かせろ!参加させろ!
 とグイグイくるな!

 目を逃れるには、朝四時でないとダメなのか!

 もっとも、アパート再建も近いので
 この関係もそろそろ…。

 扉絵の司さんカワイイ
 
 68話後「髪の匂いを嗅がせてる」よう見える…

第62話
この女に、セクハラしようという意図はない

00018
00019
00020
00021
 なのにこの距離感!

第62話「魔性の天然はたちが悪い」
 セクハラとか、意図してじゃなく距離が近く
 他人をドキドキさせる人なのね
 魔性の天然

ただ天然でエロいだけなのである!!

 近年まれに見る断言
 今巻はカバー裏、質問コーナーにも登場

 曰くシャーロット、母のパッタイが好物

 え、タイ人なの…?

第63話
映画に行こう! 効率主義なナサくんと、娯楽映画

00022
00023
00024
 しかし嫁さんのが気になったとかいう

第63話「今回はふせ字が多そうなんですがどうでしょうか?」
 エンドゲームについて、司さんが熱く語る回!
 日頃は、平均体温が低い彼女も
 好きな事には熱血漢!

 映画館入場時は耳栓、目を伏せる凝り様

 オチ、映画はこんなに楽しんでくれる
 なら「また来よう」と

 ナサ君、おめえホント人生前向きだわ…

 発想が尊い
 
また、映画館といえば「お約束」もありますが

00025
 お嫁さん百面相回

映画館のお約束
 一緒に映画! 現実でも創作でもド定番!
 手を握ろう、だのドキドキしたり
 興味なくて寝ちゃったり

 展開は数あれど、こうも「楽しむ」のも珍しい

 全身全霊で楽しみ
 また「楽しんでいる姿が楽しい」

 なんかいいですね

 思わず砂糖を吐いて新しい銀河を生み出せそう

第64話
月末に…、期末テストがあるのよッ!

00026
00027
00028
00029
 ぼく勉とか出会い頭に十七分割された花嫁とか

第64話「頼りになるなぁ」
 ナサ君を見て「頼りがいのある人とは」考える回
 司さん曰く、見返りを考えない人の事
 と、結論するのが尊い

 また、敬意を忘れない姿勢

 知識とは“先人の努力”
 数学的知識に、その歴史を見るのがナサ君らしい

 LINEアイコンもそうですもんね

 現代人は、先人にショートカットさせて貰ってると 

第65話
頼まれたら断わらない、尊敬すべき美徳ですが

00030
00031
00032
「(こ、これは お金とか払わなきゃいけないやつなのでは…?(ナサ君」

第65話「もまれたいし もみたい」
 無自覚に頑張りすぎるのは、欠点でもあるッ!
 だがよ! 嫁さんがマッサージなんだぜ!
 だからマッサージなんだぜ!
 ご褒美さ!

 頑張る人と、“頑張りを見てる人”のコンビ

 まあいやらしい!
 もとい、いいカップルだなオイ!

 また今巻冒頭、ヘルプ頼んだ先輩が独立起業

 オタ映画をナサ君に見せまくった話も

 これはナサ君、就職する流れ?

第66話
サブタイ「頭はいい子なのである」

00033
00034
00035
00036
 頭はいい子だが、揉みたいのである

第66話「頭はいい子なのである」
 この後、むちゃくちゃ健全にマッサージした回。
 ナサ君、めっちゃ気持ち良かったので
 気持ち良くしたい…、と

 発想に卑猥さしか感じない温かさ

 代わって、つかっさんにマッサージ
 大変優しくしたそうな

 掲載誌が青年誌なら以下省略なレベル

 つかっさん、スカート短いよね…

第67話
先輩、一日に何回くらい つかっさんとキスしてるんスか?

00037
00038
00039
00040
 そんなダンベル何キロメートル持てる?的なノリで!?

第67話「6月超暑い」
 六月、薄着になった嫁さんに旦那が心配になる回
 を、越えてキスしまくる回
 あらゆる箇所に

 曰く「いつの時代も、こういうのが好きだな」

 行動の一つ一つに、意味を持たせること
 古典でも見られますものね

 イメージ例が「ハヤテのごとく!」

 キスの意味は諸説、マイナビだとこちら(外部サイト)

第68話
夜の散歩は、色んなモノが見えてしまうそうな

00041
00042
00043
00044
「見て」いいのはッ! 見られる「覚悟」がある者だけだ!!

第68話「だから私にも見える」
 夜の散歩中、嫁さんの髪の匂いを嗅がせて貰い
 直後、元担任が進展してたと知る!
 関係が進んでた!

 進んでたからよ! 止まるんじゃねえぞ…!

 奥手すぎたあまり
 得点力がない、と責められた谷口先生

 エースストライカーじゃあねえか!

 エールストライカーじゃねえか!

 担任のキス姿、年頃で考えると衝撃的だわいな!

第69話
有栖川母、久しぶりに手土産つきで帰る

00045
00046
00047
00048
 というワケで、温泉旅行回だ!(次巻に続く)。

第69話「ワクワク沸く沸く」
 母がチケットを当て、ご好意で新婚旅行へ
 なるほど、他の面々「期末試験がある」
 と、話が繋がってる!
 邪魔がない!

 夫婦水入らず、家族湯付きの温泉へ

 二人きりの混浴が許されるラブコメ
 合法的によォ!

 なお温泉、ハヤテの愛沢咲夜さん家系列らしい

 温泉回なのに! 温泉前に終わった!!

描きおろし/第64.5話
司さん、銭湯の手伝いで早く起きるようになった

00049
00050
00051
00052
 その為、着替えを(見て)見られてしまうのだ!

描きおろし 第64.5話「平和な日常」
 残念! 読者には着替えシーンを見せない構図!
 さすがは、健全な夫婦漫画ですね
 むしろ不健全!

 見ようと四苦八苦する夫と気付かない妻

 ナサ君は、本当に株が下がらないなぁ
 ストップ高の上を行く男よ…

 好きな人の衣擦れの中、寝たふり

 ナサ君のプレイは今日も特殊。

収録

00053
00056


 カバー下を千歳らも担当。眼鏡のアウロラ、家族に虐待され家出した人なのか…?

 少年サンデーコミックス「トニカクカワイイ 7巻」。
 畑 健二郎、週刊少年サンデー、小学館発行。
 2019年8月(前巻2019年3月)。

トニカクカワイイ 7巻 感想
 第59話「どれだけスマホが便利になっても寂しいのは寂しい」
 第60話「なんじゃこりゃ」
 第61話「深夜に送ったポエムなラインが死因の1つ」
 第62話「魔性の天然はたちが悪い」
 第63話「今回はふせ字が多そうなんですがどうでしょうか?」
 第64話「頼りになるなぁ」
 第65話「もまれたいし もみたい」
 第66話「頭はいい子なのである」
 第67話「6月超暑い」
 第68話「だから私にも見える」
 第69話「ワクワク沸く沸く」
 描きおろし 第64.5話「平和な日常」
 カバー下
 これまでの感想
 ハヤテのごとく! 感想

※トップに戻る


 ハヤテのごとく! 48巻
 ハヤテのごとく! 49巻
 ハヤテのごとく! 50巻
 ハヤテのごとく! 51巻
 ハヤテのごとく! 52巻【最終回】


 トニカクカワイイ 1巻“瞬殺率の高い妻”
 トニカクカワイイ 2巻“妹分と片思いとメイドとメイド服と遅い言葉”
 トニカクカワイイ 3巻“そうだ、京都と報告に行こう”
 トニカクカワイイ 4巻“どこが好きかと問われたら”
 トニカクカワイイ 5巻“要の本音”姉の暴走
 トニカクカワイイ 6巻“嫁さんが制服に着替えたら”
 トニカクカワイイ 7巻“司さんからキスした日”